スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(12)東海大学

4年
白吉凌
箱根15年1区12位(9位)・14年1区7位(18位)・13年(120位)
全日本15年補欠・14年1区7位・12年3区12位(1組1位)
関カレ15年10000M7位・14年10000M30位
主将。今年度は状態が良くなかったが、11月15日に29分35秒、甲佐10マイル47分1秒と調子を上げてきている。

宮上翔太
箱根15年5区5位(17位)・14年5区5位・13年(154位)
全日本15年補欠・14年4区5位・13年(3組30位)・12年5区12位
関カレ15年ハーフ16位・14年ハーフ13位・13年ハーフ29位
前半戦はあまり目立てなかったが、上尾ハーフ63分21秒。5区を2年連続走っており今年も起用される予定。

高木登志夫
箱根15年9区12位(52位)
全日本15年8区6位・14年6区5位(1組6位)
関カレ15年3000SC5位・13年3000SC2位
昨年度順調に伸びた選手。全日本予選会59分台の好走。記録挑戦会28分44秒の自己ベスト。

富田三貴
箱根15年(216位)・14年補欠・13年(283位)
全日本14年補欠・12年補欠
関カレ15年1500M3位・14年1500M予選・13年1500M予選5000M30位・12年1500M予選
トラックは得意だが、ハーフの自己ベストは65分台。11月15日に13分58秒、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

金子晃裕
2年7月に14分台を出し部員となった選手。高島平は62分40秒だったが、上尾ハーフ64分9秒と好走。

3年
石橋安孝
箱根16年(6区3位)・15年7区7位(127位)・14年補欠(23位)
全日本15年2区7位・14年7区2位・13年(3組13位)
関カレ15年3000SC4位・13年3000SC5位
13分台、28分台を持っており、出雲・全日本と主要区間を走った選手。八王子ロングディスタンス29分18秒。

廣田雄希
箱根16年(4区4位)・15年3区12位(22位)・14年補欠(21位)
全日本15年5区6位・14年3区12位(3組21位)・13年(2組2位)
関カレ13年5000M29位
実力もあるものの故障が多い選手。出雲・全日本は後半区間で好走。記録挑戦会28分30秒の自己ベスト。

林竜之介
箱根16年(5区4位)・15年補欠
全日本15年6区5位
関カレ15年10000M17位・13年1500M予選
前半戦ほぼ14分15秒以内で安定していた選手。出雲・全日本もしっかりと走り、記録挑戦会29分34秒の自己ベスト。

安藤健太
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年補欠
高島平は61分30秒も2位。上尾ハーフは69分47秒撃沈したが、11月29日29分37秒の自己ベスト。

2年
川端千都
箱根15年16年(1区5位)・2区7位(15位)
全日本15年1区10位・14年2区8位(4組9位)
関カレ15年5000M11位10000M8位・14年5000M28位
ユニバーシアードに出るなどエース的存在。八王子ロングディスタンスDNSで、全日本以降レースに出ていない。

春日千速
箱根16年(3区6位)・15年8区5位(102位)
全日本15年4区10位・14年補欠
関カレ15年ハーフ13位
出雲前に13分52秒の自己ベスト。出雲まずまずも、全日本はあまりよくなかった。記録挑戦会29分5秒の自己ベスト。

國行麗生
箱根16年(補欠)
全日本15年7区6位
前半戦で14分10秒台まで伸ばした選手。出雲前に29分55秒、14分6秒の自己ベスト。全日本以降出ていないが、山下りの模様。

阿部啓明
今まであまり目立っていなかった選手。学生ハーフ66分15秒、10月末に14分37秒の自己ベスト、12月5日は31分9秒。

1年
湊谷春紀
箱根16年(2区5位)
全日本15年3区3位
関カレ15年5000M21位
今年のドラ1。前半戦で14分10秒台まで伸ばした選手。上尾ハーフ62分54秒、5日に28分46秒の自己ベスト。

足立直哉
高校時は14分55秒だった。10月末に14分30秒、上尾ハーフ64分34秒、11月29日29分50秒の自己ベストと伸びている。

湯沢舜
14分19秒の自己ベストで入学。秋以降安定しており、9月末に30分15秒、上尾ハーフ64分56秒、11月29日29分39秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
土屋貴幸(3年)…1年時主力だった選手。前半戦は安定も、上尾ハーフ67分24秒、記録挑戦会30分25秒と秋になって良くない。
荒井七海(3年)…日本選手権1500M優勝でブレイク。秋になってからは不調で11月29日30分20秒、12月13日の14分34秒。

予想オーダー
白吉4ー川端2ー石橋3ー湊谷1ー宮上4
國行2ー廣田3ー春日2ー高木4ー林3
エントリーから荒井・土屋が外れましたが、秋以降目立った成績は残せていませんでしたし、大きなエントリー漏れはありませんでした。1区は甲佐10マイルでの復活を見て白吉。前回は状態が万全でないながら、6位と9秒差。少なくともそのくらいでは渡してほしいです。川端は八王子ロングディスタンス欠場しており少し状態も気になりますが、再び2区。前回からグンと伸びた訳ではないので、68分台前半を一つの目安として走ってほしいです。湊谷に力がついてきていますが、3区石橋、4区湊谷。石橋は出雲・全日本で主要区間でまとめていますし、区間一桁では走ってくれると思います。湊谷は白吉・川端に何かあった時に1,2区に置きたかったので、多くの区間の変更を防ぐために4区にしました。4区を走るならば区間賞も十分狙えると思います。宮上は上尾ハーフで状態を上げていますし、80分切り~81分少しくらいまででは安定して走ってくれると思います。全日本好走している國行6区は良い人選だなと思いました。前回の山下を上回る60分前半では走ってほしいです。廣田は主要区間も考えましたが、出雲・全日本と後半区間で力を発揮しているので7区。かなり豪華なメンバーが来るような気もしますが、少なくとも区間3位は十分狙えると思います。春日は4年生の状態がかなり上がっているのと前後に選手がいない経験も含めて8区。10番目が来ることも多い区間ですし、区間賞も狙って言ってほしいです。全日本でやや予想外のアンカーだったものの59分台と好走したので高木を9区。区間一桁はノルマ、5位以内も十分狙えるのではないでしょうか。アンカーは出雲・全日本と堅実に走っている林。後ろと僅差で襷を受け取ってもしっかりと順位をキープしてゴールしているので、順位はしっかりキープしてくれると思います。上から10人揃えられれば4区以降は三強とも互角に戦える戦力だけに1,2,3区がカギになりそう。ただ、例年直前に故障者が続出しているだけに、揃えられれば3位狙えても、揃えられずに5位くらいになる可能性も否定できない。個人では特に湊谷の起用区間と走りに注目でしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。