スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(11)山梨学院大学

4年
エノック オムワンバ
箱根15年補欠(2位)・14年2区DNF(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本14年8区2位・13年8区2位(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ15年1500M1位5000M1位・14年1500M1位5000M1位・13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
関カレ3分35秒と今期世界最高(当時)を出した。8月に故障し本格的な練習復帰は11月。

前田拓哉
箱根16年(補欠)・15年5区12位(154位)・14年8区20位(105位)・13年8区13位
全日本15年6区9位・14年補欠・13年補欠(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
出雲前に29分39秒、14分10秒の自己ベスト。2,3年時は大舞台での失速が目立ったが、今年の全日本はまずまず。

田代一馬
箱根16年(補欠)・15年1区20位・14年1区16位(49位)・13年(補欠)
全日本15年3区4位・13年補欠(OP1位)・12年5区14位
関カレ15年10000M16位・13年5000M27位
一昨年まではメンタルが課題だったが、今年度は安定して結果を残せている。出雲前に13分55秒の自己ベスト、全日本も好走。

谷原先嘉
箱根15年8区4位(38位)・13年補欠
全日本15年補欠・14年3区11位・12年補欠
関カレ15年ハーフ26位・12年ハーフ27位
主将。昨年度大きく成長した選手。上尾ハーフ66分05秒、記録挑戦会30分41秒と秋以降あまり結果を残せていない。

蔵田秀純
都大路4区8位の実績がある。3年時に29分54秒、学生ハーフ64分台。10月末以降レースに出ておらず山下り候補か。

3年
佐藤孝哉
箱根16年(3区3位)・15年2区18位(25位)・14年補欠(50位)
全日本15年2区12位・14年1区11位・13年1区11位(3組10位)
関カレ15年ハーフ6位・14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
日本人エース。基本的にはかなり安定しているが、駅伝で悪い流れで襷を受け取ってしまうと引きずられる傾向も。

上村純也
箱根16年(補欠)・15年4区12位(87位)・14年4区19位
全日本15年補欠・14年5区13位・13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
自己ベスト良いが大舞台であまり良くない。上尾ハーフ64分14秒、記録挑戦会28分54秒の自己ベストと結果を残している。

伊藤淑記
箱根15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本14年補欠・13年5区11位
関カレ15年5000M19位・14年5000M20位
2,3年時と前半戦は好調な選手。秋も10月以降はある程度安定しており、上尾ハーフ64分32秒、記録挑戦会は29分57秒。

秦将吾
箱根16年(2区8位)・15年補欠
全日本15年補欠
関カレ15年1500M5位・14年1500M予選・13年1500M予選
1500Mメインのスピードランナー。10000M以上の実績は全くない。出雲以降レースに出ておらず、山下り候補か。

小山祐平
箱根14年補欠
関カレ15年3000SC11位・14年3000SC8位・13年3000SC予選
1年で29分台出した選手。上尾ハーフは毎回好走しており、今年も64分17秒、記録挑戦会は30分11秒とまずまず。

2年
市谷龍太郎
箱根16年(1区7位)・15年7区12位
全日本15年1区20位・14年2区12位
出雲前に13分51秒の自己ベスト。全日本撃沈、上尾ハーフ64分36秒も、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

上田健太
箱根16年(4区2位)・15年補欠
全日本15年4区7位
関カレ15年5000M22位10000M27位・14年10000MDNF
4月に28分48秒の自己ベストも、前半戦は不安定だった。秋になり安定しており上尾ハーフ63分35秒、記録挑戦会29分03秒。

河村知樹
箱根16年(5区7位)・15年補欠
全日本15年7区4位
関カレ15年ハーフ23位
ハーフ高校記録など長い距離が得意。出雲微妙も全日本好走、上尾ハーフ63分50秒、記録挑戦会29分13秒の自己ベスト。

古賀裕樹
箱根16年(補欠)
全日本15年5区18位
高校時代実績あるものの、昨年度は故障。全日本脱水気味で撃沈も、上尾ハーフ64分06秒、記録挑戦会29分15秒の自己ベスト。

1年
ドミニクニャイロ
箱根16年(6区1位)
全日本15年8区1位
関カレ15年10000MDSQ
スタミナ型らしいが、ホクレンで13分59秒、28分11秒で走っている。全日本も56分台の激走。

永戸聖
都道府県4区11位。10月末に29分54秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分36秒と好走も、記録挑戦会は30分41秒だった。

主なエントリー漏れ
熊代拓也(3年)…世田谷記録会14分6秒、平国大記録会29分28秒と夏を経て一気に力をつけてきたが、故障中らしい。

予想オーダー
佐藤3ーニャイロ1ー上田2ー上村3ー前田4
秦3ー市谷2ー古賀2ー河村2ー田代4
エントリーは熊代が外れたのは残念でしたが、大きなエントリー漏れもなく良いエントリーができたと思います。出雲・全日本と1区に市谷を任せましたが、佐藤と予想。確かに市谷の走りは1区に魅力的ですが、視覚にハンデがある分接触の危険性も高まります。佐藤は基本的に安定している反面、流れが悪いと力を出し切れないので1区。2区はニャイロとオムワンバどちらもあると思いますが、オムワンバが11月から本格的に復帰して本調子まで間に合うか否かと直前で痛む可能性もあるのでニャイロと予想。どちらが走っても67分台が一つの目安になると思います。3区は上田か田代で迷いましたが、最終盤に4年生が走る印象があるので、上田を3区。良い位置で襷をもらえれば区間5位以内も十分狙えると思います。全日本の走りを見ると田代4区が魅力的ですが、現実的には過去2年経験している上村と予想。今回は安定して結果を残せていますし、さすがに区間一桁では走ってほしい。山学はなぜか1回目成功した選手が2回目失敗することも多いらしいですが、前田拓が5区を走るでしょう。今年は昨年より結果を残せていますし、82分前後を目安に走ってもらいたいところ。6区は秦か蔵田が候補と思われます。10000M以上全く実績のない秦がラスト3km凌げるか不安ですが、昨年もエントリーに入っていたので何とかある程度まとめてほしいです。市谷は長い距離で連続して微妙な結果だったので7区。6区悪くてもしっかりと立て直してほしいですし、区間5位以内が一つの目安。8区は谷原も考えましたが、秋になってから結果が残せていないので、古賀が良いかなと思いました。意外と区間一桁も狙えると思うのですが。9,10区は河村と田代。田代は逆の1区を2度経験していますし、長い距離の実績が河村に比べると乏しいので、河村9区、ラストスパートできる田代を10区としました。全体的には往路も復路も平地区間は一定以上流れるかなと思いますが、山に不安要素が残りますね。それでも、5位以内は厳しい気もしますが、大崩れしなければシード権は取れるのではないでしょうか。留学生ニャイロかオムワンバかは勿論のこと、日本人では田代の起用区間に注目です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。