スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(8)中央学院大学

4年
塩谷桂大
箱根16年(3区5位)・15年3区4位(19位)・14年3区4位(3区10位)・13年3区18位(69位)
全日本15年4区3位(3組9位)・14年4区7位(2組18位)・13年3区4位(3組31位)・12年(3組17位)
関カレ13年10000M18位ハーフ2位・12年5000M30位
1年時から主力として活躍している。出雲まずまずで走ると、全日本で好走した。

潰滝大記
箱根16年(2区1位)・15年1区5位(14位)・14年1区13位(1区5位)・13年1区8位(153位)
全日本15年1区13位(4組2位)・14年2区5位(4組3位)・13年2区12位(4組11位)・12年(1組6位)
関カレ15年5000M1位10000M1位・14年5000M1位10000M3位・13年5000M5位10000M7位・12年3000SC1位
前半戦は日本選手権3000SC優勝するなど絶好調。夏に両ヒザを故障、全日本は一週間前に風邪をひき上手く走れなかった。

山本拓巳
箱根16年(6区6位)・15年8区8位(70位)・14年補欠
全日本15年補欠(2組6位)・14年8区14位(2組15位)
昨年度急に伸びた選手。全日本は腰痛で欠場も、山登り候補に上がっている。

小川貴弘
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年補欠・13年補欠
昨年度から安定して結果を残している選手。ただ、肝心の上尾ハーフは65分52秒と失速。

3年
海老澤剛
箱根16年(4区9位)・15年2区11位(29位)・14年6区12位
全日本15年3区7位(4組19位)・14年3区3位
関カレ15年10000M14位
昨秋以降大きく伸びた選手。前半戦は好調だったが、秋以降あまり良い成績を残せていない。2区か5区候補。

村上優輝
箱根16年(補欠)・15年4区15位(125位)・14年4区15位(補欠)
全日本15年5区12位(1組5位)・14年補欠(3組11位)・13年5区16位(2組19位)
関カレ15年5000M13位・14年5000M23位
トラックが得意な一方で、20kmはあまり得意でない。例年秋になって調子を落とす傾向があり記録挑戦会30分20秒。

海老沢太
箱根15年7区11位
前回の箱根7区で好走した選手。上尾ハーフは65分08秒と微妙だったが、11月末に29分40秒の自己ベスト。

久保田翼
箱根15年10区14位(149位)・14年(補欠)
全日本14年6区19位
1年時に29分台64分台出している。今年の箱根で10区出走。上尾ハーフは65分43秒も、11月末に29分37秒の自己ベスト。

藤花尚之
箱根15年(162位)・14年補欠(補欠)
全日本14年補欠
1年時29分台も2年時は不調だった。上尾ハーフ64分33秒、11月末に29分43秒の自己ベストと好走している。

2年
大森澪
箱根16年(1区13位)・15年補欠(91位)
全日本15年8区5位(3組11位)・14年5区18位
関カレ15年ハーフ14位
学生ハーフ62分台でブレイクした選手。全日本で好走すると、記録挑戦会も29分17秒の自己ベスト。

新井翔理
箱根16年(5区5位)
全日本15年6区8位(2組22位)
関カレ15年5000M10位
学生ハーフ64分台を出すと、春先も好調だった選手。出雲・全日本でしっかりと走り、記録挑戦会29分28秒の自己ベスト。

細谷恭平
箱根16年(補欠)
全日本15年補欠
都大路1区25位など実績のある選手。6月に大学に入って初レース。記録挑戦会で29分25秒の自己ベストと驚きの走り。

水野優
全日本予選会でエントリーに入った選手。上尾ハーフ64分48秒、11月末に29分42秒の自己ベストと好走している。

1年
森田智哉
箱根16年(補欠)
全日本15年7区10位(1組9位)
関カレ15年10000M15位
今年のドラ1で、前半戦29分22秒の自己ベスト。記録挑戦会29分59秒など秋になって悪くはないが微妙な印象。

樋口陸
全日本15年2区9位
前半戦14分15秒まで自己ベストを伸ばし、全日本2区でしっかりと走った選手。記録挑戦会は29分55秒。6区が濃厚。

市山翼
入学時は14分56秒だった選手。上尾ハーフは65分34秒だったが、11月末に29分43秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
光武洋(1年)…入学時14分59秒だった選手。上尾ハーフ64分06秒、11月末の記録会には出ていない。

予想オーダー
潰滝4ー大森2ー塩谷4ー森田1ー海老澤剛3
樋口1ー海老澤太3ー細谷2ー山本4ー新井2
11月半ば以降すさまじい記録ラッシュで上尾ハーフ好走した光武が故障としても、上尾ハーフ64分44秒、11月末に30分14秒とそこまで悪くなかった清水が外れる層の厚いエントリーになったと思います。1区と3区に潰滝・塩谷が起用とのことですが、1区潰滝、3区塩谷にしました。1つは塩谷が3区好走が期待できる反面、1区の不安要素が大きいこと。塩谷は前回63分7秒で走っており、今回62分台も十分視野に入っています。一方で、三大駅伝で1区を担当したことがなく、やや不安が残ります。また、もう1つとしては2区に若干不安を抱えていること。海老澤が昨年のような調子ならまだしも、出雲・全日本とやや不調。大森もスピードよりスタミナ型で復路の方が向いていると思いますし、1区塩谷が微妙で2区崩れるとしんどいので1区潰滝、3区塩谷としました。展開次第ですが、他に一緒に引っ張ってくれる選手がいれば61分台も視野に入れて潰滝は走ってもらいたいですし、塩谷は62分台をぜひとも出してほしいです。2区大森5区海老澤剛9区山本か2区海老澤剛5区山本9区大森のどちらかになると思いますが、前者にしました。海老澤剛昨年好走したのは高田に食らいついたので、今回絶好調ではないのにおなじ走りをしたら終盤失速する危険性があるし、ゆったり入ると本来の走りを見失うかなと予想。また、川崎監督は「5区81分で上ってくれればいい」と言っていますけど、81分だと昨年5位相当。腰痛で全日本外れた山本が果たして81分で走れるだろうかと思い、前者にしました。大森は昨年の海老澤の69分半が一つの目安。海老澤剛は無茶をせずに81分台で走ってくれれば良いです。残った4区は新井を置くか迷いましたが、ここ2年は村上というスタミナが不安で将来に期待している選手を起用していたので、森田。区間一桁が目標ですが、大崩れはせず走ってくれると思います。6区は樋口が準備しているのは間違いないと思います。「今回の希望は6区」とラジオ日本のコメントでありますし、「目標は区間新記録・良い流れを作ります」と(ホームページの)アンケートで回答しています。7区は昨年好走した海老澤太。上尾ハーフ65分8秒とそこまで悪かったわけではありませんし、11月末に自己ベストで昨年よりも期待できると思います。8区は秘密兵器を用意しているとのことですが、三大駅伝出走がないものの記録挑戦会素晴らしい走りを見せた細谷と予想。故障だけに気をつければ区間一桁はノルマとまで思っています。9区山本、10区新井は万全ならば区間一桁がノルマ。もし山本の状態が良くないなら9区に新井を持ってきてアンカーを久保田・藤花・水野あたりに任せるといった感じでしょうか。全体的にはシード権を争う大学の中では最上位というか、シード権を争う大学の範囲に入れても良いのかどうかというくらいチーム力があり、5位以内というのも良い目標だと思います。カギとなるのは9,10番目の選手。上尾ハーフ・11月末の記録会ともにまずまずの水野・藤花、箱根経験者で11月末の記録会最も良かった久保田・海老澤太といるものの、村上・森田が前半戦ほど好調ではないために青学・駒大・東洋・早稲田・東海に比べると見劣りするという印象。そういった選手の踏ん張りがカギを握ると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。