スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(4)中央大学

4年
徳永照
箱根16年(4位)・15年7区8位(18位)・14年7区7位(3区6位、189位)・13年7区14位(4区4位)
全日本15年(4組9位)・14年(3組31位)・13年(4組29位)・12年5区8位
関カレ15年5000M14位10000M11位・14年5000M16位10000M14位・13年ハーフ28位
Wエースの1人。日本インカレ10000M日本人トップ、箱根予選会は故障明けも日本人トップ。11月末は29分32秒だった。

小谷政宏
箱根16年(212位)・15年5区7位(81位)・14年5区13位
全日本15年(1組26位)
関カレ15年ハーフ30位
2年時いきなり箱根5区で粘った選手。9月に故障して箱根予選会は良くなかったが、11月に30分13秒の自己ベスト。

藤井寛之
箱根15年3区15位・14年補欠・13年補欠(2区4位)
全日本12年補欠
関カレ15年10000MDNF
主将。ハーフ63分18秒で走ったことがある。関カレ途中棄権して以降レースに出ていなかったが、5日に30分12秒で復帰した。

松原啓介
箱根16年(94位)・15年9区18位(32位)・14年(6区9位,220位)
全日本12年補欠
関カレ14年ハーフ38位
昨年の箱根予選会驚きの好走した選手。上尾ハーフ63分55秒、記録挑戦会29分44秒の自己ベストと絶好調。

3年
町澤大雅
箱根16年(15位)・15年1区10位・14年3区16位(1区8位、270位)
全日本15年(4組40位)・14年(3組18位)
関カレ15年10000M3位・14年5000M17位・13年5000M17位
Wエースの1人。箱根予選会はラスト5kmでペースダウンしたが、上尾ハーフ62分57秒で4位だった。

鈴木修平
箱根16年(71位)・15年4区13位(54位)・14年補欠(4区9位)
全日本15年(3組37位)・14年(2組13位)
関カレ15年ハーフ35位・14年ハーフ35位
前半戦は大舞台でよくなかったものの、秋に14分9秒、箱根予選会まずまず、記録挑戦会も29分24秒の自己ベスト。

谷本拓巳
箱根15年6区6位(159位)・14年補欠(2区12位)
ほぼ実績がなかったが、今年の箱根6区6位と好走。ケガで調整は遅れ気味だが、上尾ハーフ65分28秒で復帰した。

市田拓海
箱根16年(192位)・15年補欠(121位)・14年8区16位(161位)
全日本15年(2組18位)・13年(3組18位)
関カレ15年1500M10位・14年1500M予選
1年時にハーフ63分台出しているものの非常に波がある選手。箱根予選会はチーム10番手だったが、上尾ハーフ64分7秒。

渥美良明
箱根16年(130位)・15年補欠(67位)・14年補欠(141位)
関カレ14年ハーフ21位
箱根予選会チーム8番手。箱根予選会後レースに出ていなかったが、13日の国士舘記録会にエントリーされている。

相馬一生
箱根16年(44位)・15年補欠(120位)
秋に14分24秒の自己ベストを出すと箱根予選会チーム3番手の好走。記録挑戦会も29分48秒の自己ベスト。

新垣魁都
箱根16年(88位)・14年補欠
全日本15年(2組15位)
関カレ15年ハーフ19位
今年度非常に安定感がある選手。箱根予選会もチーム5番手。上尾ハーフは65分3秒で走った。

2年
蛭田雄大
都大路7区29位。今年は学生ハーフ66分台、上尾ハーフ66分24秒も一週間後に30分22秒の自己ベスト。

江連崇裕
都大路5区20位。今年の夏までは全く目立っていなかったが、上尾ハーフ66分32秒で走ると5日に30分26秒の自己ベスト。

1年
堀尾謙介
箱根16年(127位)
関カレ15年5000M31位
今年のドラ1。箱根予選会はチーム7番手だったが、上尾ハーフ71分かかってしまった。5日に30分7秒の自己ベスト。

苗村隆広
都大路3区10位の実績をもつ選手。前半戦もまずまず。世田谷ハーフは66分48秒だったが、5日に29分52秒の自己ベスト。

神崎裕
都大路7区21位。世田谷ハーフ66分42秒。5日の記録会は30分29秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
三宅一輝(4年)…今年の関カレ5000M入賞したスピードランナー。上尾ハーフ69分22秒で復帰したが、5日の記録会は欠場。
竹内大地(2年)…今年の関カレ3000SCで入賞した選手。箱根予選会は15kmから急失速。記録挑戦会は30分28秒の自己ベスト。

予想オーダー
町澤3ー徳永4ー鈴木3ー堀尾1ー小谷4
谷本3ー相馬3ー市田3ー松原4ー新垣3
想定はしていましたが、三宅が外れたのは痛いですね。往路を務められる数少ない選手だったのですが、間近の記録会欠場していますし状態が良くないのでしょう。1,2区は町澤、徳永で良いと思います。1区町澤はハイペースになっても区間一桁ではまとめてくれるのではないでしょうか。スローペースになってもエースを1枚使って勿体無い気になりますが、箱根予選会のように引っ張って終盤失速することだけは気をつけてほしい。徳永は安定してきましたし、2区他に任せられる選手もいません。箱根予選会・全日本のように他大の選手を使いながらクレバーに走ってくれると思います。問題は3区。本当はここに藤井や三宅をおきたかったのですが、箱根予選会後に本調子までは戻らなかったので10000Mチーム4番手の鈴木を置くしかないと思います。箱根4区13位、全日本予選会3組37位という実績から不安が残りますが、何とか区間15位くらいで粘ってほしいところ。4区はスタミナに不安のある堀尾。間近の記録会29分台出せませんでしたし、案外藤井が4,7区のいずれかに起用されるかもしれません。5,6区は小谷、谷本で心配ないと思います。小谷は箱根予選会よくなかったですが故障明けでしたし、谷本も上尾ハーフ65分台でしたが、2人とも走力はそこまでなく適性が高い選手。合わせて141分くらいで走ってくれると思います。7区は力のある選手を例年置いているので相馬。区間一桁はノルマで、10位の大学と1分差くらいならここで詰め切ってもらいたいです。ここでシード圏内に入っていないと厳しいと思います。8区は10人目の選手。渥美が調子上げていれば起用される可能性はあると思いますし、苗村・市田を含めたあたりから1人走ると思います。9区は経験者ということで松原。区間一桁は厳しいでしょうが、昨年と違って余裕のある位置で受け取れる可能性は少ないでしょうし、何とかシード権上で踏みとどまってほしいところ。アンカーは安定している新垣。沖縄出身で暑さが得意かなというのと、昨年10区で失速したので今年は安定感のある選手をおいてくるのではないかと予想。9区終了時点でシード圏内にいれば問題ないと思います。最もカギになるのは3,4区。1,2区は問題ないでしょうが、5区以降は大崩れしなさそうな一方で爆発力はないので、4区終了時点で15位くらいだと厳しいかなと思います。個人的には3,4区に相馬、鈴木を置いて、8区新垣で8区までに流れを作って後は野となれ山となれでも良いかなと思っていますが、バランスの良いオーダーを組んでくるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私は三宅君が間に合わなかったことと、藤井君の日体大の走りの内容から、3区に松原君を持ってきたらどうかなと思います。4区は去年と同じく鈴木君。7区に昔の家高君みたいなイメージで藤井君。8区に苗村君、9区相馬君、10区新垣君かなと。渥美君は国士舘記録会にエントリーされていた事実から、逆に竹内君がエントリー漏れした影響で入ったのではないかとも思ってます。堀尾君は4区で走ってほしいとは思いますが、かなり疲労が蓄積してると思うので4区でも終盤のアップダウンでやられそうな気がします。

Re: タイトルなし

堀尾はスタミナ型ではないですし、日体大記録会で苗村が29分台出しているので個人的には苗村の方がまだ好走するイメージがわきますね。3区松原は全く想定していませんでしたが、良い案ですね。確かに初の三大駅伝である相馬よりもまだ主要区間を経験している松原の方が耐えられそうです。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。