スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(1)日本体育大学

4年
勝亦祐太
箱根15年1区18位・14年3区17位(補欠)・13年1区7位(19位)
全日本14年8区8位・13年1区10位・12年1区7位(3組21位)
関カレ15年5000M12位・14年10000M23位
現部員唯一の箱根駅伝優勝メンバー。大舞台で波があるのが難点。上尾ハーフ65分5秒で復帰し5日の記録会で29分28秒。

奥野翔弥
箱根16年(14位)・15年2区14位・14年8区5位(補欠)・13年補欠
全日本15年8区15位(4組20位)・12年補欠
関カレ15年ハーフ28位14年ハーフ26位
主将にして大黒柱。5日の記録会で28分59秒の自己ベスト。ハーフ62分台を複数回出すなど20kmの実績は十分。

周防俊也
箱根16年(159位)・15年補欠・14年補欠
全日本15年補欠・14年6区9位
2年時に大きく伸びた選手。5日に29分25秒の自己ベストを出した反面、上尾ハーフ66分42秒と20kmは秋になって良くない。

平田健四郎
全日本15年補欠
今年の前半戦まで全く目立っていなかった選手。上尾ハーフは67分57秒だったが、5日に29分48秒の自己ベスト。

3年
山本航平
箱根16年(102位)・15年9区11位・14年7区13位
全日本15年補欠(4組30位)・14年7区7位・13年補欠
関カレ15年ハーフ31位
上尾ハーフは65分49秒だったが、5日に29分43秒の自己ベスト。今年の学生ハーフ63分台を出すなど長い距離のほうが得意。

秋山清仁
箱根15年6区4位
全日本13年補欠
今年箱根6区で好走。前半戦は不調だったが、上尾ハーフ63分53秒、5日に29分28秒の自己ベストと調子を上げてきた。

小野木俊
箱根16年(79位)・15年補欠
全日本15年7区6位(1組6位)・14年補欠
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選
今年度特に安定している選手。全日本で好走すると、上尾ハーフも64分53秒でまとめ、5日に29分13秒の自己ベスト。

小松巧弥
箱根16年(10位)
全日本15年1区15位(2組1位)・14年補欠
関カレ13年1500M予選
9月に29分14秒の大幅自己ベスト、箱根予選会もチームトップと今年度ブレイクした選手。5日の記録会は29分28秒。

2年
小町昌矢
箱根16年(16位)・15年5区19位
全日本15年4区16位・14年2区16位
箱根予選会59分台、5日の記録会で28分48秒の自己ベストを出した反面、全日本などやや不安定な面もある。

富永央
箱根16年(84位)・15年10区16位
全日本15年2区11位(3組8位)・14年5区10位
関カレ15年ハーフ12位・14年10000M27位
全日本予選会3組で好走、ホクレンで28分49秒の自己ベストを出した選手。5日の記録会は29分8秒で走っている。

吉田亮壱
箱根16年(66位)・15年8区17位
全日本15年3区11位(3組18位)・14年3区15位
関カレ15年5000M29位・14年5000M35位
良い記録を持っていた反面大舞台では失敗が多かったものの少しずつ安定してきた。5日の記録会は29分26秒。

辻野恭哉
箱根16年(83位)
全日本15年6区11位
都大路1区5位。大学ではずっと故障だったが、前半戦で復帰。上尾ハーフは66分25秒だったが、5日に29分29秒の自己ベスト。

城越勇星
箱根15年補欠
全日本15年(1組23位)・14年補欠
前半戦は記録会では安定して走れていた。世田谷ハーフ65分10秒で復帰すると、5日に29分31秒の自己ベスト。

大崎遼
高校時代は14分50秒台。この秋14分18秒、5日に29分35秒と一気に伸びてきた。上尾ハーフは67分51秒。

1年
室伏穂高
箱根16年(76位)
全日本15年5区11位
都大路1区16位。箱根予選会・全日本ともに堅実に走った。上尾ハーフ64分21秒、5日に29分31秒の自己ベスト。

宮崎勇将
夏の選抜合宿で全てこなせた選手。秋以降レースには出ていなかったが、5日に29分50秒の自己ベスト。

予想オーダー
小松3ー奥野4ー富安2ー吉田2ー小町2
秋山3ー辻野2ー室伏1ー小野木3ー勝亦4
三浦・山中の退部などもありましたが、大きなエントリー漏れもなくしかも間近の記録会上から16人をエントリーということで、現部員の中では非常に良いエントリーができたと思います。1区は全日本悪くなかったですし小松が良いと思います。スローペースなら問題ないでしょうが、ハイペースでも粘って大きく遅れない位置では渡してほしいところ。経験者の奥野を2区。長い距離は得意ですし、昨年よりは良い位置で襷を受け取るでしょうから、場合によっては区間一桁も期待したいところ。3,4区は全日本で前半区間を走った富安、吉田と予想しましたが、ここが一つカギになりそう。大崩れはしないでしょうが、全日本は積極性が足りずやや物足りない結果だったのも事実。今回も実力が自分より低い選手と走る展開も十分ありえるだけに、いかに前との差を詰められるでしょうか。最大のカギは5区の小町だと思います。もともと波がある上に12月まで記録会に出ていました。経験者といっても前回85分台で未知数なだけに好走して何とかシード圏内でゴールしてほしいところ。秋山は調子を上げているだけに58分台も視野に入れて走ってほしいです。7,10区は勝亦、山本、城越、辻野のうち誰を起用するか迷いましたが、間近の記録会最も良かった2人にしました。当初は7区勝亦にしていましたが、波があるため不安だったのと長い10区を勝亦が走るイメージがどうしてもできなかったので、7区辻野10区勝亦と予想。8区は5区の予備として練習させてアクシデントがなければ室伏、9区は安定感のあり間近の記録会非常に良かった小野木と予想してみました。往路終了時点でシード圏内ならばたぶん大丈夫でしょうし、往路もジワリと上げてシード圏内に入ることも十分可能だと思いますが、大エースがいないだけに大きなミスはそのまま致命傷になってしまいそうな印象。前述のように3,4,5区がカギですが、崩れないだけでなく攻めるところはしっかりと攻めたいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。