スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝 変更予想

メンバーエントリーが出ました。変更予想と感想について関東の大学を書いていきます。

駒澤大学
1区中谷、4区其田
前半型と言っていますしこのオーダーだと思います。2区工藤、3区西山でどれだけ稼げるか、4区5区其田下がどれだけ粘れるかがカギ。そこでトップを守れていれば優勝もありうると思いますが、厳しいか。

明治大学
5区牟田
牟田が5,6,7区のどこかに入ってもおかしくないと思います。2区木村でシード圏内に入って各選手が力を出し切って終盤までシード圏内を維持する展開に持っていきたい。

青山学院大学
なし
つなぎ区間の変更はあるかもしれませんが。2区小椋でもし少し離されても4区久保田で追いつけてアンカー神野で勝てるという万全なオーダーになりました。

東洋大学
2区櫻岡4区服部弾
2区と4区に櫻岡と服部弾が入ってくると思います。2区に服部弾を置いてスタートダッシュを切るのか、それとも2区櫻岡で耐えて3区口町4区服部弾で抜け出すのか。いずれにせよ4区終了時点で先頭に立っておく必要があると思います。5,6,7区で差を引き離せれば優勝の可能性も出てくるのではないでしょうか。

山梨学院大学
なし
1区市谷が一色にくらいつければ2区佐藤3区田代で抜け出して5区に並んでタスキを渡せるかも。ただ、3位以内を堅実に狙うなら第二集団でレースを運んだほうが良いでしょうし、1区市谷がどこに目標を置くかで展開がかわりそうです。

東海大学
なし
1区川端が先頭集団でも第二集団でもない中途半端な位置で渡して石橋が変に失速することさえなければシード権獲得の可能性は非常に高いと思います。アンカー高木は力不足な感もしますが、7区までにセーフティーリードを奪えていると思います。

中央学院大学
2区山本
さすがに樋口そのまま出走は重すぎますかね。1区潰滝の状態、森田・村上の調子など不安要素は意外と多い。序盤2区間がどのように流れるかがカギですが、うまく流れても後半貯金を使い切ってしまう気もしますが。

日本大学
3区加藤、7区岡野
変更は3区加藤は鉄板。6,7区に岡野が入るかどうかくらいでしょう。2区木津がどこまで粘れるか。また2区で遅れても3区加藤4区石川でどれだけ巻き返せるかがポイント。第二集団で2区は走れるでしょうし、シード権獲得に向けて最も良いオーダーを組めたと思います。

神奈川大学
3区大野、5区大川
変更は何も予想外なことなければ3区も重視する傾向にあるので3区大野、大川も後半の繋ぎ区間に入るかもしれません。1区鈴木健、8区我那覇よりも2区山藤に驚きました。確かに箱根の前にシード権の可能性がまだ低い全日本で確かめるのも良いですね。山藤の走りが順位に直結してきそうです。

早稲田大学
3区柳、8区武田
変更は誰も変わらなくてもおかしくないですし、様々な区間で3人変わってもおかしくないですね。変更は3区三浦が平地での安定感なく、佐藤も8区走るほど実績はないので変更にしてみました。1区中村が無理して先頭集団についていくのか、それとも第二集団でレースを進めるかがカギになりそう。優勝を目指しているようなのでついていって失速というパターンが一番怖いのですが。

帝京大学
7区島口、8区加藤
変更は8区加藤の可能性は相当高いかなと。1年生3人走ることも考えましたが、一応箱根予選会順位がよかった島口を入れておきました。鬼門の1区は高橋裕ですが、2区君島がカギ。3,4区に気持ちよく走らせてあげたいです。

順天堂大学
なし
変更は江口が3区か7区に入ってくる可能性があるくらいでしょう。1区松枝がどこまで復調しているかがカギ。万全ならば非常に面白いのですが。また、将来的な観点も考えると8区栃木がどんな走りを見せるかにも注目。

日本体育大学
3区吉田、4区小町
小町は4区だと思います。あとは、吉田は繋ぎ区間に入ってくるでしょうが、場合によっては室伏と3人交代もあるかもしれません。とりあえず伸び盛りの小松がどのような走りを見せるかに注目。そのほかの区間はよくもわるくも安定していると思います。

大東文化大学
6区前田
前田は3区か6区に入ってくると思います。大隅は万全なら8区、一応走れるなら6区に入ってくると思うのですが…。注目点は1区、2区。箱根だけでなく来年度も主力として期待したい原・北村がどのような走りを見せるかがポイント。個人的には3000SC以外はなかなか安定しない中野がもう一度機会を与えられるのか、その場合はどのような走りを見せるかが結構気になっています。

國學院大學
8区廣川
さすがに8区は4年間チームを支えてきた廣川に変更になると思うのですが。2~4区の初の三大駅伝の選手がどのような走りを見せるかが楽しみ。第二集団からこぼれるとズルズル行ってしまう気がするので、各区間の選手がしっかりと第二集団にとどまれるかが注目。

優勝する可能性
青学>>>東洋>山学>駒澤
青学は勿論、東洋もアンカー勝負まで持っていくことは意外とできるのではないでしょうか。あとは上村と神野の調子ということになりそう。山学は1区で引き離されなければ(かなり難しいですが)優勝するチャンスはありそう。駒澤は東洋や山学より上の順位になる可能性はけっこう高いと思いますが、優勝するビジョンは見えにくいですね。

シード権の可能性
東海>>日大>早稲田>>順天堂>中央学院>明治
山学は若干不安がのこりますが、優勝する可能性のある4校を除いたシード権獲得について推測。東海は山学よりも上の4位の可能性も非常に高そう。日大は木津は今年度に入ってしっかりと走れていますし集団で走れそう。早稲田は4区まで日大と差をつけにくく、5,6,7区ではキトニーから逃げ切れないかなと。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。