スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予想(6)東洋大学(※10/29改)

寺内が平国大記録会出たので7区変更しました。
1区高橋尚弥区間12位(3位と+1分6秒)
2区服部勇馬(12→8)区間3位(+58秒)
3区服部弾馬(8→5)区間2位(+7秒)
4区口町亮(5→3)区間賞(4位に-2秒)
5区野村峻哉(3→3)区間3位(-19秒)
6区櫻岡駿(3→4)区間4位(+50秒)
総合4位(予想4位)区間は4区が的中
補欠・・堀・小笹(竹下・寺内)
順位は野村・櫻岡が予想以上に頑張ったものの山学が予想以上に前半から良かったので当たりました。区間は服部勇の故障がわかりませんでしたし、1区高橋も無理です。あと、堀が貧血気味でオーダーに入らなかったのもやや意外でした。高橋の出遅れが致命傷となりましたね。最後コース間違えたのは仕方ないですが、問題はそれ以前に揺さぶりをかけたところ。凌ぐ区間とわかっていたでしょうし、中谷や小椋に勝てると思ったならばさすがに過信だと思います。服部勇は故障明けのなか潰滝にしっかりと食らいつく走りで意地を見せました。ただ、2区でも万全ではなかったようですし、欠場というのは難しいでしょうが後に響くのか不安になる走りでしたね。服部弾は日本インカレの走りがフロックかどうか注目していたのですが、本当に力がついたと実感しました。久保田に2秒しか負けない走りで、3位集団までほぼ追いつきましたね。口町はある程度以上は走ってくれると思いましたが、先頭集団のペースが落ちたとはいえ終盤スパートをかけて区間賞を取るとはあまり思っていませんでした。タイムも非常に良く服部弾の流れをさらに強くしました。野村は繋ぎ区間の中では一番不安でしたが、後続との差を広げる走りでした。アンカーの櫻岡はニャイロに抜かれたのは仕方ないですし、前半突っ込んだとはいえ大塚と同タイムというのは価値があると思います。4月以降レース出ていなかったので不安でしたが、調子を合わせてきましたね。全体的には高橋の出遅れで順位はあまりよくありませんでしたが、繋ぎ区間の好走、服部弾が力をつけていることなど収穫は非常に多かったですね。服部勇さえ状態が戻れば青学の三冠を阻止する第一候補になると思います。

4年
服部勇馬
箱根16年(2区3位)・15年2区1位・14年7区1位(5区1位)・13年9区3位(3区2位)
全日本14年2区1位・13年2区4位・12年8区6位
関カレ15年5000M4位・14年5000M7位10000M6位・13年10000M10位・12年5000M11位
エースで、長い距離の方がより強い。ホクレンで13分36秒28分9秒の自己ベストを出したが、出雲は故障明けで走った。

上村和生
箱根15年3区6位・14年9区3位・13年(補欠)
前半戦は5000M,10000Mの自己ベストを出したものの、秋以降レースにでていない。

寺内將人
箱根16年(補欠)・15年9区9位・14年補欠
全日本13年補欠
関カレ15年ハーフ5位
長い距離を得意とする選手。春先14分6秒、29分13秒の自己ベストを出し、関カレも健闘した。出雲記録会は不出走。

高橋尚弥
箱根16年(1区12位)・15年6区8位
関カレ15年ハーフ3位
学生ハーフ62分半からそのまま13分59秒、29分7秒の自己ベスト。出雲は好調で1区に抜擢されたが大失速。

3年
服部弾馬
箱根16年(3区2位)・15年7区3位・14年7区1位(2区6位)
全日本14年1区10位・13年補欠
関カレ15年1500M6位・14年5000M8位10000M11位・13年1500M6位5000M25位
ホクレンで13分44秒の自己ベスト。日本インカレ5000Mは留学生もいる中優勝した。出雲も区間2位の好走。

櫻岡駿
箱根16年(6区4位)・15年4区4位
全日本14年3区6位
昨年度上尾ハーフ62分台。今年度は4月初めの私学五大学対抗以降レースに出ていなかったが、出雲はしっかり走った。

山本采矢
全日本13年補欠
関カレ15年ハーフ10位
1年時は好調だったが、2年時は停滞。今年は関カレハーフに抜擢され10位と健闘したが、秋になってレースにでていない。

口町亮
箱根16年(4区1位)・14年(補欠)
関カレ15年5000M12位
前半戦通して絶好調。13分58秒、29分13秒の自己ベストを出し、関カレも健闘した。出雲も区間賞を獲得。

牧浦聖士
都大路7区4位。3年になってから復調してホクレンで14分14秒、平国大で29分36秒の自己ベスト。

2年
堀龍彦
箱根16年(補欠)
関カレ15年1500M7位
1年目は故障で苦しんでいたが、前半戦は1500M中心に取り組み、5000Mも13分54秒の自己ベスト。出雲記録会は14分7秒。

竹下和輝
箱根16年(補欠)
関カレ14年5000M19位
昨年出雲出走予定だった選手。5月に復帰するとホクレンで13分58秒の自己ベスト。出雲記録会は14分37秒。

野村峻哉
箱根16年(5区3位)
関カレ15年10000M10位
春先14分16秒、29分16秒の自己ベストを出すと関カレも29分48秒で10位と健闘した。出雲も区間3位と好走。

1年
小笹涼
箱根16年(補欠)
関カレ15年10000M24位
都道府県5区2位など実績のある選手。4月に14分15秒、29分12秒の自己ベストを出したが、出雲記録会14分40秒。

予想オーダー
服部3ー服部4ー野村2ー上村4ー口町3ー高橋4ー牧浦3ー櫻岡3
上村も加わり名前だけみると順当なエントリーができました。ただ、服部勇はエントリーに入ったということで出雲のダメージはないようですが、出雲の走りを見ていると全日本もまだ本調子とはいえないかなという印象がします。出雲先頭に立って敗れたのなら変えると思いますが、1区の出遅れで一度もトップに立てなかったのでまた序盤型のオーダーで来ると予想。服部弾は区間3位は最低限で区間賞を期待してしまいます。服部勇も状態はわからないですが、2位との差を広げてくれれば。東洋大は3区昨年は出雲のオーダーに入っていなかった櫻岡、その前は延藤とあまり3区を重要視していないかなと思いました。従って、野村。重視した場合は経験者として櫻岡を3区に置いてアンカーに高橋となるでしょうか。4区は昨年故障明けの高久、一昨年は出雲で区間順位が良くなかった田口とあまり重視していないと思ったので、上村。トップに立っていれば後ろから差を詰められる展開になるでしょうが粘ってほしいです。3,4区と苦戦すると思うので5区に口町を置いて立て直そうと。全日本の中では一番繋ぎ区間だと思いますし、区間賞取ってほしいです。高橋は一旦オーダーから外すことも考えましたが、出雲はともかく全日本で主力が外れるということはあまりないということで6区。6区寺内7区牧浦とかも面白いかもしれませんね。7区は新戦力を試したかったのですが、出雲記録会良かった堀は10000M以上の実績がほぼないですし、その他の選手は抜擢するほどの成績を残していないので素直に実力で寺内。展開次第ですが、主力を起用してきた大学以外には負けてほしくないです。(※思っていましたが、平国大記録会で10000M走ったので牧浦に変更しました。)アンカーは出雲で予想以上の走りをしたので櫻岡。出雲想定していた展開で流れていたら2区櫻岡アンカー服部勇にしたのですが。全体的には繋ぎ区間で1区間のビハインドは何とかしてももう1人はエースクラスが欲しいというのが正直な印象。2位争いは十分展開できるでしょうが、優勝するのはなかなか厳しそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。