スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会展望(12)日本体育大学

4年
奥野翔弥
箱根15年2区14位・14年8区5位(補欠)・13年補欠
全日本15年(4組20位)・12年補欠
関カレ15年ハーフ28位14年ハーフ26位
主将にしてエース。4月に14分10秒を出したが、それ以降はあまり目立てなかった。東海大記録会は29分43秒。

周防俊也
箱根15年補欠・14年補欠
全日本14年6区9位
2年時に大きく伸びた選手。5月に14分12秒の自己ベスト。東海大記録会は前の組にエントリーされ30分27秒も組トップ。

平田健四郎
昨年の学生ハーフ65分58秒。東海大記録会は序盤の組で30分32秒の自己ベストで組3位と結果を残した

3年
山本航平
箱根15年9区11位・14年7区13位
全日本15年(4組30位)・14年7区7位・13年補欠
関カレ15年ハーフ31位
ハーフ63分台など長い距離が得意な選手。6月に29分48秒の自己ベスト。東海大記録会はDNF。

小野木俊
箱根15年補欠
全日本15年(1組6位)・14年補欠
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選
前半戦は全日本予選会好走すると7月に14分15秒の自己ベスト。東海大記録会は29分38秒と状態は良い模様。

小松巧弥
全日本15年(2組1位)・14年補欠
関カレ13年1500M予選
全日本予選会組トップなど前半戦絶好調。東海大記録会も29分14秒の大幅自己ベストで組トップと一気に力をつけてきた

2年
小町昌矢
箱根15年5区19位
全日本14年2区16位
4月末に14分18秒の自己ベストを出したが、故障でエントリー漏れ。東海大記録会29分23秒と状態を戻してきた。

富永央
箱根15年10区16位
全日本15年(3組8位)・14年5区10位
関カレ15年ハーフ12位・14年10000M27位
ホクレンで28分49秒と力をつけてきた選手。日本インカレ29分36秒で17位、世田谷記録会14分20秒の自己ベスト。

吉田亮壱
箱根15年8区17位
全日本15年(3組18位)・14年3区15位
関カレ15年5000M29位・14年5000M35位
10000M29分11秒の自己ベストを持っている選手。重要な舞台では全く結果が残せていなかったが、全日本予選会はまとめた。

白永真彦
関カレ14年3000SC予選
昨年12月に29分58秒で走っている選手。日本インカレ3000SCは9分11秒で12位。東海大記録会はDNS。

辻野恭哉
都大路1区5位で昨年のドラ1。大学では故障を引きずっていたが、前半戦で復帰すると東海大記録会29分53秒と好走。

重松尚志
昨年12月に14分39秒の自己ベストを出し、学生ハーフは67分50秒。東海大記録会は30分45秒の自己ベスト。

1年
三原卓巳
都道府県1区35位。7月に14分27秒と自己ベスト近くで走った。選抜合宿で全ての練習をこなせたが、東海大記録会31分56秒。

室伏穂高
都大路1区16位。6月に14分36秒など無難なスタート。夏は選抜合宿で全て練習をこなし、東海大記録会30分5秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
勝亦祐太(4年)…現部員唯一の箱根駅伝優勝メンバー。大舞台で波があるのが難点。全日本予選会は欠場していた。
三浦洋希(1年)…都道府県5区1位の即戦力ルーキー。夏は選抜合宿で全ての練習こなすなど順調だったようだが…。

勝亦・小泉・坂本・大手・城越などハーフで実績ある選手がエントリー漏れ。山中や柿本が部から去りどれくらい選手が残っているのかわからないものの、東海大記録会良かった選手を中心に予選会に挑みます。
一応、理想的にはこんな感じでしょうか
60分以内…奥野・(富永)
60分半以内…(山本)・(小松)
61分以内…小野木・小町
61分半以内…周防・吉田
62分以内…辻野
62分半以内…平田・重松・室伏
理想は10時間10分半、きちんと20kmに対応できていれば10時間12分以内には収まるのではないでしょうか。懸念材料は2点。まず、1点目は退部者が出るなかチームの雰囲気がどのようなものかということ。監督交代に際して前の監督が良かった人と今の監督が良い人は勿論いると思いますが、端から端に監督の方針が振れたことで、反応も二極化したのかなと予想。エントリーメンバーに選ばれた選手は新しい監督に順応しているでしょうし、そこまで心配はいらないのかなと。もう一つ最大の懸念は距離対応。監督によると昨年までの練習スケジュールをみていないようですし、関カレも手探り状態。練習を見に行った大学も東洋・駒澤・東海など今年予選会のない大学ばかりなんですよね。あの両角監督ですら予選落ちの経験もありますし、怖いです。全体的には9人目以下で不安要素はあるものの、別府監督がハーフ好走経験のある選手を残してくれましたし、他大のエントリーも万全でないので通過する可能性は高いと思います。とはいっても、距離対応という面で非常に不安で、波乱で落ちるとしたら間違いなくこの大学になるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。