スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会展望(10)法政大学

4年
中村涼
箱根15年(83位)・14年4区6位(補欠)・13年補欠(191位)
全日本15年(3組15位)・14年(3組10位)・13年7区9位・12年(1組35位)
関カレ15年10000M22位・14年10000M29位
昨年の箱根予選会チーム2番手。前半戦は勢いはなかったが、全日本予選会29分台など大崩れせずにまとめていた。

佐藤和仁
箱根15年(144位)・14年8区7位・13年補欠
全日本15年(3組25位)・14年(1組25位)・13年補欠(OP23位)
関カレ15年ハーフ17位・14年ハーフ15位・13年ハーフ34位
主将。4月に29分34秒の自己ベストを出すと関カレ・全日本予選会としっかりとまとめている。

有井渉
箱根15年(111位)・13年補欠
全日本15年(1組14位)
昨年度大きく伸びた選手。4月に14分29秒の自己ベスト、全日本予選会もまずまずまとめた。

藤井翔太
箱根15年(145位)
全日本13年補欠
関カレ15年ハーフ37位
10000M29分31秒で走ったことのある選手。10000Mは得意な一方で、20kmは苦手としている。6月21日に29分56秒で走った。

田中優大
昨年12月に30分18秒、今年の学生ハーフ65分11秒で走っている選手。5月末に31分かかった以外今年度はレースにでていない

3年
足羽純実
箱根15年(139位)・14年補欠(5区5位)
全日本15年(4組33位)・14年(3組2位)・13年5区5位(3組27位)
関カレ15年10000M26位・14年10000M34位・13年5000M23位
今年の学生ハーフ63分37秒で走ったエース。春先は14分1秒の自己ベストと好調だったが、5月以降調子を落としていた。

坂田昌駿
箱根15年(100位)・14年補欠
全日本13年補欠(OP13位)
前回の箱根予選会好走したが、故障が非常に多い選手。5月末に復帰し、7月に14分32秒で走っている。

城越洸星
全日本15年(2組23位)
全日本予選会30分37秒など前半戦は30分半くらいで安定していた選手。監督曰く、「夏に最も伸びた選手」らしい。

岡田悠
高校時代14分38秒、都大路4区21位の実績がある選手。大学に入ってから目立っていない。今年の学生ハーフ67分5秒。

2年
磯田和也
全日本15年(1組4位)
4月に14分29秒、30分8秒の自己ベストを出し、全日本予選会30分7秒の自己ベスト。今年の学生ハーフは65分16秒だった。

阿部泰久
関カレ15年3000SC予選
学生ハーフ65分15秒で走ると、3月末に14分40秒の自己ベストを出した選手。5月末の10000Mは31分24秒かかってしまった。

1年
土井大輔
全日本15年(2組30位)
都大路1区30位。全日本予選会は1年で唯一エントリーされ30分52秒。20kmのレースで走れる目処が立っているらしい。

矢嶋謙悟
関カレ15年5000M28位
都大路3区15位。関カレは14分53秒、5月末の10000Mは31分34秒かかってしまった。

本多寛幸
都道府県5区19位。前半戦1500M3分55秒切っているが、10000M32分1秒。20kmのレースで走れる目処が立っているらしい。

主なエントリー漏れ
藤井孝之(4年)…1年時箱根8区12位で走った選手。2年以降は非常に波がある。全日本予選会エントリーされたものの出走せず
細川翔太郎(2年)…全日本予選会29分22秒の自己ベストと前半戦大きく伸びた選手。7,8月に故障した模様。

安定感のない藤井孝や故障の多い田辺のエントリー漏れはあまり問題ないのですが、覚悟していたとはいえ細川のエントリー漏れが痛いですね。万全ならば60分以内も狙える選手だと思っていたので2分くらい不利になってしまいました。学生ハーフ65分前半で走った選手を中心にエントリー。
一応、理想的にはこんな感じでしょうか
60分半以内…足羽
61分以内…中村・佐藤・磯田
61分半以内…有井・坂田・城越
62分以内…阿部・田中・土井
62分半以内…藤井翔・本多
一応、相当理想的に考えると10時間14分以内には想定することができました。ただ、懸念材料がかなり多くあります。1つ目に足羽・中村・佐藤・磯田がしっかりと稼げるかどうか。エースの足羽は関カレ・全日本予選会と外しています。また、中村も昨年ほどの勢いはなく、佐藤は学生ハーフで通過したタイムとはいえ昨年より1分以上稼がなければなりません。磯田もまだまだハーフは未知数な面がある中でしっかり稼げるかどうかがカギ。もう1点は阿部・田中といった前半戦不調だった選手がプレッシャーの中で学生ハーフと同じくらい走れるかどうか。2人とも30秒くらい遅くなると62分半で一気に苦しくなる可能性も出てきます。一方で、新入生がより距離対応できていれば30秒~1分稼げるでしょう。他大にミスは出るでしょうし予選通過の可能性はありますが、自大のミスを相当減らす必要があり楽な戦いにはならなそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。