スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会展望(9)神奈川大学

4年
西山凌平
箱根15年4区5位(23位)・14年3区9位(20位)・13年2区11位(45位)
全日本15年(4組4位)・14年4区9位(4組17位)・13年(4組13位)・12年1区14位(3組15位)
関カレ15年10000M4位・14年ハーフ4位・13年10000M8位・12年5000M16位
下級生の頃から軸となっている選手。前半戦は28分44秒の自己ベストを出すなど絶好調。日本インカレ10000MはDNS。

我那覇和真
箱根15年1区6位(11位)・14年2区19位(7位)・13年7区1位(62位)
全日本15年(3組1位)・14年2区12位(3組9位)・13年(4組5位)・12年2区8位(4組18位)
関カレ15年10000M30位・14年5000M18位10000M22位・13年5000M10位10000M11位・12年5000M13位
下級生の頃から軸となっているが、やや波がある選手。関カレ不調で全日本予選会3組だったが、日本インカレ29分12秒で14位。

渡邊慎也
箱根15年5区18位・13年補欠(110位)
全日本15年(2組19位)・12年補欠
関カレ15年3000SC予選・13年3000SC決勝進出
故障で長い間苦しんでいた選手。前半戦14分29秒の自己ベスト、初10000M30分28秒と好調。1年時箱根予選会でまずまず。

永信明人
箱根13年補欠
全日本13年(3組34位)
関カレ15年1500M6位5000M36位
1500Mも取り組んでいるスピードランナー。20kmは自己ベスト65分台とやや苦手。日本インカレ1500Mは3分55秒で予選落ち。

3年
石橋健
箱根15年補欠(76位)・14年8区20位(177位)
全日本14年6区13位
14分49秒ながら箱根予選会76位で走ったスタミナ型。5月末に復帰し14分30秒まで自己ベストを伸ばした。

中平英志
昨年の学生ハーフ65分台、6月に14分24秒の自己ベストを出している選手。今年の前半戦は6月に14分25秒で走った。

朝倉健太
昨年度30分6秒、学生ハーフ64分16秒と成長した選手。前半戦は4月に14分30秒の自己ベストを出したものの、その後微妙。

2年
大川一成
箱根15年3区18位(68位)
全日本15年(2組9位)・14年5区8位(1組18位)
関カレ15年5000M26位
安定感のある選手。4月に29分33秒の自己ベスト、全日本予選会もしっかりと走った。

鈴木健吾
箱根15年6区19位(33位)
全日本15年(4組5位)・14年3区9位
関カレ15年10000M11位・14年5000M32位
箱根予選会好走したものの、箱根駅伝で撃沈した選手。全日本予選会で自己ベスト、ホクレンで28分53秒まで伸ばすなど急成長

大野日暉
箱根15年8区9位(101位)
全日本14年補欠
関カレ15年ハーフDNF
4月に29分29秒を出しているが、関カレハーフ以降レースに出ていなかった。2次合宿の時点では既に参加していた。

枝村高輔
昨年度14分33秒、30分9秒世田谷ハーフで65分台と成長した選手。前半戦は14分40秒前後だったがレースには結構出ていた。

鈴木祐希
関カレ15年3000SC予選
昨年度14分25秒、29分57秒と成長した選手。前半戦は関カレ惨敗するなど不調。ハーフ出走経験はない。

1年
山藤篤司
全日本15年(3組5位)
関カレ15年5000M16位
全日本予選会29分43秒、7月に13分58秒の自己ベストと絶好調。高3時はトラックは良かったものの、全国駅伝は撃沈。

多和田涼介
全日本15年(1組24位)
山藤と同じ愛知高校出身で都大路6区3位。全日本予選会は初10000Mだったが、30分44秒と大崩れはしなかった。

主なエントリー漏れ
東瑞基(3年)…昨年の箱根予選会44位。今年の箱根欠場して以降レースにでていない。
浅利宗一郎(2年)…全日本予選会1組8位、7月に14分13秒の自己ベスト。昨年も夏を経て故障していた。

東のエントリー漏れは想定していましたが、浅利のエントリー漏れはショックですね。通過に大きくは影響しないでしょうが、これから鈴木健・大野・大川とともにチームの軸となっていってほしいと思っていただけに非常に残念です。ただ、西山・我那覇やそれ以外の2年生のエントリー漏れはなく、大きなエントリー漏れがある他大に比べると比較的順調でしょう。
一応、理想的にはこんな感じでしょうか。
59分半以内…西山
60分以内…我那覇・鈴木健
61分以内…大川・大野・石橋
61分半以内…渡辺・朝倉・枝村
62分以内…山藤・多和田
62分半以内…永信
10時間9分以内としましたが、大川・大野で30秒~1分、1年生が距離対応できればもう1分前後縮めて10時間7分程度も狙えると思います。思ったよりも余裕ではなかったですね。東・中神・浅利もそうですが、卒業生の穴も感じられました。不安材料としては9番手以降でしょうか。わりと安心して任せられる7人に加えて、学生ハーフ好走した朝倉までは計算できそう。枝村は難しい世田谷ハーフ65分台で走っているので良いとしても、全国駅伝で良くなかった山藤、距離対応が不安な多和田や鈴木祐、長い距離苦手な永信、10000M以上で実績があまりない中平のうち誰が選ばれどのように走るかがトップ通過のポイントになりそう。予選会は得意ですし安定して通過してくるでしょう。山藤・多和田の距離対応にひとまず注目。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。