スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会展望(8)東京農業大学

4年
戸田雅稀
箱根15年(45位)・14年3区13位(10位)・13年4区20位(136位)
全日本15年(4組21位)・14年(3組20位)・13年(3組11位)・12年(2組26位)
関カレ15年5000M2位10000M8位・14年5000M31位・13年1500M1位5000M7位・12年1500M1位5000M19位
1500Mアジア選手権8位、ホクレンで13分36秒の自己ベストを出すなど短い距離では無類の強さを誇る。十日町記録会はDNF。

遠藤凌平
箱根15年(86位)・14年補欠(66位)・13年(123位)
全日本14年(3組30位)・13年(1組31位)
関カレ15年ハーフ19位・14年ハーフ30位・13年ハーフ12位
やや成績に波もあるが、箱根予選会で3年連続戦力になっている。6月以降レース不出走だったが、十日町記録会30分20秒。

佐野雅治
箱根15年(170位)・14年4区21位・13年補欠
全日本15年(4組18位)・12年(OP20位)
関カレ15年10000M12位・13年3000SC1位・12年3000SC2位
故障前は長い距離は得意ではなかったが、前半戦は関カレ全日本予選会とまとめた。十日町記録会29分26秒。

大橋真弥
箱根15年(122位)・14年補欠(85位)・13年補欠
全日本13年(2組35位)
前半戦は6月以降レースに出ていなかった選手。十日町記録会は30分54秒。昨年も前半戦絶不調だったが箱根予選会は健闘。

大澤拳
全日本15年(1組16位)
今年の学生ハーフ65分7秒、全日本予選会で粘った選手。十日町記録会は30分18秒の自己ベスト。

3年
木山雄生
箱根15年(79位)
全日本14年(2組37位)
関カレ14年ハーフ29位
昨年9月末に29分台を出し、箱根予選会好走した選手。7月に復帰すると十日町記録会30分42秒。

折居卓哉
全日本15年(3組17位)・14年(1組15位)
関カレ15年ハーフ18位・14年1500M予選
学生ハーフ63分42秒で走った選手。全日本予選会29分54秒、7月に14分17秒の自己ベスト。十日町記録会30分13秒。

荒木瞭一
箱根15年(147位)
昨秋以降29分台を出すなど急に出てきた選手。前半戦はレースに出ておらず、十日町記録会は31分49秒と撃沈。

西村昌悟
箱根14年補欠(269位)
1年で既に29分台を出し、今年の学生ハーフ64分23秒で走った。7月に14分36秒の自己ベスト、十日町記録会は30分25秒。

2年
茂木洋晃
箱根15年(242位)
関カレ15年3000SC12位・14年3000SC3位
学生ハーフは65分13秒だったが、10000M29分38秒の自己ベストを持っている選手。十日町記録会は30分53秒。

原由幸
箱根15年(205位)
昨年はラスト5kmで失速した選手。学生ハーフ66分46秒など今年は目立っていなかったが十日町記録会30分17秒の自己ベスト。

内沼司
1年時に30分34秒、14分38秒で走っている選手。十日町記録会は30分23秒の自己ベスト。学生ハーフ67分6秒など20km不安。

1年
小山直城
全日本15年(3組36位)
関カレ15年5000M5位
都道府県4区1位の即戦力ルーキーで前半から絶好調。石巻復興マラソン65分半で優勝、十日町記録会29分27秒の自己ベスト。

滋野聖也
関カレ15年3000SC2位
IH3000SC3位の実績がある選手。石巻復興マラソン66分半、十日町記録会29分32秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
小澤洸太(4年)…昨年度14分2秒、29分38秒と一気の伸びた選手。十日町記録会は30分36秒だったが、20kmの実績がない
高橋悠平(2年)…学生ハーフ64分32秒で走っている選手。全日本予選会は2年連続撃沈したが十日町記録会は30分43秒だった。

スピード型の小澤は外れる可能性も十分あると思っていましたが、十日町記録会で茂木・荒木より良かった高橋が外れたのは意外でしたね。とはいっても、主力のエントリー漏れはなく他大と比べると非常に順当なエントリーができました。
一応、理想的にはこんな感じでしょうか
60分以内…戸田
60分半以内…小山
61分以内…折居・滋野・佐野
61分半以内…遠藤・大澤・西村
62分以内…大橋
62分半以内…木山・原
63分以内…内沼
10時間12分半以内。中堅の選手が頑張れば10時間12分以内も狙えます。やはり万全のエントリーができたチームは有利ですね。ただ、懸念材料も2点あります。1つはスピード型の選手がどれだけ粘れるか。ハーフ62分台の戸田や石巻復興マラソンである程度走れていた小山・滋野は心配していませんが、昨年15km以降失速した佐野・原やハーフの実績がほぼない内沼がどこまで粘れるかがポイント。もう1点は間近の記録会良くなかった選手が踏ん張れるかどうか。大橋・木山・荒木といった選手が復調すれば更に余裕ができるのですが。今のところ主力の故障やミスがでなければほぼ通過するかなという印象。昨年はまさかの予選落ちでしたが、しっかりと1年で復帰したいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。