スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲駅伝予想(9)山梨学院大学

4年
前田拓哉
箱根15年5区12位(154位)・14年8区20位(105位)・13年8区13位
全日本14年補欠・13年補欠(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
前半戦は7月にレース復帰し、監督曰く夏合宿のMVP。東海大記録会29分39秒。世田谷記録会は14分10秒の自己ベスト。

田代一馬
箱根15年1区20位・14年1区16位(49位)・13年(補欠)
全日本13年補欠(OP1位)・12年5区14位
関カレ15年10000M16位・13年5000M27位
28分38秒の自己ベストを持っている。前半戦は安定していた。東海大記録会29分31秒。世田谷記録会は13分55秒の自己ベスト。

3年
佐藤孝哉
箱根15年2区18位(25位)・14年補欠(50位)
全日本14年1区11位・13年1区11位(3組10位)
関カレ15年ハーフ6位・14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
日本人エース。日本インカレ28分58秒で8位など非常に安定している。世田谷記録会は13分53秒の自己ベスト。

上村純也
箱根15年4区12位(87位)・14年4区19位
全日本14年5区13位・13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
自己ベストは良いが、大舞台ではあまり結果を残せていない。東海大記録会30分11秒。世田谷記録会13分58秒の自己ベスト。

秦将吾
箱根15年補欠
関カレ15年1500M5位・14年1500M予選・13年1500M予選
1500Mに積極的に取り組んでいるスピードランナー。日本インカレ5000Mは14分25秒で17位。世田谷記録会13分57秒。

2年
市谷龍太郎
箱根15年7区12位
全日本14年2区12位
期待された学年で昨年唯一全日本・箱根に出走。東海大記録会29分31秒。世田谷記録会13分51秒の自己ベスト。

上田健太
箱根15年補欠
関カレ15年5000M22位10000M27位・14年10000MDNF
4月に28分48秒の自己ベストを出したが、前半戦は不安定だった。日本インカレ29分24秒で15位。東海大記録会29分41秒。

河村知樹
箱根15年補欠
関カレ15年ハーフ23位
ハーフ高校記録を持つなど長い距離が得意。東海大記録会30分27秒。世田谷記録会14分7秒の自己ベスト。

古賀裕樹
都大路6区3位。昨年度は故障で記録会に出られなかった。東海大記録会30分18秒、世田谷記録会14分11秒でともに自己ベスト。

1年
ドミニクニャイロ
関カレ15年10000MDSQ
スタミナ型らしいが、ホクレンで13分59秒、28分11秒で走っている。日本インカレ10000Mは28分22秒で2位。


主なエントリー漏れ
エノックオムワンバ(4年)…関カレ3分35秒と今期世界最高(当時)を出した選手。日本インカレは13分40秒で3位。

予想オーダー
佐藤3ー秦3ー市谷2ー田代4ー上田2ーニャイロ1
日本人では伊藤がエントリーに入りませんでしたが、間近の記録会をみると調子が上がっていなかったようです。また、留学生はニャイロのみがエントリー。オムワンバは単独走やロードが苦手ですし、日本インカレも関カレの圧勝具合を考えれば絶好調とはいえないので、十分ありえると思います。ニャイロはアンカーとしました。世田谷記録会までは3区において4区以降の選手に良い流れをとも思ったのですが、世田谷記録会で13分台5人出たことで日本人で5区までどこまで走れるか見てみたいと思いました。1区は佐藤で決まり。爆発力はないですが、安定感は非常にある。スピードはないので3位以内は厳しいでしょうが、5位前後で渡してくれると思います。2区は3000SC専門としていた松本が区間賞を取っていたこともあり、秦。勿論最短区間だから中距離ランナーをという意図がない訳ではないですが、前半戦非常に好調で世田谷記録会もしっかりと13分台で走っている。繋ぎ区間の中で最重要ということを踏まえても2区走らせてみたいかなと。3区は将来のエースとなる市谷か上田と思い、東海大記録会良かった市谷。世田谷記録会13分51秒と自己ベストを出しています。距離が長くなったことでエースが集ってくる可能性もありますが、区間5位を目標に走ってほしいです。東海大記録会30分かかった上村を外して田代を4区、上田を5区。田代は前半戦安定、東海大記録会も29分半で走っており前の4区に、上田は入学時箱根5区希望ということでアップダウンの多少ある5区にしました。アンカーはニャイロ。優勝候補の大学ほど基本的にアンカーに強い選手が置けそう。ある程度低い位置で受け取っても3位以内でゴールできそうですが、逆にある程度良い位置で受け取っても逆転できるかは未知数だと思います。当初は優勝争いも厳しいかなと思っていましたが、世田谷記録会13分台を多くの選手が出してきました。勿論、記録会のように走れる訳ではありませんが、留学生のニャイロという明確な武器も存在しますし優勝争いもできそう。カギとなるのは2,3区の選手でいかに上昇気流を作れるかどうか。チームの目標とする三大駅伝全てで3位以内に向けてまず最も達成しやすい出雲で結果を残したいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。