スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲駅伝予想(6)青山学院大学

4年
久保田和真
箱根15年1区2位・14年(補欠)・13年3区4位(3区1位)
全日本(予選会) 14年2区3位・13年補欠(3組5位)
関カレ13年1500M7位5000M7位
神野と並び4年の軸となっている選手。夏は完全ではないものの例年よりは練習を積めている。日本インカレは14分16秒で14位。

小椋裕介
箱根15年7区1位・14年7区2位(1区4位)・13年7区14位(1区7位)
全日本(予選会) 14年4区8位・13年4区7位(2組6位)・12年(1組10位)
関カレ15年5000M9位
ユニバーシアードハーフマラソン優勝。日本インカレも14分10秒で13位と絶対的な強さはないが、出雲は得意。

渡辺利典
箱根15年3区5位
箱根でいきなり3区に選ばれ好走した選手。4月に29分5秒、7月に14分9秒の自己ベストと確実に成長している。

山村隼
箱根15年補欠・14年4区7位・13年補欠(補欠)
全日本(予選会) 13年7区10位(OP3位)
関カレ15年3000SC3位・14年3000SC1位・13年3000SC予選・12年3000SC3位
3000SCでかなり強い選手。5000Mやハーフに主に出場。関カレは靴が脱げて3位だったが、7月の記録会で14分0秒の自己ベスト。

伊藤弘毅
関カレ15年5000M8位
前半戦5000Mで最も伸びた選手。4月に14分2秒を出し、関カレ8位入賞。7月には13分48秒の自己ベストを出している。

渡辺心
箱根15年補欠・13年補欠
全日本(予選会) 14年7区8位・13年補欠
久保田についで高校時代の実績がある選手。7月に13分58秒の自己ベスト、日本インカレも28分57秒の自己ベストで7位。

3年
一色恭志
箱根15年2区3位・14年1区6位(3区7位)
全日本(予選会) 14年1区6位・13年1区6位(2組1位)
関カレ15年5000M3位・14年ハーフ2位・13年5000M15位
神野・久保田と並び軸となっている選手。ユニバーシアードハーフマラソン2位、日本インカレは13分40秒の自己ベストで4位。

安藤悠哉
箱根15年10区2位
全日本14年補欠
関カレ15年10000M21位
昨夏を経て急激に伸びた。4月に13分57秒、29分3秒の自己ベスト。関カレは良くなかったが、日本学生個人選手権はまずまず。

2年
中村祐紀
箱根15年補欠
全日本14年補欠
関カレ15年10000M6位・14年1500M5位
1年で唯一三大駅伝全てのエントリーに入った選手。4月に13分57秒、29分2秒の自己ベストを出し日本学生個人選手権優勝。

下田裕太
箱根15年補欠
関カレ15年ハーフ4位
1年ながら29分11秒、62分22秒を出している選手。5000Mの自己ベストも3度だし14分6秒などスピードもつけてきた。

主なエントリー漏れ
神野大地(4年)…言わずと知れた新・山の神。6月に骨折したが、既に練習には復帰しており全日本で復帰予定らしい。

予想オーダー
小椋4ー伊藤4ー一色3ー中村2ー渡辺心4ー久保田4
既に報道のあった通り神野はエントリー漏れ。勿論、出雲に関しては非常に痛いですが、既に練習を再開しており全日本や箱根は問題ないでしょう。他、箱根4区区間新の田村和や秋山がエントリーから漏れましたが、おそらく実力で漏れたのでしょう。世田谷記録会は集団でDNSを出しており、少し状態は分かりませんが…。世田谷記録会エントリーメンバーの出走がなく、例年よりオーダーが予想しにくいですが、1区小椋、3区一色、6区久保田で考えました。小椋は絶対的な強さはありませんが、出雲を非常に得意としている選手。5位前後でつないでくれるかなと。久保田は無理させたくないとアンカー。トップできてくれればしっかりと守ってくれると思います。一色はとにかく4,5区の選手が良い流れで走ることができるように。できれば先頭で、少なくとも先頭争いでは渡してほしいところです。他大は2区を繋ぎ区間で最も大事としていますが、青学は昨年世田谷記録会で6人目を決めて2区にいれたと推測することもでき、他大と比べて2区にそこまで重点をおいていないのかなと予想。5000Mで最も前半戦伸びており、一方で10000M以上はあまり出ていなかった伊藤をおいてみました。また、4,5区では一昨年は記録会でタイムが良いほうを5区、昨年は故障明けの久保田を4区においており、5区をより重視しているかなと予想。日本インカレ入賞した渡辺心を5区、前半戦非常に安定していた中村を4区においてみました。ということで予想してみましたが、昨年は3年連続2区に置いていた藤川拓を5区においており、予想外のオーダーを組んでくるかもしれませんね。優勝最有力候補ではありますが、懸念材料としてはプレッシャーの中、小椋や2区の選手がしっかりと序盤に流れを掴めるかどうかでしょう。場合によっては、小椋・久保田・一色と3区までに並べても面白いかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。