スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会展望(2)順天堂大学(10/4改)

4年
松枝博輝
箱根15年5区16位(153位)・14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本15年(4組3位)・14年補欠(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ15年5000M3位10000M5位・14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位
主将にしてエース。前半戦は13分42秒、28分46秒の自己ベストを出すなど絶好調だったが、日本インカレは14分20秒で15位。

田中孝貴
箱根15年2区12位(24位)・14年9区5位
全日本14年1区14位(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位
長い距離で軸となっている選手。前半戦は故障の影響でレース出走がなかった。

稲田翔威
箱根15年4区6位(35位)・14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本15年(3組23位)・14年4区11位(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ15年ハーフ11位・13年ハーフ27位
長い距離やロードが得意な選手。前半戦は7月に14分23秒の自己ベストを出したが、全体的には可もなく不可もなくだった。

3年
森湧暉
箱根15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本15年(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ15年10000M21位
4月に29分10秒の自己ベストを出したものの、関カレ・全日本予選会では結果を残せなかった。

聞谷賢人
箱根15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ15年ハーフ7位・14年10000M19位
前半戦は自己ベストこそなかったが、関カレ・全日本予選会と期待以上の結果を残している。

西沢卓弥
箱根15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本14年3区14位・13年補欠
10000Mの実績はあるものの、ロードはややムラがある。7月に14分14秒の自己ベストで復帰したが、どこか痛めたという噂も。

作田直也
箱根15年補欠(98位)
全日本14年補欠
1,2年で確実に力をつけ、箱根予選会好走した選手。ただ、前半戦は15分前後と停滞していた印象。

甲斐智樹
昨年10月に30分40秒の自己ベスト、上尾ハーフ66分1秒で走っている選手。前半戦は14分56秒を出したくらい。

甲斐大貴
10月に30分20秒の自己ベスト、12月に30分28秒、神奈川ハーフ65分14秒と昨冬好調だった。前半戦は14分56秒出したくらい。

2年
栃木渡
箱根15年8区15位(53位)
全日本15年(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ15年ハーフ9位
スタミナ型。前半戦は関カレハーフ9位、5000Mで自己ベスト複数回出して14分11秒と好調だった。

中村陵介
14分36秒の自己ベストで入学。12月に30分25秒で走ると、7月の順大記録会で14分28秒の自己ベスト。

1年
塩尻和也
全日本15年(1組3位)
高校生ながら日本選手権3000SC入賞した選手。出遅れたものの、ホクレンで29分12秒を出すと、日本インカレ3000SCは優勝。

金原弘直
全日本15年(1組25位)
5月末にいきなり29分台を出した選手。全日本予選会はあまり良くなかったが、7月に14分33秒の自己ベスト。

江口智耶
都道府県5区5位など高3の実績もある選手。前半戦は14分30秒くらいで安定しており、全日本予選会にもエントリーされていた。

主なエントリー漏れ
花澤賢人(2年)…4月に28分49秒、関カレ10000M9位と前半戦絶好調だったが、日本インカレはDNSだった。

田中はエントリーに入ったものの、花澤がエントリー漏れしたのは残念でした。馬場や山下が外れ、甲斐智が入ったのはやや意外でしたが、他大と比べるとエントリー漏れが少ないかなという印象。
一応、「現実的」にはこんな感じでしょうか。
60分以内…松枝
60分半以内…稲田・塩尻
61分以内…聞谷・栃木・田中
61分半以内…森・江口
62分以内…作田・甲斐大
62分半以内…西澤
63分以内…中村
10時間11分以内。箱根予選会苦手としているため、低めで予想してみました。花澤がエントリー漏れした分、10番手前後の選手にはやや不安がのこるものの、下位通過することはあっても予選落ちする可能性は非常に低いかなと思います。松枝・稲田・塩尻・栃木・聞谷(森・田中)は計算できますし、江口は前半戦悪くなく高校時代の実績はトップクラス、作田・甲斐大は10番手クラスの選手でみるとハーフで結果を十分出していますし、金原も29分台出しており全日本予選会大崩れしていません。田中の状態も含めて一抹の不安がない訳ではないですが、昨年の箱根予選会や今年の全日本予選会通過していることもあり、昨年より順位を落とすことは考えにくいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。