スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半戦のまとめ(3)東海大学

主要区間を担うべき選手
主要区間を担うべき選手は満足はいかないものの、悪くない前半戦だったと思います。川端は28分44秒の自己ベストを出し、ユニバーシアード代表、関カレ入賞付近と大きく伸びたとまではいかないものの、しっかりと結果を残しました。ただ、4年生で主軸となるべき宮上・白吉があまり良くありませんでした。宮上はコンスタントにレース出走していたものの、30分前後など目立てず、白吉は関カレ10000M入賞したもののそれ以降レースに出走しませんでした。ただ、昨年も前半戦うまくいっていない状況から秋以降しっかりと結果を残しただけにあまり不安はないです。その他、高木は14分7秒の自己ベストを出すなどまずまず。湊谷は14分前半と目立ってはいないものの、無難な大学生活をスタートできたと思います。

箱根駅伝を走るべき選手
前半戦大きく飛躍したのは荒井でしょう。学生個人選手権で14分8秒の自己ベストを出すと、日本選手権1500Mまさかの優勝。ホクレンでも勢いのままに13分50秒の自己ベストを出しました。まだ勢いに乗ってから10000Mやロード走っていませんが、そこでも勢いを見せられたら主要区間も十分任されうるでしょう。また、同じ3年生では石橋が13分55秒、土屋が14分8秒の自己ベスト。ただ、それ以上に昨年は多少見られた撃沈するレースがなく、どの記録会もある程度走れていたのが収穫でした。また、学生ハーフ63分台出した選手も、春日は関カレハーフまずまずで7月に13分56秒の自己ベスト、林は5000Mでほぼ14分15秒以内にまとめており、好調でした。シンスプリントの故障に苦しんでいる廣田もとりあえず5月末に1つレース出ています。

前半戦伸びた選手やエントリーに絡んでくる選手
富田は関カレ日本人トップで走ると、学生個人選手権も3位。昨年からトラックではきちんと走れていましたし、あとはロードだけでしょう。ただ、それ以外の4年生はあまり良くありませんでしたね。今井は4月以降レースに出走しておらず、7月にようやくレース復帰、油井は3000M9分台5000M15分台など調子が良くありませんし、小林は4月に29分36秒で走って以降レースに出ていません。3年は成田・桐原はレース出走が多くなく、14分30秒くらいと悪くはないものの、存在感を見せられず。宮城は5000Mは普通でしたが、3000SCで関カレ3位、学生個人選手権優勝と存在感を見せました。安藤は学生個人選手権で14分17秒の自己ベストを出すと、その後14分20秒少しで安定して走れていました。瑞慶覧は2度自己ベストを出し14分22秒まで伸ばしています。他、小笠原・国行が14分10秒台まで自己ベストを伸ばすと、新入生では場中・佐藤・坂口・湯沢が早くも自己ベストを出しています。

まとめ
昨年は故障者が多いという印象でしたが、今年は4年生が全体的に微妙だったものの、チームとして新たに出てくる選手がいて3年以下も好調と良いシーズンだったと思います。一時期の青学のような感じがあるのでどれか一つくらい優勝しても驚かないといった印象。また、前半戦好調だった新入生はどこまでメンバーに絡んでくるかも注目です。

現時点の予想オーダー
出雲:白吉4ー荒井3ー川端2ー春日2ー石橋3ー宮上4
全日本:白吉4ー川端2ー荒井3ー高木4ー土屋3ー林3ー石橋3ー宮上4
箱根:白吉4ー川端2ー土屋3ー荒井3ー宮上4
    富田4ー石橋3ー春日2ー高木4ー林3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。