スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予選会予想(16)専修大学

1組
秋山隼人(3年)
関カレ15年1500M予選
14分24秒の自己ベストを持って入学した選手。1年の記録挑戦会で30分34秒で走ったが、目立っていなかった。

川平浩之(1年)
14分38秒、都大路1区43位の実績を持って入学。4月末の記録会は14分47秒だった。

2組
濱野優太(3年)
箱根14年1区20位(47位)
全日本13年(OP5位)
1年時絶好調で主力となっていた選手。今年の4月に昨年の箱根以来となるレース復帰で、5月下旬には30分12秒で走った。

柗山航平(3年)
1年の記録挑戦会で30分30秒で走っている選手。昨年度はレースに出ていなかったが、今年3月に復帰し14分44秒。

3組
阿部良平(4年)
箱根15年(217位)
全日本14年(3組32位)
関カレ15年ハーフ35位
昨年度いきなり全日本予選会走った選手。4月に14分25秒の自己ベストを出したが、4月末に30分25秒で関カレハーフ68分台。

吉田裕晟(2年)
昨年度大幅に成長した選手。4月に14分24秒の自己ベスト、30分5秒と良かったが、5月下旬の記録会は30分27秒だった。

4組
上手慶(4年)
箱根13年(204位)
全日本14年(4組22位)・13年(2組24位)
関カレ15年5000M11位10000M32位・14年5000M28位
昨年の全日本予選会でブレイクした選手。4月に14分14秒、29分28秒と好調。関カレは10000M31分かかったが、5000M14分18秒。

渡辺瑠偉(3年)
箱根15年(135位)・14年補欠
全日本14年(2組32位)
関カレ15年ハーフ51位
昨年箱根予選会チーム2番手で走ると12月に29分5秒と飛躍した選手。4月に30分14秒で走ると関カレは71分58秒と撃沈。

補欠
森夏樹(4年)
全日本14年(1組27位)
関カレ14年10000M31位・13年5000M21位
下級生の頃から自己ベストは良いものの、重要な舞台で結果を残せていない。4月に14分40秒前後、30分半くらいとイマイチ。

藤井健吾(1年)
14分51秒の自己ベストだが、都大路1区32位などロード実績がある選手。5月下旬に30分21秒で走っている。

主なエントリー漏れ
小沢勇斗(3年)…4月に14分11秒、29分4秒の自己ベストと絶好調だったが、関カレは14分49秒と撃沈。
加藤平(4年)…4月に14分19秒、29分25秒の自己ベストと好調で、関カレも30分14秒とまとめていた。
丸山竜也(3年)…4月に14分10秒、29分24秒と調子は悪くなかったが、関カレは14分48秒と結果を残せなかった。

変更予想 2柗山→藤井

小沢・加藤・丸山・風岡と後半の組を任せられそうな選手が4人も抜けました。しかも4人とも今年度になってレースに出ている選手です。エントリー締切直前に30分18秒を出した瀬谷もエントリーから外れましたし、歪なオーダーになったというのが正直な印象。変更は5月下旬の記録会で好走した藤井は1・2組のどこかに入ると思います。森はそこまで調子が良いという訳ではないですし、メンタル面も不安なので、それならば秋山や川平などの選手に経験させた方が良いと思います。予選会の最大のカギは濱野でしょう。これだけ選手が抜けた中でも2組なのは意外でしたが、個人的には斎藤が抜けてエースになるべき存在と思っているだけにどれだけ走れるか故障がないか期待と不安が半々という感じです。あとは、30分ぐらいで走れる選手がどれくらい出るかどうか。昨年は小沢・上手といった選手が思った以上に走ってくれただけに今年もニューフェイスに期待したいです。全体的にはエントリーの前までは面白いかなと思っていたのですが、ここまでエントリー漏れが出ると苦しいかなという印象。濱野。上手あたりがまとめて、2人くらい好走するものの、撃沈する選手が出て昨年と同じくらいに収まるかなと思っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。