スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予選会予想(14)城西大学

1組
山本雄大(4年)
箱根15年4区18位・13年4区9位(5区12位)
全日本14年7区21位・12年(3組37位)
関カレ15年1500M12位・14年5000M30位・13年1500M予選・ 12年1500M3位
関カレ1500M日本人トップだったことも。10000Mは29分52秒の自己ベストを持っているが、長い距離は波がある印象。

中島公平(1年)
都道府県1区11位。4月半ばに14分22秒を出して以降レースには出ていないか。

2組
舟生翔人(4年)
箱根15年補欠(129位)・14年補欠(133位)
全日本14年補欠
関カレ15年ハーフ24位
昨秋10000M30分15秒くらいで安定していた選手。4月の5000Mは14分40秒台だったが、関カレは悪くなかった。

佐藤穏空(3年)
箱根15年補欠
関カレ15年ハーフ38位
昨秋一気に力をつけてきた選手。4月は1500Mや3000Mで良い走りをしていたが、関カレは72分かかってしまった。

3組
菅真大(2年)
箱根15年9区15位(82位)
全日本14年8区21位(2組7位)
関カレ15年ハーフ21位
全日本アンカーや箱根9区など期待されている選手。関カレハーフはまずまずだった。

酒井雅喜(2年)
関カレ15年5000M25位
都大路7区1位。学生ハーフで64分台出すと、4月に14分8秒、29分47秒と絶好調。関カレは14分37秒だった。

4組
松村陣之助(3年)
箱根15年1区16位・14年4区15位
全日本14年5区7位(3組16位)
関カレ15年5000M20位10000M29位・14年10000M28位・13年5000M29位
学生ハーフ62分台、4月に13分50秒の自己ベストなど13分台を連発していたが、関カレは14分22秒、31分台とうまくいかなかった。

西岡喬介(4年)
箱根15年6区10位(103位)・14年(236位)
全日本14年補欠
関カレ15年1500M予選・14年1500M予選
4月に入り、1500M3分45秒、14分9秒、29分33秒の自己ベストと絶好調だったが、関カレは3分49秒ながら予選落ちしてしまった。

補欠
廣瀬秀宣(3年)
箱根15年補欠
昨秋上尾ハーフ64分台で走った選手。今年度は間近の記録会で復帰し、30分19秒の自己ベスト。

中舎優也(2年)
1年から着実に力をつけてきている選手。4月に30分21秒の自己ベストを出すと、間近の記録会では29分49秒まで伸ばした。

主なエントリー漏れ
菊地聡之(3年)…ダブルエースの1人。記録会の出走は少ないが、大舞台では安定している。今年度まだレースに出ていない。
河名真貴志(4年)…今年の関カレ3000SCで7位入賞した選手。昨年の全日本予選会は1組で30分35秒だった。

変更予想 2佐藤→中舎

ある程度想定していましたが、菊地が外れたのはやはり痛いですね。長沼・河名ではなく、間近の記録会で良かった中舎・広瀬がエントリーに入りました。変更は最近29分49秒を出している中舎は序盤の組に入ってくると思います。変更相手は難しいですが、長い距離に不安のある山本や関カレ撃沈している佐藤あたりになってくるでしょう。予選通過の最大のカギは後半の組でしょう。大学に入ってレベルの高いレースの出走が少ない酒井・西岡、駅伝で主要区間を任されていますが、実力が他の選手ほどではない菅がどこまで粘れるかがポイントです。また、松村陣も5000Mでしっかりと結果を残しているとはいえ、関カレ10000Mでは31分台かかっていますし、完全に安心はできないと思います。序盤の組でも山本・佐藤など全体的に不安要素のある選手が多く、全員がしっかりと走れば下位で通過するでしょうが、半分以上の選手が30位台に沈んでも驚かないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。