スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予選会予想(5)日本大学

1組
新関涼介(2年)
箱根15年補欠
全日本14年(1組35位)
昨年の前半戦好調だった選手。上尾ハーフ65分9秒だが、10000Mは30分半で走ることが多い。間近の記録会で復帰し、15分0秒。

山崎一輝(2年)
関カレ15年ハーフ29位
昨年10月に30分12秒、上尾ハーフ65分台で走っている選手。間近の記録会は暑かったこともあり14分57秒だった。

2組
高野千尋(2年)
箱根15年4区20位
関カレ15年ハーフ32位
12月に29分44秒の自己ベストを出している選手。4月末に14分24秒の自己ベストを出しているが、間近の記録会は15分11秒。

求大地(1年)
関カレ15年3000SC予選
都道府県1区37位。4月末に14分34秒の自己ベストを出している。

3組
木津晶夫(4年)
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選
今まで目立っていなかったが、学生ハーフ64分台出すと4月末に14分34秒の自己ベスト。ただ、10000Mの自己ベストは30分50秒。

石川颯真(3年)
箱根15年2区19位・14年4区12位(157位)
全日本14年(3組4位)・13年3区11位
関カレ15年5000M17位・14年5000M26位10000M32位・13年5000M26位
鳴り物入りで入学し、昨年の全日本予選会からその片鱗を見せ始めた。間近の記録会は14分24秒。

4組
ダニエル・ムイバ・キトニー(4年)
箱根15年5区2位・14年5区10位(2位)・13年補欠
全日本14年(4組1位)・13年8区1位・12年補欠
関カレ15年10000M2位ハーフ1位・14年5000M3位10000M3位・13年5000M3位10000M2位・12年1500M2位5000M5位
昨年の全日本予選会で激走した選手。関カレ10000M2位ハーフ1位と安定しており、失敗レースは昨年の箱根くらい。

荻野眞之介(4年)
箱根15年1区17位・14年1区12位(30位)・13年1区13位(91位)
全日本14年(4組15位)・13年2区10位・12年3区9位
関カレ15年5000M13位10000M6位・14年5000M13位10000M17位・13年5000M14位10000M16位
日本人エース。兵庫リレカ29分9秒、関カレ10000Mなど安定感は抜群。間近の記録会は14分28秒。

補欠
上野勇(3年)
箱根15年補欠
昨秋に上尾ハーフ65分半、12月に30分6秒と伸びてきた選手。ただ、間近の記録会は暑かったとはいえ31分かかってしまった。

加藤拓海(1年)
IH5000M8位など大舞台に非常に強い選手。4月に5000Mで14分20秒前後で2本走っているが、関カレには出ていない。

主なエントリー漏れ
高松峻平(4年)…2度目の4年生。4月に14分35秒の自己ベストを出している。
町井宏行(2年)…12月に29分57秒の自己ベストを出し、箱根も積極的な走りをした選手。4月末に14分44秒で走っている。

変更予想 2求→上野、 3木津→加藤
だいたい順当でしたが、町井が外れて求が入ったのは予想外でした。また、木津が3組というのも意外でした。変更は求は外れて、加藤はどこかに入ってくるでしょうが、3組がどうなるか読めないですね。カギとなるのはまずは3組でしょう。石川は問題ないでしょうが、もう1人が木津が走るのか加藤に変更になるのかどちらもありそう。とりあえず、30分半で走ってほしいところ。また、自己ベストは持っていますが1回記録会で出しただけで大舞台での実績がない選手がきちんと30分半でまとめられるかもカギ。全体的には、キトニーが28分半、荻野が29分、石川が29分半、加藤が30分、残りの選手が30分半でまとめれば3時間59分半で他大に関係なく通過できるでしょうが、2人くらい31分台になれば苦しくなるでしょうし、十分その可能性もあると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。