スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予選会予想(1)早稲田大学

1組
三井泰樹(4年)
全日本13年補欠
関カレ15年ハーフ8位
昨秋に29分40秒、上尾ハーフ64分7秒と好走した選手。関カレハーフでは予想外の入賞を果たした

藤岡孝彰(4年)
全日本14年補欠
今年度に入って5000M,10000Mで自己ベストを連発しており、14分23秒、30分6秒まで自己ベストを伸ばしている

2組
光延誠(2年)
箱根15年補欠
全日本14年5区11位
関カレ14年5000M12位
日本インカレ5000M入賞している選手。関カレ・その後の記録会も欠場したが、故障ではないらしい??

永山博基(1年)
関カレ15年5000M10位
都大路4区5位の実績がある。春先から5000Mで自己ベストを連発しており、関カレも健闘した

3組
安井雄一(2年)
箱根15年8区7位
関カレ15年10000M15位・14年1500M予選
学生ハーフ62分台で走っている選手。4月末に29分26秒の自己ベストを出すと、関カレも29分台で走った。

中村信一郎(4年)
箱根15年1区11位・14年10区10位(5区8位)
全日本14年3区15位・13年補欠
関カレ15年10000M23位ハーフ25位
昨年度急成長した選手。4月初めに14分5秒の自己ベストを出したが、関カレは10000Mハーフともに結果を残せなかった。

4組
高田康暉(4年)
箱根15年2区6位・14年2区1位(2区4位)・13年補欠(2区4位)
全日本14年2区7位・13年6区3位・12年5区6位
関カレ15年5000M8位・13年ハーフ9位
エース。4月初めに13分50秒の自己ベストを出し、関カレでも入賞した。20kmの方が得意な印象。

井戸浩貴(3年)
箱根15年3区8位・14年8区9位
全日本14年6区3位・13年7区3位
関カレ15年ハーフ2位・14年ハーフ7位
大舞台で安定しているものの爆発力はない印象だったが、関カレハーフで日本人トップだった。

補欠
柳利幸(4年)
箱根15年9区4位・14年7区5位(1区9位)・13年8区14位(補欠)
全日本14年1区8位・13年1区15位・12年1区12位
関カレ14年10000M8位
トラックでは一番結果を残している選手。4月初めに13分台で走っているが、関カレはエントリーから漏れた

平和真(3年)
箱根15年4区9位・14年4区2位(補欠)
全日本13年3区7位
関カレ14年10000M16位・13年5000M34位
5000M13分45秒の自己ベストを持つスピードランナー。5月末の復帰戦で13分台を出している。

主なエントリー漏れ
武田凛太郎(3年)…主要大会で安定して結果を残す選手。4月半ば以降レースに出走していない

変更予想 2光延→平
三浦にトラックの安定感が足りず、武田・佐藤としばらく記録会に出ている選手が少ない中で順当なエントリーをしてきた印象。カギとなり変更にも大きく関わってきそうなのは光延・柳の調子。どちらかの調子が悪くなければ平は藤岡と変更になると思います。走力は全く問題なく、もう一つカギとなるのはメンタル面でしょう。久しぶりの全日本予選会ということと、1組に経験の少ない4年生を起用しているところは少し気になるでしょうか。ただ、おごって序盤引っ張り続けるなどをしなければ十分通過する印象。永山・中村など不安が全くない訳ではないですが、トップ通過の最有力候補だと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。