スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2015年度の展望(22)創価大学

4年
小島一貴
箱根15年6区12位・14年(209位)・13年(252位)・12年補欠(55位)
全日本13年(3組38位)・12年(4組34位)・11年(3組34位)
関カレ12年5000m26位10000M22位・11年5000M31位

沼口雅彦
箱根15年10区19位(169位)・14年(266位)・13年(109位)
全日本14年(1組36位)・13年(2組29位)・12年(1組34位)
関カレ14年ハーフ19位・13年ハーフ51位

小嶋大輝
箱根15年(183位)・14年(219位)・13年(113位)・12年(167位)
全日本13年(1組33位)・12年(3組35位)・11年(2組36位)
関カレ14年ハーフ31位・13年10000M35位・12年5000M35位

鳥海将史
箱根14年(206位)・13年(222位)
全日本13年(2組38位)・12年(OP19位)
関カレ12年ハーフDSQ

樋浦雄大
箱根15年(224位)・13年(185位)
全日本13年(1組34位)

茂呂大輝
箱根12年(229位)
全日本12年(OP26位)
下級生の頃良かったものの、上級生になって苦しんだ選手が多かった印象。小島は1年箱根予選会好走し学連選抜入り。2年以降エースとして期待されましたが、不調に苦しみました。上級生になってレースに出てくることも少なかったのですが、最後の箱根好走してくれました。小嶋は下級生の頃ぐんぐん伸びてチームの主軸として期待されましたが、上級生になってからは調子があまりよくありませんでした。代わりに上級生になって出てきたのが沼口。2年の箱根予選会好走すると、学生ハーフ64分台、関カレも好走。ただ、箱根予選会好走できず最後の箱根を走ることはできませんでした。その他に、2年秋に30分少しで走った樋浦やハーフ66分台や10000M30分半で走った鳥海がいます。

3年
山口修平
箱根15年1区13位(6位)・14年(15位)・13年4区6位(29位)
全日本14年(4組12位)・13年(4組35位)・12年(4組26位)
関カレ14年5000M16位10000M19位・13年5000M21位10000M10位

後沢広大
箱根15年2区20位(49位)・14年(112位)・13年(165位)
全日本14年(4組30位)・13年(4組38位)・12年(2組27位)
関カレ14年10000M20位13年ハーフ34位・12年3000SC9位

新村健太
箱根15年8区20位(132位)・14年(235位)
全日本13年(3組33位)
関カレ13年ハーフ21位

山本真紗也
箱根15年(128位)
全日本14年(1組34位)

長嶋光一
全日本12年(1組39位)

大川瞬
関カレ12年1500M予選

ムレンガハリー
関カレ12年1500M4位

前原和輝
箱根13年(173位)
主将でチームのエースは言わずとしれた山口。高校時代から実績抜群でしたが、大学に入ってから大きな故障もなく箱根予選会の成績を毎年上げているのは素晴らしいです。今年も少なくとも箱根関連では安心して見ていられるでしょう。準エースは後沢。自己ベスト29分8秒まで伸ばし、箱根予選会は山口以外で唯一稼ぎに行きました。ただ、箱根予選会以外の舞台で好走が少ないのは気になるところ。他、新村・山本が今年も箱根予選会しっかりと走れるかが2年連続通過に大きく関わってきそうです。

2年
セルナルド祐慈
箱根15年5区20位(71位)
全日本14年(3組37位)
関カレ14年ハーフ8位

彦坂一成
箱根15年9区19位(85位)・14年(256位)

高木賢一
関カレ14年3000SC5位・13年3000SC予選

大村弘明
箱根14年(311位)

山中福至
箱根15年(218位)
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選
関カレハーフ入賞したセルナルドがこの学年の軸。9月末に29分36秒で走ると、箱根予選会もしっかりと好走しました。續選手がなかなかいなかったのですが、秋に伸びてきたのが彦坂。9月末に29分52秒で走ると、箱根予選会も好走。このまま主力となってくれれば。その他では、長い距離の実績はないものの関カレ3000SC入賞した高木がいます。

1年
大山憲明
箱根15年4区10位(73位)
全日本14年(3組29位)
関カレ14年1500M2位5000M17位

蟹沢淳平
箱根15年3区19位(80位)
全日本14年(2組14位)
関カレ14年5000M34位

江藤光輝
箱根15年7区19位
全日本14年(2組39位)
関カレ14年1500M予選

泉翔馬
関カレ14年3000SC予選
即戦力ルーキーが期待以上の力を発揮しました。大山は関カレ1500M2位に入るとトラックでも13分58秒、29分23秒まで記録を伸ばし、箱根駅伝では創価大の中で最も区間順位が良かったです。蟹沢は29分34秒の自己ベストを出すと、箱根では予選会で大山より好走したこともあり主要区間を任されました。江藤も1年目から30分半で走っておりまずまず。経験も積んでいますし、次の主軸となる学年になりそうです。

新入生情報
古場京介 千原台(熊本)14.31.02
14年都大路3区35位
秋山優樹 高知農 14.55.04
13年都大路4区36位・14年都大路3区38位・15年都道府県1区40位
棚橋健太 高知農 14.57.35
13年都大路7区31位・14年都大路4区35位・15年都道府県4区45位
石嵜雅也 飯塚(福岡)14.37.09
郷龍輔 学法石川(福島)14.43.21
石井幸喜 大牟田(福岡)14.44.13
野田湧樹 柳川(福岡)14.53.76
昨年のような即戦力ルーキーはおらず、新3年のようにじっくりと時間をかけて成長させたい印象。ドラ1は古場。5000Mの自己ベストが最もよく、都大路も主要区間である程度は走っています。また、自己ベストは低いもののロードではある程度結果を残している高知農から秋山・棚橋が入学。ただ、大学に入ってから芝が苦戦していますし、未知数の部分もあるでしょうか。他、14分30秒台の石嵜がいます。

まとめ
即戦力ルーキーが入学しなかったことで戦力アップこそないものの、上級生になってうまくいかなかったり箱根予選会うまくいかなかったりという選手が多く、戦力ダウンもない印象。2014年度は他大のミスもあり通過したので、2015年度も他大次第では通過できる可能性は十分あると思います。箱根駅伝を経て多くの選手に伸びてほしいところです。

現時点の箱根予想オーダー
山口4ー後沢4ー大山2ー古場1ーセルナルド3
彦坂3ー江藤2ー新村4ー蟹沢2ー山本4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここにあるコメントは削除しました。
申し訳ありませんが、陸上に関係がないコメントで溢れるのは嫌なので
私が陸上に関連していないと判断したものは削除します。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。