スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2015年度の展望(21)神奈川大学

4年
柿原聖哉
箱根15年2区8位(3位)・14年5区8位(6位)・13年補欠(39位)・12年補欠(54位)
全日本14年1区9位(4組7位)・13年(2組15位)・12年3区11位(4組19位)
関カレ14年10000M6位・12年10000M9位

柏部孝太郎
箱根15年補欠(50位)・14年補欠(44位)・13年5区18位(85位)・12年補欠
全日本14年7区9位(3組7位)・13年(1組21位)・12年6区8位(OP12位)
関カレ14年10000M13位

小泉和也
箱根15年補欠(113位)・14年1区21位(52位)・13年3区10位(52位)
全日本14年補欠・13年(OP8位)・12年4区9位

井上雄介
箱根15年9区20位(97位)・14年4区11位(78位)・13年10区12位
全日本14年補欠・13年(2組20位)・12年7区14位

赤松宏樹
箱根13年4区10位(48位)・12年補欠(53位)
全日本14年(1組2位)・13年(3組37位)・12年(1組2位)
関カレ11年5000M14位

高山直哉
箱根15年7区9位・14年7区10位(84位)

菅原涼介
箱根14年補欠(128位)
全日本14年補欠
関カレ13年3000SC6位・12年3000SC予選・11年3000SC予選

小板橋大史
箱根15年補欠

鈴木真夢
箱根13年補欠
関カレ12年ハーフ47位
2年以降軸となっていたこの学年。1年から活躍したのは赤松と柿原でした。赤松はいきなり関カレで結果を残すと、箱根駅伝は1区ハイペースが予想されたため急遽出走できなかったものの、箱根予選会は好走。2年でも故障に気をつけながら、全日本予選会。箱根予選会・箱根としっかり走りました。ただ、もともと故障の多い選手で上級生になってから故障で苦しみました。3年は故障で苦しみ、4年も前半戦こそチームに貢献したものの、秋以降姿を見せませんでした。柿原は1年の箱根予選会でいきなり好走しました。箱根は状態が万全でなかったため、出走できなかったものの、2年春にぐっと伸びてチームのエースとなりましたね。2年箱根駅伝は風邪、3年春に一度故障はあったものの、2年以降他大のエースと競い合い、最終学年も箱根予選会日本人2位、箱根2区もしっかりと走りました。2年になってから柏部・小泉・井上と続々出てきました。4年間伸びていった柏部は2年春以降大舞台に出てきました。最終学年は春に大きく成長して主軸として貢献したものの最後の箱根はまたしても故障で出走できませんでしたが、箱根こそ恵まれなかったものの4年間大舞台では常に安定していました。小泉は2年秋に急に出てきた選手。箱根予選会好走すると、全日本・箱根ともに好走しました。3年の箱根予選会好走したものの、箱根では急遽任された1区でスピードが足りず出遅れ。最終学年は箱根予選会うまくいかず、最後の箱根出そうできませんでした。井上は2年の箱根を契機として急成長しました。最後の駅伝シーズンこそうまくいきませんでしたが、主将だった2年間安定してチームに貢献してくれました。他、3年の箱根予選会で健闘して箱根では2年連続7区で立て直した高山、3000SCで関カレ入賞した菅原も忘れ難い選手です。

3年
西山凌平
箱根15年4区5位(23位)・14年3区9位(20位)・13年2区11位(45位)
全日本14年4区9位(4組17位)・13年(4組13位)・12年1区14位(3組15位)
関カレ14年ハーフ4位・13年10000M8位・12年5000M16位

我那覇和真
箱根15年1区6位(11位)・14年2区19位(7位)・13年7区1位(62位)
全日本14年2区12位(3組9位)・13年(4組5位)・12年2区8位(4組18位)
関カレ14年5000M18位10000M22位・13年5000M10位10000M11位・12年5000M13位

渡邊慎也
箱根15年5区18位・13年補欠(110位)
全日本12年補欠
関カレ13年3000SC決勝進出

永信明人
箱根13年補欠
全日本13年(3組34位)

三輪北斗
全日本12年補欠

井野拓哉
関カレ13年1500M予選・12年1500M予選

南俊輔
箱根13年(168位)
全日本13年(1組27位)・12年補欠(OP10位)
関カレ13年ハーフDNF
次年度チームのエースとなるのは勿論、西山と我那覇でしょう。西山は春先に自己ベスト連発し、2015年の学生ハーフも62分台としっかりと成長しています。大舞台でもしっかりと結果を残している大黒柱ですが、箱根では2年連続直前の故障があるだけに気をつけたいところ。我那覇は春は復調途上といった感じでしたが、箱根予選会・箱根と好走。ただ、全日本駅伝でうまくいかなかったり学生ハーフ64分台だったりと波があるので、ジョーカー的な存在から安定感を増して欲しいです。他、箱根予選会110位、関カレ3000SC決勝進出経験のある渡辺が1年ぶりに復帰。さすがに箱根5区では走力が足りませんでしたが、箱根予選会二桁で走ってくれるのではないかと期待しています。他、大学に入ってから苦戦していた永信が秋に29分59秒の自己ベスト、14分13秒とようやく結果を残し始めました。

2年
東瑞基
箱根15年補欠(44位)・14年6区20位(77位)
全日本14年8区13位(2組22位)

中神恒也
箱根15年10区11位(157位)・14年補欠(134位)
全日本14年補欠

石橋健
箱根15年補欠(76位)・14年8区20位(177位)
全日本14年6区13位

松浦大志
関カレ14年1500M予選
箱根出走経験のある東・石橋・中神がこの学年の軸。特に東は前半戦からまずまず走ると、箱根予選会好走全日本はアンカーを務めました。石橋は前半戦出ていなかったものの、箱根予選会リベンジ。中神も前半戦出ていませんでしたが、12月に29分39秒の自己ベストを出すと、箱根では一斉スタートの中で好走。ただ、3人とも箱根前後からレースの出走がないのは気になるところです。その他では、朝倉が12月に30分6秒の自己ベスト、学生ハーフも64分16秒ということでエントリーに入ってきそう。服部・芝などの入学時もっとも期待されていた選手も5000Mで自己ベストを出しています。

1年
大川一成
箱根15年3区18位(68位)
全日本14年5区8位(1組18位)

鈴木健吾
箱根15年6区19位(33位)
全日本14年3区9位
関カレ14年5000M32位

大野日暉
箱根15年8区9位(101位)
全日本14年補欠

浅利宗一郎
全日本14年(2組5位)
関カレ14年5000M27位

大塚倭
箱根15年補欠
4本柱がそれぞれ活躍しましたが、最も良かったのは大川でしょう。タイムこそ12月に29分台だしたくらいでしたが、箱根予選会・全日本など記録会も含めて全てのレースで安定しており、箱根では3区を任されました。鈴木は関カレ・箱根など失敗レースもありましたが、箱根予選会など光るところも見せてくれました。大野は前半戦唯一苦戦しましたが、箱根予選会100位くらいで走ると箱根で好走しました。前半戦最も良かった浅利は夏に故障し長引きましたが、既に復帰しています。また、それ以外の1年生も秋以降一気に伸びましたね。大塚が14分22秒の自己ベストを出すと、12月に29分22秒と驚きの好走。学生ハーフも65分9秒とまずまず走っています。また、鈴木が14分25秒、29分57秒の自己ベスト、枝村も14分33秒、記録が出にくい世田谷ハーフ65分台で走ると、12月に30分9秒と好走しています。

新入生情報
山藤篤司 愛知学院愛知 14.03.55
14年都道府県4区13位・14年IH5000M10位・14年都大路1区28位・15年都道府県1区DSQ
多和田涼介 愛知学院愛知 14.22.31
14年都大路6区3位
杉優一郎 柳川(福岡)14.26.22
徳川稜汰 鳥栖工(佐賀)14.28.81
14年都大路5区12位
阿比留和弘 松浦(長崎)14.31.33
12年都大路2区29位
田中尚人 高知農 14.51.47
12年都大路4区36位・14年都道府県5区47位・14年都大路1区52位・15年都道府県5区34位
佐久間勇起 藤沢翔陵(神奈川)14.48.35
13年都大路4区31位
岡本創平 出雲工(島根)15.00.71
13年都大路4区36位・14年都道府県1区46位・14年都大路1区55位
鈴木奏太朗 日体荘原(東京)14.35.67
田中翔太 西京(山口)14.45.96
松原晃人 鳥取中央育英 14.52.10
高塚湧也 藤枝明誠(静岡)14.55.88
昨年とは違い例年通りのリクルートという印象がします。ドラ1は山藤。持ちタイム以上にIH5000M10位というのが光ります。ただ、一方で都大路1区28位、都道府県は失速して襷を投げてしまい失格ということでロードに関しては少し懸念材料もあります。その他、14分20秒台で多和田、杉、徳川といった選手がいます。多和田は都大路6区3位と好走していますし、ある程度期待したいところ。田中尚・佐久間・岡本と例年通り自己ベストは遅いものの、駅伝実績豊富な選手もいますが、例年と比べてトラック型の選手が多い印象。

まとめ
抜けるエースは柿原だけですが、箱根経験者が6人抜け、リクルートは例年通りなので卒業生の穴は大きい印象です。選手層は薄くはなく予選会は問題ないでしょうが、2014年度ですらちぐはぐだったのでこのままだとシード権は厳しいと思います。カギとなるのはリクルートに加えて1年目順調だった新2年生。選手自体は伸びているものの社会人でも続ける選手が少なく三大駅伝でも結果が残せていないということで、下がりつつある魅力を何とかしたいところです。

現時点の箱根予想オーダー
我那覇4ー西山4ー鈴木2ー大川2ー大野2
浅利2ー山藤1ー石橋3ー東3ー中神3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。