スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(17)日本大学

1区荻野真乃介区間17位(10位と1分26秒差)
2区石川颯真(17→18)区間19位(3分52秒差)
3区竹之内佳樹(18→16)区間7位(2分15秒差)
4区高野千尋(16→18)区間20位(4分28秒差)
5区ダニエルムイバキトニー(18→12)区間2位(34秒差)
6区渡部良太(12→11)区間13位(2分4秒差)
7区高松峻平(11→13)区間18位(1分47秒差)
8区町井宏行(13→13)区間16位(3分17秒差)
9区村越直希(13→14)区間10位(3分37秒差)
10区大門友也(14→13)区間18位(6分44秒差)
総合順位13位(往路12位・復路17位)
【敢闘賞】竹之内佳樹…63分台の好走。1人で順位を上げ流れを立て直す
【技能賞】ダニエルムイバキトニー…昨年の反省をいかし78分台の好走、シードに僅かな望みを残す
【残念で賞】高野千尋…区間最下位はまだしももう少し粘って欲しかった。
予想15位(往路8位)区間は1区4区6区が的中
往路は荻野の状態が万全と予想していたので、主にそこでずれました。復路は7,10区が厳しく、9区踏ん張るとは思いませんでした。ただ、9,10番目の選手は予想通りうまくいきませんでした。区間はキトニーの起用区間を間違えたこともありあまり当てられませんでした。ただ、7区高松10区大門は読めなかったです。
荻野は痛み止めを飲んで出たもののさすがに苦しかったです。万全なら区間一桁できてくれたでしょうが、区間17位に沈みました。石川は奥野とともに慎重に入ったのが裏目に出ました。スピード型なのに序盤稼げず、終盤失速してしまいました。竹之内は今回は一人で好走して順位を上げました。今回非常にハイレベルだったため目立ちませんでしたが、昨年と同じく前半ゆったり入り後半伸び、63分台を出しました。高野は区間最下位も覚悟はしていましたが、区間19位にすら1分ほど遅れるのは悪すぎでしょう。前半から悪く経験しただけとなってしまいました。キトニーは前回のリベンジを果たし78分台の好走。神野にはさすがに及びませんでしたが、終始安定していました。やはり荻野の調子が万全でなかったのが痛かったですね。荻野が万全なら中学に近いレベルまでいったのではないでしょうか。
渡部は初の箱根でしたが、堅実に走ってくれました。一斉スタートとなりましたが、しっかりと自分のペースで走り徐々に上げていきました。高松は故障を抱えており上手くはしれませんでした。ただ、3年まで大舞台で安定感がなかったことを考えれば、大崩れしなかったのは思ったよりも良かったとおもいます。町井は序盤田林と並走する積極的な走り。さすがに中盤離されて終盤の上りでは力が残っていませんでしたが、実力は発揮できたとおもいます。村越は最後ぎりぎり襷渡しは間に合わなかったものの、区間10位と好走。ほぼ単独走という厳しい展開の中、特に中盤頑張りました。大門は前半は良かったのですが、後半失速してしまいました。もともとスピード型の選手ですし、ぎりぎりだtった7区に2kmも増えたので仕方ない面もあるでしょうか。全体的には昨年は留学生がうまくいかなかったものの日本人が頑張ってシード権取りましたが、今年は留学生良かったものの日本人がうまくいきませんでした。もともと層が薄かった上に林・高松・荻野と故障者が続出したのが4区などにでていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。