スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(16)青山学院大学

1区久保田和真区間2位(1位と1秒差)
2区一色恭志(2→3)区間3位(2秒差)
3区渡辺利典(3→3)区間5位(49秒差)
4区田村和希(3→2)区間1位(46秒差)
5区神野大地(2→1)区間1位(2位と4分59秒差)
6区村井駿(1→1)区間2位(5分42秒差)
7区小椋裕介(1→1)区間1位(8分21秒差)
8区高橋宗司(1→1)区間1位(8分35秒差)
9区藤川拓也(1→1)区間1位(9分56秒差)
10区安藤悠哉(1→1)区間2位(10分50秒差)
総合順位1位(往路1位・復路1位)
【MIP】神野大地・・躍動感ある走りで柏原の参考記録すら塗り替える大激走
【敢闘賞】渡辺利典・・三大駅伝初出走ながら63分半で粘り、優勝争いから取り残されず
【新人賞】田村和希・・区間新で工藤の記録を上回り区間賞獲得
【殊勲賞】小椋&藤川‥区間記録まであと少しの好走で優勝にはなを添える
予想4位(往路3位)区間は2区5区9区が的中
優勝するのは青学か早稲田で迷ったのですが、前回と同じく最後の二択で外しました。個人的には3区藤川拓で往路は明大のようなレース展開になると思ったのですが、2~5区が予想以上の走りでした。区間は1区久保田、3区渡辺利、4区田村など全くの予想外。2区一色当てたので勘弁してください。久保田は欲を言えば区間賞取って欲しかったですが、トップに1秒差と十分役割を果たしてくれました。一色は序盤村山・服部に離されましたが、中盤大六野と一緒にハイペースで走ると、後半素晴らしいペースで村山・服部にほぼ追いついたのには驚きました。個人的に大六野と同じくらいでくるかなと思っていましたが、東洋に近い良い位置で渡してくれました。渡辺は64分少しできてくれれば十分と思っていましたが、63分半と素晴らしい走り。序盤中谷には無理についていかないクレバーな走りで、中盤渡辺においついて最後引き離してくれました。田村は序盤突っ込み気味に入りましたが、後半松井と競り合ったこともありあまりペースダウンせず走れました。神野は平地速かったことと躍動感ある走りだったので大丈夫かなと少し不安だったのですが、登りにはいってもあの躍動感ある走りが崩れなかったのは驚きました。往路は2区3区東洋と駒澤で潰し合いしてくれたり、4区ちょうど良いところに明大がいたりと幸運な点もありましたが、それでも2~5区素晴らしいタイムで走り、神野だけでなくみんなで2位と大差をつけました。
村井は上りも昨年と違って悪くないぐらいに走れていましたが、それ以上に下りに入ってすぐに切り替えられていました。鈴木悠介のような走りで区間2位の好走でした。小椋は区間記録まであと数秒、終始文句ない走りでした。高橋は終始安定しており、2年前は負けた永井にも勝って文句なしの区間賞獲得。藤川も終始文句ない好走。終盤大きく伸びた延藤の
記録には及びませんでしたが、横浜駅前で川崎に対してサングラスを上げてガッツポーズしたシーンは印象に残った人も多いでしょう。安藤は少し中だるみがあり区間賞には届きませんでしたが、流れに乗って好走しました。全体的には往路2,3,4区でしっかりと凌ぎ、神野で勢いを作り、復路はその勢いにのって好走しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。