スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(15)帝京大学

1区早川昇平区間15位(10位と1分3秒差)
2区柳原貴大(15→16)区間16位(3分3秒差)
3区杉山連哉(16→13)区間7位(1分8秒差)
4区野村雄一(13→16)区間19位(2分28秒差)
5区竹本紘希(16→16)区間13位(3分53秒差)
6区君原亮太(16→15)区間18位(4分18秒差)
7区内田直斗(15→15)区間10位(3分7秒差)
8区阿南堅也(15→14)区間14位(3分39秒差)
9区高橋裕太(14→13)区間6位(3分21秒差)
10区堤悠生(13→11)区間4位(2分15秒差)
総合順位11位(往路16位・復路9位)
【敢闘賞】杉山連哉…63分台の走りで3人を抜き、流れを立て直す。
【技能賞】高橋&堤…9区後半以降安定して良いペースで走り続け、11位まで順位を伸ばした。
【残念で賞】野村雄一…足に不安があったこともあり、区間19位。ズルズルと順位を落としてしまった。
予想9位(往路12位)区間は4・5・10区が的中
順位は4,6区が思ったより良くなかったこともあり、ずれました。区間は1区2区はまだしも、3区9区を逆にするという発想はなかったです。
早川は不調の期間が長くかなり不安でしたが、得意の箱根で良く粘ったと思います。柳原はもう少し走って欲しかったかなという気もします。ただ、ほぼ単独走という難しい展開で中盤以降ペースが落ちてしまいました。杉山は着実に一人ずつ抜いていき63分台の好走。焦らず速めに入って後半もまとめました。野村は足に不安があり、木村・上村と序盤終盤ともに抜かれた選手についていけず。帝京が得意とする区間で再度流れが切れてしまいました。竹本は昨年より1分縮めましたし、まずまずだったとおもいます。昨年は下りに入ってから急落しましたが、今年は松枝と競り合いながらしっかりと粘れました。1区2区と厳しいですが何とか致命傷にはせずにしていたものの、4区で流れが切れてしまいました。過去2回主要区間を走ってもおかしくない早川を起用していたのですが、今年は9,10番目のしかも足に不安がある選手を使わざるをえなかったということで、選手層の薄さが例年ほどではなかったかもしれません。
君島は60分台できてくれると思っていましたが…。平地に入ってからはまとめたため前が見える位置では渡せましたが、下りでスピードを活かせませんでした。内田は前半少し速めに入って後半もまとめましたが、それ以上に三好・北村といった選手につかせなかったのが高評価。阿南は平地は苦しみましたが、上りに入ってから元気になりました。追いつかれた大野らの集団を突き放しました。高橋裕は前半集団の中でまずまずのペースで進むと、後半一気にペースアップしました。堤は終始良いペースで走り続け、終盤聞谷を突き放して11位を確保しました。復路は9,10区と良く順位を上げましたね。6~8区は思ったより悪くはなかったものの、力や勢いを考えるともう30秒くらい速く走ってくれるのを期待していました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。