スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2015年度の展望(15)大東文化大学

4年
市田孝
箱根15年2区10位・14年2区10位(8位)・13年3区11位(23位)・12年(121位)
全日本14年1区3位(4組4位)・13年1区5位(4組4位)・12年(4組10位)・11年(4組23位)
関カレ14年5000M10位10000M7位・13年5000M6位10000M3位・11年5000M13位10000M21位

市田宏
箱根15年5区4位・14年1区8位(9位)・13年1区5位(56位)・12年(111位)
全日本14年2区6位(4組31位)・13年2区7位(4組14位)・12年(4組3位)・11年(4組28位)
関カレ14年10000M24位ハーフ11位・13年ハーフ1位3000SC3位・12年10000M21位ハーフ41位・11年3000SC10位5000M26位

池田紀保
箱根15年9区7位・14年4区9位(51位)・13年4区11位(55位)・12年(187位)
全日本14年5区6位(3組14位)・13年6区8位(OP2位)・12年(OP16位)・11年(2組34位)
関カレ14年ハーフ9位・13年5000M22位・12年3000SC8位・11年3000SC予選

植木章文
箱根15年10区11位・14年3区14位(39位)・13年10区12位(66位)
全日本14年8区15位(2組11位)・13年8区8位(2組4位)
関カレ14年ハーフ8位

平塚祐三
箱根15年3区13位・14年補欠(53位)・13年補欠(146位)
全日本14年6区6位(1組3位)・13年補欠(2組18位)
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC5位・12年3000SC予選11年3000SC予選

徳原宗一郎
箱根15年6区15位・14年補欠(166位)
全日本13年補欠

上田祐貴
箱根14年7区21位

本間有純
箱根15年補欠・14年補欠
全日本13年補欠
関カレ14年1500M予選5000M34位・13年1500M7位

船倉大輔
箱根15年補欠

稲田浩己
箱根13年補欠
全日本11年(OP18位)
4年間チームを支え続けたこの学年で4年間チームの柱として有り続けたのは市田兄弟でした。二人共4年間全日本予選会最終組を務めましたし、チーム全体がハイペースだった1年を除き、箱根予選会ではチームの稼ぎ役として、駅伝では主要区間をになってくれました。最終学年は市田孝が関カレ1部入賞、全日本予選会好走、全日本で村山兄弟と区間賞を争い、上尾ハーフ2位とシーズン通して目立っていた一方で、宏はあまり結果を残せていませんでした。ただ、最後の箱根では孝が微妙な結果だった一方で、宏が3人抜きをして、シード権獲得に貢献しました。その脇を固めたのは池田と植木です。1年時から期待されていた池田は2年で関カレ入賞すると、その後はつなぎ区間を担当。ただ、最終学年になって関カレハーフ9位、全日本予選会3組と飛躍すると、最後の箱根では主要区間で区間一桁で走りました。植木は2年秋に急に出てきた印象がありますが、大きく飛躍したのは3年の全日本。区間8位の走りで懸命にシード権を追いました。その後はダブルエースに次ぐ選手として活躍しましたが、最後の秋になって不調。ただ、何とか箱根駅伝は10区で崩れずに走りました。2年時は実力不足で駅伝に出られなかった平塚はその後学生ハーフ64分台、5000M10000Mで自己ベスト出したものの故障もあり3年時も駅伝には出られませんでした。ただ、最終学年になって秋に10000M29分半を切ると、全日本で初駅伝、箱根では主要区間を任せられました。他では、秋に5000M自己ベスト出した徳原が最後の箱根走れました。3年時関カレ入賞した本間は11月末に29分38秒の自己ベスト。箱根出走した上田も全日本予選会・箱根前とまずまず結果を残していたのですが、エントリーには入りませんでした。また、船倉が14分25秒、29分48秒の自己ベストを出し、最後の箱根エントリーに入っています。

3年
大隅裕介
箱根15年1区9位・14年9区17位(137位)・13年補欠
全日本14年4区10位(3組15位)・13年7区7位(OP6位)
関カレ14年5000M23位10000M20位

森橋完介
箱根15年8区11位・14年補欠(155位)
全日本14年補欠(2組28位)

石田政
箱根15年補欠
全日本14年7区14位
関カレ12年1500M予選
次年度エースとなるのは大隅。前半戦から関カレ・全日本予選会3組とある程度レベルの高い舞台でも大崩れせずに走ると、記録挑戦会28分52秒の大幅自己ベスト、箱根駅伝でも1区で踏ん張るというようにこの1年で大きく成長しました。また、森橋は前半戦は可も不可もなくでしたが、上尾ハーフ64分18秒、10000M29分50秒、学生ハーフ64分台と箱根奮闘以外にも秋に大きく成績を伸ばし、チームの脇を固めてくれそう。他では、もともとドラ1だった石田が今秋ついに復活。全日本などロードはまだ未知数ですが、トラックは秋以降30分10秒台で3本揃えており、全日本予選会は目途がたっています。また、清水が今秋自己ベスト連発して14分34秒、29分58秒まで記録を伸ばし、ハーフ65分台を持っている立花が12月に30分8秒の自己ベスト。


2年
北村一摩
箱根15年7区17位・14年補欠(160位)
全日本14年3区10位・13年5区13位(1組18位)

中野光
関カレ14年3000SC6位・13年3000SC10位

石橋優哉
箱根15年補欠
全日本14年補欠

鵜沢駿介
全日本14年補欠

下尾一真
全日本13年補欠
全体的には停滞していた印象。この学年の軸となる北村は夏に復帰して以降、29分20秒台を2度出すなどトラックは好調。ただ、上尾ハーフ64分台は出したものの、全日本・箱根はうまくいかず、ロードでは結果を残せませんでした。2015年度は全日本予選会は後半の組を任せそうですが、ロードはあまり期待できないかなぁ。1年時結果を残した中で、良かったのは石橋と中野でしょうか。石橋は上尾ハーフ65分台を出し、11月に再度29分台をマーク。中野は関カレ入賞、9月に14分33秒の自己ベストを出しましたが、10000M以上の距離では目立てませんでした。下尾は14分22秒、鈴木は30分13秒の自己ベストを出したものの、全体的には目立てませんでした。他では、鴇沢が14分37秒、30分17秒、ふかやシティハーフ65分台ということでエントリーには絡んできそうです。

1年
原法利
箱根15年4区16位
全日本14年補欠(1組7位)

山本翔馬
箱根15年補欠
全日本14年補欠
関カレ14年3000SC予選

林日高
箱根15年補欠
何といっても原でしょう。全日本予選会で驚きの29分台を出し通過に貢献すると、9月末に29分40秒の自己ベスト。その後、全日本欠場するなど不安でしたが、学生ハーフ63分36秒と20kmも好走し、次年度は準エースとして活躍してほしいところ。また、他に目立って良かった選手として、山本と前田。山本は前半戦はあまり目立ちませんでしたが、11月以降10000M30分少しを2本走り、学生ハーフ64分半。前田は初10000Mで30分30秒台を出し全日本予選会のメンバーに入ると、秋に14分7秒、29分台を出しています。他では、林が14分30秒、30分2秒、羽生ハーフ65分台と結果を残しました。ドラ1の須田は12月に30分21秒を出しましたが、全体的に目立ちませんでした。全体的には良い1年となったのですが、この1年の勢いを次年度にもしっかりと活かしていきたいところ。

新入生情報
谷川貴俊 豊川(愛知)14.18.74
14年都大路3区11位
新井康平 浦和実(埼玉)14.14.98
14年IH1500M6位
齋藤諒 酒田南(山形)14.26.66
13年都道府県4区26位・14年都道府県1区36位・15年都道府県1区30位
大久保陸人 東北(宮城)14.21.16
12年都大路3区39位・14年都大路3区27位
中神文弘 九州学院(熊本)14.29.05
13年都大路2区22位・14年IH3000SC9位・14年都大路6区12位
奈須智晃 小林(宮崎)14.38.27
14年都大路6区10位
副島孝輝 白石(佐賀)14.30.95
山川優希 花咲徳栄(埼玉)14.36.08
安藤輝 鹿児島実 14.50.54
14年都大路6区41位
山崎光 長野日大 14.48.26
立石悠 西海学園(長崎)14.49.73
平内幹太 勝山(福井)14.53.94
箱根駅伝シード権獲得、市田世代の卒業ということで、ここ3年より良いリクルートができたとおもいます。ドラ1は谷川。都大路3区11位、大学に入ってさっそく14分11秒に自己ベストを更新しており、チーム状況を考えれば1年目から主要区間をになってほしいところ。他には、5000M自己ベストが良い新井・大久保、都道府県3年連続走っている斎藤あたりは欲を言えば1年目から箱根に絡んでくれると嬉しいですが、とりあえず新3,2年のように10000M30分少しで走ってくれれば。また、意外と入賞者が多い3000SCで中神が4年間でどれくらい関カレポイント稼いでくれるかも注目。

まとめ
もともと層が薄かった上に、質・量ともに軸となっていた4年生が抜けるのでかなり戦力ダウンが激しいというのが正直な印象。大隅・原以外は繋ぎ区間で区間二桁、ハーフ64分台の選手を主要区間に持ってこざるをえず、繋ぎ区間に関してはハーフ65分台の選手も選り好みせず使用しなければなりません。カギとなるのは新3年、新2年。1年時に伸びたこの2学年がどれだけチームを支えられるようになるか。箱根予選会はないので、じっくりと成長していきたいところです。

現時点の箱根予想オーダー
原2ー大隅4ー谷川1ー前田2ー森橋4
中野3ー山本2ー林2ー北村3ー石橋3

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。