スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(12)明治大学

1区横手健区間3位(4位と5秒差)
2区大六野秀畝(3→4)区間5位(3位と17秒差)
3区有村優樹(4→2)区間2位(4位と34秒差)
4区松井智靖(2→3)区間3位(49秒差)
5区文元慧(3→2)区間6位(2分26秒差)
6区山田速人(2→2)区間7位(1分57秒差)
7区末次慶太(2→4)区間14位(3位と13秒差)
8区牟田祐樹(4→5)区間13位(1分24秒差)
9区木村慎(5→3)区間2位(4位と3秒差)
10区江頭賢太郎(3→4)区間10位(3位と35秒差)
総合順位4位(往路2位・復路6位)
【敢闘賞】木村慎…全日本に続き上位を諦めない走りでチームを3位まで浮上させる
【残念で賞】牟田祐樹…終始ペースが上がらず、早稲田にもかわされた。
予想5位(往路4位)区間は2・6区が的中
順位は3,4区上手く流れたおかげで少しずれました。9区終了時点で当たったと思ったのですが。区間は外した中で頭の中にあったのは9,10区ぐらいで、完全に予想外でした。横手は久保田・中村に5秒離されましたが、役割は果たせたと思います。大六野は最後の2区で67分台と素晴らしい走りでした。ただ、結果的には序盤服部か終盤一色に無理してついていくしか優勝の目はなかったのかなという印象も。有村は主要区間で結果を残した事があまりなかったので不安でしたが、素晴らしい走りでした。序盤突っ込んだものの、終盤もしっかりと踏ん張って区間賞まであと少しでした。4区は工藤・田村はできすぎで松井は十分自分の走りはできたと思います。スタミナ型なので序盤はそこまでハイペースには入りませんでしたが、終盤までしっかりと粘れました。文元は状態が万全でない中、しっかりとまとめてくれました。特に芦之湯から元箱根までの下りの部分好走して2位を確保しました。往路は各選手自分の力を出せたと思います。ただ、横手がラストで5秒、大六野もラスト1km疲れたということで、1秒を削り出す難しさを感じました。
山田速は平地の走力をいかし、しっかりと設定タイムの59分台で走れました。序盤は高橋に詰められたものの、終盤一気に伸びました。末次は急遽決定しましたし、実力不足ということで仕方ないと思います。前半かたくなってペースが良くなかった中で、後ろからおいついてきたこともあり、徐々にペースを上げることができました。牟田は終始良いところない走りになってしまいました。スピード型ですので不向きなタイプだったでしょうが、今井のように前半積極的に走って欲しかったです。木村は柳と協力して好走し、悪い流れを立て直しました。終盤疲れたものの、意地で東洋をかわしましたね。江頭賢は序盤抜かれたものの、悪くないペースを刻んでいますし仕方ない。後半疲れましたが、崩れずに鬼門の区間で早稲田に抜かれませんでした。全体的に、八木沢・前野・山田稜を故障で欠き、文元・山田速も状態が万全でない中の起用ということで故障者が続出した中ではレース展開・結果ともに奮闘したと思います。ただ、故障者が多いのは毎回のこと。東海は西出コーチの就任、青学はコアトレーニングの導入で故障者を減らしているので、何か有効策を建てたいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。