スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2015年度の展望(3)東洋大学

4年
田口雅也
箱根15年1区4位・14年1区3位(1区6位)・13年1区1位(補欠)・12年4区1位
全日本14年8区4位・13年4区4位・12年1区1位
関カレ14年10000M22位ハーフ2位・13年ハーフ6位・12年ハーフ3位

高久龍
箱根15年補欠・14年8区1位・13年7区4位(5区1位)
全日本14年4区4位・12年5区3位
関カレ14年ハーフ3位

淀川弦太
箱根15年10区5位・14年補欠(補欠)・13年4区11位
全日本13年7区3位
関カレ14年ハーフ5位

今井憲久
箱根15年8区6位・14年4区3位・13年補欠
全日本14年6区4位・13年補欠
関カレ11年1500予選

五郎谷俊
箱根15年5区11位

名倉啓太
全日本14年7区4位

長浜雄一
関カレ14年1500M6位・13年1500M12位・12年1500M7位

斎藤真也
箱根14年補欠(補欠)・12年(補欠)
全日本13年補欠
関カレ14年1500M予選・13年1500M5位

都藤和彦
関カレ12年3000SC予選
この学年の主役は田口でしょう。1年時に箱根駅伝で驚きの区間賞を取ると、その後スターターなどで安定して活躍していました。トラックでは目立たなかった反面、関カレハーフも含めてロードで存在感があり、今年1年スターターだけでなく全日本アンカーで好走したのも印象的でした。高久は2年で大幅に伸び、三大駅伝すべてで結果を残しました。ただ、3年以降故障で苦しみ、今年も夏に故障、全日本で復帰したものの再度故障し箱根は出走できませんでした。この2人に続くのが今井・淀川です。今井はもともと鳴り物入りで入学。入学当初は苦しんだものの、2年秋に復調しました。その年の箱根は体調不良で出られなかったものの、3年で優勝に貢献。特別目立った場面はなかったものの、安定して駅伝メンバーに入り、今年も秋になって復帰しました。淀川は2年秋に上尾ハーフで結果を残したものの、今井の変わりに入った4区で失速。ただ、そこから着実に力をつけ、4年は絶好調で全日本のメンバーに入らなかったのは意外でしたが、箱根ではしっかりと3位を確保しました。五郎谷は下級生の頃から山登り候補としてあがっていました。上級生になってからは今年の箱根エントリーまで全く話題になっていませんでしたが、最後の箱根を走れました。名倉は昨秋急成長。今年は前半戦不調だったものの、9月末に好走して三大駅伝も一つ走れました。1500Mで存在感を見せたのは斎藤と長浜。とくに、斎藤は3年から存在感を見せ、5000Mも好走。今年は前半戦不調だったものの、9月末に好走して出雲出走するはずだっただけに可哀想でした。

3年
服部勇馬
箱根15年2区1位・14年7区1位(5区1位)・13年9区3位(3区2位)
全日本14年2区1位・13年2区4位・12年8区6位
関カレ14年5000M7位10000M6位・13年10000M10位・12年5000M11位

上村和生
箱根15年3区6位・14年9区3位・13年(補欠)

寺内將人
箱根15年9区9位・14年補欠
全日本13年補欠

高橋尚弥
箱根15年6区8位

渡邊一磨
箱根15年補欠
全日本14年5区5位
関カレ13年3000SC11位

長谷川直輝
箱根15年補欠

高倉祐樹
関カレ14年1500M予選・12年1500M予選

湯田晟旭
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選
チームのエースは服部勇。箱根2区素晴らしいタイムで区間賞を取り、長い距離では少なくとも3年以下では一番だと思います。前半戦の体調不良もあり、トラックではまだそこまで目立ってはいないので、故障から復帰してトラックどこまで走れるかも注目です。上村は箱根主要区間である程度走れていますが、11月くらいに調子を上げてくるパターンが多いので、層が薄い今シーズンは一年を通して活躍してもらいたいです。ほかでは、寺内・高橋・渡辺・長谷川が三大駅伝初エントリーor初出走。ハーフで63分台を複数回出している寺内・長谷川、秋に大きく成長した渡辺もいますが、とくに学生ハーフ62分半で走った高橋は次年度軸になってほしいです。

2年
服部弾馬
箱根15年7区3位・14年7区1位(2区6位)
全日本14年1区10位・13年補欠
関カレ14年5000M8位10000M11位・13年1500M6位5000M25位

櫻岡駿
箱根15年4区4位
全日本14年3区6位

成瀬雅俊
箱根15年補欠・14年補欠

橋本澪
箱根15年補欠

山本采矢
全日本13年補欠

口町亮
箱根14年(補欠)
服部弾はハーフで62分半出したり、関カレハーフ入賞したりとまずまず成長できている印象。ただ、一色・中谷など存在感示している選手もいますし、チーム状況を考えるとより伸びて欲しいです。櫻岡が上尾ハーフで62分台、学生ハーフで63分台と長い距離を走れるようになりましたね。また、橋本がこの2年間でじわりと成長して1月に63分台を出しました。山本・口町・成瀬は停滞といった印象。

1年
竹下和輝
関カレ14年5000M19位

小早川健
箱根15年補欠

小柳涼
関カレ14年3000SC予選

横山学
関カレ14年3000SC予選
1年生は三大駅伝を走っていませんが、全体的には良かったと思います。存在感を示したのは前半戦から29分台を出した竹下と小早川。竹下はアンカー予定だった出雲後に体調不良で調子を落としましたが、既に復帰。小早川は上尾ハーフで63分台をだし、箱根エントリーに入りました。また、ハーフをまだ走っていないとはいえ野村と荒武も好調でした。野村は11月末に29分31秒など2回29分台を出しました。荒武も5000Mの自己ベストを3回更新して、11月末に29分44秒の自己ベストを出しました。ただ、竹下と同じく即戦力と考えられていた高森・堀が精彩を欠いたり、故障で1度もレースに出てこなかったりしたのは気になるところです。

新入生情報
小笹椋 埼玉栄 14,16,33
12年都大路3区23位・13年都道府県4区13位・13年都大路3区21位・14年都大路3区6位・15年都道府県5区2位
山本修二 遊学館(石川)14,15,54
13年都大路1区40位・14年都道府県1区29位・14年都大路1区14位・15年都道府県1区21位
中畑亮人 伊賀白鳳(三重)14,16,17
13年都大路7区16位・14年都道府県1区33位
菅原勇聖 秋田工 14,27,64
13年都大路4区27位・14年都大路7区8位
碓井涼太 長野日大 14,26,66
13年IH1500M4位
香川慎吾 尽誠学園(香川)14,46,54
12年都大路2区32位・13年都大路4区35位・14年都大路4区23位・15年都道府県5区41位
山口健弘 自由が丘(福岡)14,35,36
中村挙梧 八戸学院光星(青森)14,36,31
14年都道府県5区45位・15年都道府県5区39位
佐藤友麻 盈進(広島)14,39,15
例年即戦力になりうる選手が複数入ってくることを考えれば、例年ほどではないかなという印象。その中でも小笹は即戦力になるでしょう。1年時から結果を残していましたが、2014年度は都大路・都道府県ともにチームを上位に導く素晴らしい走りでした。その他は竹下・堀クラスの選手はいないものの、スターターとしてまとめている山本、2年ながらアンカーを務めた中畑、IH1500M4位のスピードをもつ碓井、都大路7区8位の菅原、自己ベストは遅いながら都大路4区23位香川と2,3年後が楽しみな選手がかなりいます。

まとめ
卒業生の穴は小さくなく、新入生が例年ほどではないので戦力ダウンはそこそこあるという印象。とくに、スターターの田口は抜けるのは大きいです。服部弾は全日本の発言を見ると、服部勇の前に置くのは少し考えどころですし、その他の選手は駅伝実績が多くないので。しかし、それ以上に2年前の設楽兄弟の代の穴をどう埋めるかがカギでしょう。繋ぎ区間区間5位くらいや主要区間区間10位くらいの選手は作れたものの、優勝争いをするには物足りません。高校時代実績のある選手がいる新3,2年に頑張ってもらいたいところ。

現時点の箱根予想オーダー
櫻岡3ー服部勇4ー服部弾3ー渡辺4ー成瀬3
高橋4ー小笹1ー小早川2ー上村4ー竹下2

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。