スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(2)東洋大学

1区田口雅也区間4位(2位と+11秒)
2区服部優馬(4→1)区間賞(-2秒)
3区上村和生(1→4)区間6位(+34秒差)
4区櫻岡駿(4→4)区間4位(+50秒差)
5区五郎谷俊(4→3)区間11位(+1分50秒差)
6区高橋尚弥(3→4)区間8位(+1分57秒差)
7区服部弾馬(4→3)区間3位(+13秒差)
8区今井憲久(3→3)区間6位(+31秒差)
9区寺内将人(3→4)区間9位(+1分33秒差)
10区淀川弦太(4→3)区間5位(+1分5秒差)
総合順位3位(往路3位・復路4位)
【MIP】服部勇馬…村山に追いついただけでなく終盤引き離す充実の内容、好タイムで区間賞獲得
予想3位(往路5位)区間は1区2区6区10区が的中
早稲田と駒沢がうまくいかなかった影響で往路順位が思ったより良かったです。復路は2位確保できるかなとも思ったのですが…。区間は6区高橋当てられたので満足。強いて言うなら5区五郎谷は当てたかったかな。
田口はいつもどおりの走りでしっかりと結果を残してくれました。服部勇はこれぐらいの差だったら村山に追いつく可能性の方が高いと思っていましたが、まさか終盤突き放すとは思いませんでした。前回慎重だった反省を活かし、序盤から早めに入っただけでなく、終盤も昨年より上げて日本人歴代6位となる素晴らしいタイムでした。上村は展開が激しい中、ある程度の走りはできたと思います。ただ、渡辺よりは速く走って欲しかったです。4区は田村・工藤が区間新で松井も実力的に抜けていましたし、櫻岡も自分の走りはできたと思います。五郎谷は低体温になりましたが、平地早く入って上り初めはゆったりだったものの、中盤一気にペースを上げるとドタバタしていた気もします。高久が使えなかった影響で3区に主力が置けず、優勝争いから脱落してしまいました。3区服部弾が置けていれば、服部勇の好走もあり山の前までは優勝争いできていたと思うのですが。
高橋は前半飛ばした影響で終盤少し疲れてしまいました。ただ、昨年がうまくいきすぎたので、まずまずだったと思います。服部弾は昨年より区間タイムを落としてしまいました。昨年はトップ効果がありましたから昨年よりうまくいかなかったというのは安易ですが、この1年飛躍できなかったというのが如実に表れていたと思います。今井は前半最も速く入りましたが、終盤力は残っていませんでした。上りが得意でない選手を置かざるを得なかったということで、大塚に追いついた後も引っ張らざるを得ませんでした。寺内は序盤ゆったり入ったのは初駅伝でしたし問題ないのですが、後半もう少し粘って欲しかったです。淀川は個人的には区間賞も十分狙えると思っていたのですが、それでも江頭を引き離してしっかりと3位を確保しました。復路は2位いけると思っていましたが、高久の欠場や7区8区で離されたこともあり3位となりました。全体的には、昨年までは初駅伝の選手がトップ効果もあり区間賞~区間3位くらいで走れていましたが、今年は区間5位くらいとなっていた印象。全日本も含めて優勝を狙うには力不足とも思われますが、今回の箱根で3位以内を確保できたのは東洋大らしい安定感だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。