スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(16)青山学院大学

4年
高橋宗司
箱根14年5区11位(補欠)・13年8区1位(補欠)・12年補欠(5区6位)
全日本13年8区10位(OP10位)・11年4区8位
関カレ14年ハーフ7位・13年ハーフ23位・12年ハーフ11位
秋に14分10秒、29分15秒の自己ベスト。ただ、11月以降はレースに出ていない。

藤川拓也
箱根14年9区3位(2区6位)・13年6区14位(2区2位)・12年補欠(2区7位)
全日本(予選会) 14年5区3位・12年(3組28位)・11年補欠(2組24位)
関カレ13年10000MDNF・12年5000M24位
主将。世田谷ハーフ63分3秒で優勝、記録挑戦会では28分20秒の自己ベストで再び青学記録保持者に。

山田学
箱根12年補欠
全日本(予選会) 12年(2組5位)
関カレ11年10000M23位
下級生の頃勢いのあった選手。10月末に29分11秒の自己ベスト、記録挑戦会でも29分23秒で走った。

3年
久保田和真
箱根14年(補欠)・13年3区4位(3区1位)
全日本(予選会) 14年2区3位・13年補欠(3組5位)
関カレ13年1500M7位5000M7位
トップクラスの実力を持つ選手。今秋1年ぶりに復活して、記録挑戦会は28分30秒の自己ベスト。

小椋裕介
箱根14年7区2位(1区4位)・13年7区14位(1区7位)
全日本(予選会) 14年4区8位・13年4区7位(2組6位)・12年(1組10位)
全日本では側腹部に肉離れ。世田谷ハーフ練習で出走するなど問題ないようだが、その後レースに出ていない。

神野大地
箱根14年2区6位(6区4位)
全日本(予選会) 14年8区3位・13年2区6位(3組4位)
関カレ14年10000M7位ハーフ1位・13年10000M14位
大学に入って飛躍した選手。全日本アンカーも58分台の好走。今年の箱根は5区を走る。

山村隼
箱根14年4区7位・13年補欠(補欠)
全日本(予選会) 13年7区10位(OP3位)
関カレ14年3000SC1位・13年3000SC予選・12年3000SC3位
関カレ3000SCでは圧勝するなど前半戦は好調。10月末に14分15秒だったが、記録挑戦会は29分48秒だった。

村井駿
箱根14年6区18位
前回は6区試走では好走していたものの、実際は61分41秒と結果を残せず。10月末に14分15秒の自己ベスト。

渡辺心
箱根13年補欠
全日本(予選会) 14年7区8位・13年補欠
高校時代実績のある選手。2年以降伸びてきたが、全日本凡走し、世田谷ハーフも65分台。記録挑戦会は29分28秒。

渡辺利典
昨秋以降ハーフで結果を残している選手。宮古ハーフでも64分台で優勝。記録挑戦会は29分5秒と大幅自己ベスト。

2年
一色恭志
箱根14年1区6位(3区7位)
全日本(予選会) 14年1区6位・13年1区6位(2組1位)
関カレ14年ハーフ2位・13年5000M15位
同学年の中で一番強いとも言われている選手。国際千葉駅伝では区間4位の好走。

秋山雄飛
全日本(予選会) 14年3区6位
関カレ14年5000M5位
前半戦はトラックで非常に高いレベルで安定していた。世田谷ハーフ64分30秒だったが、記録挑戦会は途中棄権した。

安藤悠哉
全日本14年補欠
夏を経て急に伸びてきた選手。秋に14分7秒、世田谷ハーフも64分半、記録挑戦会も29分12秒の自己ベスト。

1年
中村祐紀
全日本14年補欠
関カレ14年1500M5位
IH1500M2位。秋に14分2秒、29分11秒の自己ベストを出したが、世田谷ハーフ64分31秒記録挑戦会29分44秒。

田村和希
全日本14年補欠
都大路3区4位などロードが強い。秋に14分3秒の自己ベストを出すと、世田谷ハーフも63分42秒と好走。

下田裕太
都道府県5区19位。世田谷ハーフ66分18秒だったが、記録挑戦会で29分12秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
川崎友輝(4年)…良い記録を持っていたが4年に飛躍。全日本6区区間賞、世田谷ハーフも出走していた。

全日本で区間賞を取っていただけにまさかエントリー漏れするとは思いませんでした。ただ、それ以外は成長している選手がたくさんおり良いエントリーができたと思います。優勝に向けてカギとなるのは繋ぎ区間でしょう。優勝候補筆頭と呼ばれる駒大に比べて繋ぎ区間の選手が三大駅伝経験していなかったり駒大ほどの結果を残していなかったりする選手が多い。そういった選手がしっかりと良い区間順位で走ることがカギになると思います。

予想オーダー
小椋3ー一色2ー久保田3ー秋山2ー神野3
高橋4ー安藤2ー田村1ー藤川4ー渡辺利3
神野5区ということで小椋1区一色2区しかないと思います。小椋は出雲でスターターとして好走しており、スターターとしてある程度計算できるのではないかと予想。ただ、20km59分台で走っているとはいえ長い距離のスターターの経験がないのでスローペースに期待したいところ。一色は68分前後で走って欲しいところ。村山が66分台出したら仕方ないですが、失速した場合しっかりと捉えて欲しい。久保田は62分台を希望。首位に立っているならしっかりとまもって欲しいです。4区は中村も考えたのですが、記録挑戦会良くなかったので10人から外して秋山。秋になってから前半戦のような好走ができていませんが、最短区間ですししっかりと走って欲しい。神野は78-79分台でははしってくれると思います。馬場に比べて経験はないですが、走力はあるので馬場には負けて欲しくないです。6区は当初は高橋と考えていたのですが、村井が前回の試走では好走していたらしい。ただ、高橋が11月以降レースに出ていないということで高橋に戻しました。前回下りは好走していますし、10月は好走しているので密かに期待できると思います。7,8区はそれぞれ希望している安藤と田村。安藤は秋になってから好調で世田谷ハーフ、記録挑戦会ともに好走していますし、田村は64分台の選手も多かった記録の出にくい世田谷ハーフで63分台ということで十分期待できると思います。藤川は前回好走していますし、世田谷ハーフ・記録挑戦会と絶好調。68分台出して優勝を決定的にする役割をチームとしてはになってもらいたいところ。アンカーは三大駅伝初エントリーの渡辺利。ハーフ63分台で走ったこともありますし、宮古ハーフもある程度走り記録挑戦会も好走しているのでトップでくればしっかりまとめてくれると思います。川崎は外れましたが、例年に比べて故障者は少ない雰囲気が出ており、好調な選手も多く駒大に次ぐ中では一番期待できそうという印象。駒大が万全ならば難しいかもしれませんが、しっかりとミスなく走ってミスを誘発するようプレッシャーをかけていきたいところでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。