スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(13)順天堂大学

4年
松村優樹
箱根15年(28位)・14年1区9位(3区4位)・13年9区7位(3区6位)・12年9区5位(46位)
全日本14年8区9位(4組10位)・13年1区7位(4組9位)・12年(4組23位)・11年(2組8位)
関カレ14年10000M10位ハーフ4位・13年10000M15位・12年ハーフ12位
主将。安定感抜群の選手。日本インカレ10000M4位、箱根予選会は微妙だったが、全日本はしっかりと走った。

西郷貴之
箱根14年補欠(6区7位)・13年5区5位(6区4位)・12年5区15位
全日本13年補欠(3組12位)・11年(OP8位)
関カレ14年ハーフDNF・13年10000M17位・11年5000M24位
上りやロードが得意だが、故障が多い。間に合うか微妙で順大の命運を握る選手。

的野遼大
箱根15年(409位)・13年補欠・12年7区7位(212位)
全日本14年補欠・13年(1組24位)・11年(1組2位)
関カレ14年1500M予選
日本インカレ1500M5位とスピードはあるが、故障が多い選手。全日本は足底の故障で起用されなかった。

松村和樹
箱根15年(95位)・14年7区11位(補欠)・13年補欠(補欠)・12年補欠(129位)
全日本14年7区5位・13年7区6位(2組23位)
関カレ13年ハーフ20位・12年ハーフ23位
優樹の双子の弟。前半戦は故障で走れなかったが、秋になって順調。記録挑戦会は29分52秒だった。

三宅隆友
箱根15年(173位)・14年補欠
全日本13年補欠
関カレ14年3000SC12位・13年3000SC12位
上尾ハーフ65分台で走っている選手。10月末に30分5秒の自己ベストだったが、記録挑戦会は30分37秒だった。

3年
松枝博輝
箱根15年(153位)・14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本14年補欠(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位
5000Mチームで一番速い選手。箱根予選会は故障を抱えたまま走り悔しい結果に。記録挑戦会は29分42秒で走った。

稲田翔威
箱根15年(35位)・14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本14年4区11位(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ13年ハーフ27位
ロードが得意で安定感抜群の選手。10月末に29分26秒の自己ベストを出したが、記録挑戦会は29分57秒だった。

田中孝貴
箱根15年(24位)・14年9区5位
全日本14年1区14位(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位
昨年度大きく伸びた選手。箱根予選会はチームトップ、10月末に29分16秒、記録挑戦会で29分6秒の自己ベスト。

2年
森湧暉
箱根14年補欠(4区6位)
全日本14年補欠(3組8位)・13年3区10位
全日本予選会3組で好走。箱根予選会は軽い故障で欠場し、その後レースには出ていない。

聞谷賢人
箱根15年(69位)・14年10区8位
全日本14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ14年10000M19位
前回の箱根から一気に力をつけてきた選手。記録挑戦会は29分53秒など秋になってからは微妙な成績。

西沢卓弥
箱根15年(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本14年3区14位・13年補欠
秋になって10000Mは29分45秒くらいで安定しているが、ロードでは結果を残せていない。

作田直也
箱根15年(98位)
全日本14年補欠
高校時代15分47秒の自己ベスト。記録挑戦会では30分35秒など10000Mは30分30秒くらいでスタミナ型。

1年
花沢賢人
箱根15年(105位)
全日本14年2区14位(2組3位)
関カレ14年5000M22位
13分台を持って入学。記録挑戦会は29分25秒としっかり走った。西郷が走れない場合は5区の模様。

栃木渡
箱根15年(53位)
全日本14年5区14位(1組20位)
全日本予選会、箱根予選会とチームにしっかり貢献。記録挑戦会でも存在感を示し29分45秒の自己ベスト。

城西廉
世羅で3年連続都大路出走。前半戦・秋と全く目立っていなかった。

新涼太
都大路7区9位。10月末に10000Mで30分15秒と好走。5000Mでも14分35秒くらいと自己ベスト付近で走っている。

故障など状態がわからない選手も少なくないですが、エントリーは順当なものができたと思います。シード権獲得に向けての最大のカギは山、特に西郷が走れるかどうかでしょう。西郷が走れると5区が何とか耐える区間から大きく稼げるに変化します。個人的には5区走れないくらいなら繋ぎ区間ではなく欠場させた方が良いと思いますが…。また、6区も前回は撃沈した区間。城西はおそらく山下り候補ではあるでしょうが、大学に入ってから実績ないですし森や西沢といった別の選手を起用した方が良いかなとも思います。
あと、もう一つのカギは故障明けのスピードランナーの復活でしょう。的野は足底の故障で箱根予選会以降レースにでておらず、森も箱根予選会欠場以降出走なし、松枝も記録挑戦会で復帰ということでこういった選手たちがどれだけ本番までに状態を戻してくるかも注目です。

予想オーダー
松村優4ー稲田3ー松枝3ー森2ー花沢1
城西1ー松村和4ー栃木1ー田中3ー聞谷2
松村優は2区予想している人も多いですが、個人的には他に1区を任せられそうな選手がいないので1区。田中も全日本見ていると少しでも自分のペースで走らせたいかなという印象。2区は田中でも良いのですが、スタミナ型で前回は往路でも凌いだ稲田。記録挑戦会微妙だったのは少し気になりますが、大崩れはしないではしってくれるのでは。3区は状態が戻っていると信じて松枝。1年時急遽ながら粘りましたし、そこから成長しています。5区西郷が間に合って3区花沢でも良いですが、チームにとってベストな選択肢ができるなら松枝が良いと思います。10人目はトラック型の西沢、ロード型の作田、スピードのある的野といますが、ハーフ64分台持っていて全日本予選会好走した森はどこかで使いたいと思いました。2年連続3区希望なので6区走らせても面白いかなと思いましたが、とりあえず4区。それ以外なら的野が良いかなと思います。5区は西郷が間に合わなかったら花沢。82分台で走ってくれれば上出来ですが…。6区は誰が走るにしても60分台で何とか走ってもらいたいところ。この時点でシード争いが見える位置なら面白いと思います。7区は前回好走している松村和。前回も悪い流れからしっかりと走れましたし、区間一桁はノルマでしょう。栃木は箱根予選会好走していますが、7区9区に力のある経験者がいますし1年らしくのびのび走ってもらえれば。田中は高橋謙の順大記録を目標としていますが、良い目標だと思います。3年前の松村優のようにここでしっかりとシード圏内に入っていきたい。アンカーの聞谷も成長具合を考えるとシード圏内でいれば十分守れるし、更に上の順位を狙えそうです。全体的には往路さえうまく流れれば十分シード権獲得も可能だと思います。故障から回復途上の選手が多く、前回と同じくスタートラインにどれだけ選手を揃えて立てるかがカギでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

西郷を使うことができればオーダーの幅が広がりそうです。一応仲村監督は5区西郷を軸に・・・という風にコメントしていたそうなので間に合う可能性はありそうですね。
個人的に花沢は来期以降のエースになってほしいので、例え西郷が間に合わなかったとしても、できれば平地(3区)あたりを走ってほしいと思っています。その場合5区は稲田あたりでしょうか。

Re: No title

返信遅くなってすみません。
西郷は5区走れないぐらいなら繋ぎ区間を走らせるよりは欠場させた方が良いかなと思っていました。花沢は個人的には高瀬(山学)?のように山も走れるエースになってもらいたいなとも思っていましたが‥。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。