スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(9)國學院大學

4年
大下稔樹
箱根15年(39位)・14年5区16位(99位)・13年5区11位(2区7位)・12年7区16位(5区8位)
全日本14年(1組12位)・13年(3組25位)・12年(3組18位)・11年(3組30位)
関カレ13年5000M26位
3年連続箱根出走していながら今年競技引退する唯一の選手。2年前は急遽5区を走り粘走している。

沖守怜
箱根15年(10位)・14年3区21位(71位)・13年1区19位(3区9位)・12年4区13位(補欠)
全日本14年(4組16位)・13年(3組16位)・12年(4組20位)
関カレ14年5000M10位10000M30位・13年ハーフ14位・12年10000M16位11年3000SC9位
11月末に29分7秒の自己ベスト。20kmではあまり結果を残せていなかったが、箱根予選会では好走した。

塚本一政
箱根14年10区9位(93位)
前半戦は7月に初レース。上尾ハーフ63分58秒、間近の記録会は29分22秒の自己ベスト。

川副智洋
箱根15年(99位)・14年補欠・13年(補欠)
全日本13年(OP18位)
大学から陸上を始めた選手。前半戦は30分少しで安定しており、上尾ハーフは64分1秒と好走。

鮫島紋二郎
箱根15年(55位)・13年9区15位(補欠)
昨年は10000Mは良かったものの、20kmはうまくいかなかった。間近の記録会では29分29秒としっかり走った。

湯川智史
箱根15年(48位)・14年6区9位(154位)・13年(補欠)
全日本14年(2組25位)
関カレ14年ハーフ6位
主将。昨年度にぐんと伸びた選手。間近の記録会は29分53秒と自己ベスト付近で走った。

3年
中瀬薫
箱根14年補欠(82位)・13年補欠
全日本14年(2組17位)・13年(1組19位)・12年(2組20位)
良くも悪くも各大会で安定している選手。上尾ハーフ64分36秒、間近の記録会29分56秒といつも通りしっかり走った。

吾妻佑起
箱根15年(114位)・14年9区20位(55位)・13年8区6位
全日本14年(4組26位)・13年(2組13位)
関カレ14年5000M13位10000M12位・13年10000M28位
トラックはエースクラスだが、20kmは前回の箱根以降失敗している。間近の記録会は29分28秒と自己ベスト付近。

廣川倖暉
箱根15年(31位)・14年7区6位(58位)・13年4区14位
全日本14年(3組12位)・13年(1組20位)
関カレ14年10000M34位
主力の1人。前半戦は好調。11月末に29分33秒とまずまず走った。

瀬川大貴
箱根14年補欠
前半戦は微妙だったが、高島平61分8秒、上尾ハーフ64分30秒、間近の記録会29分54秒と秋になって好調。

坂本航平
夏まで全く目立ってなかったが、10月末30分11秒、上尾ハーフ64分31秒、間近の記録会29分33秒と一気に伸びてきた。

2年
稲毛悠太
箱根15年(75位)・14年(87位)
全日本14年(3組24位)・13年(2組11位)
関カレ14年ハーフ14位
前半戦から絶好調。間近の記録会では29分25秒の自己ベストを出している。

蜂須賀源
箱根15年(8位)・14年8区13位(76位)
前半戦は昨年と同じく目立たなかったが、箱根予選会好走すると11月末に28分55秒の自己ベスト。

細森大輔
箱根15年(63位)
夏まではあまり目立っていなかったが、箱根予選会好走すると10月末に29分57秒の自己ベスト。

1年
渡辺貴
前半戦から自己ベストを出していた。10月末に29分54秒、上尾ハーフ64分19秒だったが、間近の記録会は30分20秒。

磯辺翔太
前半戦から自己ベストを出したが、秋に14分30秒、上尾ハーフは65分31秒、間近の記録会は29分39秒と好走。

主なエントリー漏れ
畑中大輝(2年)…全日本予選会1組トップ。昨年の高島平で60分台を出しているが、箱根予選会直前に故障。
向晃平(1年)…都道府県5区1位。大学に入ってからまだレースに出走していない。

箱根予選会前に故障した畑中、即戦力ルーキーとして期待されていた向はエントリー漏れしましたが、秋になって順調に練習を積めていた選手はしっかりとエントリーに入ってきました。シード権獲得に向けてカギとなるのはエース達の走りでしょう。2区が予定されている蜂須賀は前半戦うまくいっていないため経験不足は不安なものの、箱根予選会・11月末の記録会と一気に伸びており大丈夫そう。ということで、全日本予選会最終組を走った沖守と吾妻の走りがカギ。沖守は箱根予選会は好走したものの、2年は万全でなかった状態で1区出走してうまくいかず、3年では3区で撃沈と2年連続で流れが作れていない。1区にしても3区にしても一度失敗した区間でうまく気持ちが乗り越えられるかがカギ。また、吾妻は前回の箱根、今年の箱根予選会と2回連続失敗している。主要区間を担える選手が廣川や鮫島などいるだけに、起用区間と走りがカギになりそう。

予想オーダー
沖守4ー蜂須賀2ー廣川3ー吾妻3ー大下4
湯川4ー稲毛2ー細森2ー鮫島4ー塚本4
数年前は2区と3区で合わせて2区という考え方があったものの、ここ2年1区がハイペースになっています。1区も3区も失敗したことがありますが、1区失敗した時は体調が良くなかったですし本人が希望しているということで沖守を1区。柿沼や桑原のように堅実に走ってくれれば。2区は一気に伸びてきている蜂須賀。できれば荻野くらい走って欲しいですが、少なくとも前回の佐野(法大)くらいでははしってくれるのではないでしょうか。廣川は初めての主要区間ということで不安もありますが、蜂須賀・沖守と並び八王子ロングディスタンスに出走しているということで主要区間かなと。柿沼や宮沢のように区間10位少しではまとめてくれそうな気がします。鮫島・廣川と他に主要区間を任せられる選手がいるので、スピード型の吾妻を4区。最近は帝京大や大東文化など4区にも力を入れるチームも少なくないですが、区間5位はノルマ。大下は前々回は急遽走って区間11位。昨年のように状態が良くないというわけではないですし区間一桁でまとめて欲しい。湯川は前回の箱根から成長していますし、上野も1分以上縮めたので59分台で走ってもらいたいところ。稲毛は箱根予選会で大下らと同じ集団走でしたし、箱根は出走すると思います。中山・廣川など比較的主力が置かれやすい7区。8区は吾妻・蜂須賀など下級生が置かれやすい区間。川副・坂本も10人目として考えましたが、箱根予選会好走している細森にしてみました。9区は力不足な感もありますが、2年前と同じくしっかりと耐えてくれるはず。逆に10区の塚本は相対的に力のある選手を置けており、アンカーまでシード争いがもつれてもシード権を獲得できそう。全体的には山と層の厚さという長所があり序盤区間も耐えられる選手はいるのでシード権を取った時のようにきちんと調整できてミスがなければ他大にかかわらずシード権は取れると思います。ただ、ここ2年故障者が出たりミスが出たりとそこができていない。シード権を取っていた時のように堅実なレースができるかがカギ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。