スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(7)城西大学

4年
村山紘太
箱根15年(1位)・14年2区18位(4位)・13年2区15位(1区9位)・12年1区5位
全日本14年1区2位(4組2位)・13年(3組1位)・12年(4組2位)・11年3区11位(4組2位)
関カレ14年5000M5位10000M1位・13年5000M12位・12年5000M12位11年5000M21位
言わずとしれたエース。アジア大会では13分34秒の自己ベストで5位、国際千葉駅伝も区間2位の好走。

横田良輔
箱根15年(30位)・14年3区18位(69位)・13年補欠(補欠)・12年補欠(99位)
全日本14年2区11位・13年(3組7位)・11年補欠
関カレ14年ハーフ28位・13年ハーフ15位
昨春大きく伸びた選手。全日本駅伝では最低限走り、記録挑戦会は29分38秒とまずまず。

黒川遼
箱根15年(137位)・14年5区15位(42位)・13年補欠
全日本14年補欠(1組17位)
関カレ14年ハーフ19位
昨年の夏合宿で大きく伸びた選手。上尾ハーフでは64分19秒だったが、記録挑戦会は30分12秒と微妙な走り。

寺田博英
箱根15年(20位)・14年9区20位・13年7区11位(補欠)
全日本14年4区12位(2組6位)・12年(OP24位)・11年(OP2位)
箱根予選会ではチーム2番手の好走。記録挑戦会でも組トップで29分28秒と好調か。

杵島啓太
箱根15年(185位)・14年補欠(186位)
関カレ14年ハーフ37位
前回は当日に双子の弟に変更された。上尾ハーフは65分13秒だったが、記録挑戦会は30分9秒の自己ベスト。

3年
山本雄大
箱根13年4区9位(5区12位)
全日本14年7区21位・12年(3組37位)
関カレ14年5000M30位・13年1500M予選・ 12年1500M3位
1年時に関カレ1500M日本人トップのスピードランナー。10月末に復帰したが、全日本撃沈。記録挑戦会は30分14秒。

室井勇吾
全日本14年6区12位・13年(1組25位)・12年(OP11位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC7位
各レースで良くも悪くも最低限走ってくれる印象。記録挑戦会で29分51秒の自己ベスト。2年連続6区希望。

河名真貴志
箱根14年8区18位(106位)
全日本14年(1組22位)
関カレ14年3000SC11位・13年3000SC予選
昨秋に伸びた選手。10月末に30分25秒で復帰したが、記録挑戦会で31分12秒と撃沈した。

舟生翔人
箱根15年(129位)・14年補欠(133位)
全日本14年補欠
箱根予選会チーム7番手。9月末に30分9秒の自己ベスト、記録挑戦会も30分12秒と30分少しで安定している。

西岡喬介
箱根15年(103位)・14年(236位)
全日本14年補欠
関カレ14年1500M予選
箱根予選会チーム6番手。昨冬大きく伸びた選手。記録挑戦会では30分2秒の自己ベスト。

2年
高橋一生
箱根14年補欠
全日本13年(2組37位)
関カレ13年10000M34位
上尾ハーフで64分2秒と9ヶ月ぶりにしっかりと走った。エントリーされるものの故障で欠場することも多い。

松村陣之助
箱根14年4区15位
全日本14年5区7位(3組16位)
関カレ14年10000M28位・13年5000M29位
箱根予選会欠場したが、全日本で好走。記録挑戦会では藤川・久保田らに途中まで食らいつき29分3秒の自己ベスト。

菊地聡之
箱根15年(64位)・14年6区6位
全日本14年3区4位(3組13位)・13年(1組30位)
チームの中で村山に次いで安定している選手。全日本は万全でなかったが、区間4位と好走した。

佐藤穏空
10月末に14分23秒、上尾ハーフで64分23秒、記録挑戦会で30分7秒と秋になって一気に力をつけてきた。

廣瀬秀宣
10月末に30分30秒と夏に比べて30秒以上自己ベスト更新。上尾ハーフも64分35秒と一気に力をつけてきた。

1年
菅真大
箱根15年(82位)
全日本14年8区21位(2組7位)
今年のドラ1。全日本はうまくいかなかったが、記録挑戦会では30分12秒でしっかり自己ベスト。

主なエントリー漏れ
松村元輝(4年)…10000M28分台の自己ベストを持つが、大舞台に弱い。箱根予選会はアクシデントで失速した。

箱根予選会以降状態が見えなかった松村元が外れました。大舞台ではほぼ結果を残せていないですが、チームの内外から準エースと見られていた選手だけに精神的な面で影響がありそうです。
箱根駅伝シードに向けてのカギは村山が作った勢いをいかに持続させるかでしょう。まず、ここ2大会では貧血など村山の状態が良くなく序盤出遅れていましたが、今年は状態が万全でなかった全日本も村山はしっかりと走っており、村山が走る(おそらく)2区でアドバンテージは取れそう。その流れをどうやって持続させるかがカギになります。そのために必要なのは2年生の力。全日本では4年生が主要区間を担ったが、4区終了時点で7位。横田・寺田も大学に入って成長した選手で全日本も大きなブレーキがなく走ったが、他大のエースと競うには分が悪い印象。2年生には3人の有力選手がいます。松村陣は記録挑戦会では最速の組で29分3秒と好走しているし、菊地は前回の箱根以降安定感抜群、高橋は都道府県5区2位の走力の持ち主。高橋は故障が多いのでそこもケアしながらその3人でどこまでシード権に食らいつけるかがカギになりそう。

予想オーダー
横田4ー村山4ー松村2ー室井3ー黒川4
菊地2ー高橋2ー佐藤2ー寺田4ー菅1
1区は賭けるよりも無難に前の選手が見える位置で渡したいと思い1区を希望している横田が良いと思います。全日本も序盤突っ込んだ割には粘れていました。2区は当然村山。ある程度はきてくれるでしょうが、留学生と同じくらいのタイムで好走してチームの順位を大幅に引き上げて欲しいところ。松村は全日本予選会・記録挑戦会と粘れています。3区も何とか区間10位くらいで耐えてくれれば。4区は10人目としてとりあえず記録挑戦会で良かった室井にしておきました。ただ、前々回4区の山本、箱根予選会チーム5番手の西岡など誰が入ってもおかしくなさそう。黒川は昨年より勢いありませんし、何とか昨年と同じくらいで走って欲しい。できれば少し貯金を残して復路を迎えたいですが、全部使ってしまっても仕方ないかなという印象。菊地は山登りに予想している人も少なくないですが、平田の時もコンバートしていないしそのまま6区で使うかなと予想。6区なら区間5位くらいがノルマ。高橋は上尾ハーフで実質63分台とポテンシャルは高いですが、いきなり主要区間を任せるのは負担と思い7区。本当に万全なら9区を任せたいところ。秋になって一気に伸びてきた佐藤は復路で使いたいと判断。ここ6年8区には初の箱根となる選手をおいており、9,10人目の選手を配置しやすい区間と思い、8区に置きました。アンケートには6区と回答している選手が多いですが、西岡・室井など6区希望の選手を他区間で走らせないと不安かなと思っています。寺田は本来なら2年前好走した7区を任せたいのですが、そこまでチームに余裕はないですし、箱根予選会から記録挑戦会までしっかりと走れているので9区。耐える区間になりそうですが、シード圏内で襷をもらった場合何とか粘って欲しい。1年生に10区は珍しいですが、城西大は田村・平田など1年生にスタミナ区間を走らせることも珍しくないですし、全日本もアンカーを走っていたので10区と予想。前回の聞谷(順大)のように区間一桁で走ってくれれば。全体的には区間一桁で走れそうな選手が少なく、2人くらい好走する選手がいないとシード権獲得のチャンスがないかなというのが正直な印象。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。