スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2015年度の展望(2)東京農業大学

4年
浅岡満憲
箱根15年(4位)・14年8区8位(75位)・13年3区19位・12年3区7位(29位)
全日本14年(4組6位)・13年(1組4位)・12年(4組35位)・11年(3組3位)
関カレ14年5000M4位10000M4位・12年1500M5位5000M5位・11年1500M4位5000M3位

竹内竜真
箱根15年(13位)・14年9区6位(19位)・13年2区19位(9位)・12年8区11位(71位)
全日本14年(4組21位)・13年(2組5位)・12年(3組22位)・11年(2組7位)
関カレ14年5000M11位10000M10位・13年10000M25位・12年10000M11位・11年10000M15位

岩渕慎矢
箱根14年7区8位(31位)・13年8区16位(61位)・12年補欠(83位)
関カレ14年10000M16位

土井久理夫
箱根14年6区15位(28位)
全日本13年(OP17位)
関カレ14年ハーフ45位

佐藤一
箱根15年(158位)
関カレ13年5000M29位

藤井拓也
箱根15年(331位)・14年補欠
関カレ14年3000SC予選・13年ハーフ52位

島田直輝
関カレ11年5000M21位

田中優
箱根13年補欠
東農大に勢いを感じていたこの学年が卒業し、箱根駅伝予選落ちということで一つの時代が終わったなという感じもします。この学年を象徴するような存在が浅岡だったと思います。1年時の関カレ日本人トップ、箱根駅伝最下位の位置からの区間一桁など活躍も印象的ですが、個人的には2年冬から故障が多くなかなか状態が上がらなかったという面がこの学年を象徴しているかなと思います。ただ、最終学年は好調で関カレから大活躍。箱根予選会は4位、28分20秒台と力があるところを見せてくれました。チームの大黒柱は竹内でした。箱根予選会10位前後で3年連続まとめるなど状態を落とすことも少なく、なかなか万全にならないチーム状況の中でチームを支えてくれました。1年から距離対応できていた岩渕はもともと故障が少なくないイメージがありましたが、最終学年も故障に泣かされました。全日本予選会、箱根予選会ともにエントリーしたものの出走できず。結局どちらにもチームにとって痛手となってしまいました。土井は3年時に一気に伸びてチームに貢献してくれましたが、主力として活躍が期待された最終学年はうまく状態が整いませんでした。その他では、下級生に伸びた佐藤・藤井はいまいち伸びきれず、高校時代実績のある島田は故障に苦しみました。

3年
戸田雅稀
箱根15年(45位)・14年3区13位(10位)・13年4区20位(136位)
全日本14年(3組20位)・13年(3組11位)・12年(2組26位)
関カレ14年5000M31位・13年1500M1位5000M7位・12年1500M1位5000M19位

遠藤凌平
箱根15年(86位)・14年補欠(66位)・13年(123位)
全日本14年(3組30位)・13年(1組31位)
関カレ14年ハーフ30位・13年ハーフ12位

佐野雅治
箱根15年(170位)・14年4区21位・13年補欠
全日本12年(OP20位)
関カレ13年3000SC1位・12年3000SC2位

大橋真弥
箱根15年(122位)・14年補欠(85位)・13年補欠
全日本13年(2組35位)

小澤洸太
全日本14年(1組21位)
関カレ14年1500M6位・13年1500M予選

山浦大輔
箱根14年補欠(163位)
再生を目指すチームのエースは戸田でしょう。前半戦は状態が上がりませんでしたが、間近の記録会28分台と状態を戻してきました。20kmよりは短い距離の方が得意ですが、チームを支えてほしいところ。20kmでその次に貢献しているのは遠藤と大橋。遠藤は秋になって状態を戻してきて3年連続箱根予選会でチームに貢献。来年も少なくとも今年ぐらいにはチームに貢献してくれると思います。大橋はずっと不調だったなか、箱根予選会粘ると間近の記録会で29分42秒の自己ベストを出しました。距離対応に課題はありますが期待したいのは佐野と小沢。佐野は半年ぶりに復帰して箱根予選会を走りました。小沢は今年急成長。5000Mは30秒以上、10000Mも1分以上自己ベストを更新しています。

2年
木山雄生
箱根15年(79位)
全日本14年(2組37位)
関カレ14年ハーフ29位

荒木瞭一
箱根15年(147位)

折居卓哉
全日本14年(1組15位)
関カレ14年1500M予選

西村昌悟
箱根14年補欠(269位)

畠山泰成
箱根14年補欠
この学年の柱となったのは木山です。前半戦は不調でしたが、9月末に29分台を出すと箱根予選会も二桁と好走しました。また、荒木はこの夏まで全く目立っていなかったものの、9月末に30分少しの自己ベストを出すと箱根予選会も粘りその後29分台を出すなど一気に秋になって伸びてきましたね。また、折居が全日本予選会含め30分20秒前後で安定して走れており、更なる成長に期待です。ただ、一方で木山以上に昨年勢いを見せていた畠山・西村がうまくいきませんでした。ドラ1の矢口も含め記録会などに出てきたのが救いですが、世田谷ハーフは66分前後、間近の記録会は30分半前後と昨年からの上積みを魅せられませんでした。


1年
茂木洋晃
箱根15年(242位)
関カレ14年3000SC3位

原由幸
箱根15年(205位)

高橋悠平
全日本14年(2組34位)

関樹道
関カレ14年1500M予選
1番存在感を示したのは茂木ですね。関カレ3000SC表彰台に立つと、5000Mの自己ベストを2回更新し、10000M29分台も出しました。また、箱根予選会には間に合わなかったものの、高橋と高良も楽しみです。高橋は世田谷ハーフ66分13秒、間近の記録会30分6秒で走り、高良は世田谷ハーフ66分0秒、間近の記録会30分19秒で走りました。ほかでは、原が30分26秒で走り、箱根予選会出走。佐藤が5000Mの自己ベストを20秒以上更新しました。一方で、関は関カレ後姿を見せていませんでしたが、間近の記録会で復帰しました。

まとめ
卒業生の穴が大きく、記事を書く前は再建は厳しいかなと思っていましたが、まとめてみると小沢・高橋・高良など楽しみな選手も多くおり、成長次第では1年での箱根駅伝復帰も十分ありえると思ってきました。ただ、今年は小沢・荒木など急成長した選手もいる反面、主力だった岩渕・土井は状態が上がらず苦しみましたし、期待されていた西村・畠山も伸び悩みました。今の1,2年がここからどれだけ伸びるかがカギになりそう。また、木村・内藤・津野・三輪・浅岡・竹内などここ数年柱となる能力がある選手が卒業していますので、戸田以外にもせめてあともう1人柱となる存在がほしいですね。

明日からは箱根駅伝に出場する大学の区間予想をしていきたいと思います。法政大学はここ2年は3,4月あたりに新入生情報が出ていたので新入生情報が出次第まとめる予定です(東農・専修はなかなか新入生情報が出てこないので記事を上げておきました)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。