スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝区間エントリー(前半)

青山学院大学
梶谷2ー一色4ー秋山4ー森田2ー貞永3
小野田2ー林2ー吉永3ー池田4ー中村3
安藤4、村井4、茂木4、下田3、田村3、鈴木1
変更予想 1田村、4下田、7鈴木、9安藤
森田故障で田村or下田不調か安藤故障で鈴木不調と予想しました。前者で不調者が直前に調子を上げてくると予想。因みに、本当に調子が戻らなかった場合は1区鈴木で4区に田村or下田になると思います。因みに、後者の場合は1区田村9区下田ですが、3枚替えが多いので田村か下田が不調と予想しました。秋山はトップに立っていれば後続を引き離せると思うので、2区終了時にトップにいるかがカギ。

東洋大学
服部4ー相澤1ー口町4ー櫻岡4ー橋本4
堀3ー小笹2ー中尾1ー山本采4ー小早川3
牧浦4、竹下3、野村3、山口2、山本修2、中村1
変更予想 5山本修
5区変更か1年生の相澤が故障で山本修に変更かのいずれかだと思っています。服部がどのようなレースをするかがこの大会最大のカギだと思っています。ただ、優勝するにはやや2or5区を凌ぎきれないか。個人的には、小笹がなかなか駅伝で結果を残せていないだけにそろそろ結果を残さないといけないと思っていますが、7区どうなるでしょうか。

駒澤大学
山口2ー工藤3ー下2ー高本3ー大塚4
物江2ー伊勢2ー山下1ー片西2ー堀合2
中谷4、西山4、広瀬4、紺野3、中西3、中村1
変更予想 1中谷、7西山、8中村
往路重視ということですが、結局1枚は復路に残すのではと予想。6区物江の流れのまま復路の選手が走り続けるのはさすがに怖いと思いました。1区様子見なら服部を見て1区中谷7区西山、中谷が他の選手のペースに合わせるまで状態が戻っていなければ1区西山7区中谷。8区は中村、中西あたりが候補になってくるとおもいます。個人的には復路の2年生が2017年度以降の駒大の結果に大きく繋がっていくと思うので、どれだけ走れるか注目しています。

早稲田大学
武田4ー永山2ー平4ー鈴木4ー安井3
石田3ー今井4ー箱田4ー大木1ー清水2
井戸4、佐藤4、藤原3、光延3、太田1、新迫1
変更予想 7佐藤、8太田、9井戸
順当なオーダーでしょう。変更は往路なしで、6区もあまり変わる印象はないので、7,8,9区あたりが変更になると思います。武田を持ってきて1区ハイペースになりそうな点もプラス。3区終了時点で先頭が見える位置につけたい。

東海大学
鬼塚1ー關1ー國行3ー阪口1ー舘澤1
中島1ー湯澤2ー春日3ー川端3ー宮本4
石橋4、瑞慶覧4、林4、郡司1、高田1、松尾1
変更予想 4松尾 7高田 10林
事前に言われていたようなオーダーになりましたね。3区國行は考えていませんでしたが、言われてなるほどという印象。変更は7,10区に林や高田が入るかどうかという感じでしょう。關はきっちり走ってくれるでしょうから、その前後の区間がどれだけ走れるかがポイント。

順天堂大学
西澤4ー塩尻2ー野田1ー吉岡2ー山田2
橋本1ー難波1ー金原2ー聞谷4ー中村3
甲斐4、作田4、森4、栃木3、花澤3、馬場2
変更予想 4栃木、10作田
極めて順当なエントリー。往路にアクシデントがあった時にその区間に栃木をいれて4区作田なのでしょう。ただ、5区相当自信があるようですが、適性はあるものの走力と経験に不安のある山田がそのまま走るのだろうか。5区が注目です。

日本体育大学
小松4ー小町3ー吉田3ー富安3ー辻野3
秋山4ー住田3ー宮崎2ー山本4ー小野木4
大手4、城越3、林田2、三原2、室伏2、中川1
変更予想 7中川、9室伏
1区小松2区小町できましたか。小町が終盤どこまで粘れるかがカギを握りそう。1~6区と10区の変更がなく、7区変更はありそうですが、残りは誰が走るのか含めて全くわかりません。

山梨学院大学
伊藤4ーニャイロ2ー永戸2ー藤田2ー上田3
池田2ー市谷3ー小山4ー古賀3ー熊代4
上村4、佐藤4、秦4、河村3、片山2、久保2
変更予想 1秦、4佐藤、9河村
山の2人がかなり予想外ですね。個人的には河村もしくは上村が走れずに、秦を1区に持ってくるつもりだったのではないかと予想。ハイペースになりそうなので、個人的には佐藤に変えた方が良いと思うのですが…。いずれにせよ、秦がどこをどれくらいで走るかがカギになるでしょう。

中央学院大学
大森3ー高砂1ー横川1ー藤花4ー細谷3
坂元3ー海老澤太4ー廣2ー藤田1ー久保田4
村上4、海老澤剛4、新井3、樋口2、福岡2、市山2
変更予想 4新井、6樋口、7福岡、9村上
新井と剛のうち1人間に合わず、市山が欠場と思いました。4区に新井or剛、往路アクシデントなければ6区樋口として、太が万全なのかそれとも8区や10区にアクシデントがあれば9区藤田が走るのか。カギは5区どれくらい走るかどうか。また、その指標となるのが4区に剛と新井のどちらが入るのか。剛が入れば市山・剛より細谷が良いという可能性がでてきますが、剛が往路欠場だと市山も剛も故障で細谷がスクランブルという可能性が高くなってきます。

帝京大学
島貫1ー内田4ー瀬戸口4ー畔上2ー佐藤3
横井2ー田村1ー宇佐美4ー平田1ー加藤4
島口4、竹下2、新関2、濱川2、岩佐1、吉野1
変更予想 1竹下、3岩佐、7吉野
特に問題なさそうな区間エントリー。1区は竹下、3区もさすがに岩佐に変更になると思います。9区平田は意外ですが、どれだけ走るか楽しみです。

スポンサーサイト

箱根駅伝予想(19)青山学院大学+α

末尾に国士舘大学の予想オーダーも載せています。

4年
村井駿
箱根16年補欠・15年6区2位・14年6区18位

一色恭志
箱根17年(6区2位)・16年2区3位(6区2位)・15年2区3位・14年1区6位(3区7位)
全日本(予選会) 16年8区2位・15年1区2位・14年1区6位・13年1区6位(2組1位)
関カレ16年5000M1位10000M2位・15年5000M3位・14年ハーフ2位・13年5000M15位
記録挑戦会28分36秒

秋山雄飛
箱根16年3区1位・15年補欠
全日本(予選会) 16年補欠・14年3区6位
関カレ14年5000M5位
世田谷ハーフ64分50秒、記録挑戦会29分25秒

池田生成
箱根17年(補欠)・16年補欠
関カレ16年ハーフ1位・15年ハーフ1位
世田谷ハーフ63分53秒、記録挑戦会29分10秒

安藤悠哉
箱根17年(5区1位)・16年(補欠)・15年10区2位
全日本16年4区5位・14年補欠
関カレ15年10000M21位
記録挑戦会28分49秒の自己ベスト

茂木亮太
箱根17年(4区2位)・16年補欠
全日本(予選会) 16年補欠・13年5区12位
関カレ16年1500M2位・15年1500M2位
記録挑戦会29分14秒

3年
中村祐紀
箱根16年9区7位(2区4位)・15年補欠
全日本16年7区5位・15年補欠・14年補欠
関カレ16年10000M25位・15年10000M6位・14年1500M5位

田村和希
箱根17年(2区1位)・16年4区1位・15年4区1位
全日本16年2区1位・15年3区2位・14年補欠
関カレ16年5000M4位・15年10000M31位
記録挑戦会28分18秒の自己ベスト

下田裕太
箱根17年(3区4位)・16年8区1位(4区6位)・15年補欠
全日本16年1区8位・15年5区1位
関カレ16年10000M8位・15年ハーフ4位
記録挑戦会28分42秒

吉永竜聖
全日本16年3区5位
関カレ15年1500M3位・14年1500M8位
世田谷ハーフ63分36秒、記録挑戦会29分39秒の自己ベスト

貞永隆佑
関カレ16年ハーフ25位

2年
小野田勇次
箱根16年6区2位
全日本16年5区1位
関カレ16年ハーフ28位

森田歩希
全日本16年6区1位

梶谷瑠哉
箱根17年(補欠)
全日本15年補欠
関カレ16年1500M7位・15年1500M4位
記録挑戦会28分52秒の自己ベスト

林奎介
世田谷ハーフ63分52秒、記録挑戦会29分15秒の自己ベスト

1年
鈴木塁人
箱根17年(1区5位)
全日本16年補欠
関カレ16年5000M3位
世田谷ハーフ62分55秒、記録挑戦会28分31秒の自己ベスト

予想オーダー
鈴木1―一色4―池田4―田村3―梶谷2
小野田2―下田3―吉永3―安藤4―森田2
大きな漏れはなく、順調なエントリーだと思います。出雲で1区走った鈴木を1区。世田谷ハーフ好走していますし、ハイペースになっても少なくとも62分半くらいまでは走ってくれると思います。一色は67分前後で走ってくれるでしょう。3区は過去2大会その年の出雲・全日本でておらず、初の箱根の選手が走っているので池田としてみました。田村は2年連続最短区間の4区を走っていたので、準エース区間となった今年も4区。出雲・全日本のような走りを見せてくれると思います。5区は梶谷・茂木・貞永が候補のようですが、28分台出した梶谷にしてみました。小野田は先頭なら57分台狙えますし、追いかける展開でも前回に近いタイムでは走ってくれると思います。下田は出雲・全日本とやや固くなってしまったので、復路に。近年重要度が増している7区に置くか前回区間賞を取った8区に置いてくると思います。10人目は吉永と林で迷いましたが、世田谷ハーフ良かった吉永にしました。因みに、アンケートに林は7区、吉永は8区と回答しています。下田でトップに立てていれば安藤・森田で差を広げてゴールできると思います。3区と10区逆にしたほうが自然かなという気はしますが。組んでみて思ったのは一色でトップに立てなかったら田村、田村でダメなら小野田、小野田でダメなら下田と修正が効きそうなのが強みです。やはり、ダントツの優勝候補かなという気がします。

国士舘大学のデータを90回箱根以降とっていない。今からデータを集めて記事を書くのは厳しいので、これで勘弁してください。
予想オーダー
石井4―住吉2―八巻3―戸澤2―多喜田2
三田3―辻田3―藤江2―餅崎4―井筒4

箱根駅伝予想(18)東洋大学

4年
服部弾馬
箱根17年(3区3位)・16年3区3位(3区2位)・15年7区3位・14年7区1位(2区6位)
全日本16年1区1位・15年2区1位・14年1区10位・13年補欠
関カレ16年1500M決勝進出・15年1500M6位・14年5000M8位10000M11位・13年1500M6位5000M25位
11月末に29分32秒。

櫻岡駿
箱根17年(1区7位)・16年7区2位(6区4位)・15年4区4位
全日本16年2区11位・15年4区5位・14年3区6位
関カレ16年ハーフ11位
上尾ハーフ62分44秒の自己ベスト

口町亮
箱根16年6区4位(4区1位)・14年(補欠)
全日本15年3区1位
関カレ16年5000M3位10000M7位・15年5000M12位
9月に足を痛めたが、既にチームと同じ練習ができている。

橋本澪
箱根16年補欠・15年補欠
関カレ16年10000M16位・15年5000M24位
10月末に29分36秒出して以降レースに出ていない

山本采矢
箱根17年(6区8位)
全日本16年補欠・15年補欠・13年補欠
関カレ15年ハーフ10位
出雲以降レースに出ていない

牧浦聖士
全日本15年補欠
上尾ハーフ63分51秒の自己ベスト

3年
野村峻哉
箱根17年(5区9位)・16年補欠(5区3位)
全日本16年補欠・15年6区2位
関カレ16年5000M18位・15年10000M10位
上尾ハーフ66分21秒

堀龍彦
箱根16年補欠(補欠)
全日本16年補欠・15年7区1位
関カレ16年1500M3位・15年1500M7位
上尾ハーフ63分46秒

竹下和輝
箱根16年(補欠)
全日本16年6区10位・15年補欠
関カレ16年ハーフ25位・14年5000M19位
上尾ハーフ63分30秒の自己ベスト

小早川健
箱根17年(補欠)・15年補欠
全日本16年7区10位
上尾ハーフ63分4秒の自己ベスト

2年
小笹涼
箱根16年4区6位(補欠)
全日本16年4区9位・15年補欠
関カレ15年10000M24位
上尾ハーフ66分56秒。

山本修二
箱根17年(補欠)・16年8区9位
全日本16年8区4位
関カレ16年ハーフ6位・15年10000M25位

山口健弘
上尾ハーフ66分22秒も小江戸ハーフ65分46秒で優勝。

1年
相澤晃
全日本16年3区4位
上尾ハーフ62分5秒

中村駆
箱根17年(2区9位)
関カレ16年1500M予選
10月に29分20秒の自己ベスト、記録挑戦会30分21秒。

中尾聡志
上尾ハーフ63分53秒も記録挑戦会30分31秒。

予想オーダー
服部4―山本2―相澤1―口町4―山本4
橋本4―堀3―竹下3―櫻岡4―小早川3
カギとなるのは2区誰にするかでしょう。服部はやや不向き、櫻岡は出雲や全日本の序盤区間で力を発揮できず、故障明けの口町にいきなり2区走らせるのもと思ったので、山本修と予想しました。間の1,3区は服部と相澤と予想しましたが、1区出遅れて山本修に2区走らせるのは厳しいと思ったので、1区服部、3区相澤と予想しました。高めの目標なら服部は2位以下を30秒引き離す、相澤は63分半でしょうか。故障からの復帰レースとなる口町ですが、前回山走っていますしアップダウンは苦にしないと思い4区。5,6区はこれからのことを考えると下級生を起用したいと思いましたが、ひとまず最近レースに出ていない山本・橋本にしておきました。復路には上尾ハーフ好走した3年生を置きましたが、今後のことを考えるなら中村や中尾など1年生を経験させてもいいかもしれません。9区には櫻岡。短い間の4区走ったこともあるので4区櫻岡7区口町も考えましたが、前回は出雲1区で失敗した高橋が9区走ったので、同じように予想してみました。全体的に悪くはないのですが、服部以外に頼れる区間がないかなというのが正直な印象です。

箱根駅伝予想(17)創価大学

4年
セルナルド祐慈
箱根17年(11位)・16年(25位)・15年5区20位(71位)
全日本16年補欠(4組11位)・15年(3組14位)・14年(3組37位)
関カレ16年5000M6位10000M5位・15年ハーフ8位・14年ハーフ8位
エース。全日本大学駅伝では選抜に選ばれた。28分台62分台を持っている。

彦坂一成
箱根17年(66位)・16年(342位)・15年9区19位(85位)・14年(256位)
全日本15年(1組34位)
関カレ15年ハーフ36位
11月なかばに14分23秒、11月末に29分45秒の自己ベスト。

3年
大山憲明
箱根17年(28位)・16年(161位)・15年4区10位(73位)
全日本16年(3組1位)・15年(4組32位)・14年(3組29位)
関カレ16年10000M14位・15年1500M予選5000M23位・14年1500M2位5000M17位
11月末に28分57秒の自己ベスト。

蟹沢淳平
箱根17年(106位)・16年(160位)・15年3区19位(80位)
全日本15年(2組25位)・14年(2組14位)
関カレ16年10000M32位・15年5000M12位・14年5000M34位
11月なかばに14分10秒の自己ベスト、11月末は29分41秒。

江藤光輝
箱根15年7区19位
全日本14年(2組39位)
関カレ14年1500M予選
11月末に30分14秒の自己ベスト。

三澤匠
箱根17年(77位)・16年(109位)
全日本16年(2組15位)
関カレ16年5000M23位
箱根予選会は2年連続好走も11月なかばは14分41秒だった。

姫宮大地
箱根17年(125位)・16年(221位)
11月半ばに14分46秒の自己ベスト、11月末に30分26秒。

2年
古場京介
箱根17年(DNF)・16年(157位)
全日本15年(2組40位)
関カレ15年5000M30位
箱根予選会は10km地点で足の痛みにより途中棄権。

作田将希
箱根17年(109位)
全日本16年(3組19位)
関カレ16年3000SC2位・15年3000SC予選
11月なかばに14分28秒とまずまず、11月末に29分49秒の自己ベスト。

二宗広大
箱根17年(108位)・16年(168位)
全日本16年(2組7位)
11月末は30分20秒だった。

1年
ムソニムイル
箱根17年(4位)
全日本16年(4組DNF)
関カレ16年5000M2位
11月末に29分8秒の自己ベスト。

築館陽介
箱根17年(88位)
全日本16年(1組37位)
関カレ16年ハーフ43位
佐久長聖の上り坂10km練習コースで校内記録を持っているらしい。

吉留一喬
箱根17年(86位)
関カレ16年1500M予選
11月末に30分0秒の自己ベスト。

竹下和真
関カレ16年3000SC予選
11月半ばに14分39秒も11月末に30分9秒の自己ベスト。

上田結也
高島平61分57秒。11月半ばは14分42秒も11月末に30分5秒の自己ベスト。

米満怜
都道府県4区3位と好走。高島平62分49秒も11月半ばに14分24秒、11月末に29分50秒の自己ベスト。

予想オーダー
大山3―セルナルド4―ムイル1ー蟹沢3―築館1
吉留1―作田2―米満1―彦坂4―三澤3
大きなエントリー漏れはないものの、東海大の影でこちらも6人の1年生がエントリー。ただ、故障がなければ走る上級生もおり、過半数は2年生以上が走ると思います。大山はスローペースなら区間賞候補でしょうし、ハイペースでもある程度は粘ってくれると思います。1区ある程度の位置で来てくれそうなことと、全日本予選会からタフさならセルナルドのほうがあるかなと思い、セルナルド2区にしました。2区で順位キープして、ムイルでシード圏内に入りたい。4区は蟹沢か彦坂ということですが、記録会で蟹沢のほうが良かったのと、彦坂に経験のある9区走らせたいと思い、蟹沢を4区。厳しい戦いになると思いますが、何とか粘ってほしい。5,6区は箱根予選会突破に貢献した1年生の築館・吉留が希望していますし、任せていいと思います。作田は今年度安定して結果を残しており、11月の記録会もしっかりと走れています。5,6区未知数なので、場合によっては立て直してほしいと思い7区。10人目は誰が走ってもおかしくないと思いますが、調子を上げてきている米満にしてみました。三澤は箱根予選会では3区予定とされていましたが、そこから結果を残せておらずやや調子を落としているのかなと思い、アンカーに回しました。全体的には1~3区はある程度戦えると思いますし、5・6区がその後シード争いし続けられるかどうかのカギになると思います。ただ、まだ2回目の出場ですし、物怖じせず思いっきり走ってもらいたいです。

箱根駅伝予想(16)早稲田大学

4年
武田凜太郎
箱根17年(3区7位)・16年3区5位(1区6位)・15年7区5位・14年3区5位(4区5位)
全日本16年1区2位・15年4区2位・14年補欠・13年5区4位
関カレ13年10000M25位
上尾ハーフ61分59秒

井戸浩貴
箱根17年(6区10位)・16年9区1位(6区10位)・15年3区8位・14年8区9位
全日本16年補欠・15年6区3位(4組8位)・14年6区3位・13年7区3位
関カレ16年ハーフ2位・15年ハーフ2位・14年ハーフ7位
上尾ハーフ63分25秒

平和真
箱根17年(1区13位)・16年(4区3位)・15年4区9位・14年4区2位(補欠)
全日本16年2区2位・15年2区6位・13年3区7位
関カレ16年5000M2位・14年10000M16位・13年5000M34位
上尾ハーフ62分14秒

佐藤淳
箱根16年6区6位(5区5位)・15年補欠・14年(補欠)
全日本15年8区7位・14年7区12位・13年補欠
関カレ16年ハーフ7位・14年ハーフ20位
10月に14分28秒、上尾ハーフ63分8秒

今井開智
全日本16年補欠
関カレ16年3000SC予選
11月に29分51秒、上尾ハーフ64分44秒

鈴木洋平
箱根17年(4区1位)
全日本16年3区2位
関カレ13年3000SC予選
上尾ハーフ62分16秒

箱田幸寛
10月に14分17秒、上尾ハーフ65分30秒

3年
安井雄一
箱根17年(補欠)・16年5区5位(補欠)・15年8区7位
全日本16年8区5位・15年補欠(3組7位)・14年補欠
関カレ16年10000M26位・15年10000M15位・14年1500M予選

光延誠
箱根17年(5区5位)・16年7区14位(補欠)・15年補欠
全日本16年補欠・15年5区4位(2組11位)・14年5区11位
関カレ16年5000M8位・14年5000M12位
11月に29分30秒、上尾ハーフ63分44秒

藤原滋記
箱根17年(補欠)・16年10区6位(補欠)・15年補欠
全日本16年6区3位・15年3区6位
10月に29分3秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分38秒

石田康幸
箱根16年補欠
全日本16年補欠・15年補欠・14年補欠
関カレ16年ハーフ10位
10月に14分20秒

2年
永山博基
箱根17年(補欠)・16年4区4位(補欠)
全日本16年4区1位・15年7区2位(2組4位)
関カレ16年5000M16位・15年5000M10位
11月末に28分28秒

清水歓太
全日本16年補欠
11月に29分54秒、上尾ハーフ63分8秒

1年
新迫志希
箱根17年(2区12位)
全日本16年5区2位


太田智樹
箱根17年(補欠)
全日本16年7区3位
関カレ16年10000M19位
上尾ハーフ62分48秒

大木皓太
関カレ16年3000SC5位
10月に14分26秒、11月末に30分30秒

予想オーダー
武田4―永山2―鈴木4―平4―安井3
佐藤4―新迫1―太田1―井戸4―藤原3
順当なエントリーができたと思います。先手を取るために、全日本の1~4区を4区までに走らせる形で予想しました。1区鈴木2区武田3区平4区永山のより永山を活かすオーダーと1区武田2区永山3区鈴木4区平のより鈴木を活かすオーダーを考えて後者にしてみました。武田で出遅れることはないでしょうから、永山が68分少しで走れれば3区鈴木が爆走して前を捉えることができるのではないかと思いました。永山は故障だけは気をつけてもらいたいところ。4区平は全日本のような走りを期待したい。5区は安井でしょうが、6区は結構迷いました。個人的には鈴木が面白そうと思うともですが、他区間も考えると佐藤か石田あたりになるでしょう。7,8区1年生が2人並ぶことは考えにくいかもしれませんが、1人は起用されると思います。そして9区に前回区間賞の井戸、10区に10月に自己ベストを出し上尾ハーフ悪くなかった藤原と予想しました。全体的には往路5区間は全日本のようにいけば優勝争いできるでしょうし、7区以降も先頭にいれば面白いと思いますので、チームにとって最大のカギは6区かなという印象。オーダーでは、鈴木も勿論気になりますが、それ以上に武田・永山がどの区間に入るかで監督の思惑が見えてきそうです。

箱根駅伝予想(15)駒澤大学

4年
中谷圭佑
箱根16年3区2位(1区1位)・15年3区1位・14年4区1位(2区2位)
全日本16年補欠・15年1区4位・14年2区2位・13年5区1位
関カレ15年1500M8位5000M19位・14年10000M2位・13年5000M16位
故障で出雲と全日本欠場したが、12月に29分7秒で復帰。

西山雄介
箱根17年(1区9位)・16年7区4位(5区1位)・15年7区2位・14年7区3位(5区2位)
全日本16年2区7位・15年3区10位・14年6区2位・13年2区9位
関カレ16年5000M8位・15年10000M7位・14年1500M予選5000M9位
世田谷ハーフ63分8秒、

大塚祥平
箱根17年(6区4位)・16年5区4位(6区4位)・15年8区2位・14年8区6位(補欠)
全日本16年8区3位・15年8区3位・14年補欠・13年補欠
関カレ16年ハーフ4位・15年ハーフ5位
山登りで起用されるらしい。

広瀬匠
高校時は自己ベストに比べて長い距離が得意な印象だった。世田谷ハーフ64分47秒。

3年
工藤有生
箱根17年(3区4位)・16年2区4位(3区4位)・15年4区2位
全日本16年1区3位・15年2区2位・14年5区2位
関カレ15年10000M2位
出雲ではかなり無理していた印象だったが、全日本は本調子。11月末は29分18秒だった。

高本真樹
箱根17年(2区6位)・16年4区9位(補欠)・15年補欠
全日本16年補欠・15年7区9位・14年補欠
関カレ16年ハーフ15位・14年5000M25位
全日本は出雲の結果から外されたが、上尾ハーフ63分25秒とチームトップ。

中西亮貴
箱根17年(補欠)
全日本16年5区8位
出雲記録会14分8秒の自己ベスト。全日本以降レースに出ていない。

紺野凌矢
箱根16年補欠
全日本16年3区12位・15年補欠
全日本以降レースに出ていない。2年連続アンケートには5区と回答。

2年
下史典
箱根17年(4区2位)・16年補欠(補欠)
全日本16年4区4位・15年5区8位
関カレ16年10000M21位・15年5000M27位
世田谷ハーフ64分1秒だったものの、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

伊勢翔吾
箱根16年補欠
全日本16年7区6位
全日本では好走したが、上尾ハーフは65分12秒と良くなかった。

堀合大輔
関カレ16年ハーフ21位
故障明け初のレースで、上尾ハーフ63分54秒と好走した。

片西景
全日本16年6区6位・15年補欠
秋以降しっかりと結果を残せており、記録挑戦会も初10000Mで29分30秒だった。

山口優希
関カレ16年3000SC6位
10月に14分13秒の自己ベスト、世田谷ハーフ65分56秒。

物江雄利
1500Mが得意なスピードランナー。11月に14分3秒の自己ベスト。

1年
中村大聖
全日本16年補欠
都大路4区10位の実績がある。秋以降好調で上尾ハーフも64分7秒。

山下一貴
都大路3区28位の実績がある。目立っていなかったが、上尾ハーフ64分44秒と好走。

主なエントリー漏れ
中村佳樹(4年)…今年の箱根10区出走。上尾ハーフ63分38秒と好走した。

予想オーダー
中谷4―工藤3―下2―西山4―大塚4
中西3―片西2―伊勢2―高本3―堀合2
山口・物江などのエントリー入りも意外でしたが、それ以上に大きいのは中村佳のエントリー漏れ。16人どころか10人にも入ってくると思ったのですが…。ただ、中谷がついに復帰したのはチームにとってかなり安心できる材料だと思います。1区は中谷が1番良いと思っています。万全なら先手を取れますし、工藤以外誰が走ってもハイペースになったら厳しいと思います。万全でないにしても中谷を1区に置いてビビらせたいと思いました。工藤は一色より前で受け取れれば後半までついていけると思います。3区高本4区下7区西山9区片西にして復路に1枚残すことも考えましたが、世田谷ハーフ西山のほうが良かったので準エース区間の4区に西山を持ってきました。下は63分台で走ってほしいです。西山は何とか区間5位くらいで粘ってくれれば嬉しいのですが。5区は大塚・紺野が準備していて、6区は中西は準備していると思います。片西が流れを作ってそのまま復路続いてほしいと思い、7区。高望みな気がしますが、63分台を狙うくらいの気持ちで走ってほしい。8,10区は区間5位、9区は区間一桁が一つ目安になると思います。10人目は中村か伊勢で迷いましたが、伊勢が昨年度の上尾ハーフ・学生ハーフ良かったことに加えて、中村の高3の駅伝が良くなく不安に感じたので、伊勢にしました。大塚が区間2位にある程度の差をつけて区間賞を取れれば往路優勝は可能でしょうが、復路はやはり厳しいかなという印象。前回の山梨学院を更に良くした感じになってほしいと思います。1,4区で中谷が入らない方が厳しいと思うので、そこでどれだけ粘れるかがポイントでしょう。

箱根駅伝予想(14)山梨学院大学

4年
佐藤孝哉
箱根17年(3区9位)・16年1区10位(3区3位)・15年2区18位(25位)・14年補欠(50位)
全日本16年2区5位(4組8位)・15年2区12位・14年1区11位・13年1区11位(3組10位)
関カレ16年ハーフ8位・15年ハーフ6位・14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
上尾ハーフ62分28秒で走った。

上村純也
箱根16年10区5位(補欠)・15年4区12位(87位)・14年4区19位
全日本16年(2組2位)・15年補欠・14年5区13位・13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
主将。秋以降レースに出ていないようだが、11月にポイント練習を再開したらしい。

伊藤淑記
箱根17年(補欠)・16年補欠・15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本16年補欠(2組6位)・14年補欠・13年5区11位
関カレ16年5000M9位・15年5000M19位・14年5000M20位
トラックのほうが得意。上尾ハーフ66分29秒も記録挑戦会は29分34秒だった。

秦将吾
箱根17年(2区3位)・16年6区18位(2区8位)・15年補欠
全日本16年3区3位・15年補欠
関カレ16年1500M1位5000M4位・15年1500M5位・14年1500M予選・13年1500M予選
秋に5000M,10000Mの自己ベストを更新。出雲・全日本としっかり走った。

熊代拓也
箱根17年(補欠)
全日本16年5区13位(1組22位)・15年補欠
上尾ハーフ63分57秒、記録挑戦会29分17秒の自己ベストと好調。

小山祐平
箱根16年補欠・14年補欠
関カレ16年3000SC4位・15年3000SC11位・14年3000SC8位・13年3000SC予選
10月に14分27秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分54秒と好走も記録挑戦会30分32秒。

3年
上田健太
箱根17年(1区3位)・16年3区7位(4区2位)・15年補欠
全日本16年1区6位(3組2位)・15年4区7位
関カレ16年10000M4位ハーフ5位・15年5000M22位10000M27位・14年10000MDNF
上尾ハーフ62分1秒と好走。

河村知樹
箱根17年(補欠)・16年9区8位(5区7位)・15年補欠
全日本16年7区8位・15年7区4位
関カレ15年ハーフ23位
全日本以降レースに出ていない模様。

市谷龍太郎
箱根17年(4区5位)・16年7区13位(1区7位)・15年7区12位
全日本16年4区7位(3組11位)・15年1区20位・14年2区12位
関カレ16年5000M12位10000M5位
上尾ハーフ65分14秒、記録挑戦会30分35秒と11月に入って結果を残せていない。

古賀裕樹
箱根16年補欠(補欠)
全日本15年5区18位
2年に大きく伸びた。上尾ハーフ64分54秒、記録挑戦会30分19秒だった。

2年
ドミニクニャイロ
箱根17年(6区1位)・16年2区2位(6区1位)
全日本16年8区1位(4組2位)・15年8区1位
関カレ16年ハーフ1位10000M2位・15年10000MDSQ
前回の箱根以外全て区間賞をとっている。

永戸聖
箱根17年(5区3位)・16年補欠
全日本16年6区5位(1組5位)
今年度大きく伸びた選手で上尾ハーフ63分1秒、記録挑戦会29分6秒の自己ベスト。

久保和馬
全日本15年補欠
10月に29分44秒の自己ベストを出すと上尾ハーフ64分20秒で走った。

藤田義貴
全日本16年補欠
9月に14分19秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分5秒と好走。

池田真臣
10月に29分46秒の自己ベスト。以降レースに出ていない模様で6区候補か。

片山優人
10月以降14分33秒、29分53秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分7秒と好走。記録挑戦会は30分11秒。

予想オーダー
佐藤4―ニャイロ2ー市谷3―上田3―河村3
秦4―久保2―熊代4―永戸2―上村4
出雲・全日本と漏れていた上村もエントリーに入り、順当なエントリーにはなりました。しかし、市谷が上尾ハーフ・記録挑戦会と結果を残せていないのが気になります。オーダーを決める上で個人的に最もカギになると考えているのが3区と9区。永戸はどちらでもいけるものの、市谷は11月結果を残せておらず、上村はどこまで状態が上がっているか不透明。上村の状態が戻っていれば永戸3区上村9区、市谷の調子がよければ市谷3区永戸9区だと思います。後者のオーダーにした場合、4区佐藤だと不安に感じ、出雲・全日本と好走している上田を4区にしてみました。佐藤は29分切りとしては及第点ですが、優勝を狙うチームのエース格としてはやや物足りない印象。1区でも区間10位前後ではきてくれるでしょうが、最後まで区間賞争いをする走りが優勝には求められると思います。ニャイロは66分台十分狙えると思いますし、上田・河村もある程度安定して走ってくれるでしょう。秦は優勝を狙うチームでは数少ない、小野田とある程度勝負できる可能性がある存在かなと思います。ただ、スタミナもある程度ついてきたとはいえ、前回上りで飛ばしすぎて失速していますし、58分台で走れれば満足ぐらいの気持ちで走ってほしいですね。9,10番目は上尾ハーフ・記録挑戦会良かった熊代は走るでしょう。小山は記録挑戦会30分30秒台だったので、2年の久保・藤田・片山あたりかなと思います。全体的には目標は優勝ですが、上村・市谷が万全でかつ全員が力を出し切ってようやく後半まで優勝争いできるかなというのが正直な印象。出雲・全日本と力を出し切れませんでしたし、3~5位くらいなら上出来ではないでしょうか。

箱根駅伝予想(13)東海大学

間に合わない(汗)。選手紹介をほぼなくしました。
4年
石橋安孝
箱根17年(補欠)・16年4区2位(6区3位)・15年7区7位(127位)・14年補欠(23位)
全日本16年4区6位・15年2区7位・14年7区2位・13年(3組13位)
関カレ16年3000SC2位・15年3000SC4位・13年3000SC5位
上尾ハーフ66分48秒

林竜之介
箱根17年(補欠)・16年8区6位(5区4位)・15年補欠
全日本16年8区9位・15年6区5位
関カレ16年1500M6位ハーフ31位・15年10000M17位・13年1500M予選
上尾ハーフ63分53秒

宮本甲斐
10月末に29分13秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分41秒

瑞慶覧伸哉
10月末に29分44秒

3年
川端千都
箱根17年(4区6位)・16年7区12位(1区5位)・15年2区7位(15位)
全日本16年2区13位・15年1区10位・14年2区8位(4組9位)
関カレ16年5000M24位10000M14位・15年5000M11位10000M8位・14年5000M28位
高島平60分26秒

春日千速
箱根16年2区15位(3区6位)・15年8区5位(102位)
全日本15年4区10位・14年補欠
関カレ15年ハーフ13位
10月末に29分48秒、上尾ハーフ63分10秒

國行麗生
箱根16年6区11位(補欠)
全日本16年6区2位・15年7区6位
関カレ16年3000SC予選
高島平60分28秒

2年
湯沢舜
箱根16年補欠
関カレ16年ハーフ33位
10月末に29分15秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分22秒

1年
關颯人
箱根17年(3区1位)
全日本16年補欠
関カレ16年10000M11位
12月に29分9秒で復帰。

鬼塚翔太
箱根17年(1区2位)
全日本16年1区10位
関カレ16年10000M10位
上尾ハーフ62分3秒

舘澤亨次
箱根17年(2区2位)
全日本16年3区1位
関カレ16年5000M15位

高田凛太郎
全日本16年5区5位
10月末に28分57秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分3秒

松尾淳之介
関カレ16年5000M11位
10月末に28分59秒の自己ベスト、上尾ハーフ62分17秒

中島怜利
全日本16年補欠
高島平60分56秒

阪口竜平
箱根17年(補欠)
関カレ16年1500M2位
甲佐10マイル47分45秒

郡司陽大
上尾ハーフ63分34秒

主なエントリー漏れ
湊谷春紀(2年)…上尾ハーフ66分36秒

予想オーダー
鬼塚1―關1―高田1―春日3―舘澤1
中島1―川端3―松尾1―林4―國行3

1年生を減らした場合
鬼塚1―關1―石橋4―春日3―舘澤1
國行3―高田1―松尾1―林4―川端3

湊谷が外れましたが、出雲・全日本とエントリーから外れていた春日、全日本後に故障した石橋がエントリーに入りました。10月末の記録会と上尾ハーフで結果を残した選手が多くエントリーに入ったという印象。1年生が8人も入り、話題になりましたが過半数は出るのではないでしょうか。1区鬼塚2区關として、3区誰が走るかが一つカギになりそう。1年生が候補という記事はないのですが、上級生で往路走りそうなのは石橋・川端・春日くらい。石橋は状態がわからないですし、川端は全日本を見たら起用するのは怖い、春日はスタミナも求められる区間のほうが良いかなと思い、28分台を出した高田が良いと思いました。4区は松尾も候補に上がっているようですが、5区のバックアップもしながら往路は厳しいと思い、アップダウンのある2区を経験している春日が良いと思います。6区は4年の瑞慶覧よりは高島平60分台走って以降レースに出ていない中島かなという印象。國行は11月まで記録会出ているので一応6区から外しましたが、復路のいずれかの区間走ると思います。川端は経験した7区で復活の走りを見せてもらって、松尾を当日変更で8区にいれて区間賞を狙わせる。9区は安定感のある林としてみました。1区で先手を取れれば田村の区間で追いつかれても舘澤で突き放して往路優勝が狙え、山学や駒大に比べると復路に駒も残せるかなという印象です。

箱根駅伝予想(12)國學院大學

4年
蜂須賀源
箱根17年(36位)・15年1区14位(8位)・14年8区13位(76位)
全日本16年2区12位(4組29位)・15年(1組18位)
唯一の28分台。記録挑戦会は29分15秒。

細森大輔
箱根17年(14位)・16年10区12位(28位)・15年6区14位(63位)
全日本16年1区7位(4組18位)・15年1区14位
関カレ16年5000M13位10000M19位・15年ハーフ11位
昨年の箱根予選会以降エースとして力を発揮。記録挑戦会29分7秒の自己ベスト。

稲毛悠太
箱根17年(84位)・16年(62位)・15年補欠(75位)・14年(87位)
全日本16年4区12位(2組16位)・15年4区14位(3組27位)・14年(3組24位)・13年(2組11位)
関カレ15年10000M22位・14年ハーフ14位
それぞれのレースである程度は走ってくれる選手。記録挑戦会29分15秒。

畑中大輝
箱根14年補欠
全日本15年(1組2位)・14年(1組1位)
全日本予選会1組で好走している。甲佐10マイル48分16秒、12月に29分42秒。

鈴木涼太
1年時に29分34秒を出した。12月に29分29秒の自己ベスト。長い距離はやや未知数。

市川創史
5区候補との記事があった。

3年
内田健太
箱根17年(163位)・16年(147位)
全日本15年7区11位
関カレ16年ハーフ11位
箱根予選会では2年連続失敗しているが、それ以外では結果を残している。

渡辺貴
箱根17年(116位)・15年補欠
全日本15年(2組16位)
箱根予選会まずまず、上尾ハーフ64分7秒、12月に29分43秒の自己ベスト。

國澤優志
箱根17年(102位)・16年(150位)
全日本16年8区13位・15年6区16位
ハーフ、10000Mの自己ベストは良い。上尾ハーフ64分52秒、記録挑戦会30分0秒。

磯辺翔太
箱根16年(197位)・15年補欠
全日本15年補欠
高島平61分52秒
上尾ハーフ64分48秒、12月に29分32秒の自己ベストを出している。

熊耳智貴
箱根17年(91位)
全日本16年6区6位(1組18位)
今年大きく伸びた選手で、箱根予選会・全日本と好走し記録挑戦会29分19秒の自己ベスト。

松永拓馬
29分48秒の自己ベストを出したが、上尾ハーフは65分37秒だった。

軸屋健
1年の春に29分台を出し、全日本予選会エントリーに入った。上尾ハーフ64分12秒、12月に29分36秒。

2年
江島峻太
箱根17年(139位)・16年(93位)
全日本16年(1組15位)・15年3区14位(1組31位)
関カレ15年10000M24位
11月に29分40秒で走っている。


1年
土方英和
箱根17年(79位)
全日本16年5区4位(2組13位)
入学後急成長。箱根予選会・全日本と好走し、記録挑戦会29分13秒の自己ベスト。

浦野雄平
箱根17年(114位)
関カレ16年3000SC5位
箱根予選会まずまず。11月に29分17秒の自己ベスト。



主なエントリー漏れ
松本流星(4年)…箱根予選会チーム5番手。全日本予選会最終組走ったことも。12月に30分15秒。
向慎平(3年)…都道府県5区1位。入学後は走ればある程度の結果を残すが、故障が多い印象。

予想オーダー
細森4―蜂須賀4―土方1―稲毛4―市川4
浦野1―内田3―熊耳3―國澤3―渡辺3
蜂屋・松本・曽我部が入らなかったのは意外でしたが、向以外故障でのエントリー漏れはおらずまずまずのエントリーができたと思います。1,2区は個人的には逆のほうが良いかなと思っていますが、選手のコメントを見ると1区細森、2区蜂須賀になるのではないでしょうか。細森は安定して走ってくれると思います。蜂須賀が終盤大きくペースダウンせずに登れるかどうかでしょう。3区は青木が外れたので、土方で。区間一桁十分狙えると思います。4区は「経験豊富な上級生」という情報があるものの、國澤の調子が上がっていない。「9区以外の区間構想はある程度固まっている」ということで稲毛が9区ではないかなと思い、稲毛を4区と予想しました。市川は5区の準備をしていますが、実績・経験ともにやや不足しているかなという印象。11月半ば以降レースに出ていない江島・浦野あたりを含めて5,6区走るかなと予想しました。復路は國澤の状態が上がっていれば國澤で上がっていなければ内田。あと、熊耳は走ると思い、残り1人は畑中1度くらい使ってみたいとも思いましたが、箱根予選会・上尾ハーフと長い距離安定して良い渡辺にしました。復路はある程度安定していると思うので、往路、個人的には特に4,5区がどれだけ走るかがカギになると思っています。

箱根駅伝予想(11)上武大学

4年
東森拓
箱根17年(18位)・16年1区20位(13位)・14年4区18位
全日本15年(4組27位)・12年補欠
故障が多いが、力のある選手。12月半ばに14分30秒くらいで2本はしっている。

森田清貴
箱根17年(24位)・16年5区9位(33位)・15年5区15位(61位)・14年補欠(191位)
全日本15年(2組13位)・14年6区10位
関カレ16年ハーフ5位・15年3000SC予選・14年3000SC6位・13年3000SC予選
主将。スタミナ型で安定しており、11月に29分37秒の自己ベスト。

上田隼平
箱根17年(85位)・16年8区15位(117位)・15年補欠(77位)
全日本16年(1組26位)・14年5区15位
関カレ16年ハーフ9位
2年のころからチームに貢献。箱根予選会は転倒したものの、まとめた。以降レースに出ていない。

佐藤史弥
箱根17年(141位)・16年補欠(179位)
11月に14分36秒、29分55秒の自己ベストと好調。

馬本匠
箱根16年6区20位
全日本16年(4組37位)・15年(1組30位)
関カレ15年5000M33位・14年1500M予選
箱根予選会は調子が合わずに欠場も翌週14分29秒で走った。11月は30分19秒。

3年
坂本佳太
箱根17年(49位)・16年10区20位(26位)・15年3区16位(65位)
全日本16年(4組21位)・15年(3組32位)・14年2区20位(4組33位)
関カレ15年5000M18位・14年5000M29位
箱根予選会以降5000M14分20秒前後、記録挑戦会29分8秒の自己ベストと安定。

佐藤駿也
箱根17年(62位)
箱根予選会前に30分14秒の自己ベストをだし、好走。11月は14分39秒、30分35秒。

松村修平
箱根16年補欠(188位)
関カレ14年3000SC予選
11月初めは15分台も、上尾ハーフは65分33秒と粘った。

山岸広海
箱根16年(178位)
10月に15分台も、上尾ハーフ65分36秒と粘った。

塩川香弥
全日本16年(3組35位)
関カレ15年3000SC予選
11月に14分28秒の自己ベスト、記録挑戦会は30分32秒だった。

2年
太田黒卓
箱根17年(30位)・16年(138位)
全日本16年(3組21位)
IH800M8位のスピードランナー。11月に14分16秒、29分24秒の自己ベスト。

大森樹
箱根17年(128位)
全日本16年(2組19位)
関カレ16年ハーフ16位・15年3000SC予選
今年の箱根以降伸びてきた選手。箱根予選会は少し失速したが、11月に29分49秒の自己ベスト。

淵喜輝
箱根17年(67位)
箱根予選会前に30分9秒で走り、予選会好走すると11月に30分5秒の自己ベスト。

関佑斗
箱根17年(117位)
箱根予選会前に30分32秒の自己ベストをだし、予選会健闘。11月に14分35秒の自己ベスト。

松下恭一郎
箱根17年(303位)
箱根予選会翌週の記録会は30分46秒、上尾ハーフは65分10秒だった。

1年
橋立旋
箱根17年(132位)
都大路3区33位の実績がある。予選会前に30分23秒の自己ベストも11月は30分49秒。

主なエントリー漏れ
井上弘也(3年)…1500M3分44秒で走れる。10月後半からポイント練習の復帰したらしい。

予想オーダー
太田黒2―東4―坂本3―上田4―森田4
馬本4―淵2―大森2―佐藤3―佐藤4
井上に加えて箱根経験者の志塚・河崎・田中がエントリー漏れしたものの、箱根予選会から漏れた選手はおらず、良くも悪くも箱根予選会のメンバーで挑むエントリーになりました。1区は太田黒か坂本ということですが、箱根予選会良かった太田黒が1区。チーム内では実力者ですが、もともと800Mやっていましたしスローペースのほうが嬉しいところ。東は故障さえなければ大きく順位を落とすことはないと思います。坂本は2年前経験した3区。シード権争いをするには64分前後で走ってもらう必要がありますが、どうでしょう。上田は準エース区間の4区で難しいと思いますが、終盤に登る4区を坂本はともかく太田黒が走るイメージがつきませんでした。本当は9区まで回せればいいのですが、どうしても1枚足りません。森田は前回悪い位置で受け取りながら好走ということで、区間5位は狙えると思います。4区で順位を落とした分、5区で巻き返して何とかシード権が見える位置で終えられれば。6区は監督から60分台でまとめる力はあると認められている馬本。9区は早めに入ってそのまま持った佐藤駿を置いて、あとは箱根予選会2桁だった淵と箱根予選会後に29分台を出した大森・佐藤にしてみました。往路12位くらい、総合15位くらいが限界かなという気もしますが、箱根予選会でも前評判を覆す結果だっただけに、箱根でも今までと一味違う結果を残したいところです。

箱根駅伝予想(10)法政大学

4年
足羽純実
箱根17年(12位)・16年1区20位(12位)・15年(139位)・14年補欠(5区5位)
全日本16年(4組38位)・15年(4組33位)・14年(3組2位)・13年5区5位(3組27位)
関カレ16年10000M36位・15年10000M26位・14年10000M34位・13年5000M23位
主将。力はあるがややムラがある印象。11月には14分19秒、29分15秒で走った。

坂田昌駿
箱根17年(46位)・16年7区16位(54位)・15年(100位)・14年補欠
全日本16年(3組4位)・13年補欠(OP13位)
関カレ16年5000M22位
箱根予選会は3年連続で好走している。11月は14分28秒、29分56秒で走っている。

城越洸星
箱根17年(101位)・16年10区9位(91位)
全日本15年(2組23位)
関カレ16年10000M35位
箱根予選会はあまり良くなかったが、11月に29分14秒の自己ベスト。

生澤佑樹
今年の全日本予選会にもエントリーされていた。10月に31分13秒で走って以降出ていない。

3年
細川翔太郎
箱根17年(44位)・16年5区13位
全日本15年(4組15位)・14年(1組26位)
関カレ15年ハーフ20位
2年にブレイクした選手。箱根予選会以降レースに出ていない。

鹿島隆裕
全日本16年(1組27位)
1年時に29分55秒で走っている。今年復調して上尾ハーフは64分0秒と好走。

阿部泰久
箱根17年(78位)・16年補欠
関カレ16年3000SC予選・15年3000SC予選
ハーフでは安定している選手。箱根予選会以降レースに出ていない。

2年
土井大輔
箱根17年(41位)・16年8区18位(123位)
全日本15年(2組30位)
11月に14分19秒、29分6秒の自己ベストなど夏を経て伸びてきた。

本多寛幸
箱根17年(95位)・16年9区20位(89位)
関カレ16年ハーフ32位
箱根予選会2年連続しっかり走っている。11月の記録会は30分32秒と良くなかった。

坂東悠汰
箱根17年(23位)・16年4区15位
全日本16年(4組19位)
関カレ16年5000M10位・15年1500M予選
11月に14分11秒で走ると、その後28分56秒の自己ベストを出した。

矢嶋謙悟
箱根17年(104位)
全日本16年(1組16位)
関カレ15年5000M28位
11月に14分20秒、29分16秒の自己ベストと好調。

東福龍太郎
箱根17年(60位)
全日本16年(2組24位)
今年大きく伸びた選手。11月に14分40秒、29分31秒の自己ベストと好調。

鈴木亮平
10月に29分48秒、上尾ハーフ64分58秒の自己ベストと夏を経て伸びてきた。

1年
坪井慧
関カレ16年1500M予選
今年のドラ1。10月に14分12秒、29分48秒の自己ベストと好走した。

青木涼真
全日本16年(3組22位)
関カレ16年3000SC6位
10月に29分44秒で走ると、11月末も29分50秒でまとめている。

佐藤敏也
全日本16年(2組27位)
箱根予選会もエントリーされていた。秋以降は11月半ばに14分40秒で走ったくらいか。

予想オーダー
坂東2―足羽4―矢嶋2―土井2―細川3
阿部3―東福2―青木1―坂田4―城越4
29分台を出した狩野・田上が外れるほどチームとしては上り調子ですね。1区坂東はスピードもありますし、区間一桁で走ってほしい。足羽は区間15位くらいまでは許容範囲内。ややムラがある選手なだけに、とにかくレースを壊さないで襷を渡してほしいです。3区はスピードがいる区間だと思っているので、29分14秒を出した矢嶋。箱根予選会からスタミナがついていれば64分半くらいを期待、65分前後では走ってほしいです。選手の希望に近い3区坂田4区矢嶋9区土井も考えましたが、土井を準エース区間になると思われる4区にしました。細川は今年は良くない位置でもらったこともあり微妙でしたが、距離短くなって力のある選手が減りますし区間一桁では走ってほしい。阿部も箱根予選会終わってから準備しているでしょうし、走力もありますから区間一桁を狙ってほしいです。7区と9区にはスタミナがあると思っている東福と坂田。箱根予選会良かった坂田を9区に置きましたが、記録挑戦会から坂田の状態が戻っていないなら逆もあると思います。鹿嶋、前回5区候補だった本多、アンケートに5区と回答している青木のうち誰が10人目だとしても8区が良いかなと思いました。20kmに対応できているならば全日本予選会3組で健闘して記録会含め安定している青木が良いと思います。アンカーの城越は自己ベスト出しましたし、今年以上の走りを期待したいです。全体的にはかなり厳しいという訳ではありませんが、逆に大きく武器になりそうな区間も見当たらない印象。シード争いまでは可能でしょうが、シード権を取るには複数の大学のミスが必要になってくると思います。カギは当然2区。一番厳しい戦いとなる区間で、ムラのあるエース足羽がどこまで粘れるかがチームの結果に大きく繋がってくるでしょう。

箱根駅伝予想(9)大東文化大学

4年
北村一摩
箱根17年(113位)・16年10区19位(1区14位)・15年7区17位・14年補欠(160位)
全日本16年補欠(3組26位)・15年2区17位(3組4位)・14年3区10位・13年5区13位(1組18位)
関カレ16年10000M30位・15年5000M14位
トラックの方が得意な選手。11月に28分58秒の自己ベスト。上尾ハーフ64分37秒。

鵜沢駿介
箱根17年(61位)・16年6区8位
全日本16年補欠・15年5区9位・14年補欠
昨秋に伸びた選手。29分44秒の自己ベストをだし、箱根予選会好走して以降レースに出ていない。

下尾一真
箱根17年(20位)・16年3区15位
全日本16年3区8位(2組22位)・15年3区16位・13年補欠
関カレ16年10000M31位
主将。昨年12月にブレイクした。秋以降記録会では29分30秒台、ロードでも安定している。

鈴木太基
箱根17年(56位)・16年補欠
全日本16年7区4位(1組8位)
今年度安定して力を伸ばしてきている。11月に29分33秒の自己ベスト。

石橋優哉
箱根15年補欠
全日本14年補欠
10月に29分28秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分46秒と好調。

3年
原法利
箱根17年(9位)・16年9区10位(3区9位)・15年4区16位
全日本16年1区18位(4組22位)・15年1区27位(4組35位)・14年補欠(1組7位)
関カレ16年ハーフ4位・15年ハーフ33位
エース。全日本では2年連続撃沈したが、その後29分8秒の自己ベスト。

山本翔馬
箱根17年(55位)・16年補欠(補欠)・15年補欠
全日本16年6区14位(1組13位)・15年8区17位(1組12位)・14年補欠
関カレ16年ハーフ17位・15年3000SC8位・14年3000SC予選
全日本では昨年に続いて結果が残せなかったが、その後29分28秒としっかり走った。

前田将太
箱根16年(2区11位)
全日本15年補欠(1組11位)
関カレ15年5000M22位
11月に13分55秒、28分59秒の自己ベストと絶好調。20kmの実績はない。

林日高
箱根17年(70位)・16年5区19位・15年補欠
全日本16年補欠・15年補欠
昨年の11月、12月で伸びた選手。今年も上尾ハーフで62分54秒と成長を見せた。

牧田侑大
箱根予選会にエントリーされていた。10月に29分52秒の自己ベスト。上尾ハーフは64分37秒だった。

2年
新井康平
箱根17年(68位)・16年1区19位(補欠)
全日本16年5区20位
関カレ15年1500M予選
今年の箱根64分11秒と粘った。全日本撃沈、その翌週の記録会は14分29秒だった。

中神文弘
箱根16年4区19位
上尾ハーフ63分31秒と好走。10000Mは2回とも30分少しだった。

谷川貴俊
箱根17年(32位)・16年補欠
全日本16年8区11位(2組5位)
関カレ16年ハーフ26位・15年5000M48位
箱根予選会好走、全日本も60分台、記録会で29分20秒の自己ベストと安定している。

斎藤諒
箱根17年(126位)・16年(補欠)
全日本16年補欠(3組16位)
関カレ16年10000M17位
今年伸びた選手。箱根予選会は良くなかったが、11月に29分9秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分52秒。

1年
奈良凌介
箱根17年(73位)
全日本16年2区16位(4組34位)
奈良監督の息子。全日本は予想外の位置でうまくいかなかったが、その後29分12秒の自己ベスト。

川澄克弥
箱根17年(39位)
全日本16年4区20位
高3でグンと伸びた選手。全日本ではやや洗礼を浴びたが、その後29分11秒の自己ベスト。

予想オーダー
前田3―原3―下尾4―谷川2―奈良1
鴇澤4―川澄1―林3―鈴木4―山本3
箱根に出走する可能性がありそうな選手は全員入り、非常に順調なエントリーができたと思います。チームにとって誰を起用するのか最大のカギになりそうなのが1区。前田や北村のようにトラック28分台の自己ベストを持つもののロード未知数であったりやや弱かったりする選手を起用するのか、下尾のように安定している選手を起用するかどうかがカギを握りそうです。いずれにせよ区間一桁はかなり厳しいと思うので、原が悪い流れに引きずられずに2区走りきれるかがポイント。ここまでで15位以内ならだいぶチャンスはあると思います。下尾・谷川は今年の箱根や全日本で悪い流れの中ある程度走れていたので、問題はないと思います。5区は前回大久保が走る予定だったので、今度は奈良かなという安直な予想。ただ、山は比較的苦手としていない大学なのである程度走ってくれると思います。6区は鴇澤がいるので安心。鴇澤より良いと判断した選手が出てくるかもしれませんが、いずれにせよ60分半以内は十分出せると思います。9区は鈴木で(4区と9区逆かもしれませんが)、期待のルーキーの川澄と上尾ハーフ62分台だった林は繋ぎ区間に入ると思います。残りの1人は北村・新井・斉藤・石橋など誰が走ってもおかしくないですが、全日本以外は結果を残せている山本と予想しました。全体的には層は厚く、復路順位は一桁が十分狙えると思います。ただ、序盤区間を乗り切れるスピードとスタミナを兼ね備えているのが原以外見当たらない点は気になります。序盤さえ乗り切れれば終盤までシード権争いできるでしょう。

箱根駅伝予想(8)拓殖大学

4年
宇田朋史
箱根17年(17位)・16年3区10位(20位)・15年8区18位・14年8区17位(91位)
全日本16年4区2位(4組17位)・15年(3組26位)・14年(2組27位)
関カレ16年10000M22位・15年ハーフ17位・14年ハーフ17位
主将。秋になって14分5秒、29分12秒の自己ベストをだし、全日本も好走した。

新井裕崇
箱根17年(64位)・15年7区20位・14年補欠(142位)
全日本16年6区9位
箱根予選会・全日本としっかり走れている。11月は30分33秒だった。

大中亮矢
箱根17年(121位)・16年6区19位・15年補欠
全日本16年7区16位
秋に14分44秒、30分19秒の自己ベスト。ただ、大舞台では結果が残せていない。

3年
西智也
箱根17年(71位)・15年4区11位
全日本16年8区7位
1年の箱根でブレイクした選手。秋になって14分26秒、29分27秒の自己ベストと好調。

苅田広野
箱根17年(54位)・16年補欠(225位)・15年補欠
全日本16年(2組26位)
関カレ16年ハーフ13位・15年ハーフ41位
箱根予選会はチーム3番手の好走。11月に29分46秒の自己ベスト。

土師悠作
箱根17年(98位)・16年補欠
全日本16年3区9位(2組23位)・15年(1組39位)
関カレ16年5000M21位
箱根予選会・全日本としっかり走れており、11月に30分6秒の自己ベスト。

脇本将
昨年の箱根予選会にエントリーされた。上尾ハーフ65分33秒も、12月に30分21秒の自己ベスト。

2年
ワークナー・デレセ
箱根17年(6位)・16年2区11位(2位)
全日本16年2区3位(4組3位)・15年(4組13位)
関カレ16年5000M5位10000M7位・15年5000M7位10000M5位

馬場祐輔
箱根17年(111位)・16年5区15位(45位)
全日本16年1区14位(3組10位)・15年(3組20位)
関カレ16年5000M19位10000M13位・15年10000M28位
夏合宿距離を踏めず、秋になって悪いなりにまとめている印象。11月は29分55秒で走った。

戸部凌佑
箱根16年7区15位(63位)
全日本16年補欠(3組20位)・15年(1組31位)
関カレ16年ハーフ18位
故障の影響で箱根予選会・全日本と走っていないが、上尾ハーフ65分12秒で復帰した。

鈴見侑大
箱根17年(162位)
全日本16年補欠
秋以降14分45秒、上尾ハーフ64分46秒、12月に30分34秒の自己ベストと伸びてきた。

今滝春彦
箱根16年補欠
上尾ハーフ65分4秒、12月に30分53秒の自己ベスト。

峠亮平
10月に30分10秒の自己ベスト、11月は30分29秒だった。

1年
赤崎曉
箱根17年(72位)
全日本16年5区11位(2組35位)
箱根予選会・全日本としっかり走れている。11月に29分55秒の自己ベスト。

藤井拓実
箱根17年(313位)
全日本16年補欠
9月に14分45秒、上尾ハーフ65分12秒、12月に30分36秒の自己ベストと好調。

中井慎吾
箱根17年(165位)
9月に14分48秒、上尾ハーフ64分35秒、12月に30分7秒の自己ベストと好調。

予想オーダー
馬場2―デレセ2ー赤崎1ー宇田4―苅田3
土師3―戸部2―中井1―西3―新井4
山本や北川が外れたものの秋以降レースに出ている主力は全員入り、順当なエントリーになったと思います。馬場はやや調子を落としていますが、全日本も含めて大崩れせずに走ってくれています。序盤からレースが動いた場合、他の選手だと力を出せないだろうと思い、1区。デレセは昨年うまくいきませんでしたが、全日本好走。チームとしても全日本のように4区まで繋ぎたいかなと思っています。経験を買って3区宇田4区西も考えましたが、拓大は比較的復路まで駒を残す印象があるので3区赤崎4区宇田。赤崎は安定していますし、65分前後では走ってくれると思います。5区は苅田にしましたが、本来の選手が走れなかった時以外はある程度ではまとめてくれているので、大崩れはしないと思います。4区までしっかり上位につければシード圏内で往路終われると思います。6区は土師など候補自体は悪くないと思うのですが、過去2年シード権を逃す最大の原因になるなどとにかく苦手としていますからね。ここしっかりと粘れるかがカギだと思います。戸部は上尾ハーフでここまで回復しているなら箱根も十分走れるだろうと思い、7区。本来区間一桁の実力はありますが、状態がそこまで良くなくても流れが悪かった前回並みでは走れるのではないでしょうか。10人目は上尾ハーフ・間近の記録会と良かった中井と予想。西は区間一桁の実力はありますし、ここまで想定したレースができていればシード権に向けて大きな役割を果たせると思います。10区は新井としましたが、戸部が外れれば7区新井で10区に大中や鈴見が起用されるでしょうか。全体的には往路・復路とも平地は思ったより走る印象があるのでシード権獲得に向けて問題ないと思うので、6区を中心に山がどれだけ走れるかがカギ。ただ、今年シード権の争いのレベルが高いので、大崩れしないだけでなく10位と1分以内くらいでまとめる必要があるかなと思います。

箱根駅伝予想(7)日本体育大学

4年
小松巧弥
箱根17年(1区1位)・16年3区8位(10位)
全日本16年2区6位・15年1区15位(2組1位)・14年補欠
関カレ16年10000M6位・13年1500M予選
エース。秋になって13分49秒、28分56秒、上尾ハーフ62分4秒と絶好調。

小野木俊
箱根17年(6区6位)・16年10区7位(79位)・15年補欠
全日本16年8区15位・15年7区6位(1組6位)・14年補欠
関カレ16年ハーフ18位・15年3000SC予選・14年3000SC予選
秋になって14分11秒、29分2秒、上尾ハーフ63分3秒、12月に29分1秒と好調。

秋山清仁
箱根16年6区1位・15年6区4位
全日本13年補欠
10月に14分17秒、上尾ハーフ63分3秒と好走し、12月には28分55秒の自己ベスト。

山本航平
箱根16年補欠(102位)・15年9区11位・14年7区13位
全日本16年補欠(2組19位)・15年補欠(4組30位)・14年7区7位・13年補欠
関カレ16年ハーフ24位・15年ハーフ31位
長い距離の方が得意な選手。上尾ハーフ63分51秒、12月に29分38秒の自己ベスト。

大手敬史
箱根17年(補欠)・15年7区16位
全日本16年補欠・14年補欠
関カレ16年1500M11位・15年1500M予選3000SC予選
11月に29分30秒の自己ベストを出すと翌週の上尾ハーフ64分13秒。12月は30分11秒だった。

3年
城越勇星
箱根16年4区8位・15年補欠
全日本16年(3組13位)・15年(1組23位)・14年補欠
関カレ16年ハーフ13位
秋以降姿を見せていなかったが、上尾ハーフ63分20秒で復帰すると12月に28分53秒の自己ベスト。

小町昌矢
箱根16年1区11位(16位)・15年5区19位
全日本16年7区1位(4組9位)・15年4区16位・14年2区16位
関カレ16年5000M23位10000M28位
10月に復帰すると、全日本区間賞、12月には28分50秒と状態は良い。

富永央
箱根17年(3区8位)・16年補欠(84位)・15年10区16位
全日本16年1区13位・15年2区11位(3組8位)・14年5区10位
関カレ16年10000M18位・15年ハーフ12位・14年10000M27位
全日本はややうまくいかなかったが、10月、12月と10000Mは29分少しで走れている。

吉田亮壱
箱根17年(5区4位)・16年8区5位(66位)・15年8区17位
全日本16年4区14位(4組31位)・15年3区11位(3組18位)・14年3区15位
関カレ16年5000M6位・15年5000M29位・14年5000M35位
秋になって14分4秒、29分6秒、上尾ハーフ63分2秒で走ると、12月も28分52秒と好走。

辻野恭哉
箱根17年(補欠)・16年補欠(83位)
全日本16年3区7位(3組7位)・15年6区11位
関カレ16年3000SC予選
秋になって13分58秒と好走。上尾ハーフ63分59秒だったが、12月に28分58秒で走った。

住田優範
14分25秒、上尾ハーフ64分43秒、12月に29分45秒の自己ベストと秋になって急成長。

2年
室伏穂高
箱根17年(4区7位)・16年5区17位(76位)
全日本16年6区11位(2組1位)・15年5区11位
秋になって14分8秒、29分14秒の自己ベスト。上尾ハーフ63分50秒、12月は29分31秒。

宮崎勇将
箱根17年(2区5位)・16年補欠
全日本16年5区19位(1組3位)
今年度成長し秋以降も13分59秒、29分11秒、上尾ハーフ63分26秒の自己ベスト。12月は29分16秒。

林田元輝
都大路1区10位。1年時は苦戦していたが、秋以降好調で上尾ハーフ64分48秒、12月29分34秒。

三原卓巳
昨年の箱根予選会エントリーに入った選手。上尾ハーフ63分55秒、12月に29分13秒の自己ベスト。

1年
中川翔太
箱根17年(補欠)
全日本16年補欠(1組38位)
11月に29分38秒、上尾ハーフ63分4秒、12月に28分59秒の自己ベスト。

予想オーダー
小町3―小松4―吉田3―富安3―辻野3
秋山4―中川1―宮崎2―小野木4―城越3
記録会・上尾ハーフと非常に良く、29分半切ってもエントリーに入れないというように非常にチームとして好調です。小町は以前はムラがありましたが、安定してきましたししっかりと走ってくれるはず。小松もここで順位を大きく上げるのは厳しいでしょうが、68分台は十分狙えるはずで順位を大きく落とさずに走ってくれると思います。吉田は逆の8区を2年連続走っているので3区と予想。富安は駅伝ではやや微妙な印象ですが、出雲・全日本と主要区間を走っており期待されていると思うので重要度がました4区と予想しました。辻野は13分台28分台を出しながらハーフ63分台ギリギリということでスピードの方があるのかなという気がしなくもないですが、実力は十分ですし2年間準備をしてきて適性もあるはずです。秋山は前回文句なしの区間賞。今年は更に走力を伸ばしてきていますし、更にタイムを縮めることも十分可能だと思います。復路の繋ぎ区間は走らせたい選手が城越・室伏・宮崎・中川と4人いるんですよね。一応、室伏が上尾ハーフも12月の記録会も最も良くなかったので敢えて外してみました。全体的には層の厚さは優勝候補と遜色ないレベルで、6区の勢いを持続できれば復路優勝も夢ではないと思います。ただ、全日本は序盤失敗してほぼ全員力を出し切れませんでしたし、エース格は6強と比べると弱いかなというのが正直な印象。序盤区間をしっかりと乗り切りたいところです。

箱根駅伝予想(6)順天堂大学

4年
西沢卓弥
箱根17年(1区8位)・16年1区12位(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本16年(1組24位)・15年7区8位・14年3区14位・13年補欠
関カレ16年10000M12位
高島平59分48秒、11月に29分8秒の自己ベストと好調。甲佐10マイルは47分49秒だった。

聞谷賢人
箱根16年9区12位(49位)・15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年4区13位(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ16年ハーフ34位・15年ハーフ7位・14年10000M19位
主将。出雲前に復帰すると11月に28分51秒の自己ベストを出した。

作田直也
箱根17年(6区7位)・16年10区2位・15年補欠(98位)
全日本14年補欠
関カレ16年ハーフ28位
15分47秒で入学し、伸びた選手。高島平60分20秒、11月に29分26秒の自己ベスト。

森湧暉
箱根17年(補欠)・16年6区14位(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本16年(3組38位)・15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ16年10000M20位・15年10000M21位
今年は結果を残せておらず、10月14分42秒、11月も30分30秒だった。

甲斐智樹
箱根16年8区13位(110位)
昨年の箱根予選会ででてきた選手。高島平61分42秒で走って以降レースに出ていないか。

3年
栃木渡
箱根17年(2区7位)・16年4区3位(55位)・15年8区15位(53位)
全日本16年(4組16位)・15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ16年ハーフ39位・15年ハーフ9位
11月に28分44秒の自己ベストを出すと、甲佐10マイルも47分19秒と順調。

花沢賢人
箱根17年(補欠)・15年補欠(105位)
全日本15年(4組10位)・14年2区14位(2組3位)
関カレ16年5000M30位・15年5000M22位10000M9位・14年5000M22位
強直性脊椎炎と折り合いをつけながら走っている。高島平60分50秒と好走。

中村陵介
箱根16年補欠(220位)
全日本15年補欠
高島平62分21秒、翌週30分22秒、11月は30分51秒と秋になってあまり良くない。

2年
塩尻和也
箱根17年(3区2位)・16年2区5位(8位)
全日本16年(4組14位)・15年2区4位(1組3位)
関カレ16年3000SC1位10000M3位
3000SCでオリンピック出場。11月に28分42秒、甲佐10マイル46分55秒と好調。

金原弘直
箱根17年(4区10位)・16年補欠(190位)
全日本16年(2組20位)・15年補欠(1組25位)
大学に入って伸びた選手。高島平61分7秒、11月に29分42秒の自己ベスト。

吉岡幸輝
全日本15年補欠
高島平63分25秒も翌週29分41秒の自己ベスト。ただ、11月は31分0秒だった。

馬場スタン恵
箱根17年(補欠)・16年補欠
全日本15年補欠
出雲記録会で14分16秒の自己ベストを出すと11月に29分48秒と調子を取り戻してきた。

山田攻
4月の日本平桜マラソンで山本修(東洋)と20秒差の好走。高島平は62分42秒も、翌週30分23秒の自己ベスト。

1年
橋本龍一
全日本16年(2組21位)
関カレ16年5000M26位
6月に29分台を出している選手。秋は10月に14分35秒で走っただけで、記録挑戦会も欠場。

野田一輝
箱根17年(5区6位)
全日本16年(1組17位)
関カレ16年3000SC8位
高島平は腹痛で63分34秒も11月の記録会で29分0秒の自己ベスト。

難波皓平
全日本16年(3組28位)
高2でIH5000M決勝に残った選手。11月に29分22秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
江口智耶(2年)…高校時実績があり、大学でもそこそこ走れている。11月の記録会では3000M×3本走った。

予想オーダー
西澤4―塩尻2―野田1―栃木3―甲斐4
橋本1―花澤3―金原2―聞谷4―作田4
山下りでレースに出ていないのかなと思っていた江口がエントリー漏れは残念ですが、主力にエントリー漏れはありません。6区候補で記録挑戦会29分台出した甲斐大が外れたのはやや意外でしたが、まずまず順当なエントリーができたと思います。甲佐10マイル栃木の方が良かったですが重要度増した4区にして、箱根・出雲とスターターを経験している西澤を1区と予想。区間上位はやや厳しいかなと思いますが、クレバーな走りで区間中位ではまとめてくれるでしょう。塩尻は67分台十分狙えると思いますし、2区終了時点で6強と競るぐらいの展開にもっていきたいところ。野田は20kmがやや未知数ですが、高校のころから駅伝できちんと走れており、10000M29分0秒まで伸ばしたので3区。やや苦手としている区間ですが、何とか64分台でカバーしたい。3区で苦戦した分4区で巻き返す意味を込めて栃木。区間5位くらいで来られると良い流れで山に持っていけると思います。5区は山田と甲斐智が準備をしていると思うので、甲斐智にしておきました。ただ、区間5位にはやや走力が足りない気もしますし、平地は1枚余っているので聞谷を持ってきても良いと個人的には思っています。甲斐大が外れたということで森の他に候補が入っているだろうと思い、試合出走が少なくアンケートに6区と回答している橋本を6区と予想。力はある程度あると思いますが、1年ですし60分台で走ってくれれば嬉しいくらいで背負いすぎず走ってほしいです。花澤は状態がよければ攻められる区間、最悪欠場して11,12番目の選手が走っても粘れる区間として7区と予想。ひとまず出走して区間一桁で走ってほしいです。10人目は金原か難波で迷いましたが、20kmでも成績を残している金原にしました。9,10区は復帰してからほぼ区間一桁と選手を残す傾向にあると思うので、聞谷と作田。2人とも区間5位以内に入っても驚かないです。全体的には5,6区さえしっかりと走れればシード権は十分取れると思います。ただ、6強にくい込むには3,7,8区あたりの力不足が気になるかなという印象です。

箱根駅伝予想(5)中央学院大学

4年
海老澤剛
箱根17年(補欠)・16年9区6位(4区9位)・15年2区11位(29位)・14年6区12位
全日本16年補欠(4組23位)・15年3区7位(4組19位)・14年3区3位
関カレ16年10000M20位・15年10000M14位
周りのレベルが高くても安定して走ってくれる選手。全日本の3日前に故障したらしい。

村上優輝
箱根17年(4区4位)・16年補欠(補欠)・15年4区15位(125位)・14年4区15位(補欠)
全日本16年8区6位(1組1位)・15年5区12位(1組5位)・14年補欠(3組11位)・13年5区16位(2組19位)
関カレ16年10000M14位・15年5000M13位・14年5000M23位
主将。9月は30分26秒だったが、出雲は区間記録を上回る走り、全日本もしっかりまとめた。

海老沢太
箱根16年7区7位・15年7区11位
全日本16年(1組9位)
関カレ16年ハーフ22位
9月に30分6秒で走ったものの、その後故障した模様。

久保田翼
箱根16年補欠・15年10区14位(149位)・14年(補欠)
全日本16年補欠・14年6区19位
関カレ16年3000SC11位
9月に29分44秒、10月に29分41秒だったが、上尾ハーフは65分半だった。

藤花尚之
箱根16年補欠・15年(162位)・14年補欠(補欠)
全日本14年補欠
秋になってから10000M30分半くらい、上尾ハーフも65分15秒とあまり結果を残せていない。

3年
大森澪
箱根17年(3区6位)・16年2区10位(1区13位)・15年補欠(91位)
全日本16年1区9位(4組30位)・15年8区5位(3組11位)・14年5区18位
関カレ16年10000M6位ハーフ2位・15年ハーフ14位
関カレではエースとして活躍した。出雲・全日本とまずまずだったが、記録挑戦会は30分23秒だった。

新井翔理
箱根17年(2区4位)・16年4区13位(5区5位)
全日本16年補欠・15年6区8位(2組22位)
関カレ15年5000M10位
9月に29分34秒で走り、出雲も好走したもののその後故障したらしい。

細谷恭平
箱根16年8区3位(補欠)
全日本16年(2組12位)・15年補欠
力はあるが非常に故障が多い選手。故障の影響で秋になってからレースに出ていない。

坂元大介
箱根17年(補欠)
関カレ16年ハーフ30位
9月は30分24秒も、上尾ハーフ64分25秒の自己ベスト。

2年
樋口陸
箱根16年6区3位
全日本16年3区6位(3組9位)・15年2区9位
関カレ16年10000M24位
故障で夏合宿は不参加だったが、10月に29分40秒で復帰し、全日本しっかり走った。

福岡海統
箱根17年(補欠)
全日本16年7区9位
9月に29分39秒、10月に29分42秒、全日本もしっかり走り、上尾ハーフ63分47秒と好調。

市山翼
箱根16年補欠
9,10月と10000Mは30分少しだったが、上尾ハーフ63分31秒と好走した。

広佳樹
箱根17年(5区7位)
全日本16年6区8位
関カレ15年3000SC予選
9月に29分38秒の自己ベストをだし、出雲・全日本としっかりまとめた。上尾ハーフは64分55秒。

1年
高砂大地
箱根17年(6区3位)
全日本16年4区3位(3組6位)
関カレ16年5000M11位
出雲・全日本だけでなく9月に29分16秒、記録挑戦会で28分54秒の自己ベストと絶好調。

横川巧
箱根17年(1区10位)
全日本16年2区8位(2組31位)
関カレ16年1500M12位5000M16位
怖いくらい積極的な走りをするが、駅伝ではしっかりまとめている。上尾ハーフも63分5秒と好走。

藤田大智
箱根17年(補欠)
全日本16年5区9位
10月に29分52秒の自己ベストで走ると、上尾ハーフも64分0秒と好走。

予想オーダー
大森3―高砂1―横川1―海老澤剛4―市山2
樋口2―藤田1―福岡2―村上4―細谷3
エントリー自体は万全ですが、海老澤兄弟・細谷・新井が一時期故障ということでどこまで状態を戻しているか当日までわからないですね。剛・新井>細谷・福岡>藤田>太>廣・坂元・久保田というように考えていて、剛・新井から1人と細谷・太から1人戻ってきていると仮定してオーダー組んでみました。1区横川2区大森4区高砂か1区大森2区高砂3区横川のどちらかでしょうが、後者にしました。昨年は大森が全日本から非常に勢いがありましたが、今年は出雲クレバーな走りを見せてくれたものの、記録挑戦会30分台とやや微妙。高砂は今非常に勢いがあるので、高砂に2区走って欲しいと思いました。横川は危なっかしいほど積極的ですが、上尾ハーフもその中で好走していますし、区間6~12位くらいで走ってくれると思います。4区は新井か海老澤剛がある程度状態を戻していると仮定してこのオーダーを組みました。区間12,3位でも良いので何とか粘ってほしい。どちらの状態も良くない時はバランスを考えると1区横川2区大森4区高砂にするしかないと思います。5区は海老澤も考えているようですが、市山でも区間中位で走れる実力はあるので、市山が良いと思います。突っ込んで後半失速する選手が少なくない印象なので、序盤だけ気をつけてはいってもらいたいです。樋口は2回目ですが、1年間順調に練習を積めた訳ではないので、58分半を目標に58分台で走ってくれれば十分です。復路の繋ぎ区間は8区≧7区>10区の順かなと思っていますが、1年生を10区は少し怖いので多少変更しました。復路は村上も含めて全員区間一桁で走っても全く驚かないです。全体的には樋口6区にすると往路1枚不足する印象なので、新井・剛がどこまで回復しているかがカギ。故障者の状態次第ではシードだけでなく6強崩しも十分狙っていけると思います。

箱根駅伝予想(4)帝京大学

4年
内田直斗
箱根17年(1区6位)・16年7区9位・15年7区10位
全日本16年2区9位(4組28位)・15年(4組11位)
関カレ16年10000M16位
10月に14分13秒、11月に29分19秒の自己ベストなど好調。

加藤勇也
箱根16年5区10位(43位)・15年補欠
全日本16年補欠(2組11位)・15年補欠(3組24位)
関カレ16年5000M32位・15年5000M24位10000M18位
主将。春先から貧血に苦しんだが、10月に14分36秒、11月に29分44秒で走っている。

島口翔太郎
箱根16年10区10位(87位)
全日本16年6区13位・15年補欠(2組7位)
全日本はあまりうまくいかず、11月は30分0秒だった。

瀬戸口文弥
箱根17年(補欠)・16年4区13位(77位)・14年補欠(補欠)
全日本16年(1組29位)・15年6区15位
関カレ14年3000SC7位・13年3000SC予選
上尾64分56秒、その後の記録会で29分58秒。大舞台ではやや物足りない印象。

宇佐美聖也
箱根17年(4区8位)
全日本16年5区6位(3組5位)・15年(1組13位)
3年春に大きく伸びた選手。10月に14分13秒、11月に29分36秒の自己ベストと好調。

3年
佐藤諒太
箱根17年(6区12位)
全日本16年7区2位
2年時から少しずつ結果が残せていたが、全日本で好走。以降レースに出ていない。

2年
畦上和弥
箱根17年(3区11位)・16年3区11位(52位)
全日本16年4区9位(3組14位)・15年4区12位(1組10位)
関カレ16年ハーフ7位・15年5000M35位
10月に14分11秒、11月に29分26秒の自己ベストも出雲・全日本と微妙だった。

竹下凱
箱根16年補欠
全日本16年1区12位(4組5位)・15年3区12位
関カレ16年10000M9位
9月初めに疲労骨折も全日本で復活。11月に29分26秒で走っている。

横井裕仁
箱根16年補欠
関カレ15年3000SC予選
上尾ハーフ63分47秒、2年連続アンケートには6区と回答している。

濱川駿
箱根17年(補欠)
全日本16年補欠・15年補欠
出雲記録会で14分11秒まで自己ベストを伸ばしたが、以降レースに出ていない。

新関友基
箱根17年(5区10位)
全日本16年補欠
関カレ16年5000M33位・15年1500M予選
10月に14分8秒の自己ベストをだし、出雲出走。11月に29分38秒の自己ベスト。

1年
岩佐壱誠
箱根17年(2区8位)
全日本16年3区13位(1組11位)
関カレ16年5000M25位
今年のドラ1。10月に14分10秒、11月に29分37秒の自己ベスト。

平田幸四郎
箱根17年(補欠)
全日本16年8区14位
出雲記録会で14分16秒の自己ベスト、高島平60分56秒、11月に29分38秒の自己ベストと好調。

島貫温太
全日本16年(2組32位)
上尾ハーフは67分台だったが、記録挑戦会は30分12秒とまずまず。

田村岳士
全日本16年補欠
関カレ16年1500M予選
10月に14分21秒、11月に29分42秒の自己ベストを出すなど好調。

吉野貴大
練習生から昇格した選手。10月に14分31秒、上尾ハーフ64分7秒と好走。

予想オーダー
竹下2―内田4―岩佐1―畦上2―佐藤3
横井2―平田1―加藤4―宇佐美4―島口4
全日本で主力の状態が悪くないという印象を感じさせましたが、そこから大きな漏れもなく順当なエントリーができたと思います。竹下・内田がエース格ですし、竹下は1区志望で箱根は初めてなので、1区2区は全日本と同じが良いと思います。3,4区は今年も往路走った畦上と出雲・全日本と序盤区間を走っている岩佐。箱根初の選手を2人並べたくないのと、4区の方がタフなので畦上を4区にしましたが、畦上が今年3区走った経験を重視して3区畦上4区岩佐もあると思います。5区は出雲・全日本に出た選手という情報もあり、全日本以降レースに出ていない佐藤と予想。区間中位が目標になるでしょうが、最近5区大崩れしない印象なのでまずまず走ってくれるのではないでしょうか。横井は走力もついてきたので60分台は視野に入っているはずです。9区は主要区間を任せられる宇佐美として、あとの繋ぎ区間平田は入るとして残り2人誰が走ってもおかしくないですね。加藤が山登りのリザーブも兼ねて8区と予想、後の1人は箱根10区経験者の島口、11月の順大記録会で最も良かった新関、ルーキーの田村や吉野から選ばれるでしょうか。各選手がある程度まとめてシード権前後で戦うような大会になると思います。個人的に強いて注目するなら岩佐。全日本はやや苦戦しましたが、そこから距離が伸びる中でどれだけ粘れるかに注目しています。

箱根駅伝予想(3)明治大学

4年
江頭賢太郎
箱根17年(21位)・16年4区6位(2区6位)・15年10区10位
全日本16年2区14位・15年4区8位
関カレ16年10000M34位・15年10000M18位
11月は29分48秒。記録会ではそこまで目立った成績は残せないが、ロードでは安定している。

吉田楓
箱根17年(74位)・16年8区8位(補欠)・14年補欠
全日本16年補欠・15年7区4位・14年補欠・13年補欠
関カレ16年10000M32位・15年10000M13位
9月に30分8秒、箱根予選会もあまり良くなかったが、11月に29分14秒と調子を戻してきた。

藪下響大
箱根17年(25位)・16年5区20位(6区9位)・15年補欠
全日本16年8区8位・15年8区9位・14年補欠
関カレ16年ハーフ3位・15年ハーフ34位
今年の箱根5区で失敗した選手。9月に29分11秒、11月に28分53秒の自己ベストと好調。

射場雄太朗
箱根17年(38位)
全日本16年6区4位
主将。今年になって力をつけ、箱根予選会・全日本と好走、11月に29分12秒の自己ベスト。

3年
末次慶太
箱根17年(37位)・16年補欠(補欠)・15年7区14位
全日本16年4区11位・15年補欠
関カレ16年ハーフ23位・15年ハーフ22位
1年で箱根に出てから成長してきた選手。9月に29分30秒、11月に28分56秒の自己ベスト。

皆浦巧
箱根17年(75位)・16年補欠・15年補欠
全日本16年補欠・14年補欠
関カレ16年ハーフ36位
1年から6区の準備をしており、学生ハーフ63分台。上尾ハーフ67分27秒、11月は30分47秒と撃沈。

磯口晋平
箱根17年(47位)
全日本16年7区10位・15年補欠
9月に29分25秒の自己ベストを出すと、箱根予選会好走。11月は29分50秒だった。

2年
坂口裕之
箱根16年3区20位(補欠)
全日本15年1区7位
関カレ15年5000M9位
9月末に真性多血症が発覚。11月末から箱根に向けて練習を再開している。

田中龍太
箱根16年補欠(5区8位)
全日本15年3区15位
関カレ16年5000M27位
秋になってから絶好調で上尾ハーフ63分41秒、10000Mも29分8秒の自己ベスト。

竹山直宏
箱根17年(124位)・16年補欠(補欠)
全日本16年補欠・15年補欠
9月に29分55秒、上尾ハーフ63分57秒、その後29 分36秒の自己ベストと力をつけてきた。

角出龍哉
全日本15年補欠
上尾ハーフ65分51秒、その後30分23秒の自己ベストを出している。

東島清純
箱根17年(80位)・16年補欠
全日本16年補欠
関カレ16年3000SC7位・15年3000SC9位
1年からハーフ64分台で走っている。11月に29分33秒の自己ベストを出すなど好調。

1年
阿部弘輝
箱根17年(35位)
全日本16年1区17位
関カレ16年5000M5位
どちらかというとトラック型。入学してから好調で11月に29分3秒の自己ベストを出している。

中島大就
箱根17年(43位)
全日本16年5区3位
夏を経て状態を戻してきた選手。11月の初10000Mは29分36秒だった。

三輪軌道
箱根17年(69位)
全日本16年3区11位
関カレ16年5000M28位
9月に29分30秒、11月に29分11秒の自己ベスト。

斉藤寛明
都道府県1区15位。9月に30分44秒、11月に29分56秒の自己ベストと力をつけてきた。

予想オーダー
阿部1―江頭4―中島1―末次3―藪下4
皆浦3―三輪1―吉田4―射場4―田中2
坂口も入りひとまず主力のエントリー漏れはありませんでした。ただ、その坂口は11月末から練習再開ということで主要区間は厳しそう。全日本は出遅れたので1区が鍵になると思います。阿部と中島で1,3区と思い、スローペースの期待を込めて1区阿部3区中島と予想しました。江頭は良くも悪くもそのままの流れで走ってくれると思います。3区中島で逆襲は開始していると思います。本当は2区藪下4区江頭の方が良いかなと思いますが、藪下5区ということで4区は全日本主要区間を走った末次。ここできちんと順位を上げていけるかが大事になるでしょう。藪下は5区走るなら区間上位はほしいところです。皆浦は11月にはいってやや調子を落としているのが気になりますが、他の下り候補が20kmの実力に不安あるなら走力・準備期間も考えて皆浦の方が良いと思います。復路の繋ぎ区間は豊富でしょう。山でなければ田中・吉田は有力で残りの1人を三輪・竹山などで争う感じでしょうか。9区の射場には斉田のような役割を期待しています。全体的には層は厚く坂口は無理しなくても繋ぎ区間は十分戦えると思います。ただ、エースの力は他大に比べると若干落ちるため序盤区間いかに流れに乗れるかがカギ。個人的には1,4区どちらか好走できればシード権獲得できそうですが、両方厳しいとシード権は難しいのではないかなと思っています。

箱根駅伝予想(2)神奈川大学

4年
中平英志
箱根16年7区8位(38位)
昨年の箱根予選会でブレイク。貧血から復調し、11月に29分21秒の自己ベスト。

東瑞基
箱根17年(65位)・15年補欠(44位)・14年6区20位(77位)
全日本14年8区13位(2組22位)
長い故障から今年復帰した主将。11月に29分3秒の自己ベストを出すなど好調。

中神恒也
箱根17年(57位)・15年10区11位(157位)・14年補欠(134位)
全日本16年(1組3位)・14年補欠
長い故障から今年復帰した選手。箱根予選会は好走も個人の目標には届かなかったらしい。

朝倉健太
箱根16年補欠(234位)
全日本15年補欠
2年冬に伸びた選手。10月に29分49秒の自己ベスト、上尾ハーフも64分42秒と悪くなかった。

3年
鈴木健吾
箱根17年(3位)・16年2区14位(9位)・15年6区19位(33位)
全日本16年(4組4位)・15年1区8位(4組5位)・14年3区9位
関カレ16年10000M3位・15年10000M11位・14年5000M32位
エース。関カレ・全日本予選会・箱根予選会と全て素晴らしい成績を残している。

大野日暉
箱根17年(96位)・16年9区13位(40位)・15年8区9位(101位)
全日本16年(3組17位)・15年補欠・14年補欠
関カレ16年ハーフ10位・15年ハーフDNF
箱根予選会は状態を落としていて結果が良くなかった。箱根予選会以降レースに出ていない。

大川一成
箱根17年(138位)・16年10区8位(104位)・15年3区18位(68位)
全日本16年(3組12位)・15年補欠(2組9位)・14年5区8位(1組18位)
関カレ16年10000M28位・15年5000M26位
箱根予選会は状態を落として結果が良くなかったものの、29分15秒の自己ベスト。

鈴木祐希
箱根17年(53位)・16年6区15位(35位)
全日本16年(2組3位)
関カレ15年3000SC予選
昨年の箱根予選会でブレイクした選手。11月に28分52秒の自己ベスト。

西田秀人
箱根17年(203位)・16年補欠
2年秋に伸びた選手。箱根予選会は撃沈したものの、11月に29分30秒の自己ベスト。

大塚倭
箱根15年補欠
1年時に29分22秒で走っている。10月に29分51秒で走ると、上尾ハーフ63分12秒と好走。

2年
山藤篤司
箱根17年(10位)・16年3区12位(120位)
全日本16年(4組DNF)・15年2区14位(3組5位)
関カレ16年10000M12位・15年5000M16位
レース中頑張りすぎてしまうこともあるが、ロードにも対応してきた。11月に28分29秒の自己ベスト。

佐久間勇起
箱根17年(151位)
全日本16年(1組35位)
全日本予選会・箱根予選会と結果が残せていないが、記録挑戦会で29分32秒の自己ベスト。

阿比留和弘
10月に30分5秒、上尾ハーフ64分30秒の自己ベストと好調。

1年
越川堅太
箱根17年(63位)
全日本16年(2組17位)
関カレ16年5000M41位
入学後から好調で、箱根予選会も好走、11月に29分20秒の自己ベスト。

安藤駿
箱根17年(140位)
関カレ16年1500M予選
都道府県1区18位。箱根予選会は微妙だったが、11月に29分52秒で走っている。

宗直輝
都大路4区1位。10月に29分41秒、11月に29分16秒の自己ベスト。

予想オーダー
山藤2―鈴木健3―越川1―東4―大野3
鈴木祐3―中平4―大塚3―大川3―中神4
主力に大きなエントリー漏れがなく、記録挑戦会で29分半切った多和田が外れてもそこまで違和感ないほど良いチーム状況だと思います。山藤は全日本予選会途中棄権した時はもう厳しいかなと思いましたが、ロードにも対応し10000Mも大幅に自己ベスト。他に1区走れそうな選手もいませんし、しっかりと走ってくれると思います。鈴木健は6強のエースともある程度対抗できる選手。この2区間で10位以内にいなければシードは無理でしょう。3区は過去2年1年生が出走していることもあり、越川でしょうか。実力に不安がない訳ではないですが、4区距離延長の影響で若干レベルが落ちるはず。箱根予選会など安定して結果が残せていますし、しっかりと粘ってくれると思います。東は故障で駅伝にはしばらく出ていないのでどういう結果になるかちょっと予想がつかない。いずれにせよ3,4区しっかりと粘れるかが最大のカギでしょう。大野は1年時8区終盤の登り快走、5区でも区間一桁十分狙えると思います。
復路も序盤攻めたいオーダー。6区はここ3年箱根予選会好走した選手を使っているものの結果が残せていない区間。他に適性に特化した選手がいれば鈴木祐を3区に回せるのですが、復路のスタート区間ですし鈴木祐で良い流れを作ってくれるはずです。中平は厳しい展開でもしっかりと走ってくれる選手。上尾ハーフ好走した大塚を含めてここまででシード圏内に入っておきたいところ。大川は箱根予選会2年連続結果を残せていないのがやや気になりますが、実力はあります。中神は10区の中で実力がある方になるでしょうし、9,10区トータルで見たらしっかりと順位をキープして大手町まで運んでくれるのではないでしょうか。昨年は1人足りないかなという印象でしたが、今年は10人まできちっと揃えている印象。安藤など11人目からも悪くないですが、中平7区固定で考えた時往路で故障者が出ると少し辛くなると思います。例年シードをとってもおかしくない戦力ながらシード争いできていないですが、今年こそシード権取りたいところです。

箱根駅伝予想(1)日本大学

4年
石川颯真
箱根17年(7位)・16年2区9位(19位)・15年2区19位・14年4区12位(157位)
全日本16年1区4位(4組12位)・15年4区6位(3組2位)・14年(3組4位)・13年3区11位
関カレ16年5000M13位・15年5000M17位・14年5000M26位10000M32位・13年5000M26位
日本人エース。八王子ロングディスタンスで28分43秒の自己ベストなど好調。

清水目大貴
箱根17年(130位)・16年4区16位
全日本16年6区12位・15年補欠
昨秋にでてきた選手。箱根予選会チーム6番手、上尾ハーフ64分21秒、間近の記録会29分55秒と安定。

山崎和痲
箱根16年補欠
全日本15年補欠
関カレ16年1500M5位・15年1500M11位・13年1500M予選
1500Mが得意なスピードランナー。世田谷ハーフ65分39秒、間近の記録会30分37秒の自己ベスト。

村田誠児
箱根17年(131位)
今夏までほとんど実績がなかった。上尾ハーフ65分5秒、間近の記録会30分7秒の自己ベストと好調。

畔柳揮
箱根17年(174位)・14年補欠
全日本16年補欠
1年のころから箱根5区走りたがっており、5区候補の1人。

3年
山崎一輝
箱根17年(76位)・16年10区14位(46位)
全日本16年8区10位・15年5区10位(1組17位)
関カレ15年ハーフ29位
スピードはないが、一人でペースを刻める選手。全日本では60分台前半としっかり走っている。

町井宏行
箱根17年(155位)・16年6区5位・15年8区16位
1年から箱根出走している。かなりムラがある印象だが、今年の箱根では6区快走した。

高野千尋
箱根17年(250位)・16年補欠(106位)・15年4区20位
全日本16年補欠・15年6区12位
関カレ15年ハーフ32位
ハーフ63分台の自己ベストを持つ。上尾ハーフ69分57秒だったが、間近の記録会30分13秒。

川口賢人
箱根17年(92位)・16年補欠(217位)
全日本16年4区8位(3組8位)
関カレ16年ハーフ30位
昨秋から着実に力をつけている選手。全日本でも難しい展開の中しっかりと走った。5区候補の1人。

2年
パトリックワンブィ
箱根17年(1位)・16年補欠
全日本16年2区4位(4組1位)・15年補欠
関カレ16年5000M1位10000M1位・15年1500M2位5000M2位
エース。箱根予選会はトップも、そこで足を痛めた影響で全日本は力を発揮できなかった。

1年
松木之衣
全日本16年7区14位
上尾ハーフ69分14秒と距離はやや不安だが、間近の記録会では積極的な走りで29分49秒の自己ベスト。

金子智哉
箱根17年(220位)
全日本16年補欠(2組28位)
実力はやや不足している印象だが、大崩れはしない選手。上尾ハーフ66分11秒、間近の記録会30分30秒。

石垣陽介
箱根17年(289位)
全日本16年補欠
上尾ハーフ65分38秒、間近の記録会29分48秒の自己ベストと力をつけてきた。

成田悠汰
箱根5区候補の1人。上尾ハーフ65分55秒も間近の記録会30分42秒とあまり良くなかった。

小坂太我
上尾ハーフ66分24秒で走ると、間近の記録会30分3秒の自己ベスト。

廣田全規
5000M15分台で入学も上尾ハーフ65分42秒、間近の記録会30分16秒の自己ベストとこの1年で伸びた。

主なエントリー漏れ
石井健登(3年)…上尾ハーフ71分7秒、間近の記録会31分38秒と調子を落としている。
岡野佑輝(3年)…三大駅伝では三回連続大撃沈している。間近の記録会は29分20秒の自己ベスト。
加藤拓海(2年)…力はあるが、やや故障が多い印象で、箱根予選会欠場して以降姿を見せていない。

予想オーダー
石川4―ワンブィ2ー松木1―川口3―畔柳4
町井3―清水目4―石垣1―山崎3―村田4
石井・加藤の出走は厳しいだろうとおもっていましたが、岡野が外れて1年生が6人入るとは思いませんでした。とはいっても、1年生の出走は2人前後で多くは上級生が走ることになると思います。石川は2区を希望しているようですが、1区出遅れると2区で力を発揮するのはなかなか難しい。石川・ワンブィとともに流れを作りたい川口が5区候補に入っているのでスピードのある1区は厳しいのではないかと思い、石川とワンブィを1,2区に並べたほうが良いと思いました。個人的には1区ワンブィにした方が万全の状態ならかき回せますし、逆に状態が良くないなら牽制してくれるのではないかと思うのでワンブィ1区の方が良いかなと思うのですが。ワンブィの起用区間とともにカギとなるのが5区。区間一桁を狙うなら川口でしょうが、そうなると3,4区を松木・清水目などでしのがなければならなくなってしまいます。畔柳に区間13位くらいを期待して4区にいれた方が良いかなと思いました。復路は7,8区に往路候補に加えて石垣・高野あたりを入れながら山崎一、村田につなぐ形になると思います。一応、石川を1区か2区としてみましたが、2区ワンブィ4区石川で乱高下させながら往路終えた方が良いかなと思ったりもしています。今年の箱根は惜しくもシードに届きませんでしたが、今年は13~15位くらいになれれば上出来ではないでしょうか。

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。