スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝区間エントリー(後半)

日本大学
荻野4―石川3―川口3―清水目3―キトニー4
町井2―石井2―岡野2―稲住4―山崎一2
木津4、荒川4、山崎和3、高野2、パトリック1、加藤1
変更予想 3→加藤、7→木津、9→荒川
順当なエントリーでしたが、木津の入れる区間を隠してきましたね。7区か9区の可能性が高いですが、場合によっては3区木津4区加藤の往路に4枚投入の可能性も否定できません。往路は3区に加藤が入るかどうかで、復路は木津の起用区間と10人目が荒川か高野どちらになるか注目(4区か8区変更して両方入れる可能性も)。往路はある程度の位置だと思いますから、好不調の波が激しい町井がどれだけねばれるかが最大のカギだと思っています。

帝京大学
横井1―高橋4―畔上1―瀬戸口3―加藤3
原4―野村4―樋口4―岩間4―島口3
阿南4、君島4、堤4、山崎4、内田3、竹下1
変更予想 1→内田、7→竹下、9→堤
君島、堤、山崎、内田、竹下と走るだろうとおもっていた選手が多く補欠に入りました。帝京は4枚変更することが少ないとも思うので、この5人の中から2人でない可能性も高いです。1区当て馬で9区も変更多いので、変更としましたが、誰が入るでしょうか。当日変更の最大の焦点は1区で内田・竹下・堤の誰が走ってもおかしくないですが、その裏として内田がどれだけ回復しているかということがあると思います。カギは鬼門の1区は勿論のこと、得意とする4区でどれだけ走れるかも大事です。

日本体育大学
小町2―奥野4―大崎2―富安2―辻野2
秋山3―勝亦4―宮崎1―周防4―小野木3
平田4、小松3、山本3、城越2、吉田2、室伏1
変更予想 3→小松、5→室伏、9→吉田
 小町が1区ですか…。向いていると思いますが、もともと5区との話もあっただけに当日小町と5区がしっかり走れるかどうかが最大のカギとなりそう。全日本ではわりと変更があったので、5区と8区の両方を変更して4人変わるかどうか、特に5区の変更があるかどうかが最大の焦点でしょう(3区は小松だと思っていますが、もしかしたら吉田もあるかもしれません)。

順天堂大学
西沢3―塩尻1―馬場1―金原1―田中4
甲斐大3―中村2―甲斐智3―聞谷3―作田3
稲田4、松枝4、森3、城西2、栃木2、江口1
変更予想 3→松枝、6→森、7→稲田
 補欠に4人も主力が入りましたね。前回の花沢の件があるので誰に直前の故障があっても大丈夫なように組んでいるようですが、1区間予定外になったといっていますし、松枝が1,2,5区の予備、稲田が3区の予備、森が復路の平地の予備としても栃木まで補欠に回る理由はないので、栃木かなと思っています(松枝だけは勘弁してほしい)。変更の焦点は個人的には4区変更があるかどうかだと思っています。カギは監督も言っているように1区西澤。スローペースになる可能性も低くないですし、何とか10~15番くらいできてくれれば2,3区でシード圏内に浮上できると思います。

神奈川大学
我那覇4―鈴木健2―山藤1―木藤4―西山4
鈴木祐2―中平3―渡辺4―朝倉3―大川2
永信4、石橋3、枝村2、秋澤2、西田2、大野2
変更予想 4→永信、9→大野、10→秋澤
 3区山藤は意外でしたが、順当なエントリーできたと思います。当初は大野が故障かなと思いましたが、9区全く経験がない選手が走る可能性は低いので、大川故障で復路不安になったため、大野を残す必要になったと予想しました。往路の当日変更の最大の焦点は大野が入るかどうかですが、神奈川大は往路は当日にあまり変更されない気がしているので、変わっても4区永信が入るかどうかといったところではないでしょうか。カギとなるのは山藤。ロードでは終盤の失速が目立つだけに格上の区間でどこまでねばれるかどうか。

拓殖大学
金森4―ワークナー1―平尾4―山本2―馬場1
大中3―戸部1―白石4―栩山4―東島4
横瀬4、宇田3、横手3、苅田2、土師2、今滝1
変更予想 3→宇田
 金森、ワークナー、東島を並べるといっていましたが、東島10区できましたか。当日変更は3区宇田は確定的だと思います。一応、過去4年生がアンカーで走ることが多いので、そこが一番の焦点でしょう。3区宇田がどこまで走れるかが最大のカギ。

法政大学
足羽3―有井4―園田2―坂東1―細川2
田中4―藤井4―岡田3―篠村3―城越3
中村4、坂田3、阿部2、増田2、土井1、本多1
変更予想 3→坂田、8→本多、9→中村
 1区足羽できましたか。食らいつくタイプで1区が向いているタイプなので良いと思います。3区坂田、4区中村、9区本多も考えましたが、3,8,9区あたりの変更が多いので、この変更と予想しました。当日変更の最大の焦点は3区が坂田か中村のどちらなのかということ。最大のカギは2,3区どこまで粘れるか(特に2区有井)というところでしょう。

中央大学
町沢3―徳永4―市田3―堀尾1―小谷4
谷本3―江連2―苗村1―相馬3―蛭田2
藤井4、松原4、渥美3、新垣3、鈴木3、神崎1
変更予想 7→鈴木、10→新垣
 3区市田は走るのか走らないのか迷いましたが、往路変更せず復路に2枚変更することが多い気がするので、鈴木か松原が故障していると予想して7区10区のみ変更にしました。当日変更の焦点は3区に変更があるかどうかですし、カギも3区どこまで粘れるかだと思います。

東京国際大学
関4―スタンレイ2ー照井3―鈴木博2―濱登2
熊谷3―荒井2―貝崎3―石井3―小針4
湊4、鈴木大3、鈴木聖2、山中2、福田1、河野1
変更予想 4→鈴木大
3区照井、鈴木大の補欠はやや意外でしたが、比較的順当なオーダーだと思います。変更は往路の予備として鈴木大がいると予想。当日変更の焦点はしっかりと鈴木大が4区に入るかどうか。3区照井が最大のカギでしっかりと粘れれば4区までシード争いできると思いますが、それでも山がかなり厳しいでしょう。

上武大学
東4―田林4―石黒4―井上2―森田3
馬本3―田中1―河崎3―志塚3―松村2
山岸4、上田3、佐藤3、坂本2
変更予想 2→坂本、3→山岸、10→上田
 田林は復路走ってくれると思っていただけに判断が難しい。もともと往路は1枚変更が多い気がするので、14人エントリーなのに2枚変更しますかね。当日変更の最大の焦点は2区が変更するかどうか。1区はある程度の位置で来てくれると思うので、2区がしっかりと粘れれば、往路は良い戦いができると思います。

関東学生連合
山口4―丸山3―武藤4―村瀬4―工藤3
吉村4―平賀3―松井4―柴田3―細森3
岡田4、酒井4、古川4、吉成4、桜庭2、近藤1
変更予想 なし
スポンサーサイト

箱根駅伝区間エントリー(前半)

青山学院大学
村井3―一色3―秋山3―山村4―神野4
小野田1―小椋4―池田3―中村2―茂木3
久保田4、渡邉利4、渡邉心4、橋本4、下田2、田村2
 変更予想 1→久保田、3→下田、10→渡辺利
例年基本ベースは3枚変更なので(前回は前日に4区変更が決まっている)、一人故障がいて4区そのままと予想。田村にしたのに深い意味はないです。また、ここ3年山の変更はないので神野は出走すると予想しました(とはいっても例年と違って一番の焦点なので確信はありませんが)。村井は確実に当て馬なので、久保田が1区なのか3区なのかが当日変更の最大の焦点。前回予想外に渡辺利が走ったのですが、まさか秋山は走りませんよね…。カギとなるのはやはり久保田以外の1,3区の走りと5区どれくらいで走るかどうかでしょう。

駒澤大学
其田4―工藤2―中谷3―伊勢1―紺野2
宮下4―西山3―井上4―二岡4―高月4
馬場4、小山4、大塚3、中村3、高本2、下1
変更予想 5→大塚、8→下、9→馬場
 往路1枚までの変更が多いので、伊勢をそのままと予想。上尾ハーフ良かった5人を起用してくるかなと。山を隠してきましたが、個人的には大塚だと思っているのでそう予想しました。カギとなるのは其田が先頭からどれくらいでねばれるかどうかでしょう。

東洋大学
堀2―服部勇4―野村2―小笹1―五郎谷4
口町3―櫻岡3―湯田4―高橋4―渡邉一4
上村4、寺内4、長谷川4、服部弾3、橋本3、山本1
変更予想 3服部弾、8寺内、10上村
一番驚いたのがこの大学。1,3,7,9区全てが全日本優勝メンバーで一瞬5区かもしれないとまで思いましたし、口町6区櫻岡7区など驚きの連続。過去3大会3区を変更しているため、服部弾が3区と予想(1区か3区らしいですね)。当日変更の最大の焦点は服部弾ですが、服部弾が1区にきた場合3区に上村が変更で入るかどうかにも注目。カギは1区で、堀の場合どれだけねばれるか、服部弾の場合どれだけ離せるかどうか。

明治大学
末次2―木村4―坂口1―竹山1―藪下3
皆浦2―牟田4―吉田3―斎田4―山田2
横手4、小川4、江頭3、森2、田中1、東島1
変更予想 1→横手、4→江頭
 坂口1区だと思ったら3区に起用されて来ましたね。作戦ならば1区横手を置いて木村までに流れを作る作戦ですが、横手の状態が上がらず4区や外れる可能性もありうると思います。いずれにせよ、1区4区に横手、江頭、田中あたりが起用されると思います。当日変更の最大の焦点は横手の区間。1区横手以外の場合はその選手の走りがカギになるでしょう。

早稲田大学
中村4―高田4―武田3―永山1―安井2
三浦4―前野4―石田2―三井4―藤原2
柳4、柄本3、平3、井戸3、佐藤3、光延2、
変更予想 7→光延、8→井戸、9→柳
 万全のオーダーが組めたと思います。変更は復路の7,8,9区くらいではないでしょうか。井戸・柳以外のもう1人が平・佐藤・光延の誰になるのか注目。1区が最大のカギでもしハイペースになった場合中村がついていけるかどうか。 

東海大学
湊谷1―春日2―廣田3―石橋3―宮上4
國行2―川端2―林3―湯澤1―足立1
白吉4、高木4、金子4、富田4、安藤3、阿部2
変更予想 7→白吉、9→高木、10→金子
 川端が7区。八王子ロングディスタンスで外れていましたし、不安しかないですね。変更は万全ならば9区高木10区白吉ですが、箱根前に故障者多いですし、7区に白吉が入って、10区富田、金子、そのままのいずれかになる可能性も高そうです。春日・廣田といった自己ベスト良い選手が2,3区どこまで凌げるかが最大のカギ。

城西大学
西岡4―菊地3―高橋3―酒井2―中舎2
佐藤3―大石1―廣瀬3―菅2―舟生4
辻井4、山本雄4、松村3、山本竜2、大久保2、長沼1
変更予想 2→松村、8→辻井
 往路に主力を固めてきたのはわかりますが、菊地が2区ですか…。このままだと松村陣が入るところがないので、本来山のはずの菊地かここ3年間当日変更となっており、故障がちの高橋がエントリーされている3区だと思います。変更の最大の焦点は松村がどこに入るか。最大のカギは松村が2区に入った場合の3区高橋の走りと未経験者が走る山でしょう。

中央学院大学
潰滝4―大森2―塩谷4―新井2―山本4
水野2―森田1―細谷2―村上3―久保田3
小川4、海老澤剛3、海老澤太3、藤花3、樋口1、市山1
変更予想 6→樋口、7→海老澤太、9→海老澤剛
 海老澤剛2区か5区だと思っていたので9区はやや意外でしたが、順当なエントリーでしょう。樋口が往路の予備をつとめて6区、海老澤剛は9区として、中央学院は変更が多いので7区海老澤太と予想しました。最大のカギは2区大森と全日本腰痛で出られなかった山本がどれだけ走れるかどうか。

山梨学院大学
佐藤3―ニャイロ4―伊藤3―田代4―前田4
秦3―市谷2―小山3―河村2―永戸1
谷原4、オムワンバ4、蔵田4、上村3、上田2、古賀2
変更予想 3→上田、8→上村、10→古賀
 ニャイロを起用してきましたね。だいたい順当なエントリーですが、上村はどこに入るのだろうかという印象。8区と10区が変更の可能性高いですが、古賀・上村・谷原あたりで誰が入ってくるかに注目。4区までは良い位置でくるでしょうから、前田がどれだけ走るかが最大のカギ。

大東文化大学
新井1―森橋4―下尾3―中神1―林2
鈴木3―谷川1―清水4―原2―山本2
大隅4、立花4、中野3、北村3、鴇沢3、大久保1
変更予想 3→北村、4→大隅、6→鴇沢、8→大久保
5区林に少し驚きましたが、前回も区間エントリーで5区に入っていたんですね。ただ、1区新井4区中神とやや不思議なエントリー。3区はおそらく北村に変更になるでしょうが、1区と4区両方変えてくるのか、それとも大隅の調子が上がっておらず1区そのままなのか。当日変更の最大の焦点は大隅が入る区間(入るかどうか含めて)。走りでは1区は勿論ですが、北村もそろそろ駅伝でも結果を残してもらいたいところ。

箱根駅伝予想(20)早稲田大学

4年
高田康暉
箱根15年2区6位・14年2区1位(2区4位)・13年補欠(2区4位)
全日本15年補欠(4組28位)・14年2区7位・13年6区3位・12年5区6位
関カレ15年5000M8位・13年ハーフ9位
長距離ブロック長。日本インカレで故障も出雲後に練習復帰。記録挑戦会29分19秒ももう少し勝負してほしかったとのこと。

柳利幸
箱根16年(2区7位)・15年9区4位・14年7区5位(1区9位)・13年8区14位(補欠)
全日本15年補欠(1組1位)・14年1区8位・13年1区15位・12年1区12位
関カレ14年10000M8位
全日本は出雲後の練習で失敗したこともあり外された。上尾ハーフは前日に37度後半の熱があったこともあり、64分3秒。

中村信一郎
箱根16年(3区7位)・15年1区11位・14年10区10位(5区8位)
全日本15年1区3位(3組22位)・14年3区15位・13年補欠
関カレ15年10000M23位ハーフ25位
全日本1区で好走、その後も調子が良いらしい。上尾ハーフも先頭を引っ張るなど積極的な走りをして63分50秒。

三浦雅裕
箱根15年6区1位・14年6区2位・13年補欠
全日本15年補欠・14年補欠・13年補欠
関カレ15年3000SC予選・14年5000M25位
山下りを得意としている選手。夏合宿で軽い故障を何回かしており、9月以降は箱根一本に絞って練習をしている。

三井泰樹
全日本15年(1組7位)・13年補欠
関カレ15年ハーフ8位
関カレハーフ入賞するなど前半戦好調だった。10月はじめに14分43秒も、10月末に30分9秒とまずまず。上尾ハーフは欠場した。

前野陽光
10月初めに30分39秒も10月末に29分57秒の自己ベスト。上尾ハーフも64分42秒と好走。

3年
武田凜太郎
箱根16年(1区6位)・15年7区5位・14年3区5位(4区5位)
全日本15年4区2位・14年補欠・13年5区4位
関カレ13年10000M25位
2年以降故障もあったが、夏以降練習を積めている。安定感があり、出雲・全日本好走、上尾ハーフも63分12秒で走った。

井戸浩貴
箱根16年(6区10位)・15年3区8位・14年8区9位
全日本15年6区3位(4組8位)・14年6区3位・13年7区3位
関カレ15年ハーフ2位・14年ハーフ7位
前半戦関カレハーフ日本人トップ。出雲は珍しく失敗したものの、全日本区間3位、上尾ハーフ63分12秒としっかり走った。

平和真
箱根16年(4区3位)・15年4区9位・14年4区2位(補欠)
全日本15年2区6位・13年3区7位
関カレ14年10000M16位・13年5000M34位
次期主将でスピード型の選手。全日本後に少し休んでから調子は上がっていないが練習はこなせているらしい。

佐藤淳
箱根16年(5区5位)・15年補欠・14年(補欠)
全日本15年8区7位・14年7区12位・13年補欠
関カレ14年ハーフ20位
夏に伸びた選手。出雲・全日本とまずまず走っている。12月初めは少し足に不安があるものの、練習には影響ないらしい。

柄本勲明
箱根15年補欠
高校時代15分台も昨年29分台。10月初めに14分45秒も、10月末に30分8秒。上尾ハーフで64分8秒と素晴らしい走り。

2年
安井雄一
箱根16年(補欠)・15年8区7位
全日本15年補欠(3組7位)・14年補欠
関カレ15年10000M15位・14年1500M予選
重要な舞台で安定している。出雲後に状態を崩していたものの、今は故障もなく順調に練習を詰めている模様。5区候補。

光延誠
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年5区4位(2組11位)・14年5区11位
関カレ14年5000M12位
昨年の日本インカレ5000Mで入賞した選手。全日本好走。上尾ハーフ63分53秒も、そこから調子は上がってきているらしい。

藤原滋記
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年3区6位
高校時代実績のある選手。夏合宿で大きく伸びて、それ以降も練習を積めており、全日本まずまず上尾ハーフ63分23秒と好走。

石田康幸
全日本15年補欠・14年補欠
10月に29分47秒の自己ベスト。全日本まで好調でその後少し調子を落としたが、それでも上尾ハーフ64分44秒としっかり走った。

1年
永山博基
箱根16年(補欠)
全日本15年7区2位(2組4位)
関カレ15年5000M10位
前半戦ルーキーで最も勢いがあった。全日本は好走も、その後に体調崩し、上尾ハーフ少し無理に出るも65分44秒。

予想オーダー
中村4ー高田4ー武田3ー光延2ー安井2
三浦4ー井戸3ー佐藤3ー柳4ー藤原2
大きなエントリー漏れはありませんでしたが、12月10日時点ではまだ集中練習は終わっていませんし、例年そこで故障者を出すのでできる限り注意したいところ。1区は全日本好走した中村で決定的でしょう。秋以降安定しており、区間5位以内で走って三強を逃がさないでほしいです。高田は出雲・全日本と故障で欠場しましたが、前回も出雲欠場していましたし、記録挑戦会悪くなかったので2区。万全ならば68分を目安にしてほしいですが、2,3区が厳しいなら2区武田3区井戸とかになるでしょうか。3区は前回井戸が走りましたが、3年で一番強いのは武田と思っているので武田。63分台はノルマ、できれば63分前後までいくとそこまで大きく離されることはないと思います。4区は経験者の平も考えましたが、調子を少し落としているようですし、調子悪くない光延が4区希望しているので光延が良いと思いました。55分台が一つの目安ですが、口町・田村など強い選手を起用してくる可能性も十分あるので、頑張ってほしいです。5区は早稲田スポーツでも情報が出ている安井で、何かあれば佐藤が入るといった感じでしょうか。81分台前半で走れば青学・東洋から差を大きく広げられることはないと思います。三浦は山下りだけは本当に信用しています。秋以降レースに出ていませんが、9月以降箱根一本で絞っているようですし、58分半前後できてくれるはず。この時点で三強に離されていると厳しいでしょう。10人目が平なら7区平8区井戸、10人目が佐藤なら7区井戸8区佐藤と予想。井戸は7区なら63分台、8区なら64分台はノルマ。平や佐藤も区間5位以内では走ってほしいです。柳は区間新は厳しいと思いますが、調子が良いようですし、上尾ハーフ前日が熱でもある程度走っているので69分前半は期待しています。アンカーは一瞬佐藤も思い浮かびましたが、藤原と予想。ここ数年アンカーは期待通りの走りができていないだけに、しっかりと最終順位に繋がる走りをしてほしいです。全体的には流れを大きく変えられるエースがいないだけに序盤でいかに三強に遅れをとらないかが大事。そうすれば、全日本より距離が長いので層の厚さが活かせると思います。

箱根駅伝予想(19)東洋大学

4年
五郎谷俊
箱根15年5区11位
前回の箱根でアクシデントがあったのが悔しく留年した選手。9月末に30分23秒組トップ以降レースに出ていない。

服部勇馬
箱根16年(2区3位)・15年2区1位・14年7区1位(5区1位)・13年9区3位(3区2位)
全日本15年1区1位・14年2区1位・13年2区4位・12年8区6位
関カレ15年5000M4位・14年5000M7位10000M6位・13年10000M10位・12年5000M11位
エースで、長い距離の方がより強い。故障で出雲直前に練習再開したが、全日本からは調子も上がってきているらしい。

上村和生
箱根15年3区6位・14年9区3位・13年(補欠)
全日本15年9区4位
13分台、28分台、62分台をもつ選手。夏に自己ベストを更新して以降レースに出ていなかったが、全日本しっかりと走った。

寺内將人
箱根16年(補欠)・15年9区9位・14年補欠
全日本15年補欠・13年補欠
関カレ15年ハーフ5位
長い距離を得意とする選手。10月末の記録会は29分25秒と好走。11月初めに5000M2本走り、どちらも14分20秒くらい。

高橋尚弥
箱根16年(1区12位)・15年6区8位
全日本15年5区2位
関カレ15年ハーフ3位
学生ハーフ62分半からそのまま13分59秒、29分7秒の自己ベスト。出雲失速したが、全日本は区間歴代5位の走り。

渡邊一磨
箱根15年補欠
全日本14年5区5位
関カレ15年3000SC2位・13年3000SC11位
昨年出雲出走予定、全日本走った選手。10月末に14分22秒。11月はじめには5000M2本とも14分25秒前後で走った。

長谷川直輝
箱根15年補欠
3年時の上尾・学生ハーフで63分台を出している選手。今年度はレースに出ていなかったが、間近のハーフでペース走をした。

湯田晟旭
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選
10月末は14分50秒かかったものの、大学1年以来の上尾ハーフでは64分16秒と何とか粘った。

3年
服部弾馬
箱根16年(3区2位)・15年7区3位・14年7区1位(2区6位)
全日本15年2区1位・14年1区10位・13年補欠
関カレ15年1500M6位・14年5000M8位10000M11位・13年1500M6位5000M25位
夏に覚醒した選手。日本インカレ5000M優勝、全日本は区間歴代3位の好走。

櫻岡駿
箱根16年(6区4位)・15年4区4位
全日本15年4区5位・14年3区6位
昨年度上尾ハーフ62分台。全日本は追いつかれたものの粘った。間近のハーフでペース走をしている。

橋本澪
箱根15年補欠
関カレ15年5000M24位
前半戦に大きく記録を伸ばす選手。9月末に29分42秒で走って以降レースに出ていない。

口町亮
箱根16年(4区1位)・14年(補欠)
全日本15年3区1位
関カレ15年5000M12位
今年度一気に伸びた選手。出雲・全日本区間賞で、全日本ではMVP。上尾ハーフは序盤引っ張る積極的な走りで63分29秒。

2年
堀龍彦
箱根16年(補欠)
全日本15年7区1位
関カレ15年1500M7位
1年目は故障で苦しんでいたが、今年の前半戦は1500Mで好走。長い距離不安だったが、全日本好走、間近のハーフペース走。

野村峻哉
箱根16年(5区3位)
全日本15年6区2位
関カレ15年10000M10位
春先好調だった選手。出雲好走すると、全日本では素晴らしいラストスパートを見せた。

1年
小笹涼
箱根16年(補欠)
全日本15年補欠
関カレ15年10000M24位
都道府県5区2位。4月に29分12秒の自己ベストを出したが、出雲記録会14分40秒。間近のハーフペース走。

山本修二
関カレ15年10000M25位
都大路1区14位。10月末に14分1秒の自己ベスト。11月初めに5000M2本走り、2本目は14分2秒と素晴らしい走りを見せた。

主なエントリー漏れ
成瀬雅俊(3年)…1年時箱根5区も考えられていた選手。関カレ以降レースに出ていない。
小早川健(2年)…1年上尾ハーフ63分17秒で走った選手。上尾ハーフ64分43秒、記録挑戦会も30分5秒と良い結果を残せず。

予想オーダー
服部3ー服部4ー櫻岡3ー山本修1ー五郎谷4
高橋4ー口町3ー堀2ー上村4ー野村2
成瀬・竹下が外れたのはやや意外でしたが、主力のエントリー漏れはありませんでした。個人的には全日本のように1,3区を当て馬にして服部弾・櫻岡を入れてくると予想。最終的に全日本と同じく服部弾で序盤から先頭に立っていくと予想しました。服部弾は大迫のタイムが1つ目安になると思います。なかなか引き離すのは厳しいでしょうが、何とかここで45秒くらい離してほしいところ。2区は3回目の服部勇。前回は少しピーキングがずれたということで、66分台出して欲しい。そうすれば、前回の一色はできすぎた感もあるのでここでも45秒くらいリードを奪えるはず。そして、櫻岡に全日本と同じような役割を期待する。63分前半では走れる力はあると思いますし、63分少しで走って抜かれてしまったらそれは仕方ないです。4区は口町も考えましたが、「往路を終えて2分以内なら今回は終える」と監督が言っていることと、東洋は4区にあまり主力選手を置くことは少ない気がするので山本修。55分(前後)が1つの目安。もし引き離されてもズルズルは行かないでほしいです。5区は成瀬も外れましたし五郎谷と予想。81分前半では少なくとも走ってほしいですし、万全でない神野やそれ以外の選手にはここで引き離されてほしくないです。高橋を平地にして橋本という選択肢もあるかもしれませんが、平地はある程度の選手がいるので、6区。58分台を出してここでできれば並んでほしいところ。そして、7区にジョーカーの口町。小椋との争いになるでしょうが、何とか終盤抜け出してほしい。出雲は集団から終盤抜け出しましたし、不可能ではないはずです。7区終了時点でリードに立てれば、全日本6,7,8区を務めた3人が残っているのでだいぶ優勝が近づくと思います。9区上村は前回走った時のタイムを越えてほしいですし、全日本でラストスパートすごかった野村をアンカーに残すか、それとも全日本と似たような順番で8区野村9区上村10区堀にするかは適性との相談だと思います。全日本で好走した選手のハーフ実績がないので、4,7区の駒が一枚足りないような気がしますが、どちらに口町を持ってくるか。神野が万全だと厳しいでしょうし、神野が万全でなくても決して楽な戦いにはならないと思いますが、全日本厳しいと思っていた中優勝しただけにぜひとも期待したいです。個人としては、服部弾・口町の起用区間と走りに注目。

箱根駅伝予想(18)青山学院大学

4年
神野大地
箱根15年5区1位・14年2区6位(6区4位)
全日本(予選会) 15年8区8位・14年8区3位・13年2区6位(3組4位)
関カレ14年10000M7位ハーフ1位・13年10000M14位
言わずと知れた新・山の神。主将。全日本後に左すねを痛め、19日は別メニューで練習していた。

久保田和真
箱根16年(3区1位)・15年1区2位・14年(補欠)・13年3区4位(3区1位)
全日本(予選会) 15年4区1位・14年2区3位・13年補欠(3組5位)
関カレ13年1500M7位5000M7位
神野と並び4年の軸となっている選手。駅伝では無類の強さを発揮する。記録挑戦会28分24秒の自己ベスト。

小椋裕介
箱根16年(1区2位)・15年7区1位・14年7区2位(1区4位)・13年7区14位(1区7位)
全日本(予選会) 15年2区5位・14年4区8位・13年4区7位(2組6位)・12年(1組10位)
関カレ15年5000M9位
四天王の1人。ユニバーシアードハーフマラソン優勝。世田谷ハーフ65分59秒とペース走をこなし、記録挑戦会は29分13秒。

渡辺利典
箱根16年(補欠)・15年3区5位
全日本15年補欠
箱根でいきなり3区に選ばれ好走した。世田谷ハーフ63分54秒、記録挑戦会28分35秒の自己ベストと好調。

山村隼
箱根16年(5区2位)・15年補欠・14年4区7位・13年補欠(補欠)
全日本(予選会)15年補欠・ 13年7区10位(OP3位)
関カレ15年3000SC3位・14年3000SC1位・13年3000SC予選・12年3000SC3位
前回4区を最後まで争った選手。世田谷ハーフ65分29秒も、記録挑戦会は29分25秒と悪くなかった。

橋本峻
箱根14年補欠・13年補欠(補欠)
全日本(予選会) 15年7区3位・13年6区5位(1組5位)・12年(2組22位)
今年度は好調を維持しており、世田谷ハーフ72分59秒のペース走、記録挑戦会29分11秒と悪くない。山の準備をしている。

渡辺心
箱根16年(補欠)・15年補欠・13年補欠
全日本(予選会) 15年6区4位・14年7区8位・13年補欠
日本インカレは28分57秒の自己ベストで7位。全日本は微妙も、世田谷ハーフ64分29秒、記録挑戦会28分37秒の自己ベスト。

3年
村井駿
箱根15年6区2位・14年6区18位
4年目の選手。自己ベストは目立っていないが、山下りに特化している。秋以降レースに出ていない。

一色恭志
箱根16年(6区2位)・15年2区3位・14年1区6位(3区7位)
全日本(予選会) 15年1区2位・14年1区6位・13年1区6位(2組1位)
関カレ15年5000M3位・14年ハーフ2位・13年5000M15位
ユニバーシアードハーフマラソン2位、出雲・全日本としっかり走っており、記録挑戦会も28分35秒。

秋山雄飛
箱根15年補欠
全日本(予選会) 14年3区6位
関カレ14年5000M5位
1年高島平で好走。2,3年と前半戦は結果を残している。世田谷ハーフ64分0秒も、記録挑戦会29分53秒と上手くいかず。

池田生成
関カレ15年ハーフ1位
関カレハーフで優勝した選手。10月に14分16秒の自己ベスト、世田谷ハーフ64分8秒、記録挑戦会28分51秒の自己ベスト。

茂木亮太
全日本(予選会) 13年5区12位
関カレ15年1500M2位
関カレ1500M2位、5000Mも14分30秒を安定して切っていた。世田谷ハーフ64分49秒、記録挑戦会29分00秒の自己ベスト。

2年
中村祐紀
箱根16年(2区4位)・15年補欠
全日本15年補欠・14年補欠
関カレ15年10000M6位・14年1500M5位
1年で唯一三大駅伝全てのエントリーに入った。世田谷ハーフ63分28秒、記録挑戦会28分34秒の自己ベストと全日本後も絶好調。

田村和希
箱根15年4区1位
全日本15年3区2位・14年補欠
関カレ15年10000M31位
箱根4区区間記録保持者。全日本は区間記録に迫った。世田谷ハーフ72分59秒のペース走、記録挑戦会28分46秒の自己ベスト。

下田裕太
箱根16年(4区6位)・15年補欠
全日本15年5区1位
関カレ15年ハーフ4位
1年で29分11秒、62分22秒を出している選手。全日本区間歴代2位、記録挑戦会28分33秒の自己ベスト。

1年
小野田勇次
都大路4区16位。7月に14分15秒83と自己ベスト付近で走った。秋以降レースに出ていない。山下り候補の模様。

主なエントリー漏れ
伊藤弘毅(4年)…前半戦5000Mで最も伸びた選手。世田谷ハーフ68分17秒でそれ以降レースに出ていない。
安藤悠哉(3年)…昨夏を経て急激に伸びた。出雲前に故障したが世田谷ハーフ65分59秒のペース走、記録挑戦会29分31秒。

予想オーダー
中村2ー一色3ー久保田4ー田村2ー橋本4
村井3ー小椋4ー池田3ー下田2ー渡邉利4
伊藤・安藤が外れましたが、11月になってから結果が残せていませんでしたし、順当でしょうか。1区中村3区久保田9区下田にするか1区久保田3区下田9区中村にするか非常に迷いましたが、前者と予想。前回は神野まである程度の位置でつなげば良かったのですが、今回は5区で稼ぐことができず平地でリードしたいこと。また、1区中村でもし少し出遅れたとしても一色・久保田・田村と速いだけでなく、強い選手なので巻き返すことができるとみてこうしました。中村は先頭と30秒以内が1つの目安だと思いますが、ラスト勝負になれば区間賞も期待したいです。一色は強いですが、前回は条件が良すぎたこともあり、67分半を目標に走ってほしいです。そして、中盤区間が最も得意な久保田を3区。個人的には万全ならば61分台も視野に入ると思っていますが、どれくらい走ってくれるでしょうか。田村は主要区間も考えましたが、記録挑戦会他の選手がもっと良かったので4区。4区なら53分台を狙うとのことですが、今年の充実ぶりを考えれば可能性があるかないかぐらいの目標だと思うので、終盤の急失速だけには気をつけて狙ってもらいたいですね。5区は神野でなければ橋本が準備しているかなと予想。意外と繋ぎの5区が成功することは少ないのですが、81分台では走ってほしいです。6区は秋以降じっくりと準備している村井か小野田でしょう。村井が経験ある一方で、小野田は走力に将来性が持てそうですし、往路で優勝とほぼ同位置なら堅実に村井、誤算なら勝負をかけて小野田とかどうかなと思っています。小椋は既にトップなら区間新を狙ってほしいですし、優勝争いをしているならここで突き放してほしいです。全日本中盤失速があったものの、区間タイムは悪くなかったですし、馬場・服部弾が来なければリードできるはず。池田は前回の高橋の65分半が一つ目安になると思います。もし7区までで勝負つけられなかった場合は、9,10区に強い選手がいるので無理しないでほしいところ。9区は藤川拓の観点から見ると、全日本5区だった点から言えば下田、世田谷ハーフ好走した点から言えば中村です。全日本は竸っていた中区間歴代2位、記録挑戦会も絶好調ですし、69分前半は少なくとも出せると思います。渡邉利は前回より力をつけていますが、2年生が更に力をつけているのでアンカー。松瀬よりも前回区間順位やタイムが良いので、密かに区間新も狙えるのではと思っています。全体的には平地は他大を寄せ付けないくらい強いので、山が最大のカギでしょう。5区と久保田以外の1,3区に注目です。

箱根駅伝予想(17)明治大学

4年
横手健
箱根15年1区3位・14年5区19位(5区3位)・13年8区9位
全日本14年5区1位・13年3区6位
関カレ15年5000M6位・14年5000M6位10000M5位・13年5000M10位・12年5000M4位10000M15位
昨年度復活したWエースの1人。8月に右膝を痛めたものの、記録挑戦会29分21秒で復帰。

木村慎
箱根16年(1区4位)・15年9区2位・14年4区5位(補欠)・13年補欠(5区5位)
全日本15年2区3位・14年2区4位・13年7区1位・12年4区7位
関カレ15年10000M4位ハーフ4位・14年ハーフ14位・13年ハーフ25位
Wエースの1人。各大会で安定した結果を残しており、横手が故障の間もチームを引っ張った。

牟田祐樹
箱根16年(4区8位)・15年8区13位・14年補欠(4区11位)・13年補欠
全日本15年補欠・14年補欠・13年補欠・12年補欠
関カレ15年1500M4位5000M5位・13年5000M22位
日本インカレは14分5秒で8位などトラックは得意な反面、駅伝では全く結果が残せていない。記録挑戦会29分9秒だった。

斎田直輝
箱根16年(3区10位)
全日本15年5区3位
今年になってから急激に伸びた選手。9月末に29分34秒、記録挑戦会も体が重かったが、29分19秒の自己ベスト。

小川誉高
箱根15年補欠・14年補欠
関カレ14年ハーフ25位
2年時の学生ハーフ63分11秒。10月に半年ぶりにレースに出てくると、上尾ハーフ68分12秒も、12月6日に14分18秒。

3年
江頭賢太郎
箱根16年(2区6位)・15年10区10位
全日本15年4区8位
関カレ15年10000M18位
大学に入って堅実に力をつけてきている選手。出雲・全日本と堅実に走り、上尾ハーフも63分42秒のチームトップ。

吉田楓
箱根16年(補欠)・14年補欠
全日本15年7区4位・14年補欠・13年補欠
関カレ15年10000M13位
前半戦29分3秒の自己ベストを出し、関カレも健闘。記録挑戦会は予想以上に後半落ちたものの29分21秒だった。

藪下響大
箱根16年(6区9位)・15年補欠
全日本15年8区9位・14年補欠
関カレ15年ハーフ34位
昨夏急に出てきた選手。前半戦は自己ベスト連発。アップダウンが得意らしいが、大舞台では少し波もある印象。

2年
山田凌
箱根15年補欠・14年補欠・13年補欠
全日本15年6区7位・14年7区3位・12年補欠
大学4年目の選手。今年の箱根欠場して以降レースに出ていなかったが10月に復帰し、記録挑戦会29分16秒。

末次慶太
箱根16年(補欠)・15年7区14位
全日本15年補欠
関カレ15年ハーフ22位
今年の箱根抜擢された選手。それから力をつけてきた。秋以降レースに出ていなかったが、上尾ハーフ68分30秒で復帰。

皆浦巧
箱根15年補欠
全日本14年補欠
前回もエントリーに入った選手。9月末は31分台と撃沈、10月初め以降レースに出ていない。

森晃希
都道府県5区11位。10月に14分33秒、上尾ハーフ65分33秒、12月6日に14分21秒の自己ベストなど少しずつ伸びている。

1年
坂口裕之
箱根16年(補欠)
全日本15年1区7位
関カレ15年5000M9位
都大路1区5位など高校での実績抜群。大学でも安定して結果を残しており、記録挑戦会29分2秒の自己ベスト。

田中龍太
箱根16年(5区8位)
全日本15年3区15位
都大路3区7位など実績のある選手。前半戦から自己ベスト連発するなど好調だが、三大駅伝では力を発揮できず。

竹山直宏
箱根16年(補欠)
全日本15年補欠
都大路2区16位。大学に入って全く結果を残せていなかったが、上尾ハーフ65分20秒記録挑戦会30分36秒の自己ベスト。

東島清純
関カレ15年3000SC9位
都大路1区19位。前半戦から14分台前半などある程度結果を残しており、上尾ハーフは64分58秒と好走。

主なエントリー漏れ
江頭祐輔(4年)…29分16秒の自己ベストを持っている選手。記録挑戦会29分38秒も間近の記録会欠場した。

予想オーダー
坂口1ー木村4ー江頭3ー斎田4ー藪下3
皆浦2ー牟田4ー山田2ー横手4ー吉田3
故障明けの選手もいるものの、エントリーから外れたのは江頭祐くらいで、精一杯のエントリーはできた印象。1区は出雲1区出走予定で、全日本1区走った坂口しかいないでしょう。1年の大六野くらい期待していますが、長い距離に不安がない訳ではないですし、スローペースになるに越したことはないと思います。2区は当然木村か横手ですが、横手が復帰して間もないので木村。68分を一つ目標にして走ってもらいたいところです。当初は横手を3区と思っていたのですが、2区9区にWエースを配置するということで、三大駅伝安定して結果を残している江頭。64分が一つの目安になると思います。田中を4区にすると、斎田、山田、横手と3人が並び復路が強すぎる反面、往路に不安を抱えるので斎田と予想。松井・木村と同じく55分前半が一つの目安になると思います。藪下は山の準備をしていると思いますが、西監督が5区は自信を持っている反面、あとは6区と言っているので、藪下を5区と予想。西監督は強気なことを言っていますが、藪下は下りが得意らしいので81分(前後)を目安にして登り終えてから稼いでほしいです。大江・廣瀬と1年から準備していた選手が多いので、前回も1年生が準備していたかなと思いアンケートで6区を希望している皆浦と予想。61分前半くらいでは走ってほしいです。7区は前回7区予定だった気がする牟田。駅伝は苦手ですが力はある選手なので何とか64分台で走ってほしいです。山田は5区も考えたのですが、故障が多い選手ですし負担が大きい山ではなく8区と予想。最後の箱根ですが65分台、区間3位も十分狙えると思います。横手は往路かなと思いましたが、2区か9区と明言しているので9区と予想。復帰してからあまり時間がたっていないですが、ポテンシャルからすれば69分も目安になると思います。アンカーは全日本安定していた吉田。8,9区あたりで良い流れを作れれば昨年の江頭くらい走ってくれるのではないでしょうか。全体的には出雲後はシードも危ういのではと思っていたのですが、シード権は確実に取れそうかなという印象。ただ、全日本は他大のミスもあったので、5強に勝つのは厳しいとしても、中学・山学などには勝って6位は確保したいです。個人的には実力をつけて最初で最後の箱根に挑む山田・斎田に注目しています。田中・牟田といった10人目の選手がどれだけ走れるかがカギになりそうです。

箱根駅伝予想(16)駒澤大学

4年
馬場翔大
箱根16年(4区5位)・15年5区17位・14年5区3位
全日本15年6区1位・14年8区5位・13年6区1位
関カレ15年ハーフ3位・14年ハーフ3位・13年ハーフ6位
高校時代からロードが強い選手。夏に足首の故障もあったものの、全日本6区で歴代3位のタイムを出すなど既に状態は万全。

其田健也
箱根16年(2区2位)・15年9区3位・14年10区2位(補欠)・13年補欠
全日本15年4区4位・14年補欠・13年補欠
関カレ15年5000M21位10000M13位・14年10000M5位
主将。上尾ハーフ62分48秒で優勝。前半戦はあまり結果を残せなかったものの、秋以降安定して結果を残している。

二岡康平
箱根15年補欠・14年補欠
全日本14年補欠
関カレ14年ハーフ25位
昨秋28分台を出している選手。夏の故障で出遅れていたが、12月6日に14分13秒の自己ベストで復帰した。

井上拳太郎
全日本15年補欠・14年補欠
関カレ15年3000SC7位・14年3000SC4位
2年時に29分38秒、64分4秒で走っている選手。上尾ハーフ64分45秒など秋以降悪くはないが、そこまで目立ってもいない。

小山裕太
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年補欠・13年補欠
関カレ15年1500M予選・12年1500M11位
1500Mも走るスピードランナー。出雲前に29分29秒、14分3秒の自己ベスト。出雲記録会以降レースに出ていない。

高月智生
全日本15年補欠
高校時代都道府県5区13位の実績を持つも大学では全く目立っていなかった選手。上尾ハーフ64分00秒と一気に出てきた。

宮下紘一
関カレ15年3000SC1位・13年3000SC9位・12年3000SC10位
昨年の学生ハーフ64分台で走った選手。高島平61分25秒も優勝してそれ以降レースに出ていない。

3年
中谷圭佑
箱根16年(1区1位)・15年3区1位・14年4区1位(2区2位)
全日本15年1区4位・14年2区2位・13年5区1位
関カレ15年1500M8位5000M19位・14年10000M2位・13年5000M16位
Wエースの1人で駅伝は得意。全日本は上手くいかなかったものの、11月半ばに28分17秒の自己ベスト。

西山雄介
箱根16年(5区1位)・15年7区2位・14年7区3位(5区2位)
全日本15年3区10位・14年6区2位・13年2区9位
関カレ15年10000M7位・14年1500M予選5000M9位
1年生の頃から期待されている選手。安定していたものの、全日本でまさかの撃沈。上尾ハーフ62分52秒で2位。

大塚祥平
箱根16年(6区4位)・15年8区2位・14年8区6位(補欠)
全日本15年8区3位・14年補欠・13年補欠
関カレ15年ハーフ5位
前半戦一気に力をつけてきた選手。十和田駅伝の登り区間で好走。出雲は良くなかったが、全日本日本人トップ。

中村佳樹
高校時代14分42秒もジワリと伸びてきた選手。7月に14分24秒、10月に29分26秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分26秒。

2年
工藤有生
箱根16年(3区4位)・15年4区2位
全日本15年2区2位・14年5区2位
関カレ15年10000M2位
昨年信じられないくらい伸びたWエースの1人。全日本後に自ら頭を丸刈りにした。11月半ばに28分23秒の自己ベスト。

高本真樹
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年7区9位・14年補欠
関カレ14年5000M25位
1年時に上尾ハーフ63分半で走っている。今年度も全日本前まで良かったが、全日本撃沈すると上尾ハーフ64分35秒と微妙。

紺野凌矢
全日本15年補欠
1年秋に10000M29分39秒、学生ハーフ64分5秒で走っている選手。上尾ハーフは66分59秒と撃沈。

1年
下史典
箱根16年(補欠)
全日本15年5区8位
関カレ15年5000M27位
都大路1区1位など今年のドラ1。出雲はあまり良くなかったが、上尾ハーフは15kmまで先頭集団にいて63分50秒。

伊勢翔吾
都大路1区8位の実績がある。前半戦安定していたものの、秋は目立っていなかったが上尾ハーフ64分15秒と好走。

主なエントリー漏れ
堀合大輔(1年)…都道府県1区28位。5000Mでは14分40秒前後と微妙な結果が多かったが、上尾ハーフ64分34秒と好走。

予想オーダー
其田4ー工藤2ー中谷3ー下1ー大塚3
小山4ー西山3ー高本2ー馬場4ー高月4
上尾ハーフ重視する傾向にあるので、堀合が外れて、上尾ハーフ撃沈した紺野がエントリーされたのはやや意外でしたが、10人を争う選手はきちんと全員エントリーされています。1区は其田か中谷で迷いましたが、どちらにせよリスクがあるなら其田と予想。3位以内ならどんな展開になっても大きく問題ありませんし、ハイペースでも62分前半では走ってくれると思うので、久保田や服部弾が1区に回っても、90回の大迫のように誰かが潰れる覚悟で引っ張らなければ1分差は開かないと思います。2,3区は工藤・中谷をどちらに配置するかまよいましたが、2区工藤3区中谷と予想。工藤は出雲逆転を許した一方で、全日本難しい展開から追い上げたということで決して逃げる方が得意な訳ではないかなということと、1区とんでもなくメンバーが集まれば1区3区変更できるという点からこう予想しました。下は全日本あまりよくありませんでしたが、上尾ハーフ15kmまで先頭集団にいましたし、55分を目標に走って、中谷・工藤といったエースになれるように好走してほしいです。大八木監督が育成の年としていることや馬場が5区にそこまでこだわりをもっていないことから、大塚が5区と予想。79分前後というのは良い目標だと思っていますし、実際にその付近で走ってほしいです。6区は10月後半以降レースに出ていない小山・宮下が候補になってきますが、前回も準備していた可能性が高い小山と予想。西沢が過去2年59分20秒くらいではしっていますし、59分半を1つの目標として走ってほしい。全日本失敗したので2回経験している7区に西山。最近、9区よりも重要度がましている気がしますし、歴代5位のタイムを目標に走ってほしいです。8区上尾ハーフを重視するなら伊勢ですが、高本もそこまで悪かった訳ではないですし、堀合ではなく紺野が選ばれたということで○年ほど上尾ハーフ重視する傾向にはないのかなと思い高本。65分台では走ってほしいです。馬場は突っ込むタイプなので、気温も上がり序盤下りの9区は怖いですが、復路向きのタイプと思ったので9区。69分(前後)を目標としてリベンジしてほしいです。アンカーは万全なら二岡と予想したのですが、箱根1ヶ月前に5000Mで復帰したので上尾ハーフ良かった高月としました。全体的には往路優勝してそのまま復路もトップを守ると想像したいところですが、箱根駅伝ここ数年得意としていませんし、3位以内が現実的な目標だと思います。ただ、例年復路で順位を上げるものの、今年は選手層が他大と比べて薄いので往路での大きなミスが出ると3位も厳しいと思います。

箱根駅伝予想(15)城西大学

4年
山本雄大
箱根16年(5区11位)・15年4区18位・13年4区9位(5区12位)
全日本14年7区21位・12年(3組37位)
関カレ15年1500M12位・14年5000M30位・13年1500M予選・ 12年1500M3位
関カレ1500M日本人トップになったこともあるスピードランナー。捻挫の影響か出雲後レースに出ていなかったが、完治した模様。

西岡喬介
箱根15年6区10位(103位)・14年(236位)
全日本15年(4組25位)・14年補欠
関カレ15年1500M予選・14年1500M予選
前半戦好調で大きく伸びたものの、夏前に右ヒザを痛めたらしい。記録挑戦会29分57秒で復帰している。

舟生翔人
箱根15年補欠(129位)・14年補欠(133位)
全日本15年(2組31位)・14年補欠
関カレ15年ハーフ24位
主将。10月半ばに14分31秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分0秒、記録挑戦会30分9秒の自己ベストと調子を上げてきている。

辻井三嗣
ずっとBチームだったが、10月にAチームに昇格。上尾ハーフ64分13秒、記録挑戦会30分21秒の自己ベストと伸びている。

3年
松村陣之助
箱根16年(1区11位)・15年1区16位・14年4区15位
全日本15年(4組12位)・14年5区7位(3組16位)
関カレ15年5000M20位10000M29位・14年10000M28位・13年5000M29位
Wエースの1人。右足首を故障した影響で出雲は良くなかったが、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

菊地聡之
箱根15年5区9位(64位)・14年6区6位
全日本14年3区4位(3組13位)・13年(1組30位)
Wエースの1人。右アキレス腱を痛めていた時もあったが10月末に30分4秒で復帰、記録挑戦会29分8秒の自己ベスト。

高橋一生
箱根16年(2区11位)・15年補欠・14年補欠
全日本13年(2組37位)
関カレ13年10000M34位
ポテンシャルはあるが故障が非常に多い。11月半ばは30分54秒、記録挑戦会は30分29秒と本来の実力が発揮できていない。

佐藤穏空
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年(2組12位)
関カレ15年ハーフ38位
昨秋一気に力をつけてきた選手。上尾ハーフ69分03秒と撃沈。2年連続アンケートには6区と答えている。

廣瀬秀宣
箱根15年補欠
昨秋上尾ハーフ64分台で走った選手。今年の全日本予選会のエントリーにも入った。上尾ハーフ64分33秒。

2年
菅真大
箱根16年(6区11位)・15年9区15位(82位)
全日本15年(3組30位)・14年8区21位(2組7位)
関カレ15年ハーフ21位
1年から主要区間を任されている選手。上尾ハーフ63分59秒、記録挑戦会29分41秒の自己ベストなどじっくりと力をつけている。

酒井雅喜
箱根16年(3区13位)
全日本15年(3組29位)
関カレ15年5000M25位
学生ハーフで64分台出してから一気に伸びてきている選手。上尾ハーフ63分55秒、記録挑戦会29分19秒の自己ベスト。

中舎優也
箱根16年(4区11位)
全日本15年(1組40位)
全日本予選会前、出雲前の記録会で29分台を出している選手。上尾ハーフ63分28秒、記録挑戦会29分16秒の自己ベスト。

山本竜也
1年時も30分18秒などまずまず。10月半ばに14分25秒の自己ベスト、上尾ハーフ65分17秒、記録挑戦会29分47秒の自己ベスト。

大久保泰貴
今年の夏まで目立っていなかった。9月末に30分48秒の自己ベスト、上尾ハーフ65分32秒、記録挑戦会30分52秒。

1年
長沼大智
箱根16年(補欠)
関カレ15年5000M27位
都大路4区5位の実績をもつ。出雲記録会に出て以降レースに出ておらず、勿論長い距離の実績もない。

大石巧
高校時代は全く無名だった選手。10月半ばに14分35秒の自己ベスト、上尾ハーフ65分42秒、記録挑戦会30分12秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
室井勇吾(4年)…前回の箱根7区6位。記録挑戦会31分51秒、5日の記録会30分49秒など調子が上がっていなかった。
中島公平(1年)…都道府県1区11位。上尾ハーフ71分20秒も記録挑戦会で29分36秒の自己ベストを出していた。

予想オーダー
酒井2ー松村3ー中舎2ー山本4ー菊地3
西岡4ー高橋3ー辻井4ー菅2ー舟生4
室井は記録会よくなかったので外れるだろうと思っていましたが、記録挑戦会走れていた中島・河名が外れ、今まであまり実績のない大久保と秋になってほぼレース出走がなかった長沼がエントリーに入ったのは意外でした。1区は万全ならば西岡と言いたかったのですが、復帰が記録挑戦会だったので酒井。上尾ハーフが63分55秒なので64分が一つの目安。ハイペースになると何とか63分前後で走ってくれると嬉しいのですが、かなり厳しそうです。菊地が山ならば2区は松村陣で確定的でしょう。区間10位前後、69-70分くらいで走って欲しいです。高橋・西岡の調子がよほど良くなければ上尾ハーフ以降素晴らしい結果を出している中舎は往路の主要区間に入ってくると思います。65分台でしのいでほしいと言いたいところですが、そこまで余裕があるチームではありませんし65分が一つの目安でしょう。10人目は4区好走経験のある山本雄、上尾ハーフ良かった廣瀬、記録挑戦会良かった山本竜で迷いましたが、山本雄と予想。西岡が1区も6区も任せられないほど状態に不安があるならば4区になるかもしれませんが、西岡・山本が往路を走らないなら4区高橋になるのではないでしょうか。記録挑戦会自己ベストなど状態を戻してきた菊地は81分前半では走ってもらいたいところ。6区西岡が良い状態で走るなら59分台で走ってほしい。来年が勝負の年ということを考えるなら、平地に回して佐藤が6区という選択肢もあると思います。高橋は起用するのは怖いですが、監督もポテンシャルを評価しているようですし、故障がなければ出走すると思います。7区は力のある選手から9,10番手まで幅広い選手が起用されるので、7区にしました。今年を考えれば、上尾ハーフ64分少しで走り、記録挑戦会も自己ベストと結果を残している辻井、舟生を起用すると予想。展開さえ悪くなければ辻井は66分台、前回10区当日変更となった舟生は71分台では走ってくれると思います。菅は少しずつ力をつけてきていますし、前回と同じく9区を希望しているので9区。前回は力のある上級生に挟まれていましたが、今年は余裕があるわけではないので総合順位と同じくらいの区間順位で走ってほしいです。1区に不安を抱えており、スローペースになると最も嬉しいのがここだと思います。1区スローペースになればシード権争いも十分可能ではないでしょうか。1区以外の注目は高橋。今年の夏に復帰してからは良い結果が残せていないので、好走してほしいです。

箱根駅伝予想(14)日本大学

4年
ダニエル・ムイバ・キトニー
箱根16年(1位)・15年5区2位・14年5区10位(2位)・13年補欠
全日本15年8区2位(4組1位)・14年(4組1位)・13年8区1位・12年補欠
関カレ15年10000M2位ハーフ1位・14年5000M3位10000M3位・13年5000M3位10000M2位・12年1500M2位5000M5位
箱根予選会は序盤から抜け出しトップ。全日本は体調不良でよくなかったものの、既に問題ないらしい。

荻野眞之介
箱根16年(11位)・15年1区17位・14年1区12位(30位)・13年1区13位(91位)
全日本15年1区6位(4組7位)・14年(4組15位)・13年2区10位・12年3区9位
関カレ15年5000M13位5000M6位・14年5000M13位10000M17位・13年5000M14位10000M16位
日本人エース。トラック・ロードともに安定感があり、スターターを務めることが多い。記録挑戦会28分35秒の自己ベスト。

木津晶夫
箱根16年(39位)
全日本15年2区12位(3組16位)
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選
今年度急激に力をつけてきた選手。箱根予選会・全日本としっかり走り、記録挑戦会29分5秒の自己ベスト。

稲住拓
箱根16年(190位)
昨年の出雲でエントリーメンバーに入った選手。上尾ハーフ65分39秒、記録挑戦会29分34秒の自己ベスト。

荒川諒丞
箱根15年補欠・14年補欠
2年時3年時は何とかエントリーに滑り込んだ選手。上尾ハーフ64分37秒、記録挑戦会29分34秒の自己ベストと好調。

3年
石川颯真
箱根16年(19位)・15年2区19位・14年4区12位(157位)
全日本15年4区6位(3組2位)・14年(3組4位)・13年3区11位
関カレ15年5000M17位・14年5000M26位10000M32位・13年5000M26位
スピードのあるタイプだが、ハーフ62分台も持っている副主将。記録挑戦会28分43秒の自己ベスト。

山崎和痲
全日本15年補欠
関カレ15年1500M11位・13年1500M予選
関カレ1500Mで決勝に残ったスピードランナー。上尾ハーフ65分55秒、記録挑戦会は6000Mでやめた。

清水目大貴
全日本15年補欠
大学に入ってから故障が多く夏に練習再開した選手。記録挑戦会は先頭も引っ張る走りで29分34秒の自己ベスト。

2年
高野千尋
箱根16年(106位)・15年4区20位
全日本15年6区12位
関カレ15年ハーフ32位
ロードが苦手な印象だったが、箱根予選会は後半上げる走りで全日本もしっかり走った。記録挑戦会は欠場している。

町井宏行
箱根15年8区16位
箱根予選会エントリー入りも欠場。上尾ハーフ68分45秒、記録挑戦会は欠場。今年度はかなり波が激しい印象。

山崎一輝
箱根16年(46位)
全日本15年5区10位(1組17位)
関カレ15年ハーフ29位
スピードはないものの、長い距離安定している選手。記録挑戦会は3000Mあたりから遅れるも30分14秒でまとめた。

岡野佑輝
箱根16年(74位)
全日本15年7区20位
上尾ハーフ66分47秒と結果を残せず。ただ、記録挑戦会は5000M14分30秒を切って入り、29分26秒の自己ベスト。

川口賢人
箱根16年(217位)
都大路5区5位。大学に入って目立っていなかったが、秋に出てきて上尾ハーフ65分31秒、記録挑戦会29分52秒の自己ベスト。

石井健登
箱根16年(132位)
全日本15年補欠
秋になって出てきた選手。箱根予選会チーム10番手、記録挑戦会29分43秒の自己ベストなど安定して結果を残している。

1年
パトリックワンブィ
全日本15年補欠
関カレ15年1500M2位5000M2位
毎日皆と一緒に練習できチームのスピードアップに貢献した選手。トラックではキトニーに勝つことも。記録挑戦会28分15秒。

加藤拓海
箱根16年(53位)
全日本15年3区5位(2組17位)
IH5000M8位など今年のドラ1。箱根予選会・記録挑戦会ともに後半上げる走りで記録挑戦会29分3秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
上野勇(3年)…全日本予選会2組26位。上尾ハーフ66分59秒も、記録挑戦会で30分0秒の自己ベスト。
新関涼介(2年)…全日本予選会1組15位、箱根予選会125位。記録挑戦会は早めの組にエントリーされしかも欠場した。

予想オーダー
荻野4ー石川3ー加藤1ー岡野2ーキトニー4
山崎3ー木津4ー荒川4ー山崎2ー高野2

10番前後を争う新関がエントリー漏れしたのは残念ですが、間近の記録会良かったこともありまずまず箱根に期待が持てるエントリーとなった印象。前回は出遅れましたが、荻野が故障持ちで遅れて石川がその流れに引きずられてしまったので、1,2区は前回と同じで良いと思います。荻野は全日本1区で区間一桁で走っていますし、石川も昨年より力をつけているので2区間終えてシード圏内では来て欲しいかなというのが正直な印象。加藤は往路の主要区間任せたいので3区。初めての主要区間で負担がかかりますが、それでも区間10位前後、64分台は期待してしまいます。3区まで一定以上の位置で来ると思っていますし、前回出遅れながらも5区キトニーが好走しているので4区は10人目の選手でも良いのかなと思っています。全日本・上尾ハーフとロード2連続で失敗しているのは気になりますが、箱根予選会好走していますし、記録挑戦会で10000Mチーム7番手の記録を出しているので、岡野。潜在能力が高そうな清水目、29分34秒の自己ベストだけでなく上尾ハーフも65分台だった稲住も候補になってくるでしょう。キトニーは3回目ということで前回よりも更に期待したいですが、半端ない適性がなければ77分台は出ませんし、78分15秒が一つの目安だと思います。6区は波が激しい町井という噂もありますが、山崎和が2年連続アンケートに6区と回答していますし、上尾ハーフ65分台なので山崎和と予想。スピード、スタミナともに大きく劣ることはないものの、他大の選手と比べると力不足な気もするので、61分が一つの目安だと思っています。武者コーチは7区終わって一桁でなければシード権取れないとも言っているので7区木津。個人的には1,2,3,5区がよければ往路は良い順位につけると思っていますし、かといって9区に回せば既に終戦している恐れがあるかなと思いました。6区不安でそのまま悪い流れになってしまうのが怖いので7区に5本柱の誰かを置くのが良いと思っています。そして代わりの9区は山崎一。全日本は稲田にすぐ離された後しっかりと走れましたし、スピードはないものの安定してペースを刻めるはず。条件がよければ70分台が一つの目安になると思います。残りの8,10区は秋になって絶好調な荒川、全日本まずまずだった高野としました。日大はこの2区間だと10区を重視する傾向があるものの、記録を持っている荒川、経験豊富な高野のどちらにするか迷いましたが、アンケートの希望区間に荒川が8区と書いたのでこうしました。荒川は前回ならば66分台が一つの目安。高野は箱根予選会・全日本と大崩れしていませんし、アンカー勝負で負けても仕方ないのでとにかく大崩れせずに走ってほしいです。全体的には小川体制に戻ってから日本人もしっかりしてきました。前回の箱根は多数の故障者を出しましたが、故障者を出さず全日本みたいに致命的な撃沈をしなければシード権獲得の可能性はかなり高いと思います。選手では加藤の起用区間と走りが注目だと思います。個人的には石川のリベンジが気になっています。

箱根駅伝予想(13)順天堂大学

4年
松枝博輝
箱根16年(18位)・15年5区16位(153位)・14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本15年1区12位(4組3位)・14年補欠(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ15年5000M3位10000M5位・14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位
主将にしてエース。前半戦は絶好調で、秋に一旦調子を落としていたが八王子ロングディスタンスは28分33秒の自己ベスト。

田中孝貴
箱根16年(67位)・15年2区12位(24位)・14年9区5位
全日本15年3区9位・14年1区14位(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位
長い距離で軸となっている選手。前半戦は故障でレース出走がなかったが、秋になって復帰。全日本以降レースに出ていない。

稲田翔威
箱根16年(34位)・15年4区6位(35位)・14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本15年5区5位(3組23位)・14年4区11位(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ15年ハーフ11位・13年ハーフ27位
長い距離やロードが得意な選手。甲佐10マイルは48分1秒。区間賞が取れなければあんこう踊りを披露するらしい。

3年
森湧暉
箱根16年(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ15年10000M21位
4月に29分10秒の自己ベストを出している選手。秋になってからは安定していたが、記録挑戦会は29分57秒だった。

聞谷賢人
箱根16年(49位)・15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年4区13位(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ15年ハーフ7位・14年10000M19位
今年度は箱根予選会まで好走していたが、全日本の主要区間は結果残せず。記録挑戦会29分22秒の自己ベスト。

西沢卓弥
箱根16年(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本15年7区8位・14年3区14位・13年補欠
ロードにムラがある印象だったが、安定してきた。記録挑戦会29分17秒の自己ベスト、甲佐10マイルは47分25秒。

作田直也
箱根15年補欠(98位)
全日本14年補欠
1,2年で確実に力をつけ、昨年の箱根予選会好走した選手。上尾ハーフ64分10秒、記録挑戦会29分49秒の自己ベスト、

甲斐智樹
箱根16年(110位)
昨年10月に30分40秒の自己ベスト。箱根予選会は9番手と好走。記録挑戦会は30分57秒だった。

甲斐大貴
10月に30分20秒の自己ベスト、神奈川ハーフ65分14秒と昨冬好調、今年の箱根予選会エントリー入り。上尾ハーフ65分10秒。

2年
栃木渡
箱根16年(55位)・15年8区15位(53位)
全日本15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ15年ハーフ9位
スタミナ型。今年度は調子が良く、29分2秒まで自己ベストを伸ばしてきた。甲佐10マイルは47分39秒。

中村陵介
箱根16年(220位)
全日本15年補欠
昨年12月に30分25秒で走った。箱根予選会は前半頑張ったが、失速。記録挑戦会は30分28秒。

城西廉
箱根15年補欠
関カレ15年1500M予選
記録挑戦会30分34秒の自己ベスト、前回は29日に6区にエントリーされていた。

1年
塩尻和也
箱根16年(8位)
全日本15年2区4位(1組3位)
日本インカレ3000SC優勝、箱根予選会59分台、記録挑戦会28分32秒の自己ベストと強い。甲佐10マイルは47分15秒。

江口智耶
箱根16年(140位)
全日本15年補欠
都道府県5区5位など高3の実績もある選手。箱根予選会は後半粘れていた。記録挑戦会30分23秒。

金原弘直
箱根16年(190位)
全日本15年補欠(1組25位)
5月末にいきなり29分台を出した選手。箱根予選会は序盤頑張ったが、終盤失速した。記録挑戦会は30分5秒。

馬場スタン恵
全日本15年補欠
都大路3区9位。大学に入ってからは安定した結果を残せておらず、記録挑戦会も30分36秒だった。

主なエントリー漏れ
花沢賢人(2年)…28分台の自己ベストをもつ。仙腸関節の故障で秋以降レースに出ていない。

予想オーダー
松枝4ー塩尻1ー森3ー稲田4ー田中4
江口1ー西沢3ー作田3ー栃木2ー聞谷3
花沢は甲佐10マイル欠場していたので箱根走るのは厳しいと思っていましたが、西郷は過去2回エントリーには入っていただけにそこまで状態が悪いのかなと不安になりますね。1区は花沢が欠場ということで松枝しかないと思います。スローペースになったとしても無駄に力は動かず我慢してほしいところ。そうすれば、優勝候補の大学と大差ない位置で襷を渡せると思います。塩尻は自分で引っ張りたがるタイプですが、高田や木村などに食らいついてほしいです。68分台前半は十分出せると思います。3,4区は迷いましたが、6区経験者の森を持ってきました。当初は3区稲田4区森と思っていましたが、稲田が区間賞を取れなければあんこう踊りをするらしいので、稲田は主要区間ではないかなと思い、下り基調の森を3区、稲田を4区としました。森は少なくとも区間15位くらい、65分台では走ってほしいところ。稲田は区間5位以内が目安、区間3位以内も十分視野に入るでしょうが、区間賞となると少し厳しいのではないでしょうか。田中が全日本以降レースに出ていないのと、栃木・聞谷に安定感があるという一方で山にあまり良いコメントしていないので田中5区と予想。82分が一つの目安、稼ぐことは厳しいでしょうが、基本的に安定感ある選手なので82分台ではまとめてくれると思います。6区は準備期間の長さなら城西ですが、将来性と実力は江口ということで、江口にしました。わりと得意としている大学なので期待する一方で、61分半くらいは覚悟しておく必要もあると思います。森を6区に置いて西沢を往路に回すことも考えたのですが、その場合7区8区で9,10番目の選手を連続して置く必要が出てくるので、西沢を7区において6区をカバーしようかなと。ロードでも安定感ましていますし、最高のできだった昨年のタイムが1つの目安。復路で今絶好調の作田は起用したいかなと思いました。区間一桁は厳しいかもしれませんが、67分前後では走ってほしいです。9,10区は力を置く傾向にあるので、栃木・聞谷と予想。栃木は区間一桁、聞谷は区間5位くらいが一つの目安になると思います。聞谷の単独走に少しありますが、2人とも堅実に走ってくれるのではないでしょうか。全体的にはシード権争いは十分できる戦力があると思いますし、結構期待しています。他のチームと同じく往路と山がカギになるでしょうが、田中が5区だとそこまで大きくブレないでしょうし、特に3区と6区に注目です。

箱根駅伝予想(12)東海大学

4年
白吉凌
箱根15年1区12位(9位)・14年1区7位(18位)・13年(120位)
全日本15年補欠・14年1区7位・12年3区12位(1組1位)
関カレ15年10000M7位・14年10000M30位
主将。今年度は状態が良くなかったが、11月15日に29分35秒、甲佐10マイル47分1秒と調子を上げてきている。

宮上翔太
箱根15年5区5位(17位)・14年5区5位・13年(154位)
全日本15年補欠・14年4区5位・13年(3組30位)・12年5区12位
関カレ15年ハーフ16位・14年ハーフ13位・13年ハーフ29位
前半戦はあまり目立てなかったが、上尾ハーフ63分21秒。5区を2年連続走っており今年も起用される予定。

高木登志夫
箱根15年9区12位(52位)
全日本15年8区6位・14年6区5位(1組6位)
関カレ15年3000SC5位・13年3000SC2位
昨年度順調に伸びた選手。全日本予選会59分台の好走。記録挑戦会28分44秒の自己ベスト。

富田三貴
箱根15年(216位)・14年補欠・13年(283位)
全日本14年補欠・12年補欠
関カレ15年1500M3位・14年1500M予選・13年1500M予選5000M30位・12年1500M予選
トラックは得意だが、ハーフの自己ベストは65分台。11月15日に13分58秒、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

金子晃裕
2年7月に14分台を出し部員となった選手。高島平は62分40秒だったが、上尾ハーフ64分9秒と好走。

3年
石橋安孝
箱根16年(6区3位)・15年7区7位(127位)・14年補欠(23位)
全日本15年2区7位・14年7区2位・13年(3組13位)
関カレ15年3000SC4位・13年3000SC5位
13分台、28分台を持っており、出雲・全日本と主要区間を走った選手。八王子ロングディスタンス29分18秒。

廣田雄希
箱根16年(4区4位)・15年3区12位(22位)・14年補欠(21位)
全日本15年5区6位・14年3区12位(3組21位)・13年(2組2位)
関カレ13年5000M29位
実力もあるものの故障が多い選手。出雲・全日本は後半区間で好走。記録挑戦会28分30秒の自己ベスト。

林竜之介
箱根16年(5区4位)・15年補欠
全日本15年6区5位
関カレ15年10000M17位・13年1500M予選
前半戦ほぼ14分15秒以内で安定していた選手。出雲・全日本もしっかりと走り、記録挑戦会29分34秒の自己ベスト。

安藤健太
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年補欠
高島平は61分30秒も2位。上尾ハーフは69分47秒撃沈したが、11月29日29分37秒の自己ベスト。

2年
川端千都
箱根15年16年(1区5位)・2区7位(15位)
全日本15年1区10位・14年2区8位(4組9位)
関カレ15年5000M11位10000M8位・14年5000M28位
ユニバーシアードに出るなどエース的存在。八王子ロングディスタンスDNSで、全日本以降レースに出ていない。

春日千速
箱根16年(3区6位)・15年8区5位(102位)
全日本15年4区10位・14年補欠
関カレ15年ハーフ13位
出雲前に13分52秒の自己ベスト。出雲まずまずも、全日本はあまりよくなかった。記録挑戦会29分5秒の自己ベスト。

國行麗生
箱根16年(補欠)
全日本15年7区6位
前半戦で14分10秒台まで伸ばした選手。出雲前に29分55秒、14分6秒の自己ベスト。全日本以降出ていないが、山下りの模様。

阿部啓明
今まであまり目立っていなかった選手。学生ハーフ66分15秒、10月末に14分37秒の自己ベスト、12月5日は31分9秒。

1年
湊谷春紀
箱根16年(2区5位)
全日本15年3区3位
関カレ15年5000M21位
今年のドラ1。前半戦で14分10秒台まで伸ばした選手。上尾ハーフ62分54秒、5日に28分46秒の自己ベスト。

足立直哉
高校時は14分55秒だった。10月末に14分30秒、上尾ハーフ64分34秒、11月29日29分50秒の自己ベストと伸びている。

湯沢舜
14分19秒の自己ベストで入学。秋以降安定しており、9月末に30分15秒、上尾ハーフ64分56秒、11月29日29分39秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
土屋貴幸(3年)…1年時主力だった選手。前半戦は安定も、上尾ハーフ67分24秒、記録挑戦会30分25秒と秋になって良くない。
荒井七海(3年)…日本選手権1500M優勝でブレイク。秋になってからは不調で11月29日30分20秒、12月13日の14分34秒。

予想オーダー
白吉4ー川端2ー石橋3ー湊谷1ー宮上4
國行2ー廣田3ー春日2ー高木4ー林3
エントリーから荒井・土屋が外れましたが、秋以降目立った成績は残せていませんでしたし、大きなエントリー漏れはありませんでした。1区は甲佐10マイルでの復活を見て白吉。前回は状態が万全でないながら、6位と9秒差。少なくともそのくらいでは渡してほしいです。川端は八王子ロングディスタンス欠場しており少し状態も気になりますが、再び2区。前回からグンと伸びた訳ではないので、68分台前半を一つの目安として走ってほしいです。湊谷に力がついてきていますが、3区石橋、4区湊谷。石橋は出雲・全日本で主要区間でまとめていますし、区間一桁では走ってくれると思います。湊谷は白吉・川端に何かあった時に1,2区に置きたかったので、多くの区間の変更を防ぐために4区にしました。4区を走るならば区間賞も十分狙えると思います。宮上は上尾ハーフで状態を上げていますし、80分切り~81分少しくらいまででは安定して走ってくれると思います。全日本好走している國行6区は良い人選だなと思いました。前回の山下を上回る60分前半では走ってほしいです。廣田は主要区間も考えましたが、出雲・全日本と後半区間で力を発揮しているので7区。かなり豪華なメンバーが来るような気もしますが、少なくとも区間3位は十分狙えると思います。春日は4年生の状態がかなり上がっているのと前後に選手がいない経験も含めて8区。10番目が来ることも多い区間ですし、区間賞も狙って言ってほしいです。全日本でやや予想外のアンカーだったものの59分台と好走したので高木を9区。区間一桁はノルマ、5位以内も十分狙えるのではないでしょうか。アンカーは出雲・全日本と堅実に走っている林。後ろと僅差で襷を受け取ってもしっかりと順位をキープしてゴールしているので、順位はしっかりキープしてくれると思います。上から10人揃えられれば4区以降は三強とも互角に戦える戦力だけに1,2,3区がカギになりそう。ただ、例年直前に故障者が続出しているだけに、揃えられれば3位狙えても、揃えられずに5位くらいになる可能性も否定できない。個人では特に湊谷の起用区間と走りに注目でしょう。

箱根駅伝予想(11)山梨学院大学

4年
エノック オムワンバ
箱根15年補欠(2位)・14年2区DNF(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本14年8区2位・13年8区2位(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ15年1500M1位5000M1位・14年1500M1位5000M1位・13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
関カレ3分35秒と今期世界最高(当時)を出した。8月に故障し本格的な練習復帰は11月。

前田拓哉
箱根16年(補欠)・15年5区12位(154位)・14年8区20位(105位)・13年8区13位
全日本15年6区9位・14年補欠・13年補欠(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
出雲前に29分39秒、14分10秒の自己ベスト。2,3年時は大舞台での失速が目立ったが、今年の全日本はまずまず。

田代一馬
箱根16年(補欠)・15年1区20位・14年1区16位(49位)・13年(補欠)
全日本15年3区4位・13年補欠(OP1位)・12年5区14位
関カレ15年10000M16位・13年5000M27位
一昨年まではメンタルが課題だったが、今年度は安定して結果を残せている。出雲前に13分55秒の自己ベスト、全日本も好走。

谷原先嘉
箱根15年8区4位(38位)・13年補欠
全日本15年補欠・14年3区11位・12年補欠
関カレ15年ハーフ26位・12年ハーフ27位
主将。昨年度大きく成長した選手。上尾ハーフ66分05秒、記録挑戦会30分41秒と秋以降あまり結果を残せていない。

蔵田秀純
都大路4区8位の実績がある。3年時に29分54秒、学生ハーフ64分台。10月末以降レースに出ておらず山下り候補か。

3年
佐藤孝哉
箱根16年(3区3位)・15年2区18位(25位)・14年補欠(50位)
全日本15年2区12位・14年1区11位・13年1区11位(3組10位)
関カレ15年ハーフ6位・14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
日本人エース。基本的にはかなり安定しているが、駅伝で悪い流れで襷を受け取ってしまうと引きずられる傾向も。

上村純也
箱根16年(補欠)・15年4区12位(87位)・14年4区19位
全日本15年補欠・14年5区13位・13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
自己ベスト良いが大舞台であまり良くない。上尾ハーフ64分14秒、記録挑戦会28分54秒の自己ベストと結果を残している。

伊藤淑記
箱根15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本14年補欠・13年5区11位
関カレ15年5000M19位・14年5000M20位
2,3年時と前半戦は好調な選手。秋も10月以降はある程度安定しており、上尾ハーフ64分32秒、記録挑戦会は29分57秒。

秦将吾
箱根16年(2区8位)・15年補欠
全日本15年補欠
関カレ15年1500M5位・14年1500M予選・13年1500M予選
1500Mメインのスピードランナー。10000M以上の実績は全くない。出雲以降レースに出ておらず、山下り候補か。

小山祐平
箱根14年補欠
関カレ15年3000SC11位・14年3000SC8位・13年3000SC予選
1年で29分台出した選手。上尾ハーフは毎回好走しており、今年も64分17秒、記録挑戦会は30分11秒とまずまず。

2年
市谷龍太郎
箱根16年(1区7位)・15年7区12位
全日本15年1区20位・14年2区12位
出雲前に13分51秒の自己ベスト。全日本撃沈、上尾ハーフ64分36秒も、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

上田健太
箱根16年(4区2位)・15年補欠
全日本15年4区7位
関カレ15年5000M22位10000M27位・14年10000MDNF
4月に28分48秒の自己ベストも、前半戦は不安定だった。秋になり安定しており上尾ハーフ63分35秒、記録挑戦会29分03秒。

河村知樹
箱根16年(5区7位)・15年補欠
全日本15年7区4位
関カレ15年ハーフ23位
ハーフ高校記録など長い距離が得意。出雲微妙も全日本好走、上尾ハーフ63分50秒、記録挑戦会29分13秒の自己ベスト。

古賀裕樹
箱根16年(補欠)
全日本15年5区18位
高校時代実績あるものの、昨年度は故障。全日本脱水気味で撃沈も、上尾ハーフ64分06秒、記録挑戦会29分15秒の自己ベスト。

1年
ドミニクニャイロ
箱根16年(6区1位)
全日本15年8区1位
関カレ15年10000MDSQ
スタミナ型らしいが、ホクレンで13分59秒、28分11秒で走っている。全日本も56分台の激走。

永戸聖
都道府県4区11位。10月末に29分54秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分36秒と好走も、記録挑戦会は30分41秒だった。

主なエントリー漏れ
熊代拓也(3年)…世田谷記録会14分6秒、平国大記録会29分28秒と夏を経て一気に力をつけてきたが、故障中らしい。

予想オーダー
佐藤3ーニャイロ1ー上田2ー上村3ー前田4
秦3ー市谷2ー古賀2ー河村2ー田代4
エントリーは熊代が外れたのは残念でしたが、大きなエントリー漏れもなく良いエントリーができたと思います。出雲・全日本と1区に市谷を任せましたが、佐藤と予想。確かに市谷の走りは1区に魅力的ですが、視覚にハンデがある分接触の危険性も高まります。佐藤は基本的に安定している反面、流れが悪いと力を出し切れないので1区。2区はニャイロとオムワンバどちらもあると思いますが、オムワンバが11月から本格的に復帰して本調子まで間に合うか否かと直前で痛む可能性もあるのでニャイロと予想。どちらが走っても67分台が一つの目安になると思います。3区は上田か田代で迷いましたが、最終盤に4年生が走る印象があるので、上田を3区。良い位置で襷をもらえれば区間5位以内も十分狙えると思います。全日本の走りを見ると田代4区が魅力的ですが、現実的には過去2年経験している上村と予想。今回は安定して結果を残せていますし、さすがに区間一桁では走ってほしい。山学はなぜか1回目成功した選手が2回目失敗することも多いらしいですが、前田拓が5区を走るでしょう。今年は昨年より結果を残せていますし、82分前後を目安に走ってもらいたいところ。6区は秦か蔵田が候補と思われます。10000M以上全く実績のない秦がラスト3km凌げるか不安ですが、昨年もエントリーに入っていたので何とかある程度まとめてほしいです。市谷は長い距離で連続して微妙な結果だったので7区。6区悪くてもしっかりと立て直してほしいですし、区間5位以内が一つの目安。8区は谷原も考えましたが、秋になってから結果が残せていないので、古賀が良いかなと思いました。意外と区間一桁も狙えると思うのですが。9,10区は河村と田代。田代は逆の1区を2度経験していますし、長い距離の実績が河村に比べると乏しいので、河村9区、ラストスパートできる田代を10区としました。全体的には往路も復路も平地区間は一定以上流れるかなと思いますが、山に不安要素が残りますね。それでも、5位以内は厳しい気もしますが、大崩れしなければシード権は取れるのではないでしょうか。留学生ニャイロかオムワンバかは勿論のこと、日本人では田代の起用区間に注目です。

箱根駅伝予想(10)神奈川大学

4年
西山凌平
箱根16年(30位)・15年4区5位(23位)・14年3区9位(20位)・13年2区11位(45位)
全日本15年4区9位(4組4位)・14年4区9位(4組17位)・13年(4組13位)・12年1区14位(3組15位)
関カレ15年10000M4位・14年ハーフ4位・13年10000M8位・12年5000M16位
エースの1人。安定感はあるが、2年連続箱根前に故障している。夏に故障があったらしく箱根予選会・全日本と慎重な走り。

我那覇和真
箱根16年(27位)・15年1区6位(11位)・14年2区19位(7位)・13年7区1位(62位)
全日本15年8区14位(3組1位)・14年2区12位(3組9位)・13年(4組5位)・12年2区8位(4組18位)
関カレ15年10000M30位・14年5000M18位10000M22位・13年5000M10位10000M11位・12年5000M13位
エースの1人。やや波もある選手。全日本は良くなかったが、昨年は全日本から箱根でしっかりと立て直している。

渡邊慎也
箱根16年(69位)・15年5区18位・13年補欠(110位)
全日本15年6区13位(2組19位)・12年補欠
関カレ15年3000SC予選・13年3000SC決勝進出
故障で長い間苦しんでいた選手。箱根予選会・全日本ときちんとまとめている。

永信明人
箱根13年補欠
全日本15年3区13位・13年(3組34位)
関カレ15年1500M6位5000M36位
1500Mも取り組んでいるスピードランナー。全日本は悪くなかったが、20kmの自己ベスト65分7秒と長い距離はやや苦手。

木藤伸明
全日本15年補欠
までほとんど目立っていなかった選手。東海大記録会で29分54秒の自己ベストを出したが、上尾ハーフ66分14秒。

3年
石橋健
箱根16年(183位)・15年補欠(76位)・14年8区20位(177位)
全日本15年補欠・14年6区13位
昨年箱根予選会76位で走ったスタミナ型。今年の箱根予選会失速し、記録挑戦会も30分38秒だった。

中平英志
箱根16年(38位)
1,2年時は故障が多かった。あまり目立っていなかったが、箱根予選会で驚きの好走。記録挑戦会29分52秒の自己ベスト。

朝倉健太
箱根16年(234位)
全日本15年補欠
昨年度30分6秒、学生ハーフ64分16秒と成長した選手。ただ、箱根予選会で失速、上尾ハーフ65分42秒に沈んだ。

2年
大川一成
箱根16年(104位)・15年3区18位(68位)
全日本15年補欠(2組9位)・14年5区8位(1組18位)
関カレ15年5000M26位
4月に29分33秒の自己ベストを出した。安定感があるが、箱根予選会では珍しく結果を残せなかった。以降レースに出ていない。

鈴木健吾
箱根16年(9位)・15年6区19位(33位)
全日本15年1区8位(4組5位)・14年3区9位
関カレ15年10000M11位・14年5000M32位
全日本予選会好走、ホクレンで28分53秒まで伸ばすなど急成長。今年の箱根予選会はチームトップ。記録挑戦会は29分1秒。

大野日暉
箱根16年(40位)・15年8区9位(101位)
全日本15年補欠・14年補欠
関カレ15年ハーフDNF
関カレハーフ以降レースに出ていなかったが、箱根予選会は好走。記録挑戦会は30分7秒とあまりよくなかった。

鈴木祐希
箱根16年(35位)
関カレ15年3000SC予選
昨年度14分25秒、29分57秒と成長した選手。ハーフ出走経験なかったが、箱根予選会では好走した。

枝村高輔
箱根16年(156位)
昨年度14分33秒、30分9秒世田谷ハーフで65分台と成長した選手。箱根予選会は粘ったが、記録挑戦会31分13秒と撃沈。

西田秀人
伊賀白鳳で県7区走った選手。今まで目立っていなかったが、上尾ハーフ65分15秒の好走、5日に29分59秒の自己ベスト。

秋澤啓尚
都大路で大川と襷渡しした。1年でも14分39秒、30分36秒の自己ベスト。2年上尾ハーフ64分41秒、5日に30分17秒の自己ベスト。

1年
山藤篤司
箱根16年(120位)
全日本15年2区14位(3組5位)
関カレ15年5000M16位
7月に13分58秒の自己ベストなど前半戦絶好調。記録挑戦会29分37秒の自己ベストな反面、高校からロードはやや苦手。

主なエントリー漏れ
東瑞基(3年)…昨年の箱根予選会44位。今年の箱根欠場して以降レースにでていない。
浅利宗一郎(2年)…全日本予選会1組8位、7月に14分13秒の自己ベスト。昨年も夏を経て故障していた。

予想オーダー
我那覇4ー鈴木健2ー大野2ー永信4ー西山4
鈴木祐2ー山藤1ー渡辺4ー大川2ー中平3
中神・東・浅利は長期間記録会に出ていませんでしたし、大きく予想外のエントリーはありませんでしたが、それでも選手間で16人のエントリーを決めたのは驚きました。
1区はシンプルに昨年好走した我那覇で良いと思います。波もある方ですが、箱根は展開の悪かった2年時以外好走していますし、少なくとも10位前後では来てくれるのではないでしょうか。2区西山3区鈴木健も考えたのですが、大野が「気持ちが強くて性格も往路向き」らしいので2区鈴木健5区西山と予想。山下り任せられるほど起伏のあるコースはわりと得意なのでしょうし、しっかりと走ってくれると思います。大野は区間10位くらいで走る実力はあると思います。ただ、全日本予選会にも関カレにも出走したことがないですし、展開の早くスピードも求められる区間でしっかり結果を残せるかは課題。山藤復路だとしたら4区は永信だと思います。全日本は悪くなかったですが、スタミナに不安が残りますし5000M以上で安定しているかについて不安が残り一人でペースを刻めるかどうか不安なので4区に置くのはかなり賭けだなと思っています。西山は過去2回準備したことがありますし、万全の状態で走れるなら80分台も視野に走れると思っています。ただ、過去2年箱根前に故障を抱えているので何とか万全の状態で箱根走ってほしいです。6区は3000SCも経験している鈴木祐とおける選手の中では最も良い選手が候補にあがっていますね。ただ、過去2年大きく期待できる選手を配置して撃沈しているだけにどうしても不安が消えません。個人的には4区山藤で7区か10区に10人目の選手を置いた方が良いと思うのですが、山藤は復路に回す見込みという情報もあるので山藤を7区。終盤の失速が目立つ選手で、7区は徐々に気温が上昇する区間でもあるので大きな失速だけは避けてほしいところ。8区は終盤に上りがあるので渡辺と予想。8区なら展開さえ悪くなければ区間10位くらいで走ってくれるでしょうが、西山の状態が良くなく4区西山5区渡辺8区11人目の選手とかは勘弁してもらいたいところ。9区は箱根予選会良かった中平か経験豊富な大川か迷いましたが、大川と予想。箱根予選会が失敗レースだっただけで、状態が万全なら3区ほどレベルは高くないでしょうし、区間10位台前半くらいでは走ってくれると思うのですが。アンカーに中平を残せる状況ならばかなり強いと思います。ここに11,2番目の選手が来るようでも繰り上げスタートの場合はしっかりと走っているので、そうなった時は少し期待したい。全体的には戦力だけ見ればシード権も十分狙える戦力はあると思いますが、ここ数年はもっと戦力がありながらシード権争いすらできませんでしたから…。直前で故障や病気の選手をだし区間配置が玉突き、6区予想外の失速などあるだけに、とにかく全員が万全の状態でアクシデントなく走れればそれだけで大きな収穫ではないでしょうか。

箱根駅伝予想(9)帝京大学

4年
高橋裕太
箱根16年(17位)・15年9区6位・14年(5区9位)・13年3区8位(49位)
全日本15年1区5位(4組6位)・14年(4組25位)・13年1区18位・12年5区10位
関カレ15年5000M17位・14年5000M24位
主将でエース。ユニバーシアードハーフ3位。箱根予選会は状態が万全でなかったが、記録挑戦会28分37秒の自己ベスト。

堤悠生
箱根16年(61位)・15年10区4位・14年補欠
全日本15年5区7位(3組6位)・14年(3組22位)・13年補欠(3組29位)
関カレ15年ハーフ28位・14年ハーフ10位・13年ハーフ5位
学生ハーフ62分台で走った選手。夏に右足の腸脛靭帯を痛めたが、もう問題ない模様。記録挑戦会29分53秒。

阿南賢也
箱根15年8区14位・14年補欠・13年補欠
全日本13年(1組17位)
関カレ14年ハーフ48位・12年10000M27位
29分半、64分半の自己ベストを持っているが、波のある選手。上尾ハーフ65分11秒、記録挑戦会30分02秒とまずまず。

君島亮太
箱根16年(41位)・15年6区18位
全日本15年2区22位・14年(1組5位)・13年5区15位
関カレ14年1500M予選・13年1500M9位・12年1500M予選
トラックのほうが得意なスピードランナー。箱根予選会は好走したが、今年の全日本含め三大駅伝で成功していない。

野村雄一
箱根16年(167位)・15年4区19位
全日本15年補欠
昨年度出雲出走予定など急成長した。箱根出走中に故障して6月に復帰するも箱根予選会失速、記録挑戦会31分08秒。

山崎渉
箱根16年(72位)
全日本15年8区13位
関カレ15年10000M26位
昨冬急成長した選手。今年度は安定しており、箱根予選会・全日本ともにまずまず、記録挑戦会も29分47秒で走っている。

岩間俊友
箱根16年(57位)・15年補欠
上尾ハーフ64分32秒など昨秋伸びた選手。前半戦まずまず、箱根予選会好走、記録挑戦会29分37秒の自己ベスト。

樋口史朗
箱根16年(59位)・14年補欠
2年時に29分台64分台を出している。前半戦はあまり調子が良くなかったが、秋になり箱根予選会好走記録挑戦会29分42秒。

原由樹人
昨年度から出てきた選手。秋になって勢いを増しており、上尾ハーフ64分04秒、記録挑戦会29分36秒の自己ベスト。

3年
内田直斗
箱根15年7区10位
全日本15年(4組11位)
次期エース。夏にシンスプリントを痛めたが、既にポイント練習に復帰しており、法大記録会30分22秒。

加藤勇也
箱根16年(43位)・15年補欠
全日本15年補欠(3組24位)
関カレ15年5000M24位10000M18位
昨年度からグングン伸びている選手。箱根予選会は畦上と高橋裕とともにフリー走。記録挑戦会は29分45秒でまとめた。

瀬戸口文弥
箱根16年(77位)・14年補欠(補欠)
全日本15年6区15位
関カレ14年3000SC7位・13年3000SC予選
1年時は学年で最も良かった選手。2年秋以降苦しんでいたが、箱根予選会で復活すると記録挑戦会29分44秒。

島口翔太郎
箱根16年(87位)
全日本15年補欠(2組7位)
12月に29分56秒を出している選手。今年度箱根予選会含めて安定しており記録挑戦会も29分47秒で走った。

1年
畦上和弥
箱根16年(52位)
全日本15年4区12位(1組10位)
関カレ15年5000M35位
入学前にハーフ64分29秒出している選手。箱根予選会はフリー走、全日本もしっかり走り、記録挑戦会29分33秒の自己ベスト。

竹下凱
全日本15年3区12位
都道府県4区4位。高島平で好走すると、全日本もしっかりと走り、上尾ハーフ64分40秒、記録挑戦会29分32秒の自己ベスト。

横井裕仁
関カレ15年3000SC予選
9月に疲労骨折したものの、法大記録会30分28秒の自己ベスト。20kmのレースは6月の函館ハーフは69分かかったくらい。

主なエントリー漏れ
竹本紘希(4年)…29分19秒の自己ベスト、箱根2年連続5区。箱根予選会はエントリーされたが欠場し以降レース未出走。

予想オーダー
畔上1ー高橋4ー堤4ー竹下1ー加藤3
君島4ー内田3ー岩間4ー山崎4ー原4
箱根予選会エントリーに入って以降レースにでてこなかったため予想もなかばできていましたが、山登りを2年間走っていた竹本がエントリー漏れしましたね。それ以外は内田も11月末の記録会で復帰しましたし、良いエントリーができたと思います。1区は内田が故障明けですし、畔上かなと。スピードタイプなのは竹下ですが、箱根予選会・全日本ともに主力としてしっかりと走りましたし、ハイペースになっても拾っていく走りで15位くらいで走ってくれるのではないでしょうか。エースの高橋裕は1区に置くと流れが切れてしまいますし、2区。68分台で走れる実力は十分あると思います。3区は昨年10区走った杉山が走りましたし、同じく10区走った堤と予想。監督が「堤が9区にいけるようならうちはいいから」と言われており、9区に置ければ強いと思いますが、そのためには内田がある程度万全で3区におけるか竹下や君島あたりが3区任せられる実力がついている必要があると思っているので、現実的には堤3区に置かざるおけないかなと思いました。竹下は全日本で展開の悪い3区でしっかりと走れているので、往路の4区を任せたいと予想。君島を平地に下ろすなら往路の3区か4区あたりでしょうが、全日本の撃沈を見るとさすがに怖いです。5区は「全日本走っていない3年生の主力」といった監督の話などから順調ならば加藤が登るでしょう。「81分57秒は最低でも切りたい」というコメントですが、良い目安だと思います。6区は経験者で箱根予選会も良かったので君島。下級生も2人用意しているということで、場合によっては横井が走るかもしれません。7区は故障明けの蛯名も走っていますし、故障明けということで内田。昨年より力をつけていますし、状態が悪くないなら区間一桁では十分走れると思っています。もし状態が良く3区内田7区山崎9区堤などのようにおけるならシード権の可能性はかなり高いでしょう。9区は全日本で主要区間そこまで悪くなかった山崎として、8,10区は瀬戸口・島口・原・岩間・樋口で迷いました。4年生6人は尋常になく多い訳ではないかなと思い、記録挑戦会最も良かった岩間と原にしました。特に原は高島平から猛烈にアピールしていますし、一度こういった選手を入れておくことでこれから秋になっても4年生が最後まで諦めずに練習できる根拠になるかなと思うので、ぜひとも走ってほしいです。全体的には復路の繋ぎ区間は調子の良い選手を起用できそうですし、12位前後くらいには上がってくるかなと思っています。ただ、主要区間である程度苦戦する可能性も高く10位に入るにはもう1つ何かほしいという気がします。

箱根駅伝予想(8)中央学院大学

4年
塩谷桂大
箱根16年(3区5位)・15年3区4位(19位)・14年3区4位(3区10位)・13年3区18位(69位)
全日本15年4区3位(3組9位)・14年4区7位(2組18位)・13年3区4位(3組31位)・12年(3組17位)
関カレ13年10000M18位ハーフ2位・12年5000M30位
1年時から主力として活躍している。出雲まずまずで走ると、全日本で好走した。

潰滝大記
箱根16年(2区1位)・15年1区5位(14位)・14年1区13位(1区5位)・13年1区8位(153位)
全日本15年1区13位(4組2位)・14年2区5位(4組3位)・13年2区12位(4組11位)・12年(1組6位)
関カレ15年5000M1位10000M1位・14年5000M1位10000M3位・13年5000M5位10000M7位・12年3000SC1位
前半戦は日本選手権3000SC優勝するなど絶好調。夏に両ヒザを故障、全日本は一週間前に風邪をひき上手く走れなかった。

山本拓巳
箱根16年(6区6位)・15年8区8位(70位)・14年補欠
全日本15年補欠(2組6位)・14年8区14位(2組15位)
昨年度急に伸びた選手。全日本は腰痛で欠場も、山登り候補に上がっている。

小川貴弘
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年補欠・13年補欠
昨年度から安定して結果を残している選手。ただ、肝心の上尾ハーフは65分52秒と失速。

3年
海老澤剛
箱根16年(4区9位)・15年2区11位(29位)・14年6区12位
全日本15年3区7位(4組19位)・14年3区3位
関カレ15年10000M14位
昨秋以降大きく伸びた選手。前半戦は好調だったが、秋以降あまり良い成績を残せていない。2区か5区候補。

村上優輝
箱根16年(補欠)・15年4区15位(125位)・14年4区15位(補欠)
全日本15年5区12位(1組5位)・14年補欠(3組11位)・13年5区16位(2組19位)
関カレ15年5000M13位・14年5000M23位
トラックが得意な一方で、20kmはあまり得意でない。例年秋になって調子を落とす傾向があり記録挑戦会30分20秒。

海老沢太
箱根15年7区11位
前回の箱根7区で好走した選手。上尾ハーフは65分08秒と微妙だったが、11月末に29分40秒の自己ベスト。

久保田翼
箱根15年10区14位(149位)・14年(補欠)
全日本14年6区19位
1年時に29分台64分台出している。今年の箱根で10区出走。上尾ハーフは65分43秒も、11月末に29分37秒の自己ベスト。

藤花尚之
箱根15年(162位)・14年補欠(補欠)
全日本14年補欠
1年時29分台も2年時は不調だった。上尾ハーフ64分33秒、11月末に29分43秒の自己ベストと好走している。

2年
大森澪
箱根16年(1区13位)・15年補欠(91位)
全日本15年8区5位(3組11位)・14年5区18位
関カレ15年ハーフ14位
学生ハーフ62分台でブレイクした選手。全日本で好走すると、記録挑戦会も29分17秒の自己ベスト。

新井翔理
箱根16年(5区5位)
全日本15年6区8位(2組22位)
関カレ15年5000M10位
学生ハーフ64分台を出すと、春先も好調だった選手。出雲・全日本でしっかりと走り、記録挑戦会29分28秒の自己ベスト。

細谷恭平
箱根16年(補欠)
全日本15年補欠
都大路1区25位など実績のある選手。6月に大学に入って初レース。記録挑戦会で29分25秒の自己ベストと驚きの走り。

水野優
全日本予選会でエントリーに入った選手。上尾ハーフ64分48秒、11月末に29分42秒の自己ベストと好走している。

1年
森田智哉
箱根16年(補欠)
全日本15年7区10位(1組9位)
関カレ15年10000M15位
今年のドラ1で、前半戦29分22秒の自己ベスト。記録挑戦会29分59秒など秋になって悪くはないが微妙な印象。

樋口陸
全日本15年2区9位
前半戦14分15秒まで自己ベストを伸ばし、全日本2区でしっかりと走った選手。記録挑戦会は29分55秒。6区が濃厚。

市山翼
入学時は14分56秒だった選手。上尾ハーフは65分34秒だったが、11月末に29分43秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
光武洋(1年)…入学時14分59秒だった選手。上尾ハーフ64分06秒、11月末の記録会には出ていない。

予想オーダー
潰滝4ー大森2ー塩谷4ー森田1ー海老澤剛3
樋口1ー海老澤太3ー細谷2ー山本4ー新井2
11月半ば以降すさまじい記録ラッシュで上尾ハーフ好走した光武が故障としても、上尾ハーフ64分44秒、11月末に30分14秒とそこまで悪くなかった清水が外れる層の厚いエントリーになったと思います。1区と3区に潰滝・塩谷が起用とのことですが、1区潰滝、3区塩谷にしました。1つは塩谷が3区好走が期待できる反面、1区の不安要素が大きいこと。塩谷は前回63分7秒で走っており、今回62分台も十分視野に入っています。一方で、三大駅伝で1区を担当したことがなく、やや不安が残ります。また、もう1つとしては2区に若干不安を抱えていること。海老澤が昨年のような調子ならまだしも、出雲・全日本とやや不調。大森もスピードよりスタミナ型で復路の方が向いていると思いますし、1区塩谷が微妙で2区崩れるとしんどいので1区潰滝、3区塩谷としました。展開次第ですが、他に一緒に引っ張ってくれる選手がいれば61分台も視野に入れて潰滝は走ってもらいたいですし、塩谷は62分台をぜひとも出してほしいです。2区大森5区海老澤剛9区山本か2区海老澤剛5区山本9区大森のどちらかになると思いますが、前者にしました。海老澤剛昨年好走したのは高田に食らいついたので、今回絶好調ではないのにおなじ走りをしたら終盤失速する危険性があるし、ゆったり入ると本来の走りを見失うかなと予想。また、川崎監督は「5区81分で上ってくれればいい」と言っていますけど、81分だと昨年5位相当。腰痛で全日本外れた山本が果たして81分で走れるだろうかと思い、前者にしました。大森は昨年の海老澤の69分半が一つの目安。海老澤剛は無茶をせずに81分台で走ってくれれば良いです。残った4区は新井を置くか迷いましたが、ここ2年は村上というスタミナが不安で将来に期待している選手を起用していたので、森田。区間一桁が目標ですが、大崩れはせず走ってくれると思います。6区は樋口が準備しているのは間違いないと思います。「今回の希望は6区」とラジオ日本のコメントでありますし、「目標は区間新記録・良い流れを作ります」と(ホームページの)アンケートで回答しています。7区は昨年好走した海老澤太。上尾ハーフ65分8秒とそこまで悪かったわけではありませんし、11月末に自己ベストで昨年よりも期待できると思います。8区は秘密兵器を用意しているとのことですが、三大駅伝出走がないものの記録挑戦会素晴らしい走りを見せた細谷と予想。故障だけに気をつければ区間一桁はノルマとまで思っています。9区山本、10区新井は万全ならば区間一桁がノルマ。もし山本の状態が良くないなら9区に新井を持ってきてアンカーを久保田・藤花・水野あたりに任せるといった感じでしょうか。全体的にはシード権を争う大学の中では最上位というか、シード権を争う大学の範囲に入れても良いのかどうかというくらいチーム力があり、5位以内というのも良い目標だと思います。カギとなるのは9,10番目の選手。上尾ハーフ・11月末の記録会ともにまずまずの水野・藤花、箱根経験者で11月末の記録会最も良かった久保田・海老澤太といるものの、村上・森田が前半戦ほど好調ではないために青学・駒大・東洋・早稲田・東海に比べると見劣りするという印象。そういった選手の踏ん張りがカギを握ると思います。

箱根駅伝予想(7)大東文化大学

4年
大隅裕介
箱根16年(補欠)・15年1区9位・14年9区17位(137位)・13年補欠
全日本15年補欠(4組26位)・14年4区10位(3組15位)・13年7区7位(OP6位)
関カレ15年10000M9位ハーフ31位・14年5000M23位10000M20位
主将。チームで唯一28分台をもつ。出雲前に故障しており、11月末の取材ではまもなくポイント練習参加するとのこと。

森橋完介
箱根16年(6区8位)・15年8区11位・14年補欠(155位)
全日本15年4区11位(3組19位)・14年補欠(2組28位)
関カレ15年ハーフ10位
秋になって絶好調。出雲・全日本もしっかりと走った。上尾ハーフ64分6秒、12月5日に29分25秒の自己ベスト。

立花克広
全日本15年補欠
今年度は5000Mで14分34秒の自己ベスト。上尾ハーフ68分30秒も12月5日に29分52秒の自己ベスト。

清水建伍
全日本予選会のエントリーに入った選手。上尾ハーフ65分53秒だったが、12月5日に29分49秒の自己ベスト。

3年
北村一摩
箱根16年(1区14位)・15年7区17位・14年補欠(160位)
全日本15年2区17位(3組4位)・14年3区10位・13年5区13位(1組18位)
関カレ15年5000M14位
トラックは良いがロードを苦手としている選手。記録挑戦会は29分21秒だったが、12月5日に30分00秒。

中野光
箱根16年(5区13位)
全日本15年6区18位
関カレ15年3000SC4位・14年3000SC6位・13年3000SC10位
出雲・全日本と撃沈。上尾ハーフ66分8秒で、それ以降レースには出ていない。

鵜沢駿介
全日本15年5区9位・14年補欠
今秋ブレイクした選手。9月末の平国大で29分49秒の自己ベストをだし、全日本好走。以降レースには出ていない。

下尾一真
全日本15年3区16位・13年補欠
1年時に29分台を出した。2年以降は目立てていなかったが、上尾ハーフ67分17秒も、12月5日に29分25秒の自己ベスト。

鈴木太基
昨年4月に30分13秒で走った選手。10月末に30分21秒も12月5日の記録会は30分56秒だった。

2年
原法利
箱根16年(3区9位)・15年4区16位
全日本15年1区27位(4組35位)・14年補欠(1組7位)
関カレ15年ハーフ33位
チームの主軸として期待されている選手。出雲では好走したが、全日本では体調不良で撃沈。12月5日に30分36秒。

山本翔馬
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年8区17位(1組12位)・14年補欠
関カレ15年3000SC8位・14年3000SC予選
記録挑戦会は31分24秒だったが、12月5日に29分47秒の自己ベスト。ハーフ64分27秒の自己ベストをもつ。

林日高
箱根15年補欠
全日本15年補欠
昨年度5000M,10000Mで自己ベストを出している。上尾ハーフ64分14秒、12月5日に29分36秒の自己ベストと好調。

1年
大久保陸人
箱根16年(4区13位)
全日本15年7区16位(2組8位)
父は箱根5区4年連続区間賞。前半戦好調だったが、出雲・全日本とイマイチ。全日本以降レースに出ていない。

新井康平
箱根16年(補欠)
関カレ15年1500M予選
IH1500M6位のスピードランナー。11月15日に13分57秒、12月5日に29分33秒の自己ベスト。

谷川貴俊
関カレ15年5000M48位
都大路3区11位。4月に自己ベストを出して以降良くなかったが11月14日に30分31秒の自己ベスト、11月末のハーフは65分47秒。

中神文弘
都大路6区12位。前半戦はレース出走なかったが、秋に復帰すると11月15日に14分29秒。12月5日に29分40秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
前田将太(2年)…全日本予選会1組11位、出雲2区11位。全日本エントリーも出雲以降レースに出ていない。
渡辺拓巳(2年)…全日本予選会2組10位。11月14日は30分27秒と悪くなかったが11月末のハーフは70分10秒かかってしまった。

予想オーダー
原2ー大隅4ー北村3ー新井1ー大久保1
鴇沢3ー林2ー谷川1ー森橋4ー山本2
前田が外れたのは痛いですが、他に大きなエントリー漏れはなくそこまで悪くはないエントリーだと思います。わりと希望区間に配置されることが多い大学だと思ったので、それを意識してオーダーを予想してみました。原は全日本は体調不良のせいで区間最下位でしたが、出雲は悪くなかったですし希望している1区に再び置いてみても良いかなと思いました。区間15位くらいが1つの目安になると思います。大隅はある程度調子が戻っているならば何とか区間12,3位くらいで耐えてくれないかなと思いました。因みに、もし間に合わなさそうならば2区森橋9区山本の可能性が高いでしょうか。北村は大学に入ってロードでの好走経験がないですし、正直言って序盤の区間は怖かったので3区にしました。とはいえ、繋ぎ区間に回す余裕はないでしょう。4,5区に1年生が続く可能性もありますので、何とか大崩れせずに走ってほしいところ。4区は20kmの経験はないですが、新井は10000Mも好走しましたしスピードを活かして何とか走ってくれないかなと。因みに、6区に下級生の起用があるとしたら新井しかないと思っています。5区は全日本以降レースに出ていない大久保。適性が半端なく高ければ3分はよくなると思いますので、82,3分台がでたら満点。85分台も覚悟せざるを得ないと思っています。山は下級生ということですが、2年生以下は全員11月末以降レースに出ていますし、鴇沢・中野あたりが準備していると予想。鴇沢は今伸びていますし、59分台も普通に狙えると思っています。7区は一応アンケートで答えている林。正直主要区間も考えたくらいで繋ぎ区間で最も安心できかつ期待できる区間ではないでしょうか。谷川は川越ハーフ良かったですし、上り調子でポテンシャルがあるところから十分任せてみたいと思いました。6,7区良い流れで来る可能性も高いので大崩れせずにまとめてくれれば十分です。森橋は9区を走れるなら区間一桁はノルマだと思っていますし、最も期待するのですが、果たしてそのころシード争いに残っているかどうか。2区ならば区間10位台前半では耐えてくれると思っています。山本は全日本・その後の記録会とよくなかったので不安が残りますが、間近の記録会良かったですし10区かなと。2年連続してここで他大がブレーキしてシード権獲得していますし、区間12位くらいでまとめてくれればやれることはできたと思います。このオーダーだと復路順位は一桁も十分可能だと思っていますが、往路が不安すぎるかなというのが正直な印象。1区原は全日本体調不良で撃沈、2区大隅は故障明け、3区北村ロード苦手、4区新井10kmより長いレース走ったことがない、5区大久保は走力不足ですからね。新井・大久保あたりは賭けるにしても、1区大隅2区森橋9区原あたりで展開した方が安心できると思いますが…。

箱根駅伝予想(6)法政大学

4年
中村涼
箱根16年(111位)・15年(83位)・14年4区6位(補欠)・13年補欠(191位)
全日本15年(3組15位)・14年(3組10位)・13年7区9位・12年(1組35位)
関カレ15年10000M22位・14年10000M29位
昨年の箱根予選会チーム2番手。今年の箱根予選会はあまり良くなかったが、記録挑戦会は29分26秒だった。

有井渉
箱根16年(37位)・15年(111位)・13年補欠
全日本15年(1組14位)
今年の箱根予選会チーム2番手。箱根予選会後少し足を痛めたこともあり記録挑戦会は29分55秒だった。

藤井翔太
箱根16年(92位)・15年(145位)
全日本13年補欠
関カレ15年ハーフ37位
10000Mは得意な一方で、20kmは苦手としていたが、今年の箱根予選会好走。箱根予選会以降レースにでていない。

田中優大
箱根16年(134位)
昨年12月に30分18秒、今年の学生ハーフ65分11秒で走っている。今年の箱根予選会チーム10番手、以降レースにでていない。

3年
足羽純実
箱根16年(12位)・15年(139位)・14年補欠(5区5位)
全日本15年(4組33位)・14年(3組2位)・13年5区5位(3組27位)
関カレ15年10000M26位・14年10000M34位・13年5000M23位
エース。やや調子に波がある。八王子ロングディスタンスは30分14秒とあまりよくなかった。

坂田昌駿
箱根16年(54位)・15年(100位)・14年補欠
全日本13年補欠(OP13位)
故障が多いが箱根予選会は2年連続好走。八王子ロングディスタンスは先頭を引っ張る場面もあり29分47秒の自己ベスト。

城越洸星
箱根16年(91位)
全日本15年(2組23位)
監督一押しの選手。前半戦は30分半くらいで安定していたが、箱根予選会好走、記録挑戦会29分29秒の自己ベスト。

岡田悠
箱根16年(137位)
高校時代14分38秒、都大路4区21位の実績がある。箱根予選会チーム11番手。以降レースにでていない。

篠村政寛
高校時代14分59秒だった。法大記録会で30分05秒の自己ベスト。学生ハーフ66分5秒で走っているらしい。

2年
細川翔太郎
全日本15年(4組15位)・14年(1組26位)
関カレ15年ハーフ20位
全日本予選会29分22秒の自己ベストなど大きく伸び今やチームの柱。5区の準備をしており記録会にはでていない。

阿部泰久
関カレ15年3000SC予選
学生ハーフ65分15秒で走っている選手。上尾ハーフ67分54秒,法大記録会は30分22秒だった。

増田真也
学生ハーフ65分8秒で走っている選手。上尾ハーフは65分31秒,法大記録会は30分20秒と微妙な結果。

園田憲佑
高校時代14分24秒の自己ベストを持ちドラ1だった。上尾ハーフ64分42秒と好走したが,記録挑戦会31分01秒だった。

1年
土井大輔
箱根16年(123位)
全日本15年(2組30位)
都大路1区30位。箱根予選会チーム9番手。記録挑戦会では状態がよくなかったが粘りの走りで30分03秒の自己ベスト。

本多寛幸
箱根16年(89位)
都道府県5区19位。箱根予選会チーム4番手。山登りの準備をしているようで箱根予選会以降レースにでていない。

坂東悠汰
関カレ15年1500M予選
1500M3分50秒の自己ベストをもつスピードランナー。上尾ハーフは67分47秒だったが,法大記録会で29分55秒の自己ベスト。


主なエントリー漏れ
佐藤和仁(4年)…主将。箱根8区6位の実績がある。箱根予選会は失速して233位。アップダウンが得意らしい。
磯田和也(2年)…全日本予選会1組4位と好走した選手。箱根予選会は少し調子を落としていたが、116位と粘った。

予想オーダー
坂田3ー足羽3ー城越3ー中村4ー細川2
田中4ー土井1ー本多1ー有井4ー藤井4
10番手を争う佐藤・磯田がエントリー漏れ。全員が万全で迎えられたら大きな問題にはならないでしょうが、層が薄くなったなというのが正直な印象です。坂田・足羽だけ八王子ロングディスタンスに出たので1,2区と予想。坂田が一番のカギになると思います。実力を考えれば前が見える15位くらいが一つの目安になると思いますが、2区攻める区間でないことを考えると何とか10位前後で渡してほしいところ。足羽はムラがあるのが気になりますが、細川を除けば足羽しか2区を務められる選手がいません。高田などについていければおもいもよらず好走する可能性もあると思っていますが、良くない位置で受け取っても何とか順位を落とさず走ってほしい。箱根予選会・記録挑戦会ともにしっかりと走っていて監督一押しの城越を3区。3区終了時点で15位くらいならシード権もギリギリ見えてくると思います。4区は攻めるために2年前好走した中村。記録挑戦会は良かったですが、10000Mに比べると20kmはやや物足りない成績のこともあるので、4区にしました。5区は細川と本多が候補に上がっているようですが、細川が主要区間を走らないことが考えられなかったので、細川にしました。81分台はノルマ、80分台で走ればシード権を争う大学と比べても大きくアドバンテージが取れると思います。アンケートに6区と答えていて箱根予選会以降レース出走のない田中を6区。箱根予選会も大崩れせずまとめていましたし、60分台で走ってもらいたいところ。10人目は園田は上尾良かった反面間近の記録会よくなかった。坂東は29分台出した反面上尾ハーフよくなかったということで、箱根予選会・記録挑戦会ともに大崩れせず走れていた土井を7区。区間15位くらいで粘ってほしいです。8区は山の準備もしている本多。状況さえ悪くなければ区間一桁を目標に走ってほしいです。有井も9区なら持っている力を出し切れるでしょうし、変に引っ張り続けなければ12,3位くらいでは走ってくれるのではないでしょうか。トラックが得意な藤井をアップダウンの少ない10区。記録会にでていないのは気になりますが、状態が悪くなければある程度走ってくれると思います。このオーダーだと序盤が不安すぎますね。個人的には5区本多2区細川で1区足羽3区坂田7区城越とした方が流れはつかみやすいかなと思います。5区本多で83,4分かかってシード権は無理でも来年本多が成長して81,2分で走ってくれるのではないかなと。シード権は厳しくても、何とか12,3位くらいでゴールして次年度につなげたいですね。

箱根駅伝予想(5)東京国際大学

4年
小針旭人
箱根16年(135位)・15年8区15位(56位)・13年(280位)
全日本15年(2組38位)・14年(4組39位)
関カレ15年3000SC6位・14年3000SC2位・13年3000SC予選・12年3000SC予選
今年度は調子を落としていたが、11月14,15日に30分01秒,14分31秒と調子を上げてきている。11月末のハーフは66分40秒。

関竜大
箱根16年(36位)・15年(141位)・14年(125位)
全日本15年(1組33位)・14年(3組28位)
関カレ15年10000M33位・14年10000M37位・13年ハーフ48位
主将。箱根予選会はチーム2番手。11月14,15日に29分48秒,14分34秒のシーズンベスト。11月末のハーフは66分1秒で走った。

湊太一
箱根16年(182位)・14年(233位)・13年(261位)
全日本14年(2組40位)
関カレ13年ハーフ44位
今年の学生ハーフ65分15秒で走った。11月14日に30分54秒も翌日14分49秒の自己ベスト。11月末のハーフは66分30秒。

3年
照井明人
箱根16年(119位)・15年(112位)・14年(111位)
全日本15年(4組31位)・14年(4組35位)
関カレ15年ハーフ15位・14年ハーフ20位・13年10000M34位
10000Mチーム4番手の記録をもつ。11月14日に29分35秒のシーズンベスト、15日は14分38秒。

鈴木大貴
箱根16年(51位)・15年(133位)・14年(242位)
全日本15年(1組22位)・14年(1組28位)
関カレ15年5000M34位・14年ハーフ34位・13年5000M27位
10000Mチーム3番手の記録を持ち、箱根予選会もチーム3番手。箱根予選会以降レースにでていない。

石井辰樹
箱根16年(107位)・15年(184位)・14年(165位)
全日本15年(2組27位)
箱根予選会チーム5番手。11月末に66分23秒で走ると、5日に29分43秒の自己ベスト。

熊谷光
箱根16年(149位)・15年(146位)
関カレ15年3000SC予選
2年連続箱根予選会でチーム10番以内に入っている選手。箱根予選会以降レースにでていない。

貝崎秀哉
箱根15年(323位)
全日本14年(1組38位)
関カレ14年ハーフDSQ
学生ハーフ64分36秒で走った。11月14日に30分14秒の自己ベスト、15日は14分39秒のシーズンベスト。

2年
シテキスタンレイ
箱根16年(3位)・15年(7位)
全日本15年(3組3位)
爆発力はないが、安定して結果を残している選手。11月末のハーフは64分33秒で優勝している。

荒井大輝
箱根15年(258位)
全日本15年(4組36位)・14年(3組36位)
関カレ15年10000M27位
10000Mチーム5番手の記録をもつ選手。箱根予選会は故障でエントリーから漏れたが、10月半ばから本格復帰したらしい。

濱登貴也
箱根16年(81位)・15年(126位)
全日本15年(3組28位)・14年(2組29位)
箱根予選会チーム4番手。11月14日に29分56秒の自己ベスト、15日は14分35秒のシーズンベストと好調。

鈴木聖人
箱根16年(136位)
箱根予選会チーム8番手。11月14日は31分38秒だったが、15日は14分41秒のシーズンベスト。11月末のハーフは67分5秒だった。

山中章弘
箱根15年(220位)
前回の箱根予選会チーム10番手。9月末に30分31秒で走り、箱根予選会もエントリーには入っていた。

鈴木博斗
昨年12月に30分13秒で走っている。11月14日は31分26秒だが、15日は14分41秒のシーズンベスト。11月末は67分11秒だった。

1年
福田琉楓
箱根16年(154位)
6月に14分45秒の自己ベスト。箱根予選会チーム10番手で走ると11月14日に30分9秒の自己ベスト、15日は14分50秒だった。

河野歩
10月末に14分54秒で走ると、11月14日に31分0秒ながら自己ベスト。

主なエントリー漏れ
新田裕貴(2年)…関カレ1500M7位のスピードランナー。昨年の箱根予選会143位。10月初めに14分45秒で走っている。
梅本祥汰(1年)…今年の箱根予選会169位。箱根予選会以降レースにでていない。

予想オーダー
関4ースタンレイ2ー鈴木3ー荒井2ー濱登2
熊谷3ー石井3ー小針4ー照井3ー福田1
梅本や上村ではなく河野がエントリーに入りましたが、箱根駅伝明らかに走ってほしい選手は全員入り、順調なエントリーだと思います。松村コーチが1,2区に力のある選手を置くということで1区箱根予選会チーム2番手の関、2区は留学生のスタンレイとしました。関は区間15位くらいで来てくれると思いますが、チーム2番手を置くとはいえ箱根予選会36位は決して実力がある方ではないので、スローペースになると嬉しいところ。スタンレイも留学生は2区かなり走ることが多いので、7,8位くらいまでもってきてくれるのではないでしょうか。監督がポイントとしている3区はスピードもあり箱根予選会チーム3番手の鈴木大でしょう。90回の金森くらい走ってくれれば一気に良い流れになるのですが、現実的には区間15位くらいで10位くらいに粘ってくれれば十分だと思います。4区は1年生も考えましたが、よりスピードがある反面、スタミナに不安のある荒井。88回の大池や90回の石川のように前半スピードを活かして後半も粘って56分半が一つの目標になると思います。5区は任せられる選手が正直言っていないのですが、箱根予選会チーム4番手で上り調子の濱登になるでしょうか。昨年セルナルドも85分半かかりましたし、85分が一つの目安になると思います。6区は3000SCやっていて箱根予選会2年連続ある程度走っている熊谷としましたが、正直言って厳しい。61分を目標に、何とか61分半では走って他大と競れる位置で渡したいです。当初は7区福田10区石井と思っていましたが、アンケートの回答区間が逆でしたし、展開の良くなさそうな7区に1年生を置くのはさすがにかわいそうと思い、7区石井10区福田と予想。区間15位くらいで走ってくれれば十分収穫だと思います。8区には経験者の小針、9区には照井と実力者を配置してこの2人は展開が厳しい中でも区間一桁を目標に頑張ってもらいたいです。初出場校は序盤と山が厳しいのですが、スタンレイがいることで何とか序盤はこなせると思います。ただ、山は厳しいですね。とりあえず4区までシード圏内、復路も17位くらいでまとめて来年度以降に繋がる駅伝にしていきたいです。

箱根駅伝予想(4)中央大学

4年
徳永照
箱根16年(4位)・15年7区8位(18位)・14年7区7位(3区6位、189位)・13年7区14位(4区4位)
全日本15年(4組9位)・14年(3組31位)・13年(4組29位)・12年5区8位
関カレ15年5000M14位10000M11位・14年5000M16位10000M14位・13年ハーフ28位
Wエースの1人。日本インカレ10000M日本人トップ、箱根予選会は故障明けも日本人トップ。11月末は29分32秒だった。

小谷政宏
箱根16年(212位)・15年5区7位(81位)・14年5区13位
全日本15年(1組26位)
関カレ15年ハーフ30位
2年時いきなり箱根5区で粘った選手。9月に故障して箱根予選会は良くなかったが、11月に30分13秒の自己ベスト。

藤井寛之
箱根15年3区15位・14年補欠・13年補欠(2区4位)
全日本12年補欠
関カレ15年10000MDNF
主将。ハーフ63分18秒で走ったことがある。関カレ途中棄権して以降レースに出ていなかったが、5日に30分12秒で復帰した。

松原啓介
箱根16年(94位)・15年9区18位(32位)・14年(6区9位,220位)
全日本12年補欠
関カレ14年ハーフ38位
昨年の箱根予選会驚きの好走した選手。上尾ハーフ63分55秒、記録挑戦会29分44秒の自己ベストと絶好調。

3年
町澤大雅
箱根16年(15位)・15年1区10位・14年3区16位(1区8位、270位)
全日本15年(4組40位)・14年(3組18位)
関カレ15年10000M3位・14年5000M17位・13年5000M17位
Wエースの1人。箱根予選会はラスト5kmでペースダウンしたが、上尾ハーフ62分57秒で4位だった。

鈴木修平
箱根16年(71位)・15年4区13位(54位)・14年補欠(4区9位)
全日本15年(3組37位)・14年(2組13位)
関カレ15年ハーフ35位・14年ハーフ35位
前半戦は大舞台でよくなかったものの、秋に14分9秒、箱根予選会まずまず、記録挑戦会も29分24秒の自己ベスト。

谷本拓巳
箱根15年6区6位(159位)・14年補欠(2区12位)
ほぼ実績がなかったが、今年の箱根6区6位と好走。ケガで調整は遅れ気味だが、上尾ハーフ65分28秒で復帰した。

市田拓海
箱根16年(192位)・15年補欠(121位)・14年8区16位(161位)
全日本15年(2組18位)・13年(3組18位)
関カレ15年1500M10位・14年1500M予選
1年時にハーフ63分台出しているものの非常に波がある選手。箱根予選会はチーム10番手だったが、上尾ハーフ64分7秒。

渥美良明
箱根16年(130位)・15年補欠(67位)・14年補欠(141位)
関カレ14年ハーフ21位
箱根予選会チーム8番手。箱根予選会後レースに出ていなかったが、13日の国士舘記録会にエントリーされている。

相馬一生
箱根16年(44位)・15年補欠(120位)
秋に14分24秒の自己ベストを出すと箱根予選会チーム3番手の好走。記録挑戦会も29分48秒の自己ベスト。

新垣魁都
箱根16年(88位)・14年補欠
全日本15年(2組15位)
関カレ15年ハーフ19位
今年度非常に安定感がある選手。箱根予選会もチーム5番手。上尾ハーフは65分3秒で走った。

2年
蛭田雄大
都大路7区29位。今年は学生ハーフ66分台、上尾ハーフ66分24秒も一週間後に30分22秒の自己ベスト。

江連崇裕
都大路5区20位。今年の夏までは全く目立っていなかったが、上尾ハーフ66分32秒で走ると5日に30分26秒の自己ベスト。

1年
堀尾謙介
箱根16年(127位)
関カレ15年5000M31位
今年のドラ1。箱根予選会はチーム7番手だったが、上尾ハーフ71分かかってしまった。5日に30分7秒の自己ベスト。

苗村隆広
都大路3区10位の実績をもつ選手。前半戦もまずまず。世田谷ハーフは66分48秒だったが、5日に29分52秒の自己ベスト。

神崎裕
都大路7区21位。世田谷ハーフ66分42秒。5日の記録会は30分29秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
三宅一輝(4年)…今年の関カレ5000M入賞したスピードランナー。上尾ハーフ69分22秒で復帰したが、5日の記録会は欠場。
竹内大地(2年)…今年の関カレ3000SCで入賞した選手。箱根予選会は15kmから急失速。記録挑戦会は30分28秒の自己ベスト。

予想オーダー
町澤3ー徳永4ー鈴木3ー堀尾1ー小谷4
谷本3ー相馬3ー市田3ー松原4ー新垣3
想定はしていましたが、三宅が外れたのは痛いですね。往路を務められる数少ない選手だったのですが、間近の記録会欠場していますし状態が良くないのでしょう。1,2区は町澤、徳永で良いと思います。1区町澤はハイペースになっても区間一桁ではまとめてくれるのではないでしょうか。スローペースになってもエースを1枚使って勿体無い気になりますが、箱根予選会のように引っ張って終盤失速することだけは気をつけてほしい。徳永は安定してきましたし、2区他に任せられる選手もいません。箱根予選会・全日本のように他大の選手を使いながらクレバーに走ってくれると思います。問題は3区。本当はここに藤井や三宅をおきたかったのですが、箱根予選会後に本調子までは戻らなかったので10000Mチーム4番手の鈴木を置くしかないと思います。箱根4区13位、全日本予選会3組37位という実績から不安が残りますが、何とか区間15位くらいで粘ってほしいところ。4区はスタミナに不安のある堀尾。間近の記録会29分台出せませんでしたし、案外藤井が4,7区のいずれかに起用されるかもしれません。5,6区は小谷、谷本で心配ないと思います。小谷は箱根予選会よくなかったですが故障明けでしたし、谷本も上尾ハーフ65分台でしたが、2人とも走力はそこまでなく適性が高い選手。合わせて141分くらいで走ってくれると思います。7区は力のある選手を例年置いているので相馬。区間一桁はノルマで、10位の大学と1分差くらいならここで詰め切ってもらいたいです。ここでシード圏内に入っていないと厳しいと思います。8区は10人目の選手。渥美が調子上げていれば起用される可能性はあると思いますし、苗村・市田を含めたあたりから1人走ると思います。9区は経験者ということで松原。区間一桁は厳しいでしょうが、昨年と違って余裕のある位置で受け取れる可能性は少ないでしょうし、何とかシード権上で踏みとどまってほしいところ。アンカーは安定している新垣。沖縄出身で暑さが得意かなというのと、昨年10区で失速したので今年は安定感のある選手をおいてくるのではないかと予想。9区終了時点でシード圏内にいれば問題ないと思います。最もカギになるのは3,4区。1,2区は問題ないでしょうが、5区以降は大崩れしなさそうな一方で爆発力はないので、4区終了時点で15位くらいだと厳しいかなと思います。個人的には3,4区に相馬、鈴木を置いて、8区新垣で8区までに流れを作って後は野となれ山となれでも良いかなと思っていますが、バランスの良いオーダーを組んでくるのではないでしょうか。

箱根駅伝予想(3)拓殖大学

4年
金森寛人
箱根16年(5位)・15年2区13位・14年3区11位(65位)・13年(118位)
全日本15年(4組17位)・14年(4組29位)・13年(3組23位)・12年(2組23位)
関カレ15年5000M4位10000M3位・14年5000M19位10000M25位・13年ハーフ39位12年5000M25位
主将でWエースの1人。前半戦は絶好調で、箱根予選会は日本人2位、記録挑戦会は29分41秒。

東島彰吾
箱根16年(24位)・15年3区14位・14年1区17位(63位)
全日本14年(1組16位)
関カレ14年10000M28位
トラックのタイムはそこまでではないものの、ロードで非常に安定している。記録挑戦会で29分27秒の自己ベスト。

栩山健
箱根16年(163位)・15年9区17位・14年補欠(40位)・13年(102位)
全日本14年(3組33位)・13年(4組33位)
関カレ15年5000M31位・14年ハーフ54位・13年ハーフ16位
下級生の頃主力だった選手。上級生になってからは結果を残せていなかったが、記録挑戦会は29分32秒の自己ベスト。

横瀬健吾
箱根16年(152位)・15年補欠
関カレ15年3000SC10位・14年3000SC予選
昨年の上尾・学生ハーフともに65分半。上尾ハーフは66分58秒だったが、5日に30分55秒の自己ベスト。

白石海斗
箱根16年(141位)
2年連続全日本予選会のエントリーに入った。学生ハーフ65分4秒出している。記録挑戦会30分30秒と自己ベスト付近で走った。

平尾希
箱根15年補欠
学生ハーフ64分台出している選手。箱根予選会は当日出走せず。上尾ハーフ66分13秒も5日に30分25秒の自己ベスト。

3年
宇田朋史
箱根16年(20位)・15年8区18位・14年8区17位(91位)
全日本15年(3組26位)・14年(2組27位)
関カレ15年ハーフ17位・14年ハーフ17位
直前に29分29秒の自己ベストをだし、箱根予選会も好走。記録挑戦会で29分22秒の自己ベスト。

大中亮矢
箱根15年補欠
上尾ハーフ65分13秒出したものの、今年に入ってからレースに出ていなかった。5日に30分47秒の自己ベストで復帰。

横手大輔
高校時代の自己ベストは15分40秒。大学2年時に15分26秒の自己ベストを出していたらしい。

2年
苅田広野
箱根16年(225位)・15年補欠
関カレ15年ハーフ41位
学生ハーフ64分台出すと、4月末に30分18秒の自己ベスト。上尾ハーフは67分6秒だったが、6日に14分40秒の自己ベスト。

土師悠作
全日本15年(1組39位)
前半戦自己ベストを30分22秒まで伸ばした選手。全日本予選会以降レースに出ていなかったが、6日に14分44秒の自己ベスト。

山本和希
都大路3区39位。1年時はハーフ67分台だったが、上尾ハーフはチームトップの65分57秒。6日の記録会は14分53秒で走った。

1年
ワークナー・デレセ
箱根16年(2位)
全日本15年(4組13位)
関カレ15年5000M7位10000M5位
大学入学までは1500Mまでしか走ったことがなかった。爆発力はないが、安定している。記録挑戦会28分43秒の自己ベスト。

馬場祐輔
箱根16年(45位)
全日本15年(3組20位)
関カレ15年10000M28位
14分24秒の自己ベストをもって入学。記録挑戦会29分6秒の自己ベスト。上りに強いらしく、故障がなければ5区確定的。

戸部凌佑
箱根16年(63位)
全日本15年(1組31位)
都大路3区18位の実績がある選手。函館ハーフ64分台などロードに強い模様。記録挑戦会も29分52秒の自己ベスト。

今滝春彦
長野県で3000SC8位になったことがある選手。高校時代は15分32秒だったが、5日に30分56秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
新井祐崇(3年)…10000M30分18秒、ハーフ64分台を2回出している選手。5月以降レースにでていない。
西智也(2年)…箱根4区11位といきなり好走した選手。前半戦はレースに出走していたが、秋以降未出走。

予想オーダー
東島4ーワークナー1ー金森4ー戸部1ー馬場1
横瀬4ー宇田3ー平尾4ー栩山4ー白石4
秋以降レースに出ていなかった新井・西がエントリー漏れしたのはまだしも、箱根予選会チーム10番手で6区候補だった中原が外れたのは痛いですね。間近の記録会に出走した選手が多くエントリーされています。順番は決まっていないが、東島、デレセ、金森を1~3区に配置すると監督が言っていた模様。昨年は留学生がいないため1区にエースを置きましたが、留学生で取り返すことができるのでスローペースになって無駄にならないように東島を起用しました。ハイペースでも大崩れせずに走ってくれるでしょう。アップダウンが得意らしいワークナーを2区。爆発力はないですが安定感ありますし10位前後まで持ってきてくれるのではないでしょうか。そして、経験した3区金森で抜け出す作戦。63分台はノルマ、良い流れなら62分台も狙ってほしいところ。4区は前々回日本人エースの佐護を置いた一方で、前回は無名の西ということでどのような選手を置くか予想できません。上級生で4区に置きたい選手はいないですし、下級生で阿蘇に行ったのは苅田・戸部のみ。大穴で苅田予想するか迷いましたが、10人目は平尾かなと思い戸部にしてみました。苅田なら7区戸部8区宇田になると思います。良い流れで来ると思うので区間一桁を目標に走ってほしいです。馬場は神になるのは厳しいとしても、実力はあるだけに81分台を期待してしまいます。中原がエントリー漏れしたことで6区の予想がつきにくいですね。監督が独断で決めるので今滝・横手の可能性もあるかなと思いますが、無難に3000SCやっている横瀬と予想してみました。7区は昨年新井でしたが6区8区強力でしたし、野本や奥谷など実力者が比較的置かれる区間。今年は6区不安が残るので実力のある宇田か栩山と予想。栩山は長い距離で粘ってくれそうな一方で、繋ぎ区間でポイントゲッターになるのは厳しいかなと思い、7区宇田9区栩山と予想しました。間の8区は阿蘇合宿に参加し、上尾ハーフもある程度走れた平尾と予想。10区は記録挑戦会悪くなく、箱根予選会チーム7番手だった白石を置いてみました。全体的には繋ぎ区間は不安ですが、前後にフォローできる選手は置けそうですし、3区までで良い流れに乗れそうでシード権も十分狙えると思います。カギは6,7区。6区は岡田監督が苦手としており、宇田・栩山ともに箱根では好走した経験がないので復路の序盤で流れを切らさないかがポイントになりそうです。また、1,2,3区どの順番になるかも注目。

箱根駅伝予想(2)上武大学

4年
山岸塁
箱根16年(42位)・15年9区13位(46位)
全日本15年(1組28位)・14年4区14位(2組2位)
関カレ15年ハーフ52位
昨年ブレイクした選手。11月に14分22秒、29分16秒の自己ベスト。間近の伊勢崎シティハーフも走っている。

田林希望
箱根15年8区10位(60位)
全日本15年(4組22位)・14年7区11位(1組9位)
関カレ12年3000SC予選
期待されて入学して昨年戦力となった選手。故障で箱根予選会はエントリー漏れしたが、5日に30分10秒で復帰。

東森拓
箱根16年(13位)・14年4区18位
全日本15年(4組27位)・12年補欠
昨年1年間休学していた選手。力はあるが、故障も非常に多い。箱根予選会59分台も11月初め以降レースにでていない。

石黒大介
箱根16年(172位)・15年補欠・14年補欠(252位)・13年補欠(170位)
全日本14年補欠
箱根予選会チーム8番手。11月に15分台、5日に30分48秒と調子はあまり良くないか。

3年
森田清貴
箱根16年(33位)・15年5区15位(61位)・14年補欠(191位)
全日本15年(2組13位)・14年6区10位
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC6位・13年3000SC予選
駅伝主将。11月に14分29秒の自己ベストを出したが、記録挑戦会は29分58秒だった。

志塚亮介
箱根16年(189位)・15年補欠(51位)・14年補欠(159位)
全日本14年補欠・13年(OP27位)
関カレ14年ハーフ18位
昨年の箱根予選会で好走した選手。今年度はあまり結果を残せていなかったが、5日に30分15秒とまずまず走った。

上田隼平
箱根16年(117位)・15年補欠(77位)
全日本14年5区15位
箱根予選会で安定して結果を残している選手。11月初め以降レースに出ていなかったが、伊勢崎ハーフでまずまず走った。

河崎裕史
箱根15年10区17位
全日本15年(3組21位)
関カレ15年ハーフ9位
昨年の上尾ハーフから出てきた選手。箱根予選会故障で欠場してから11月初めに14分50秒で復帰したが、5日は31分41秒。

佐藤史弥
箱根16年(179位)
今年の夏まで全く目立っていなかった選手。箱根予選会後に30分36秒の自己ベスト。伊勢崎ハーフもまずまず走っている。

馬本匠
全日本15年(1組30位)
関カレ15年5000M33位・14年1500M予選
スピードがあり1年から期待されている。上尾ハーフ65分50秒以降レースにでていない。アンケートには3年連続6区と回答。

2年
坂本佳太
箱根16年(26位)・15年3区16位(65位)
全日本15年(3組32位)・14年2区20位(4組33位)
関カレ15年5000M18位・14年5000M29位
1年から主力として期待されている選手。前半戦は不調だったが、記録挑戦会29分32秒の自己ベストと調子を上げてきている。

井上弘也
箱根16年(68位)・15年1区19位(288位)
全日本15年(2組3位)・14年3区8位(2組16位)
関カレ15年1500M1位5000M6位
チームで唯一13分台を持つ選手。スピードがある反面、スタミナはまだ不足している。5日は29分47秒だった。

松村修平
箱根16年(188位)
関カレ14年3000SC予選
箱根予選会チーム11番手。上尾ハーフ65分9秒で走って以降レースにでていない。

1年
田中佑弥
都大路6区14位。11月に14分19秒の自己ベスト、上尾ハーフも64分50秒と好走。伊勢崎ハーフもきちんとはしった。

主なエントリー漏れ
太田黒卓(1年)…IH800M8位のスピードランナー。箱根予選会はチーム6番手だったが、記録挑戦会は31分31秒だった。

予想オーダー
東4ー坂本2ー山岸4ー井上2ー森田3
馬本3ー田中1ー田林4ー上田3ー志塚3
太田黒・山岸広・小林あたりで16人かなと思っていましたが、14人にしてきましたね。太田黒は箱根予選会良かったですし故障でなければエントリーに入れても良かったと思うのですが。上武大はアンケートの区間がそこそこ役に立つのですが、今回5区の回答が松村、森田。6区の回答が志塚・馬本・田中・佐藤ということで、全部反映させてしまうと河崎を入れても平地が8人しか残らないので、12月に入ってレースにでていない森田・松村・馬本を山と考えました。アンケートに答える度に1区と回答している東を1区、昨年2区と回答した坂本を2区と予想。一番の懸念材料は東が11月初め以降レースにでていないこと。もともと故障が多い選手だけについ気になってしまいます。もし万全でなければ1区井上になるでしょうか。1,2区ともに不安もありますが、ここで出遅れてしまうと早々に終わってしまいます。6区が終わった時点で10位とおなじ位置以上でなければシード権取れないと言っていますし、復路に回す余裕はないので山岸塁を3区。4区井上を含めてここはシード権を争う大学に決して負けない区間ですから、ここで一つでも順位を上げていきたいところ。5区は経験者の森田。前回から3分縮めたいと言っていますが、個人的には1~2分縮めてほしいかなと。力をつけてきているとはいえ、実力がある方ではありませんがここで区間一桁を取れないとシード権争いは復路まで持ち越せないと思います。6区にもある程度良い選手を置くとのことで田中と迷いましたが、河崎の状態が不安で平地が足りませんし、将来の主力候補の1年生を6区に回すだろうかと思い馬本にしました。6区田中なら7区志塚10区佐藤(河崎)だと思います。田中以外だと志塚の可能性もあるでしょう。7区田中、8区田林は大きく順位を上げることは厳しいでしょうが、今いる位置でしっかりと走れると思います。上田は厳しいでしょうが、ここまで主力を残す余裕はないですし、安定しているので9区。区間15位くらいできてくれれば次に繋がるのですが。アンカーは志塚。ここまでこれば繰り上げになっている可能性も高いと思うので他の選手を使いながら次年度に繋がる走りをしたいところ。全体的にはもともと予選会得意で正月は苦手としている上に今回は10位通過ということで極めて厳しいですね。最下位争いの可能性も十分ありますが、とにかく往路だけでもシード権争いに加わりたいところ。東の状態を含めた1区どのように走るかと鬼門の6区誰がどのように走るかに特に注目しています。

箱根駅伝予想(1)日本体育大学

4年
勝亦祐太
箱根15年1区18位・14年3区17位(補欠)・13年1区7位(19位)
全日本14年8区8位・13年1区10位・12年1区7位(3組21位)
関カレ15年5000M12位・14年10000M23位
現部員唯一の箱根駅伝優勝メンバー。大舞台で波があるのが難点。上尾ハーフ65分5秒で復帰し5日の記録会で29分28秒。

奥野翔弥
箱根16年(14位)・15年2区14位・14年8区5位(補欠)・13年補欠
全日本15年8区15位(4組20位)・12年補欠
関カレ15年ハーフ28位14年ハーフ26位
主将にして大黒柱。5日の記録会で28分59秒の自己ベスト。ハーフ62分台を複数回出すなど20kmの実績は十分。

周防俊也
箱根16年(159位)・15年補欠・14年補欠
全日本15年補欠・14年6区9位
2年時に大きく伸びた選手。5日に29分25秒の自己ベストを出した反面、上尾ハーフ66分42秒と20kmは秋になって良くない。

平田健四郎
全日本15年補欠
今年の前半戦まで全く目立っていなかった選手。上尾ハーフは67分57秒だったが、5日に29分48秒の自己ベスト。

3年
山本航平
箱根16年(102位)・15年9区11位・14年7区13位
全日本15年補欠(4組30位)・14年7区7位・13年補欠
関カレ15年ハーフ31位
上尾ハーフは65分49秒だったが、5日に29分43秒の自己ベスト。今年の学生ハーフ63分台を出すなど長い距離のほうが得意。

秋山清仁
箱根15年6区4位
全日本13年補欠
今年箱根6区で好走。前半戦は不調だったが、上尾ハーフ63分53秒、5日に29分28秒の自己ベストと調子を上げてきた。

小野木俊
箱根16年(79位)・15年補欠
全日本15年7区6位(1組6位)・14年補欠
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選
今年度特に安定している選手。全日本で好走すると、上尾ハーフも64分53秒でまとめ、5日に29分13秒の自己ベスト。

小松巧弥
箱根16年(10位)
全日本15年1区15位(2組1位)・14年補欠
関カレ13年1500M予選
9月に29分14秒の大幅自己ベスト、箱根予選会もチームトップと今年度ブレイクした選手。5日の記録会は29分28秒。

2年
小町昌矢
箱根16年(16位)・15年5区19位
全日本15年4区16位・14年2区16位
箱根予選会59分台、5日の記録会で28分48秒の自己ベストを出した反面、全日本などやや不安定な面もある。

富永央
箱根16年(84位)・15年10区16位
全日本15年2区11位(3組8位)・14年5区10位
関カレ15年ハーフ12位・14年10000M27位
全日本予選会3組で好走、ホクレンで28分49秒の自己ベストを出した選手。5日の記録会は29分8秒で走っている。

吉田亮壱
箱根16年(66位)・15年8区17位
全日本15年3区11位(3組18位)・14年3区15位
関カレ15年5000M29位・14年5000M35位
良い記録を持っていた反面大舞台では失敗が多かったものの少しずつ安定してきた。5日の記録会は29分26秒。

辻野恭哉
箱根16年(83位)
全日本15年6区11位
都大路1区5位。大学ではずっと故障だったが、前半戦で復帰。上尾ハーフは66分25秒だったが、5日に29分29秒の自己ベスト。

城越勇星
箱根15年補欠
全日本15年(1組23位)・14年補欠
前半戦は記録会では安定して走れていた。世田谷ハーフ65分10秒で復帰すると、5日に29分31秒の自己ベスト。

大崎遼
高校時代は14分50秒台。この秋14分18秒、5日に29分35秒と一気に伸びてきた。上尾ハーフは67分51秒。

1年
室伏穂高
箱根16年(76位)
全日本15年5区11位
都大路1区16位。箱根予選会・全日本ともに堅実に走った。上尾ハーフ64分21秒、5日に29分31秒の自己ベスト。

宮崎勇将
夏の選抜合宿で全てこなせた選手。秋以降レースには出ていなかったが、5日に29分50秒の自己ベスト。

予想オーダー
小松3ー奥野4ー富安2ー吉田2ー小町2
秋山3ー辻野2ー室伏1ー小野木3ー勝亦4
三浦・山中の退部などもありましたが、大きなエントリー漏れもなくしかも間近の記録会上から16人をエントリーということで、現部員の中では非常に良いエントリーができたと思います。1区は全日本悪くなかったですし小松が良いと思います。スローペースなら問題ないでしょうが、ハイペースでも粘って大きく遅れない位置では渡してほしいところ。経験者の奥野を2区。長い距離は得意ですし、昨年よりは良い位置で襷を受け取るでしょうから、場合によっては区間一桁も期待したいところ。3,4区は全日本で前半区間を走った富安、吉田と予想しましたが、ここが一つカギになりそう。大崩れはしないでしょうが、全日本は積極性が足りずやや物足りない結果だったのも事実。今回も実力が自分より低い選手と走る展開も十分ありえるだけに、いかに前との差を詰められるでしょうか。最大のカギは5区の小町だと思います。もともと波がある上に12月まで記録会に出ていました。経験者といっても前回85分台で未知数なだけに好走して何とかシード圏内でゴールしてほしいところ。秋山は調子を上げているだけに58分台も視野に入れて走ってほしいです。7,10区は勝亦、山本、城越、辻野のうち誰を起用するか迷いましたが、間近の記録会最も良かった2人にしました。当初は7区勝亦にしていましたが、波があるため不安だったのと長い10区を勝亦が走るイメージがどうしてもできなかったので、7区辻野10区勝亦と予想。8区は5区の予備として練習させてアクシデントがなければ室伏、9区は安定感のあり間近の記録会非常に良かった小野木と予想してみました。往路終了時点でシード圏内ならばたぶん大丈夫でしょうし、往路もジワリと上げてシード圏内に入ることも十分可能だと思いますが、大エースがいないだけに大きなミスはそのまま致命傷になってしまいそうな印象。前述のように3,4,5区がカギですが、崩れないだけでなく攻めるところはしっかりと攻めたいところです。

卒業生のまとめ&2016年度の展望(1)國學院大學

4年
廣川倖暉
箱根16年(97位)・15年9区5位(31位)・14年7区6位(58位)・13年4区14位
全日本15年補欠(4組24位)・14年(3組12位)・13年(1組20位)
関カレ15年5000M20位・14年10000M34位

吾妻佑起
箱根16年(145位)・15年4区8位(114位)・14年9区20位(55位)・13年8区6位
全日本15年5区14位・14年(4組26位)・13年(2組13位)
関カレ15年5000M40位・14年5000M13位10000M12位・13年10000M28位

中瀬薫
箱根15年補欠・14年補欠(82位)・13年補欠
全日本14年(2組17位)・13年(1組19位)・12年(2組20位)

瀬川大貴
箱根16年(96位)・15年補欠・14年補欠
全日本15年8区12位
関カレ15年ハーフ13位

坂本航平
箱根15年補欠
全日本15年(2組24位)

高橋遼太
箱根15年(130位)

池沢健太
箱根14年補欠

香取範如
関カレ14年1500M予選・12年1500M予選
4年間チームの主軸として活躍したのは吾妻と廣川でしたね。吾妻は入学時から鳴り物入り、廣川は1年の間にぐんとのびました。3年まではどちらも活躍したものの(吾妻がロードで結果残せなかった時期もありましたが)、最終学年は前半戦廣川良かった反面、吾妻はずっと不調。箱根予選会ではどちらも計算外となってしまいました。この学年で次に印象に残っているのは中瀬でしょう。全日本予選会3年連続出走するなど記録会やロード含め安定感抜群。もう少し地力をつけられれば完全に主力になれたと思いますが、最終学年は目立てませんでしたね。最終学年で大きく伸びたのは瀬川と坂本。瀬川は2年からエントリーには絡んでいたものの、安定感や特別に良い記録は出せず大舞台には出走できていませんでした。ただ、最終学年になって関カレ・箱根予選会・全日本とロードで目立ちましたね。坂本は昨秋伸びるとその勢いのまま前半戦まで好走しましたね。ただ、全日本予選会ではアクシデント気味に失速してしまいました。主将の高橋は入学時から期待していたものの、2年秋以降29分台64分台と伸びて以降成長を見せられませんでした。他、29分30秒台で走った池澤・岡部もいます。


3年
蜂須賀源
箱根15年1区14位(8位)・14年8区13位(76位)
全日本15年(1組18位)

細森大輔
箱根16年(28位)・15年6区14位(63位)
全日本15年1区14位
関カレ15年ハーフ11位

稲毛悠太
箱根16年(62位)・15年補欠(75位)・14年(87位)
全日本15年4区14位(3組27位)・14年(3組24位)・13年(2組11位)
関カレ15年10000M22位・14年ハーフ14位

畑中大輝
箱根14年補欠
全日本15年(1組2位)・14年(1組1位)

松本流星
箱根16年(193位)
全日本15年補欠(4組29位)
関カレ15年5000M15位

曽我部憲汰
全日本15年補欠
関カレ15年ハーフ15位

中嶋大
箱根14年補欠
関カレ14年ハーフ21位

川本博大
箱根15年(187位)
チームの主力を担う多くはこの学年だと思います。28分台を持ち箱根予選会一桁で走ったこともある蜂須賀、今年の箱根予選会チームトップの細森、10000Mチーム2番手で箱根予選会チーム2番手だった稲毛にはトラック、ロードともに期待したいところ。蜂須賀は例年前半戦は不調なので無理せず、細森はこの秋の勢いのままに、稲毛はだいぶ安定してきましたが重要な舞台で更なる結果を残してくれると嬉しいです。全日本予選会2年連続好走している畑中、前半戦全日本予選会最終組で粘るなど飛躍した松本にはロードでも期待したいです。とくに畑中は高島平で1年時好走しているだけに夏の故障には注意してもらいたいですね。また、曽我部は箱根予選会直前に故障しましたが、関カレハーフで粘走するなど成長を見せましたし、次年度は一定以上期待できると思います。ほかでは、川本が29分台、上尾ハーフ65分2秒など秋になって調子を上げてきました。

2年
向慎平
箱根16年(78位)
全日本15年2区14位

内田健太
箱根16年(147位)
全日本15年7区11位

花沢拓己
箱根16年(142位)
全日本15年補欠
関カレ15年1500M予選

渡辺貴
箱根15年補欠
全日本15年(2組16位)

國澤優志
箱根16年(150位)
全日本15年6区16位

磯辺翔太
箱根16年(197位)・15年補欠
全日本15年補欠
高校時代実績のある選手が少しずつ本領を発揮し始めてきた印象。向はホクレンで29分27秒の自己ベストを出すと、箱根予選会二桁、全日本は主要区間と主力になりました。内田も前半戦はレースに出ていませんでしたが、全日本でしっかりと走りました。また、花沢・國澤・磯辺が箱根予選会に、渡辺が全日本予選会に出走。國澤は全日本では結果を残せませんでしたが、記録挑戦会で29分33秒の自己ベストと力はつけているようです。他、高校時代実績のある中では小田が14分27秒の自己ベストをだし上尾で64分台、河野が5000Mで自己ベストと調子を上げてきていて、全国駅伝の経験がない選手でも熊耳がハーフ64分台出しています。


1年
江島峻太
箱根16年(93位)
全日本15年3区14位(1組31位)
関カレ15年10000M24位

中山貴裕
関カレ15年1500M予選

菅家希来
関カレ15年3000SC予選

船井魁晟
関カレ15年3000SC予選
なんといっても江島でしょう。春先絶好調で14分18秒、29分39秒の自己ベストを出し、関カレ・全日本予選会・箱根予選会とまとめました。次年度は更に成長して稼ぐ選手になってほしいですね。他では、小中・長谷などはレースに出ているもののあまり目立てず、菅家が30分4秒で走ったくらいでしょうか。

まとめ
卒業生の穴は他の年度や他大に比べて大きい訳ではありませんし、もともと予選通過が濃厚と言われるだけの戦力があったので、1年で通過できる可能性は十分だと思います。ただ、2年、1年がもともとの期待値に比べると伸び悩んでいるのは気になるところ。1年逃すとそのままズルズル行ってしまう危険性もありますので、1年でしっかりと復帰したいところです。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。