スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予想(7)東洋大学

何とか18時00分に上げきった。
4年
田口雅也
箱根14年1区3位(1区6位)・13年1区1位(補欠)・12年4区1位
全日本13年4区4位・12年1区1位
関カレ14年10000M22位ハーフ2位・13年ハーフ6位・12年ハーフ3位
主将。夏合宿ではあまり状態が良くなかったらしく出雲ではオーダーに入らなかった。

高久龍
箱根14年8区1位・13年7区4位(5区1位)
全日本12年5区3位
関カレ14年ハーフ3位
一昨年度三大駅伝フル出走。関カレハーフ表彰台など前半戦は好調だったが、夏合宿では故障していた。

今井憲久
箱根14年4区3位・13年補欠
全日本13年補欠
関カレ11年1500予選
高校時代の実績がある選手。5月以降出走がなかったが、9月末に14分2秒と順調な姿を見せた。

名倉啓太
ジワリと力をつけてきた選手。前半戦は微妙な結果だったが、9月末の記録会で14分9秒の自己ベスト。

3年
服部勇馬
箱根14年7区1位(5区1位)・13年9区3位(3区2位)
全日本13年2区4位・12年8区6位
関カレ14年5000M7位10000M6位・13年10000M10位・12年5000M11位
エース。前半戦は状態が万全でない中まとめ、全日本インカレ5000Mは日本人2位となる4位と調子を上げてきた。

上村和生
箱根14年9区3位・13年(補欠)
前半戦は不出走。全日本インカレで復帰したが、30分30秒かかった。出雲駅伝では補欠には入っていた。

渡邊一磨
関カレ13年3000SC11位
昨春成長した選手。全日本インカレ3000SC3位、9月末の記録会14分1秒の自己ベスト。出雲4区予定だった。

2年
服部弾馬
箱根14年7区1位(2区6位)
全日本13年補欠
関カレ14年5000M8位10000M11位・13年1500M6位5000M25位
前半戦に28分55秒の自己ベスト、日本インカレ5000M12位で出雲は1区予定だった。

山本采矢
全日本13年補欠
高校時代の経験が豊富な選手。昨秋に大きく成長した。9月末の記録会では14分18秒で走った。出雲は補欠だった。

櫻岡駿
14分4秒の自己ベストで入学。1年の間にジワリと力をつけたが、前半戦は微妙で9月末の記録会に出ていない。

口町亮
箱根14年(補欠)
昨秋に成長した選手。前半戦は微妙だったが、9月末の記録会で14分9秒で好走して出雲駅伝では2区予定だった。

1年
竹下和輝
関カレ14年5000M19位
9月末の記録会は14分12秒。10000Mは前半戦に29分47秒。出雲駅伝では異例のアンカーに抜擢されていた。

小早川健
前半戦29分41秒で走っており、9月末の記録会で14分19秒。出雲では補欠にも選ばれなかった。

主なエントリー漏れ
淀川弦太(4年)…前半戦は関カレハーフ5位と好調、夏合宿でも練習はしっかりとこなせていた。

田口4―服部弾2―今井4―高久4―竹下1―名倉4―渡辺3―服部勇3
エントリーに関しては淀川が外れましたね。前半戦好調で経験もありますし夏合宿も順調だったので、全日本からはエントリーに入ってくると思いましたが…。また、エントリーには入ったものの出雲オーダーから外れた田口・夏時点で故障が伝えられていた高久がどれだけ状態を戻しているかもポイント。一応、出雲は経験積ませることも多いので田口・高久はそこまで問題ないと予想しました。そしたら、1区は田口。もし田口か高久が走れないなら1区か2区に竹下を持ってくるでしょうか。2区服部弾は優勝するならここで引き離す走りが求められますが、さすがにそこまでは難しい気がします。3区はスピード型の今井、4区に高久を置いて竹下は5区。全日本はここ3年で1年が走ったのは服部勇だけだったと思うのですが、さすがに出雲アンカー起用されるほど期待値があるし起用されると思います。6区は名倉。三大駅伝初経験ですが、昨年も日下が6区に起用されたのでありうると思います。7区に9月末の記録会で好走した渡辺をおいて、最長区間にはエースの服部勇。全体的には主要区間・繋ぎ区間ともに堅実に走れそうという印象。エース服部勇をアンカーに温存しても7区終了時点で6位以内には居るでしょうが、さすがに優勝するには繋ぎ区間・主要区間ともに力不足でしょう。
スポンサーサイト

全日本大学駅伝予想(6)青山学院大学

4年
藤川拓也
箱根14年9区3位(2区6位)・13年6区14位(2区2位)・12年補欠(2区7位)
全日本(予選会) 12年(3組28位)・11年補欠(2組24位)
関カレ13年10000MDNF・12年5000M24位
5000Mの青学記録を持つ主将。故障の影響でレース復帰は7月だったが、出雲5区出走予定など状態を戻している。

川崎友輝
箱根14年(補欠)・13年4区13位・12年(4区11位)
全日本(予選会) 12年(3組26位)
関カレ14年5000M7位10000M38位・13年1500M予選・12年1500M2位・11年1500M予選
前半戦から好調。10月初めに13分58秒の自己ベストを出し、出雲は2区出走予定だった。

3年
久保田和真
箱根14年(補欠)・13年3区4位(3区1位)
全日本(予選会) 13年補欠(3組5位)
関カレ13年1500M7位5000M7位
実力は一流だが、大学に入ってから故障が多い。出雲4区出走予定など7月にレース復帰以降順調な模様。

小椋裕介
箱根14年7区2位(1区4位)・13年7区14位(1区7位)
全日本(予選会) 13年4区7位(2組6位)・12年(1組10位)
四本柱の1人。スターターとして特に安定しており、出雲駅伝は1区予定だった。

神野大地
箱根14年2区6位(6区4位)
全日本(予選会) 13年2区6位(3組4位)
関カレ14年10000M7位ハーフ1位・13年10000M14位
昨年一気に飛躍した選手。日本インカレは31分台と撃沈したが、出雲駅伝アンカー予定など問題ない模様。

渡辺心
箱根13年補欠
全日本(予選会) 13年補欠
都大路1区5位など実績がある選手。2年以降ジワリと力をつけ、10月初めの記録会も14分6秒と悪くなかった。

2年
一色恭志
箱根14年1区6位(3区7位)
全日本(予選会) 13年1区6位(2組1位)
関カレ14年ハーフ2位・13年5000M15位
前半戦10000Mで青学記録を出した選手。日本インカレ10000Mは途中棄権したが、出雲3区予定と問題ない模様。

秋山雄飛
関カレ14年5000M5位
1年時から活躍していた選手。今年度は非常に高いレベルで安定しており、10月初めも14分6秒で走った。

安藤悠哉
都大路6区3位などの実績がある。1年時は目立っていなかったが、10月初めに14分7秒の自己ベストを出した。

田村健人
都道府県4区28位の実績がある。1年時は目立っていなかったが、10月に14分14秒、30分12秒の自己ベスト。

1年
中村祐紀
関カレ14年1500M5位
IH1500M2位のスピードランナー。10月初めに14分2秒の自己ベスト、間近の初10000Mは29分11秒。

大越望
関カレ14年1500M4位
3年間都大路と都道府県駅伝に出走している選手。10月初めに14分17秒、間近の初10000Mは29分53秒だった。

田村和希
都大路3区4位の実力を持つ。前半戦に自己ベスト15秒以上更新したが、10月に14分3秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
山村隼(3年)…関カレ3000SCでは圧巻の走りで優勝。間近の記録会では14分15秒と自己ベスト付近で走った。

予想オーダー
小椋3ー神野3ー川崎4ー一色2ー久保田3ー秋山2ー中村1ー藤川4
高橋が外れたのは意外でしたが、久しぶりに故障者もなく良いエントリーができたと思います。オーダーは4本柱を主要区間にして、小椋は1区だろうと思いましたが、他の選手は迷いました。一色は出雲と同じく村山謙が出てきそうな4区にしてましたが、藤川は単独走の方が得意なようですし、箱根2区9区のイメージで神野2区藤川8区にしました。1区2区小椋、神野で良い位置につけて3区は出雲でも最短区間を務めた川崎。そして、4区にエース格の一色、5区に最大の切り札である久保田を投入して出雲と同じくこの2区間で村山謙の貯金をチャラにする作戦。6区に高いレベルで安定している秋山、中村もどこかで起用したいので近年では一番繋ぎ区間となっている7区に置いて、アンカー藤川で逃げ切りたいかなと。カギとなるのは4本柱+久保田に次ぐ選手たち。三大駅伝出走経験がなかったり好走経験がなかったりするのでそういった選手がしっかりと走ってほしいところです。駒沢と並び優勝候補の双璧といった感じでしょうか。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(7)山梨学院大学

5km(順位1位)
オムワンバ1431
井上1433
阿部1448
佐藤1448
兼子1448
前田1450
伊藤1457
上村1458
谷原1510
桃沢1510
磯野1510
山本1510
オムワンバ・井上以外では阿部・佐藤・兼子・前田がその次の集団に、伊藤・上村は2人で走って、残りは集団走でした。

10km(通算順位1位)
オムワンバ1430(2901)
井上1458(2931)
谷原1509(3019)
磯野1509(3019)
上村1510(3008)
伊藤1511(3008)
前田1517(3007)
阿部1518(3006)
兼子1518(3006)
佐藤1519(3007)
桃沢1524(3034)
山本1528(3038)
オムワンバは結局村山につけず。だいたいの選手が問題ないのですが、桃沢・山本は既に遅れ始めていました。

15km(通算順位1位)
オムワンバ1442(4343)
井上1500(4431)
谷原1502(4521)
佐藤1513(4520)
阿部1514(4520)
兼子1514(4520)
上村1517(4525)
伊藤1526(4534)
桃沢1534(4608)
前田1545(4552)
山本1553(4631)
磯野1604(4623)
ここで谷原は一気にペースアップして、ほとんど阿部・佐藤らに追いついてきました。上村・伊藤の疲れもありますが、それ以上に桃沢らチーム9番手以下が急落してしまっています。(※磯野は他選手の肘が腹に入ったらしいです)。

20km(通算順位4位)
2位オムワンバ1451(5834)
5位井上1454(5925)
21位阿部1504(6024)
25位佐藤1511(6031)
37位兼子1519(6039)
38位谷原1519(6040)
87位上村1549(6114)
148位桃沢1602(6210)
154位前田1625(6217)
182位磯野1625(6248)
142位伊藤1629(6203)
203位山本1642(6313)
オムワンバ・井上はもっと期待値が高かったのですが、悪くない走りだったと思います。阿部・佐藤に加えて不調だった兼子・今まであまり実績のない谷原が好走。上村はスピード型だったことを考えれば何とか終盤粘りましたが、対照的に昨年ラスト上げた伊藤はズルズルと落ちてしまいました。

4年
井上大仁
箱根15年(5位)・14年5区8位(5位)・13年3区7位(1区5位)・12年1区10位(45位)
全日本13年2区1位(4組3位)・12年1区2位(4組5位)・11年(OP11位)
関カレ14年10000M2位ハーフ1位・13年10000M9位ハーフ5位・12年10000M11位ハーフ2位
安定感抜群の日本人エース。前半戦絶好調。日本インカレ10000Mは13位だったが、箱根予選会はしっかりと走った。

阿部竜巳
箱根15年(21位)・14年9区5位・13年7区13位(5区7位)
全日本13年7区5位(1組1位)・12年4区8位(1組14位)
関カレDNS以降レースに出ていなかったが、箱根予選会で好走して復帰してきた。

兼子侑大
箱根15年(37位)・14年3区6位(59位)
全日本13年4区5位(2組8位)・12年補欠(2組19位)
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選
昨秋ブレイクした選手。秋になってトラックは不調だったが、箱根予選会では2年連続しっかりと走った。

桃沢大祐
箱根15年(148位)・14年6区10位・13年6区18位
2年連続山下りを走っている選手。9月末に29分53秒の自己ベストを出したが、箱根予選会は失速した。

3年
エノック オムワンバ
箱根15年(2位)・14年2区DNF(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本13年8区2位(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ14年1500M1位5000M1位・13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
トップクラスの実力を誇る留学生。日本インカレは1500Mと5000Mの二冠したが、箱根予選会では2位だった。

前田拓哉
箱根15年(154位)・14年8区20位(105位)・13年8区13位
全日本13年補欠(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
9月末に29分28秒、ハーフ63分台の自己ベストを持つが、昨秋以降主要大会で全く結果が残せていない。

磯野裕矢
箱根15年(182位)・14年補欠(86位)
前半戦は姿を見せておらず、9月末の記録会も30分58秒。昨年好走した箱根予選会も失速している。

前田直人
箱根14年(119位)
全日本13年補欠・12年(OP15位)
前半戦は状態が悪くなく、9月末に30分8秒、間近の記録会も30分2秒とまとめている。

谷原先嘉
箱根15年(38位)・13年補欠
全日本12年補欠
関カレ12年ハーフ27位
即戦力として期待されたが、足踏みが続いていた。9月末に29分40秒の自己ベスト、箱根予選会も好走と絶好調。

2年
佐藤孝哉
箱根15年(25位)・14年補欠(50位)
全日本13年1区11位(3組10位)
関カレ14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
日本インカレ10000M6位。1年から安定して結果を残しており、箱根予選会も好走した。

上村純也
箱根15年(87位)・14年4区19位
全日本13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
9月末の記録会は29分48秒。長い距離はあまり得意ではないが、箱根予選会では何とか踏ん張った。

伊藤淑記
箱根15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本13年5区11位
関カレ14年5000M20位
9月末の記録会29分57秒。前半戦は安定していたが、箱根予選会はラスト5kmで急失速した。

1年
市谷龍太郎
13分56秒の自己ベストを持って入学。間近の記録会で14分6秒で走るなど調子は悪くない。

主なエントリー漏れ
田代一馬(3年)…28分38秒の自己ベストを持つ。今年度になって姿を見せておらず、間近の記録会もDNS。
上田健太(1年)…都大路1区2位の実力者。7月に復帰し、9月からはポイント練習もこなせていたようだが…。

予想オーダー
井上4ー佐藤2ー市谷1ー阿部4ー上村2ー兼子4ー谷原3ーオムワンバ3
エントリーでは全日本から出走すると勝手に思っていた田代・上田が外れたのが残念ですね。静岡記録会に出ていない時点で全くの予想外ではありませんでしたが…。オーダーですが、昨年と同じく1区佐藤2区井上でも良いのですが、個人的には2年前の井上1区好走の印象が強い。佐藤も成長して不安なく2区走れるでしょうし、より長い1区に井上を起用してみました。3区スピードのある市谷に繋いでもらって、4区と6区に兼子・阿部といった4年生が入ると思います。昨年の経験区間を踏まえて4区兼子、6区阿部にするか、阿部が今年は箱根予選会も出ていることを踏まえて4区阿部6区兼子にするかはどちらも問題ないでしょうが、予想する方は難しいですね。5区は上村。スピードのある選手ですし、箱根予選会も終盤粘れていたので、わざわざ他の箱根予選会結果残していない選手を起用してまで外す理由はないと思います。谷原は箱根予選会で好走したので7区。期待が大きいですが、この夏までは良かった記録会の翌週に撃沈していたことも多かったので夏で成長した姿を見せて欲しいです。アンカーはオムワンバ。箱根予選会をみると昨年なみの出来ではないのかなという気もしますが、前に目標順位があると燃える選手ですので一気に浮上してほしい。カギとなるのは佐藤でしょう。勿論安定してはしってくれるでしょうが、1区にせよ2区にせよ他の優勝候補にどれだけ引き離されないかがカギになりそう。全体的には、オムワンバという飛び道具がありますし、他の区間も他大と比べてそこまで劣っているわけではないので十分優勝候補だと思います。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(6)城西大学

5km(順位11位)
村山1431
横田1448
寺田1508
松村1508
菅1510
舟生1510
黒川1510
伊藤1510
菊地1511
西岡1512
杵島啓1512
杵島凌1513
村山は周知のように先頭に立ちましたが、その他の選手もフリー走。横田が松村優の集団で走っていますが、全体的にはスローな入りでした。

10km(通算順位7位)
村山1414(2847)
寺田1512(3020)
菊地1514(3025)
舟生1517(3027)
横田1518(3006)
菅1518(3028)
西岡1521(3033)
黒川1526(3036)
杵島啓1527(3039)
伊藤1528(3038)
杵島凌1533(3046)
松村1535(3043)
村山がこの間14分14秒と素晴らしい走りでチームは7位に浮上。ただ、その他の選手はズルズルとペースが落ちています。

15km(通算順位9位)
村山1441(4328)
寺田1501(4521)
菊地1502(4527)
横田1515(4521)
菅1520(4548)
西岡1520(4553)
舟生1530(4557)
黒川1542(4618)
伊藤1546(4624)
杵島啓1556(4635)
杵島凌1611(4657)
松村1620(4703)
ここで寺田・菊地がペースアップ。横田・菅・西岡は何とか粘っています。杵島凌、松村はこの時点で16分台でした。

20km(通算順位9位)
1位村山1500(5828)
20位寺田1502(6023)
30位横田1516(6037)
82位菅1524(6112)
64位菊地1533(6100)
103位西岡1534(6127)
137位黒川1541(6159)
129位舟生1555(6152)
161位伊藤1559(6223)
185位杵島啓1615(6250)
235位杵島凌1705(6402)
382位松村2020(6723)
村山は最後まで粘り切り、寺田はラスト10kmで猛烈に順位を上げました。横田・菅・菊地・西岡は何とか粘りましたし、黒川も悪いなみにラスト5kmも耐えました。その他の選手は16分前後はかかってしまいましたね。

4年
村山紘太
箱根15年(1位)・14年2区18位(4位)・13年2区15位(1区9位)・12年1区5位
全日本14年(4組2位)・13年(3組1位)・12年(4組2位)・11年3区11位(4組2位)
関カレ14年5000M5位10000M1位・13年5000M12位・12年5000M12位11年5000M21位
日本学生界のエース。アジア大会では13分34秒の自己ベストで5位、箱根予選会も激走した。

松村元輝
箱根15年(382位)・14年補欠(130位)・13年3区9位・12年補欠
全日本14年(4組27位)・13年(4組30位)・11年補欠
関カレ14年5000M27位10000M31位・13年ハーフ30位・12年ハーフDSQ
13分台、28分台の自己ベストを持つが、上級生になってから主要大会で全く結果が残せていない。

横田良輔
箱根15年(30位)・14年3区18位(69位)・13年補欠(補欠)・12年補欠(99位)
全日本13年(3組7位)・11年補欠
関カレ14年ハーフ28位・13年ハーフ15位
昨春大きく伸びた選手。全日本予選会は体調不良で欠場。箱根予選会では積極的な走りをして終盤も粘った。

黒川遼
箱根15年(137位)・14年5区15位(42位)・13年補欠
全日本14年(1組17位)
関カレ14年ハーフ19位
昨秋ブレイクした選手。9月末の記録会で30分29秒、箱根予選会は納得のいく走りではないが、大きく崩れなかった。

寺田博英
箱根15年(20位)・14年9区20位・13年7区11位(補欠)
全日本14年(2組6位)・12年(OP24位)・11年(OP2位)
記録会の出走が少ない選手。今年度は大事な舞台で結果を残しており、箱根予選会でも後半タイムを伸ばした。

杵島凌太
箱根15年(235位)・14年10区18位・13年補欠
全日本11年補欠
関カレ11年3000SC予選
前半戦はほぼレースに出ていない。9月末の記録会30分21秒で箱根予選会は撃沈。

3年
山本雄大
箱根13年4区9位(5区12位)
全日本12年(3組37位)
関カレ14年5000M30位・13年1500M予選・ 12年1500M3位
昨年度は故障で苦しんだ。前半戦は調子が良くなかったが、間近の記録会は14分22秒と復調してきている。

室井勇吾
全日本13年(1組25位)・12年(OP11位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC7位
都道府県4区1位の実績を持つ。大学に入ってからは最低限は走ってくれる印象。間近の記録会は14分26秒だった。

舟生翔人
箱根15年(129位)・14年補欠(133位)
9月末に30分9秒の自己ベストを出し、箱根予選会では2年連続最低限走っている。

西岡喬介
箱根15年(103位)・14年(236位)
関カレ14年1500M予選
昨冬大きく伸びた選手。9月末の記録会は30分17秒で、箱根予選会では終盤も粘った。

2年
松村陣之助
箱根14年4区15位
全日本14年(3組16位)
関カレ14年10000M28位・13年5000M29位
松村元の弟。箱根予選会は出走しなかったが、間近の記録会14分8秒と状態は悪くない。

菊地聡之
箱根15年(64位)・14年6区6位
全日本14年(3組13位)・13年(1組30位)
今年の箱根以降一段階成長した選手。9月末の記録会30分37秒だったが、箱根予選会もまとめた。

1年
菅真大
箱根15年(82位)
全日本14年(2組7位)
都道府県5区19位の実績を持つ。全日本予選会・箱根予選会と大事な舞台でチームに貢献している。

主なエントリー漏れ
河名真貴志(3年)…前回の箱根予選会106位。間近の記録会では30分25秒と故障ではない模様。
高橋一生(2年)…箱根予選会はエントリーされていた。記録会・駅伝ともにエントリーするも欠場が多い。

予想オーダー
村山4ー横田4ー菅1ー寺田4ー山本3ー菊地2ー松村陣2ー松村元4
箱根予選会上級生主体で、全日本は下級生主体と箱根予選会にそこまで余裕がなかった城西が分けてきたのは意外でしたが、順当なエントリーができたと思います。オーダーに関しては1区村山は確定的かなと思います。城西は3年前もエース橋本を1区に持ってきましたし、正直今の城西で村山以外にレースを作れる気がしません。留学生が走るかもしれませんが、箱根予選会と同じように区間賞とってほしいと思います。2区は箱根予選会で村山以外に唯一積極的なレースをした横田につないでもらって、3区菅。本当はよりスタミナに不安のある山本を置きたかったのですが、後半区間どんな展開になっているかわからないのでより良い流れで走ってもらいたいと思い3区に持ってきました。4区に箱根予選会チーム2位の寺田で、5区山本、6区菊地。菊地は主要区間への起用もあると思います。後半の繋ぎ区間はどんな展開になっているかわかりませんが、しっかりと自分の走りをして欲しいです。アンカーは松村元。正直いって好走するイメージはないのですが、外れるイメージもしないので一番他の選手に影響が出にくいアンカーにしました。全体的には村山の流れが途切れたあとも何とか粘ってもらって一桁順位を目標という感じでしょう。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(5)上武大学

5km(順位3位)
坂本1434
倉田1439
佐藤1448
松元1457
井上1457
三好1503
山岸1507
大西1507
田林1507
森田1507
上田1507
志塚1508
坂本・倉田は先頭(3位)集団、佐藤はその後ろの集団、あとは松元・井上・三好はフリー走で、残りは集団走という感じでしょうか。倉田は早くも3位集団からこぼれています。

10km(通算順位4位)
坂本1458(2932)
山岸1509(3016)
大西1510(3017)
田林1512(3019)
森田1512(3019)
松元1512(3009)
上田1512(3019)
佐藤1518(3006)
志塚1521(3029)
三好1523(3026)
井上1526(3023)
倉田1528(3007)
坂本は3位集団にキープ、佐藤・倉田も集団にしっかりとつけているのですが、三好と井上が既にペースダウンしています。集団は大西と山岸が出ているのがよくわからないのですが、基本的に集団走。志塚は集団から離れて自分のペースを刻んでいますね。

15km(通算順位5位)
森田1510(4529)
山岸1511(4527)
大西1511(4528)
松元1513(4522)
志塚1517(4546)
田林1517(4536)
佐藤1517(4523)
上田1518(4537)
坂本1522(4454)
倉田1526(4533)
三好1527(4553)
井上1633(4656)
佐藤・倉田・坂本と苦しくなり、三好・井上もペースダウンが止まりませんでした。

20km(通算順位6位)
51位志塚1503(6049)
46位山岸1519(6046)
60位田林1522(6058)
59位大西1529(6057)
61位森田1530(6059)
77位上田1533(6110)
88位倉田1542(6115)
72位松元1546(6108)
92位佐藤1555(6118)
65位坂本1606(6100)
155位三好1625(6218)
288位井上1825(6521)
自分のペース刻んでいた志塚が最後一気にペース上げましたね。集団走は全員きちんとゴールできました。ただ、倉田以下チームの主力が最後ボロボロでした。

4年
佐藤舜
箱根15年(92位)・14年3区10位(96位)・13年2区18位(22位)・12年1区7位(10位)
全日本14年(3組6位)・13年(4組23位)・12年2区12位・11年1区10位(4組6位)
関カレ14年5000M14位10000M14位・13年10000M9位12年3000SC2位5000M27位・11年3000SC1位
ダブルエースの1人。前半戦は安定していたが、箱根予選会は失速してしまった。

倉田翔平
箱根15年(88位)・14年2区8位(12位)・13年補欠(34位)・12年4区17位(51位)
全日本14年(3組1位)・13年(4組18位)・12年1区3位・11年2区10位(4組31位)
関カレ14年5000M6位・13年5000M32位・12年5000M18位・11年1500M予選
ダブルエースの1人。序盤は先頭集団につくなど積極的だったが、失速してしまった。

松元航
箱根15年(72位)・14年5区20位(52位)・13年8区17位(90位)・12年補欠
全日本14年(4組24位)・13年(1組29位)・12年6区6位・11年補欠(1組27位)
9月末の記録会で29分47秒の自己ベストを出したが、箱根予選会では失速してしまった。

大西淳貴
箱根15年(59位)・14年9区18位(118位)・13年10区15位(101位)・12年補欠(154位)
全日本13年(2組32位)・12年7区9位・11年補欠(OP24位)
関カレ13年ハーフ31位・12年ハーフ28位
上級生になってからは停滞気味で、9月末の記録会も30分13秒だったが、箱根予選会では好走した。

3年
田林希望
箱根15年(60位)
全日本14年(1組9位)
関カレ12年3000SC予選
高校時代の実績豊富な選手。昨年度までは目立っていなかったが、今年になって各大会で安定している。

石黒大介
箱根14年補欠(252位)・13年補欠(170位)
今秋になって10000Mのタイムを伸ばしており、間近の記録会は30分11秒の自己ベスト。

三好慎平
箱根15年(155位)・14年6区17位
全日本14年(1組4位)・13年(OP15位)
関カレ14年10000M17位・13年10000M38位
昨秋急成長した選手。9月末の記録会で29分45秒と調子は悪くなかったが、箱根予選会では失速してしまった。

山岸塁
箱根15年(46位)
全日本14年(2組2位)
じわりじわりと伸びてきた選手。自己ベストは30分台だが、全日本予選会・箱根予選会と大舞台に強い。

2年
志塚亮介
箱根15年(51位)・14年補欠(159位)
全日本13年(OP27位)
関カレ14年ハーフ18位
9月末に29分57秒の自己ベスト。箱根予選会や関カレハーフで好走するなど長い距離を得意としている。

森田清貴
箱根15年(61位)・14年補欠(191位)
関カレ14年3000SC6位・13年3000SC予選
9月末に29分49秒の自己ベスト。関カレ3000SC入賞、箱根予選会も健闘するなど飛躍の年に。

上田隼平
箱根15年(77位)
都大路3区24位など実績ある選手。1年時はあまり目立たなかったが9月末の記録会で30分12秒の自己ベスト。

1年
坂本佳太
箱根15年(65位)
全日本14年(4組33位)
関カレ14年5000M29位
都大路4区4位の即戦力ルーキー。9月末の記録会で29分33秒の自己ベストを出し、箱根予選会も積極的な走り。

井上弘也
箱根15年(288位)
全日本14年(2組16位)
都道府県5区2位の即戦力ルーキー。9月末に29分30秒の自己ベストを出したが、箱根予選会は撃沈した。

主なエントリー漏れ
佐々木天太(4年)…2年連続主将を務めている。上級生になってから故障が多い。

予想オーダー
坂本1ー倉田4ー三好3ー佐藤4ー山岸3ー大西4ー井上1ー松元4
エントリーは長期離脱している佐々木・東を除けば最も良い13人がエントリーできたと思います。ただ、主力は箱根予選会撃沈しておりオーダー予想は本当に難しいですね。個人的には箱根予選会撃沈した主力も全員入れて組んでみました。1区2区にダブルエース並べても良いと思うのですが、坂本がかなり3位集団につけていたので、坂本。昨年の佐藤や勝亦のようにできれば走ってほしいと思います。2区はダブルエースのうち箱根予選会で順位がまだ良かった倉田。もともと安定感ある選手なのでしっかりと修正してくれると思います。3区はスピード型の三好。箱根予選会撃沈した主力を入れすぎている気もするのですが、正直箱根予選会から誰を出走させて誰を外すかと考えると難しい。4区は渡辺・氏原など主力が起用されているのでダブルエースのもう1人である佐藤。5区6区に両予選会で好走している山岸、経験豊富な大西を置いて8番目の選手が置かれる7区には井上。箱根予選会は撃沈しましたが、それ以外の大会ではしっかり走れていますし将来エースクラスになる選手を全日本に起用しないのはどうだろうと思ったので。アンカーは松元。箱根では2大会連続終盤足が止まっていますが、終盤に上りのある8区大丈夫か少し不安ですが。全体的にはギリギリ一桁順位かなといったくらいでしょうが、非常に相性がよく楽しみ。カギとなるのは箱根予選会うまくいかなかった主力でしょうが、その前にどういう区間エントリーになるか注目です。

全日本大学駅伝予想(5)駒沢大学

4年
村山謙太
箱根14年2区2位(3区1位)・13年5区8位(2区9位)・12年2区9位(1区13位)
全日本13年4区1位・12年2区4位・11年2区3位
関カレ14年10000M1位・13年5000M8位・12年5000M6位10000M1位・11年10000M11位
大学界屈指のエース。前回はモグスの区間記録を更新している。前半戦も27分台を出すなど好調だった。

中村匠吾
箱根14年1区2位(1区1位)・13年3区3位(補欠)・12年補欠(補欠)
全日本13年1区1位・12年補欠・11年6区3位
関カレ13年10000M1位・12年10000M4位
主将。今年は春先から不調で、出雲駅伝でもエントリーされたものの出走予定はなかった。

黒川翔矢
箱根14年補欠(補欠)・13年補欠
全日本13年7区2位・12年7区2位
関カレ14年ハーフ5位・13年ハーフ7位
今年は前半戦から14分4秒の自己ベストなど好調。函館ハーフでは63分55秒の好走。

西澤佳洋
箱根14年6区5位(補欠)・13年(補欠)
全日本13年補欠・12年補欠
関カレ14年5000M8位
箱根以降絶好調。日本インカレは合宿の疲労が残っており30分2秒で16位だったが、出雲は5区予定だった。

3年
馬場翔大
箱根14年5区3位
全日本13年6区1位
関カレ14年ハーフ3位・13年ハーフ6位
ロードを得意とし、暑さを苦手とする選手。前半戦も好調で、出雲駅伝はアンカーの予定だった。

其田健也
箱根14年10区2位(補欠)・13年補欠
全日本13年補欠
関カレ14年10000M5位
前半戦は5000M,10000Mともに自己ベストと好調。日本インカレは14分2秒で10位で、出雲は4区予定だった。

二岡康平
箱根14年補欠
関カレ14年ハーフ25位
春先は好調だったが、5月以降不調だった。札幌ハーフ優勝、間近の記録会で29分35秒と秋になって戻してきた。

井上拳太郎
関カレ14年3000SC4位
日本インカレ3000SCは6位。間近の記録会は29分38秒と大幅に自己ベストを更新している。

2年
中谷圭佑
箱根14年4区1位(2区2位)
全日本13年5区1位
関カレ14年10000M2位・13年5000M16位
良くも悪くも積極的な走りをする選手。前半戦は大きく記録を伸ばし、日本インカレ10000Mは7位。出雲は1区予定だった。

西山雄介
箱根14年7区3位(5区2位)
全日本13年2区9位
関カレ14年1500M予選5000M9位
一年生から三大駅伝全てに出走している。日本インカレは13分57秒の自己ベストで9位。出雲駅伝は2区予定だった。

大塚祥平
箱根14年8区6位(補欠)
全日本13年補欠
各大会で安定している選手。5月以降姿を見せていなかったが、9月末に29分26秒の自己ベストで復帰した。

1年
高本真樹
関カレ14年5000M25位
都道府県5区2位の実績を持つ今年のドラ1。9月末の記録会で14分4秒と自己ベストに近い走り。

工藤有生
高校時代の実績はそこまでなかったが、9月末に14分7秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
大谷卓也(4年)…故障で苦しんでいたが、秋になって上り調子。間近の記録会では4年ぶりの10000Mで28分台を出した。

予想オーダー
中谷2ー西山2ー其田3ー村山4ー高本1ー西沢4ー黒川4ー馬場3
エントリーは順当ですが、やはり気になるのは中村の調子でしょう。出雲はエントリーには入ったもののオーダーからは外れており、今回は外して予想してみました。1区は出雲と同じく中谷。全日本1区にはエースクラスの選手が多数配置されるでしょうから、引っ張らなければならないレース展開にはならないと思います。2区は昨年と同じく西山。昨年は前後の先輩にフォローしてもらえましたが、優勝を考えると今年はしっかりと走ってほしいところ。3区は其田。油布が出雲4区から全日本3区だったので、出雲4区出走予定だった其田にしました。西沢か其田で3区と6区を担うことになると思います。そして、4区村山。昨年は僅差で受け取って突き放しましたが、今年はそこまで良い展開で回ってこないと思います。昨年と同じような走りでしっかりとトップにたって欲しい。5区は8人目の選手として高本。大塚か高本あたりが起用されるかなと思います。8人目の選手は村山の直後で走りやすい5区が良いかなと。6区主力の西沢、7区2年間走っている黒川、アンカーに馬場でしっかりと逃げ切りたい。全体的には1区中谷2区西山の2年生コンビがカギになりそう。中谷はしっかりと落ち着いた走りをしてくれれば上位で襷を渡してくれるでしょうが、2区西山がしっかりと耐えて欲しいです。4区村山が5区の選手分のリードを築ければ、6区以降はトップに立っていればしっかりと守ってくれると思います。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(4)中央学院大学

5km(順位9位)
潰滝1432
及川1447
塩谷1447
海老沢1508
山本1508
木部1513
渡辺1513
大森1513
清水1513
村上1513
久保田1513
藤花1513
潰滝は3位集団、及川・塩谷はその後ろの集団でフリー走。残りは山本・海老沢は普通のペースで、木部らはゆったりとしたペースで集団走でしょうか。

10km(通算順位10位)
潰滝1459(2931)
及川1519(3006)
塩谷1519(3006)
海老沢1519(3027)
山本1519(3027)
久保田1525(3038)
木部1526(3039)
渡辺1526(3039)
大森1526(3039)
清水1526(3039)
村上1526(3039)
藤花1526(3039)
ここまでは特に失速している選手がいません。ただ、渡辺・大森など経験が少ない選手やスピード型の選手がいることに配慮して木部の集団はかなりのスローペースです。

15km(通算順位6位)
海老沢1507(4534)
山本1508(4535)
木部1512(4551)
渡辺1513(4552)
大森1513(4552)
塩谷1514(4520)
久保田1514(4552)
及川1515(4521)
潰滝1520(4451)
村上1520(4559)
清水1522(4601)
藤花1532(4611)
ここで潰滝がペースダウン。もともとスピード型の選手なので仕方ないでしょう。木部の集団はペースを戻した影響で村上・藤花・清水が落ちましたが、ここまでスローペースだっただけにもう少し粘って欲しかったです。

20km(通算順位5位)
12位及川1449(6010)
47位木部1455(6046)
19位塩谷1502(6022)
29位海老沢1502(6036)
14位潰滝1522(6013)
90位渡辺1525(6117)
91位大森1525(6117)
70位山本1532(6107)
116位清水1539(6140)
125位村上1550(6149)
162位藤花1613(6224)
149位久保田1619(6211)
潰滝は踏ん張って、及川・塩谷は一気にペースを上げ10位台と3本柱は悪くない走りだったと思います。木部は最後力残っていたとしても、14分台は素晴らしいです。海老沢もラストしっかりと上げ好走。山本・渡辺・大森はしっかりと最後まで走ったものの、村上・藤花・久保田は最後ばててしまいました。

4年
及川佑太
箱根15年(12位)・14年5区18位(2区3位)・13年8区8位(54位)・12年補欠(114位)
全日本14年(4組18位)・13年4区9位(3組17位)
関カレ14年5000M3位10000M9位・13年5000M9位
3本柱の1人。安定感抜群で、失敗レースは今年の箱根くらい。突っ込んで入ってもある程度粘れる選手。

木部誠人
箱根15年(47位)・14年7区16位(5区11位)・13年7区12位(122位)・12年補欠(123位)
全日本14年(1組13位)・13年補欠(1組16位)・12年(1組16位)
各大会で大崩れはしない選手。ロードはあまり得意でない印象だったが、箱根予選会では好走した。

松下弘大
箱根14年補欠・13年補欠
全日本13年7区11位
前半戦は姿を見せなかった。箱根予選会は走れなかったものの、同日の高島平で60分49秒の好走。

3年
塩谷桂大
箱根15年(19位)・14年3区4位(3区10位)・13年3区18位(69位)
全日本14年(2組18位)・13年3区4位(3組31位)・12年(3組17位)
関カレ13年10000M18位ハーフ2位・12年5000M30位
3本柱の1人。前半戦は状態が良くなかったが、秋になって状態を戻してきた。ハーフ62分台を持つスタミナ型。

潰滝大記
箱根15年(14位)・14年1区13位(1区5位)・13年1区8位(153位)
全日本14年(4組3位)・13年2区12位(4組11位)・12年(1組6位)
関カレ14年5000M1位10000M3位・13年5000M5位10000M7位・12年3000SC1位
日本選手権3000SC3位などスピードがある選手。20kmも箱根駅伝・箱根予選会など粘れている。

山本拓巳
箱根15年(70位)・14年補欠
全日本14年(2組15位)
今年になって大きく伸びてきた選手。20kmの実績がほぼなかったが、箱根予選会も好走した。

2年
村上優輝
箱根15年(125位)・14年4区15位(補欠)
全日本14年(3組11位)・13年5区16位(2組19位)
関カレ14年5000M23位
ハーフ66分台、箱根予選会も125位などスタミナ面は課題。間近の日体大記録会は29分49秒。

海老澤剛
箱根15年(29位)・14年6区12位
前半戦も29分55秒の自己ベストなど好調だった選手。箱根予選会では終盤ペースを上げ、29位と好走。

渡辺聖矢
箱根15年(90位)
高校時代の自己ベストは14分50秒で、昨年は全く目立たなかったが、箱根予選会ではしっかりと粘った。

清水翔太
箱根15年(116位)・14年補欠
都大路4区9位の実績を持つ。少しずつ力をつけてきている印象。

久保田翼
箱根15年(149位)・14年(補欠)
10000M29分台、ハーフ64分台の自己ベストを持つ。箱根予選会ではラスト5kmで急失速した。

藤花尚之
箱根15年(162位)・14年補欠(補欠)
29分台の自己ベストを持ち、ハーフでも65分台を数回出していたが、箱根予選会では結果を残せなかった。

1年
大森澪
箱根15年(91位)
都道府県5区17位の実績を持つ。前半戦から調子が悪くなく、箱根予選会でもしっかりと粘れていた。

主なエントリー漏れ
芝山智紀(4年)…主将。今年に状態を戻してきて高島平61分11秒、間近の日体大記録会も29分42秒と状態は悪くない。
山田侑紀(4年)…箱根10区8位など力はあるが、故障が多い選手。間近の日体大記録会で30分32秒で復帰。

予想オーダー
潰滝3ー及川4ー村上2ー海老沢2ー山本3ー木部4ー松下4ー塩谷3
状態を戻してきている芝山がエントリーから漏れたのは意外でしたが、故障が長かった選手ですししっかりと箱根に合わせて欲しいということでしょう。1区は今年の箱根、箱根予選会ともにハイペースな流れでもうまく粘れている潰滝が良いでしょう。2区には全日本予選会・関カレなどレベルが高い舞台でも安定している及川。昨年も潰滝・岡本とスピードのある主力を置いてきましたし、今回もおいてくると思います。3区は箱根予選会うまくいかなかった村上。間近の記録会も悪くなかったですし単純にスタミナが物足りないだけだと思うので、10kmに満たないこの区間ならばしっかりとはしってくれると思います。4区は単純に箱根予選会チーム4番手の海老沢で良いと思います。上級生なら木部でしょうが、箱根予選会良かったとはいえもともとロード実績はあまりないので今回は繋ぎ区間で良いかなと。本当は5区に大森とか試したかったのですが、怖すぎると思い監督からの評価も高く箱根予選会もしっかりと走れていた山本にフォローしてもらう形に。5区6区は逆にするのも十分ありえると思います。7区は昨年走った松下で、8区はスタミナのある塩谷で締めるという感じでしょう。昨年は序盤で流れを失ってしまったので、今年はまず序盤でしっかりと流れに乗りたいところ。3本柱に次ぐ選手が走る主要区間で順位を落としてしまうでしょうが、一桁順位は取りたいところです。

全日本大学駅伝予想(4)日本体育大学

4年
木村勇貴
箱根14年補欠・13年4区5位
全日本13年補欠・12年補欠
関カレ14年10000M33位
前半戦は関カレ以外のトラックは安定して走れていた。9月末の記録会29分53秒、間近の記録会30分12秒とイマイチ。

加藤光
箱根14年補欠(4区4位)
全日本13年5区6位・11年補欠
関カレ14年1500M3位5000M9位・13年1500M9位
主将。今年になって力をつけ、日本インカレ1500M,5000Mのダブル入賞。9月末に29分13秒の自己ベストを出している。

3年
勝亦祐太
箱根14年3区17位(補欠)・13年1区7位(19位)
全日本13年1区10位・12年1区7位(3組21位)
関カレ14年10000M23位
2年以降主要大会で結果が残せていない。前半戦も記録会ではある程度走れており、9月末の記録会は29分9秒。

周防俊也
箱根14年補欠
29分34秒、ハーフ64分半の自己ベストを持つ。前半戦は姿を見せなかったが、間近の記録会は29分53秒で組2位。

2年
山本航平
箱根14年7区13位
全日本13年補欠
前半戦14分22秒の自己ベスト、9月末の記録会30分13秒、間近の記録会29分56秒と自己ベストを連発している。

小松巧弥
関カレ13年1500M予選
前半戦14分9秒まで自己ベストを伸ばした選手。9月末の記録会29分49秒の自己ベスト、間近の記録会は29分57秒。

小野木俊
関カレ14年3000SC予選
高校時代15分台から少しずつ力をつけてきた選手。9月末に29分29秒の自己ベスト、間近の記録会は29分55秒。

大手敬史
少しずつ力をつけてきた選手。間近の記録会では29分52秒の自己ベストで組トップだった。

1年
吉田亮壱
関カレ14年5000M35位
IH5000M決勝に残った選手。9月末に29分19秒の自己ベスト、高島平も61分38秒と無難に走った。出雲2区予定だった。

富永央
関カレ14年10000M27位
前半戦はあまり結果を残せなかったが、間近の記録会では29分57秒とまずまずの走り。

小町昌矢
都道府県5区26位。9月末に29分16秒の自己ベストを出し、出雲は3区予定だった。高島平は61分22秒とまずまず。

柿本昇忠
都大路1区25位。9月末に29分42秒の自己ベストを出し、高島平は61分19秒で走った。

城越勇星
都大路2区9位。9月末に29分52秒で走ったが、唯一高島平も間近の日体大記録会も出走していない。

主なエントリー漏れ
山中秀仁(3年)…箱根1区区間賞のエース。状態が良くないらしく、出雲駅伝もエントリーから漏れていた。
奥野翔弥(3年)…出雲4区出走予定だった。9月末の記録会で29分15秒の自己ベストを出し、間近の記録会も29分38秒。

予想オーダー
勝亦3ー加藤4ー吉田1ー小町1ー大手2ー小野木2ー周防3ー柿本1
山中はともかく、主力で走れている奥野も外したということで完全に経験を積ませにきました。区間オーダーとしては昨年の順大のように1区と2区に主力を置いて良い流れを作るという感じだと思います。一番存在感の大きい加藤を距離の長い1区ということも考えたのですが、勝亦が初めての2区で失速して流れを失うのが怖いので、勝亦1区加藤2区。勝亦が昨年並に走って、加藤で順位を上げて3区以降の選手に走らせたいと思いました。高島平に出た1年生は主要区間をかけてだと思ったので、高島平でチーム内3位だった吉田を3区。4区には10000Mで好タイムを持っており高島平も堅実に走れた小町かなと。5区6区7区は単純に間近の日体大記録会良かった3人を選びました。10000Mの自己ベストが速くない大手を5区にして、9月末の記録会で大幅自己ベストを出した小野木を6区、ようやく三大駅伝デビューしそうな周防を7区。アンカーは高島平チームで最も良かった柿本。自分のペースで走ってくれれば。全体的には昨年の順大のように収穫となる区間を多く作って、一桁順位取れるかどうかといった感じになると良いと思います。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(3)神奈川大学

5km(順位5位)
柿原1433
西山1433
我那覇1448
鈴木1506
東1506
柏部1506
大川1506
大野1506
小泉1506
石橋1514
井上1514
中神1514
柿原・西山は3位集団に、我那覇はその次の集団でフリー走でした。集団走は期待の1年や箱根予選会結果を残した選手を柏部が引率し、昨年結果を残せなかった2年生を井上が引率しました。

10km(通算順位2位)
柿原1459(2932)
西山1459(2932)
鈴木1509(3015)
東1509(3015)
柏部1509(3015)
大川1509(3015)
大野1509(3015)
小泉1515(3021)
井上1517(3031)
我那覇1518(3006)
石橋1518(3032)
中神1518(3032)
ここで、小泉がペースダウン。昨年よりはペースが早かったのですが、気象条件が良かったですしこれぐらいのペースではついて欲しかったです。

15km(通算順位3位)
柿原1459(4431)
我那覇1514(4520)
西山1515(4447)
鈴木1515(4530)
東1515(4530)
柏部1515(4530)
大川1515(4530)
石橋1515(4547)
井上1515(4546)
小泉1526(4547)
大野1529(4544)
中神1539(4611)
ここで西山が3位集団から溢れているのが確認できました。ただ、こぼれてもしっかりと粘れているのは流石でしょう。集団走では、大野・中神といった選手もペースダウンしてしまいましたが、柏部の集団は良い走りができていると思います。

20km(通算順位1位)
3位柿原1446(5917)
11位我那覇1450(6010)
33位鈴木1508(6038)
44位東1515(6045)
50位柏部1519(6049)
76位石橋1523(6110)
68位大川1534(6104)
97位井上1538(6124)
23位西山1541(6028)
101位大野1542(6126)
113位小泉1550(6137)
157位中神1609(6220)
柿原・我那覇はラストでスピードを見せてしっかりと上げました。柏部は昨年とほぼ同じ成績でしたが、鈴木・東などうまく下級生を引率できたので良かったと思います。石橋・大川も踏ん張りましたが、井上は序盤スローペースだっただけにもう少し粘って欲しかったです。大野は15kmでの余力の無さをみると何とか粘ってくれましたね。

4年
柿原聖哉
箱根15年(3位)・14年5区8位(6位)・13年補欠(39位)・12年補欠(54位)
全日本14年(4組7位)・13年(2組15位)・12年3区11位(4組19位)
関カレ14年10000M6位・12年10000M9位
3本柱の1人。箱根予選会では3位集団から最後スパートをかけて3位と健闘。

小泉和也
箱根15年(113位)・14年1区21位(52位)・13年3区10位(52位)
全日本13年(OP8位)・12年4区9位
記録会の出走は少ないが安定して結果を残している選手。箱根予選会は中盤から失速してしまった。

柏部孝太郎
箱根15年(50位)・14年補欠(44位)・13年5区18位(85位)・12年補欠
全日本14年(3組7位)・13年(1組21位)・12年6区8位(OP12位)
関カレ14年10000M13位
今年になって更に力をつけてきた選手。箱根予選会では引率役として下級生の好走をアシストした。

井上雄介
箱根15年(97位)・14年4区11位(78位)・13年10区12位
全日本13年(2組20位)・12年7区14位
2年連続主将を務めている。箱根予選会はスローペースながら終盤も粘りきれなかった。

菅原涼介
箱根14年補欠(128位)
関カレ13年3000SC6位・12年3000SC予選・11年3000SC予選
箱根前に故障してから姿を見せていなかったが、秋に復帰。ただ、高島平は64分49秒と撃沈した。

3年
我那覇和真
箱根15年(11位)・14年2区19位(7位)・13年7区1位(62位)
全日本14年(3組9位)・13年(4組5位)・12年2区8位(4組18位)
関カレ14年5000M18位10000M22位・13年5000M10位10000M11位・12年5000M13位
3本柱の1人。春先はあまり調子が良くなかったが、徐々に調子を上げて箱根予選会でも好走した。

西山凌平
箱根15年(23位)・14年3区9位(20位)・13年2区11位(45位)
全日本14年(4組17位)・13年(4組13位)・12年1区14位(3組15位)
関カレ14年ハーフ4位・13年10000M8位・12年5000M16位
3本柱の1人。今年度更に力をつけてきている。安定感抜群の選手で、箱根予選会も3位集団からこぼれながら粘った。

2年
東瑞基
箱根15年(44位)・14年6区20位(77位)
全日本14年(2組22位)
昨秋にブレイクした選手。自己ベストはあまり大したことがないが、今年の箱根以外は堅実に走れている。

中神恒也
箱根15年(157位)・14年補欠(134位)
昨秋29分台を出した選手。前半戦はレース出走しておらず、箱根予選会では失速してしまった。

石橋健
箱根15年(76位)・14年8区20位(177位)
今年の箱根では力不足だった選手。前半戦はレースに出走していないが、箱根予選会ではリベンジを果たした。

1年
大川一成
箱根15年(68位)
全日本14年(1組18位)
高校時代から都大路など安定している選手。大学に入っても全日本予選会・箱根予選会としっかり走れている。

鈴木健吾
箱根15年(33位)
関カレ14年5000M32位
IH5000M決勝に残った選手。前半戦14分14秒の自己ベストを出しており、箱根予選会ではチーム4位の好走。

大野日暉
箱根15年(101位)
10000M29分34秒の自己ベストで入学。前半戦は不調だったが、箱根予選会では終盤何とか粘った。

主なエントリー漏れ
赤松宏樹(4年)…実力はあるが、故障が多い選手。箱根予選会もエントリー漏れしていた。
高山直哉(4年)…箱根7区10位の実力を持つ。高島平で61分12秒と故障ではない。
浅利宗一郎(1年)…高校時代の実績が豊富な選手。全日本予選会は初10000Mで好走した。

予想オーダー
柿原4ー我那覇3ー鈴木1ー西山3ー大川1ー東2ー井上4ー柏部4
箱根予選会エントリー14人から漏れたのが高山というのは意外でしたが、高島平でしっかりと走れており問題なく、不満でないエントリーができたと思います。1区は箱根2年連続1区予定だった柿原。全日本1区ですし箱根予選会もっとも走れていた選手を持ってくるのが良いと思います。2区は2年前好走した我那覇で、3区は箱根予選会好走した鈴木。2年前は柿原を置いているわけですし、スピードもあり好調な鈴木が良いと思います。4区西山、5区大川と堅実に各大会走っている選手で襷を繋いで6区には今年度伸びてきている東。7区は箱根予選会チーム8番手の石橋でも良いのですが、井上に引率してもらったわけですし、井上もそこまで悪かったわけではないので井上で、アンカー柏部かなと。6位以内に入るには全体的に力不足かなというのが正直な印象。シード争いをしながら8位くらいというのが順当ではないでしょうか。

全日本大学駅伝予想(3)明治大学

4年
大六野秀畝
箱根14年2区5位(3区12位)・13年2区12位(6区11位)・12年1区6位(3区4位)
全日本13年8区4位・12年2区5位・11年1区4位
関カレ14年5000M2位10000M25位・13年5000M5位10000M6位
柱的存在。8月中旬に練習復帰したが、出雲駅伝では主要区間に起用される予定だった。

文元慧
箱根14年1区4位(6区6位)・13年1区2位(3区5位)・12年補欠(1区8位)
全日本13年1区4位・12年1区5位・11年補欠
関カレ14年10000M4位・13年1500M予選
スターターとして抜群の安定感を誇る選手。前半戦は絶好調だったが、出雲駅伝では補欠に回っていた。

有村優樹
箱根14年8区2位・13年7区3位(1区21位)・12年8区3位(5区11位)
全日本13年4区6位・12年5区1位・11年3区7位
関カレ14年ハーフ24位・13年10000M27位・12年10000M22位ハーフ26位・11年10000M25位
主将。成績に波がある選手。前半戦は関カレ以外はよく、出雲駅伝でも出走する予定だった。

松井智靖
箱根14年7区8位(補欠)・13年9区18位(補欠)
全日本13年5区2位・12年6区4位
関カレ12年ハーフ11位
5月以降姿を見せていなかったが、9月末の記録会でそこそこ走っている。出雲も出走する予定だった。

山田速人
箱根14年補欠(補欠)・13年(4区9位)
全日本13年補欠・12年7区5位
夏に10000Mチームトップの記録を出した選手。夏は順調に練習をこなせた模様だが、出雲にはエントリーされなかった

3年
横手健
箱根14年5区19位(5区3位)・13年8区9位
全日本13年3区6位
関カレ14年5000M6位10000M5位・13年5000M10位・12年5000M4位10000M15位
前半戦で5000M,10000Mの自己ベストを出すなど復活した選手。出雲駅伝でも3区出走予定だった。

木村慎
箱根14年4区5位(補欠)・13年補欠(5区5位)
全日本13年7区1位・12年4区7位
関カレ14年ハーフ14位・13年ハーフ25位
ロードでの安定感がある選手。夏に28分50秒の自己ベストを出しており、出雲駅伝では最長の6区に抜擢されていた。

牟田祐樹
箱根14年補欠(4区11位)・13年補欠
全日本13年補欠・12年補欠
関カレ13年5000M22位
13分47秒などトラックの自己ベストが良い選手。ハーフも63分台で走ったことはあるが、高島平で62分台と撃沈。

山田凌
箱根14年補欠・13年補欠
全日本12年補欠
箱根5区候補という噂が流れている選手。夏に14分8秒の自己ベストを出したが、高島平は61分16秒と足踏み。

2年
吉田楓
箱根14年補欠
全日本13年補欠
昨年度1年生として一番活躍した選手。9月末や10月始めの記録会では安定して走れていたが、高島平は63分台と撃沈。

藪下響大
夏に大きく伸び、出雲5区出走する予定だった。9月末の記録会は29分46秒の自己ベストだったが、高島平は62分43秒。

1年
皆浦巧
IH5000M決勝に残った選手。9月末に29分39秒、高島平も61分21秒と夏を経て着実に成長している模様。

渡辺智裕
前半戦5000Mの自己ベストを更新し、10月初めも14分5秒の自己ベスト。週末の記録会にもエントリーされている。

主なエントリー漏れ
八木沢元樹(4年)…13分28秒の自己ベストを持つスピードランナー。長脛靭帯とハムストリングスを故障中らしい。
前野貴行(4年)…1500Mから20kmまでこなす選手。足底の故障で夏を棒に振った模様。

予想オーダー
文元4ー横手3ー有村4ー木村3ー牟田3ー松井4ー山田速4ー大六野4

八木沢は変わらずエントリー漏れしましたが、山田速・牟田などが入りだいぶ順当なオーダーになってきたと思います。カギとなるのは出雲駅伝オーダーに入らなかった山田速・文元の調子でしょう。明大は大江のように出雲には出てこない主力もいますし、山田速はもともと記録会にエントリーしていない(DNSがない)ので、全日本は問題ないと思います。ただ、文元の方は出雲で補欠(7,8番目の選手)に回るほど微妙な様子。安定したスターターがいないので、全日本までに少し復活して何とか8割くらい走ってほしいのですが…。一応、文元がある程度復調してスターターに置けると仮定して組んでみました。2区は大六野を置いて前半型のオーダーにしても良いのですが、来年度箱根2区最も走りそうな横手に出入りの激しい区間を経験させたいと思いました。メンバー次第ですが、区間賞も狙ってほしいところ。3区は北・横手など主要な選手を置く傾向があるので有村を置いて、4区木村。安定感を見ても出雲アンカーに起用された期待から見ても十分あると思います。5区は8番目の選手で牟田を置きましたが、間近の高島平を参考にするなら皆浦を試してみても良さそう。後半の繋ぎ区間の中で大事な6区には松井を置いて、山田速を一昨年経験した7区。アンカーは大六野で締めるのが良いかなと思いました。全体的には1区文元をおければ優勝争いの一角という評価は良くも悪くも揺るがないという印象。文元1区おけなければ、1区大六野4区有村8区木村とかになるでしょうが、主要区間で他大に離されそうという気がします。

全日本大学駅伝予想(2)早稲田大学

4年
山本修平
箱根14年補欠(3区5位)・13年5区3位(3区3位)・12年5区3位(3区2位)
全日本13年4区3位・12年4区2位・11年1区12位
関カレ14年5000M21位10000M15位・13年5000M11位10000M23位・12年10000M11位・11年10000M17位
主将。前半戦は微妙だったが、日本インカレ10000M8位入賞、間近の記録会も28分47秒と秋になって好調。

田口大貴
箱根14年9区7位・13年10区4位(5区8位)
全日本12年補欠・11年補欠
関カレ14年ハーフ12位・13年ハーフ38位・12年ハーフ14位
記録ほど主要大会で結果を残せていなかった印象だったが、日本インカレ5000M8位。間近の記録会は29分3秒。

3年
高田康暉
箱根14年2区1位(2区4位)・13年補欠(2区4位)
全日本13年6区3位・12年5区6位
関カレ13年ハーフ9位
日本インカレ31分台の撃沈で出雲エントリーから外れたが、間近の記録会は28分49秒の自己ベスト。

柳利幸
箱根14年7区5位(1区9位)・13年8区14位(補欠)
全日本13年1区15位・12年1区12位
関カレ14年10000M8位
関カレ入賞、日本インカレ10000Mも5位と結果が残せるようになってきた。間近の記録会は28分51秒。

中村信一郎
箱根14年10区10位(5区8位)
全日本13年補欠
IH1500M9位のスピードランナー。前半戦も好調だったが、間近の記録会も28分56秒の自己ベスト。

三浦雅裕
箱根14年6区2位・13年補欠
全日本13年補欠
関カレ14年5000M25位
下りを得意としているが、非常に波がある選手。間近の記録会でも途中棄権している。

藤岡孝彰
4月に故障して夏にBチームに上がってきた選手。週末のハーフにエントリーされている。

2年
武田凜太郎
箱根14年3区5位(4区5位)
全日本13年5区4位
関カレ13年10000M25位
1月から故障で苦しんでいたが、10月初めにレース復帰。間近の記録会も29分12秒と状態を戻してきた。

井戸浩貴
箱根14年8区9位
全日本13年7区3位
関カレ14年ハーフ7位
一般入試で入学してきた選手。前半戦から好調だったが、間近の記録会で29分58秒の自己ベスト。

佐藤淳
箱根14年(補欠)
全日本13年補欠
関カレ14年ハーフ20位
昨秋一気に伸びてきた選手。前半戦も好調で、間近の記録会も29分20秒の自己ベスト。

1年
光延誠
関カレ14年5000M12位
前半戦から自己ベスト付近で走っており、日本インカレ5000M7位。間近の記録会は29分14秒の自己ベスト。

安井雄一
関カレ14年1500M予選
IH5000Mで決勝に残った選手。10月初めの記録会には出走していたが、間近の記録会はDNS。

石田康幸
10月初めの記録会では14分30秒だったが、間近の記録会は経験の少ない10000Mで30分49秒かかってしまった。

主なエントリー漏れ
高橋広夢(4年)…今年の箱根以降一気に力をつけてきたが、10月初めの記録会で14分53秒など秋になって不調。
平和真(2年)…ホクレンで13分45秒など前半戦成長していたが、夏に脛骨の骨折をしてしまった。

予想オーダー
柳3ー高田3ー光延1ー山本4ー中村3ー武田2ー井戸2ー田口4

調子を落としている高橋は外れてしまいましたが、出雲エントリーから外れた武田・高田が間近の記録会でしっかりと走りエントリーと不満のないエントリーになったと思います。基本的には、出雲の6人+高田・武田でしょうが、佐藤も順調に伸びてきて試してみたい存在で一人くらい故障者が出ても問題ないでしょう。1区がやはり1番迷いました。本来なら武田を置くのですが、間近の記録会ある程度走ったとはいえ本調子なら28分台出してもおかしくないと思うんです。従って、個人的にはおすすめしないのですが、出雲1区予定だった柳がそのまま1区で起用されるのではないかと予想。2区は出入りが激しい区間なので箱根2区区間賞とっている高田が良いと思います。光延は1年生ですし3区か5区に起用されて、4区にはここ2年好走している山本以外の選択肢はほぼないと思います。5区~7区はどの順番で走ってもおかしくなさそう。一応、最も実績のある武田を早稲田が重要視している6区にしましたが、武田・井戸をそれぞれ経験している5区7区においても中村6区に不安はなさそうです。出雲もアンカー予定だった田口をアンカーに。箱根では9区10区など終盤区間を担当しているので問題ないと思います。昨年の田中のように堅実に走ってくれれば。全体的には1区と8区がかなり不安ですが、それ以外の区間は他の優勝候補と遜色なさそう。1区8区大きく失速しなければ昨年のように上位争い、1区8区優勝候補に引き離されなければ優勝争いもできると思います。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(2)東海大学

5km(順位2位)
白吉1433
石川1448
川端1449
宮上1449
廣田1449
高木1449
中川1509
桐原1510
春日1510
成田1510
石橋1510
富田1510
3位集団につく白吉、その後ろの集団にいる川端ら、そして集団走と3つに分かれました。高木が個人で走るのは少し意外でした。

10km(通算順位3位)
白吉1459(2932)
桐原1511(3021)
春日1511(3021)
成田1511(3021)
石橋1511(3021)
中川1512(3021)
富田1512(3022)
宮上1518(3007)
廣田1518(3007)
高木1518(3007)
川端1519(3008)
石川1519(3007)
ここまでは順調。ただ、昨年はここで一旦ペースを落としていましたが、今年の集団走はペースを落とさず。結果的には裏目に出てしまいました。


15km(通算順位2位)
白吉1459(4431)
中川1512(4533)
川端1513(4521)
宮上1513(4520)
廣田1514(4521)
高木1514(4521)
石川1514(4521)
桐原1516(4537)
春日1517(4538)
成田1521(4542)
石橋1533(4554)
富田1601(4623)
ここで集団は別れたっぽい。引率役だった中川は余力があったようでペースを上げましたが、その他の選手はズルズルと落ちていっています。

20km(通算順位3位)
15位川端1453(6014)
17位宮上1500(6020)
9位白吉1503(5934)
22位廣田1507(6028)
41位中川1508(6041)
52位高木1529(6050)
62位石川1538(6059)
94位桐原1542(6119)
102位春日1549(6127)
115位成田1557(6139)
127位石橋1557(6151)
216位富田1708(6331)
ラスト5kmは川端が1年らしからぬ走りで14分台を記録しました。白吉・宮上・廣田はしっかりと粘れましたし、高木・石川も何とかふんばりました。ただ、後ろの集団は16分台の選手はいなかったとはいえ、中川以外失速してしまいましたね。

4年
中川瞭
箱根15年(41位)・13年(84位)・12年補欠(4区5位)
全日本13年(4組6位)・12年1区8位(4組4位)・11年3区4位
関カレ13年10000M13位
一年間故障で苦しんでいたが、9月末の記録会で復帰。箱根予選会でも好走したが、引率役としてはうまくいかなかった。

石川裕之
箱根15年(62位)・14年補欠(62位)・13年(78位)・12年補欠(2区8位)
全日本14年(4組14位)・12年4区12位(3組13位)・11年補欠
関カレ14年5000M15位10000M13位・12年10000M21位
前半戦は全日本予選会、関カレと安定して結果を残していたが、箱根予選会では昨年と同じ順位に甘んじてしまった。

3年
白吉凌
箱根15年(9位)・14年1区7位(18位)・13年(120位)
全日本12年3区12位(1組1位)
関カレ14年10000M30位
関カレあたりで全く走れなくなったが、秋になって復活。2年連続箱根予選会ではチームトップの走り。

宮上翔太
箱根15年(17位)・14年5区5位・13年(154位)
全日本13年(3組30位)・12年5区12位
関カレ14年ハーフ13位・13年ハーフ29位
関カレ以降レースに出てこなかったが、秋に復帰。ハーフ62分台の自己ベストを持つなど長い距離が得意。

高木登志夫
箱根15年(52位)
全日本14年(1組6位)
関カレ13年3000SC2位
今年度ブレイクした選手。全日本予選会1組で好走、箱根予選会でも上位集団に食らいついて終盤も何とか粘った。

富田三貴
箱根15年(216位)・14年補欠・13年(283位)
全日本12年補欠
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M30位・12年1500M予選
スピードランナー。9月末に29分3秒の自己ベストを出したが、箱根予選会では後半失速した。

2年
石橋安孝
箱根15年(127位)・14年補欠(23位)
全日本13年(3組13位)
関カレ13年3000SC5位
今年の6月に復帰してきた選手。9月末の記録会29分28秒、箱根予選会も失速などまだ本調子ではないか。

廣田雄希
箱根15年(22位)・14年補欠(21位)
全日本14年(3組21位)・13年(2組2位)
関カレ13年5000M29位
箱根駅伝は故障で走れなかったが、前半戦に復帰。秋になって調子を上げており箱根予選会は2年連続好走。

成田元一
箱根15年(115位)
全日本14年(1組14位)
今年度伸びてきた選手。箱根予選会も115位と堅実に推移している印象。

荒井七海
箱根14年4区20位(64位)
全日本13年(1組32位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選
箱根予選会64位の経験がある一方で、撃沈も多い。箱根予選会は当日出走できず、高島平は60分53秒。

桐原翔太
箱根15年(94位)・14年補欠(74位)
全日本14年(2組4位)・13年(1組28位)
自己ベストは目立っていないが、記録会も含めた各レースで堅実にはしってくれる選手。

1年
川端千都
箱根15年(15位)
全日本14年(4組9位)
関カレ14年5000M28位
今年の1年生で一番活躍している選手。箱根予選会も終盤上げ、15位の好走。

春日千速
箱根15年(102位)
都道府県5区6位の実績がある。9月末の記録会で29分33秒の自己ベストを出すと、箱根予選会もある程度走った。

主なエントリー漏れ
吉川修司(4年)…三本川トリオの一人。前半戦は全日本予選会3組で好走するなど悪くなかった。
土屋貴幸(2年)…箱根3区6位。箱根予選会もエントリーから外れたが、高島平で60分29秒と調子は悪くない。

予想オーダー
白吉3ー川端1ー廣田2ー石川4ー春日1ー中川4ー高木3ー宮上3

エントリーに関しては締切が箱根予選会後だったら、高島平好走した土屋が入っただろうと思いますが、ほぼ順調なエントリーができたと思います。出走する選手は、箱根予選会上位7人は走るでしょう。残り1人を、箱根予選会チーム8番手の桐原、主力の実力がある石橋、ルーキーの春日の誰かになると思います。とりあえず、1区2区はこの2人で決定だと思います。全日本1区はかなりハイレベルなので箱根予選会で唯一3位集団に食らいついた白吉で悪くない位置につけ、既に主力の実力を持つ川端に順位変動の激しい2区を体験してもらいましょう。3区は春日・廣田・中川・高木のうち誰が走ってもおかしくないと思います。4区には石川。箱根予選会こそあまりうまくいきませんでしたが、前半戦しっかりと粘れていましたし、今年の箱根でも2区9区には元村・石川という上級生が起用される予定だったので主要区間で起用したいと思いました。走りやすい5区に1年の春日を置いて、後半の繋ぎ区間の中で一番重要な6区は中川・廣田といった経験のある選手が配置されると思います。7区高木でアンカーには長い距離が得意な宮上でしょう。全体的には主要区間に不安のない選手が繋ぎ区間に回るほど戦力が充実しており、十分シード権獲得のチャンスがあると思います。ただ、全日本予選会の廣田や土屋、箱根予選会の石川や石橋など微妙に取りこぼしている部分が今年多いのでしっかりと修正していきたいところです。



箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(1)順天堂大学

5km(順位6位)
松村優1447
田中1448
稲田1449
松村和1449
栃木1507
聞谷1507
松枝1507
作田1509
花沢1509
西沢1509
三宅1509
的野1509
第二集団につく選手、速めの集団走、遅めの集団走の3つに分けましたね。稲田・松村和・栃木は思っていたよりも一つ上のグループでした。

10km(通算順位8位)
栃木1513(3020)
聞谷1513(3020)
稲田1517(3006)
田中1518(3006)
松村和1518(3007)
松村優1519(3006)
作田1523(3032)
三宅1523(3032)
花沢1524(3033)
西沢1524(3033)
松枝1525(3032)
的野1531(3040)
故障明けの松枝、故障が多く距離対応が不安な的野がペースが落ちてきました。

15km(通算順位8位)
栃木1511(4531)
田中1514(4520)
松村優1514(4520)
花沢1514(4547)
稲田1515(4521)
作田1516(4548)
聞谷1519(4539)
西沢1523(4556)
松村和1524(4531)
松枝1541(4613)
三宅1555(4627)
的野1815(4855)
10kmからフリー走だったのか全員バラバラに。的野・三宅といった最終的にチーム11番手・12番手の選手が急落。栃木・作田らが良いペースを刻めています。松村和は中盤集団からこぼれ落ちる姿が撮されていましたが、そうなると厳しいでしょう。

20km(通算順位8位)
24位田中1509(6029)
28位松村優1514(6034)
35位稲田1518(6039)
53位栃木1520(6051)
69位聞谷1527(6106)
98位作田1537(6125)
105位花沢1545(6132)
117位西沢1548(6144)
95位松村和1549(6120)
153位松枝1602(6215)
173位三宅1613(6240)
409位的野1902(6757)
最終的にチームトップだったのは集団を引っ張っていた松村優ではなく、田中。稲田・栃木・作田もしっかりと力を出せたと思います。聞谷はまとめられたものの実力を考えるともっと走って欲しかったところ。花沢・西沢・松枝といったスピード型の選手は最後ばててしまいました。

4年
松村優樹
箱根15年(28位)・14年1区9位(3区4位)・13年9区7位(3区6位)・12年9区5位(46位)
全日本14年(4組10位)・13年1区7位(4組9位)・12年(4組23位)・11年(2組8位)
関カレ14年10000M10位ハーフ4位・13年10000M15位・12年ハーフ12位
各大会で高いレベルで安定しているエース。箱根予選会は引っ張りすぎた影響か微妙な結果だった。

的野遼大
箱根15年(409位)・13年補欠・12年7区7位(212位)
全日本13年(1組24位)・11年(1組2位)
関カレ14年1500M予選
実力はあるが、故障が多い選手。日本インカレ1500M5位だが、長い距離はまだ復調していない模様。

松村和樹
箱根15年(95位)・14年7区11位(補欠)・13年補欠(補欠)・12年補欠(129位)
全日本13年7区6位(2組23位)
関カレ13年ハーフ20位・12年ハーフ23位
松村優の双子の弟。4月半ば以降レースから離れていたが、箱根予選会は苦しい展開の中何とか粘った。

3年
松枝博輝
箱根15年(153位)・14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本14年(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位
大学1年でブレイクした選手。2年以降故障で苦しんでおり、箱根予選会も故障明けで出走したらしい。

稲田翔威
箱根15年(35位)・14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本14年(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ13年ハーフ27位
自己ベストはそこまで速くないが、非常に安定して走ってくれる選手。特にロードに強く、箱根予選会では好走した。

田中孝貴
箱根15年(24位)・14年9区5位
全日本14年(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位
昨秋ブレイクした選手。冬にいったん調子を落としたが、前半戦になって調子を上げてきて箱根予選会はチームトップ。

2年
森湧暉
箱根14年補欠(4区6位)
全日本14年(3組8位)・13年3区10位
IH5000Mで決勝に残った選手。全日本予選会3組で好走したが、箱根予選会は欠場した。

聞谷賢人
箱根15年(69位)・14年10区8位
全日本14年(1組11位)・13年6区13位
関カレ14年10000M19位
昨冬ブレイクした選手。前半戦も5000M,10000Mの両方で自己ベストだったが、箱根予選会はもう少し走って欲しかった。

西沢卓弥
箱根15年(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本13年補欠
夏に29分38秒の自己ベストを出した選手。ハーフの実績はあまりなく、箱根予選会も後半失速した。

作田直也
箱根15年(98位)
高校時代自己ベスト15分47秒からジワリと力をつけ、箱根予選会では二桁の好走。

1年
花沢賢人
箱根15年(105位)
全日本14年(2組3位)
関カレ14年5000M22位
都大路1区3位などトップクラスの実力を持って入学。長い距離にも少しずつ対応してきているか。

村島匠
関カレ14年1500M予選3000SC1位
関東インカレ3000SCで優勝した選手。都大路1区39位など10km以降の実績はほとんどない。

栃木渡
箱根15年(53位)
全日本14年(1組20位)
都大路1区22位などの実績を持つ。前半戦も悪くなかったが、箱根予選会で53位と一気に結果を出してきた。

主なエントリー漏れ
西郷貴之(4年)…出雲6区4位、箱根5区5位などロードが強いが、故障が多い選手。

予想オーダー
松村優4ー稲田3ー花沢1ー松村和4ー聞谷2ー西沢2ー栃木1ー田中3
エントリー自体は順当でしたが、箱根予選会で森が走っていません。的野が走るほど緊張感を持って挑んだようですし、全日本のエントリー締切直後に何かアクシデントがあったと見るのが普通だと思います。オーダーは故障明けの選手を起用するよりも試してみたい選手がたくさんいますし、故障明けの選手を持ってきても好走するとは限らないので、的野・松枝は外して予想しました。昨年と同じく1区2区に主力をおいて出遅れないこと、その後も不安な区間の後ろには実力のある選手を置くことをイメージして組んでみました。箱根1区を見据えて全日本1区を起用するチームもありますが、ある程度なら稲田が数年前の堀のように堅実にまとめてくれるでしょうし、ハイペースなら松村優を1区に置くこともありうるので気にする必要はないだろうと判断してエースの松村優を1区。2区が一番迷いました。箱根予選会上位3人を1区、4区、8区において2区は耐えるパターン、箱根予選会チームトップの田中を置くパターンも考えましたが、稲田に。今年の箱根3区でしっかり粘れていますしきちんと耐えてくれると思います。3区は昨年も1年の森が起用されていたので、今年は花沢にして、4区は昨年4年が起用されたので今年も4年かなと予想し松村和。箱根予選会より上位の聞谷も考えましたが、松村和は前の集団についていたので期待値が高いかなと思いました。5区にフォローの意味を込めて、6区西沢、7区栃木、8区田中。スタミナが不安な西沢6区は不安ですが、昨年も聞谷が繋ぎ区間で最長の6区でしたしありうると思います。全体的には4区6区と不安ですし、繋ぎ区間もシードの大学と比べてそこまで稼げそうな印象はないかなという印象。シード争いそするかしないかぐらいで、8位ぐらいに収まれば不満はないかなと思います。


全日本大学駅伝予想(1)大東文化大学

4年
市田孝
箱根14年2区10位(8位)・13年3区11位(23位)・12年(121位)
全日本14年(4組4位)・13年1区5位(4組4位)・12年(4組10位)・11年(4組23位)
関カレ14年5000M10位10000M7位・13年5000M6位10000M3位・11年5000M13位10000M21位
2本柱の1人。日本インカレ10000Mでは28分50秒で関東の日本人学生トップ。出雲は3区予定だった。

市田宏
箱根14年1区8位(9位)・13年1区5位(56位)・12年(111位)
全日本14年(4組31位)・13年2区7位(4組14位)・12年(4組3位)・11年(4組28位)
関カレ14年10000M24位ハーフ11位・13年ハーフ1位3000SC3位・12年10000M21位ハーフ41位・11年3000SC10位5000M26位
2本柱の1人。前半戦は主要大会で結果を残せなかったが、日本インカレ9位と秋になって結果を残せている。

池田紀保
箱根14年4区9位(51位)・13年4区11位(55位)・12年(187位)
全日本14年(3組14位)・13年6区8位(OP2位)・12年(OP16位)・11年(2組34位)
関カレ14年ハーフ9位・13年5000M22位・12年3000SC8位・11年3000SC予選
主将。秋に14分18秒、29分41秒の自己ベストを出している。出雲は5区起用の予定だった。

植木章文
箱根14年3区14位(39位)・13年10区12位(66位)
全日本14年(2組11位)・13年8区8位(2組4位)
関カレ14年ハーフ8位
昨年の全日本アンカーでシードを追った選手。9月末に30分23秒と良くなかったが、出雲ではアンカー予定だった。

平塚祐三
箱根14年補欠(53位)・13年補欠(146位)
全日本14年(1組3位)・13年補欠(2組18位)
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC5位・12年3000SC予選11年3000SC予選
三大駅伝の経験こそないものの各大会で安定して結果を残している選手。9月末に29分25秒の自己ベスト。

3年
石田政
関カレ12年1500M予選
IH1500M5位、都大路4区8位と実績のあるランナー。大学に入ってから苦労していたが、9月末の記録会30分18秒と復活。

大隅裕介
箱根14年9区17位(137位)・13年補欠
全日本14年(3組15位)・13年7区7位(OP6位)
関カレ14年5000M23位10000M20位
昨秋大きく伸びたランナー。前半戦は大舞台でしっかりと粘れていた。9月末の記録会も安定して走れている。

森橋完介
箱根14年補欠(155位)
全日本14年(2組28位)
9月末の記録会で31分近くかかっているが、各大会で最低限の走りはしてくれる印象。

2年
北村一摩
箱根14年補欠(160位)
全日本13年5区13位(1組18位)
昨秋以降調子を落としていたが、夏に復活し、9月末の記録会では29分28秒の自己ベスト。

石橋優哉
昨年度29分台で走っている選手。前半戦もある程度走れており、9月末の記録会でも30分18秒と悪くなかった。

鴇沢俊介
前半戦もじわりとタイムを伸ばしていたが、9月末の記録会で5000M,10000Mの両方で自己ベストと夏に一気に伸びた。

1年
山本翔馬
関カレ14年3000SC予選
都大路4区26位の実績を持つ。大学に入ってからは目立った成績は残せていないが、練習は積めている模様。

原法利
全日本14年(1組7位)
全日本予選会29分台の好走をした選手。9月末の記録会も29分40秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
須田博巳(1年)…都大路2区2位の実績を持つ選手。週末の記録会にエントリーされている。

予想オーダー
市田宏4ー大隅3ー池田4ー市田孝4ー原1ー平塚4ー北村2ー植木4
エントリーに関しては出雲は予想外の8人エントリーでしたが、北村・森橋などがしっかりと入り満足なエントリーになったと思います。昨年は1区2区で流れに乗りましたが、シード権を獲得するためには、距離の長い1区と4区に2本柱を置くことを考えました。その場合、1区は市田宏でしょうか。出雲1区を任されるほど期待されていますし、今年の箱根ハイペースな1区でもしっかりと走れていたので、問題ないと思います。耐えるべき2区と少しでも巻き返したい3区には全日本予選会3組でしっかりと走れていた大隅と池田。一応、箱根4区という短い区間を走っている池田を3区にしましたが、出雲は2区に大隅起用予定でしたし、どちらもありうると思います。何とか耐えて4区まで襷を回して欲しいところ。4区には市田孝。全日本予選会では途中まで留学生につき、日本インカレも好走と4年生になって格段に安定して走れています。どのような順位で襷をもらっても浮上してくれるでしょう。5区は昨年も1年が走ったので原、6区は平塚、7区は北村。駅伝経験が少ない3人が続きますが、原は孝の後で走りやすいでしょうし、平塚・北村は実力があるので問題ないと思います。アンカーは昨年と同じく植木に激走してもらいたいです。全体的にはシード権を狙うには戦力が不足しているかなというのが正直な印象。ただ、この3年間上武大や大東文化大など思わぬ大学がシード争いしているので、相性の良い大東文化大もチャンスはあると思います。

箱根駅伝予選会順位予想

1位山梨学院大学
2位東海大学
3位上武大学
4位神奈川大学
5位國學院大学
6位中央学院大学
7位順天堂大学
8位法政大学
9位専修大学
10位東京農業大学
11位城西大学
12位創価大学
13位中央大学
14位国士舘大学
1位2位、8位9位はどちらを上の順位(1位、8位)にするか迷いました。3位まで評価の高い三大学にしても面白くないので、予選会得意な上武大を3位にしました。11位と12位は外してもしょうがないですが、当たれば格好いいかなと。

例年通り箱根駅伝予選会はサークル(コントラクトブリッジ)の大会とかぶっているので、結果記事などは遅くなると思います。


出雲駅伝順位予想

追記…出雲駅伝中止

1位青山学院大学
1区から安定して上位につき3区終了時点でほぼトップとの差はないと予想。4区久保田で抜け出して優勝かなと。

2位駒沢大学
1区中谷が飛び出すものの失速。2区3区で追い上げてトップ付近まで浮上するものの、久保田に差をつけられて万事休すと予想。

3位東洋大学
1区~3区で上位につけられると予想。4区からはさすがに優勝するには物足りないものの、流れにのってしっかり走ってくれる。

4位日本大学
1区と3区は優勝候補に引けを取らないレベル。石川も悪くないものの、全体的に繋ぎ区間が冴えないと予想。

5位早稲田大学
全体的にこれくらいの順位で推移するかなと予想。アンカーの田口は思ったより伸びないと思います。

6位大東文化大学
3区で見せ場を作るものの、アンカー植木はこの距離はさすがに不向きで順位を落とすと予想。

7位明治大学
1区大六野が不調、2区有村も上げられず2区終了時点で二桁順位と予想。3位横手で浮上するものの、5区藪下微妙で過去最高順位かどうかレベルでフィニッシュと予想。

8位日本体育大学
1区加藤で好位置につけるものの、ジワリジワリと順位を落とすと予想。アンカーの勝亦は区間10位前後でうまくいかないと予想しました。

9位帝京大学
1区~4区は7位くらいを走行するも、5区以降順位を落とすと予想。

10位立命館大学

11位拓殖大学
1区~3区は8位くらいかなとも思いましたが、箱根以外苦手としているので、順位を下げて予想しました。

台風の影響が少しでもないことを願っています。

出雲駅伝オーダーの感想

中止ということで区間配置の的中数とその感想を追記しました。出雲駅伝に関してはこれで記事にするのは終了です。

駒沢大学
中谷2ー西山2ー村山4ー其田3ー西沢4ー馬場3
3区のみ的中
中村が出走しないことが予想された中では順当なオーダーだと思います。カギとなるのはやはり1区。中谷がどこまで力を溜めて終盤を迎えることができるかどうか。第一工大のカリウキの走りも左右してきそう。3区で抜け出して余裕をもって後半区間を迎えたいところ。
区間は中谷1区馬場6区は巷では言われていましたが、個人的にはどうかなと思っていたのですが…。

東洋大学
服部弾2ー口町2ー服部勇3ー渡邉3ー齋藤4ー竹下1
区間は3区のみ的中
状態が万全でなかった田口が外れてしまいましたか。ただ、それ以上の驚きが齋藤の起用と竹下のアンカー。出雲は2年前に大津を起用するなどそこまでアンカーは重視していないですが、それでも1年が入ってくるとはおもいませんでした。レース展開としては2年前が理想的でしょう。
区間は田口の欠場、竹下のアンカー、齋藤の起用と全くの予想外が多くほとんど当てられませんでした。


日本体育大学
加藤4ー吉田1ー小町1ー奥野3ー秋山2ー勝亦3
区間は1区2区5区が的中
やはり記録会の上位6人が起用されてきました。ただ、小町の主要区間起用は驚きました。4区に奥野を置いてフォローさせるということでしょうか。今後の駅伝を占う意味では昨年の三大駅伝で結果を残せなかった勝亦の走りにも注目。
区間は3区小町を置いて4区に奥野でフォローさせるという発想はなかったですね。ただ、2区吉田5区秋山を当てられたので満足。

早稲田大学
柳3ー中村3ー山本4ー光延1ー井戸2ー田口4
区間は3区4区6区的中
柳がまたしても1区。成功する可能性も高そうですが、失敗した時のダメージが多すぎるので(個人的に全日本は間違いなく間に合わなくなると思います)、ハイリスクの道を行きましたね。また、出雲5区や箱根10区など後半区間の起用が多かった中村の2区も意外でした。3区以降は安定して推移しそうですが、序盤どこまで粘れるかでしょう。
1区2区は当てられた人はほぼいないのではないでしょうか。田口アンカーを直前の変更で当てられたのでそこまで残念な気持ちはないです。

青山学院大学
小椋3ー川崎4ー一色2ー久保田3ー藤川4ー神野3
区間は6区のみ的中。
ベストメンバー組めましたね。ただ、3年連続2区を走っていた藤川を5区に回したのは驚きでした。2区までに良い位置につければ、4区久保田で抜け出して優勝が濃厚だと思います。
小椋1区一色3区は個人的にベストオーダー組みに行って外れたので納得しています。ただ、5区藤川拓は予想していた人いないのでは。

明治大学
大六野4ー有村4ー横手3ー松井4ー藪下2ー木村3
2区3区4区が的中
八木沢に加えて文元まで外れてしまいましたか。1区にはエースの大六野が起用されましたが、出雲駅伝とはすこぶる相性が悪い。5区藪下も不安で正直言って優勝に絡むには厳しそう。
区間は文元が外れ、大六野が1区になってずれた中で、3区間も当てられたのは満足しています。

日本大学
荻野3ー大門4ーキトニー3ー林4ー高松4ー石川2
1区のみ的中
キトニー3区には驚きでした。荻野(日大)・加藤(日体)あたりは区間賞の大穴候補かなと個人的に思ったりしています。目標順位の3位には4区5区の粘りがカギになりそう。特に、竹之内の代わりに入った高松は冬のように好調な走りをできるかどうか。
区間は3区キトニー、6区石川は予想が無理でした。ただ、4区林は当てておきたかったです。

帝京大学
柳原4ー早川4ー杉山4ー高橋裕3ー内田2ー野村3
区間は全外し
熊崎が外れてしまいました。その中で、エースの柳原を1区にもってきて出遅れを防いできました。また、不調に苦しんでいた早川がどれくらい走れるかも注目。本来、このような繋ぎ区間を得意としているので区間上位できてほしいです。対照的に、5区6区はさすがに苦しそうです。
区間は巷で言われていた1区柳原は違うかなと思っていましたが、完全に外してしまいました。5区6区はもともと当てるのが無理でしたので、2~4区一つくらいは当てたかったです。

拓殖大学
佐護4ー宇田2ー金森3ー尾上4ー新井2ー櫻井4
区間は1区3区5区が的中。
1区と3区に両エース。2区に伸び盛りの宇田と前半区間は楽しみです。一方で、山登り以外実績のない尾上、10000Mを得意としているとはいえ櫻井はさすがに厳しく、後半区間は苦しそうです。
区間は5区新井を当てられましたし、1区3区と当てられたので満足です。櫻井は勿論、2区宇田、4区尾上も個人的にはイメージがあまりわかなかったので仕方ないかなと。

大東文化大学
市田宏4ー大隅3ー市田孝4ー平塚4ー池田4ー植木4
区間は全外し
1区と3区に市田兄弟を持ってきましたが、1区に宏3区に孝とは思いませんでした。1区2区としっかりと凌げれば3区以降良い流れで走れそうです。
区間は間近の記録会を重視して植木を外して2区池田、4区大隅にしたのですが、上級生重視のオーダーだったので微妙にずれてしまいました。1区宏、3区孝は予想するのは無理です。

トータル16/60で2割5分少ししか当てられませんでした。昨年は29/66、一昨年は20/60と当てられたことを考えるとかなりの撃沈。田口・文元のオーダー漏れがあって当てにくかったとはいえ、柳原・中谷の1区などは当てるべきでしたね。

出雲駅伝予想(10)駒澤大学

ラスト!
4年
村山謙太
箱根14年2区2位(3区1位)・13年5区8位(2区9位)・12年2区9位(1区13位)
全日本13年4区1位・12年2区4位・11年2区3位
関カレ14年10000M1位・13年5000M8位・12年5000M6位10000M1位・11年10000M11位
大学界屈指のエース。前半戦は27分台の自己ベストを出すなど好調。夏は体調不良もあったものの順調な模様。

中村匠吾
箱根14年1区2位(1区1位)・13年3区3位(補欠)・12年補欠(補欠)
全日本13年1区1位・12年補欠・11年6区3位
関カレ13年10000M1位・12年10000M4位
主将。故障も多い選手。今年は春先から不調で文化放送の取材で出雲に起用されない方針が述べられた。

黒川翔矢
箱根14年補欠(補欠)・13年補欠
全日本13年7区2位・12年7区2位
関カレ14年ハーフ5位・13年ハーフ7位
前半戦は14分4秒の自己ベストなど好調。今年度はハーフに積極的で間近の函館ハーフでは63分55秒で走った。

西澤佳洋
箱根14年6区5位(補欠)・13年(補欠)
全日本13年補欠・12年補欠
関カレ14年5000M8位
箱根以降絶好調で13分台、28分台、62分台に突入。日本インカレは30分2秒で16位だった。

3年
馬場翔大
箱根14年5区3位
全日本13年6区1位
関カレ14年ハーフ3位・13年ハーフ6位
もともとロードの実績が光っていたが、前半戦は5000M,10000Mで自己ベストと好調。暑いのは苦手らしい。

其田健也
箱根14年10区2位(補欠)・13年補欠
全日本13年補欠
関カレ14年10000M5位
前半戦は5000M,10000Mともに自己ベストと好調。日本インカレは14分2秒で10位。

2年
中谷圭佑
箱根14年4区1位(2区2位)
全日本13年5区1位
関カレ14年10000M2位・13年5000M16位
良くも悪くも積極的な走りをする。前半戦は13分半、28分半まで記録を伸ばした。日本インカレは29分16秒で7位入賞。

西山雄介
箱根14年7区3位(5区2位)
全日本13年2区9位
関カレ14年1500M予選5000M9位
前半戦は5000M,10000Mで自己ベストを出すなど調子は悪くなかった。日本インカレは13分57秒の自己ベストで9位。

大塚祥平
箱根14年8区6位(補欠)
全日本13年補欠
各大会で安定している選手。5月以降出走がなかったが、間近の記録会で29分26秒の自己ベストで復帰した。

1年
高本真樹
関カレ14年5000M25位
都道府県5区2位など実績がある選手。前半戦は目立たなかったが、間近の記録会で14分4秒と自己ベストに近い結果。

予想オーダー
西山2ー其田3ー村山4ー西沢4ー馬場3ー中谷2
エントリーは順当だったのですが、中村は起用されない模様ということでかなり戦力ダウンだと思います。最も困るのは1区。村山・中谷ともに1区向きではない。また、2人を1区に置いたところでどれだけ収穫があるかも疑問符なので、1区に新しい選手を起用したいと思いました。西沢は4年生ですし、馬場は暑いのが苦手なので其田か西山かなと。1年から期待されている西山を1区、2区には5000Mの自己ベストが良い其田にしました。西山は集団の中で力を貯めることはできるでしょうから、何とかラスト粘って5位くらいで襷を渡して欲しいところ。3区に昨年好走した村山、アンカーは中谷を置いて、4区5区に山の2人を置くのが良いかなと。黒川はハーフに積極的に取り組んでいるので出雲は出てこないと思います。中村が走った場合は、1区中村で好位置につけて、3区村山で抜け出すというイメージだったのですが、中村が出走しない場合3区村山で先頭集団に追いついて4区以降勝負といった感じかなと思いました。優勝候補の一角でしょうが、本命というには抵抗があるかなという印象。

明日の昼から忙しいのでオーダーの感想などどこまで記事にできるか少しわからないです(順位予想はさすがにしますが)。今のところ、本命…青学、対抗…駒大・明治、大穴…日大といった印象でしょうか。

箱根駅伝予選会展望(12)神奈川大学

4年
柿原聖哉
箱根14年5区8位(6位)・13年補欠(39位)・12年補欠(54位)
全日本14年(4組7位)・13年(2組15位)・12年3区11位(4組19位)
関カレ14年10000M6位・12年10000M9位
各大会で安定して力を発揮する。前半戦も安定していたが、日本インカレは30分20秒で21位と良くなかった。

小泉和也
箱根14年1区21位(52位)・13年3区10位(52位)
全日本13年(OP8位)・12年4区9位
一昨年の秋急に出てきた選手。もともと前半戦は目立たず、今年度は全くレースに出てきていない。

柏部孝太郎
箱根14年補欠(44位)・13年5区18位(85位)・12年補欠
全日本14年(3組7位)・13年(1組21位)・12年6区8位(OP12位)
関カレ14年10000M13位
学生ハーフ63分半で走った選手。5000M,10000Mともに自己ベストを更新するなど前半戦は好調だった。

井上雄介
箱根14年4区11位(78位)・13年10区12位
全日本13年(2組20位)・12年7区14位
2年連続主将を務めている選手。昨年の箱根以降安定している。全日本予選会はOPで出走した。

高山直哉
箱根14年7区10位(84位)
昨秋急に出てきた選手。トラックの自己ベストは大したことないが、今年の箱根で好走。前半戦はレースに出ていない。

菅原涼介
箱根14年補欠(128位)
関カレ13年3000SC6位・12年3000SC予選・11年3000SC予選
箱根では6区を希望している選手。前半戦は全く試合に出ていなかったが、間近の記録会で14分58秒で復帰した。

3年
我那覇和真
箱根14年2区19位(7位)・13年7区1位(62位)
全日本14年(3組9位)・13年(4組5位)・12年2区8位(4組18位)
関カレ14年5000M18位10000M22位・13年5000M10位10000M11位・12年5000M13位
前半戦はあまり結果を残せていなかったが、少しずつ復調してきている模様。日本インカレは29分57秒で15位。

西山凌平
箱根14年3区9位(20位)・13年2区11位(45位)
全日本14年(4組17位)・13年(4組13位)・12年1区14位(3組15位)
関カレ14年ハーフ4位・13年10000M8位・12年5000M16位
前半戦5000M,10000Mで自己ベストを出すなど好調。安定感抜群で、日本インカレは29分30秒で10位。

2年
東瑞基
箱根14年6区20位(77位)
全日本14年(2組22位)
昨年の箱根予選会でいきなり好走した選手。前半戦は5000Mで自己ベスト付近など調子は悪くなかった。

中神恒也
箱根14年補欠(134位)
昨秋29分43秒の自己ベストを出している選手。前半戦はレースに出走していない。

石橋健
箱根14年8区20位(177位)
昨秋30分少しで走っている選手。箱根駅伝では力不足で結果を残せなかった。前半戦はレースに出走していない。

1年
大川一成
全日本14年(1組18位)
高校時代全国駅伝1区を3回走って安定していた選手。前半戦も全日本予選会で中位にまとめている。

鈴木健吾
関カレ14年5000M32位
IH5000Mで決勝に残っている選手。前半戦は14分14秒の自己ベストを出している。

大野日暉
10000M29分34秒の自己ベストをもって入学してきた選手。前半戦はあまり調子が良くなかった。

主なエントリー漏れ
赤松宏樹(4年)…実力はあるが、故障が多い選手。一昨年は全日本駅伝エントリーから外れ、箱根予選会に出走。
浅利宗一郎(1年)…高校時代の実績豊富な選手。前半戦は14分15秒の自己ベスト、全日本予選会も2組5位と好走。

赤松・浅利といった選手がエントリー漏れしましたが、前半戦出走していない小泉・高山・菅原・中神・石橋といった選手が入ったので悪くないエントリーだったと思います。浅利は夏合宿で故障した模様。赤松は全日本のエントリーを見てからといったところではないでしょうか。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
10位(付近)…西山・柿原・我那覇
25位(付近)…柏部
50位(付近)…小泉
75位(付近)…井上・東・高山・大川
100位(付近)…中神・大野・鈴木
注目したいのは5番手以降の成績です。勿論ある程度は走ってくれるでしょうが、期待の1年生がどこまで健闘するのか、菅原・中神・石橋といった現時点で10番に入らない選手がどこまで底上げできているかは気になるところ。東・井上も前半戦の充実ぶりを考えると少し順位を上げたいところです。全体的にはトップ通過には物足りないですが、上位通過はしてくるでしょう。勢いのつくような結果で通過したいところ。

出雲駅伝予想(9)大東文化大学

4年
市田孝
箱根14年2区10位(8位)・13年3区11位(23位)・12年(121位)
全日本14年(4組4位)・13年1区5位(4組4位)・12年(4組10位)・11年(4組23位)
関カレ14年5000M10位10000M7位・13年5000M6位10000M3位・11年5000M13位10000M21位
2本柱の1人。日本インカレは28分50秒で3位。間近の記録会でも13分台、28分台を出している。

市田宏
箱根14年1区8位(9位)・13年1区5位(56位)・12年(111位)
全日本14年(4組31位)・13年2区7位(4組14位)・12年(4組3位)・11年(4組28位)
関カレ14年10000M24位ハーフ11位・13年ハーフ1位3000SC3位・12年10000M21位ハーフ41位・11年3000SC10位5000M26位
2本柱の1人。前半戦は主要大会で結果を残せなかったが、日本インカレは29分18秒で9位と復調。

池田紀保
箱根14年4区9位(51位)・13年4区11位(55位)・12年(187位)
全日本14年(3組14位)・13年6区8位(OP2位)・12年(OP16位)・11年(2組34位)
関カレ14年ハーフ9位・13年5000M22位・12年3000SC8位・11年3000SC予選
前半戦は関カレ・全日本予選会と健闘した。間近の記録会は14分18秒、29分41秒の自己ベスト。

植木章文
箱根14年3区14位(39位)・13年10区12位(66位)
全日本14年(2組11位)・13年8区8位(2組4位)
関カレ14年ハーフ8位
関カレハーフ入賞など長い距離が得意な選手。最近14分31秒の自己ベストを出したが、10000Mは30分23秒だった。

平塚祐三
箱根14年補欠(53位)・13年補欠(146位)
全日本14年(1組3位)・13年補欠(2組18位)
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC5位・12年3000SC予選11年3000SC予選
故障などで箱根には出れていないが、結果を残している選手。間近の記録会では29分25秒の自己ベスト。

3年
大隅裕介
箱根14年9区17位(137位)・13年補欠
全日本14年(3組15位)・13年7区7位(OP6位)
関カレ14年5000M23位10000M20位
昨年度大きく伸びた選手。最近は自己ベストこそ出していないが、14分21秒、29分33秒と安定して走れている。

2年
中野光
関カレ14年3000SC6位・13年3000SC10位
1年時に29分台で走っている選手。最近は14分33秒の自己ベストを出したが、10000Mは30分24秒だった。

1年
原法利
全日本14年(1組7位)
全日本予選会で初10000Mで29分台の好走をした選手。間近の記録会では29分40秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
北村一摩(2年)…昨秋から不調だったが、今夏復調。エントリー締切後の記録会で29分28秒の自己ベスト。

予想オーダー
市田孝4ー池田4ー市田宏4ー原1ー平塚4ー大隅3
エントリーでは外れた北村もエントリー前後の記録会で好走しており、問題ないと思います。ただ、8人しかエントリーしていません。北村もエントリーに入るどころか出走してもおかしくないと思っていたので、少し残念です。昨年の全日本駅伝と同じく前半区間にダブルエースを入れてできるだけ前で走った方が良いと思いました。全日本と同じく1区の方がウエイトが重いので、1区にエースの孝、3区に宏が良いと思いました。間の2区には実績もあり、大東大ナイターの5000Mで良かった池田かなと。後半の区間は間近の記録会で30分半近くかかっている植木と中野を抜いた3人にしました。アンカーには5000M10000Mともに走れており関カレなど主要大会でも粘れている大隅でしょうか。全体的には昨年の中学、一昨年の中大のように前の方でレースを進めたいという印象。最終的な結果は5位くらいを目標にしながら、特に前半の選手が自信のつく結果になって欲しいです。

出雲駅伝予想(8)日本体育大学

4年
木村勇貴
箱根14年補欠・13年4区5位
全日本13年補欠・12年補欠
関カレ14年10000M33位
前半戦は関カレ以外のトラックでは安定して走れていた。間近の記録会は29分53秒と微妙な結果だった。

富田祥平
箱根14年(2区5位)
全日本13年7区8位・11年補欠
関カレ12年1500M予選
昨夏大きく伸びた選手。前半戦は15分台を出すなど絶不調。間近の記録会では29分55秒と少し復調した姿を見せた。

加藤光
箱根14年補欠(4区4位)
全日本13年5区6位・11年補欠
関カレ14年1500M3位5000M9位・13年1500M9位
今年度大きく伸びている選手。日本インカレは1500M,5000Mでダブル入賞。間近の記録会も29分13秒の自己ベスト。

3年
勝亦祐太
箱根14年3区17位(補欠)・13年1区7位(19位)
全日本13年1区10位・12年1区7位(3組21位)
関カレ14年10000M23位
2年以降主要大会ではあまり結果が残せていない。前半戦も記録会ではある程度走れており、間近の記録会は29分9秒。

小泉雄輝
箱根14年補欠(補欠)・13年補欠(87位)
全日本13年補欠・12年補欠
関カレ14年ハーフ27位
5000M,10000Mで自己ベストを更新し前半戦は絶好調だったが、間近の記録会は30分10秒だった。

奥野翔弥
箱根14年8区5位(補欠)・13年補欠
全日本12年補欠
関カレ14年ハーフ26位
波が非常にある選手。前半戦は昨年と同じく低調だったが、間近の記録会では29分15秒の自己ベスト。

2年
秋山清仁
全日本13年補欠
7月に14分28秒の自己ベストで、間近の記録会も29分43秒の自己ベスト。1年時に30分18秒や64分台では走っている。

1年
吉田亮壱
関カレ14年5000M35位
IH5000Mで決勝に残った選手。4月に14分11秒の自己ベスト。間近の記録会でも29分19秒の自己ベスト。

富永央
関カレ14年10000M27位
10000M29分24秒の自己ベストをもって入学。前半戦は10000Mに積極的に取り組んだが、あまり結果が残せなかった。

小町昌矢
都道府県5区26位。前半戦は記録会で非常に安定していた。間近の記録会では初10000Mで29分16秒。

主なエントリー漏れ
山中秀仁(3年)…今年の箱根1区区間賞などエース。前半戦から状態が万全でなく、出雲回避を監督が言っていた気も。
坂本新(2年)…1年時にハーフ63分台、10000M29分半で走っている。前半戦も関カレハーフ11位など好調だった。

予想オーダー
加藤4ー吉田1ー勝亦3ー小町1ー秋山2ー奥野3
エントリーでは山中は外れそうだと思っていましたが、坂本も外れたのが痛いですね。オーダーは昨年も勝亦・鈴木が外れて記録会で良い記録だった選手が走ったので、今回も記録会で良かった選手を中心に組んでみました。1区3区6区は実績もあり、間近の記録会で特に良かった加藤・勝亦・奥野にしました。勝亦はスターターであることが多いのですが、繋ぎ区間に1年生が多数入ってくる可能性もあり出遅れは怖いので、勢いに乗っている加藤にしました。奥野は箱根で復路を走ったのでアンカーかなと。2区4区5区では間近の記録会で良かった吉田・小町は起用されるでしょう。昨年は6番目の選手だった富田が2区だったのですが、1区3区でフォローできるか不安なので、5000Mの自己ベストが良い吉田。4区に小町を入れて、5区はとりあえず秋山を入れておきました。全体的には山中も出走しませんし、5位目標といった感じでしょうか。7位くらいでも良いので、個々の選手が収穫となる走りをして欲しいところです。

箱根駅伝予選会展望(11)専修大学

4年
吉良充人
箱根14年2区22位(33位)・13年(121位)・12年(100位)
全日本13年(2組17位)
関カレ14年ハーフ16位・13年ハーフ15位・12年ハーフ32位
ハーフ63分台の自己ベストを持つ。前半戦は全日本予選会を回避して以降出走がなかった。

斎藤翔太
箱根14年5区17位(22位)・13年(40位)・12年(142位)
全日本14年(4組20位)・13年(3組22位)・12年(3組8位)・11年(2組26位)
関カレ14年5000M18位10000M22位・12年1500M予選
エース。故障も少なくないが、各大会で安定して力を発揮する。前回の箱根予選会はチームトップの走り。

駒井混平
箱根14年4区14位
全日本13年(3組28位)
関カレ13年1500M予選5000MDSQ・12年1500M12位
1500Mで関カレ決勝に進出したこともあるスピードランナー。前半戦はレース出走がなかった。20kmの経験は少ない。

芝田俊作
箱根14年(38位)・13年(151位)
全日本13年(1組15位)・12年(OP7位)
関カレ14年ハーフ59位・13年ハーフ8位
ハーフ63分台で走ったことのある選手。関カレハーフ最下位だったが、7月に14分19秒の自己ベストで復帰。

中山賢太
箱根14年6区19位(114位)・13年(133位)
全日本14年(2組10位)
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC予選
前半戦は全日本予選会で復帰してきた選手。昨秋29分19秒の自己ベストを出している。

渡邊哲也
箱根14年補欠・13年(143位)
2月のハーフで64分台を出している選手。前半戦は良い走りはできていなかったが、記録会には数回出ていた。

3年
加藤平
箱根14年補欠
昨秋から力をつけてきて、学生ハーフで64分半出した選手。4月に30分5秒とそこそこ走っていた。

阿部良平
全日本14年(3組32位)
学生ハーフ66分0秒で走っている選手。4月に30分21秒とそこそこだったが、全日本予選会は場違いな組で撃沈。

2年
小沢勇斗
全日本14年(1組8位)
全日本予選会で好走すると、ホクレンでも14分21秒、29分56秒の自己ベスト。20kmの実績はほぼない。

渡辺瑠偉
箱根14年補欠
全日本14年(2組32位)
4月に14分41秒の自己ベストを出したが、全日本予選会撃沈した。20kmの実績はほぼない。

山崎泰弘
前回の箱根予選会もエントリーされていた選手。4月に14分48秒の自己ベストを出している。

1年
宮尾佳輔
前半戦は自己ベストを連発し14分34秒まで自己ベストを伸ばすというように好調だった。

岩田拓海
都道府県5区41位。前半戦は5月に14分56秒で走っている模様。

山本伸輝
都道府県5区26位。前半戦はレースに出ていないか。

主なエントリー漏れ
上手慶(3年)…4月末に14分19秒を出し、全日本予選会も最終組で粘った。
濱野優太(2年)…昨年度大きく成長し、前回の箱根予選会も47位。箱根以降レースに出ていない。
丸山竜也(2年)…前回の箱根予選会97位。4月に29分35秒の自己ベストを出したが、全日本予選会は回避した。
風岡永吉(1年)…都道府県1区5位の即戦力ルーキー。全日本予選会でも3組19位と粘った。

濱野が外れたのは仕方なく、駒井が入ったのは良かったのですが、上手・丸山・風岡とエントリー漏れした選手が多い印象。その中から2人くらい入ってくれればだいぶ印象が違ったのですが…。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
25位(付近)…齋藤
50位(付近)…吉良・芝田
75位(付近)…駒井・渡邉哲・中山・加藤・小沢
100位(付近)…渡邉瑠・宮尾
150位(付近)…山崎・山本
カギとなるのは下級生でしょう。今回予選会好走経験のある濱野・丸山が外れ、ハーフ65分台を持つ坂本・松井も外れたため、20kmの実績がある選手がいない。前半戦好調だった小沢・宮尾はその勢いで走ってくれるのではないかと期待しながら、その他の選手がどれだけ粘れるかがカギになると思います。全体的にはボーダー少し下でしょうが、他大のミスもあるでしょうから、ミスを減らせられればギリギリ通過できると思います。ただ、もともとミスが多発するチームなので、ミスを減らせるか、またはそれを上回る育成力を見せるかのどちらかが必要だと思います。

出雲駅伝予想(7)日本大学

4年
林慎吾
箱根14年9区11位(45位)・13年8区5位(77位)
全日本14年(3組17位)・13年1区14位・12年4区10位
関カレ14年ハーフ22位・13年10000M21位
各大会で稼ぎはしないが安定している選手。前半戦は14分19秒の自己ベストを出している。間近の記録会は14分46秒。

竹ノ内佳樹
箱根14年3区7位(35位)・13年10区10位(115位)・12年(165位)
全日本14年(1組19位)・13年4区11位・12年7区7位・11年7区6位
関カレ14年ハーフ29位・13年ハーフ7位
長い距離を得意とする選手。全日本予選会では状態が良くなかった。全日本インカレは30分14秒で18位だった。

高松峻平
箱根14年10区4位(126位)・13年7区18位(107位)・12年(140位)
全日本13年補欠・12年5区9位・11年3区13位
関カレ13年ハーフ22位・12年ハーフ17位
波が小さくない選手。前半戦はホクレンで30分17秒で走っている。間近の記録会では転倒したらしいが完走した。

大門友也
箱根14年7区14位(170位)
全日本13年補欠
関カレ14年3000SC予選・12年3000SC予選
昨秋大幅に伸びた選手。前半戦は関カレ以降レースに出ていなかったが、間近の記録会14分27秒。

3年
ダニエル・ムイバ・キトニー
箱根14年5区10位(2位)・13年補欠
全日本14年(4組1位)・13年8区1位・12年補欠
関カレ14年5000M3位10000M3位・13年5000M3位10000M2位・12年1500M2位5000M5位
日本人に負けることもあるが力はある。全日本インカレは28分35秒で優勝、5000Mも2位に入った。

荻野眞之介
箱根14年1区12位(30位)・13年1区13位(91位)
全日本14年(4組15位)・13年2区10位・12年3区9位
関カレ14年5000M13位10000M17位・13年5000M14位10000M16位
日本人エース。各大会で非常に安定している。全日本インカレは13分54秒で5位。

金子陽央
全日本14年(2組30位)
全日本予選会出走するなど期待されているが、全日本予選会31分台、7月も15分台と結果を残せていない。

荒川諒丞
箱根14年補欠
昨秋伸びて箱根エントリーに入ってきた選手。6月に14分36秒出すなど前半戦はそこそこ。間近の記録会は14分38秒。

稲住拓
14分26秒の自己ベストをもって入学してきたが、大学に入ってからは目立っていない。間近の記録会も14分56秒。

2年
石川颯真
箱根14年4区12位(157位)
全日本14年(3組4位)・13年3区11位
関カレ14年5000M26位10000M32位・13年5000M26位
期待値ほどの結果を残せていなかったが、全日本予選会好走、間近の記録会も大学に入って最も良い記録と上り調子。

主なエントリー漏れ
村越直希(4年)…箱根8区14位。前半戦は全日本予選会で最低限走っていた。
渡部良太(4年)…1500Mから20kmまで走るランナー。前半戦も調子悪くなく、間近の記録会でも14分23秒。
新関涼介(1年)…前半戦に15秒くらい自己ベストを更新した。間近の記録会も14分33秒と自己ベスト付近。

予想オーダー
荻野3ー石川2ー竹之内4ー大門4ー林4ーキトニー3
7人目までは順当なエントリーでしたが、それ以降は意外な選手がエントリーされました。間近の記録会で好走していて期待も持てそうな渡部・新関を外して、稲住・金子といった選手が入ったのは意外でした。
まず、1区荻野、6区キトニーは鉄板だと思います。荻野は主要大会でも安定して結果を残しており、区間5位くらいできてもおかしくない。キトニーもアンカーで昨年の全日本のように追い上げてくれたらと思います。2、3人抜きをして欲しい石川は迷った末に2区に。3区と迷いましたが、竹之内・林といった選手は距離が長くなった3区の方が走りやすいと思いました。近年、鎧坂・田中・八木沢のように2区にエースを置く選手は少なくないですし、数年前日本人エースの谷口を2区に置いたりと日大は2区も重視してくると思ったので2区にしました。3区は林が間近の記録会良くなかったので竹之内。林は基本的にどの区間でもあまり区間順位は変わらないと思っているので復調しているなら3区を任せたいところ。その場合、5区竹之内で攻めれると思います。そして、スピードのある大門と3区担わなかった方で4区5区をつなぐのが良いでしょう。個人的に目標3位は非常に現実的だと思います。全員力を発揮できれば他大が思ったより走っても3位以内になれる可能性は低くないです。優勝を狙うには2年前の青学のように1区集団から2区石川が他大のエースの力を使ってトップ争いをするのが現実的な選択肢でしょうか。青学と違って3区4区5区に戦力はおけないのでその場合は他大がモタモタするのに期待することになると思います。

箱根駅伝予選会展望(10)國學院大学

4年
大下稔樹
箱根14年5区16位(99位)・13年5区11位(2区7位)・12年7区16位(5区8位)
全日本14年(1組12位)・13年(3組25位)・12年(3組18位)・11年(3組30位)
関カレ13年5000M26位
3年連続箱根出走している選手。昨秋以降状態が整わないことが多く、今年の全日本予選会でも1組に回った。

沖守怜
箱根14年3区21位(71位)・13年1区19位(3区9位)・12年4区13位(補欠)
全日本14年(4組16位)・13年(3組16位)・12年(4組20位)
関カレ14年5000M10位10000M30位・13年ハーフ14位・12年10000M16位・11年3000SC9位
ホクレンでチームトップの13分57秒の自己ベスト。2年以降箱根関係ではあまり結果を残せていない。

塚本一政
箱根14年10区9位(93位)
前回の箱根予選会チーム10番手。昨秋29分51秒の自己ベストを出し、箱根駅伝も好走。7月にレース復帰した。

川副智洋
箱根14年補欠・13年(補欠)
全日本13年(OP18位)
昨年度を通して好調だった選手。前半戦も30分少しで安定していた。20kmは高島平60分54秒で走っている。

鮫島紋二郎
箱根13年9区15位(補欠)
前半戦14分21秒の自己ベストを出しているが、上尾ハーフ70分台など昨秋から長い距離は良くない。

湯川智史
箱根14年6区9位(154位)・13年(補欠)
全日本14年(2組25位)
関カレ14年ハーフ6位
主将。学生ハーフ63分台、関カレハーフ入賞など勢いに乗っていたが、全日本予選会はうまくいかなかった。

3年
吾妻佑起
箱根14年9区20位(55位)・13年8区6位
全日本14年(4組26位)・13年(2組13位)
関カレ14年5000M13位10000M12位・13年10000M28位
ホクレンで14分12秒の自己ベスト。それ以上に前半戦は関カレや全日本予選会最終組など各大会で安定していた。

廣川倖暉
箱根14年7区6位(58位)・13年4区14位
全日本14年(3組12位)・13年(1組20位)
関カレ14年10000M34位
前半戦は5000Mで自己ベストを連発、14分12秒まで伸ばした。関カレ良くなかったものの、全日本予選会では修正した。

高橋遼太
都大路4区13位。昨秋以降ハーフ64分台2回出すなど成長してきている。前半戦は微妙な結果が多かった。

2年
稲毛悠太
箱根14年(87位)
全日本14年(3組24位)・13年(2組11位)
関カレ14年ハーフ14位
前半戦は4月末に29分46秒の自己ベストを出すと、関カレハーフで健闘。ただ、全日本予選会は粘りきれなかった。

蜂須賀源
箱根14年8区13位(76位)
都大路1区16位など高校時代の実績もある選手。前半戦は出走がなかったが、昨年の前半戦も低調だった。

畑中大輝
箱根14年補欠
全日本14年(1組1位)
全日本予選会では29分50秒の自己ベストで組トップ。昨年の高島平では60分48秒で走っている。

川本博大
学生ハーフで64分26秒で走った選手。前半戦は4月に29分56秒の自己ベストを出したが、5月以降レースに出ていない。

細森大輔
都大路3年連続走っている選手。4月に30分20秒の自己ベスト。学生ハーフは65分8秒だった。

主なエントリー漏れ
中瀬薫(3年)…全日本予選会3年連続20位前後と安定感がある選手。前回の箱根予選会は82位。
向慎平(1年)…都道府県5区1位の即戦力ルーキー。関カレエントリーされながら欠場、結局前半戦不出走だった。

向はエントリー漏れしましたが、夏を経て外れた選手もおらず前半戦ほぼ姿を見せなかった塚本・蜂須賀といった選手も入っており良いエントリーだと思います。細森が入って中瀬が外れたのは意外でしたが、中堅どころなので調子でしょう。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
25位(付近)…吾妻
50位(付近)…沖守・湯川・稲毛・廣川
75位(付近)…大下・塚本・高橋・蜂須賀・畑中・川本
100位(付近)…川副
余程のことがない限りトップ通過しない一方で、余程のことがあっても予選落ちしないかなという印象。個人的に注目したいのは吾妻・沖守・湯川・廣川・大下といった主力。沖守は昨年失敗した影響で、大下はなかなか状態が整わないので予想順位を落としましたが、そういった主力がきちんと走れれば正月に向けて良い弾みになると思います。

箱根駅伝予選会展望(9)東京農業大学

4年
浅岡満憲
箱根14年8区8位(75位)・13年3区19位・12年3区7位(29位)
全日本14年(4組6位)・13年(1組4位)・12年(4組35位)・11年(3組3位)
関カレ14年5000M4位10000M4位・12年1500M5位5000M5位・11年1500M4位5000M3位
エース。2年秋以降状態がなかなか整わなかったが、今年度になって絶好調。間近の記録会も28分56秒の自己ベスト。

竹内竜真
箱根14年9区6位(19位)・13年2区19位(9位)・12年8区11位(71位)
全日本14年(4組21位)・13年(2組5位)・12年(3組22位)・11年(2組7位)
関カレ14年5000M11位10000M10位・13年10000M25位・12年10000M11位・11年10000M15位
エース区間でも安定してしのいでくれる選手。前半戦もまとめ、間近の記録会も28分54秒。

岩渕慎矢
箱根14年7区8位(31位)・13年8区16位(61位)・12年補欠(83位)
関カレ14年10000M16位
一年から距離対応している選手。前半戦は関カレまで良かったが、全日本予選会を回避している。

佐藤一
関カレ13年5000M29位
2年の学生ハーフで64分半で走っている選手。前半戦はレースに出ていない。

藤井拓也
箱根14年補欠
関カレ14年3000SC予選・13年ハーフ52位
2年の学生ハーフで66分切っている選手。エントリー表ではなぜか3年生となっている。間近の記録会は30分7秒。

3年
戸田雅稀
箱根14年3区13位(10位)・13年4区20位(136位)
全日本14年(3組20位)・13年(3組11位)・12年(2組26位)
関カレ14年5000M31位・13年1500M1位5000M7位・12年1500M1位5000M19位
油布に1500Mで勝ったこともあるスピードランナー。前半戦は調子が上がらなかったが、間近の記録会で29分17秒。

遠藤凌平
箱根14年補欠(66位)・13年(123位)
全日本14年(3組30位)・13年(1組31位)
関カレ14年ハーフ30位・13年ハーフ12位
持ちタイムは良いが、波がある選手。前半戦は全日本予選会では何とか撃沈しなかった。間近の記録会では30分7秒。

佐野雅治
箱根14年4区21位・13年補欠
全日本12年(OP20位)
関カレ13年3000SC1位・12年3000SC2位
10000M29分10秒台を持っているが、ハーフの距離対応はあまりできていない。故障で2月以降レースに出ていない。

大橋真弥
箱根14年補欠(85位)・13年補欠
全日本13年(2組35位)
前回の箱根予選会で健闘した選手。前半戦は32分台など絶不調だった。間近の記録会では30分41秒。

2年
西村昌悟
箱根14年補欠(269位)
昨秋29分54秒で走った選手。学生ハーフは66分0秒。7月に14分47秒の自己ベストで復帰。間近の記録会は30分41秒。

木山雄生
全日本14年(2組37位)
関カレ14年ハーフ29位
冬に連続してハーフ65分台で走った選手。前半戦は不調だったが、間近の記録会では29分58秒の自己ベスト。

荒木瞭一
都大路3区40位。士別ハーフは68分21秒。今まで目立っていなかったが、間近の記録会で30分12秒の自己ベスト。

1年
茂木洋晃
関カレ14年3000SC3位
IH3000SC3位。前半戦は14分33秒の自己ベスト、関カレ3000SC3位と好調。間近の記録会は29分51秒の自己ベスト。

原由幸
松枝博輝と同じ相洋高校出身。間近の記録会で30分26秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
土井久利夫(4年)…昨年大きく伸び、前回の箱根予選会は28位。前半戦は不調だった。

土井がエントリー漏れしましたが、前半戦うまくいかなかった佐野・木山・大橋などがエントリーされたので良かったです。ただ、スピード型とはいえ前半戦伸びた小沢洸、折居が外れたのは残念でした。記録会は30分40秒台などうまくいかなかった選手もいましたが、自己ベスト出した選手もおりそこそこだったかなと。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
日本人トップ(付近)…浅岡
10位(付近)…竹内
25位(付近)…戸田
50位(付近)…岩渕
75位(付近)…遠藤・木山
100位(付近)…大橋・佐野・茂木・藤井
150位(付近)…西村・荒木
岩渕・佐野は間近の記録会出ていないので少し低めに予想しました。カギとなるのは7番手以降でしょう。ハーフの実績があまりないスピード型だったり、間近の記録会良くなかったりと各選手それぞれ不安な点があります。こういった選手がしっかりと粘れるかどうかが大事です。全体的には、専大や中大にエントリー漏れがいる影響でボーダーギリ上といった印象。各選手の走りや他大によっては予選落ちも十分あると思います。

箱根駅伝予選会展望(8)山梨学院大学

4年
井上大仁
箱根14年5区8位(5位)・13年3区7位(1区5位)・12年1区10位(45位)
全日本13年2区1位(4組3位)・12年1区2位(4組5位)・11年(OP11位)
関カレ14年10000M2位ハーフ1位・13年10000M9位ハーフ5位・12年10000M11位ハーフ2位
日本人エース。前半戦は13分42秒、28分23秒の自己ベストと絶好調。日本インカレは29分45秒で13位だった。

阿部竜巳
箱根14年9区5位・13年7区13位(5区7位)
全日本13年7区5位(1組1位)・12年4区8位(1組14位)
4月に28分54秒の自己ベスト。ただ、関カレエントリーされたものの欠場し、その後レースに出ていない。

兼子侑大
箱根14年3区6位(59位)
全日本13年4区5位(2組8位)・12年補欠(2組19位)
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選
昨秋ブレイクした選手。前半戦は例年通りだったが、日本インカレ31分台、間近の記録会30分20秒と不調か。

桃沢大祐
箱根14年6区10位・13年6区18位
ハーフ66分切るなど平地の走力は平凡だったが、間近の記録会で29分53秒と自己ベストを20秒以上更新した。

3年
エノック オムワンバ
箱根14年2区DNF(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本13年8区2位(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ14年1500M1位5000M1位・13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
前半戦はゆっくりと関カレに合わせて2冠。全日本インカレでも1500Mと5000Mの2冠を達成した。

前田拓哉
箱根14年8区20位(105位)・13年8区13位
全日本13年補欠(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
箱根後にハーフ連続して63分台。間近の記録会は29分28秒の自己ベスト。昨年度は主要大会で安定を欠いていた。

磯野裕矢
箱根14年補欠(86位)
前回の箱根予選会で驚きの86位。前半戦は姿を見せておらず、間近の記録会も30分58秒かかっている。

前田直人
箱根14年(119位)
全日本13年補欠・12年(OP15位)
前半戦は5000M自己ベスト付近で走るなど調子は悪くなかった。間近の記録会は30分8秒。

谷原先嘉
箱根13年補欠
全日本12年補欠
関カレ12年ハーフ27位
足踏みが続いていたが、間近の記録会で29分40秒と自己ベストを30秒以上更新した。

山本新
箱根14年補欠(156位)
全日本13年補欠
前回の箱根予選会は転倒。前半戦は良くなかったが、間近の記録会は30分9秒と自己ベスト付近で走っている。

2年
佐藤孝哉
箱根14年補欠(50位)
全日本13年1区11位(3組10位)
関カレ14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
前半戦は14分5秒の自己ベストで関カレでも健闘するなど好調だった。日本インカレも29分8秒で6位に入った。

上村純也
箱根14年4区19位
全日本13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
間近の記録会は29分48秒。上尾ハーフで64分59秒など長い距離はそこまで得意ではない。

伊藤淑記
箱根14年補欠(83位)
全日本13年5区11位
関カレ14年5000M20位
前半戦は14分7秒の自己ベストを出し、関カレも含め安定していた。間近の記録会では29分57秒で走った。

小山祐平
箱根14年補欠
関カレ14年3000SC8位・13年3000SC予選
上尾ハーフ64分半で走っている選手。前半戦は14分32秒の自己ベストなど好調だったが、間近の記録会は30分46秒。

主なエントリー漏れ
田代一馬(3年)…28分38秒の自己ベストを持つ選手。昨秋以降安定していたが、今年度になって姿を見せていない。

田代がエントリー漏れしましたが、夏に故障した選手はいないようですし阿部が入ったということで良いエントリーだと思います。都大路優勝メンバーの1年生は全く入っていませんが、昨年の上村と同じようにゆっくり距離対応させようとしているのでしょう。山本・磯野など昨年の箱根予選会のメンバーを基調としたエントリーになったという印象。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
トップ(付近)…オムワンバ・井上
10位(付近)…佐藤
25位(付近)…阿部
50位(付近)…兼子・前田拓
75位(付近)…伊藤
100位(付近)…上村・前田直・桃沢・山本・谷原
井上は昨年の日本インカレも良くなかったですし、阿部も昨年いきなり全日本駅伝に出てきたので兼子以外の4年生は問題ないと思います。トップ通過のカギとなるのは3年生でしょう。谷原・前田直・山本・磯野といった選手は今まであまり実績がない。このままチーム状況が万全になれば箱根駅伝で走るのは厳しいでしょうから、個人としても結果を残したいところ。全体的には昨年のように若干もたついても上位で通過してくるでしょう。上級生の層の厚さを見せつける形でしっかりとトップ通過したいところ。

箱根駅伝予選会展望(7)順天堂大学

4年
松村優樹
箱根14年1区9位(3区4位)・13年9区7位(3区6位)・12年9区5位(46位)
全日本14年(4組10位)・13年1区7位(4組9位)・12年(4組23位)・11年(2組8位)
関カレ14年10000M10位ハーフ4位・13年10000M15位・12年ハーフ12位
主将にしてエース。各大会で安定した走りをする。全日本インカレは29分5秒で4位に入った。

的野遼大
箱根13年補欠・12年7区7位(212位)
全日本13年(1組24位)・11年(1組2位)
関カレ14年1500M予選
実力はあるが、故障が多い選手。前半戦は1500Mでは走れており、全日本インカレは3分48秒で5位で走った。

松村和樹
箱根14年7区11位(補欠)・13年補欠(補欠)・12年補欠(129位)
全日本13年7区6位(2組23位)
関カレ13年ハーフ20位・12年ハーフ23位
優樹の弟。前半戦は4月半ばまで14分16秒、29分46秒で走っていたが、その後姿を見せなかった。

三宅隆友
箱根14年補欠
全日本13年補欠
関カレ14年3000SC12位・13年3000SC12位
関カレ3000SCで2年連続決勝に残っている選手。上尾ハーフで65分台で走っている。全日本インカレは9位だった。

3年
松枝博輝
箱根14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本14年(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位
大学1年でぐんと伸びた選手。5000Mでチームトップの記録を持つ。全日本予選会では万全でない中29分台で走った。

稲田翔威
箱根14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本14年(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ13年ハーフ27位
高校時代からロードを得意としており安定している選手。前半戦は29分42秒の自己ベストを出している。

田中孝貴
箱根14年9区5位
全日本14年(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位
昨秋一気に伸びてきた選手。箱根以降は調子が良くなかったが、春になって調子を戻してきた。

2年
森湧暉
箱根14年補欠(4区6位)
全日本14年(3組8位)・13年3区10位
IH5000M決勝に残った選手。学生ハーフ64分台出し長い距離にも対応してきている。全日本予選会では3組で好走。

聞谷賢人
箱根14年10区8位
全日本14年(1組11位)・13年6区13位
関カレ14年10000M19位
学生ハーフ63分台を出すと、前半戦も14分12秒、29分35秒の自己ベスト、関カレ10000Mも粘るなど好調だった。

西沢卓弥
箱根14年4区19位(補欠)
全日本13年補欠
前半戦は7月に29分38秒の自己ベストで復帰した。ハーフの実績はあまりなく、学生ハーフも65分59秒。

作田直也
1年生で自己ベストを1分近く縮めた選手。前半戦は14分50秒台と自己ベスト近くで走っているが、長い距離は未知数。

山下智貴
IH3000SCで決勝に残っている選手。前半戦は31分00秒で一応自己ベストは出している。長い距離は未知数。

1年
花沢賢人
全日本14年(2組3位)
関カレ14年5000M22位
都大路1区3位など世代トップクラスの実力を持つ選手。前半戦は初10000Mで30分少しなど悪くはなかった。

栃木渡
全日本14年(1組20位)
都大路1区22位の実績がある。前半戦は自己ベスト近くで走ると、全日本予選会では初10000Mを30分半でまとめた。

主なエントリー漏れ
西郷貴之(4年)…箱根5区5位などの実績がある選手。上級生になってから故障で苦しんでおり、関カレ以降出ていない。

西郷はエントリー漏れしましたが、松村和・松枝など故障が心配された選手が入り良いエントリーだったと思います。もともと13番目以降の選手があまりいないので、作田・山下(特に作田)が入ったのもそこまで驚かないです。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
10位(付近)…松村優
25位(付近)…田中
50位(付近)…松枝・聞谷
75位(付近)…松村和・稲田・森・花沢
100位(付近)…的野・西沢・栃木
150位(付近)…三宅
箱根予選会を苦手としているので少し下げてみました。それでも、5位くらいで通過するかなという印象。カギとなるのは指導者が油断しないことでしょう。フリー走にするとか調整を箱根駅伝に合わせるとかそういったことをしなければ苦手としている箱根予選会は通過でき、西郷さえ復帰できれば箱根のシード権も十分可能だと思います。


箱根駅伝予選会展望(6)城西大学

4年
村山紘太
箱根14年2区18位(4位)・13年2区15位(1区9位)・12年1区5位
全日本14年(4組2位)・13年(3組1位)・12年(4組2位)・11年3区11位(4組2位)
関カレ14年5000M5位10000M1位・13年5000M12位・12年5000M12位11年5000M21位
エース。全日本インカレ1500Mで日本人学生2位を記録。アジア大会でも13分34秒と自己ベストを更新した。

松村元輝
箱根14年補欠(130位)・13年3区9位・12年補欠
全日本14年(4組27位)・13年(4組30位)・11年補欠
関カレ14年5000M27位10000M31位・13年ハーフ30位・12年ハーフDSQ
自己ベストは良いが、上級生になってから全く主要大会で結果が残せていない。

横田良輔
箱根14年3区18位(69位)・13年補欠(補欠)・12年補欠(99位)
全日本13年(3組7位)・11年補欠
関カレ14年ハーフ28位・13年ハーフ15位
昨春大きく伸びた選手。前半戦は14分25秒の自己ベストを出したが、全日本予選会は体調不良で欠場。

黒川遼
箱根14年5区15位(42位)・13年補欠
全日本14年(1組17位)
関カレ14年ハーフ19位
昨年の夏合宿で大きく伸びた選手。前半戦は関カレハーフ粘ったが、間近の記録会は30分29秒とあまり良くなかった。

寺田博英
箱根14年9区20位・13年7区11位(補欠)
全日本14年(2組6位)・12年(OP24位)・11年(OP2位)
記録会の出走が少ない選手。前半戦は全日本予選会で好走した。1年の学生ハーフで63分台を出している。

二平智裕
箱根14年補欠(204位)・13年10区10位
関カレ13年ハーフ33位・12年ハーフ24位
長い距離を得意とする選手。5000M15分かかる時もあるなど安定感が課題。間近の記録会は30分42秒。

杵島啓太
箱根14年補欠(186位)
関カレ14年ハーフ37位
4月末に30分23秒と自己ベスト近くで走ったものの、関カレハーフで撃沈した。間近の記録会は30分49秒。

杵島凌太
箱根14年10区18位・13年補欠
全日本11年補欠
関カレ11年3000SC予選
昨秋に29分45秒の自己ベストを出し、箱根を走った。前半戦はほぼレースに出ていない。間近の記録会は30分21秒。

伊藤大輔
14分59秒、30分23秒の自己ベストを持つ今まで無名だった選手。間近の記録会で30分26秒と自己ベスト付近で走った。

3年
舟生翔人
箱根14年補欠(133位)
前回の箱根予選会九番手。前半戦はレースに出ていない。間近の記録会で30分9秒の自己ベスト。

西岡喬介
箱根14年(236位)
関カレ14年1500M予選
昨冬大きく伸びた選手。前半戦は14分28秒の自己ベストなど調子は悪くなかった。間近の記録会は30分17秒。

2年
高橋一生
箱根14年補欠
全日本13年(2組37位)
関カレ13年10000M34位
都道府県5区2位など高校の実績ある選手。この一年間で2回しかレースに出ておらず、間近の記録会は31分21秒。

菊地聡之
箱根14年6区6位
全日本14年(3組13位)・13年(1組30位)
今年の箱根以降学生ハーフ64分2秒で走るなど一段階成長した選手。ただ、間近の記録会は30分37秒だった。

1年
菅真大
全日本14年(2組7位)
都道府県5区19位の実績を持つドラ1。全日本予選会は初10000Mで好走したが、間近の記録会は30分48秒。

主なエントリー漏れ
河名真貴志(3年)…前回の箱根予選会106位だった選手。前半戦は関カレ3000SC決勝に残るなど調子は悪くなかった。
松村陣之助(2年)…今年の箱根4区15位。前半戦も全日本予選会3組で30分少しでまとめた。

4年生が九人と大量にエントリーされました。ただ、杵島兄弟・二平がエントリーされたのは山本・河名・松村陣がエントリー漏れした影響が大きいのかなと思います。全体的には中堅どころが少し漏れているものの、他大と比べてそこまで良くないエントリーというわけではないと思います。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
トップ(付近)…村山
50位(付近)…横田・黒川・菊地・松村
75位(付近)…寺田・菅
100位(付近)…舟生・西岡・二平
150位(付近)…杵島凌・杵島啓
不安な点は何といっても間近の記録会で各選手の記録が良くないことでしょう。調整の一環であれば問題ないですが…。また、上級生のエントリーが多いにも関わらず、大舞台での好走経験がない選手が少なくない。そういった選手が力を発揮できるかがカギになりそう。全体的にはボーダーより少し上といったところだと思います。箱根予選会得意でないですし、ミスが重なれば予選落ちも十分あると思うので気を引き締めて臨みたいところ。

箱根駅伝予選会展望(5)法政大学

4年
関口頌吾
箱根14年5区6位・13年5区2位(41位)・12年(104位)
全日本14年(4組23位)・13年6区11位(4組7位)・12年(4組24位)11年(1組20位)
関カレ14年ハーフ10位・13年10000M11位ハーフ2位・12年ハーフ18位
昨年の箱根駅伝でブレイクした選手。今年の前半戦は昨年ほどの勢いはないものの、ある程度走れている。

佐野拓馬
箱根14年2区16位・13年補欠(57位)・12年(155位)
ハーフ62分台で走ったことのある選手。前半戦は例年と同じく全くレースに出てこなかった。

黒山和嵩
箱根14年3区19位・13年4区3位(134位)・12年(250位)
全日本14年(2組21位)・13年3区11位(1組8位)・12年(2組6位)
関カレ14年ハーフ18位・13年ハーフ14位・11年5000M31位
関カレハーフは悪くなかったが、全日本予選会ではここ2年果たせていた役割を果たせなかった。

森永貴幸
箱根14年7区18位(補欠)・13年補欠(94位)
全日本13年補欠(2組7位)
関カレ14年3000SC10位・13年3000SC予選・12年3000SC予選・11年3000SC予選
2年の頃から距離対応できている選手。前半戦は関カレ3000SC決勝進出、全日本予選会OPで走るなど調子は悪くない。

3年
藤井孝之
箱根14年補欠(6区13位)・13年8区12位(116位)
全日本13年補欠
都大路4区2位など実績ある選手。上尾・学生ハーフともに64分台で走っている。6月に30分49秒でレース復帰。

中村涼
箱根14年4区6位(補欠)・13年補欠(191位)
全日本14年(3組10位)・13年7区9位・12年(1組35位)
関カレ14年10000M29位
昨秋一気に伸びた選手。前半戦は微妙だったが、全日本予選会で好走した。上尾・学生ハーフ65分台などスピード型。

佐藤和仁
箱根14年8区7位・13年補欠
全日本14年(1組25位)・13年補欠(OP23位)
関カレ14年ハーフ15位・13年ハーフ34位
2年の頃は不安定だったが、徐々に安定してきた。焼津ハーフ64分10秒など前半戦は悪くなかった。

藤井翔太
全日本13年補欠
昨秋29分31秒で走った選手。前半戦は姿を見せなかった。上尾・学生ハーフともに65分台。

有井渉
箱根13年補欠
1年時にハーフ65分半ばで走っている選手。2年以降全く目立っていなかった。6月に30分43秒の自己ベストを出している。

2年
足羽純実
箱根14年補欠(5区5位)
全日本14年(3組2位)・13年5区5位(3組27位)
関カレ14年10000M34位・13年5000M23位
大学に入ってブレイクして主力となった。上尾ハーフ64分7秒で走っている。前半戦は復帰して全日本予選会好走。

坂田昌駿
箱根14年補欠
全日本13年補欠(OP13位)
IH5000M決勝にも残った選手。昨秋に30分30秒、上尾ハーフで65分17秒で走った。前半戦は14分30秒で走っている。

木村優志
箱根14年(補欠)
3年連続都大路出るなどロード経験豊富な選手。学生ハーフで65分台出している。前半戦はほぼレースに出ていない。

田辺良磨
都大路1区10位の実績がある選手。7月に14分26秒と自己ベスト付近で走った。

1年
園田憲佑
2年の頃に都道府県4区29位で走っている選手。前半戦はレースに出走していない。

主なエントリー漏れ
西池和人(4年)…ガラスのエース。3月に練習復帰し、全日本予選会最終組では意地の走りを見せた。
岩崎瑛(4年)…上尾・学生ハーフともに64分半で走っている選手。前半戦は5000M,10000M両種目で自己ベスト。

エースの西池が外れたのは痛いですね。また、ガラリと変わったエントリーになったなという印象。というのも、前半戦好調だった4年の大久保・岩崎、1年の郡山が外れて、高校時代の実績があって前半戦うまくいかなかった2年生や3年生が多くエントリーされました。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
25位(付近)…足羽・関口・佐野
50位(付近)…佐藤・黒山
75位(付近)…中村・森永・藤井孝
100位(付近)…坂田・田辺・藤井翔
150位(付近)…園田
カギとなるのはその3・2年生でしょう。不安定な藤井孝、スピード型の中村・藤井翔、10000Mやハーフのタイムで見劣りする坂田・田辺など不安がいっぱい。個人的には、足羽はもう少し上位になってもおかしくないかなとも思っています。全体的にはミスが出なければ6-8位くらい、出ればボーダーかなという印象。坪田監督になってから故障者が出る代わりに、走った選手はきちんと走れていることが多いのでギリギリ通過とも思いますが。

箱根駅伝予選会展望(4)東海大学

4年
中川瞭
箱根13年(84位)・12年補欠(4区5位)
全日本13年(4組6位)・12年1区8位(4組4位)・11年3区4位
関カレ13年10000M13位
5000Mチームトップの記録を持つ。昨秋以降レースに出ていなかったが、間近の記録会で29分43秒で復帰。

石川裕之
箱根14年補欠(62位)・13年(78位)・12年補欠(2区8位)
全日本14年(4組14位)・12年4区12位(3組13位)・11年補欠
関カレ14年5000M15位10000M13位・12年10000M21位
前半戦は関カレや全日本予選会最終組で安定して結果を残していた。間近の記録会28分58秒の自己ベスト。

3年
白吉凌
箱根14年1区7位(18位)・13年(120位)
全日本12年3区12位(1組1位)
関カレ14年10000M30位
箱根前後で大きく伸びた選手。関カレあたりから全く走れなくなったが、間近の記録会で28分48秒と戻してきた。

宮上翔太
箱根14年5区5位・13年(154位)
全日本13年(3組30位)・12年5区12位
関カレ14年ハーフ13位・13年ハーフ29位
前半戦は関カレハーフで健闘したものの、その後レースに出てこず。間近の記録会では29分43秒だった。

高木登志夫
全日本14年(1組6位)
関カレ13年3000SC2位
今年度大きく伸びた選手。間近の記録会でも29分11秒の自己ベスト。3月の学生ハーフで64分半で走っている。

富田三貴
箱根14年補欠・13年(283位)
全日本12年補欠
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M30位・12年1500M予選
前半戦は短い距離で好調。間近の記録会で29分3秒の大幅自己ベスト。昨年の上尾ハーフで65分4秒で走っている。

2年
石橋安孝
箱根14年補欠(23位)
全日本13年(3組13位)
関カレ13年3000SC5位
安定感抜群の選手。前半戦は6月にレース復帰。間近の記録会では29分28秒とそこそこ走った。

廣田雄希
箱根14年補欠(21位)
全日本14年(3組21位)・13年(2組2位)
関カレ13年5000M29位
前半戦は5月に故障から復帰して以降微妙な結果が多かったが、間近の記録会で28分54秒と完全復活。

成田元一
全日本14年(1組14位)
前半戦大きく伸びた選手。間近の記録会は30分9秒。3月の学生ハーフでは64分台で走っている。

荒井七海
箱根14年4区20位(64位)
全日本13年(1組32位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選
箱根予選会64位と実力はあるが、全日本予選会・箱根駅伝など撃沈も多い。間近の記録会は30分4秒。

桐原翔太
箱根14年補欠(74位)
全日本14年(2組4位)・13年(1組28位)
自己ベストは29分44秒と目立つものではないが、記録会も含めて各レースで非常に安定している。

安藤健太
1年時は目立っていなかったが、5月に14分22秒、間近の記録会で29分50秒の自己ベスト。

1年
川端千都
全日本14年(4組9位)
関カレ14年5000M28位
13分54秒の自己ベストを出し全日本予選会も健闘。間近の記録会で29分10秒の自己ベスト。

春日千速
都道府県5区6位など実績ある選手。間近の記録会では29分33秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
吉川修司(4年)…三本川トリオの一人。全日本予選会では教育実習中ながら3組3位と好走した。
土屋貴幸(2年)…箱根3区6位など長い距離を得意とする選手。全日本予選会2組20位など前半戦は微妙だった。
福村拳太(2年)…箱根6区8位と好走した選手。前半戦はレースに出走していない。

吉川・土屋が外れたのは意外でしたが、間近の記録会で中川の復帰、白吉・廣田の完全復調ということでエントリーも良いものになったと思います。
一応、理想的にはこんな感じで通過でしょうか。
10位(付近)…白吉
25位(付近)…廣田・石川・川端
50位(付近)…石橋・宮上・高木
75位(付近)…中川・桐原・富田・春日
100位(付近)…成田
故障者が多少出ても通過してくるでしょうが、全日本駅伝・箱根駅伝のシード権も考えるとここで故障者を出さないことが大事だと思います。3位以内で通過してくるかなといった印象ですが、トップ通過するには中川・宮上・石橋の完全復調がカギになるでしょう。


プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。