スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&来期への展望(6)法政大学

新年度&引越しで記事の更新が遅くなりました。関カレまでにできるだけ、残った分も全日本予選会のエントリーが発表されるまでにあげたいかなと。

4年
田井慎一郎
箱根14年1区11位(3区9位)・13年3区13位(42位)・12年(107位)
全日本13年1区16位(3組3位)・12年(3組12位)11年(OP4位)・10年(2組38位)
関カレ13年10000M22位・12年5000M30位10000M19位・11年ハーフDSQ・10年3000SC予選

田子祐輝
箱根14年6区7位(2区6位)・12年6区10位(16位)・11年(156位)
全日本13年4区14位(1組6位)・12年(3組32位)11年(2組31位)
関カレ13年3000SC3位11年3000SC12位

松田憲彦
箱根14年9区13位(4区7位)・13年9区14位(104位)
全日本13年8区16位・12年(2組4位)
関カレ12年ハーフ33位

高梨寛隆
箱根14年10区19位・13年10区16位
全日本13年(2組12位)・11年(OP20位)

渡邉昴
関カレ13年1500M予選・12年1500M12位・11年1500M予選・10年1500M予選

脇坂曉史
箱根14年補欠
田井・田子・松田と3人とも秋先好調でしたが、全日本駅伝で撃沈してしまいました。ただ、箱根ではしっかりと合わせてきました。高梨は今年度上尾ハーフまで安定していましたが、最後の箱根で撃沈してしまいました。ただ、全体的に田井・田子は下級生から、松田・高梨は上級生になってしっかりとチームに貢献できたと思います。驚いたのは脇坂。1年前は5000M15分台で、10000Mの持ちタイムはなく、ロードの実績もない。そんな選手が1年かけて箱根エントリーに入ったのはすごいことだと思います。

3年
西池和人
箱根14年補欠(1区3位)・13年1区3位(18位)・12年(173位)
全日本13年2区5位(4組2位)・11年(1組26位)
関カレ13年5000M9位10000M7位

関口頌吾
箱根14年5区6位・13年5区2位(41位)・12年(104位)
全日本13年6区11位(4組7位)・12年(4組24位)11年(1組20位)
関カレ13年10000M11位ハーフ2位・12年ハーフ18位

佐野拓馬
箱根14年2区16位・13年補欠(57位)・12年(155位)

黒山和嵩
箱根14年3区19位・13年4区3位(134位)・12年(250位)
全日本13年3区11位(1組8位)・12年(2組6位)
関カレ13年ハーフ14位・11年5000M31位

森永貴幸
箱根14年7区18位(補欠)・13年補欠(94位)
全日本13年補欠(2組7位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC予選・11年3000SC予選

岩崎瑛
箱根14年補欠(補欠)
全日本11年(2組37位)

大久保誠吾
関カレ13年3000SC予選
西池・関口・佐野と3人が主力を担っているわけですが、故障に悩まされました。関口は出雲前に故障すると、西池は故障で箱根に出られず。もともと故障が多い佐野を含めて3人とも万全の状態の時は安定して良い走りができているだけに、最終学年でも故障には気をつけたいです。それに続く黒山は春先から10月まで非常に好調だったのですが、全日本以降調子を落としてしまいました。森永は安定していましたが、肝心の箱根で撃沈。ただ、秋になって記録を伸ばしてきた岩崎とともにメンバーに絡んでいくでしょう。


2年
中村涼
箱根14年4区6位(補欠)・13年補欠(191位)
全日本13年7区9位・12年(1組35位)

佐藤和仁
箱根14年8区7位・13年補欠
全日本13年補欠(OP23位)
関カレ13年ハーフ34位

藤井孝之
箱根14年補欠(6区13位)・13年8区12位(116位)
全日本13年補欠

樋上滝太朗
関カレ12年5000M35位

藤井翔太
全日本13年補欠

有井渉
箱根13年補欠

この学年で活躍しているのは中村・佐藤・藤井孝でしょうか。特に、中村は秋になって一気に伸びました。上尾ハーフ65分台、箱根も最短の4区ということでスタミナ面は少し課題ありますが、トラックでは大きな戦力となってくれそう。佐藤・藤井孝ともに力はあるのですが、佐藤は勝負強さ、藤井孝は安定感というようにメンタル面が課題でしょうか。あと、藤井翔もトラックで29分30秒ぐらいのタイムを出したので次年度に期待。樋上はおそらく故障で苦しんでいるのでしょうが、なんとかまず1500Mで活躍してほしいです。

1年
足羽純実
箱根14年補欠(5区5位)
全日本13年5区5位(3組27位)
関カレ13年5000M23位

坂田昌駿
箱根14年補欠
全日本13年補欠(OP13位)

木村優志
箱根14年(補欠)
足羽は箱根こそ故障で出られませんでしたが、この1年で大きく化けました。次年度は主力として計算されていると思います。坂田もまだメンバーに入るのは厳しそうですが、20kmまでそこそこで初年度としては順調。あと、斉藤がスタミナ面は課題ですが、29分台を出して、12月にも30分少しで走りきりました。ちなみに、木村が学生ハーフで65分台、田辺は故障でしょうか。

新入生情報
米田和広 豊川(愛知)14,37,28
12年都大路2区11位
園田憲佑 熊本国府 14,24,70
13年都道府県4区29位
増田真也 島田(静岡)14,47,84
12年都大路4区31位
鹿嶋隆裕 倉敷(岡山)14,31,49
13年都大路3区43位
増田将也 東京実業 14,34,46
12年都大路3区45位・13年都大路1区43位
緒方喬平 九国大付(福岡)14,37,25
井口裕登 小豆島(香川)14,46,53
13年都道府県1区41位・14年都道府県4区26位
阿部泰久 佐野日大(栃木)3000mSC 9分15秒94
13年都大路6区30位
細川翔太郎 大町(長野)14,47,97
伴雄介 作新学院(栃木)14,49,80
加藤巧記 酒田南(山形)3000mSC 9分13秒84
磯田和也 熊谷(埼玉)14,45,42
飯田光希 成田(千葉)14,59,72
後藤大樹 愛工大名電(愛知)15,07,06
佐藤諒一 法政二(神奈川)15,27,53
近年稀にみる苦戦だと思います。即戦力どころか、都大路1区中位やつなぎ区間5位くらいの選手も確保できませんでした。あと、全国駅伝走っている選手のだいたいが走行順位より区間順位の方が悪いということでメンタル面もどうでしょうか。一応、米田や園田など2年生の頃にそこそこ走れている選手が多いのは良い点ですが、谷間の学年になる気配がバリバリです。

まとめ
4年生の穴が大きく、リクルートが相当厳しいのですが、足羽・西池などを今回欠いていたので、今年度もシード権争いに絡むとおもいます。ただ、主力のほとんどが新4年生なので、今年シード権を取って2年かけて立て直す必要があるでしょう。

スポンサーサイト

卒業生のまとめ&来期への展望(5)中央大学

4年
西嶋悠
箱根(出雲) 13年補欠(6区7位)・12年1区8位(4区10位)・11年1区10位(1区6位)
全日本(予選会) 12年補欠・11年1区8位(3組20位)10年5区3位
関カレ(日カレ)12年ハーフ29位・11年10000M26位10年10000M19位

須河宏紀
箱根(出雲)14年10区15位(14位)・13年3区12位・12年7区9位(3区8位)・11年(補欠)
全日本(予選会) 13年(1組2位)・12年補欠・11年4区6位(4組21位)・10年補欠
関カレ(日カレ)13年5000M19位10000M31位・12年5000M17位10000M16位・11年10000M14位・10年5000M29位

代田修平
箱根14年6区16位(150位)・13年6区3位(1区1位)・12年6区3位(2区5位)
全日本(予選会) 13年(1組23位)・12年4区5位・11年3区6位(1組8位)10年補欠
関カレ(日カレ)13年3000SC予選・12年3000SC4位・11年3000SC3位10年3000SC予選

相場祐人
箱根(出雲) 14年2区20位(16位)・13年9区19位(補欠)・12年補欠(5区5位)・11年補欠
全日本(予選会)12年6区5位・11年補欠(OP6位)
関カレ(日カレ)13年10000M32位・12年ハーフ20位・11年ハーフ17位

八田康裕
箱根14年(補欠)
この一年間学年として上手くいきませんでした。須河・代田とエース級の活躍が期待されていまさたが須河の箱根予選会くらいで、他では30分前後の選手くらいしかはしれず。相場はずっと絶不調から、箱根予選会と上尾ハーフは好走しましたが、箱根二区では粘れませんでした。西嶋はこの一年レースに出ることすらほぼできませんでした。

3年
新庄翔太
箱根14年1区14位(37位)・13年2区20位・12年4区7位(1区10位)
全日本(予選会)12年2区6位・11年2区6位(4組5位)
関カレ(日カレ)12年10000M21位・11年5000M14位1500M8位

多田要
箱根14年9区9位(127位)・13年4区14位(3区4位)・12年補欠
全日本13年(3組21位)・12年1区13位・11年5区6位
関カレ12年5000M29位10000M30位

永井秀篤
箱根13年8区1位・12年補欠(補欠)
関カレ13年ハーフ13位

上野裕史
関カレ13年1500M予選・12年1500M10位

出口遼
箱根13年補欠
関カレ13年3000SC9位・11年3000SC予選

大家良介
箱根13年補欠
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC予選・11年3000SC予選

渡邉俊平
箱根14年補欠(132位)
全日本13年(2組25位)
関カレ13年ハーフ31位

塩田英輔
箱根14年(補欠)
この学年は故障に縁がありますね。新庄は故障し、秋になりようやく復帰。故障する前はエースとしてチームを引っ張っていく存在だったのですが、復帰後はエース区間を耐え忍ぶ選手になったかなと思います。永井は故障の連続で結局関カレ以降出てこられず。できれば復帰して来年ほ箱根二区走って欲しいです。多田は昨年度からの波がある感じが続いています。ただ、順調に一年を送れたので良かったです。あと、春先伸びた渡辺は秋冬は総じて微妙な成績でした。関カレに毎年出ているメンバーは上野は5000Mに何回か出ており、出口はレースに出てこず、大家は学生ハーフで65分台でしたが、長い距離は厳しいかなぁ。

2年
徳永照
箱根14年7区7位(3区6位、189位)・13年7区14位(4区4位)
全日本13年(4組29位)・12年5区8位
関カレ13年ハーフ28位

三宅一輝
箱根14年4区13位(67位)
全日本13年(4組39位)
関カレ13年1500M3位5000M16位・12年1500M予選

小谷政宏
箱根14年5区13位

藤井寛之
箱根14年補欠・13年補欠(2区4位)
全日本12年補欠

吉田匡佑
箱根14年(補欠)
全日本13年(2組30位)
関カレ13年1500M予選・12年1500M11位

松原啓介
箱根14年(6区9位,220位)
全日本12年補欠
徳永は箱根駅伝は良かったですが、箱根予選会は撃沈ということでもう少し安定感を出して欲しいです。三宅は10000M29分30秒台、箱根予選会67位と長い距離でもある程度結果を残しました。あと、小谷は今年1年間上尾ハーフで64分台出したくらいでずっと低調でしたが、山登りの準備をしていたようで、5区で粘りました。藤井は短い距離は好調なので、とりあえず全日本予選会を頑張って欲しいです。学生ハーフで64分台は出しましたが、長い距離はそこまでは。松原は全体的にもう少し目立った結果が欲しいです。吉田は出雲駅伝前後で故障してから出走がありませんでした。あとは、小篠が上尾ハーフ65分00秒など地味に成長していました。

1年
町澤大雅
箱根14年3区16位(1区8位、270位)
関カレ13年5000M17位

市田拓海
箱根14年8区16位(161位)
全日本13年(3組18位)

渥美良明
箱根14年補欠(141位)

鈴木修平
箱根14年補欠(4区9位)

谷本拓巳
箱根14年補欠(2区12位)

岸本圭一郎
箱根14年(5区13位)

新垣魁都
箱根14年補欠
前半戦から目立っていた町沢・市田が上尾ハーフで好走して、町沢は出雲1区でも好走と良かったですが、それ以外の選手も〇でした。まず、鈴木が出雲で区間9位となかなか走ると、5000Mの自己ベストを20秒くらい更新し上尾ハーフで64分台。渥美も箱根予選会150位くらい、学生ハーフで64分台と長い距離に苦手意識はなさそう。ハーフでは他にも、5000Mで自己ベストをだした相馬・この下半期でハーフを3回走っている自己ベスト14分48秒の谷が64分半ば。新垣が29分40秒台を出し、上尾ハーフも64分台。小池・新城も波はありますが、30分前後で一度この秋走りました。

新入生情報
木村 総志 島田(静岡)14,56,35
12年都大路5区37位
齋藤 宥哉 山形南 15,26,44
竹内 大地 中京大中京(愛知)14,19,61
13年IH3000SC14位
長濱 公省 倉敷(岡山)14,24,57
12年都大路7区13位
蛭田 雄大 学法石川(福島)14,31,20
11年都大路7区36位・12年都大路7区29位
細川 隆太 大阪桐蔭(大阪)14,27,99
13年都大路4区25位・14年都道府県4区21位
流石に昨年の箱根から下がりっぱなしだけあって今年のリクルートは低調ですね。実績がある方なのは竹内・長濱・細川あたりでしょうか。ただ、例年そのランクの選手はスポーツ推薦でぎりぎり入れるくらいという印象があるので、今年は1年生ではなく、高校時代実績のある在学生に期待して、上級生になった時に出てくれればという感じでしょう。

まとめ
卒業生の穴は普通といったところですが、リクルートがかなり低調なので総合力はダウンしています。ただ、今年1年も戦力だけ見れば十分なものがありましたから、故障者を減らすことと調整がきちんとできればシード権復帰は十分あると思います。ただ、箱根駅伝ではそこそこ戦える可能性は高そうですが、予選会に慣れていないので予選会で落ちる可能性は結構高いと思います。因みに、新1年生は厳しいですが、新2年生は相当多くの選手が何らかの結果を残しているのでその分期待できると思います。

現時点の箱根予想オーダー
町沢2ー永井4ー新庄翔4ー新垣2ー小谷3
藤井3ー徳永3ー市田2ー多田4ー三宅3

箱根駅伝結果(14)山梨学院大学

1区田代一馬区間16位
2区オムワンバDNF
3区兼子侑大区間6位
4区上村純也区間19位
5区井上大仁区間8位
6区桃沢大祐区間10位
7区松山雄太朗区間13位
8区前田拓哉区間20位
9区阿部竜巳区間5位
10区森井勇磨区間5位
復路9位
【MIP】兼子侑大・・衝撃の展開の中、予想以上に走りチームの流れを立て直す
【敢闘賞】阿部&森井・・積極的な走りで追いかけ、復路順位一桁に貢献
【残念で賞】前田拓哉・・今秋の微妙な感じを取り返せず、撃沈
予想9位(往路8位)区間は2区・3区・4区・5区・8区が的中
順位は途中棄権がありましたが、個人的には1区や6区といった各日のスターターが思ったより頑張ってくれました。区間は佐藤の故障など予想外でしたが、4区や5区など迷った部分がバシバシあたりましたね。
田代は記録は持っていますがメンタル面で少し課題のある選手ですから、潰滝や荻野など主力の選手と1分以内につけたのは良い走りだったと思います。オムワンバはまあ事故みたいなものですから・・。今回の箱根は序盤駒大が飛ばしたので3区スタート時点でずっと単独走ではなかったのですが、それでもチームの絶対的柱が途中棄権した中、好走した兼子はすごいと思います。全日本駅伝の前までは目立っておらず、3区少し苦戦するかなと思っていたのですが、そんなことは全くなかったですね。上村はずっと低調でしたが、もっと全体的に上げるか途中井上(神大)についていって欲しかったです。井上は平地で3番目のペースで入ったり、柿原と競いすぎてラスト大きく失速したりと全体的に熱くなりすぎた印象はありますが、まあまあ走れたと思います。往路は個人的に課題と思っていたダブルエース以外の主要区間がそこそこ走れたので良かったと思います。
桃沢は昨年はずっと沈んでいましたが、今年は終盤ぐっと伸びました。中盤までも昨年と比べて相対的にも絶対的にも少しずつ良くなっており、成長は見せられました。松山は蛯名から離れるタイミングなど賢明で、自分の力は出せました。前田は前半からゆったりだったにもかかわらず、後半バテバテでした。阿部は昨年の箱根良くなかったので長い距離どうかなと思っていましたが、そんなことはなかったですね。誰かについていくという形でなくずんずん行って特に中盤が良かったです。アンカーの森井はやはりこの区間では力が若干抜けていました。自分でずっと引っ張ってそのまま終盤離しました。復路は地味だったり沈んだりした区間もありましたが、昨日と同じく気持ちを途切れさせずに走れました。全体的に1,3,9区といったダブルエースの出ていない主要区間、山下りなど収穫が多かったように思います。



箱根駅伝結果(13)青山学院大学

1区一色恭志区間6位(11位と58秒差)
2区神野大地(6→5)区間6位(2分16秒差)
3区石田駿介(5→5)区間8位(2秒23差)
4区山村隼(5→5)区間7位(3分23秒差)
5区高橋宗司(5→5)区間11位(2分42秒差)
6区村井駿(5→6)区間18位(1分25秒差)
7区小椋裕介(6→6)区間2位(4分10秒差)
8区井上尚樹(6→6)区間10位(3分53秒差)
9区藤川拓也(6→6)区間3位(6分40秒差)
10区竹内一輝(6→5)区間17位(6分40秒差)
総合順位5位(往路5位・復路6位)
【MIP】小椋裕介・・昨年のリベンジを果たし区間2位で一気にシードラインから3分離す。
【敢闘賞】一色恭志・・一時先頭に立つなど積極的な走りで終盤も大迫とほぼ同タイムと粘った
【残念で賞】村井駿・・登りと切り換えが遅く、危うくシード争いに。
予想5位(往路6位)区間は2区3区4区6区9区が的中
順位は一色が思ったより良かったということはありましたが、他はだいたい想定通りでした。区間は3区石田、9区藤川拓を当てたのが大満足。ただ、三野や橋本は個人的に出走するかなとおもっていたのですが。
一色は全日本の結果から期待していましたが、今回は先頭に出るという見せ場を作る(押し出された感もありましたが)と終盤も粘って大迫とほぼ同時に襷を繋ぎました。個人的には白吉くらいかなと思っていたので良かったです。神野は単独走となりましたが、しっかりとビルドアップしていきました。石田は単独走で個人的にはよかったと思いますが、しっかりと中位で安定していました。個人的には復路向きの選手だと思うので、全日本・箱根とスピード区間を任されたのは難しかったと思いますが、きっちりこなしたと思います。山村は全日本の時単独走で撃沈したので、今回も苦しいかと思ったのですが、前も後ろも見えない中しっかりと走ってくれました。高橋も登りで耐えると下りになって一気にペースが上がりましたね。横手が失速したこともあって順位キープしました。往路は久保田・秋山といった選手を欠きましたが、全員が期待通りの走りをしてくれたことで5位という結果で折り返せました。
村井は登りの時は相当やばいと思いましたが、下りの半ばからペースが上がりました。ただ、登りが苦しかったのは仕方ないですが、下り初めが相当遅かったのでそこが非常に勿体無かったと思います。小椋は自他ともに苦手と感じていた単独走で区間2位。あと、8区井上は稼ぐタイプではないですし、竹内が故障明けだったのでここでシード争いから離れられたのは良かったと思います。井上は強いて言うなら区間一桁で走って欲しかったですが、まあこれくらいでしょう。2年前より平地早かった分、終盤伸びきれませんでした。藤川はさすが希望している区間なだけありますね。確かに長いですが、下り基調なコースはスピード型にとって悪くないですし、単独走で他人のペースに惑わされないので力は出しやすいかもしれません。竹内はもっと走って欲しかった気もしますが、故障明けで途中で足もつった中、よく明大を抜いたと思います。復路も小椋や藤川など光るところはありましたが、全体的にはチグハグな感じもしました。


箱根駅伝結果(12)國學院大學

1区柿沼昴太区間18位(10位と1分8秒差)
2区寺田夏生(18→14)区間7位(38秒差)
3区沖守怜(14→16)区間21位(3分差)
4区牛山雄平(16→16)区間17位(3分12秒差)
5区大下稔樹(16→18)区間16位(5分24秒差)
6区湯川智史(18→15)区間9位(5分25秒差)
7区廣川倖暉(15→15)区間6位(3分47秒差)
8区蜂須賀源(15→15)区間13位(4分20秒差)
9区吾妻佑起(15→17)区間20位(7分2秒差)
10区塚本一政(17→17)区間9位(4分20秒差)
総合順位17位(往路18位・復路15位)
【MIP】寺田夏生・・昨年ほどの勢いはなかったが、箱根ではしっかりと成長を見せ区間一桁でシード付近へ
【残念で賞】沖守怜・・2年連続撃沈で、2区までの良い流れを切ってしまった。
予想12位(往路17位)区間は2区5区6区9区が的中
順位は2区寺田が思ったよりも良かったですが、沖守や大下といった3年生が良くなかったです。復路は9区吾妻の突っ込みは予想できなかったです。区間は6区湯川を当てられたのは良かったですが、7区廣川8区蜂須賀あたりは迷ったので当てておきたかったです。個人的には4区牛山は意外でした。
柿沼は想定通りの走りだったと思います。スピードがない分早めに離されましたが、終盤6kmは一桁の速さで前にランナーが見える良い位置で渡せました。寺田は昨年と違って前半から普通に入ると、昨年と同じく後半も粘れました。今年はあまり好調には見えなかったのですが、しっかりと箱根は昨年以上の結果を残しました。良い流れできていたのですが、沖守が撃沈してしまいました。塩谷・難波についていけないどころか良くなかった黒山にも離されてしまいました。牛山は三宅に追いつかれてからは良かったのですが、単独走の時にスローペースすぎたと思います。大下は昨年良かった登り終えたあとは今年も良かったのですが、昨年悪くなかった登りの部分で18番くらいのペースとよくありませんでした。往路は1区・2区と計画通りできていましたが、昨年と同じく沖守のところで沈んでしまいました。
湯川は下り始め一旦沈みましたが、日向野らと競り合うことによって浮上しました。廣川は後ろから蛯名が来るという展開にも恵まれましたが、しっかりとついていきました。終盤切り替える余裕はなかったですが、区間6位で6区7区で良い流れを作れました。蜂須賀は悪くない感じで、終盤の登りで苦しくなりましたが、浅岡に食らいついてもう一度ペースが上がりました。吾妻はいちかばちかで突っ込んだので中盤から失速してしまったのは仕方ないと思います。個人的には竹内に追いつこうとハイペースで入ったものの、竹内もハイペースで割をくらったのかなと思ったりもします。塚本は上野と2人序盤から元気よく、終盤集団から数人ぬけだして区間一桁でした。
復路は9区で撃沈しましたがそれは仕方ないものですし、9区のあと10区で立て直せたことや6区~8区悪くなかったので全体的に良かったと思います。
往路・復路合わせてみると3区で歯車が狂ってそこから往路がズルズルいってしまったかなと。総合力でギリギリのチームは序盤の1つのミスが致命的になりうると改めて感じました。

箱根駅伝結果(11)東海大学

1区白吉凌区間7位(11位と32秒差)
2区元村大地(7→12)区間17位(10位と25秒差)
3区土屋貴幸(12→11)区間6位(11秒差)
4区荒井七海(11→13)区間20位(1分2秒差)
5区宮上翔太(13→9)区間5位(11位と46秒差)
6区福村拳太(9→8)区間8位(44秒差)
7区上原将平(8→7)区間12位(1分55秒差)
8区今井拓実(7→8)区間19位(15秒差)
9区山下英俊(8→12)区間19位(10位と1分45秒差)
10区吉川修司(12→13)区間21位(3分9秒差)
総合順位13位(往路9位・復路18位)
【MIP】白吉凌・・潰滝・山岸など今年度伸びたエースよりくらいつき区間7位。
【技能賞】宮上&福村・・冷静or安定の走りで山を攻略し、順位アップ。
【残念で賞】今井拓実・・撃沈し、代役の前で貯蓄を使ってしまう。
予想8位(往路12位)区間は5区・8区が的中
順位は1区や5区といったキー区間を低めに設定していたのですが、思ったよりかなり良かったです。逆に、2区や10区など上級生が担当した区間や代役が入った区間が思ったより伸びなかったかなと。区間は事前情報があった5区以外は8区しか当てられませんでした。個人的には1区白吉2区元村はわりとないかなと思っていたのですが・・。
白吉は荻野や田井くらいかなと思っていたのですが、終盤まで先頭集団に食らいつくと区間7位で走ってくれました。2区は中盤まで周囲もスローペースだったので、区間順位が悪いのは仕方ないですが、もっと終盤粘って欲しかったです。ただ、1区が良かったので悪くない位置で襷を渡すことができました。土屋は塩谷に追いつかれてペースが上がりました。長い距離が得意なので期待していましたが、それ以上に良かったです。荒井は代役だったのでしょうが、流石にもう少し頑張って欲しかったです。前半は何とかなっていたのですが、後半失速してしまいました。宮上は最後の下りは少し疲れましたが、全体的に安定していました。下級生が期待されているチームですから、山が決まったのは良かったです。2区が苦しかったぶんを1区や3区でフォローしたり、4区を5区で取り返したりとカバーしながら往路をシード圏内で終われました。
福村は後ろから一斉スタート組がくる中、一年ながら冷静でした。登りはゆったりと入って下りで上げました。上原は中盤までに力を使って苦しいのに蝦名らにくらいつきました。個人的に一人のミスが大きく響く箱根に起用するのは不安だったのですが、しっかり走ってくれました。今井は蜂須賀などの集団から遅れるとそのままズルズルいってしまいました。初の三大駅伝とか後の区間が不安とかあったのでしょうが、痛かったです。
山下は急遽ですし、繋ぎ区間でも実力不足な気がしていたので、仕方ない。今回の箱根で悪いイメージだけ持ってくれなければ十分です。吉川は期待していましたが、中盤に集団から離されるとそのまま沈んでしまいました。二大会前も故障者続出で無理やり走ったので、今回もそれではないかと思ってしまいます。復路はフォローすべき8区と10区が沈んでしまったので、7区のリードを守れませんでした。
全体的には中川・廣田・石川・石橋など故障者が多すぎました。代役の荒井・山下は苦しかったですが、全体的に主力は上手く走れたと思います。

卒業生のまとめ&来期への展望(4)駒澤大学

4年
油布郁人
箱根14年3区3位(4区2位)・13年1区4位(4区3位)・12年3区12位(4区4位)11年1区3位(2区5位)
全日本13年3区1位・12年3区1位・11年3区1位・10年3区1位
関カレ13年1500M2位5000M4位・12年5000M15位・11年1500M1位5000M6位10年1500M1位5000M8位

窪田忍
箱根14年9区2位(6区1位)・13年2区7位(6区2位)・12年9区1位(6区1位)11年7区1位(4区2位)
全日本13年8区3位・12年8区2位・11年8区3位・10年6区1位
関カレ13年10000M2位・12年5000M3位・11年10000M4位

郡司貴大
箱根14年補欠・13年8区11位(補欠)・12年補欠・11年補欠(補欠)
全日本12年補欠・11年補欠10年補欠
関カレ13年ハーフ9位・10年5000M17位

湯地俊介
箱根13年4区19位・12年補欠・11年補欠
全日本13年補欠・12年5区4位
関カレ12年ハーフ10位

岸本朋紘
箱根14年補欠・13年補欠・12年補欠・11年補欠
全日本10年補欠
関カレ12年1500M7位・11年1500M5位・10年1500M12位

染谷滉二
箱根14年補欠・13年補欠
関カレ13年3000SC7位・12年3000SC4位・10年3000SC予選

茅原祐也
箱根11年(補欠)
一年から活躍していた窪田と油布は記録会の出走が少なく、成長が良くわかりませんでした。油布はここ二年主要大会でたまにイマイチだった点が見られませんでしたが、窪田も安定はしていましたが、昨年の方がインパクトあった気がします。
一年からエントリーに入っていた3人は結局主力になることはできませんでした。湯地は記録会には出ていましたがあまり結果を残せず、染谷や岸本や郡司はあまり記録会に出ていませんでした。郡司は上尾ハーフや1月に63分台で走るなど力をつけていましたから、箱根に出ても良かったかなと思いました。
3年
村山謙太
箱根14年2区2位(3区1位)・13年5区8位(2区9位)・12年2区9位(1区13位)
全日本13年4区1位・12年2区4位・11年2区3位
関カレ13年5000M8位・12年5000M6位10000M1位・11年10000M11位


中村匠吾
箱根14年1区2位(1区1位)・13年3区3位(補欠)・12年補欠(補欠)
全日本13年1区1位・12年補欠・11年6区3位
関カレ13年10000M1位・12年10000M4位

黒川翔矢
箱根14年補欠(補欠)・13年補欠
全日本13年7区2位・12年7区2位
関カレ13年ハーフ7位

西澤佳洋
箱根14年6区5位(補欠)・13年(補欠)
全日本13年補欠・12年補欠

大谷卓也
関カレ13年1500M6位・11年1500M予選

猪浦舜
箱根14年補欠・12年補欠

山内栄二
関カレ13年3000SC予選
中村、村山ともに秋は絶好調でしたね。中村は春の勢いのまま、スターターとして活躍。村山は箱根こそ上手くいきませんでしたが、昨年まで感じたメンタルの弱さは見えなくなりました。黒川は秋まで良い感じでしたが、上尾ハーフで65分台と結果を残せませんでした。個人的には箱根8区の第一候補だと思ったのですが。西沢は春は地味に安定していましたが、箱根6区で好走すると学生ハーフで62分台を出しました。大谷は5000M14分10秒台で安定していましたが、10000M以上の距離は出ないのでしょうか。猪浦は10000M自己ベスト、ハーフで63分台二回と好調でした。ただ、春が悪すぎましたから、年間通じた安定感がカギ。他では、小根山がいきなり63分台出しました。


2年
馬場翔大
箱根14年5区3位
全日本13年6区1位
関カレ13年ハーフ6位

小山裕太
全日本13年補欠
関カレ12年1500M11位

宮下紘一
関カレ13年3000SC9位・12年3000SC10位

其田健也
箱根14年10区2位(補欠)・13年補欠
全日本13年補欠

二岡康平
箱根14年補欠
其田、馬場とも前半戦から良い感じでしたが、其田はハーフで63分台連発し、馬場は全日本で区間賞を獲得すると、箱根も好走しました。他、二岡は高島平では62分かかっていましたが、上尾ハーフ、都道府県駅伝で好走し,その後ハーフ63分台と一気に出てきましたね。前半戦不調だった小山はそこそこ、3000SCの適性高い宮下が29分台、64分台ということで走力もあげてきており、関カレも楽しみです。因みに、井上が奥球磨ロードレースで64分少しで走ってます。

1年
中谷圭佑
箱根14年4区1位(2区2位)
全日本13年5区1位
関カレ13年5000M16位

西山雄介
箱根14年7区3位(5区2位)
全日本13年2区9位

大塚祥平
箱根14年8区6位(補欠)
全日本13年補欠
中谷・西山は前半戦上手くいきませんでしたが、秋以降好調でした。西山はハーフで2回62分台と長い距離の適性が高く、駅伝も悪くありませんでした。中谷は上尾ハーフでは64分台でしたが、大舞台に強く、三大駅伝全てで良かったです。大塚は高校と同じく安定感ありました。ただ、10000M29分40秒台や高島平61分近くなど、駒大のレギュラーとしてはもう少しだったかなと。学生ハーフ63分台など少しずつ成長していますから、このままで問題ないです。しかし、それに次ぐ浅石・金尾はほぼレースに出てこず。他の一年では中村・古林・吉田が順調に成長していたでしょう。


新入生情報
高本真樹 学法石川(福島) 14分01秒63
11年都大路1区40位・12年都道府県4区24位・12年IH5000M17位・12年都大路1区23位・13年都道府県5区12位・13年都大路1区5位・14年都道府県5区2位
川戸拓海 伊賀白鳳(三重) 14分17秒85
12年都大路7区2位・13年都大路4区1位
紺野凌矢 鯖江(福井) 14分31秒46
11年都大路6区15位・13年都道府県5区14位・13年都大路1区23位・14年都道府県1区26位
板橋賢吾 花輪(秋田) 14分41秒90
11年都大路7区29位・12年都大路4区16位
小黒誠那 花咲徳栄(埼玉) 14分22秒21
14年都道府県4区7位
昆充 一関学院(岩手) 14分21秒86
12年都大路4区42位・13年都大路2区16位・14年都道府県1区32位
藤木悠太 佐久長聖(長野) 14分14秒14
13年都大路4区9位・14年都道府県4区22位
工藤有生 世羅(広島) 14分27秒68
中西亮貴 益田清風(岐阜) 14分30秒75
西崎禎志 鎮西(熊本) 14分28秒82
14年都道府県1区43位
三嶋敦司 駒澤大学(東京) 15分27秒68
藤木海人 諫早(長崎) 15分40秒89
まず高本。全国駅伝の経験が豊富で、IH決勝に残った経験もあり、駅伝の成績も徐々に上げている。故障さえなければ、一年から即戦力でしょう。川戸は都大路四区区間賞。ただ、都大路以外の実績がなく、良くも悪くもどう転ぶこわからないです。他にも、紺野・小黒・板橋などそこそこの実績の選手が多く入部。言われて気がついたのですが、駒大は即戦力ルーキーの育成が得意な反面、あまり中堅の育成は目立ったものが無い気もするのですが。

まとめ
窪田・油布は抜けますが、馬場・西山・中谷と下級生で主力の目処がたち、郡司・湯地・岸本など四年があまりメンバーに絡んでこなかったので、問題ないと思います。新入生もだいたい例年通り。二岡・猪浦など少しずつ層が厚くなり、山に有力選手が残りますが、箱根は勝ち方を忘れているので、微妙だと思っています。個人的には全日本四連覇を一番期待しています。

現時点の箱根予想オーダー
中村4ー村山4ー中谷2ー高本1ー馬場3
西沢4ー二岡3ー大塚2ー西山2ー其田3

箱根駅伝結果(10)早稲田大学

1区大迫傑区間5位(3位と28秒差)
2区高田康暉(5→3)区間1位(4位と45秒差)
3区武田凛太郎(3→3)区間5位(12秒差)
4区平和真(3→3)区間2位(45秒差)
5区高橋広夢(3→3)区間12位(1分23秒差)
6区三浦雅裕(3→3)区間2位(1分23秒差)
7区柳利幸(3→3)区間5位(2分23秒差)
8区井戸浩貴(3→3)区間9位(2分秒差)
9区田口大貴(3→4)区間7位(3位と6秒差)
10区中村信一郎(4→4)区間10位(26秒差)
総合順位4位(往路3位・復路4位)
【MIP】高田康暉・・攻めの走りで展開にも恵まれ、初の主要区間で2区区間賞
【技能賞】三浦雅裕・・秘密兵器の本領発揮の区間2位で、鈴木悠介に詰めさせず
予想6位(往路10位)
2区と5区が思ったよりだいぶ良かったですね。
大迫は箱根前にアメリカに行きましたが、個人的には後輩に箱根駅伝に縛られないようにするという意味でも良かったと思います。走りに関しては引っ張ったことに関しては良いのですが、田口に30秒差というのは流石に離されすぎかな。高田はまず格上の大六野に追いつくという攻めの走りが凄いと思います。その後は大六野や服部に引っ張ってもらいましたが、それでも最後まで食らいついたのは力があるからできたことでしょう。武田は主要区間で、前は離れて後ろは迫ってくる難しい展開でしたが、やはり安定感あります。序盤から早いのは早稲田らしい攻めの走りだと思いました。四区は今井・木村など突っ込んで終盤疲れる選手が多かったのですが、序盤から突っ込んでその後もきちんと走れてました。木村に追いつかれても冷静でした。高橋はあまり印象がなかったので、苦しいかなと思いましたが踏ん張りました。ゆったりと入って登りも耐えて下りで順位を上げるという代役としては理想的な走りでした。往路は大迫が思ったよりもうまくいかず、山本が欠場したのですが、高田や高橋が想像にないくらい頑張ったので3位で折り返せました。
監督はもっといけると言っていましたが、三浦も想像以上に良い走りでした。下りは得意だろうと思っていましたが、登りや最後の平地も5番以内で走りました。柳は今まであまり駅伝で結果を残せていなかったので、とりあえずこれぐらいの結果を契機にしてほしいです。井戸は単独走で走りにくかったとは思いますが、個人的にはあと30秒か1分くらい速く走ってくれると思っていました。田口はそこそこ走れたと思います。中村は総合順位を一つでも上にという感じでしたので、区間順位はそんなに気にしていないです。中村と甲斐になった時は中村がラスト勝負で勝つだろうと思っていたのですが、甲斐は全日本大学駅伝の出場権がかかっていて必死さが違いましたかね。復路はつなぎ区間で下級生が出てきましたが、総じてもう少し期待していました。ただ、全体的には山本・田中が抜けてシード権争いになるかなと思っていたのですが、3位争いができました。下級生に良い経験も積ませられたと思います。

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。