スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会結果(5)専修大学

5km(順位3位)
斉藤1456
吉良1456
芝田1458
松尾1459
澤野1459
中山1501
上野1506
濱野1508
森口1508
丸山1508
後藤1508
坂本1508
斎藤・吉良などフリーで走る選手が半分くらいで、残りは集団走でいきました。

10km(順位8位・通算順位6位)
吉良1503(2959)
斉藤1504(3000)
芝田1504(3002)
松尾1507(3006)
澤野1522(3021)
濱野1523(3031)
森口1523(3031)
上野1523(3029)
後藤1523(3031)
坂本1523(3031)
丸山1524(3032)
中山1528(3029)
吉良・斎藤・芝田の最終的に上位に入る3人が頑張った反面、松尾・澤野といった選手がペースダウンしてしまいました。後ろの集団が15分23秒と少しペースを落とした影響でチーム順位を少し落としています。

15km(順位8位・通算順位6位)
吉良1459(4458)
濱野1511(4542)
後藤1511(4542)
斉藤1512(4512)
芝田1514(4516)
丸山1514(4546)
森口1516(4547)
中山1518(4547)
上野1523(4552)
松尾1528(4534)
澤野1529(4550)
坂本1558(4629)
吉良がここまでよいペースで走り続けています。斎藤・芝田はここで少しペースを落としました。最初の5km頑張っていた中で残りの4選手がだいぶペースが落ちてしまいました。ただ、後ろの集団はこぼれ落ちた坂本以外、良いペースで走れています。

20km(順位7位・通算順位7位)
47位濱野1458(6040)
22位斉藤1459(6011)
38位芝田1515(6031)
60位松尾1518(6052)
79位森口1519(6106)
33位吉良1530(6028)
98位澤野1534(6124)
97位丸山1537(6123)
113位上野1548(6140)
114位中山1554(6141)
121位後藤1609(6151)
196位坂本1626(6255)
濱野が一気に14分台で大きく順位を上げました。その前の5kmでペースを落とした斎藤・芝田が良かった反面、吉良は最後粘れませんでした。森口・松尾が順位を上げ、澤野・丸山は何とか粘ったものの、残りの選手は16分前後かかってしまいました。

現時点での箱根オーダー
澤野4ー松尾4ー濱野1ー宮坂4ー芝田3
中山3ー上野4ー丸山1ー吉良3ー小原4
斎藤がレースに出てきていないので、試しに抜いて組んでみました。そしたら序盤区間がかなり危なっかしくなりました。難しいのは澤野をどの区間に置くか。10000Mで良いタイムは持っていますが、ハーフの実績はなく大舞台での撃沈が多い。4区などで稼がせようとも思ったのですが、つなぎ区間で走れそうなスピード型は宮坂・森などたくさんいます。
スポンサーサイト

箱根駅伝予選会結果(4)國學院大學

5km(順位4位)
寺田1455
柿沼1457
廣川1457
沖守1457
吾妻1458
牛山1508
塚本1508
大下1508
湯川1508
蜂須賀1509
中瀬1509
稲毛1509
寺田がフリー、残りは柿沼・沖守などの中位以上を狙う集団と、大下・中瀬をはじめとする普通の集団に分かれました。なかなかチームの主力が速めのペースで集団作るのは珍しいと思います。

10km(順位5位・通算順位5位)
寺田1504(2959)
柿沼1505(3002)
廣川1505(3002)
沖守1505(3002)
吾妻1507(3005)
蜂須賀1522(3031)
中瀬1522(3031)
稲毛1522(3031)
牛山1523(3031)
湯川1523(3031)
大下1524(3032)
塚本1525(3033)
ほぼきっちりと集団で走れています。チーム3番手だった吾妻はここらへんから完全に独自のペースで走っていました。

15km(順位5位・通算順位5位)
寺田1452(4451)
蜂須賀1511(4542)
稲毛1511(4542)
塚本1511(4544)
大下1511(4543)
牛山1512(4543)
中瀬1512(4543)
湯川1512(4543)
柿沼1513(4515)
沖守1514(4516)
廣川1515(4517)
吾妻1527(4532)
柿沼らの集団は徐々にペースが下がっていき、大下らの集団は逆にここでペースが上がりました。寺田は井上と並びここらへんでかなり元気でした。

20km(順位5位・通算順位5位)
13位寺田1502(5953)
26位柿沼1507(6022)
68位牛山1512(6055)
55位吾妻1513(6045)
76位蜂須賀1521(6103)
82位中瀬1527(6110)
58位廣川1532(6049)
87位稲毛1534(6116)
93位塚本1536(6120)
71位沖守1541(6057)
99位大下1543(6126)
154位湯川1626(6209)
寺田は最後腹痛ありましたが、きちんとまとめてくれました。前の集団からは柿沼、後ろの集団からは牛山がぐんと出てきました。稲毛・蜂須賀といった1年生もしっかりと20kmに対応するなどほぼ全員が安定していました。3年生で次のエースとして期待がかかっている沖守・大下はラスト5kmで失速してしまいました。

現時点の箱根オーダー
沖守3ー寺田4ー柿沼4ー畑中1ー大下3
廣川2ー蜂須賀1ー吾妻2ー牛山4ー中瀬2
記録挑戦会で稲毛・塚本が30分30秒くらい、上尾ハーフでは鮫島の撃沈とありましたが、それでも問題なく10人選べました。個人的に問題は6区だけかなと。小原と思っていたのですが、秋になってから全く調子が上がってきません。とりあえず、記録挑戦会に出てこなかった廣川にしましたが、はたして。箱根予選会思ったような走りができなかった沖守は記録挑戦会で走れていたので1区にしておきました。

箱根駅伝予選会結果(3)上武大学

5km(順位8位)
倉田1454
佐藤1455
山岸1459
大西1507
松元1508
横内1509
高津戸1510
根岸1510
三田村1511
石黒1511
森田1518
志塚1520
倉田・佐藤は前の集団で。残りの選手は例年は集団走ですが、今年は枠が多いからフリー走でしょうか。森田・志塚は最初からかなりゆったりです。

10km(順位10位・通算順位9位)
山岸1501(3000)
倉田1504(2958)
佐藤1504(2959)
松元1513(3021)
高津戸1520(3030)
大西1523(3030)
根岸1523(3033)
横内1524(3033)
志塚1530(3050)
森田1531(3049)
三田村1532(3043)
石黒1600(3111)
日本人2位集団のペースが少し下がったことで、山岸も上がってきました。予選会前に故障があったらしく、15分ペースで走っているのでしょう。その他の選手は、この5km15分20秒台で走る余裕があった選手が結果的にチーム内で上位にきました。石黒は何かあったのでしょうか、早くも16分台まで落ちています。

15km(順位12位・通算順位11位)
倉田1455(4453)
松元1511(4532)
山岸1516(4516)
高津戸1516(4546)
佐藤1530(4529)
志塚1530(4620)
根岸1531(4604)
大西1532(4602)
横内1532(4605)
三田村1541(4624)
森田1556(4645)
石黒1611(4722)
ここで、前の集団から山岸・佐藤が急落。松元・高津戸あたりは良いペースで走っています。森田がここでつらくなってきました。

20km(順位11位・通算順位11位)
12位倉田1456(5949)
32位山岸1511(6027)
52位松元1512(6044)
118位大西1542(6144)
107位高津戸1546(6132)
164位三田村1551(6215)
96位佐藤1553(6122)
136位根岸1553(6157)
159位志塚1553(6213)
145位横内1557(6202)
191位森田1603(6248)
252位石黒1634(6356)
倉田は結局上位でゴール。前の集団からこぼれた2人は、山岸が粘った一方で、佐藤が急落してしまいました。16分台の選手が意外と2人しかおらず、15分40秒台~50秒台の選手が多いということで、ペース配分はそんなに悪くなく、実力を出せなかった選手は少ないと思います。

現時点の箱根オーダー
佐藤3ー倉田3ー山岸4ー三好2ー松元3
横内3ー大西3ー志塚1ー高津戸4ー根岸3
試しに東・佐々木を抜いてみたのですが、これは苦しい。力を出して130位台だった根岸を入れてもまだ1人足りません。序盤の3区間に3本柱を置くのでしょうが、基本的に経験区間にして2区は1番好調な倉田かなと。このメンバーだと序盤稼いで後粘るということになるのでしょうが、シード争いにすら絡めなさそうなので、2人の復帰は必須でしょう。

箱根駅伝予選会結果(2)城西大学

5km(順位1位)
村山1448
松村1455
山口1456
横田1457
黒川1501
平田1501
河名1501
佐野1501
舟生1501
杵島啓1502
二平1507
西岡1507
村山が日本人で1人だけ留学生についていったこと、集団のペースが速かったことからこの時点ではトップでした。松村・山口・横田がフリー。ただ、最終的にチーム11番手と12番手の2人がすでに離れるなど不穏な感じはしています。

10km(順位9位・通算順位3位)
村山1429(2917)
山口1503(2959)
横田1509(3006)
黒川1516(3017)
松村1518(3013)
平田1521(3022)
河名1528(3029)
佐野1528(3029)
舟生1530(3031)
二平1543(3050)
杵島啓1548(3050)
西岡1602(3109)
この5kmで留学生のグループが一気にペースアップ。ただ、村山はまだ何とかついています。ただ、それ以外はボロボロ。横田・松村といった選手が上位グループから置かれると、集団走は完全に崩壊。最初の5km15分1秒で入った選手はこの5kmのチーム内順位がそのままチーム内順位ということで、この時点で余裕があるかどうかという感じになりました。

15km(順位11位・通算順位9位)
村山1444(4401)
山口1459(4458)
黒川1515(4532)
河名1523(4552)
平田1524(4546)
横田1526(4532)
松村1533(4546)
佐野1535(4604)
舟生1541(4612)
杵島啓1548(4638)
二平1602(4652)
西岡1604(4713)
ここで総合順位が急落。村山が留学生の更なるペースアップによって単独走になりました。河名・平田あたりは何とか粘れているでしょうか。

20km(順位10位・通算順位10位)
42位黒川1504(6036)
4位村山1516(5917)
24位山口1520(6018)
69位横田1523(6055)
95位平田1536(6122)
106位河名1538(6130)
133位舟生1544(6156)
124位佐野1549(6153)
130位松村1609(6155)
186位杵島啓1609(6247)
204位二平1609(6301)
236位西岡1621(6334)
最後はチームの半分近くが16分台となりました。山口はもう少しラスト5kmいけると思っていたのですが。黒川が安定したペースを刻んだのが最大の収穫。全体的に速く入りすぎて後半苦しくなりました。

現時点の箱根オーダー
山口4ー村山3ー松村3ー室井2ー横田3
平田4ー寺田3ー河名2ー黒川3ー二平3
だいぶオーダーに苦難するかなと思ってましたが、日体大記録会で寺田・二平が好タイムということで一気に良い感じになりました。2区は村山しかいないでしょう。松村を主要区間に配置するなら昨年そこそこ走った3区で、箱根予選会チーム2・3位の山口と黒川を1区と9区にしておきました。山登りは今年の全日本予選会後から横田が良いと思っています。あと、強いて言うなら4区でしょうか。室井も撃沈しない程度で安定してまとめてくれるのですが、できれば高橋あたりが復帰して入ってほしいかなと。


箱根駅伝予選会結果(1)神奈川大学

箱根エントリー前にまとめておこうと。

5km(順位13位)
柿原1455
我那覇1455
西山1456
柏部1516
小泉1516
高山1516
菅原1516
東1517
井上1517
中神1517
坂本1517
石橋1518
エース格の我那覇・西山・柿原はフリーで、残りは小泉・柏部の引率のもと集団走でした。この時点では13位でしたが、神大はゆったりと入ってペースを上げていくチームですから。

10km(順位7位・通算順位10位)
我那覇1503(2958)
西山1503(2959)
柿原1504(2959)
東1520(3037)
井上1520(3037)
柏部1521(3037)
小泉1521(3037)
高山1521(3037)
菅原1521(3037)
中神1521(3038)
坂本1525(3042)
石橋1531(3049)
我那覇ら3人は良い位置につけています。後ろはトータル11番目、12番目となった選手が零れ落ちてきています。坂本にはわりと期待していたのですが。

15km(順位4位・通算順位7位)
柿原1454(4453)
我那覇1455(4453)
西山1500(4459)
小泉1515(4552)
東1515(4552)
井上1515(4552)
高山1515(4552)
柏部1516(4553)
菅原1521(4558)
中神1525(4603)
坂本1535(4617)
石橋1543(4632)
ここから動きがフリーの中では西山が少し下がりました。集団走では、ペース配分自体は予定通りでしたが、少しずつ離れていきました。きっちりペース通り走れている選手は最終的に2ケタということでまだ力は残っている感じがします。全体的に徐々に順位を上げていきました。

20km(順位2位・通算順位4位)
6位柿原1432(5925)
7位我那覇1436(5929)
44位柏部1444(6037)
52位小泉1450(6042)
20位西山1509(6008)
77位東1511(6103)
78位井上1513(6105)
84位高山1521(6113)
148位坂本1548(6205)
134位中神1553(6156)
128位菅原1556(6154)
177位石橋1602(6234)
柿原・我那覇は日本人トップにも近い位置で走り切りました。西山も踏ん張りましたね。びっくりしたのは後ろ。柏部・小泉は14分50秒くらいの激走で一気に浮上してきました。高山、コメントから注目していた東も2ケタ。というあたりが良かったです。結局、南・永信など中堅どころが抜けましたが、それを感じさせない結果でした。

現時点の箱根オーダー
柿原3ー我那覇2ー小泉3ー中神1ー西山2
菅原3ー東1ー高山3ー柏部3ー井上3
昨年想定していたオーダーを基本に組んでみました。中神が日体大記録会でなかなかのタイムを出しましたが、少し不安なので、南か赤松が復帰すれば4区が万全だと思います。6区は渡辺か菅原といった3000SC得意な選手が入るのが良いかと。

全日本大学駅伝結果(13)法政大学

1区田井慎一郎区間16位(6位と1分43秒差)
2区西池和人(16→10)区間5位(1分16秒差)
3区黒山和嵩(10→10)区間11位(1分2秒差)
4区田子祐輝(10→10)区間14位(2分36秒差)
5区足羽純実(10→9)区間5位(2分37秒差)
6区関口頌悟(9→9)区間11位(2分58秒差)
7区中村涼(9→9)区間9位(2分48秒差)
8区松田憲彦(9→12)区間16位(4分58秒差)
総合順位12位(予想10位)区間は2区・8区が的中
順位はいろいろズレがありましたが、結局のところ松田の走りで外しました。区間は1区もう少し冒険しても面白いと思ったのですが。
田井はレースは動いたものの、28分台持っていますし、勝亦ぐらいが粘って欲しかったです。西池は大迫と2人で抜いていきましたね。終盤離されましたが、かなり出遅れた中で悪くない区間タイムだと思います。
黒山は箱根やその後の成長具合から区間5位くらいできてくれると思ったのですが、単独走とはいえ区間11位とチームを押し上げることができませんでした。田子は狩野に追いつきましたが、その後スローペースで結局関東勢でブービーになってしまいましたね。足羽は結果を残すだろうとは思っていましたが、区間5位までくるとは思いませんでした。関口は区間11位でしたが、区間7位まで十秒以内。勿論力は出し切れてないでしょうが、復帰戦でこの走りは収穫で、箱根にまにあいそうです。好調な中村は初駅伝ながら区間9位と堅実に走ってくれました。アンカーの松田は抜かれた田中についていけず区間位と沈んでしまいました。今回は、下級生の走りが収穫だった反面、上級生の主力がうまく走れませんでした。

現時点の箱根オーダー
田井4ー佐野3ー西池3ー黒山3ー関口3
田子4ー足羽1ー森永3ー松田4ー高梨4
上尾ハーフで収穫が多く、良い意味で迷いました。それまでは2区西池にするしかないと思っていたのですが、佐野2区、西池3区も面白そうです。田子は前哨戦の起用法からみると前半区間にきそうですが、前哨戦そんなに良くなかったのと、箱根6区も大事なので経験区間にしておきました。

全日本大学駅伝結果(12)早稲田大学

1区柳利幸区間15位(3位と1秒55差)
2区大迫傑(15→9)区間1位(1分12秒差)
3区平和真(9→8)区間7位(1分40秒差)
4区山本修平(8→6)区間3位(1分42秒差)
5区武田凜太郎(6→4)区間4位(1分25秒差)
6区高田康暉(4→4)区間3位(44秒差)
7区井戸浩貴(4→4)区間3位(17秒差)
8区田中鴻佑(4→4)区間6位(50秒差)
総合順位4位(予想4位)区間は2区のみ的中
順位は柳の撃沈と終盤区間の健闘で結局当たりました。区間はここまで6区までに固めてくるとは思いませんでした。終盤2区間は絶対あたらなかったと思います。
今回こそは大丈夫と思った1区ですが、またしても沈んでしまいました。前回まではレベルの高い区間だったものの、今回は実力相応の区間。最低でも勝亦ぐらいで来てほしく、完全に上位争いから出遅れてしまいました。ただ、そこからぐんぐん来ました。大迫は2年前の反省を生かし、前半自重してからかわしていきました。速報では区間2位でしたが、4年目にして遂に区間賞。終盤西池を30秒近く一気に離しました。平も1人かわしてシードラインに詰め寄りました。本来の実力からすればもっと走れるのでしょうが、だんだん復調してきているところですし、これくらいでしょう。山本も出雲の反省を生かし、序盤無理に前を追わず、シード圏内へ。昨年と同じような走りができたと思います。5区・6区は主要区間を任せても良い選手でしたし、きちんと前を追っていけました。武田はペースの上がらない1年生を2人かわし、区間4位。高田もトップ2校に次ぐ区間3位でした。終盤の区間がかなり不安だったのですが、収穫でした。井戸は木村においつかれた後ズルズルいくかなと思ったのですが、木村にくらいついて最終的に4位を守り、3位に近づきました。箱根出走もしている淀川と同タイムは良かったと思います。田中は良くて60分少しと思っていましたが、59分台で走りました。区間順位も負けたのは他大のエースだけでしたね。1区で出遅れましたが終盤区間が収穫で、トータルとしてはまあまあだったと思います。


現時点の箱根オーダー
田口3ー高田2ー大迫4ー平1ー山本3
臼田3ー武田1ー井戸1ー田中4ー柳2
全日本の8人に山下りは別物と考えて、あと1人見当たらないと思っていましたが、上尾ハーフで大きく変わりました。田口が好走、更に中村も良かったということでむしろ1人あぶれてしまいます。当初は大迫2区しかないかなと思っていましたが、高田が上尾ハーフで好走。大迫は3区の方が生きますし、高田に経験させても面白いかなと。あと、田口が好走し武田は前哨戦では後半区間を担当しているので、武田を1区から7区にしておきました。

全日本大学駅伝結果(11)日本大学

1区林慎吾区間14位(6位と1分40秒差)
2区荻野眞乃介(14→14)区間10位(2分26秒差)
3区石川颯真(14→12)区間11位(2分12秒差)
4区竹ノ内佳樹(12→12)区間11位(3分23秒差)
5区日向野聖隆(12→12)区間8位(3分44秒差)
6区森谷修平(12→12)区間10位(4分2秒差)
7区渡部良太(12→12)区間16位(4分53秒差)
8区キトニー(12→9)区間1位(1分31秒差)
総合順位9位(予想7位)区間は3・4・8区が的中
順位は前半区間がもう少し良いかなと思っていました。区間は1区林2区荻野は想定しておくべきでした。7区渡部が来るとは思いませんでした。
前半区間は撃沈しないものの、あと一歩という走りが多かったです。林はできれば勝亦・佐藤のところにいてほしかったですが、序盤区間初めてでした。荻野は大迫・西池にスタート直後抜かれながら、地方勢を抜き返し順位キープ。ただ、区間タイムをみるとあと30秒くらい、西山や松枝くらいにはまとめてほしかったかな。石川は個人的に結構期待していたのですが、区間11位と全く目立たず。もちろん、区間8位とほぼ変わらないので悪くはないのですが、記録会も含めて高校時代の輝きからすると物足りない走りが続いています。竹ノ内は区間11位。狩野や田子ほど撃沈はしませんでしたが、その他の関東勢からは30秒近くは離されました。前半は全員が60-70点ぐらいの走りでしたね。1人・2人ほどでは問題ないのですが、全員がそうなったことで結局この時点で3分以上離されてしまいました。5区・6区の4年生は良かったです。日向野は他大で1年が崩れることが多い中、区間8位。森谷も区間10位でしたが、区間7位まで秒差。この2人で中学や順大に少しずつ詰め寄りました。ただ、渡部が良くなかったです。勿論、最近好調なところを見せていなかったのであまり期待はしていなかったのですが、できれば松下くらいで走って欲しかったですね。5分近く差がついていてはキトニーもどうにもならず。区間賞で意地は見せましたが、結局9位で終わってしまいました。正直言って全体的に力不足かなというのが正直な印象。あと数か月で底上げも主力も日本人はもう1段階レベルアップしないと厳しいと思います。

現時点の箱根オーダー
竹ノ内3ー荻野2ー林3ー石川1ーキトニー2
日向野4ー大門3ー森谷4ー田村4ー高松3
キトニー2区と思っていたのですが、5区希望という噂があったのでそれに乗っかってみました。普通にやってもシード厳しいと思うので。そうなると、現状では前半の主要区間に竹ノ内・荻野・林を固めるしかないと思います。1区荻野はもったいないので2区か3区。ということで、この順番か1区林2区竹ノ内3区荻野となるかどっちかでしょう。復路は田村が昨年並みに走れるという前提で組んでみました。10人目は今のところ大門か村越直でしょうが、もう少し良い意味で悩みたいところ。全体的なイメージとしては、前半耐えて、キトニーと今調子の良い日向野で浮上。復路もひたすら耐えるという感じでなんとかシード取りたいかなと。

全日本大学駅伝結果(10)青山学院大学

1区一色恭志区間6位(7位と14秒差)
2区神野大地(6→4)区間6位(58秒差)
3区石田駿介(4→3)区間3位(1分26秒差)
4区小椋裕介(3→4)区間7位(58秒差)
5区茂木亮太(4→6)区間12位(43秒差)
6区橋本峻(6→6)区間5位(56秒差)
7区山村隼(6→6)区間10位(24秒差)
8区高橋宗司(6→6)区間10位(11秒差)
総合順位6位(予想11位)区間は5区・6区のみ的中
序盤区間がここまで好走するとは全く想像していませんでした。区間は1区一色8区高橋は全くイメージしていませんでした。エース抜きでシードを獲得しましたが、その最大の立役者は序盤の3人でしょう。序盤の2区間は注目でしたが、本当に良い走りでした。
1区一色は序盤から動くレース展開の中で区間6位の好走。43分台までは他の選手は全員28分台。岡本・勝亦など上手くいかなかった選手もいますから価値があると思います。続く神野も区間6位で、服部・大迫・山中など他チームのエースとそん色ない走りをしました。最後、市田宏に競り負けましたが、もともと前にいた選手なので仕方ないでしょう。そして、その勢いにのるように石田も好走して、3位に浮上しました。短い距離は厳しいのではと思いましたが、横手・鈴木といった他大の主力よりも速い区間3位というのは驚きでした。小椋はそこそこだったでしょうか。ただ、単独走の中である程度成績を残せたのは良かったです。ただ、後半の区間がもたつきました。茂木は単独走でしたが、区間12位に沈み、順位を2つ落としてしまいました。橋本は区間5位と良かったです。やはり今まで何度もオーダーに入るか入らないかまで行っただけあって準備ができていましたね。山村は区間10位とシード圏外に近づいてしまいましたが、初駅伝としてはそこそこでしょうか。アンカーの高橋はシード圏は確保しましたが、区間10位。大東が近づいてからは必死になりましたが、もう少し削り出す姿勢がその前からほしかった気もします。何かあればシード権が取れるという位置をキープしたことで、シード権が降ってきました。

現時点の箱根オーダー
一色1ー久保田2ー神野2ー藤川拓3ー秋山1
竹内4ー橋本2ー高橋3ー小椋2ー石田4
久保田が全日本にエントリーされていたので復帰は近いと予想。出雲・全日本と主要区間で走れている一色・小椋・神野を主要区間に配置してみました。全日本1区で良かった一色をそのまま1区に。神野は序盤も後半区間もいけるので、小椋が3区と9区どちらが走りやすいかという感じだと思います。5区は高島平・世田谷ハーフと長い距離で結果を出している秋山。「できれば箱根5区」と本人も言っていましたし。高橋などのつなぎ区間はこれから2か月で変わっていくでしょう。

全日本大学駅伝結果(9)東洋大学

1区設楽悠太区間2位(1位と32秒差)
2区服部勇馬(2→1)区間4位(2位と34秒差)
3区延藤潤(1→1)区間2位(10秒差)
4区田口雅也(1→2)区間4位(1位と1分33秒差)
5区大津顕杜(2→2)区間3位(1分56秒差)
6区日下佳祐(2→2)区間2位(2分14秒差)
7区淀川弦太(2→2)区間3位(2分21秒差)
8区設楽啓太(2→2)区間5位(3分10秒差)
総合順位2位(予想1位)区間は3区のみ的中
順位は駒大が思ったよりも強かったかなと。区間はボロボロ。ただ、主要区間をここまで昨年から組み替えてくるとは思いませんでした。ただ、6区と7区を逆にしたのが惜しかったです。
設楽悠は中村にとって楽なレースをさせてしまったと思います。エースの自覚が強すぎて離そうとしましたが、とんとんくらいの実力の中村は離れずに、逆に終盤30秒以上離されました。2区は東洋の方が強いのですから、もう少し後ろの選手に任せてもよかったと思います。服部は前半突っ込んで入りましたが、西池よりも速く区間4位と良い結果だったと思います。1区で出遅れた分をここで取り返せました。延藤は昨年と同じような感じでした。区間タイムは下がりましたが、全体的に下がっています。そういえば、この区間ちょうど暑かったかな。田口は昨年区間2位の山本とほぼ変わらず、少し健闘したのではないでしょうか。引き離されましたが、村山があまりに速すぎました。大津は中谷にかなり離されました。区間3位と少し物足りなかった気がします。日下は初駅伝でしたが、今回1番の収穫だと思います。高田・廣瀬より速く区間2位で走り切りました。淀川はここまでの伸びていましたし、このくらいでしょう。ただ、箱根でダメだったイメージを取れたのは良かったと思います。設楽啓は59分台と上手くいきませんでしたね。感覚的には基本的には58分台前半、悪くても58分台ではまとめられると思っていたのですが。
展開としては、1区離されて、2区で予定通りに戻したものの、その後力負けという感じでしょう。

現時点の箱根オーダー
田口3ー設楽啓4ー服部勇2ー今井3ー大津4
服部弾1ー延藤4ー日下3ー設楽悠4ー淀川3
正直、上尾ハーフを見てみないと何とも言えないのですが。1区~3区は昨年度良かったし、今年度もそのままで良いだろうと思っていたのですが、服部勇9区はもったいないので、3区に持ってきました。この3区間で何としても先手を取っておきたいところ。あと、4年連続山下りの抜けた5区・6区をどうするか。5区はやはり大津とかになるのかな。6区は個人的に服部弾が面白そうと思うのですが、どうでしょう。3000SC得意ですし、4年間山下りやらせても面白いかなと。あと、10人目はとりあえず今井にしてみましたが、これからだと思います。考えてみれば、山の状況は駒大と全く同じ、そういう意味でも山に注目です。

全日本大学駅伝結果(8)順天堂大学

1区松村優樹区間7位(6位と14秒差)
2区松枝博輝(7→7)区間8位(37秒差)
3区森湧暉(7→9)区間10位(22秒差)
4区狩野良太(9→11)区間16位(2分39秒差)
5区稲田翔威(11→10)区間7位(2分47秒差)
6区聞谷賢人(10→11)区間13位(3分50秒差)
7区松村和樹(11→10)区間6位(3分18秒差)
8区田中孝貴(10→10)区間9位(3分14秒差)
総合順位10位(予想13位)区間は7区のみ的中
順位は松村和・田中といった終盤の選手が思ったより良かったです。あと、出雲の中大といい、どうしても経験積みに来ているオーダーだと低く予想しすぎてしまいますね。区間は小沢・西郷を休ませるとは思っていなかったので。ただ、1区松村優2区松枝にしたことは上手かったと思います。
松村優は数少ない43分台と、荒れたレースの中でも安定感のある走りをしてくれました。未知数な選手のためにも上手く走ってくれましたね。松枝は区間8位と松村優の流れをきっちりとつないでくれました。ただ、区間7位と30秒くらい離れており、長い距離では主要区間でそこそこ走れるくらいかなと思います。森は抜かれた平に頑張ってついていって区間10位と悪くありませんでした。箱根に向けてはどれくらい長い距離に適応できるかでしょうか。狩野は田子に追いつかれた後、2人とも完全にペースが上がりませんでした。田子が関東でブービーということで、全然でしたね。稲田は期待していましたが、区間7位とやはり良かったです。ズルズルいってしまうことも止めたと思います。聞谷は初駅伝ということですが、それでも他の関東勢から30秒以上遅れているのは・・・。記録会などで挽回が必要でしょう。松村和は区間6位と思ったより良かったですね。このままいけば双子で箱根駅伝出られそうです。稲田・岩崎と上位のチーム以外の選手に負けなかったのは良かったです。田中は60分30秒くらいと自分の力をきちんと出して走れました。主力の2人はきちんと中位で渡せて、残りの選手も収穫となった選手が多く、満足のいく結果だと思います。

現時点の箱根オーダー
田中2ー松村優3ー松枝2ー森1ー西郷3
三宅3ー岩崎4ー稲田2ー小澤4ー松村和3
的野が復帰できたり森が適応できれば1区は1番良いのですが、落としどころは田中でしょうか。2区は昨年走った小沢がそこまで状態良くないようなので松村優にしておきました。全日本で良かった6人+小沢・西郷で、特殊区間以外のラスト1人は岩崎・狩野・聞谷から1人という感じでしょう。1年間で下級生の底上げは思ったより上手くいっています。ただ、狩野・岩崎といった4年生が残り3か月でもっと頑張ってほしいです。

全日本大学駅伝結果(7)明治大学

1区文元慧区間4位(3位と5秒差)
2区八木沢元樹(4→8)区間11位(1分1秒差)
3区横手健(8→7)区間6位(1分26秒差)
4区有村優樹(7→8)区間6位(2分13秒差)
5区松井智靖(8→5)区間2位(1分35秒差)
6区廣瀬大貴(5→5)区間4位(1分21秒差)
7区木村慎(5→5)区間1位(18秒差)
8区大六野秀畝(5→3)区間4位(4位と50秒差)
総合順位3位(予想6位)区間は1区のみ的中
順位は大六野が良かったのでずれました。区間は難易度が高かったので仕方ないかなと。ただ、松井5区という発想はありませんでした。
文元は3大駅伝、特にスターターとして非常に安定しています。今回も、レースが動いた中で抜け出た3人についで4位でした。ただ、八木沢に期待していたのですが、区間11位と撃沈。あと、1分くらい速く期待したのですが。ただ、このくらいの距離はまだしも全体的に長い距離は得意ではないので箱根では過度の期待はダメだと思います。横手は出雲駅伝の結果からもう少し期待していました。少なくとも鈴木くらいで走ってくれると期待していたのですが・・。有村は故障明けですし、こんなものでしょうか。ただ、前半元気だったのでそこは勿体なかったです。松井は区間上位でくるとは思っていましたが、大津より速く区間2位とは思いませんでした。ペースの落ちた北村・伊藤だけでなく最後茂木までぬかしました。廣瀬はそこそこ走って、箱根山下りは問題ないと思います。ただ、今考えてみると出雲大失速したわけではありませんし、全日本も高田より30秒近く遅いですし、そんなに変わっていないかもしれません。木村は井戸に追いつくと、そのままどんどん前を追っていきました。メンバー的に、黒川らと同じく実力は抜けてると思いましたが、区間2位に30秒近くちけたのは収穫でした。大六野は不安でしたが、区間4位と好走しました。もしかしたら前で受け取るとかなり走れるのかもしれません。今回の全日本は、松井・木村といったロード型でトラックのタイム伸ばしてきていた選手の好走が収穫だったと思います。

箱根現時点のイーダー
文元3ー大六野3ー有村3ー八木沢3ー横手2
廣瀬4ー山田3ー松井3ー木村2ー石間4
2区は全日本を見てもう1度大六野を走らせてみようと感じました。問題は3区。好走していた菊地が抜けて難しくなったかなと。全日本で横手か八木沢どっちか上手くいったらその選手にと思ったのですが、2人とも微妙だったので。木村や松井を使って耐えるというのもありですが、有村にしてみました。有村が上手く走れれば、来年1・2・3・5・9区と5人が残って良いかなと(5区は木村や松井でも面白そう)。少しぐらい遅れても4区に八木沢がいるので十分取り返せると思います。9・10人目は石間・北・山田あたりからくるでしょう。

全日本大学駅伝結果(6)駒澤大学

1区中村匠吾区間1位(2位と32秒差)
2区西山雄介(1→2)区間9位(1位と26秒差)
3区油布郁人(2→2)区間1位(10秒差)
4区村山謙太(2→1)区間1位(2位と1分33秒差)
5区中谷圭佑(1→1)区間1位(1分56秒差)
6区馬場翔大(1→1)区間1位(2分14秒差)
7区黒川翔矢(1→1)区間2位(2分21秒差)
8区窪田忍(1→1)区間3位(3分10秒差)
総合順位1位(予想2位)区間は3・4・8区が的中
順位は村山がここまで走るとは思っていませんでした。区間は1区中村は上手かったですが、1区中村2区西山という発想はちょっと無かったです。ただ、7区黒川は当てておきたかった。
1区は理想的な展開でしたね。前半はカリウキ、後半は設楽悠がペースを上げてくれ、力をためながら他の選手を引き離すことができました。スパートの位置が少し遅いかなとも思いましたが、結局設楽悠を30秒以上も引き離したので良いタイミングだったのでしょう。西山は追いつかれたのは仕方ないですが、後半に引き離されたのが改善点かなと。途中余裕があるようにも見えましたし、終盤まで服部につけられれば区間タイムも納得のいくものだったと思います。油布は区間新で追いつくというのがベストでしたが、それでも4年連続区間賞で差をかなりつめてくれました。村山は東洋よりも後ろで受け取ったので追いつくぐらいかなと思ったのですが、すごかったですね。田口の前に出たときも「無理はしなくていいのに」と思っていたのですが、その後ハイペースを刻み続け、区間新とは驚きました。出雲はトップで受け取ったので意外ではありませんでしたが、今回のトップに立ってしかも後ろを引き離す走りというのができたことはチームにとっても個人にとっても非常に大きいと思います。後半のつなぎ区間は走っている時はそこまで速く感じなかったのですが、結果をみると区間賞や区間2位と良かったです。アンカーの窪田は終盤に脚にきてハラハラしましたが、結局58分台で日本人トップでしたね。

現時点の箱根オーダー
油布4ー中村3ー村山3ー中谷1ー馬場2
岸本4ー西山1ー黒川3ー窪田4ー西沢3
さて、1番の懸念は4年連続出走者が抜けた6区と昨年度は村山にした5区の山の2区間でしょう。村山は素晴らしい「速さ」と人並みの「強さ」を身に着けたとはいえ、5区は「強さ」が相当必要な区間。村山は平地の方が生きると思い、高校時代に「強さ」を感じさせた馬場を入れてみました。6区はとりあえずスピード型で10000Mの自己ベストも良い岸本を入れておきましたが、わかりません。平地の区間は2区中村で良い位置につけて、3区村山で引き離そうかなと。1区は出雲・全日本で1年生を試していませんし、昨年と同じ油布にしてみました。10人目は西沢。其田など1回タイムを出しましたが、安定感ということで、そういえば、1年の頃に猪浦が候補に上がっていましたが、山の出走はあるのでしょうか?出雲・全日本と優勝しましたが、箱根は近年そんなに得意とはしていませんし、山は全くの未知数。勿論チャンスはあるでしょうが、最有力候補ではないと思います。

全日本大学駅伝結果(5)日本体育大学

1区勝亦祐太区間10位(6位と51秒差)
2区山中秀仁(10→6)区間1位(7位と37秒差)
3区鈴木悠介(6→4)区間5位(55秒差)
4区服部翔大(4→3)区間2位(1分53秒差)
5区加藤光(3→3)区間6位(2分20秒差)
6区甲斐翔太(3→3)区間5位(2分33秒差)
7区富田祥平(3→3)区間8位(2分18秒差)
8区矢野圭吾(3→8)区間18位(6位と1分17秒差)
総合順位8位(予想3位)区間は1区・5区・8区が的中
矢野の失速ですので、当てた人はいないのではないでしょうか。区間の方はつなぎ区間は難しかったので仕方ないかなと。
勝亦は今年勢いがありませんでしたし、こんな感じでしょう。ただ、1区から大きくレースが動いたので、優勝には相当苦しくなりました。山中はメンタル的にどうなのかなと思いましたが、全くの杞憂でした。区間賞でチームを上位争いにもっていきました。箱根も普通に2区や5区などエース区間を任せられそうです。鈴木悠は27分台で、順位を上げており、実力は出せたと思います。服部は昨年と同じく好走しました。今年は区間賞を逃しましたが、村山が尋常じゃなかっただけです。5区・6区・7区と後半のつなぎ区間は出雲のつなぎ区間と同じメンバーでしたが、安定していました。加藤・甲斐は区間5位前後、区間順位で負けた選手は強豪校の主要区間を走る可能性もあった選手が多く仕方ないと思います。富田は大隅・松村和といったところにも負けました。合格点は与えられないですが、許容範囲内だったかなと。ただ、最後矢野が失速してしまいました。序盤から明らかにおかしく、本人のミスとかいう問題ではありませんでしたね。想定よりも5分近く遅かったです。

現時点の箱根オーダー
勝亦2ー山中2ー甲斐4ー木村3ー服部4
鈴木4ー加藤3ー小泉2ー矢野4ー富田3
シードは逃しましたが、矢野の調子が良くなかっただけで問題ないと思います。ただ、箱根優勝には矢野・本田の復活が不可欠でしょう。服部・鈴木は山になるでしょうから、勝亦と山中だけではとても1・2・3・9区は回し切れません。その2人が復活すれば箱根優勝最有力に戻るかな。

全日本大学駅伝結果(4)山梨学院大学

1区佐藤孝哉区間11位(6位と51秒差)
2区井上大仁(11→5)区間1位(7位と37秒差)
3区上村純也(5→6)区間13位(5秒差)
4区兼子侑大(6→7)区間5位(6位と11秒差)
5区伊藤淑記(7→8)区間11位(46秒差)
6区森井勇磨(8→8)区間7位(58秒差)
7区阿部竜巳(8→7)区間5位(24秒差)
8区オムワンバ(7→5)区間2位(2分13秒差)
総合順位5位(予想5位)区間は1区・3区・5区が的中。
順位は兼子が思ったより良く、森井・オムワンバがあまり他の選手と差がつけられなかったので当たりました。区間は2区と8区は当てたかった。5区伊藤当てたのは満足しています。
佐藤は区間順位はあまり良くなかったですが、レベルの高い、しかもこれだけ序盤から動いたレースでこの走りは成果だと思います。箱根2区はオムワンバが入るでしょうし、箱根1区も問題なさそうです。2区井上はもらった位置が良かったですが、それでも山中とともに大きく順位アップして区間賞を取りましたね。でも、抜いた相手と一緒に区間賞ってシュールですね。上村は鈴木とはレベルが違い単独走になりましたが、それでも関東最下位と良くありませんでした。兼子はここまで走るとは思わず、今回最大の収穫です。序盤は有村についていって、後半は山本についていって区間5位。GOODサインしていましたが、本当に良い走りで箱根も主要区間を任せても問題なさそうです。伊藤は抜かれた後、北村と一緒にスローペースにはまってしまったでしょうか。森井はもう少し攻める区間だと思ったのですが・・。池田に使われるのを嫌ったでしょうか。4区終了時点でオムワンバにはシード圏内で渡せそうかなと思ったのですが、5・6区がもたついたためにそれはかないませんでしたね。阿部は状態がわからなかったので、予想オーダーから外していましたが、良かったです。箱根もリベンジしてほしいです。オムワンバはシード取ったのは良かったのですが、キトニーも見るとあと1分くらい速くくるかなと思ったのですが。目標も緊迫感もなかったので、少しダラダラと走ってしまったでしょうか。シードをとれただけでなく、佐藤・阿部がきちんと走り、兼子が好走と収穫も少なくなかったですね。

現時点での箱根オーダー
佐藤1ーオムワンバ2ー井上3ー阿部3ー前田拓2
田代2ー伊藤1ー磯野2ー兼子3ー森井4
山を誰にするか難しいですね。山登りは箱根予選会で安定していたら前田拓かなと思っていたのですが・・、来年度1年生を走らせて今年度は森井でしのぐとかもありかもしれません。6区はとりあえず田代を入れておきました。ただ、山には毎回候補にも入っていなかった選手を入れてくるので、予想が難しいです。繋ぎ区間どうなるかはあと2か月次第でしょう。

全日本大学駅伝結果(3)帝京大学

1区高橋裕太区間18位(6位と2分11秒差)
2区小山司(18→18)区間19位(4分35秒差)
3区柳原貴大(18→16)区間9位(4分16秒差)
4区難波幸貴(16→15)区間10位(5分06秒差)
5区君島亮太(15→15)区間15位(6分12秒差)
6区杉山連哉(15→14)区間12位(6分35秒差)
7区高橋勝哉(14→14)区間16位(7分26秒差)
8区竹本紘希(14→13)区間12位(7分53秒差)
総合順位13位(予想12位)区間は全外し
順位は出雲を踏まえて今回の展開を予想すべきでしたね。区間は1区小山、なかなか面白いと思ったんですけどね・・・。他は微妙に外しまくりました。ただ、アンカーに竹本を起用する発想はなかったです。
序盤厳しそうだけど粘ってほしいと思っていましたが、やはり苦しかったです。序盤2区間で他の関東勢からは完全に置いてかれてしまいました。1区高橋裕はスピード型ではありませんし、まあ仕方ないでしょうか。ここまでは昨年と流れは同じでしたね。ただ、蛯名がいないせいで2区から浮上できない。小山は区間19位とまたしても撃沈。監督は春先、箱根では山登りでなくスピードを生かせる平地区間を任せたいといっていましたが、出雲・全日本と序盤の区間で結果を残せてない以上、箱根も5区が既定路線となるでしょう。ここから、3区・4区でやっと浮上してきました。柳原・難波ともに◎ではありませんが、区間10位前後で走り、少しは上昇気流で渡せたと思います。ただ、とはいってもやはり下位で、後半の初駅伝の選手たちは実力を発揮できませんでした。収穫は6区杉山。区間12位でしたが、区間9位の沼田まで7秒と良かったと思います。ただ、君島・高橋勝は本当に3大駅伝を体験しただけとなってしまいました。

現時点の箱根オーダー
田中4ー蛯名4ー高橋裕2ー早川3ー小山4
千葉4ー難波4ー堤2ー熊崎3ー柳原3
蛯名・田中と状態を上げているみたいなのが朗報でしょう。結局、層は厚くなったものの、主力選手の成長があまり見られないので、往路は昨年のままにするしかないと思います。楽しみなのは復路のつなぎ区間。堤・柳原・猪狩・杉山などからその時1番調子の良い選手を起用できそうです。一歩後退した感じは否めないので、現時点ではシード入ってくるぐらいだと思います。

全日本大学駅伝結果(2)中央学院大学

1区岡本雄大区間9位(6位と48秒差)
2区潰滝大記(9→12)区間12位(2分4秒差)
3区塩谷桂大(12→11)区間4位(1分11秒差)
4区及川佑太(11→9)区間9位(1分56秒差)
5区村上優輝(9→11)区間16位(3分16秒差)
6区沼田大貴(11→10)区間9位(3分32秒差)
7区松下弘大(10→11)区間11位(3分49秒差)
8区田中瑞穂(11→11)区間7位(3分22秒差)
総合順位11位(予想8位)区間は1区・2区・8区が的中
1区・2区とスタートダッシュをきるはずがそこで出遅れてしまいました。岡本は松村優あたりでは来てくれると思ったのですが、結局区間9位。佐藤・勝亦といった耐える役割の選手と対して変わりませんでした。そして、潰滝は井上のグループにも、西池のグループにもついていけず、結局区間12位。個人的に、あと1分半は速くこれたと思うのですが。結局、1区・2区で2分~3分想定から遅れたかなという感じがします。ただ、その後2区間がどちらも単独走の中、良かったですね。特に塩谷は鈴木・横手といった強豪校よりも速く区間4位。今回1番の収穫だと思います。及川の方も区間9位で他大の主力選手とあまり変わりませんでした。ただ、長い距離になるほど差がうまれてくるでしょうから、箱根でどこを走るかはハーフでの結果を見てといったところでしょう。ここから先は順大と抜きつ抜かれつをやっていましたね。村上は大舞台では力を戻せているかなと思ったのですが、9月末の記録会のように低調な結果でした。ここは地方勢の健闘が目立ったのですが、良くない選手も多かった関東勢の中でも1番遅かったです。沼田はそこそこかなと思います。松下は区間10位からはかなり離されましたが、思ったよりも良かったというのが正直な印象。高橋勝や渡部くらいの走りをイメージしていたので。田中は長くなってきちんと成績を上げてきました。今年も調子よく、昨年のリベンジがしたいですね。

現時点の箱根オーダー
及川3ー潰滝2ー岡本4ー芦田1ー田中4
村上1ー木部3ー沼田4ー塩谷2ー松下3
どの区間にするかは難しいですが、1区~3区に及川・潰滝・岡本の3人を入れて、9区塩谷が良いかなと個人的には思います。他は、沼田・田中・芦田・は走りそう。その他は、山田・村上の調子によるかなという感じです。

全日本大学駅伝結果(1)大東文化大学

1区市田孝区間5位(7位と20秒差)
2区市田宏(5→3)区間7位(59秒差)
3区大西亮(3→5)区間8位(47秒差)
4区片川準二(5→5)区間8位(18秒差)
5区北村一摩(5→7)区間13位(6位と43秒差)
6区池田紀保(7→7)区間8位(56秒差)
7区大隅裕介(7→8)区間7位(36秒差)
8区植木章文(8→7)区間8位(11秒差)
総合順位7位(予想9位)区間は全外し。
アンカーの植木が予想以上だったので、順位がずれました。区間は1区孝2区宏は完全に予想外でした。主要区間の4区と8区・スピード区間の3区と5区で逆と反対にしてはずしていることが多かったです。
1区と2区は想定通りだったと思います。1区は岡本などが思ったより上手くいきませんでしたが、きっちりと走れました。市田宏は区間7位でしたが、38分台でした、八木沢についていって後半に抜け出して3位に浮上しましたね。大西は順位こそ落としたものの、区間8位と箱根予選会から直してきました。最後離されましたが、中盤に追いつかれたあとしっかりとついていきました。片川は単独走ですし、より長い距離の方が得意でしょうから、こんな感じでしょう。北村は最後力を振り絞った姿が印象的でしたが、走り自体は良くなかったです。松井などにつかなかったのは仕方ないですが、伊藤と一緒にスローペースにはまってしまいました。池田は森井と走って区間8位とそこそこでした。7区・8区が今回最大の収穫です。大隅は格上の阿部と走ったとはいえ、区間7位。箱根に向けてようやく10人そろいました。また、植木も順位を落とすと思っていましたが、実際は60分少しでまとめ、シードに近づきました。これは箱根9区任せられそうかな。

現時点の箱根オーダー
片川4ー市田孝3ー市田宏3ー池田3ー大崎4
平塚3ー北村1ー大隅2ー植木3ー大西4
大崎が復調すればシードはかなり有力になると思います。往路は基本的に昨年と同じ感じで良いと思います。1~3区の順番、4区は再考する余地はあるでしょうが。あと、山下り誰を走らせるかでしょうか。

全日本大学駅伝順位予想

1位東洋大学
2位駒澤大学
3位日本体育大学
4位早稲田大学
5位山梨学院大学
6位明治大学
7位日本大学
8位中央学院大学
9位大東文化大学
10位法政大学
11位青山学院大学
12位帝京大学
13位順天堂大学

2区に差ができ、3区終了時点で東洋大学がトップと予想。とりあえず、3区終了時点でトップの方が優勝する可能性が90%ぐらいかなと個人的には思います。日本体育大学も不安な点はない。早稲田・明治はアンカーが、山梨学院は4区5区が不安。ここまで数年間シードを守ってきた日本大学は、山学には勝てそうなイメージがしない。中央学院大学は後半のつなぎ区間、大東文化、法政、青学はアンカーで順位を落としそうかなと。

全日本大学駅伝オーダー

全日本大学駅伝オーダー
書けました。

駒澤大学
中村ー西山ー油布ー村山ー中谷ー馬場ー黒川ー窪田
補欠・・西沢・其田・大塚
西山がどれだけ耐えられるかがカギになりそう

東洋大学
設楽悠ー服部勇ー延藤ー田口ー大津ー日下ー淀川ー設楽啓
補欠・・服部弾・斎藤・今井
設楽悠・服部勇など序盤区間の経験が少ない選手がどれだけ走るか。

早稲田大学
柳ー大迫ー平ー山本ー武田ー高田ー井戸ー田中
補欠・・中村・三浦・佐藤
前半区間は1番楽しみ、終盤区間どれだけ耐えられるか。

日本体育大学
勝亦ー山中ー鈴木ー服部ー加藤ー甲斐ー富田ー矢野
補欠・・木村・小泉・山本
1区2区の2年生2人でどのくらいの位置でこれるか、不安と期待が混ざる

明治大学
文元ー八木沢ー横手ー有村ー松井ー廣瀬ー木村ー大六野
補欠・・北・山田・前野
思ったより良いオーダーが組めたか。故障明けの有村・出雲沈んだ廣瀬・大六野が頑張れば上位も。

日本大学
林ー荻野ー石川ー竹ノ内ー日向野ー森谷ー渡部ーキトニー
補欠・・田村・高松・大門
1区林がどれだけ耐えられるか2区以降は意外と面白い?

山梨学院大学
佐藤ー井上ー上村ー兼子ー伊藤ー森井ー阿部ーオムワンバ
補欠・・田代・前田直・前田拓
阿部の状態は果たして。田代は全日本で試しておかなくて大丈夫?

法政大学
田井ー西池ー黒山ー田子ー足羽ー関口ー中村ー松田
補欠・・藤井孝・藤井翔・坂田
4区田子がどれくらい走れるか。

青山学院大学
一色ー神野ー石田ー小椋ー茂木ー橋本ー山村ー高橋
補欠・・三木・渡辺・内田
1区2区は非常に楽しみ。3区石田は短すぎるのでは?

中央学院大学
岡本ー潰滝ー塩谷ー及川ー村上ー沼田ー松下ー田中
補欠・・高品・木部・大谷
塩谷を3区に起用。5区村上はどれだけ走るか。

帝京大学
高橋裕ー小山ー柳原ー難波ー君島ー杉山ー高橋勝ー竹本
補欠・・佐藤・早川・堤
1区高橋裕が走れば大きい。後半の区間楽しみだが、良い状態で走らせるためにも前半撃沈は絶対NG。

大東文化大学
市田孝ー市田宏ー大西ー片川ー北村ー池田ー大隅ー植木
補欠・・平塚・下尾・本間
1区2区市田兄弟、4区片川と前半にだいぶ勝負してきた。7区大隅がどれくらい走れるか地味に注目。

順天堂大学
松村優ー松枝ー森ー狩野ー稲田ー聞谷ー松村和ー田中
補欠・・西郷・小沢
1区2区を万全にして残りで新戦力を試そうという作戦。それぞれの個人成績に注目。


箱根予選会結果&全日本大学駅伝予想(3)大東文化大学

5km(順位9位)
市田孝1454
市田宏1454
片川1509
植木1509
池田1509
平塚1509
大西1509
北村1509
森橋1510
吉川1511
大隅1512
徳原1513
市田孝・宏は稼ぎにいくとは思っていましたが、片川は集団走に回りましたか。集団走は比較的ゆっくりとしたペース。ただ、ここで吉川・大隅・徳原はもう離れています。

10km順位12位・通算順位12位)
市田孝1504(2958)
市田宏1504(2958)
平塚1520(39029)
片川1523(3032)
植木1523(3032)
森橋1523(3033)
池田1524(3033)
大西1524(3033)
北村1524(3033)
大隅1534(3046)
徳原1538(3051)
吉川1616(3127)
ここまでがゆっくり。吉川はここからすでに16分台。状態が良くなかったでしょうか、結局最後までこれくらいのペースでした。市田孝・宏は集団の前の方で積極的なレースをしていましたね。

15km順位6位・通算順位10位)
市田宏1455(4453)
市田孝1457(4455)
片川1505(4537)
植木1506(4538)
池田1507(4540)
平塚1508(4537)
大西1519(4552)
北村1525(4558)
大隅1534(4620)
徳原1542(4633)
森橋1545(4618)
吉川1629(4756)
ここらへんからフリー走に移行したかな。上位6人は順調だった一方で、大西・北村はラスト5kmの前兆のようにペースが上がりませんでした。森橋は少し集団につきすぎたでしょうか。

20km順位4位・通算順位6位)
8位市田孝1442(5937)
9位市田宏1446(5939)
25位片川1444(6021)
39位植木1455(6033)
51位池田1502(6042)
53位平塚1506(6043)
137位大隅1538(6158)
155位森橋1553(6211)
166位徳原1547(6220)
123位大西1601(6153)
265位吉川1613(6409)
160位北村1616(6214)
市田孝・宏は途中積極的なレースしていたのに、1ケタということで成長しているなと思います。そして、片川・植木が14分台。25位なのに、ラスト5km14分44秒とはなかなか見たことがないタイムです。大西・北村は最後大きく落として16分台。あまり実績のない4人はきちんと自分のペースで走れたと思います。

全日本大学駅伝エントリー
4年
片川準二
箱根14年(25位)・13年2区14位(28位)・12年(73位)・11年(74位)
全日本13年(3組15位)・12年(3組7位)・11年(1組14位)・10年(OP21位)
関カレ13年10000M19位ハーフ3位・12年ハーフ13位10年5000M28位
スタミナ型の選手。箱根予選会では終盤大きくペースアップして25位。28分台の自己ベストは持っている。

大西亮
箱根14年(123位)・13年7区8位(72位)
全日本13年(1組12位)・12年(1組21位)・11年(2組30位)・10年(2組28位)
関カレ12年5000M22位11年ハーフ36位
スピード型の選手。9月末の記録会は悪くなかったが、箱根予選会は珍しく良くなかった。

吉川修平
箱根14年(265位)・13年8区10位
全日本12年(3組29位)
主将。比較的故障が多い選手。箱根予選会では5km過ぎからすでにペースダウンしていた。

3年
市田孝
箱根14年(8位)・13年3区11位(23位)・12年(121位)
全日本13年(4組4位)・12年(4組10位)・11年(4組23位)
関カレ13年5000M6位10000M3位・11年5000M13位10000M21位
ダブルエースの1人。今年は関カレダブル入賞、全日本予選会4組4位など好調。

市田宏
箱根14年(9位)・13年1区5位(56位)・12年(111位)
全日本13年(4組14位)・12年(4組3位)・11年(4組28位)
関カレ13年ハーフ1位3000SC3位・12年10000M21位ハーフ41位・11年3000SC10位5000M26位
ダブルエースの1人。双子の弟。関カレハーフ優勝など、こちらも今年好調である。

池田紀保
箱根14年(51位)・13年4区11位(55位)・12年(187位)
全日本13年(OP2位)・12年(OP16位)・11年(2組34位)
関カレ13年5000M22位・12年3000SC8位・11年3000SC予選
前半戦は微妙な調子が多かったが、箱根予選会51位など秋になって調子を戻してきた。

植木章文
箱根14年(39位)・13年10区12位(66位)
全日本13年(2組4位)
今年は成長しており、全日本予選会で好走すると箱根予選会はチーム4番手。

平塚祐三
箱根14年(53位)・13年補欠(146位)
全日本13年(2組18位)
関カレ13年3000SC5位・12年3000SC予選11年3000SC予選
今年になって力を更につけ、5000Mと10000Mの自己ベスト更新、関カレ3000SC入賞などしている。

本間有純
関カレ13年1500M7位
今年の関カレ1500Mで入賞したスピードランナー。9月末の初10000Mは33分33秒かかっている。

徳原宗一郎
箱根14年(166位)
9月末の記録会で30分27秒の自己ベスト。箱根予選会ではチーム11番手だった。

2年
大隅裕介
箱根14年(137位)・13年補欠
全日本13年(OP6位)
昨年の箱根からエントリーに絡んできている選手。現状としては、チーム10番手前後か。成績自体は安定している

1年
北村一摩
箱根14年(160位)
全日本13年(1組18位)
即戦力ルーキー。9月末の記録会で29分53秒の自己ベストと好調だったが、箱根予選会ではラスト5kmで失速した

下尾一真
兵庫県出身の選手。9月末の記録会で14分41秒の自己ベスト。10000Mのレースにはまだ出たことがない。

主なエントリー漏れ
大崎翔也(4年)・・今年の箱根5区を担当した選手。箱根予選会にはエントリーされたが、欠場した。

予想オーダー
市田宏3ー片川4ー北村1ー植木3ー大西4ー平塚3ー池田3ー市田孝3
市田宏と孝を1区2区に並べようと思っていたのですが、直前に変更しました。1区は市田宏。箱根1区走っていますし、箱根予選会も2番手ということで、ちょうど良いと思います。片川はアンカーの方が走りやすいと思ったのですが、箱根2区で踏ん張っていることから、全日本2区も走れると予想。市田孝をアンカーに回した方がシード獲得しやすいと思い、そうしました。3区は北村。10000Mまでは適応していますし、将来のエースになって欲しいですから1番短いここで起用かなと。4区は箱根予選会でチーム4番手の植木、スタミナ型ですし。ただ、池田・平塚などが起用されてもおかしくないですが。とりあえず誰が来ても頑張って耐えて自分の走りをしてほしいと思います。5区は大西。ここで流れを失って、6区7区と上手く走れないのは怖いですが、スピード型ですのでここが1番走れるかなと。10000Mまではふつうに走れる選手ですし。6区と7区は植木と池田。この区間にしてはなかなか力のある選手が置けたので、前との差を詰めてほしいと思います。大崎が抜けていますが、オーダーを組んでみると案外良いオーダーを組めたというのが正直な印象。大西・北村が9月末の記録会のように走れればシードのチャンスも十分ありえると思います。

今から少し忙しいので、順位予想だけになると思います。

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(10)帝京大学

1区熊崎健人区間16位(京産大と+55秒)
2区難波幸貴(16→15)区間14位(+58秒)
3区小山司(15→14)区13間位(+1分21秒)
4区柳原貴大(14→12)区間10位(+1分10秒)
5区高橋裕太(12→12)区間9位(+1分10秒)
6区早川昇平(12→12)区間10位(+45秒)
総合12位(予想11位)区間は2区のみ的中
補欠・・杉山・竹本(千葉・瀬戸口)
惨敗でしたね。区間は小山がアンカー以外とは思いませんでした。区間は微妙に外しまくり、2区しか当たりませんでした。前半区間でここまで撃沈するとは思いませんでした。1区熊崎の失速は予想通りとも言えたのですが、2区3区と巻き返せなかったのが予想外でした。結局、難波・小山といったチーム内で力のある選手を使ったにも関わらず、順位は14位。関東以外のチームにすら1分半近くの差をつけられました。その後も、関東勢下位の区間順位で、結局総合12位に沈みました。ちょっと収穫といえるものはなかったですか。

全日本大学駅伝エントリー
4年
蛯名聡勝
箱根13年2区8位(4位)・12年補欠(8位)11年8区9位
全日本12年2区6位(4組6位)・11年2区9位(4組7位)・10年(OP5位)
関カレ12年10000M5位・11年5000M25位・10年5000M22位
安定した結果を残す選手。今年は状態が良くないが、それでも出走したレースでは安定している。

小山司
箱根14年(3区13位)・13年5区5位(36位)・12年5区12位(79位)
全日本13年(4組15位)・12年8区10位(4組17位)・11年5区8位(2組4位)
関カレ13年10000M15位・12年10000M12位・11年ハーフ21位
28分台の記録を持つ選手。今までは、箱根5区などスタミナ型の区間だったが、配置転換も?

難波幸貴
箱根14年(2区14位)・13年7区6位(131位)・12年4区15位(19位)11年3区18位(60位)
全日本13年(2組3位)・12年補欠(3組10位)・11年1区20位(3組18位)・10年3区9位(OP31位)
関カレ13年5000M20位・12年1500M予選5000M18位・11年5000M17位
主将。スピード型だが、少し成績に波がある印象。間近の記録会では29分19秒で組トップ。

3年
早川昇平
箱根14年(6区10位)・13年4区2位(16位)・12年補欠(125位)
全日本13年(4組21位)・12年4区11位(1組3位)・11年3区10位(1組5位)
関カレ13年5000M23位・12年5000M8位
出雲記録会では14分25秒、出雲アンカーで区間10位、間近の記録会では29分51秒など微妙な調子か。

熊崎健人
箱根14年(1区16位)・13年10区3位(15位)
全日本13年(1組14位)・12年3区6位(2組24位)
関カレ13年1500M3位5000M12位・12年1500M9位5000M20位
10月初めの記録会で自己ベスト出したが、出雲撃沈するなど今年度大舞台で良くない。間近の記録会では29分58秒

柳原貴大
箱根14年(4区10位)・13年補欠(117位)
全日本13年(3組19位)・12年(3組23位)
関カレ13年10000M16位・12年ハーフ44位
1年時から秘密兵器と評された選手。昨年までは調子に波があったが、今年になってから安定している。

高橋勝哉
箱根12年補欠(115位)
全日本12年補欠・11年補欠
1年時に箱根予選会に出走した。その後なかなかうまくいかなかったが、間近の記録会で29分20秒の自己ベスト。

杉山連哉
箱根14年(補欠)・13年補欠
全日本13年(2組9位)
関カレ13年ハーフ33位
昨年から伸びてきている選手。間近の記録会で29分22秒の自己ベスト。ハーフでもそこそこ結果を残している。

佐藤真路
今までの実績が全然ない選手。間近の記録会で初10000Mを走り、30分09秒だった。

2年
高橋裕太
箱根14年(5区9位)・13年3区8位(49位)
全日本12年5区10位
前半戦姿を見せなかったが、秋になって調子を戻してきており、間近の記録会も29分20秒の自己ベスト。

堤悠生
全日本13年(3組29位)
関カレ13年ハーフ5位
スタミナ型の選手で関カレハーフで入賞した。前半戦から好調で、間近の記録会も29分45秒の自己ベスト。

竹本紘希
箱根14年(補欠)・13年補欠
全日本13年(OP12位)・12年補欠
昨年の上尾ハーフで63分台を出した選手。10月初めの記録会で14分34秒、間近の記録会で29分25秒の自己ベスト

君島亮太
関カレ13年1500M9位・12年1500M予選
9月末の記録会で14分30秒、間近の記録会で29分37秒の自己ベストと夏あたりから急激に伸びてきた。

主なエントリー漏れ
田中健人(4年)・・28分台で、箱根1区粘った選手。間近の記録会で29分53秒と徐々に戻してきている。

予想オーダー
小山4ー蛯名4ー難波4ー高橋裕2ー杉山3ー高橋勝3ー竹本2ー柳原3
間近の日体大記録会を選考レースと思い、上位7人+蛯名で予想しました。早川・熊崎といった3年生が間近の記録会で結果を残せず、1区難波かなと思っていた時にふと思いつきました。かなり大胆なオーダーとは思いますが、毎回出遅れていますし昨年は山川を使ってきたので意外とありえるオーダーではないでしょうか。2区は蛯名。状態は良くなくても走るでしょうが、無理して走らせるだろうかと考えたのですが、全日本予選会で欠場させたけどなかなか状態は改善しないこと、出雲で蛯名を抜いて前半撃沈したこと、を考えるとここで無理させないメリットはあまりないと考え2区に入れました。3区は難波。とことん前半区間に主力をつぎこもうかなと。4区は高橋裕。昨年の全日本、今年の出雲とチームが崩れたときでも最低限の結果は残してきますし、今年の箱根で主要区間で戦えるところを見せました。調子も良いみたいですし、期待しています。5区・6区には3年生の杉山・高橋勝を起用。間近でトラックの自己ベストをだしたので、走りやすい5区とかに入ってくると思います。7区は竹本。ハーフ63分台ということでまだスタミナ型の7区にしました。アンカーは柳原。主要区間でどれくらい走れるでしょうか。監督も言っていましたが、そろそろ全日本でも結果を残したいところでしょう。

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(9)中央学院大学

1区潰滝大記区間5位(1位と+26秒)
2区及川佑太(5→3)区間3位(+27秒)
3区塩谷桂大(3→3)区間10位(+1分31秒)
4区岡本雄大(3→3)区間賞(+1分14秒)
5区木部誠人(3→4)区間11位(+2分1秒)
6区田中瑞穂(4→6)区間8位(+3分13秒)
総合6位(予想7位)区間は1区2区が的中
補欠・・沼田・村上・(久保田・藤花)
順位は明大が思ったより来なかったので。区間は6区田中は意外と思いつきませんでした。
ほぼ想定通りで、あまり書くことがないのですが・・。潰滝・及川と序盤は予定通りでしたね。潰滝が先頭集団できちんと運ぶと、及川が集団で力をためて終盤にペースを上げました。塩谷は評価が難しいですね。区間4位と14秒しか離れていませんし、区間10位という成績ほど悪くはないと思います。ただ、区間9位と8秒離れていますし、撃沈はしなかったけど、あまり良くなかったぐらいでしょうか。岡本は前半延藤の後ろにいるのを見たときに良いところにつけたと思いましたが、区間新を出せたのはやはり力のある証拠だと思います。木部は順位を落とすだろうとは思っていましたが・・・。早大の中村ぐらいというイメージがあったのですが、そこからさらに20秒以上遅かったです。田中は2人に抜かれましたが、文元・西郷とあまりタイム変わりませんし、安定して走れたと思います。

全日本大学駅伝エントリー
4年
田中瑞穂
箱根14年(6区8位)・13年5区14位(21位)・12年5区10位(141位)11年5区10位(26位)
全日本13年(1組7位)・12年(4組32位)
1年から山登りを走っている選手。9月末の記録会で29分14秒の自己ベスト、出雲もアンカーで堅実に走った。

岡本雄大
箱根14年(4区1位)・13年6区6位(24位)・12年6区8位
全日本13年(4組8位)・11年(2組35位)
関カレ13年5000M2位10000M13位・12年5000M14位
昨年・今年とぐんぐん伸びてきている選手。夏に軽い故障をしたが、出雲駅伝で区間新など好調。

沼田大貴
箱根14年(補欠)・13年4区4位(70位)・12年7区10位
全日本12年(2組21位)
関カレ12年ハーフ22位
2年時箱根駅伝に代わりに出てきて好走した選手。前半戦は故障があったが、9月末の記録会30分前後。

谷口真一
箱根12年補欠(113位)
2年時の箱根予選会で貢献した選手。故障してからは、なかなか状態が上がっておらず、9月末の記録会30分53秒。

3年
及川佑太
箱根14年(2区3位)・13年8区8位(54位)・12年補欠(114位)
全日本13年(3組17位)
関カレ13年5000M9位
今年グングン成長しており、9月末の記録会では13分50秒と中学記録を更新した。

木部誠人
箱根14年(5区11位)・13年7区12位(122位)・12年補欠(123位)
全日本13年(1組16位)・12年(1組16位)
昨年の箱根予選会から結構大舞台に出ている選手。9月末の記録会は30分25秒、出雲駅伝では撃沈した。

松下弘大
箱根13年補欠
今年は全日本予選会はエントリーされながら欠場。全体的に不調で、9月末の記録会でも31分43秒かかっている。

2年
塩谷桂大
箱根14年(3区10位)・13年3区18位(69位)
全日本13年(3組31位)・12年(3組17位)
関カレ13年10000M18位ハーフ2位・12年5000M30位
エース候補と期待されている。調子の波が激しい印象。9月末の記録会では14分00秒の自己ベスト。

潰滝大記
箱根14年(1区5位)・13年1区8位(153位)
全日本13年(4組11位)・12年(1組6位)
関カレ13年5000M5位10000M7位・12年3000SC1位
昨秋からぐんぐん成長しており、出雲駅伝でも1区で好走した。3000SCでも日本選手権で入賞している。

高品純也
14分20秒の自己ベストで入学してきた都道府県1区の経験もある選手。9月末の記録会は31分13秒かかっている。

小川貴弘
14分47秒の自己ベストで入学してきた市立船橋出身の選手。9月末の記録会は30分54秒。

1年
村上優輝
箱根14年(補欠)
全日本13年(2組19位)
3000SCを得意とする今年のドラ1.前半戦は好調だったが、9月末の記録会で31分31秒と調子を落としている。

大谷未来
9月末の記録会で14分48秒の自己ベスト。埼玉県出身で、高校時代の実績はほぼない。

主なエントリー漏れ
山田侑紀(3年)・・スタミナ型の選手。前半戦は普通だったが、秋になってからまだレースに姿を見せていない。
芝山智紀(3年)・・活躍していたが、故障して以降スタミナが回復しておらず5000Mでも結果が残せていない。

予想オーダー
岡本4ー潰滝2ー及川3ー塩谷2ー沼田4ー村上1ー木部3ー田中4
1区と2区はスピードのあるこの2人が担当すると思います。その中で、潰滝はスターターとしてもう結果を出していること、これから先エース区間を走るだろうことから、1区岡本2区潰滝としました。3区は及川。出雲2区のように走って欲しいです。短い距離で少しもったいない気もしますが、箱根1区~3区このメンバーで走るということも考えてということ。4区は塩谷。2区は順位変動激しいですし、8区は単独走になると思い、4区にしました。最近、何とか耐えたという走りが多いので、ここらでしっかりとした成績がほしいです。5区は沼田。スタミナ型の選手という印象ですが、箱根では2年連続走りやすい区間。全日本もわりと走りやすい区間にしてみました。6区と7区は難しいですが、実績のある村上と木部にしました。2人とも9月末の記録会や出雲良くなかったのですが、他の選手で試してみたいという選手もいないので。村上はとりあえず自信を失わない走りをしてほしい、木部はとりあえず出雲より上げてくれればと思います。アンカーは田中。出雲と同じように堅実に走ってくれると思います。


出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(8)順天堂大学

1区松枝博輝区間11位(1位と+1分5秒)
2区岩崎祐樹(11→11)区間9位(+1分40秒)
3区松村優樹(11→9)区間4位(+2分30秒)
4区森湧暉(9→9)区間6位(+2分52秒)
5区小澤一真(9→9)区間5位(+3分11秒)
6区西郷貴之(9→9)区間7位(+4分18秒)
総合9位(予想10位)区間は1区3区4区6区が的中
補欠・・狩野・稲田(松村和・稲田)
順位はIVYリーグがわからなかったので。ただ、思ったより堅実に走れたと思います。区間は出走選手当てられましたし、区間も4区間当てたので満足です。
松枝は後半まで先頭集団についていたのですが、終盤一気に遅れましたね。柳と同じくらいの失速では?ただ、一昨年の村山に少し似ており、こういった高いレベルのレースに慣れていないだけで、力が不足していたわけではないと個人的に思っています。岩崎は評価しづらい走りですね。力のある選手と地方勢の中間で走りました。ただ、今まで撃沈することが多かったですから、そこを普通に走れたことは結構大きいと思います。松村優は安定して良い結果を残してきますね。5位以下とはわずかの差でしたが、それでも村山・山中・設楽悠に次ぐ区間4位で走りました。森は単独走の中で、松田・竹内よりも速い区間6位と良かったです。小澤は悪くはないのですが、微妙な結果でした。甲斐よりも速く、横手ぐらいで来てほしかったです。西郷は区間7位。昨年の走りからどうしても期待してしまいましたが、単独走ですしこんな感じでしょう。

全日本大学駅伝エントリー
4年
小澤一真
箱根14年(5区5位)・13年2区13位・12年10区3位(82位)11年(163位)
全日本13年(3組14位)・12年(2組9位)・11年(3組33位)・10年(3組24位)
関カレ13年5000M21位10000M19位・12年3000SC 11位・10年10000M28位
昨年の箱根2区を走った選手。間近の記録会29分41秒など昨年ほどの調子ではない印象。

岩崎祐樹
箱根14年(2区9位)・13年補欠・11年(164位)
全日本13年(OPDNF)・12年(OP14位)・11年(2組39位)・10年(2組27位)
関カレ13年ハーフ26位・12年10000M29位・11年10000M28位
下級生の頃、大舞台に弱かった選手。間近の記録会で29分30秒の自己ベストをだすなど記録はチーム上位。

狩野良太
箱根14年(補欠)・13年補欠(補欠)・12年補欠・11年(180位)
全日本11年(OP7位)・10年(1組35位)
主将。前半戦は不調だったが、出雲記録会は14分37秒と自己ベスト付近。ただ、間近の記録会は30分18秒。

3年
松村優樹
箱根14年(3区4位)・13年9区7位(3区6位)・12年9区5位(46位)
全日本13年(4組9位)・12年(4組23位)・11年(2組8位)
関カレ13年10000M15位・12年ハーフ12位
主力の1人。1年時にブレイク。昨年はあまり結果を残していなかったが、今年は安定して良い結果を出している。

西郷貴之
箱根14年(6区7位)・13年5区5位(6区4位)・12年5区15位
全日本13年(3組12位)・11年(OP8位)
関カレ13年10000M17位・11年5000M24位
2年連続山登りを担当している。ロードが得意なスタミナ型の選手。間近の記録会は29分23秒の自己ベスト。

松村和樹
箱根14年(補欠)・13年補欠(補欠)・12年補欠(129位)
全日本13年(2組23位)
関カレ13年ハーフ20位・12年ハーフ23位
間近の記録会で29分32秒の自己ベスト。トラックのタイムは良いが、調子の波が激しい印象。

三宅隆友
関カレ13年3000SC12位
3000SCを得意とする選手。最近の記録会で14分39秒の自己ベスト。ただ、間近の記録会は31分台で撃沈。

2年
松枝博輝
箱根14年(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本13年(4組27位)
関カレ13年1500M2位5000M31位
順大屈指のスピードランナー。出雲では終盤大きく失速したが、間近の記録会で13分49秒の自己ベスト。

稲田翔威
箱根14年(補欠)・13年補欠
全日本13年(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ13年ハーフ27位
ロード型の選手。前半戦は全日本予選会で活躍した。間近の記録会では29分43秒の自己ベスト。

田中孝貴
全日本13年(1組26位)
全日本予選会に出走した選手。札幌ハーフで65分台、間近の記録会で29分30秒と好調である。

1年
森湧暉
箱根14年(4区6位)
即戦力ルーキー。出雲では区間6位と好走した。ただ、間近の記録会では30分10秒である。

西沢卓弥
箱根14年(補欠)
10月半ばの記録会で14分41秒と自己ベストに近いタイムを出したが、間近の記録会では初10000Mで31分台。

聞谷賢人
4月に10000Mで30分前後で走った選手。札幌ハーフで66分台、間近の記録会で29分51秒と力をつけてきた。

主なエントリー漏れ
的野遼大(3年)・・1500Mも得意とするスピードランナー。ポテンシャルは高いが、故障が非常に多い。

予想オーダー
松枝2ー松村優3ー岩崎4ー小沢4ー田中2ー稲田2ー松村和3ー西郷3
森も本当は使いたかったのですが、間近の順天堂記録会が選考レースと推測して上位7人+松枝にしました。1区は松枝。出雲は上手くいきませんでしたが、全日本は出雲ほどはレベル高くないですし、もう1度試しておきたいと思いました。2区は松村優。本当は4区に回したかったのですが、小沢の調子があまり良くなく、箱根2区を松村優に任せる可能性もあると思います。だから、全日本で一度2区試しておこうかなと。3区は岩崎。出雲2区と同じような区間でもう1度ということ。あと、あまり長い距離得意な印象がないので。4区は小沢。ここなら区間1ケタでは来てほしいですが、どうでしょうか。5・6区は期待の2年の田中と稲田。田中は夏を経て大きく成長したみたいですし、1度試してみたい。稲田も調子は良いみたいですし、大舞台ではそこそこの結果は残すことが多いので期待しています。7区は松村和。トラックの自己ベスト良いですし、1度箱根までに試してみたいかなと。アンカーは西郷。そこそこ走ってくれるでしょう。繋ぎ区間の4人+森・聞谷といった1年も好調で、だいぶ箱根も楽しみになってきたかなという気がします。

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(7)法政大学

1区西池和人区間3位(1位と+21秒)
2区田子祐輝(3→4)区間6位(+37秒)
3区田井慎一郎(4→4)区間9位(+1分33秒)
4区松田憲彦(4→6)区間7位(2位と+2分1秒)
5区足羽純実(6→5)区間5位(2位と+2分20秒)
6区藤井孝之(5→8)区間13位(2位と+4分9秒)
総合8位(予想9位)区間は1区と3区が的中
補欠・・岩崎・木村(森永・中村)
順位はIVYリーグがどれくらい走れるかわかりませんでしたから。区間はここまで前半重視でくるとは思いませんでした。
西池は安定していました。中村には話されましたが、服部らと同じぐらいで走り切りました。2区田子は終盤及川について行ってほしかったと思います。ただ、区間順位自体は悪くなかったです。田井は区間順位は9位ですが、4位とは6秒差ということで崩れずに走れたと思います。松田は前半延藤について行かなかったのはスピード型ではありませんし、仕方ありません。短い距離得意なわけではありませんし、こんなところでしょう。足羽は小澤と並ぶ区間5位と良かったです。アンカーの藤井は関東勢以外の選手にも負け撃沈してしまいました。せめてあと30秒は速く走って欲しかったです。全体的にそこそこといった感じで各選手走れたと思います。


全日本大学駅伝エントリー
4年
田子祐輝
箱根14年(2区6位)・12年6区10位(16位)・11年(156位)
全日本13年(1組6位)・12年(3組32位)11年(2組31位)
関カレ13年3000SC3位11年3000SC12位
2年時の箱根予選会チームトップ。出雲駅伝はそこそこ走ったが、直後の記録会では31分11秒。

田井慎一郎
箱根14年(3区9位)・13年3区13位(42位)・12年(107位)
全日本13年(3組3位)・12年(3組12位)11年(OP4位)・10年(2組38位)
関カレ13年10000M22位・12年5000M30位10000M19位・11年ハーフDSQ・10年3000SC予選
昨年から主要区間を走っている選手。9月末に13分56秒の自己ベスト。出雲はそこそこ走った。

松田憲彦
箱根14年(4区7位)・13年9区14位(104位)
全日本12年(2組4位)
関カレ12年ハーフ33位
スタミナ型の選手。出雲はそこそこ走り、間近の記録会では29分35秒の自己ベスト。

3年
西池和人
箱根14年(1区3位)・13年1区3位(18位)・12年(173位)
全日本13年(4組2位)・11年(1組26位)
関カレ13年5000M9位10000M7位
法大のエース。9月末の記録会13分37秒の自己ベスト。出雲も1区で好走した。

関口頌吾
箱根13年5区2位(41位)・12年(104位)
全日本13年(4組7位)・12年(4組24位)11年(1組20位)
関カレ13年10000M11位ハーフ2位・12年ハーフ18位
今年の箱根以降、一気に伸びてきた選手。前半戦も好調だったが、出雲駅伝のエントリーには入っていなかった。

黒山和嵩
箱根13年4区3位(134位)・12年(250位)
全日本13年(1組8位)・12年(2組6位)
関カレ13年ハーフ14位・11年5000M31位
今年の箱根4区で好走した選手。9月末の記録会で14分15秒、間近の記録会で29分21秒の自己ベスト。

森永貴幸
箱根14年(補欠)・13年補欠(94位)
全日本13年(2組7位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC予選・11年3000SC予選
今年になってまた伸びた選手。9月末の記録会で14分24秒の自己ベスト。間近の記録会には出ていない。

2年
藤井孝之
箱根14年(6区13位)・13年8区12位(116位)
高校時代ロードで安定していた。出雲はアンカーに抜擢されたが、撃沈。間近の記録会は29分42秒の自己ベスト。

中村涼
箱根14年(補欠)・13年補欠(191位)
全日本12年(1組35位)
今まではあまり実績がなかったが、9月末の記録会で14分17秒、間近の記録会で29分22秒の自己ベストと絶好調。

佐藤和仁
箱根13年補欠
全日本13年(OP23位)
関カレ13年ハーフ34位
ハーフを結構走っている選手。札幌ハーフは65分台と微妙な結果。間近の記録会では29分39秒の自己ベスト。

藤井翔太

1年
足羽純実
箱根14年(5区5位)
全日本13年(3組27位)
関カレ13年5000M23位
今年度は好調で、大舞台には出続けて、結果を残し続けている。間近の記録会は29分30秒の自己ベスト。

坂田昌駿
全日本13年(OP13位)
9月末の記録会は自己ベストに近い成績を残しており、間近の記録会も30分30秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
高梨寛隆(4年)・・今年の全日本予選会2組12位。間近の記録会で29分56秒の自己ベスト。
佐野拓馬(3年)・・今年も4月以降姿を見せていなかったが、間近の記録会で29分58秒の自己ベスト。

予想オーダー
黒山3ー西池3ー田子4ー田井4ー中村2ー足羽1ー佐藤2ー松田4
森永・関口といった3年生の調子がカギになると思います。一応、箱根をメインにするということなので、無理しないようにということで外しました。1区は西池でも良いのですが、そうすると箱根1区誰にするんだという話になるので、黒山にしてみました。最近、自己ベスト出していて好調ですし、スタミナもそこそこある選手。1回試してみたいかなと。そして、西池には2区でフォローしてもらいたいと思います。3区は田子。本人は状態に不安を抱いているようですが、出雲のようにそこそこ走ってくれると思います。森永・関口が不安なので、外す余裕はないと思いました。田井は4区。個人的にわりと向いている区間かなと思います。記録は伸ばしているだけに、駅伝でももう1ランク上の選手になれるように挑戦してもらいたいです。5区は中村。トラックの記録を大きく伸ばしてきており、悪い意味なしで1度試してみたい選手です。6区は足羽。当初は3区か5区をイメージしていたのですが、出雲を見ると別に走りやすい区間じゃなくても走ってくれそうとおもいました。7区は佐藤。不安ですが、1度試しておかないとますます箱根使いにくくなると思いました。あまりレース全体の影響にはなりませんし7区で走らせてみようかなと。アンカーは松田。箱根9区走るならとりあえず走らせても良いかなと。万全ならもちろん関口が走るでしょうが。バランスの取れたオーダーを組んでみました。出雲みたいに前半から突っ込んでくる1区西池2区田井3区黒山4区松田5区足羽といったオーダーも十分ありそうです。


プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。