スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根予選会結果&全日本大学駅伝予想(2)日本大学

5km(順位5位)
キトニー1447
荻野1456
竹ノ内1456
林1457
石川1457
森谷1511
村越1511
日向野1513
大門1513
内田1513
高松1516
田村1517
荻野・竹ノ内・林・石川は先頭集団に。他の選手は集団走らしきものをしているか。田村は最初から動きがよくなかったですね。高松は例年通り1人でゆっくりと入っています。

10km(順位2位・通算順位1位)
キトニー1430(2917)
林1501(2958)
荻野1502(2968)
竹ノ内1502(2958)
石川1510(3007)
日向野1516(3029)
高松1517(3033)
森谷1518(3029)
大門1519(3032)
村越1519(3030)
田村1532(3049)
内田1545(3058)
ここで通算トップに立ちました。ただ、内実はそんなに良くないですね。上位4人は良い感じですが、石川はかなりペースを落とし、内田はここからすでにズルズルいっています。

15km(順位7位・通算順位4位)
キトニー1409(4326)
竹ノ内1500(4458)
荻野1501(4459)
森谷1515(4544)
林1519(4517)
日向野1522(4551)
大門1522(4554)
高松1532(4605)
石川1539(4546)
田村1545(4634)
村越1558(4628)
内田1605(4703)
林はここで1度ペースを下げていますね。上位7・8人までは良いのですが、石川・村越が急激にペースが落ちたために順位を落としています。

20km(順位12位・通算順位8位)
2位キトニー1434(5800)
45位林1521(6038)
30位荻野1527(6026)
35位竹ノ内1532(6030)
109位日向野1542(6133)
102位森谷1543(6127)
126位高松1548(6153)
179位田村1601(6235)
217位内田1611(6314)
157位石川1626(6212)
170位大門1631(6225)
261位村越1738(6406)
キトニーは最後まで危なげなく走破しましたが、そのほかのメンバーは一気にペースが落ちました。全体的に当然ですがラスト5km粘れた選手がまだ順位上に来ていますね。結局、5人も16分以上かかっており、村越に至っては
17分半超えてます。だいたい前兆があった選手ばかりでしたが、大門が一気に落ちたのは意外でしたね。

全日本大学駅伝エントリー
4年
田村優宝
箱根14年(179位)・13年9区11位(89位)・12年1区9位(7位)・11年5区19位(13位)
全日本12年1区9位・11年1区1位・10年1区4位
関カレ12年10000M10位ハーフ5位・11年10000M4位ハーフ1位・10年1500M6位
1年から活躍している選手。3年からは故障に苦しんでおり、箱根予選会では最初からイマイチだった。

森谷修平
箱根14年(102位)・13年補欠・11年3区20位(204位、補欠)
全日本10年5区5位
主将。ポテンシャルは高いが、故障が非常に多い選手。9月末の記録会で自己ベスト、箱根予選会はチーム5番手。

日向野清隆
箱根14年(109位)・13年6区15位(138位)・11年補欠
全日本12年補欠
関カレ13年ハーフ16位
前半戦好調で、9月末の記録会で自己ベストをだすと、箱根予選会はチーム6番手だった。

3年
林慎吾
箱根14年(45位)・13年8区5位(77位)
全日本12年4区10位
関カレ13年10000M21位
入学時から期待されていた選手。1年は故障が多かったが、2年時からは主力としてチームに貢献している。

竹ノ内佳樹
箱根14年(35位)・13年10区10位(115位)・12年(165位)
全日本12年7区7位・11年7区6位
関カレ13年ハーフ7位
1年から全日本大学駅伝では好走してきた選手。今年の箱根からグングン成長し、今や主力の1員に。

高松峻平
箱根14年(126位)・13年7区18位(107位)・12年(140位)
全日本12年5区9位・11年3区13位
関カレ13年ハーフ22位・12年ハーフ17位
スタミナ型の選手。まだ、全日本や箱根では結果が残せていない。箱根予選会はチーム7番手だった。

村越直希
箱根14年(261位)・13年補欠(132位)・12年(201位)
全日本12年補欠・11年補欠
3年連続箱根予選会に出走している。今年は前半戦から不調で、箱根予選会では後半急失速した。

渡部良太
箱根12年(220位)
関カレ13年1500M予選・11年1500予選
1年時箱根予選会に出走した選手。9月末の記録会で14分22秒で高校時代の自己ベストを更新した。

内田和祈
箱根14年(217位)
9月末の記録会で14分31秒と自己ベスト付近で走ったが、箱根予選会はチーム11番手に終わった。

大門友也
箱根14年(170位)
関カレ12年3000SC予選
昨秋に急成長した選手。今年は7月に3000SCで健闘した。箱根予選会では15kmまで良かったが、最後に沈んだ。

2年
ダニエル・ムイバ・キトニー
箱根14年(2位)・13年補欠
全日本12年補欠
関カレ13年5000M3位10000M2位・12年1500M2位5000M5位
留学生。1年時から長いロードには適応できており、箱根予選会では2位と好走した。今年非常に安定している。

荻野眞之介
箱根14年(30位)・13年1区13位(91位)
全日本12年3区9位
関カレ13年5000M14位10000M16位
9月末の記録会で13分54秒の自己ベスト、箱根予選会ではチーム日本人トップと今日本人で1番頼れる存在か。

1年
石川颯真
箱根14年(157位)
関カレ13年5000M26位
13分台の自己ベストを持って入学した即戦力ルーキー。箱根予選会では前半積極的な走りをしたが、失速した。

主なエントリー漏れ
小島秀斗(3年)・・1500mで関カレ入賞したこともあるスピードランナー。間近の記録会では14分50秒かかった。

予想オーダー
荻野2ー林3ー石川1ー竹ノ内3ー森谷4ー日向野4ー高松3ーキトニー2
田村は無理でも、石川が1区を走ってくれればと思っていたのですが、それも不安ということで結構苦しいオーダーになりました。キトニーは昨年までのベンジャミンと同じ役割をしてもらうとして、前半の主要区間は当然、荻野・林・竹ノ内。そうなると、こうなるかなと。1区は荻野。箱根でスターターやっていますし、1区という展開で走るにはその3人だと荻野しかないと思います。2区は林。前半の順位浮動の激しい区間には慣れていないと思いますが、やってもらうしかない。ここで上手くいけば箱根での戦略の幅が広がるとポジティブに考えましょう。区間1ケタならば上出来という意識を持って、自分の走りをしてほしいです。3区は石川。2区までで少し出遅れているでしょうから、ここで巻き返してほしい。高校時、29分23秒で走っていますし、10kmなら問題ないでしょう。4区は竹ノ内。いつも後半の区間を担当していますし、初めての主要区間ならここが良いと思います。5区6区には期待の4年生。森谷は1年時のように好走してほしい。日向野も今年好調な選手。この2人でシードとの差を詰めてほしいと思います。7区は大門か高松かで迷いました。大門を1度3大駅伝で試してみたいのですが、箱根予選会の結果や今までの使われ方から高松でしょう。7区はあまりレベルが高くない区間なので区間1ケタでまとめてほしいです。前述のように1区石川が上手くいければ、荻野はエース区間で試せて、林・竹ノ内は昨年走ったコースに回せるのですが。例年は主要区間で差をつけつなぎ区間で粘る感じですが、今年は前半出遅れながら、後半のつなぎ区間で巻き返してシードを狙うといった感じだと思います。

スポンサーサイト

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(6)東洋大学

1区田口雅也区間6位(1位と+40秒)
2区服部弾馬(6→7)区間6位(+56秒)
3区設楽悠太(7→6)区間3位(+1分34秒)
4区延藤潤(6→4)区間3位(+1分36秒)
5区服部勇馬(4→2)区間1位(+59秒)
6区設楽啓太(2→2)区間2位(+1分6秒)
総合2位(予想1位)区間は1区2区3区5区6区が的中
補欠・・斎藤・淀川(口町・大津)
順位は1区田口を高く評価しすぎてましたね。区間は4区が惜しかった。ただ、優勝したときのオーダーにこだわって、3区設楽悠を当てたので、大津にして外したのは仕方ないかなと。
田口は西池・服部・潰滝などから20秒離されたのは仕方ないと思います。もともと、スピード型ではありませんし。ただ、中村が服部を20秒も離す激走をしたことから優勝は苦しくなりました。2区服部は単独走でしたし、これくらいでしょうか。ただ、今回目立つ働きはできませんでしたし、10000Mの実績もありませんので、全日本出走するかは微妙なとこでしょう。設楽悠は万全の状態ではないのに、23分14秒は頑張ったと思います。ただ、22分台が2人も出るとかすんで見えてしまいますね。前半の区間は微妙でしたが、後半3区間は良かったですね。延藤はかなり突っ込んで入ったのに区間3位。油布とはわずか2秒差と積極性と粘りを見せてくれました。服部勇も実力は抜けていると思いましたが、区間記録を15秒以上更新する走り。トップだった駒澤の西山は区間2位だったのですが、30秒以上詰めました。アンカー設楽啓も優勝を狙って前半だけで20秒近く詰めましたね。後半疲れましたが、それでも窪田・大迫とほぼ同じタイムでした。

全日本大学駅伝エントリー
4年
設楽啓太
箱根(出雲)14年(6区2位)・ 13年2区3位(1区8位)・12年2区2位(6区5位)・11年2区7位(1区5位)
全日本12年2区2位・11年1区7位・10年1区1位
関カレ13年10000M5位・12年10000M2位・11年5000M6位10000M6位・10年5000M17位10000M10位
主将。前半戦は27分台を出すなど順調だった。出雲ではアンカーで突っ込んだがきtんとまとめた。

設楽悠太
箱根(出雲) 14年(3区3位)・13年3区1位(4区2位)・12年7区1位(3区1位)・11年3区8位(2区2位)
全日本12年4区3位・11年2区7位・10年5区2位
関カレ13年10000M3位・12年5000M10位10000M3位・11年10000M7位ハーフ18位・10年1500M予選
前半戦は27分台を出したが、その後故障。夏合宿は練習をあまりこなせなかったものの、状態は戻してきている。

大津顕杜
箱根14年(補欠)・13年8区7位(6区6位)・12年8区1位・11年補欠(補欠)
全日本12年補欠・11年補欠
関カレ13年ハーフ3位・12年ハーフ4位
エントリーには入り続けているが、秋になってから1度も姿を見せておらず、出雲記録会にも1人だけ出ていない。

延藤潤
箱根14年(4区3位)・13年補欠
全日本12年3区2位
兵庫県出身の選手。全日本インカレ5000M5位入賞、出雲駅伝で積極的な走りで区間3位など好調。

日下佳祐
箱根13年補欠・12年(補欠)
全日本12年補欠・11年補欠
9月末の記録会で14分10秒の自己ベストをだした。2年生のころからエントリーには入ってきている。

3年
田口雅也
箱根14年(1区6位)・13年1区1位(補欠)・12年4区1位
全日本12年1区1位
関カレ13年ハーフ6位・12年ハーフ3位
昨年の全日本1区区間賞。今年の出雲は短すぎたか6位だった。

淀川弦太
箱根14年(補欠)・13年4区11位
前半戦から好調で、全日本インカレは10000M12位と健闘、出雲記録会でも14分06秒とトップで自己ベスト。

斎藤真也
箱根14年(補欠)・12年(補欠)
関カレ13年1500M5位
全日本インカレ1500M2位のスピードランナー。出雲記録会では14分7秒。5000M以上ではまだあまり実績がない

今井憲久
箱根13年補欠
関カレ11年1500予選
箱根で4区を走る予定だったランナー。全日本インカレ10000Mは良くなかったが、9月末の記録会で14分4秒。

2年
服部勇馬
箱根14年(5区1位)・13年9区3位(3区2位)
全日本12年8区6位
関カレ13年10000M10位・12年5000M11位
この世代で唯一3大駅伝すべてにエントリーされている選手。出雲駅伝では5区で激走した。

寺内將人
1時期山登りの候補という噂も流れた選手。9月末の記録会で14分14秒と高校時代の自己ベストを更新した。

1年
服部弾馬
箱根14年(2区6位)
関カレ13年1500M6位5000M25位
即戦力ルーキーで、スピードランナー。ただ、大学に入ってからまだ10000M以上の距離の実績はない。

山本采矢
3年連続都大路1区を走った選手。前半戦は出遅れたが、9月末の記録会で14分17秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
高久龍(3年)・・昨年の3大駅伝すべてに出走した選手。まだ、秋になってからレースに出ていない。

予想オーダー
田口3ー設楽啓4ー延藤4ー設楽悠4ー今井3ー淀川3ー日下4ー服部優2
昨年と同じようなオーダーになりました。1区2区は昨年と同じ流れで来てほしいということで同じにしました。田口は出雲はあまりでしたが、全日本は昨年区間賞取っていますし、問題ないでしょう。3区は延藤。出雲良かったですが、長い距離に強い印象があまりないので1番短く昨年走った3区にしました。昨年はかなり詰められましたが、今年は成長した姿を見せていますし頑張ってほしいです。4区設楽悠・8区服部優と昨年と同じにしましたが、内実は逆です。昨年は設楽悠の力が抜けていましたが、今年は出雲5区など服部優がかなり成長していること、設楽悠の状態が万全でないこと、から8区を重視してアンカーを服部優にしました。5区と6区には問題ないでしょうが、使ってみたい選手を入れました。今井は3大駅伝初めてですがトラックのタイムが良いですし、高校時代の実績豊富だから問題ないでしょう。一応、1番平らな5区にいれました。6区は淀川。最近自己ベスト連発していますし、どこかで使われると思います。7区は大津が走れれば万全でしょうが、そうじゃなければ予想が難しいですね。今回のメンバーの中で10000Mの自己ベストが良い選手が少なく、迷いました。その中で29分1秒と自己ベスト抜けている日下にしてみましたが、最近勢いがあるという感じではないですし、どうでしょうか。できれば昨年のように優位に序盤を走りたい。そうすれば、あとは昨年より力をつけた選手が逃げ切ってくれると思います。


箱根予選会結果&全日本大学駅伝予想(1)山梨学院大学

5km(順位11位)
オムワンバ1447
井上1455
佐藤1507
兼子1507
森井1508
田代1513
伊藤1513
磯野1517
有泉1517
前田拓1517
前田直1517
山本1517
5km時点では11位だったんですね。留学生の集団がゆっくり、森井・佐藤がゆったりと入ったこと、集団走のペースがゆったりだったことでこの時点では低かったです。伊藤が集団走に入っていないのが意外ですね。

10km(順位3位・通算順位7位)
オムワンバ1430(2917)
井上1503(2958)
森井1511(3019)
兼子1512(3019)
佐藤1513(3020)
田代1520(3033)
有泉1520(3037)
前田拓1521(3038)
前田直1521(3038)
磯野1522(3039)
山本1523(3040)
伊藤1527(3040)
この5kmで留学生の集団が一気にペースアップしました。森井・佐藤・兼子は無理ないペースで走り続けていますね。集団の方は問題なし。ただ、伊藤が急落しています。

15km(順位1位・通算順位3位)
オムワンバ1409(4326)
井上1453(4451)
田代1508(4541)
佐藤1512(4532)
有泉1512(4549)
兼子1513(4532)
森井1514(4533)
磯野1514(4553)
前田直1515(4553)
前田拓1516(4554)
伊藤1523(4603)
山本1540(4620)
オムワンバはこの5kmを14分9秒と信じられないタイムで通過。集団のペースが上がったこともあって、この5kmのタイムはトップでした。田代もここでギアチェンジしましたね。

20km(順位3位・通算順位2位)
1位オムワンバ1431(5757)
5位井上1434(5925)
49位田代1500(6041)
41位森井1502(6035)
83位伊藤1508(6111)
50位佐藤1510(6042)
59位兼子1519(6051)
86位磯野1521(6114)
105位前田拓1536(6130)
101位有泉1538(6127)
119位前田直1557(6150)
156位山本1551(6211)
オムワンバはトップ、井上は日本人2位と安定していました。中堅どころも森井・佐藤はあまり変わらないペースで、兼子も最後少しだけ疲れたものの良い走りでしたね。そして、伊藤が最後5kmすさまじい追い上げを見せました。中盤10kmここまで落ちながら最後ここまで上げてきますか。後ろの方は、前田拓・有泉・前田直など最後疲れてタイムを落とした選手が目立ちましたね。

全日本大学駅伝エントリー
4年
森井勇磨
箱根14年(41位)・12年補欠(131位)
全日本13年(3組9位)・12年8区8位
関カレ13年ハーフ10位
箱根駅伝に出るために留年した選手。今年は関カレハーフ10位、箱根予選会41位など安定して力を発揮している

3年
井上大仁
箱根14年(5位)・13年3区7位(1区5位)・12年1区10位(45位)
全日本13年(4組3位)・12年1区2位(4組5位)・11年(OP11位)
関カレ13年10000M9位ハーフ5位・12年10000M11位ハーフ2位
日本人エース。各大会で安定している。9月末に28分39秒の自己ベストをだした。箱根予選会では日本人2位。

阿部竜巳
箱根13年7区13位(5区7位)
全日本13年(1組1位)・12年4区8位(1組14位)
全日本予選会では転倒しながら組トップ。秋は姿を見せておらず、箱根予選会にもエントリーされていない。

兼子侑大
箱根14年(59位)
全日本13年(2組8位)・12年補欠(2組19位)
関カレ13年3000SC予選
春先は良くなかったが、その後好調で、9月末の記録会で29分24秒の自己ベスト、箱根予選会も59位。

2年
エノック オムワンバ
箱根14年(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本13年(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
今年の関カレで3冠を果たした。元は中距離の選手だったらしいが、1年から長い距離に適応している。

前田拓哉
箱根14年(105位)・13年8区13位
全日本13年(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
9月末の記録会29分41秒の自己ベスト。各大会で安定していたが、最近はあまり良くはないか。

田代一馬
箱根14年(49位)・13年(補欠)
全日本13年(OP1位)・12年5区14位
関カレ13年5000M27位
大舞台に弱い印象があったが、全日本予選会・箱根予選会と克服しているか。

前田直人
箱根14年(119位)
全日本12年(OP15位)
9月末の記録会で30分05秒、箱根予選会はチーム11番手と微妙な結果。

山本新
箱根14年(156位)
9月末の記録会では30分05秒の自己ベストをだしたが、箱根予選会では後半崩れてチーム内最下位だった。

上田竜平
附属高校出身の選手。都大路1区の経験がある。9月末、間近の記録会ともに30分少しでまとめている。

1年
佐藤孝哉
箱根14年(50位)
全日本13年(3組10位)
関カレ13年10000M18位
安定感抜群の選手。今年度は前半戦から好調で、箱根予選会でも50位と長い距離にも適応している。

上村純也
全日本13年(1組3位)
関カレ13年1500M予選5000M18位
スピードランナー。箱根予選会エントリーされなかったが、間近の記録会で29分49秒の自己ベスト。

伊藤淑記
箱根14年(83位)
この半年で自己ベストを30秒近く更新している選手。箱根予選会もペース配分はボロボロだったが、2ケタ。

主なエントリー漏れ
福沢潤一(3年)・・箱根10区5位。ただ、今年は5月以降姿を見せていない。
磯野裕矢(2年)・・9月末の記録会で30分47秒の自己ベストから箱根予選会エントリーだったが、2ケタで走った。

予想オーダー
佐藤1ーオムワンバ2ー上村1ー森井4ー伊藤1ー兼子3ー田代2ー井上3
1区・3区・4区はわりかしすんなりと決まりました。1区は佐藤。高校時からスターターとして結果を残していますし、実力的にもチーム3・4番手。2区と8区にオムワンバと井上を置くでしょうが、どっちもありだと思います。オムワンバ2区なら流れを失わないこと、8区なら日大のように逆転でシード獲得が狙いです。3区は上村。箱根予選会にエントリーされなかったのはやはり1番スタミナに不安があるからだと思います。10000Mまでなら十分対応できていますから3区。4区は森井。昨年は井上・オムワンバの片方では序盤区間耐えられるかどうかということがあったかもしれませんが、今回は2人使わずに序盤区間はこなせそう。そうであれば、もう片方をアンカーにして、森井は主要区間で個人的に1番影響の少ないと思っている4区かなと。5区には伊藤。1年生ですし、1番走りやすそうな区間を走らせたいかなと。箱根予選会も不安定なペースだったのにあれだけの結果を残したので、10kmちょいでどれくらい走れるか楽しみです。6区・7区は兼子と田代。直前の5区で失速しても上級生の兼子の方がまだ冷静に走れるかなと。来年は楽しみな新入生が入ってくるのでゆっくり強化するためにも、今年はシードを取って下地を作りたいところです。

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(5)明治大学

1区廣瀬大貴区間12位(1位と+1分7秒)
2区八木沢元樹(12→6)区間1位(+55秒)
3区大六野秀畝(6→8)区間12位(+2分13秒)
4区牟田祐樹(8→8)区間11位(+2分52秒)
5区横手健(8→8)区間3位(+2分59秒)
6区文元慧(8→7)区間6位(+3分18秒)
総合7位(予想3位)区間は的中せず
補欠・・松井・木村(山田・北)
順位は最高順位は余裕で更新してくるだろうと思ったのですが・・。区間は2区八木沢は「なるほど」でしたが、全く考えていませんでした。繋ぎ区間はもともと難易度が高いので。
1区は廣瀬もダメでしたか。「やはり」という思いと、「マジか」という思い両方ありますね。ただ、昨年と違って創造の範囲内でしたし、優勝は厳しくなったものの上位にはまだ取り返しがつくレベル。その中で、八木沢はしっかりと順位を上げましたね。本来と違う役割になりましたが、2年前の鎧坂と同じように違いを作ることはできたと思います。ただ、大六野が撃沈してここで完全にくるってしまいました。すぐ後ろに山本・設楽悠という選手がおり、前はおらず走りにくかったとは思いますが、区間2ケタで関東勢以外の日本人にも負けてしまっては流石に言い訳はできません。そうなると、牟田は苦しいですね。もう少し走って欲しかった気もしますが、初の3大駅伝で予想外の位置、しかも前に全然いないとなれば実力を出すのは難しいと思います。ただ、こういった良くない流れの中で、5区・6区がまとめたのは良かったです。横手は今度は主要区間で見てみたいですね。

全日本大学駅伝エントリー
4年
北魁道
箱根14年(補欠)・13年10区17位(補欠)・12年7区4位11年4区11位(5区6位)
全日本12年3区8位・10年3区6位
関カレ13年10000M24位・10年5000M28位
主将。13分台、28分台は持っているが、目立った結果は残せず、10月半ばの記録会も14分21秒に終わった。

廣瀬大貴
箱根14年(1区12位)・13年6区2位・12年6区8位(4区8位)11年6区17位
全日本12年補欠・11年6区7位
関カレ13年1500M4位・12年5000M20位・11年ハーフ33位10年1500M予選
山下りが得意な選手。9月末の記録会で13分50秒の自己ベストをだしたが、出雲は1区で上手く走れなかった。

3年
八木沢元樹
箱根14年(2区1位)・13年4区7位・12年4区2位
関カレ13年1500M11位・12年1500M4位・11年5000M18位
スピードランナー。前半戦は調子良くなかったが、9月末に13分28秒で走り、出雲も2区でダントツの区間賞。

大六野秀畝
箱根14年(3区12位)・13年2区12位(6区11位)・12年1区6位(3区4位)
全日本12年2区5位・11年1区4位
関カレ13年5000M5位10000M6位
トラックではエースとして活躍している選手。出雲で撃沈するなど、3大駅伝では物足りない結果が多い。

文元慧
箱根14年(6区6位)・13年1区2位(3区5位)・12年補欠(1区8位)
全日本12年1区5位・11年補欠
関カレ13年1500M予選
安定感のある選手。今年は調子が上がりきってはいないが、わりとまとめている印象。

有村優樹
箱根13年7区3位(1区21位)・12年8区3位(5区11位)
全日本12年5区1位・11年3区7位
関カレ13年10000M27位・12年10000M22位ハーフ26位・11年10000M25位
前半戦大きく自己ベストを伸ばした。夏に故障があり、少し出遅れたが、10月半ばに14分23秒でレース復帰。

松井智靖
箱根14年(補欠)・13年9区18位(補欠)
全日本12年6区4位
関カレ12年ハーフ11位
今年の箱根はアクシデントがあったが、基本的に安定感のある選手。9月末の記録会で14分5秒の自己ベスト。

前野貴行
箱根13年(2区11位)・12年補欠
全日本12年補欠
関カレ11年1500M予選
全日本インカレ1500Mで表彰台に立ったこともあるスピードランナー。間近の記録会で28分56秒の自己ベスト。

山田速人
箱根14年(補欠)・13年(4区9位)
全日本12年7区5位
昨年、出雲・全日本と出走した。今年は前半戦から調子が良く、10月半ばの記録会でも29分10秒の自己ベスト。

2年
横手健
箱根14年(5区3位)・13年8区9位
関カレ13年5000M10位・12年5000M4位10000M15位
高校時IH日本人トップ。昨年は故障で苦しんだが、今年は調子が悪くなく、出雲も区間3位で走った。

木村慎
箱根14年(補欠)・13年補欠(5区5位)
全日本12年4区7位
関カレ13年ハーフ25位
関カレで撃沈したが、高校時からロードで安定している選手。9月末の記録会で13分54秒の自己ベスト。

牟田祐樹
箱根14年(4区11位)・13年補欠
全日本12年補欠
関カレ13年5000M22位
9月末の記録会で13分47秒の自己ベスト。ただ、出雲では力を発揮できなかった。10000M以上の実績はあまりない

1年
吉田楓
今年度は前半戦から好調で、10月半ばの記録会で29分37秒の自己ベスト。高1の時、都大路7区4位。

主なエントリー漏れ
石間涼(4年)・・間近の記録会で29分11秒の自己ベストなど安定しているが、チャンスに恵まれない。
櫃本隼和(1年)・・今年のドラ1.ただ、10月半ばの記録会で15分台など今年度は不調。

予想オーダー
文元3ー大六野3ー八木沢3ー松井3ー有村3ー木村2ー山田3ー横手2
とりあえず、昨年の出雲→全日本で上げたのをイメージして昨年と同じ1・2区にしました。昨年よりも不安は大きくなった印象ですが、大六野も箱根はどこにするかは別としてとりあえず全日本は2区かなと。明大は昨年木村・位一昨年田中とあまり4区に力を入れないイメージがあるので、4区は松井に。間の3区と5区には八木沢・有村にしました。八木沢は出雲と同じような走りを期待しました。有村の方は先月半ばからだいぶ調子を戻しているだろうと思い、主要区間ではなく昨年好走した区間に負担を軽減していれてみました。6区・7区には出雲にもエントリーに入った選手を。特に、木村はロード型でトラックの記録を伸ばしているので、試してみると思います。アンカーは横手にしました。本当は前半区間の主要区間に置きたいのですが、1区文元、2区大六野にすると他にアンカーを走る選手がいないかなと。
1区大六野2区横手にして8区文元とか、松井か山田を抜いて前野を入れるとか本当にいろいろ考えられますね。ただ、予想オーダーは学年構成悪くなりましたが、実際でも3年が大多数で残りは2年生という感じになると思います。

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(4)日本体育大学

1区服部翔大区間2位(1位から+20秒)
2区富田祥平(2→2)区間5位(+25秒)
3区山中秀仁(2→2)区間2位(+38秒)
4区加藤光(2→2)区間4位(+48秒)
5区甲斐翔太(2→3)区間4位(+1分2秒)
6区矢野圭吾(3→3)区間5位(+1分48秒)
総合3位(予想4位)区間は6区のみ的中
補欠・・鈴木・小泉(勝亦・奥野)
繋ぎ区間の選手が思ったよりも頑張りました。区間はここまで直前の記録を重視するとは思いませんでした。
服部は夏に故障したということで、少し不安でしたが良かったです。中村に20秒離されましたが、区間2位で走りました。冨田はかなり不安でしたが、悪くない走りができました。田子のようになると思いましたが、終盤及川にしっかりとついていきました。山中は区間新を出した村山に前半は少し詰め寄りました。後半少し疲れましたが、それでも従来の区間記録とほぼ変わらない素晴らしい走りでした。4区と5区は単独走でしたし、悪くなかったと思います。区間順位で上の選手は岡本・油布・服部・横手など格上の選手なので仕方ないです。アンカーの矢野はもう少し走れると思ったのですが、そこまで良くはなかったですね。ただ、夏に故障していますし、個人的に長い距離の方が得意な印象があるので、様子見でしょう。

全日本大学駅伝エントリー
4年
服部翔大
箱根14年(1区2位)・13年5区1位(35位)・12年1区2位(6区9位)11年3区2位(1区4位)
全日本12年4区1位(4組7位)・11年2区11位(4組20位)・10年8区7位(4組11位)
関カレ13年5000M4位10000M4位・12年5000M3位10000M17位・11年5000M22位
主将で、3本柱の1人。前半戦から好調で、夏に少し故障したが、出雲では1区で好走した。

矢野圭吾
箱根14年(6区5位)・13年9区2位(6位)・12年3区13位(1区11位)11年7区14位
全日本12年8区3位(3組3位)・11年1区16位(2組19位)・10年5区10位
関カレ13年5000M8位10000M8位・12年10000M8位・11年ハーフ16位
3本柱の1人。昨秋以降、後半の区間を担当することが多い。夏に軽い故障をしたが、出雲はそこそこ走った。

鈴木悠介
箱根14年(補欠)・13年6区7位(60位)・12年補欠
全日本12年補欠(2組13位)・11年(1組33位)・10年(OP15位)
関カレ13年ハーフ4位
下りが得意な選手。今年の箱根からぐんぐん成長している。間近の記録会は29分23秒で走った。

甲斐翔太
箱根14年(5区4位)・13年補欠(32位)・12年補欠(補欠)
全日本12年6区7位(1組5位)
関カレ13年ハーフ8位
昨年からメンバーに絡んできている選手。出雲駅伝では悪くない走りで、間近の記録会は29分26秒。

永峯広基
9月末の記録会、初の10000Mで30分30秒台で走ったが、間近の記録会は32分台。5000Mの自己ベストは15分台。

3年
木村勇貴
箱根13年4区5位
全日本12年補欠
今年の箱根急遽の4区で好走した。今年はそこそこの走りが多い。間近の記録会は29分25秒。

富田祥平
箱根14年(2区5位)
全日本11年補欠
関カレ12年1500M予選
今夏からぐんぐん伸びてきている選手。間近の記録会は29分39秒で自己ベストだったが、アピール不足な印象。

加藤光
箱根14年(4区4位)
全日本11年補欠
関カレ13年1500M9位
1500Mで関カレ9位のスピードもある選手。今春から好調。間近の記録会は29分23秒の自己ベスト。

2年
勝亦祐太
箱根14年(補欠)・13年1区7位(19位)
全日本12年1区7位(3組21位)
間近の記録会は29分24秒。安定はしているが、良くも悪くも昨年くらいという印象。

山中秀仁
箱根14年(3区2位)・13年3区6位(33位)
全日本12年5区2位(1組7位)
関カレ13年5000M20位10000M12位
今年の箱根から急激に伸びてきた選手。出雲は従来の区間記録に近いタイムで走った。

小泉雄輝
箱根14年(補欠)・13年補欠(87位)
全日本12年補欠
1年から20kmに対応した選手。最近、悪くないもののそこそこという成績が多く、間近の記録会も29分45秒。

1年
山本航平
都大路・都道府県1区出走経験がある選手。最近、14分34秒、30分14秒など自己ベストを出している。

秋山清仁
9月末の記録会で14分30秒、間近の記録会で30分18秒の自己ベストをだすなど夏を経て成長している。

主なエントリー漏れ
本田匠(4年)・・3本柱の1人。夏に足底を痛めており、まだ万全ではないらしい。
奥野翔弥(2年)・・都大路区間賞の選手。1年からかなりエントリーに入っているが、今年度は調子良くない。

予想オーダー
勝亦2ー服部4ー木村3ー山中2ー加藤3ー鈴木4ー甲斐4ー矢野4
1区はあまり候補となる選手がいないので、勝亦にして昨年と同じように走ってほしいかなと。その場合、2区山中でも良いのですが、ガッツのよりある服部のほうが安定して浮上できそうと思い、2区服部に。山中は出雲と同じような走りを期待して4区にしました。つなぎ区間は出雲と同じ記録会の上位8人が実績的にも適していると思い、その4人が良いと思います。上級生は後半の区間、甲斐は昨年6区でうまく走れなかったし4人の中で1番スタミナ型だという印象があるので7区にしました。出雲2区は全日本3区と、出雲4区は全日本5区とつながっている印象があるので、出雲4区走った加藤を5区にしておきました。本田が外れましたし(といっても本田は例年全日本を苦手としているのですが)、東洋・駒大と比べると優勝は少し厳しいでしょうか。ただ、出雲のように上位には安定してきて上2チームに何かあればといった感じではないでしょうか。

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(3)青山学院大学

1区小椋裕介区間4位(1位と+22秒)
2区藤川拓也(4→5)区間6位(+38秒)
3区一色恭志(5→5)区間7位(+1分33秒)
4区竹内一輝(5→5)区間7位(+2分1秒)
5区鈴木優人(5→6)区間7位(+2分23秒)
6区神野大地(6→5)区間4位(+2分58秒)
総合5位(予想5位)区間は1区2区3区5区が的中
補欠・・石田・高橋(久保田・川崎)
順位は2区や4区でずれたものの、神野が良かった分、予想通りになりました。区間は久保田が故障という情報はつかんでいなかったので、当てられるところは全部当てたと思います。
小椋は昨年よりもさらに良かったです。服部・西池とほぼ変わらず、潰滝に先着ということで完全に流れは作ったと思います。ただ、2区藤川が引っ張らされましたね。昨年は田中についていくだけで良かったのですが、今年は引っ張ってしまい、上手くいかなかったという印象がします。一色は区間順位はそこまで良くないですが、区間4位と5秒差。上位3人は抜けていますし、わりと走れたと思います。4区・5区はイマイチだったかなという印象。竹内は延藤についていって良かったのではないかと思います。個人的には岡本に近いタイムが出せたと思うのですが。鈴木は初駅伝ということで慣れていなかったところもあるでしょうが、最後に足羽に引き離されたのは残念でした。ただ、6区神野は良かったですね。個人的には順位をズルズル下げてしまうかなとも思ったのですが、矢野・西郷といった選手よりも速く4位で走ってくれました。全体的に下級生の活躍が目立ちました。


全日本大学駅伝エントリー
4年
石田駿介
箱根14年(補欠)・11年補欠
全日本13年(4組19位)・11年補欠
関カレ13年ハーフ21位・12年ハーフ28位
今まではそこまで実績がなかったが、10月初旬に14分09秒で自己ベストをだすと高島平で59分33秒で優勝した。

3年
佐藤研人
箱根12年1区12位(6区11位)
全日本11年7区12位
昨年は調子を落としていたが、10月初旬の記録会で14分16秒の自己ベスト。ただ、高島平は61分32秒だった。

高橋宗司
箱根14年(補欠)・13年8区1位(補欠)・12年補欠(5区6位)
全日本13年(OP10位)・11年4区8位
関カレ13年ハーフ23位・12年ハーフ11位
箱根8区区間賞の選手。各大会で目立ちはしないものの、安定した記録を出している。高島平は60分25秒。

三木啓貴
箱根12年補欠
関カレ11年1500予選
秋になってから、9月末の記録会で14分12秒の自己ベスト、高島平で60分39秒と調子が良い。

2年
久保田和真
箱根14年(補欠)・13年3区4位(3区1位)
全日本(予選会) 13年(3組5位)
関カレ13年1500M7位5000M7位
青学のエース。高校時代から活躍している選手で、ロードの方が得意。出雲駅伝は欠場している。

小椋裕介
箱根14年(1区4位)・13年7区14位(1区7位)
全日本(予選会) 13年(2組6位)・12年(1組10位)
9月末の記録会では13分56秒の自己ベスト。出雲駅伝では2年連続スターターとして大活躍している選手。

神野大地
箱根14年(6区4位)
全日本(予選会) 13年(3組4位)
関カレ13年10000M14位
今年になって伸びてきた選手。主要大会ではまだ外したことがなく、出雲駅伝ではアンカーで好走した。

橋本峻
箱根13年補欠(補欠)
全日本(予選会) 13年(1組5位)・12年(2組22位)
1年から監督の話に上がってきている選手。10月初旬の記録会で14分18秒で走ると、高島平も60分36秒。

山村隼
箱根13年補欠(補欠)
全日本(予選会) 13年(OP3位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC3位
3000SCを得意とする選手。5000Mで14分13秒など短い距離良かったが、高島平では60分26秒と結果を残した。

渡辺心
箱根13年補欠
10月初旬の記録会で14分20秒、高島平で61分07秒など高校時から比べると結果が物足りないか。

1年
一色恭志
箱根14年(3区7位)
全日本(予選会) 13年(2組1位)
関カレ13年5000M15位
即戦力ルーキー。全日本予選会で組トップで走ると、出雲も主要区間で悪くない走りだった。

内田翼
IH5000M9位、都大路1区3位など実績のある選手。徐々に調子は上げてきており、高島平は61分32秒。

茂木亮太
IH1500M6位などスピードランナー。10月初旬の記録会で14分12秒の自己ベスト、高島平でも60分38秒と好調。

主なエントリー漏れ
遠藤正人(4年)・・大舞台ではあまり力を出し切れていない選手。高島平で60分05秒と好走した
藤川拓也(3年)・・10000Mまではなかなか強い選手。出雲駅伝では上手く走れなかった

予想オーダー
小椋2ー一色1ー山村2ー神野2ー茂木1ー橋本2ー高橋3ー石田4
高島平でエントリーに入っていない遠藤や秋山が好走しましたが、それ抜きでも出雲で微妙だった藤川拓・竹内を外せるなど層が厚いですね。久保田は出雲走らず、状態がわからないので、外して予想してみました。スターターは当然小椋として、残りの主要区間は出雲主要区間で好走した一色・神野と高島平好走した石田が良いと思います。石田しか20kmの経験を持ってないので石田をアンカーに。1年生はあまり単独走に慣れていないと思うので、一色を2区にしました。スピードランナーの茂木・山村は3区と5区に。3区の方が最近レベル高くなっていますし、短いですがアップダウンのあるコースは3000SC専門の山村の方が良いかなということで。橋本も今年の箱根までに1回試したいのではないでしょうか。

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(2)早稲田大学

1区柳利幸区間9位(1位と+57秒)
2区高田康暉(9→8)区間4位(+1分)
3区山本修平(8→7)区間5位(+1分53秒)
4区武田凜太郎(7→7)区間5位(+2分5秒)
5区中村信一郎(7→7)区間8位(+2分28秒)
6区大迫傑(7→4)区間3位(+2分36秒)
総合4位(予想6位)区間は2区4区が的中
補欠・・田中・臼田・(佐藤・平)
順位は流石に下に予想しすぎましたね。区間は主要区間を走る3人は当てたのですが、それぞれどの区間を走るか当てられなかったのが悔しいです。ただ、1区柳は予想外でした。
柳は後半脱水症状で一気に順位を落としてしまいましたね。ただ、今年の柳・松枝、一昨年の村山など限界までついていると終盤に一気に転落することがこの出雲1区では多いので、考えながらレースする必要があるのかなと思います。2区高田は昨年と同じく厳しい展開の中、良く頑張ったと思います。八木沢は抜けていますが、区間2位や3位の選手とはほぼ変わりませんし、その選手たちは先頭だったり、集団で力をためられた選手。そんな選手に交じって4位は良いと思います。山本は飛ばしすぎたという噂もありますが、せめて松村優よりは上の区間順位で来てほしかったです。4区・5区は大学初駅伝の選手たちなのに、前からも後ろからも離れていて走りにくかったと思います。武田はもう少し上位で来てほしかったですが、そういう状況なら仕方なしでしょう。中村の方はわりと想定した通りでしたが、今後に向けてあまりアピールできなかったというのが正直な印象です。大迫は突っ込んだので窪田に負けたのは仕方ないですが、設楽啓には負けてほしくなかったです。今年は下級生に期待の選手が多いですし、「優勝」という意識をもう少し弱めても良いのかなと思います。

全日本大学駅伝エントリー
4年
大迫傑
箱根14年(6区3位)・13年3区2位(1区10位)・12年1区1位(1区3位)・11年1区1位(2区3位)
全日本12年2区2位・11年2区2位・10年2区3位
関カレ13年5000M2位・12年5000M1位・11年1500M5位5000M3位・10年5000M18位10000M4位
世界陸上にも出場した選手。全日本では3年連続2区を務めている。出雲語に1500Mを走った。

田中鴻佑
箱根14年(補欠)・13年9区12位(補欠)
全日本12年補欠
関カレ13年ハーフ12位
長い距離で安定感のある選手。間近の記録会では29分30秒と自己ベストの付近でまとめた。

3年
山本修平
箱根14年(3区5位)・13年5区3位(3区3位)・12年5区3位(3区2位)
全日本12年4区2位・11年1区12位
関カレ13年5000M11位10000M23位・12年10000M11位・11年10000M17位
準エース。前半戦は不調だったが、夏を経て上げてきた。間近の記録会では引っ張りすぎ力を出し切れなかった。

臼田稔宏
箱根14年(補欠)・13年補欠・12年補欠
出雲記録会は14分24秒、間近の記録会では29分59秒とそこそこでまとめている。

2年
高田康暉
箱根14年(2区4位)・13年補欠(2区4位)
全日本12年5区6位
関カレ13年ハーフ9位
今春にハーフ63分台を出すなど、長い距離にも適応してきた。間近の記録会で29分4秒の自己ベスト。

柳利幸
箱根14年(1区9位)・13年8区14位(補欠)
全日本12年1区12位
高2から陸上を始めた選手。出雲では脱水症状が出て終盤失速した。間近の記録会は途中棄権。

中村信一郎
箱根14年(5区8位)
都道府県1区で好走経験あり。前半戦から好調だった選手。間近の記録会も29分55秒の自己ベスト。

三浦雅裕
箱根13年補欠
春にハーフ63分台で走った。10月初旬の記録会は良かったが、間近の記録会は撃沈など波があるか。

三井?樹
高校時代は14分50秒の自己ベストだったが、10月初旬の記録会で14分17秒と好走。間近の記録会は30分11秒。

1年
武田凜太郎
箱根14年(4区5位)
関カレ13年10000M25位
各レースで安定している選手。間近の記録会も29分11秒でしっかりとまとめた。

平和真
箱根14年(補欠)
関カレ13年5000M34位
昨年のIH5000M日本人トップ。前半戦は調子良くなかったが、間近の記録会29分11秒の自己ベストと上げてきた。

佐藤淳
箱根14年(補欠)
10月初旬の記録会で14分19秒、間近の記録会で29分37秒の自己ベストと調子が良い選手。

井戸浩貴
10月初旬の記録会で14分16秒、間近の記録会で29分29秒の自己ベストと今1番波に乗っている選手。

主なエントリー漏れ
志方文典(4年)・・大学1年時に優勝に貢献した選手。2年になって以降は故障で状態を合わせられず苦しんでいる
田口大貴(3年)・・箱根10区4位。前半戦好調だった。間近の記録会にエントリーはされていた、復帰は近いか。

予想オーダー
武田1ー大迫4ー柳2ー高田2ー平1ー井戸1ー田中4ー山本3

と言いながら、前半につぎ込んだオーダーを組んでみました。武田と高田が1区と4区だと予想しました。昨年・一昨年と1年が走っているので武田と予想。出遅れるのは怖いでしょうが、昨年の柳は賭けだったのに対し、武田はチームの中で4・5番目の実力がありますので任せて良いと思います。大迫はやはり2区にしました。出雲アンカーと例年と違う感じなので他の区間とも思いましたが、アンカーにしたところで窪田など相手に30秒や1分まくれないと思いました。どうせなら前半型のオーダーと思い、3区柳にしました。間近の記録会は途中棄権でしたが、出雲から1週間しか経っていないからで、全日本には間に合うと思いました。もしダメなら八人目は佐藤だと思います。4区は高田。武田にしてしまうと、3区間連続1年になりそうなので。トップで来たら何とか守って欲しいです。5区は平。どちらかというと平らな区間ですから、1年が走ると思います。ここまでは上手くいったとしても、残り3区間は厳しそうです。井戸は記録会で好調ですし、どこかで使っておきたいですね。7区は市川・佐々木など上級生などが入ったことが多いので田中だと思います。スピード型ではないので上位は厳しいでしょうが、安定した走りでまとめてもらいたいです。アンカーは山本しかイメージがありませんでした。田口がいれば田口でも面白そうですが、エントリーしたので。下級生が勢いに乗っているので下級生メインのオーダーにしました。経験を積ませるためにも下級生は走らせたいですし、優勝するとしても下級生の爆発に期待するしかないかなという気がします。

出雲駅伝結果&全日本大学駅伝予想(1)駒澤大学

1区中村匠吾区間賞(2位に-20秒)
2区中谷圭佑(1→1)区間2位(-25秒)
3区村山謙太(1→1)区間賞(区間新)(-38秒)
4区油布郁人(1→1)区間2位(-48秒)
5区西山雄介(1→1)区間2位(-59秒)
6区窪田忍(1→1)区間賞(-1分6秒)
総合1位(予想2位)全区間的中
補欠・・黒川・西沢(其田・大塚)
ここまで完璧に勝つチームは久しぶりに見た気がします。区間は全部当たりましたが、王道ですからね。
1区中村は田口・柳と比べると強いとは思っていましたが、まさか服部や西池に20秒以上の差をつけるとは思いませんでした。一旦仕掛けて離せなかったときに力を使ってしまったかなと思ったのですが、作戦だったようですね。優勝の最大の立役者だと思います。2区中谷も予定通りしっかりと走ってくれましたね。後ろの集団が序盤牽制してあまり追ってこなかったという点は幸運でした。村山はやはりこういう展開でタスキをもらうと強いですね。宇賀地の区間記録も更新してみせました。油布は区間賞取ってくるかなと思いましたが、岡本は前半延藤について力をためていましたし仕方ない。優勝もだいぶ確定的ということで、堅実に走ってくれました。西山は全日本インカレ途中棄権ということで少しだけ心配していましたが、全く問題なかったですね。流れにのって走りました。窪田はスタート地点で設楽啓にだいぶ詰められていたので、「あれ?」と思いましたが、全く問題なかったですね。区間賞まで取りました。やはり1区で大きく前に出られたことで良い流れで走れたと思います。

全日本大学駅伝エントリー
4年
油布郁人
箱根14年(4区2位)・13年1区4位(4区3位)・12年3区12位(4区4位)11年1区3位(2区5位)
全日本12年3区1位・11年3区1位・10年3区1位
関カレ13年1500M2位5000M4位・12年5000M15位・11年1500M1位5000M6位10年1500M1位5000M8位
大学屈指のスピードランナー。春先は不調だったが、夏を経て上げてきた。全日本では3年連続3区区間賞。

窪田忍
箱根14年(6区1位)・13年2区7位(6区2位)・12年9区1位(6区1位)11年7区1位(4区2位)
全日本12年8区2位・11年8区3位・10年6区1位
関カレ13年10000M2位・12年5000M3位・11年10000M4位
駒大の大黒柱で主将。前半戦は不調だったが、出雲で6区区間賞。2年連続全日本でゴールテープを切っている。

湯地俊介
箱根13年4区19位・12年補欠・11年補欠
全日本12年5区4位
関カレ12年ハーフ10位
昨年の優勝メンバーの1人。ただ、今年の前半戦は絶不調だった。9月末の記録会も30分台と良くない。

3年
村山謙太
箱根14年(3区1位)・13年5区8位(2区9位)・12年2区9位(1区13位)
全日本12年2区4位・11年2区3位
関カレ13年5000M8位・12年5000M6位10000M1位・11年10000M11位
力はあるので、はまれば素晴らしい走りをする。その反面、波がある選手。

中村匠吾
箱根14年(1区1位)・13年3区3位(補欠)・12年補欠(補欠)
全日本12年補欠・11年6区3位
関カレ13年10000M1位・12年10000M4位
今年にぐんと伸びて日本選手権でも健闘した選手。出雲はダントツの1区区間賞で優勝の立役者。

黒川翔矢
箱根14年(補欠)・13年補欠
全日本12年7区2位
関カレ13年ハーフ7位
昨年の優勝メンバーの1人。9月末の記録会で28分台を出した。出雲記録会でも14分08秒で自己ベスト。

西澤佳洋
箱根14年(補欠)・13年(補欠)
全日本12年補欠
各記録会で安定している選手。出雲記録会は14分11秒だった。

2年
馬場翔太
関カレ13年ハーフ6位
ロードが得意な選手。間近の札幌ハーフでは64分台で優勝。10000Mを走ったことはほとんどない。

小山裕太
関カレ12年1500M11位
前半戦は不調だった。スピードランナーと思われたが、間近の一関ハーフでは66分台だが、日本人トップだった。

其田健也
箱根14年(補欠)・13年補欠
春にハーフで63分台出した選手。10000Mは数回走っているが、まだ5000Mやハーフほどの結果は残せていない。

1年
中谷圭佑
箱根14年(2区2位)
関カレ13年5000M16位
都道府県1区2年連続区間賞の選手。全日本インカレ10000Mで入賞すると、出雲は2区で区間2位だった。

西山雄介
箱根14年(5区2位)
都大路1区区間賞の選手。故障で前半戦ほぼレースに出られなかったが、出雲で5区2位で走った。

大塚祥平
箱根14年(補欠)
高校時代ロードで高いレベルで安定していた選手。高島平60分49秒など秋になってそこまで調子が良くないか。

予想オーダー
中谷1ー中村3ー油布4ー村山3ー黒川3ー西山1ー馬場2ー窪田4
箱根は厳しいかもしれませんが、全日本は十分狙えると思います。オーダーを組んでみました。
1区は4本柱から出るとしたら油布でしょうが、3区油布という武器を失うのはもったいないですし、来年以降のこともあるので即戦力ルーキーから出すのが良いと思います。中谷の方が10000Mの実績はあるのでとりあえず入れておきましたが、西山も十分あり得そうです。2区はたぶん2年連続走っている村山でしょうが、自分の考えで中村にしてみました。中谷は田口などより少し後ろで来ると思うので、追いかける展開はつらいと予想。中村で挽回するというイメージを立ててみました。3区は油布。4年連続区間賞はノルマ、できればここが終わった時点で優勝を争うチームから5秒以上前で行きたいです。村山は理想的な展開でもらったらここで決めてほしいと思います。他大と競り合う展開になったら後ろに追いつかれるのは気にせず、あまり引っ張らないようにしたいです。出雲からの+2人のうち1人は黒川。最近絶好調ですし、西山・中谷と同じレベルの走りを期待しています。6区は1年生のもう1人。一昨年の中村、その前年の窪田など駒大は1年生をこの区間で使ってくるので。7区は誰か迷いました。当初は大塚と思っていたのですが、そこまで調子が良くないようなので馬場にしました。ただ、其田・西沢あたりも十分あると思います。アンカーは窪田。他大のエースなら同時に、エースじゃないなら30秒くらいの差で渡したいところです。

箱根駅伝予選会順位予想

忘れてた・・。適当です。
1位大東文化大学
2位山梨学院大学
3位拓殖大学
4位東海大学
5位國學院大學
6位日本大学
7位城西大学
8位神奈川大学
9位中央大学
10位専修だ学
11位国士舘大学
12位上武大学
13位東京農業大学

14位亜細亜大学
15位創価大学

箱根予選会展望 国士舘大学

追記(10/17)全日本大学駅伝のエントリーが出ましたね。


ボーダー上といわれる国士舘大学だけやっておきたいと思います。

4年
菊地貴文
箱根13年9区10位(31位)・12年4区16位(81位)
全日本13年(4組17位)・12年(4組29位)・11年(2組21位)
関カレ13年10000M32位ハーフ18位・12年5000M31位
エース。チームで唯一箱根出走経験がある。間近の記録会はレベルの高い組で30分18秒と上手くいかなかった。

池上聖史
箱根13年(82位)・12年補欠(134位)11年(233位)
全日本13年(1組10位)・12年(1組22位)・10年補欠(OP13位)
関カレ13年3000SC8位・12年3000SC10位・11年3000SC9位・10年3000SC予選
3000SCが得意な安定感のある選手。箱根予選会の順位はだんだん上げてきている。間近の記録会に出ていない。

中山祐介
箱根13年(145位)・12年補欠(74位)・11年(170位)
全日本13年(4組28位)・11年(1組38位)・10年7区12位(2組19位)
関カレ13年10000M28位・11年ハーフ14位
下級生の頃からチームに貢献している選手。間近の記録会は29分48秒とまとめた。

岡崎友哉
箱根13年(76位)
関カレ13年10000M26位ハーフ32位
昨年の箱根予選会はチーム2位の好走。前半戦姿見せていなかったが、夏にレース復帰した。

玉木章吾
箱根13年(130位)12年補欠
昨年の箱根予選会チーム5番手。前半戦姿を見せていなかったが、夏にレース復帰。間近の記録会は30分17秒。

鈴木邑
全日本12年(2組31位)
全日本駅伝予選会に出たことのある選手。間近の記録会は30分31秒と自己ベストとあまり変わらなかった。

3年
宇戸勇人
箱根12年補欠(96位)
全日本12年(3組31位)
1年時箱根予選会で2桁で走った。前半戦はあまり良くなく、間近の記録会も30分34秒と不本意な結果。

浪岡健吾
箱根12年(165位)
全日本12年(4組31位)
関カレ13年5000M33位・12年5000M28位10000M25位
ジョーカー的存在。トラックのタイムは持っているが、波があり主要大会は外すことが多い。調子を落としている

櫻井亮太
箱根13年(135位)
全日本13年(2組28位)・12年(OP2位)
関カレ13年ハーフ35位・12年3000SC予選
昨年の全日本予選会でいきなり好走した選手。間近の記録会で29分35秒の自己ベスト。

飯野彬
箱根13年(175位)
前回の箱根予選会10番手。今年は前半戦から存在感がなく、間近の記録会にも出ていないか。

阿部健裕
あまり今まで主要大会に出てこなかった選手。間近の記録会は30分25秒。

2年
武藤健太
全日本13年(3組20位)
関カレ13年1500M予選5000M13位・12年1500M予選
IH13位のスピードランナー。今年は絶好調で全日本予選会で好走、間近の記録会は29分33秒の自己ベスト。

堀合修平
全日本13年(3組36位)
関カレ13年5000M32位
都大路4区8位の実績がある。昨秋、29分35秒を出した。今年は不調で、間近の記録会には出ていない。

1年
菅原優樹
都大路7区26位の実績はある。間近の記録会では一応自己ベストは出したが、31分03秒。

主なエントリー漏れ
工藤超(3年)・・昨年の全日本予選会以降、全ての大事な大会に出場していた。間近の記録会には出ていない。
餅崎巧実)(1年)・・前半戦大きく記録を伸ばした選手。間近の記録会も30分45秒とまあまあ走った。

エントリーを見る限り、評価はあまり変わらないですね。櫻井の自己ベストは明るい知らせですが、浪岡はやはり苦しい結果。30分前半でまとめた選手が多かった反面、小田部・工藤・餅崎がエントリー漏れになりました。ただ、全日本予選会のような感じで上手くこなせれば、通過できると思います。

出雲駅伝総合結果

1位駒澤大学(予想2位)
中村が強かった。服部・西池といった選手にも20秒つけましたね。2区で2位集団が牽制して中谷が差を広げた時点で優勝がほぼ決まりましたか。その後、村山・窪田といった選手も区間賞。完ぺきでしたね。

2位東洋大学(予想1位)
東洋陣営も自分も含めてみんな田口の力を少し過信しすぎましたかね。全日本からさらにレベルが上がる出雲ではこれぐらいになる可能性も十分あったかなと今思います。2区服部弾が2位集団に追いつけなかった時点で厳しかったと思います。ただ、後半の3区間攻めの走りをしながらも、区間賞を含め区間上位に入れたのは良かったです。

3位日本体育大学(予想4位)
ブレーキのない駅伝はできたと思います。1番良かったのは山中で、区間記録まであと1秒の2位!故障明けの服部も2位としっかり走ってくれました。ただ、繋ぎ区間の選手は悪くはなかったのですが、優勝狙うにはもっと必要かなと感じました。箱根はミスないことが大事ですし、服部もいるから優勝狙えるでしょうが、全日本はこの感じだとつなぎ区間やアンカーで少し後退してしまうかもしれません。

4位早稲田大学(予想6位)
1区柳は積極的なレースをして、2区高田も頑張ったのですが、3・4区が物足りなかったです。区間賞に絡むぐらいの走りを期待していたのですが・・。

5位青山学院大学(予想5位)
2区藤川が集団で引っ張る展開になってしまい、終盤ついていけなかったのが悔やまれるかなと思います。ただ、アンカーの神野が4位の好走。久保田が外れている状態で5位は収穫だと思います。

6位中央学院大学(予想7位)
潰滝・及川・岡本と良く走ったと思います。塩谷はやはり波がありますね。田中はまあまあ、木部は上手くいかないとはおもっていましたが、18分台では走って欲しかったです。

7位明治大学(予想3位)
廣瀬ならいけると思ったのですが、撃沈。ただ、それ以上に痛かったのは大六野・牟田の区間2ケタ。牟田はもう少し上位で渡してあげたかったですが。その中で横手の好走は良かったです。来年の出雲は1区文元しかないのかな。当時、実績は高くなかった文元がこの3年間の1区で1番良かったのはさみしいです。

8位法政大学(予想9位)
足羽の好走が良かったです。しっかりと区間5位で走ってくれました。ただ、2区3区の選手はもう少し西池の流れを引き継いでほしかったという気がします。

9位順天堂大学(予想10位)
松枝は終盤まで先頭集団についていたのですが、そこから急降下。ここらはやはり経験の差でしょうか。収穫はやはり4区森。区間6位ということで、全日本や箱根も期待持てそうです。

10位中央大学(予想12位)
1区町澤・3区徳永・4区鈴木・6区松原と収穫でしたね。

11位京産大学

12位帝京大学(予想11位)
1区の出遅れはまだ想定範囲内でしたが、難波・小山も浮上できなかったのは予想外でした。

基本的に全日本大学駅伝の展望と一緒にまとめます。

出雲駅伝順位予想

1位東洋大学
2位駒澤大学
3位明治大学
4位日本体育大学
5位青山学院大学
6位早稲田大学
7位中央学院大学
8位IVYリーグ選抜
9位法政大学
10位順天堂大学
11位帝京大学
12位中央大学
東洋と駒澤が少し抜けてると思います。駒澤は出雲例年苦手としているので2位にしておきました。その次に面白そうなのは明治。2区3区で大きく抜け出せそう。ただ、アンカーが不安で、1位から2チームに抜かれて3位と予想しました。日体は2区で少しもたつくかなという予想。青学は後半区間、早稲田は5区が不安で優勝に絡むのはここらへんまでだと思います。中学は5区が不安、法政は終盤に大きく順位を落とし、順天堂・帝京あたりは乗り切れないと予想しました。

出雲駅伝オーダー

青山学院大学
小椋ー藤川ー一色ー竹内ー鈴木ー神野
久保田がエントリー漏れ。前半区間は昨年のようなオーダーが組めているので、後半どれくらい粘れるか。

東洋大学
田口ー服部弾ー設楽悠ー延藤ー服部勇ー設楽啓
予定通りのオーダーは組めたはず。3区、4区といった中盤がどのように走るでか。

中央大学
町澤ー谷本ー徳永ー鈴木ー岸本ー松原
箱根予選会にエントリーされている選手が3人とも入ってきた。出雲はそこそこ戦えるでしょうが、箱根予選会大丈夫か?そして、吉田がエントリー漏れ

日本体育大学
服部ー富田ー山中ー加藤ー甲斐ー矢野
記録会で上位だった選手がたくさん入ってきた。2区富田がどれだけ粘れるかがカギになりそう。

駒澤大学
中村ー中谷ー村山ー油布ー西山ー窪田
予想通りのオーダー。今年こそ前半区間で出遅れずにいけるか。

帝京大学
熊崎ー難波ー小山ー柳原ー高橋ー早川
3区小山は完全に予想外だった。1区熊崎・アンカー早川がどれくらい走れるかは今後の駅伝に向けて注目。

早稲田大学
柳ー高田ー山本ー武田ー中村ー大迫
大迫がアンカー。優勝狙える位置にいるなら本気出すということか。伸び盛りの柳の走りに期待。

順天堂大学
松枝ー岩崎ー松村ー森ー小沢ー西郷
1区松枝が主要区間で、そして岩崎・森といった選手がどれくらい走れるかに注目。

明治大学
廣瀬ー八木沢ー大六野ー牟田ー横手ー文元
廣瀬1区、八木沢2区、大六野3区、文元6区とだいぶエントリーいじってきた印象。前半区間は良いとして、文元はどこまで復調しているか、そして木村はエントリーに絡んでくると思っていたのですが・・・。

法政大学
西池ー田子ー田井ー松田ー足羽ー藤井
前半から主力をばんばんつっこんできた。積極的なレースをして展開を荒らしてくれることを期待。

中央学院大学
潰滝ー及川ー塩谷ー岡本ー木部ー田中
潰滝が1区でどんな走りをするかに注目。

パッと見の印象。東洋・駒澤が優勝争いの中心かな。

箱根予選会展望&出雲駅伝予想(11)中央大学

箱根予選会エントリー
4年
須河宏紀
箱根(出雲)13年3区12位・12年7区9位(3区8位)・11年(補欠)
全日本(予選会) 13年(1組2位)・12年補欠・11年4区6位(4組21位)・10年補欠
関カレ(日カレ)13年5000M19位10000M31位・12年5000M17位10000M16位・11年10000M14位・10年5000M29位
2年から主要場面を任されており、3年の春に記録を大きく伸ばした。ただ、昨秋に故障して以降微妙な結果が多い

代田修平
箱根13年6区3位(1区1位)・12年6区3位(2区5位)
全日本(予選会) 13年(1組23位)・12年4区5位・11年3区6位(1組8位)10年補欠
関カレ(日カレ)13年3000SC予選・12年3000SC4位・11年3000SC3位10年3000SC予選
スピードのある選手で、昨年の出雲1区区間賞。今年は3000SCで予選落ちするなど前半戦絶不調だった。

相場祐人
箱根(出雲) 13年9区19位(補欠)・12年補欠(5区5位)・11年補欠
全日本(予選会)12年6区5位・11年補欠(OP6位)
関カレ(日カレ)13年10000M32位・12年ハーフ20位・11年ハーフ17位
昨年の全日本までは好成績だった。今年の箱根以降絶不調で、間近の記録会も30分49秒と撃沈。

3年
新庄翔太
箱根13年2区20位・12年4区7位(1区10位)
全日本(予選会)12年2区6位・11年2区6位(4組5位)
関カレ(日カレ)12年10000M21位・11年5000M14位1500M8位
2月の練習で転倒し、前半戦はレースに出てこなかった。間近の記録会29分44秒など戻してきている。

多田要
箱根13年4区14位(3区4位)・12年補欠
全日本13年(3組21位)・12年1区13位・11年5区6位
関カレ12年5000M29位10000M30位
前半戦は上級生では1番頼りになっていた。間近の記録会はとても若い組で走った。

渡邉俊平
全日本13年(2組25位)
関カレ13年ハーフ31位
4月に自己ベストを連発した選手。間近の記録会は30分19秒と何とか粘ったか。

2年
徳永照
箱根13年7区14位(4区4位)
全日本13年(4組29位)・12年5区8位
関カレ13年ハーフ28位
昨年度、1年生で3大駅伝すべてに出走した数少ない選手のうちの1人。やや波がある印象。

藤井寛之
箱根13年補欠(2区4位)
全日本12年補欠
昨年の出雲走った選手。6月の記録会で好調だった。間近の記録会では小谷と2人だけエントリーされていない。

三宅一輝
全日本13年(4組39位)
関カレ13年1500M3位5000M16位・12年1500M予選
スピードランナーだが、ハーフも64分台の記録は持っている。間近の記録会は29分39秒の自己ベスト。

松原啓介
全日本12年補欠
間近の記録会は若い組で組2位。出雲駅伝にエントリーされている。都大路7区2位の実績がある。

小谷政宏
都大路・都道府県で1区の経験がある選手。大学に入ってから全く目立たず、間近の記録会にも出ていない。

1年
町澤大雅
関カレ13年5000M17位
即戦力ルーキー。前半戦は好調で関カレも健闘したが、日本予選会は欠場した。間近の記録会は若い組でトップ。

市田拓海
全日本13年(3組18位)
全日本予選会はいきなり3組に入って29分台で走った。間近の記録会もきちんとまとめている。

渥美良明
都大路3区28位で走っている。前半戦は存在感がなかった。間近の記録会は30分27秒。

主なエントリー漏れ
西嶋悠(4年)・・1年からチームに貢献してきた選手。昨年の出雲以降レース出場が少なく、精彩も欠いている。
永井秀篤(3年)・・今年の箱根幻の区間賞だった選手。夏合宿も順調にこなせたらしいが・・・。

永井・(西嶋)と外れましたが、前半戦に比べるとまだだいぶ整ってきたというのが正直な印象。初めての箱根予選会というのは不利な点ですが、力を出し切れば問題なく通ると思います。須河・代田・新庄・多田・徳永あたりはしっかりと走って欲しいです。下級生の市田・町澤・藤井・松原あたりがきちんと距離対応できているかがカギになりそう。小谷がどのようなのか全くわからないので、すごく気になりますね。実力はありますのですが、故障者が続出して苦労しています。この箱根予選会ビシっとまとめると、昨年の日体大までは苦しいですが、箱根5位以内はいけると思います。昨年の日体大、昨年の東農大、数年前の明治大など力がある選手を持ちながら苦しんでいるチームの結果は多種多様ですが、ここで結果を残して悪い流れを払しょくしたいところです。

出雲駅伝エントリー
4年
八田康裕
間近の記録会一応自己ベストだったが、31分23秒だった。あまり実績がない。

3年
塩田英輔
高校時代、都道府県対抗駅伝に出走経験あり。間近の記録会30分57秒の自己ベスト。

2年
徳永照
箱根13年7区14位(4区4位)
全日本13年(4組29位)・12年5区8位
関カレ13年ハーフ28位
箱根予選会にエントリーされている。昨年3大駅伝すべてに出走した主力選手。

吉田匡佑
全日本13年(2組30位)
関カレ13年1500M予選・12年1500M11位
スピードランナー。高校時代の実績はかなりある。間近の記録会には出走していない。

松原啓介
全日本12年補欠
箱根予選会にもエントリーされている選手。間近の記録会30分32秒。

1年
岸本圭一郎
東北学院高校出身。5000M15分台の自己ベストの選手。間近の記録会は31:35.92だった。

鈴木修平
花巻北高校出身。間近の記録会は30分48秒だった。

谷本拓巳
西京高校出身。一昨年の都大路は4区21位、昨年は2区6位。間近の記録会は30分47秒だった。

町澤大雅
関カレ13年5000M17位
期待の即戦力ルーキー。箱根予選会の方にもエントリーされている。

予想オーダー
吉田2ー谷本1ー鈴木1ー塩田3ー岸本1ー八田4
エントリーだけぱっと見たときは松原ぐらい入れたいと思ったのですが、永井・西嶋が外れ、相場も厳しそうということを考えると、予選会の方に回したいと思い、箱根予選会にエントリーされていない選手だけで組んでみました。1区はとりあえず吉田。この6人の中では1番抜けています。総合力で戦う地方大学とは良い勝負できるのではないでしょうか。それ以降も力があったり、勢いに乗っていたりする選手を前からばんばん使っていきました。2区谷本・3区鈴木・4区塩田と記録会良かった順に、入れていきました。残り2人は正直だいぶ苦しいと思うのですが、5区岸本・6区八田かな。何か4年生の八田がこれからエントリーに絡んでくるのはイメージしにくいので、とりあえず下級生の岸本を前に入れてみました。箱根予選会組を抜いたにしても、出口・大家といった3000SC組とか、もっと期待している1年生を入れられたら良いと思うのですが、間近の記録会で30分台で走った新垣が漏れているし、なんか意図あるのでしょうか。とりあえず、前半の区間の選手は走り終えたときに何か収穫を得てほしいですね。

出雲駅伝予想(9)帝京大学

4年
小山司
箱根13年5区5位(36位)・12年5区12位(79位)
全日本13年(4組15位)・12年8区10位(4組17位)・11年5区8位(2組4位)
関カレ13年10000M15位・12年10000M12位・11年ハーフ21位
チームの準エース。10000M28分台の力を持っている。前半戦はそこそこといった走りが多かった。

難波幸貴
箱根13年7区6位(131位)・12年4区15位(19位)11年3区18位(60位)
全日本13年(2組3位)・12年補欠(3組10位)・11年1区20位(3組18位)・10年3区9位(OP31位)
関カレ13年5000M20位・12年1500M予選5000M18位・11年5000M17位
主将。1年から主要大会に出続けている。成績に波がある気がしなくもない。

千葉一慶
箱根13年6区3位(37位)
全日本12年6区13位
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC予選・10年3000SC予選
前回の箱根予選会・箱根駅伝で好走した選手。前半戦は15分台などあまり結果を残せなかった。

3年
早川昇平
箱根13年4区2位(16位)・12年補欠(125位)
全日本13年(4組21位)・12年4区11位(1組3位)・11年3区10位(1組5位)
関カレ13年5000M23位・12年5000M8位
チームの主力。レベルの高い大会では力を出し切れないことが多かったが、全日本予選会はまとめた。

熊崎健人
箱根13年10区3位(15位)
全日本13年(1組14位)・12年3区6位(2組24位)
関カレ13年1500M3位5000M12位・12年1500M9位5000M20位
スピードもスタミナもあるランナー。関カレは良かったが、全日本予選会は不完全燃焼に終わった。

柳原貴大
箱根13年補欠(117位)
全日本13年(3組19位)・12年(3組23位)
関カレ13年10000M16位・12年ハーフ44位
1年の頃に秘密兵器と呼ばれた選手。なかなか成績が安定しなかったが、今年は良い感じで結果を残している。

杉山連哉
箱根13年補欠
全日本13年(2組9位)
関カレ13年ハーフ33位
昨秋あたりから伸びてきた選手。関カレハーフ撃沈したが、全日本予選会で好走した。

2年
高橋裕太
箱根13年3区8位(49位)
全日本12年5区10位
昨年、箱根予選会で躍進し、前回の箱根3区で大健闘した選手。前半戦は試合出場がなかった。

竹本紘希
箱根13年補欠
全日本13年(OP12位)・12年補欠
ハーフ63分台の記録を持つ。トラックや短い距離のタイムはそんなに良くない。

1年
瀬戸口文弥
関カレ13年3000SC予選
全日本学生個人選手権3000SCで1組トップ。自己ベストをだすなど前半戦調子が良かった。

主なエントリー漏れ
蛯名聡勝(4年)・・エース。調子が悪くても、まとめてくれる選手。前半戦から状態は良くなかった。
田中健人(4年)・・10000M28分台の記録を持つ。故障が非常に多い。前半戦は、7月末にレース復帰した。

予想オーダー
早川3ー難波4ー熊崎3ー高橋2ー柳原3ー小山4
蛯名が外れて1区がだいぶ苦しいとおもいます。出雲1区はレベル高い上に、帝京は1区を鬼門としているので。エントリーの中で1番実力があるのは小山ですが、起用法から考えるとアンカーが妥当。早川か熊崎が1区かなと思います。基本的に、前半区間は早川・難波・熊崎といったスピードランナーで固めてくるでしょう。4区は高橋。短い距離どれくらい走れるかわかりませんが、箱根予選会・箱根と期待以上の走りをしてきてくれているだけに期待を持ってしまいますね。5区は柳原。短い距離の実績がない千葉・竹本、1年生の瀬戸口を抜くと、柳原が妥当かなと。全体的に蛯名・田中と抜けてだいぶ苦しくなった印象がします。2区に良い選手おいて立て直すオーダー組んでますし、そのようなオーダー組んでくれると思いますが、何とか1区を中位でまとめてほしいですね。

出雲駅伝予想(9)日本体育大学

4年
服部翔大
箱根13年5区1位(35位)・12年1区2位(6区9位)11年3区2位(1区4位)
全日本12年4区1位(4組7位)・11年2区11位(4組20位)・10年8区7位(4組11位)
関カレ13年5000M4位10000M4位・12年5000M3位10000M17位・11年5000M22位
主将。今年は前半戦は非常に好調だったが、夏に軽い故障があった模様。ただ、徐々に状態を戻してきている。

矢野圭吾
箱根13年9区2位(6位)・12年3区13位(1区11位)11年7区14位
全日本12年8区3位(3組3位)・11年1区16位(2組19位)・10年5区10位
関カレ13年5000M8位10000M8位・12年10000M8位・11年ハーフ16位
長い距離をしっかりとはしれる選手。間近の記録会では故障明けの服部とともに29分40秒で軽く走った。

鈴木悠介
箱根13年6区7位(60位)・12年補欠
全日本12年補欠(2組13位)・11年(1組33位)・10年(OP15位)
関カレ13年ハーフ4位
下りが得意な選手。箱根後好調で、関カレハーフ4位。間近の記録会でも14分10秒の自己ベスト。

甲斐翔太
箱根13年補欠(32位)・12年補欠(補欠)
全日本12年6区7位(1組5位)
関カレ13年ハーフ8位
昨年からメンバーに絡んできている選手。間近の記録会では14分06秒の自己ベスト。

3年
富田祥平
全日本11年補欠
関カレ12年1500M予選
6月以降記録会で好走している選手。夏合宿も順調だったようで、間近の記録会は14分08秒の自己ベスト。

加藤光
全日本11年補欠
関カレ13年1500M9位
学生ハーフで好走すると、関カレ決勝でも積極的な走りをした。間近の記録会は14分05秒の自己ベスト。

2年
勝亦祐太
箱根13年1区7位(19位)
全日本12年1区7位(3組21位)
昨年スターターを多く務めた選手。今年は6月に自己ベストをだしている。間近の記録会は14分11秒。

山中秀仁
箱根13年3区6位(33位)
全日本12年5区2位(1組7位)
関カレ13年5000M20位10000M12位
前半戦でぐんと伸びた選手。全日本インカレは28分45秒で3位。間近の記録会は13分46秒の自己ベスト。

小泉雄輝
箱根13年補欠(87位)
全日本12年補欠
昨年の箱根予選会で健闘している。今年は春先好調だった。間近の記録会は14分26秒だった。

奥野翔弥
箱根13年補欠
全日本12年補欠
都大路の短い区間で区間賞を取った選手。前半戦は結果を残せず、間近の記録会も14分40秒に沈んだ。


主なエントリー漏れ
本田匠(4年)・・矢野・服部と並ぶ柱の1人。夏に足底を痛めて、まだ万全ではないらしい。
木村勇貴(3年)・・今年箱根4区で好走した。間近の記録会で29分15秒の自己ベスト。

予想オーダー
山中2―鈴木4―服部4―勝亦2―加藤3―矢野4
1区服部、3区本田、6区矢野をイメージしていたのですが、本田がエントリー漏れ、服部も故障明けということで1区山中、3区服部、6区矢野にしました。山中は全日本インカレ3位、間近の記録会で自己ベストと勢いにのっています。1区は怖いですが、主要区間では起用されると思います。3区服部、6区矢野は心配ないでしょう。万全なら服部1区ですが、とりあえず3区でも全日本駅伝4区区間賞取った時のような走りをしてほしいです。残りの3人ですが、主力の鈴木・勝亦、記録会で自己ベストを出した加藤・甲斐・富田をどのように使うか考えました。さすがに、駅伝経験低い選手ばかりだと、崩壊するリスクがあると思い、鈴木・勝亦は入れておきました。残り1人は甲斐でも良いのですが、1500Mも走れて春からずっと好調な加藤を1度走らせたいし、走らせても問題ないと判断しました。区間配置は調子・実績のバランスが取れた鈴木が2区でしょうか。鈴木は流れを変えるほどの力は持っていませんし、服部が流れを取り戻したとしても優勝に絡むには遅すぎるので、1区の結果がそのまま駅伝の結果につながってくると思います。エントリーをみた時点で少し優勝の可能性が下がったかなという印象です。

出雲駅伝予想(8)順天堂大学

4年
小澤一真
箱根13年2区13位・12年10区3位(82位)11年(163位)
全日本13年(3組14位)・12年(2組9位)・11年(3組33位)・10年(3組24位)
関カレ13年5000M21位10000M19位・12年3000SC 11位・10年10000M28位
前回の箱根2区を走った選手。全日本インカレは20位で29分58秒と微妙な結果におわった。

岩崎祐樹
箱根13年補欠・11年(164位)
全日本13年(OPDNF)・12年(OP14位)・11年(2組39位)・10年(2組27位)
関カレ13年ハーフ26位・12年10000M29位・11年10000M28位
自己記録は良いものを持っているが、まだ主要大会での好走がない。全日本予選会は故障ながら強引に出たらしい

狩野良太
箱根13年補欠(補欠)・12年補欠・11年(180位)
全日本11年(OP7位)・10年(1組35位)
主将。学生ハーフで63分台で走った。ただ、前半戦はレースに出てくるものの振るわなかった。

3年
松村優樹
箱根13年9区7位(3区6位)・12年9区5位(46位)
全日本13年(4組9位)・12年(4組23位)・11年(2組8位)
関カレ13年10000M15位・12年ハーフ12位
昨年は少し上手くいかなかったが、今年は29分ちょいでまとめており、全日本インカレ10000Mも11位。

西郷貴之
箱根13年5区5位(6区4位)・12年5区15位
全日本13年(3組12位)・11年(OP8位)
関カレ13年10000M17位・11年5000M24位
昨年大きく成長した選手。どちらかというと、スタミナ型でロード型。前回の出雲はアンカーで好走した。

松村和樹
箱根13年補欠(補欠)・12年補欠(129位)
全日本13年(2組23位)
関カレ13年ハーフ20位・12年ハーフ23位
松村優の弟。前半戦は4月は良かったが、関カレ・全日本予選会と微妙だった。

2年
松枝博輝
箱根13年3区16位(5区10位)
全日本13年(4組27位)
関カレ13年1500M2位5000M31位
箱根終えてからぐんぐん伸びているスピードランナー。全日本インカレは5000Mで9位に入った。

稲田翔威
箱根13年補欠
全日本13年(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ13年ハーフ27位
高校時代、自己記録は良くなかったものの、駅伝で好走した選手。全日本予選会で好走した。

1年
森湧暉
都大路1区14位など即戦力ルーキー。前半戦は調子良くなかったが、夏合宿で調子を上げてきた。

西沢卓弥
浜松湖東高校出身。高校時代これといった成績もなく、前半戦も目立たなかったが。自己ベストは14分41秒。

主なエントリー漏れ
的野遼大(3年)・・スピードランナーで、ポテンシャルは高いが、故障が多い。今年の6月に復帰していた。
安斎宰(1年)・・スピードランナー。全日本選手権1500M3位。ロードにはまだ適応しきれなかったか。

予想オーダー
松枝2―小澤4―松村優3―森1―岩崎4―西郷3
昨年のオーダーを基本に、前半区間に主要選手を置いてみました。小澤2区はどうかと思いますが、全日本インカレを見ると、小澤1区松枝2区はそぐわないかなと思いますし、的野も外れたので2区にしておきました。松枝はスタミナ面でまだ物足りないところがあるので、1区は不安ですが、中位でまとめてほしいと思います。松村優は昨年3区でうまくいきませんでしたし、どちらかというとアンカー向きだと思うのですが、西郷が昨年好走していて替えるのも難なので、3区松村優6区西郷にしました。4区・5区に関しては岩崎・松村和・稲田・森から2人だと思います。成績的には1番よさげな稲田ですが、スピード型ではないので、全日本で試せると思い、外しました。森はルーキーですし、調子さえ良ければまず出雲で試したいです。岩崎の方が下級生の頃大舞台で結果を残せませんでしたし、全日本予選会に出ていないので、出雲で1回試しておかないと怖いと思い、岩崎にしました。上位進出は厳しいでしょうが、1区2区頑張って少しでも上位で渡したいですね。そして、その中で4区5区の選手がうまく走れればよいなと思います。

出雲駅伝予想(7)法政大学

4年
田子祐輝
箱根12年6区10位(16位)・11年(156位)
全日本13年(1組6位)・12年(3組32位)11年(2組31位)
関カレ13年3000SC3位11年3000SC12位
2年前選抜に選ばれた選手。昨年は故障だったが、今年復活し、間近の記録会は14分13秒の自己ベスト。

田井慎一郎
箱根13年3区13位(42位)・12年(107位)
全日本13年(3組3位)・12年(3組12位)11年(OP4位)・10年(2組38位)
関カレ13年10000M22位・12年5000M30位10000M19位・11年ハーフDSQ・10年3000SC予選
箱根駅伝終えてから日本学生ハーフや4月の記録会で好走を連発した。間近の記録会13分56秒の自己ベスト。

松田憲彦
箱根13年9区14位(104位)
全日本12年(2組4位)
関カレ12年ハーフ33位
スタミナ型の選手。春調子良かったが、7月に少し調子を落としていた。間近の記録会で14分18秒の自己ベスト。

3年
西池和人
箱根13年1区3位(18位)・12年(173位)
全日本13年(4組2位)・11年(1組26位)
関カレ13年5000M9位10000M7位
法大のエース。昨年の箱根予選会で復活し全日本予選会で日本人トップ、間近の記録会は13分37秒の自己ベスト。

岩崎瑛
全日本11年(2組37位)
間近の記録会14分33秒の自己ベスト。前半戦レースには出ていたが、存在感は示せなかった。

森永貴幸
箱根13年補欠(94位)
全日本13年(2組7位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC予選・11年3000SC予選
昨年の箱根予選会でチームに貢献した選手。前半戦好調、間近の記録会で14分24秒の自己ベスト。

2年
藤井孝之
箱根13年8区12位(116位)
都大路4区2位などの実績を持つ選手。間近の記録会は14分30秒だった。

中村涼
箱根13年補欠(191位)
全日本12年(1組35位)
都道府県駅伝4区18位で走った。間近の記録会は14分17秒の自己ベスト。

1年
足羽純実
全日本13年(3組27位)
関カレ13年5000M23位
都大路1区18位の選手。前半戦好調で、全日本予選会3組も粘った。間近の記録会14分23秒の自己ベスト。

木村優志
高校時代、全国駅伝の経験が豊富な選手。夏はAチームですごしたが、間近の記録会は14分57秒と撃沈していた。

主なエントリー漏れ
関口頌吾(3年)・・今年の箱根5区で一躍活躍した選手。その後絶好調で、特に故障なども伝えられていなかったが
黒山和嵩(3年)・・今年の箱根4区で好走。間近の記録会14分15秒の自己ベスト。

予想オーダー
西池3ー足羽1ー田井4ー田子4ー中村2ー松田4
関口・黒山と外れて上位進出は少し厳しくなったかなと思います。また、合宿を上手くこなせなかった2年生から2人も入るのは予想外でした。1区西池、2区に前半戦主要大会に出ていた足羽は良いとしてそのあとは少し考えました。田井は西池・関口に次ぐ存在なので少しでも上の順位を目指すなら6区が良いのでしょうが、今回は自分たちの走りをすることに集中すべきだと思い、3区のまま動かしませんでした。繋ぎ区間のうち1人は田子で良いとして、もう片方ですが、候補は森永・藤井・中村でしょう。森永・藤井は3大駅伝いくらでも走る機会があるでしょうから、上手くはしれば儲けものみたいな感じで中村を置いておきました。松田はもしかしたら少し下位でもらうかもしれませんが、自分の走りにだけこだわればよいと思います。

出雲駅伝予想(6)青山学院大学

4年
竹内一輝
箱根13年(補欠)・12年6区6位・11年補欠
全日本(予選会)10年(4組26位)
関カレ10年1500M10位5000M5位
スピードランナー。力はあるが、故障が多い選手。初夏に復帰し、間近の記録会は14分14秒。

鈴木優人
関カレ13年1500M8位5000M28位・12年1500M10位・11年1500M11位・10年1500M3位
1500Mを昔から得意としてきた選手。今年前半に5000Mのタイムを大きく伸ばした。間近の記録会は14分07秒。

石田駿介
箱根11年補欠
全日本13年(4組19位)・11年補欠
関カレ13年ハーフ21位・12年ハーフ28位
前半戦好調で、全日本予選会最終組走るなど今年期待されている選手。間近の記録会は29分45秒だった。

3年
高橋宗司
箱根13年8区1位(補欠)・12年補欠(5区6位)
全日本13年(OP10位)・11年4区8位
関カレ13年ハーフ23位・12年ハーフ11位
前回の箱根8区区間賞。悪くはないが、そこまではインパクトのない走りをすることが多い。

藤川拓也
箱根13年6区14位(2区2位)・12年補欠(2区7位)
全日本(予選会) 12年(3組28位)・11年補欠(2組24位)
関カレ13年10000MDNF・12年5000M24位
10000Mまではロードでもトラックでも非常に良い走りをする。間近の記録会では13分51秒で青学記録更新。

川崎友輝
箱根13年4区13位・12年(4区11位)
全日本(予選会) 12年(3組26位)
関カレ13年1500M予選・12年1500M2位・11年1500M予選
スピードランナー。前半戦で13分台に突入した。間近の記録会では14分16秒だった。ロードの実績はまだない。

2年
久保田和真
箱根13年3区4位(3区1位)
全日本(予選会) 13年(3組5位)
関カレ13年1500M7位5000M7位
青学のエース。関カレ後に軽い故障がありながら、全日本予選会はしっかりと走った。間近の記録会は14分00秒。

小椋裕介
箱根13年7区14位(1区7位)
全日本(予選会) 13年(2組6位)・12年(1組10位)
今年は並みの成績に甘んじていた時期もあったが、徐々に取戻し間近の記録会で13分56秒の自己ベスト。

神野大地
全日本(予選会) 13年(3組4位)
関カレ13年10000M14位
4月に29分1秒を出すと、関カレ・全日本予選会と10000Mで外さなかった。間近の記録会は14分4秒の自己ベスト。

1年
一色恭志
全日本(予選会) 13年(2組1位)
関カレ13年5000M15位
即戦力ルーキー。今年は全日本予選会2組で組トップ。間近の記録会は13分59秒の自己ベスト。


主なエントリー漏れ
福田雄大(4年)・・下級生の頃活躍していたが、上級生になって低迷。ただ、間近の記録会で29分26秒で走った
橋本崚(2年)・・長い距離も走れる選手。間近の記録会は29分18秒と10000Mに出た中ではチームで1番良かった。

予想オーダー
小椋2ー藤川3ー一色1ー神野2ー鈴木4ー久保田2
昨年優勝したオーダーを基本に、間近の記録会で好成績を残した選手で固めてみました。久保田をエース区間の6区に、小椋を昨年通り1区にしました。藤川の方がトラックのタイム良いので3区も考えたのですが、昨年久保田・服部優など1年が多く活躍したので、一色が3区で十分活躍できると踏みました。昨年は4区大谷だったので、今年勢いのある神野を置きました。残る1人は最終組で上手くいかなかった3人から考えたのですが、鈴木かなと。ロードの経験は少ないですが、3人の中で一番タイム良かったですし、鈴木は基本的に出雲しかチャンスがないですから、その分必死かなと思いました。ただ、10000Mなどタイム順には選んでいませんから、もしかしたら石田など経験積ませるかもしれません。

出雲駅伝予想(5)早稲田大学

4年
大迫傑
箱根13年3区2位(1区10位)・12年1区1位(1区3位)・11年1区1位(2区3位)
全日本12年2区2位・11年2区2位10年2区3位
関カレ13年5000M2位・12年5000M1位・11年1500M5位5000M3位・10年5000M18位10000M4位
今年、世界陸上にも出場した選手。夏はチームと別スケジュールで行動することが多かった。

田中鴻佑
箱根13年9区12位(補欠)
全日本12年補欠
関カレ13年ハーフ12位
昨秋に大きく伸びた選手。関カレハーフ12位など長い距離を得意とする。

3年
山本修平
箱根13年5区3位(3区3位)・12年5区3位(3区2位)
全日本12年4区2位・11年1区12位
関カレ13年5000M11位10000M23位・12年10000M11位・11年10000M17位
準エース。前半戦は不調だったが、夏を経て全日本インカレダブル入賞など調子を上げてきた。

臼田稔宏
箱根13年補欠・12年補欠
佐久長聖出身。6区候補といううわさがある。前半戦はそこそこだった。

2年
高田康暉
箱根13年補欠(2区4位)
全日本12年5区6位
関カレ13年ハーフ9位
学生ハーフ63分台など長い距離の実績が多いが、1500Mを走ったこともあるなど短い距離も走れる。

柳利幸
箱根13年8区14位(補欠)
全日本12年1区12位
高2から陸上を始めた選手。6月にレース復帰するとその後好調、全日本インカレでは28分台で入賞した。

中村信一郎
高校時代IH1500Mや都道府県駅伝1区で活躍した選手。前半戦自己ベストを伸ばしていた。

1年
武田凜太郎
関カレ13年10000M25位
都道府県5区区間賞の選手。大学に入ってからレースを外しておらず、全日本インカレも入賞まであと少しだった。

平和真
関カレ13年5000M34位
IH日本人トップだった選手。前半戦は故障もあり、低調だったが、回復したらしい。間近の記録会は14分18秒。

佐藤淳
3000SCでIH決勝に残った選手。間近の早稲田記録会では14分19秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
志方文典(4年)・・大学1年の頃、全日本区間賞など輝いていた選手。その後は、故障が多く苦戦している。
田口大貴(3年)・・箱根10区で健闘すると、学生ハーフ63分台を出した。前半戦も好調だった。

予想オーダー
大迫4ー高田2ー柳2ー武田1ー平1ー山本3
1区大迫・6区山本は確実だと思います。大迫の方がスピード型ですし、大迫は今まで序盤区間を、山本は中盤区間を、担当することが多かったです。残りの選手ですが、期待のルーキー武田を3区においてもよかったのですが、全日本インカレ入賞した柳の方が勢いに乗っているかなと思いました。武田はスピード型ではないので、昨年健闘した高田をそのまま2区にして、武田は4区と予想しました。残りの1人は田口にしようと思っていたので、迷いました。早稲田記録会で平・佐藤2人とも同じくらいだったので、より実績のある平と予想しました。

出雲駅伝予想(4)明治大学

4年
北魁道
箱根13年10区17位(補欠)・12年7区4位・11年4区11位(5区6位)
全日本12年3区8位・10年3区6位
関カレ13年10000M24位・10年5000M28位
主将。期待されているが、3大駅伝で実力に伴った結果をまだ残せていない。

廣瀬大貴
箱根13年6区2位・12年6区8位(4区8位)11年6区17位
全日本12年補欠・11年6区7位
関カレ13年1500M4位・12年5000M20位・11年ハーフ33位・10年1500M予選
下りが得意などスピードのある選手。間近の記録会は13分50秒の自己ベスト。

3年
八木沢元樹
箱根13年4区7位・12年4区2位
関カレ13年1500M11位・12年1500M4位・11年5000M18位
スピードがある選手。前半戦は出遅れていたが、間近の記録会で13分28秒79という現役学生2位の走り。

大六野秀畝
箱根13年2区12位(6区11位)・12年1区6位(3区4位)
全日本12年2区5位・11年1区4位
関カレ13年5000M5位10000M6位
1番エースに近い存在。トラックは得意とする反面、ロードはインパクトのある結果はあまり残せていないか。

文元慧
箱根13年1区2位(3区5位)・12年補欠(1区8位)
全日本12年1区5位・11年補欠
関カレ13年1500M予選
スターターとして安定感のある選手。前半戦は微妙な結果が多かった。間近の14分02秒という結果をどう見るか。

松井智靖
箱根13年9区18位(補欠)
全日本12年6区4位
関カレ12年ハーフ11位
スタミナ型の選手で、基本的に安定感がある。間近の記録会では14分05秒の自己ベストをだした。

山田速人
箱根13年(4区9位)
全日本12年7区5位
昨年からどんどん伸びてきている選手。前半戦・夏合宿ともに好調。間近の記録会は14分04秒。

2年
横手健
箱根13年8区9位
関カレ13年5000M10位・12年5000M4位10000M15位
高校時IH日本人1位だった選手。間近の記録会では若い組でトップを取っていた。

木村慎
箱根13年補欠(5区5位)
全日本12年4区7位
関カレ13年ハーフ25位
ロードで安定感のある選手。間近の記録会では13分54秒の自己ベスト。

牟田祐樹
箱根13年補欠
全日本12年補欠
関カレ13年5000M22位
3大駅伝の経験はないが、トラックでどんどんタイムを伸ばしており、間近の記録会では13分47秒まで伸ばした。

主なエントリー漏れ
有村優樹(3年)・・今まで3大駅伝皆勤賞だった選手。8月の初めに軽い故障をした。世田谷記録会にエントリー。

予想オーダー
八木沢3ー牟田2ー廣瀬4ー木村2ー山田3ー大六野3
八木沢1区、牟田2区、大六野6区はまあまあ決まりましたが、残りのメンバーに凄く悩みました。記録会のタイムチーム5位だった文元、若い組ながら組トップの横手、自己ベストを出した松井がいますが、タイム的に抜けていた廣瀬・木村と、前半戦好調だった山田と予想しました。
1区は日体大記録会で凄い記録を出した八木沢。高校時、都道府県1区で活躍しましたし、ラストスパートという武器を持っている選手は1区が向いてると思います。2区は牟田。5000Mで良いタイムを出しましたが、10000Mのタイムやそれ以上の距離での実績はそこまででもないので、一番短い距離が良いと思います。三大駅伝に出たことがないので、どこかには入るでしょう。3区は廣瀬か山田で迷いましたが、廣瀬で、山田は5区と予想しました。廣瀬は10000Mのタイムは低いですが、力は28分台のものがあると思います。山田は10000Mのタイムは良いですが、三大駅伝でまだ存在感を示していませんし、まず繋ぎ区間でインパクトを残して欲しいです。4区は木村。昨年低いところで襷をもらいながら頑張りました。今年は昨年より良い位置で走れるでしょうし、昨年より力もついているので、どれくらい上げられるか期待したいですね。アンカーは大六野。昨年失敗したので一瞬3区も考えたのですが、一番エースに近い存在ですし、リベンジしてもらわないと困ると思いました。

出雲駅伝予想(3)中央学院大学

4年
田中瑞穂
箱根13年5区14位(21位)・12年5区10位(141位)11年5区10位(26位)
全日本13年(1組7位)・12年(4組32位)
3年間箱根では山登りを担当している。前半戦も調子悪くはなかったが、間近の記録会で29分14秒の自己ベスト。

岡本雄大
箱根13年6区6位(24位)・12年6区8位
全日本13年(4組8位)・11年(2組35位)
関カレ13年5000M2位10000M13位・12年5000M14位
前半戦記録を大きく伸ばし、関カレも表彰台に立った。夏合宿で軽い故障はしたものの、間近の記録会は13分台。

沼田大貴
箱根13年4区4位(70位)・12年7区10位
全日本12年(2組21位)
関カレ12年ハーフ22位
スタミナ型の選手。前半戦は少し出遅れていたが、間近の記録会は自己ベスト付近でまとめた。

3年
及川佑太
箱根13年8区8位(54位)・12年補欠(114位)
全日本13年(3組17位)
関カレ13年5000M9位
潰滝・岡本の影に隠れていたが、前半戦にかなり成長した選手。間近の記録会で13分50秒の自己ベスト。

木部誠人
箱根13年7区12位(122位)・12年補欠(123位)
全日本13年(1組16位)・12年(1組16位)
前半戦は調子悪くなかったが、間近の記録会では10000Mで自己ベストから30秒ほど遅れ、わりと良くなかった。

2年
塩谷桂大
箱根13年3区18位(69位)
全日本13年(3組31位)・12年(3組17位)
関カレ13年10000M18位ハーフ2位・12年5000M30位
歴代1位の持ちタイムで入学した。どちらかというとスタミナ型だが、波がある。間近の記録会では自己ベスト。

潰滝大記
箱根13年1区8位(153位)
全日本13年(4組11位)・12年(1組6位)
関カレ13年5000M5位10000M7位・12年3000SC1位
1年の秋以降ぐぐっと伸びた選手。夏合宿に軽い故障があったが、間近の記録会で13分台。

1年
村上優輝
全日本13年(2組19位)
今年のドラ1。前半戦は良かったが、調子を落としているらしく間近の記録会では31分30秒かかった。

久保田翼
高校時代2年連続都大路を走っている。間近の記録会で31分付近の自己ベストを一応出したが・・。

藤花尚之
兵庫県出身の選手。30分30秒付近の自己ベストを持っているが、間近の記録会は31分かかった。

主なエントリー漏れ
山田侑紀(3年)・・ロード型だが、全日本予選会でもそこそこ走っている。間近の記録会には出ていない。
芝山智紀(3年)・・全日本予選会最終組走ったこともある選手。昨年の6月以降、状態を戻せていない。
雲類鷲佑典(1年)・・前半戦好調で、30分前後の自己ベストを持つ。間近の記録会では32分近くかかった。

少々意外なエントリーになったというのが正直な印象。久保田・藤花が入ってくるとは思いませんでした。芝山・雲類鷲は調子が悪くて外れたのでしょうが、間近の記録会で30分17秒を出した芦田が外れたということで、単純に上から10人エントリーしたというわけではなさそうです。当初は、1区潰滝、2区村上、3区岡本、6区塩谷をイメージしていたのですが、村上が不調、及川が好調ということで、少し再考してみました。

予想オーダー
潰滝2ー及川3ー岡本4ー田中4ー沼田4ー塩谷2
あまり変わってないですが・・・。上位だけを目指すなら、1区岡本3区及川6区潰滝でしょうが、潰滝・塩谷はエースたちと競う経験を積ませたいだろうと思い、こうしました。村上は調子を落としているので抜き、残りの1人は沼田か木部でしょう。トラックは同じですが、沼田の方が調子が良いし、ロード実績があるので、沼田でしょう。繋ぎ区間は2区及川だと思います。沼田・田中と比べると一番スピード型ですし、前半区間のウェイトが年々上がっているので、少なくとも4番目である及川が良いでしょう。4区と5区では4区の方が主力集まるかなと個人的に思い、4区田中にしました。

出雲駅伝予想(2)駒澤大学

4年
油布郁人
箱根13年1区4位(4区3位)・12年3区12位(4区4位)11年1区3位(2区5位)
全日本12年3区1位・11年3区1位・10年3区1位
関カレ13年1500M2位5000M4位・12年5000M15位・11年1500M1位5000M6位10年1500M1位5000M8位
素晴らしいスピードを持つ選手。前半戦は故障の影響で調子が良くなかったが、全日本インカレ1500Mで圧勝。

窪田忍
箱根13年2区7位(6区2位)・12年9区1位(6区1位)11年7区1位(4区2位)
全日本12年8区2位・11年8区3位・10年6区1位
関カレ13年10000M2位・12年5000M3位・11年10000M4位
駒大の大黒柱。前半戦は故障の影響で存在感をあまり示せなかったが、全日本インカレ5000Mで3位と復調か。

3年
村山謙太
箱根13年5区8位(2区9位)・12年2区9位(1区13位)
全日本12年2区4位・11年2区3位
関カレ13年5000M8位・12年5000M6位10000M1位・11年10000M11位
力はあるが、駅伝で出し切れていない選手。6月あたりに故障してからイマイチだったが、全日本インカレ10000Mで2位と復調。

中村匠吾
箱根13年3区3位(補欠)・12年補欠(補欠)
全日本12年補欠・11年6区3位
関カレ13年10000M1位・12年10000M4位
前半戦孤軍奮闘した選手。当初は東アジア選手権に出る予定だったらしいが、10000Mが中止になったらしい。

黒川翔矢
箱根13年補欠
全日本12年7区2位
関カレ13年ハーフ7位
昨年の全日本で急に出てきた選手。今年は関カレ入賞、9月末の記録会で28分台を出した。

西澤佳洋
箱根13年(補欠)
全日本12年補欠
今年度は記録会で大きく外していない。ただ、自己ベスト・実績は他の9人には多少劣るか。

2年
其田健也
箱根13年補欠
前半戦ハーフで63分台を出した選手。ただ、5000Mの自己ベストは良いが、10000Mではまだ結果を残せていない。

1年
西山雄介
都大路1区区間賞の選手。今年は春先に自己ベストをだした後欠場。全日本インカレ5000Mは途中棄権した。

中谷圭佑
関カレ13年5000M16位
都道府県1区で2年連続区間賞の選手。前半戦は軽い故障が多かったが、全日本インカレ10000Mで28分台で入賞。

大塚祥平
高校時代駅伝で安定していた選手。大学に入ってからは微妙な成績が多い。9月末の記録会も29分44秒だった。


予想オーダー
中村ー中谷ー村山ー油布ー西山ー窪田
出雲では出遅れることが多いので、前半に力のある選手が良いと思います。1区が1番迷いました。優勝狙いだと中村ですが、経験の意味も込めて中谷も面白いと思います。一応、全日本で1年生を試せると思い、中村にしておきました。2区はずっと油布を推しているのですが、ここ2年間4区なので4区にしておきました。3区は村山ですかね。主要区間で起用するのは怖いのですが、上級生で主力は4人しかいませんし、油布はつなぎ区間で輝く存在なので1区や6区より影響の少ない3区にしておきました。村山は追いかける展開は苦手なので、ここまで上位で渡したいところです。西山は全日本インカレは途中棄権だったのですが、エントリーに入っているので大丈夫かと思います。大丈夫じゃなくても28分台を最近出した黒川が十分耐えてくれるでしょう。アンカーは当然窪田。窪田は毎回素晴らしい走りをしているので、他の選手もトップで走らなければと力むのではなく、1位が見える距離でという感じで無理なく襷を運びたいところです。

出雲駅伝予想(1)東洋大学

4年
設楽啓太
箱根(出雲) 13年2区3位(1区8位)・12年2区2位(6区5位)・11年2区7位(1区5位)
全日本12年2区2位・11年1区7位・10年1区1位
関カレ13年10000M5位・12年10000M2位・11年5000M6位10000M6位・10年5000M17位10000M10位
主将。2本柱の1人。前半戦は27分台を出すなど悪くなかった。全日本インカレは5000M4位だった。

設楽悠太
箱根(出雲) 13年3区1位(4区2位)・12年7区1位(3区1位)・11年3区8位(2区2位)
全日本12年4区3位・11年2区7位・10年5区2位
関カレ13年10000M3位・12年5000M10位10000M3位・11年10000M7位ハーフ18位・10年1500M予選
2本柱の1人。故障の影響で夏合宿はそこまで走りこめなかったものの、状態は悪くないらしい。

大津顕杜
箱根13年8区7位(6区6位)・12年8区1位・11年補欠(補欠)
全日本12年補欠・11年補欠
関カレ13年ハーフ3位・12年ハーフ4位
ロードから出てきた選手。4月に10000M28分39秒で走った。

延藤潤
箱根13年補欠
全日本12年3区2位
兵庫県出身の選手。自己ベストは出していないが、今年好調で全日本インカレも5000Mで5位入賞した。

3年
田口雅也
箱根13年1区1位(補欠)・12年4区1位
全日本12年1区1位
関カレ13年ハーフ6位・12年ハーフ3位
昨年度の3大駅伝でスターターとして活躍した選手。前半戦28分37秒の自己ベストをだした。

淀川弦太
箱根13年4区11位
スタミナ型の選手。前半戦から好調で、全日本インカレは29分17秒とわるくなかった。

斎藤真也
箱根12年(補欠)
関カレ13年1500M5位
今年度急激に伸びた選手。関カレで入賞、全日本インカレ1500Mでは2位に入った。9月末の記録会も自己ベスト。

2年
服部勇馬
箱根13年9区3位(3区2位)
全日本12年8区6位
関カレ13年10000M10位・12年5000M11位
昨年3大駅伝すべてに主要区間で出た選手。今年は7月に28分22秒の自己ベスト。

1年
服部弾馬
関カレ13年1500M6位5000M25位
即戦力ルーキー。今年度も5000Mまででは実力を発揮し、9月末の記録会は14分1秒で組トップ。

口町亮
前半戦好調だった選手。9月末の記録会では14分25秒と結果を残せなかったが。

主なエントリー漏れ
高久龍(3年)・・昨年3大駅伝すべてに出た。今年は関カレ以降、8月に久しぶりに出てきた時は悪くなかったが。
山本采矢(1年)・・高校時代の駅伝実績豊富な選手。9月末の記録会は組トップで自己ベストだった。

予想オーダー
田口3ー服部弾1ー設楽悠4ー大津4ー服部優2ー設楽啓4
優勝した時と同じように3区設楽悠6区設楽啓で組んでみました。1区はスターターとして力をつけた田口。さすがに区間賞は無理でしょうが、上位で来てくれると思います。田口でないとしたら、設楽啓でしょう。服部弾は短い距離が得意なので、2区なら力を発揮できると思います。1500Mの強い斎藤も考えましたが、間近の記録会(5000M)で服部弾が先着しているので。3区は一昨年走った設楽悠か昨年走った服部優でしょう。どちらでもしっかり走ってくれると思います。残りの1人は大津か延藤で迷いました。全日本インカレ5000Mで入賞した延藤の方が、スタミナ型の大津よりも良い気もしましたが、2年前の田中のように走ってくれると期待して大津にしました。アンカーは設楽啓ではないなら、設楽悠と思います。大津・服部優では窪田などと競り合えないと思います。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。