スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝関東予選 順位予想

それでは、順位予想を。
今年は気合入れてシュミレートまでしましたが、昨年は通過校2校、順位は1つあてたかどうかぐらいなので期待しないでください。

1位山梨学院大学(10→5→2→1)
1組田代が沈んで少し出遅れるものの、そのあとは終始高いレベルでまとめると予想しました。ここだけ1つ浮いている感じになりました。

2位中央学院大学(7→9→7→2)
木部・山田はあまり良くないものの、補欠で入る2人がフォローしてボーダー付近と予想しました。3組は塩谷は10位くらいかなと。4組の2人が好調さを見せ上位に一気に上がってくると思います。

3位法政大学(12→14→9→3)
1組の佐藤が撃沈すると予想。2組は中位でまとめるも浮上できませんが、後半の組で一気に浮上してくると予想しました。大東文化大学と最終組の力強さは同じくらいですので、3組終了時点で上位に来た方が上の順位になると思います。

4位大東文化大学(3→3→10→4)
1組が頑張り好スタートを切ると予想。2組は中位でまとめますが、大崎が復調しきれておらず撃沈して3組で順位を落とすと予想しました。ただ、市田兄弟で最後は通過すると思います。

5位城西大学(4→8→4→5)
1組は高橋の好走などで順調なスタートを切るものの、2組がぱっとせず順位を落とすと予想。ただ、3組村山が組トップ、横田もまとめて再浮上すると予想しました。最終組は松村が上手くいかないものの、山口が好走して粘るという形を思いました。ただ、山口が走れないと全く順位は変わると思います。

6位順天堂大学(6→13→8→6)
関カレハーフ組は全員25~30位ぐらいと予想しました。ただ、的野が間に合い、3組で予定通りボーダー付近に。最終組で松枝が好走して通過圏内に入るという予想にしました。

7位國學院大學(8→2→5→7)
2組が吾妻が組トップ、小原も組15位くらいでまとめて浮上すると予想。そのほかの組は片方が15位くらい、もう片方が25位くらいと中位にまとめて通過すると予想しました。

8位東京農業大学(14→10→6→8)
1組浅岡が戻っておらず撃沈すると予想。2組3組は稼ぐ選手が稼ぐものの、安全圏に行けず、最終組の強いチームにひっくり返されると予想しました。ただ、この予選会でいつも予想を下回るんですよね。

9位神奈川大学(9→11→13→9)
1組~2組は悪くないものの、3組が力不足で少し話され、その結果最終組でギリギリ届かないという予想。

10位青山学院大学(1→1→3→10)
1組2組と2人とも好調でトップ。3組で神野があまり良くなく、3組強かったチームに抜かれるも安全圏、と思いきや最終組で遠藤が撃沈して一気に抜かされると予想しました。

11位中央大学(2→4→1→11)
1~3組は渡辺があまり良くなかったぐらいで良かったものの、最終組で一気に抜かされると予想。シュミレートでは両方30位台で、組の成績では最下位になってました。

12位東海大学(13→7→11→12)
2組は両方とも1ケタぐらいで強いものの、1組と3組が全員25位前後と上手くいかないと予想してみました。因みに、最終組の2人が昨年並みに激走すれば通ると思います。

13位拓殖大学(11→12→14→13)
前半は奥谷が好走、他の選手も最低限まとめられるものの、後半の組で片方が沈むと予想しました。

14位帝京大学(5→6→12→14)
全体的に片方が上手くいかないと予想。前半はそのせいで貯金を作れず、後半になるともう片方もそこまで稼げないため沈むと予想しました。ただ、この予選会いつも予想を上回るんですよね。

15位上武大学(15→16→15→15)
やはりここも片方が苦しいかなと。特に、前半はかなり厳しいとおもうのですが、どうでしょうか。

16位専修大学(17→15→16→16)
全体的にブレーキが出てくるかなと。ただ、2組はかなり良さそうなので、2組終了時点はもう少し順位は良いかもしれません。

17位亜細亜大学(19→17→17→17)
18位国士舘大学(18→19→18→18)
19位創価大学(16→18→19→19)
20位関東学院大学(20→20→20→20)

最終組が強すぎるところともう少し大事にした方が良いのではないか?というチームが多くて、わかんないって感じですね。なお、今まで通り実況や速報はおそらく上げません。
スポンサーサイト

全日本大学駅伝関東予選(17)帝京大学

やっと終わった~

1組
阿南賢也(2年)
箱根13年補欠
関カレ12年10000M27位
4月半ばは30分43秒だったが、間近の記録会は14分33秒とあまり悪くなかった。

熊崎健人(3年)
箱根13年10区3位(15位)
全日本12年3区6位(2組24位)
関カレ13年1500M3位5000M12位・12年1500M9位5000M20位
関カレ1500M3位とスピードもあるランナー。間近の記録会は14分30秒だった。

2組
杉山連哉(3年)
箱根13年補欠
関カレ13年ハーフ33位
今年度14分21秒、29分40秒と両方で自己ベストを出したが、関カレは撃沈した。間近の記録会は14分28秒。

猪狩大樹(4年)
箱根13年8区3位・12年補欠
関カレ13年3000SC2位・10年3000SC予選
今年の箱根でブレイクした選手。今年度はほぼ関カレしか出ていないが、3000SCで2位に入った。

3組
堤悠生(2年)
関カレ13年ハーフ5位
今年度14分35秒、29分48秒の自己ベストをだし、関カレも入賞。ただ、間近の記録会は14分46秒だった。

柳原貴大(3年)
箱根13年補欠(117位)
全日本12年(3組23位)
関カレ13年10000M16位・12年ハーフ44位
今年度14分18秒、29分29秒の自己ベストをだした選手。力はあるが、安定感の面は課題。

4組
早川昇平(3年)
箱根13年4区2位(16位)・12年補欠(125位)
全日本12年4区11位(1組3位)・11年3区10位(1組5位)
関カレ13年5000M23位・12年5000M8位
リレカは29分47秒かかってしまった。関カレは良くなかったが、間近の記録会は14分21秒。

小山司(4年)
箱根13年5区5位(36位)・12年5区12位(79位)
全日本12年8区10位(4組17位)・11年5区8位(2組4位)
関カレ13年10000M15位・12年10000M12位・11年ハーフ21位
10000M28分台の自己ベストを持つ選手。リレカは29分40秒かかってしまった。

補欠
竹本紘希(2年)
箱根13年補欠
全日本12年補欠
上尾ハーフで63分台を出した選手。間近の記録会は14分34秒。10000Mはあまり走ったことはない。

難波幸貴(4年)
箱根13年7区6位(131位)・12年4区15位(19位)11年3区18位(60位)
全日本12年補欠(3組10位)・11年1区20位(3組18位)・10年3区9位(OP31位)
関カレ13年5000M20位・12年1500M予選5000M18位・11年5000M17位
主将。5000Mで14分15秒とわるくないタイムを出したが、リレカは撃沈した。間近の記録会は14分22秒。

主なエントリー漏れ
蛯名聡勝(4年)・・ここ2年間最終組で一桁のエース。今年度は万全ではないが、安定した結果を残していた。
田中健人(4年)・・2年前4組で悪くない成績を残した選手。今年度はまだレースに出ていない。
高橋裕太(2年)・・今年の箱根で3区8位の選手。今年度はまだレースに出ていない。

変更予想 3堤→難波
通過はかたいと思っていたのですが、ユニバに万全にいけるようにか蛯名がエントリーに入らず。3組早川・難波、4組小山・蛯名という感じから一気に危なくなってきましたね。変更予想は3組のどちらかが難波と代わるのは当然でしょう。竹本は阿南や杉山の調子を見てどうするかといったところではないでしょうか。カギとなるのは各組2番手の走りかなと思います。阿南は個人的に少し波がある気もしますし、杉山は関カレハーフで撃沈。竹本や堤は10000Mの自己ベストはそんなに良くない。柳原は不安定なところがあります。あと、早川も他大のエースと競い合うところでは昨年の関カレ5000Mぐらいしか結果を残していないんですよね、昨年の全日本駅伝も結果を残せませんでしたし。全体的にみて最終組で稼ぐのは厳しいでしょうから、熊崎を使った前半の間に優位に立っておく必要があると思います。個人的な今の印象は通過するかどうか五分五分という感じですね。

全日本大学駅伝関東予選(16)専修大学

1組
芝田俊作(3年)
箱根13年(151位)
全日本12年(OP7位)
関カレ13年ハーフ8位
5月半ばに29分49秒で走り、関カレハーフで入賞した選手。

小原延之(4年)
箱根12年(78位)
関カレ13年10000M33位
昨秋に29分27秒で走った選手。今年は4月半ばに14分35秒とわるくなかったが、関カレは撃沈した。

2組
吉良充人(3年)
箱根13年(121位)・12年(100位)
関カレ13年ハーフ15位・12年ハーフ32位
ハーフ63分台の記録を持つ選手。5月半ばに29分台で走り、関カレハーフも粘った。

木内勇貴(4年)
5月半ばは30分06秒と悪くなかったが、間近の記録会は14分50秒とあまり良くなかった。

3組
斎藤翔太(3年)
箱根13年(40位)・12年(142位)
全日本12年(3組8位)・11年(2組26位)
関カレ12年1500M予選
昨年の箱根予選会チーム2位。今年度はレースに出ていなかったが、間近の記録会で14分40秒でレース復帰した。

駒井混平(3年)
関カレ13年1500M予選5000MDSQ・12年1500M12位
自己ベストが29分35秒の選手。今年度は14分19秒の自己ベストをだしたが、波がある選手。

4組
澤野健史(4年)
箱根13年(97位)・12年(202位)
全日本12年(3組16位)・11年(1組18位)・10年(1組28位)
関カレ13年5000M14位10000M17位・12年5000M21位
自己ベストは29分05秒の選手。今年度は結果を残せていなかったが、関カレにはしっかりと合わせてきた。

松尾修治(4年)
箱根13年(64位)・11年補欠
全日本12年(1組28位)・11年(3組37位)
関カレ13年ハーフ10位・12年ハーフ38位・11年ハーフ27位
今年度は29分05秒の自己ベストをだすなど安定して結果を出している選手。関カレハーフも悪くなかった。

補欠
濱野優太(1年)
5月半ばの記録会で組トップ。間近の記録会で14分25秒の自己ベストをだした選手。

上手慶(2年)
箱根13年(204位)
5月半ばに29分41秒をだし、間近の記録会では14分26秒の自己ベストで走った。

主なエントリー漏れ
上野大空(4年)・・29分23秒の自己ベストを持つ。今年度はまだレースに出ていない。
森夏樹(2年)・・昨年に急成長した選手。今年度は5000Mで自己ベストをだし、間近の記録会も悪くなかった。

変更予想 2木内→上手
上野や宮坂は外れるだろうとは思っていましたが、森が外れたのは少し痛かったかなと思います。変更はこれが鉄板ではないでしょうか。正直、最近記録会や実績を集めたので良くわからないのですが、カギは小原や駒井といった関カレで結果を残せなかった選手や斎藤という最近レース復帰してきた選手が結果残せるかどうかといったところでしょう。あと、全体的に記録は良いものの、重要な舞台でミスが出てくることが多いので、そこは減らしたいところ。全員がしっかりと力を出し切って、最終組が粘れれば通過するかもしれません。

全日本大学駅伝関東予選(15)国士舘大学

1組
餅崎巧実(1年)
高校時代の自己ベストは14分59秒だったが、自己ベストを繰り返し間近の記録会では14分38秒まで出した。6月初めの記録会は30分34秒。

池上聖史(4年)
箱根13年(82位)・12年補欠(134位)11年(233位)
全日本12年(1組22位)・10年補欠(OP13位)
関カレ13年3000SC8位・12年3000SC10位・11年3000SC9位・10年3000SC予選
3000SCで結果を残している選手。今年は1500Mも走った。昨年は同じ1組で悪くない成績。

2組
櫻井亮太(3年)
箱根13年(135位)
全日本12年(OP2位)
関カレ13年ハーフ35位・12年3000SC予選
昨年のOPで29分台を出した選手。今年度は30分13秒で走るなど徐々に調子を上げてきていたが、関カレで撃沈。

工藤超(3年)
箱根13年(226位)
全日本12年(2組32位)
今年度14分23秒の自己ベストをだした。6月初めの記録会も30分33秒だったが、組トップだった。

3組
武藤健太(2年)
関カレ13年1500M予選5000M13位・12年1500M予選
29分38秒の自己ベストを持つ選手。関カレは5000Mで自己ベストで13位に入った。

堀合修平(2年)
関カレ13年5000M32位
29分35秒の自己ベストを持つ選手。今年度は調子が上がっておらず、関カレも15分台で撃沈した。

4組
菊地貴文(4年)
箱根13年9区10位(31位)・12年4区16位(81位)
全日本12年(4組29位)・11年(2組21位)
関カレ13年10000M32位ハーフ18位・12年5000M31位
昨年の箱根予選会チームトップの選手。関カレは10000Mで撃沈したが、ハーフでは悪くなかった。

中山祐介(4年)
箱根13年(145位)・12年補欠(74位)11年(170位)
全日本11年(1組38位)・10年7区12位(2組19位)
関カレ13年10000M28位・11年ハーフ14位
今年度は10000Mで29分台、5000Mで14分29秒とあまりわるくなかったが、関カレは良くなかった。

補欠
田中雅人(2年)
昨秋に30分14秒で走った選手。今年は4月末に5000Mで14分48秒で走ったぐらい。

杉沢諒(4年)
全日本12年(OP30位)
5月半ばは31分21秒かかったが、6月初めには30分33秒と上げてきた。エントリー後の記録会は14分41秒。

主なエントリー漏れ
浪岡健吾(3年)・・トラックで自己ベストがチーム1の選手。4月に14分34秒で走って以後レースに出ていない。
岡崎友哉(4年)・・昨秋の箱根予選会で結果を残した選手。関カレは10000Mは悪くなかったが、ハーフは撃沈。

変更予想 なし
もともとチーム層が厚くなかった上に、浪岡や岡崎が外れて通過が絶望的になったと思います。変更は個人的になしとしました。あるとしたら、餅崎が補欠の誰かと変わる可能性はありますが、それ以外はおそらくないでしょう。カギというか個人的に期待したいのは3組の2年生コンビ。関カレ以外で初の大舞台となるのでどれくらい結果を残せるか気になっています。特に、武藤は今シーズン好調なので、上位で来てほしいですね。そのほかにも、1年生で記録をぐんぐん伸ばしている餅崎は良い経験にしてほしいところ。工藤はそろそろ大舞台でも結果を残してほしいですが、どうでしょうか。そのほかの選手は中山を除いて力不足ではない組に入りましたから、最低でも中位ぐらいでまとめてほしいです。個人的に1番良いイメージを思い浮かべても、2組まで頑張って堀合と中山が沈むといった感じですが、昨年の法政大学のように全日本予選会の健闘がロードシーズンにつながることも多々あります。チームに自信をつけるためにも健闘したいところですね。

全日本大学駅伝関東予選(14)神奈川大学

1組
南俊輔(2年)
箱根13年(168位)
全日本12年補欠(OP10位)
関カレ13年ハーフDNF
今年度は30分01秒の自己ベストと調子が良かったが、関カレハーフは途中棄権した。

柏部孝太郎(3年)
箱根13年5区18位(85位)・12年補欠
全日本12年6区8位(OP12位)
安定感のある選手。今年の箱根はアクシデントがありながら何とか走り切った。それ以降レースに出ていない。

2組
柿原聖哉(3年)
箱根13年補欠(39位)・12年補欠(54位)
全日本12年3区11位(4組19位)
関カレ12年10000M9位
神大のエース。今年度は5000Mで自己ベスト、10000Mで28分台を出したが、関カレは欠場した。

坂本翔太(4年)
学生ハーフで65分台。5月半ばに14分35秒で走った。大学2年時に10000Mで29分台で走ったことがある。

3組
永信明人(2年)
箱根13年補欠
自己ベストは30分06秒の選手。6月初めの記録会は14分43秒と良くなかった。

赤松宏樹(3年)
箱根13年4区10位(48位)・12年補欠(53位)
全日本12年(1組2位)
関カレ11年5000M14位
ポテンシャルは高いが、故障が非常に多い選手。6月初めにレース復帰し、14分21秒の自己ベスト。

4組
我那覇和真(2年)
箱根13年7区1位(62位)
全日本12年2区8位(4組18位)
関カレ13年5000M10位10000M11位・12年5000M13位
大学に入って急成長した選手。今年度10000Mで28分台を出した。関カレは両方ともあと少しだった。

西山凌平(2年)
箱根13年2区11位(45位)
全日本12年1区14位(3組15位)
関カレ13年10000M8位・12年5000M16位
今年の箱根急遽の2区で粘りの走りをした選手。関カレは29分23秒の自己ベストで入賞した。

補欠
小泉和也(3年)
箱根13年3区10位(52位)
全日本12年4区9位
昨秋に急成長した選手。今年度は姿を見せておらず、6月初めの記録会も欠場した。

井上雄介(3年)
箱根13年10区12位
全日本12年7区14位
主将。昨年は全日本は撃沈したが、箱根は悪くなかった。5月半ばに14分39秒で走っている。

主なエントリー漏れ
渡辺慎也(2年)・・箱根予選会で110位だった選手。関カレは3000SCで決勝に残ったが、決勝は出てこなかった。

変更予想 2坂本→井上 3永信→小泉
関カレを欠場した柿原や記録会に出てこなかった小泉などの主力も含めてエントリーはほぼもれなくしてきました。ただ、柿原は2組ということでやはり万全ではないでしょう。変更は選手の状態がわからないので、読めませんが永信はおそらく変更になると思います。カギとなるのはやはり小泉や柿原といった主力の状態でしょう。特に、小泉は出られなければ3組井上は相当厳しいと思います。また、それ以外にも関カレで途中棄権した南や記録会に出ていない柏部など状態がわからない選手のオンパレード。ほとんどの選手が万全なら通過は有力な反面、かなりの選手の状態が上がっていない可能性も否定はできません。ただ、最終組は非常に楽しみな2年生コンビで大きく稼いでくれそう。状態が上がっていない選手がいたとしても最終組の逆転を信じて懸命に粘って欲しいですね。

全日本大学駅伝関東予選(13)中央大学

1組
須河宏紀(4年)
箱根(出雲)13年3区12位・12年7区9位(3区8位)・11年(補欠)
全日本(予選会) 12年補欠・11年4区6位(4組21位)・10年補欠
関カレ(日カレ)13年5000M19位10000M31位・12年5000M17位10000M16位・11年10000M14位・10年5000M29位
チームのエース級の1人。今年度は5000Mは悪くないものの、10000Mは30分台でしか走っていない。

代田修平(4年)
箱根13年6区3位(1区1位)・12年6区3位(2区5位)
全日本(予選会) 12年4区5位・11年3区6位(1組8位)10年補欠
関カレ(日カレ)13年3000SC予選・12年3000SC4位・11年3000SC3位10年3000SC予選
3000SCや出雲駅伝1区など短い距離をより得意とする選手。今年の関カレはまさかの予選落ちしてしまった。

2組
吉田匡佑(2年)
関カレ13年1500M予選・12年1500M11位
都道府県5区10位などの実績を持つ。間近の記録会では14分31秒とまあまあだった。10000Mを走ったことはない。

渡邉俊平(3年)
関カレ13年ハーフ31位
急成長してきた選手。学生ハーフで64分台、4月末に29分台で走ったが、関カレは撃沈した。

3組
多田要(3年)
箱根13年4区14位(3区4位)・12年補欠
全日本12年1区13位・11年5区6位
関カレ12年5000M29位10000M30位
29分31秒の自己ベストを持つ。今年度は試合に出ていなかったが、間近の記録会で14分14秒で走った。

永井秀篤(3年)
箱根13年8区1位・12年補欠(補欠)
関カレ13年ハーフ13位
幻の区間賞以降急成長している選手。4月に29分05秒の自己ベストで走り、関カレハーフも粘りの走り。

4組
徳永照(2年)
箱根13年7区14位(4区4位)
全日本12年5区8位
関カレ13年ハーフ28位
1年時3大駅伝全部に出た選手。5月半ばに14分14秒の自己ベストをだしたが、関カレハーフでは撃沈した。

三宅一輝(2年)
関カレ13年1500M3位5000M16位・12年1500M予選
鎧坂に4kmクロカンで勝ったこともあるスピードランナー。日本学生ハーフで64分台をだし、5000Mも14分08秒までベストを伸ばしている。

補欠
町澤大雅(1年)
関カレ13年5000M17位
今年の目玉。各レースで安定しており、関カレでは自己ベストだった選手。10000Mは高校時に29分台を出した。

市田拓海(1年)
1500M5位のスピードランナー。間近の記録会は14分27秒と調子良かった。10000Mの経験はない。

主なエントリー漏れ
新庄翔太(2年)・・28分44秒の自己ベストを持つ。箱根でアクシデント以降試合に出ていなかったはず。
西嶋悠(4年)・・スターターとして安定感のある選手。今冬以降、状態が上がっていない。
相場祐人(4年)・・今年箱根で9区を走った選手。今年度は調子が上がっておらず、関カレで31分台と撃沈。

変更予想 2吉田→町澤
新庄・西嶋・相場といった主力が外れ、須河・代田といった本来後半の区間を任せられるべき選手も1組と非常に苦しいオーダーとなりましたね。変更は市田や吉田といったスピードランナーに初めての10000Mを走らせるのは怖いので、吉田→町澤としました。カギとなるのは最終組の出來でしょう。個人的に三宅は面白いと思います。スピードはありますし、ハーフでそこそこのスタミナはあることも証明しています。しかも、今勢いに乗っているということで楽しみです。ただ、もう片方の徳永に個人的に疑問符で、一瞬町澤最終組も考えたほど。永井の方が勢いを考えると4組だと思ったのですが。1~3組は基本的に大丈夫だと思います。強いて言うなら、渡辺が調子を戻してきているか、代田がどれくらい復調しているかなどが不安ですが、補欠も含めて1番良い選手をエントリーできるでしょう。個人的に最終組が結構厳しく通過する可能性は少し低いと思うのですが、箱根以降下り坂のチームの勢いに何とか歯止めをかけて通過してほしいですね。

全日本大学駅伝関東予選(12)順天堂大学

1組
的野遼大(3年)
箱根13年補欠・12年7区7位(212位)
全日本11年(1組2位)
能力は高いが、故障が多い。6月初めの記録会で1年以上ぶりに14分53秒でレース復帰。

小野栄大(4年)
箱根13年補欠
今春は10000Mで30分40秒、5000Mも14分40秒~50秒台で目立っていない。間近の記録会でも15分以上かかった。

2組
稲田翔威(2年)
箱根13年補欠
全日本12年(1組29位)
関カレ13年ハーフ27位
ロードが得意な選手。関カレハーフでは結果を残せなかったが、間近の記録会で14分33秒の自己ベスト。

松村和樹(3年)
箱根13年補欠(補欠)・12年補欠(129位)
関カレ13年ハーフ20位・12年ハーフ23位
4月に5000Mで14分12秒の自己ベストを出したが、エントリー後の記録会で14分40秒だった。

3組
西郷貴之(3年)
箱根13年5区5位(6区4位)・12年5区15位
全日本11年(OP8位)
関カレ13年10000M17位・11年5000M24位
昨年伸びたロードが得意な選手。今年は2回10000Mを走り、両方29分28秒と安定している。

小澤一真(4年)
箱根13年2区13位・12年10区3位(82位)11年(163位)
全日本12年(2組9位)・11年(3組33位)・10年(3組24位)
関カレ13年5000M21位10000M19位・12年3000SC 11位・10年10000M28位
28分台の自己ベストを持つ選手。春に14分05秒の自己ベスト。間近の記録会も14分15秒で走った。

4組
松枝博輝(3年)
箱根13年3区16位(5区10位)
関カレ13年1500M2位5000M31位
今春、5000Mで14分04秒の自己ベストをだし、関カレは5000Mは撃沈したが、1500Mは表彰台に立った。

松村優樹(3年)
箱根13年9区7位(3区6位)・12年9区5位(46位)
全日本12年(4組23位)・11年(2組8位)
関カレ13年10000M15位・12年ハーフ12位
1年の秋にぐんと伸びた選手。最近は勢いはないが、安定しており、間近の記録会も29分35秒。

補欠
田中孝貴(2年)
都大路6区3位の選手。間近の記録会で14分34秒とわるくなかったが、記録会で3回連続斎藤航に負けている。

岩崎祐樹(4年)
箱根13年補欠・11年(164位)
全日本12年(OP14位)・11年(2組39位)・10年(2組27位)
関カレ13年ハーフ26位・12年10000M29位・11年10000M28位
春に29分39秒で走り、間近の記録会も14分30秒と悪くなかったが、安定感に課題がある。

主なエントリー漏れ
狩野良太(4年)・・学生ハーフで63分台を出した選手。エントリー後の記録会は30分30秒台だった。
森湧暉(1年)・・今年の目玉。ただ、今年度はまだ14分40秒や50秒台など調子が上がっていないか。

変更予想 1小野→岩崎
斎藤が外れ、小野やが入るなど違和感もありますが、主力は順当にエントリーに入ってきましたね。交代は小野は岩崎に変わるのではないかなと思います。カギとなるのはやはり前半の組でしょう。的野は個人的にはギリギリ間に合うと思うのですが、岩崎は時々撃沈することもあり使うのは怖い。まあ、使わないと苦しいので使うのでしょうが。2組の2人も間近の記録会が決してよくなく、少し不安が残ります。後半の組は期待が持てますね。特に3組の2人は1番稼げそうなところだけにしっかりと稼いでほしいです。西郷はロード型ですので中位でしょうが、小沢は大きく稼いでほしいところ。最終組の2人は基本的に耐える戦いになるでしょう。松枝は1500Mや5000Mで結果を残しており、純粋に楽しみにしています。結局のところ、通過する可能性は低くはないでしょうが、前半の組の不安に加えてトータルの戦力も他大に比べると余裕があるわけではないので、少しどうかなという気がします

全日本大学駅伝関東予選(11)東京農業大学

1組
遠藤凌平(2年)
箱根13年(123位)
関カレ13年ハーフ12位
昨年の箱根予選会チーム8番手。今年は1回走った10000Mは良くなかったが、関カレなどのハーフで粘った。

浅岡満憲(3年)
箱根13年3区19位・12年3区7位(29位)
全日本12年(4組35位)・11年(3組3位)
関カレ12年1500M5位5000M5位・11年1500M4位5000M3位
本来チームのエースというべき選手。今年は4月半ばに1度レースに出たが、15分台だった。

2組
佐野雅治(2年)
箱根13年補欠
全日本12年(OP20位)
関カレ13年3000SC1位・12年3000SC2位
今年の関カレ3000SCのチャンピオン。4月半ばに29分39秒の自己ベストをだした。

竹内竜真(3年)
箱根13年2区19位(9位)・12年8区11位(71位)
全日本12年(3組22位)・11年(2組7位)
関カレ13年10000M25位・12年10000M11位・11年10000M15位
昨年の箱根予選会でチームトップだった選手。4月に5000Mで14分24秒で走ったが、関カレは撃沈した。

3組
戸田雅稀(2年)
箱根13年4区20位(136位)
全日本12年(2組26位)
関カレ13年1500M1位5000M7位・12年1500M1位5000M19位
スピードスター。今年は4月半ばに13分58秒の自己ベスト、関カレ1500も制覇。10000Mの自己ベストも28分台。

山本和樹(4年)
箱根13年補欠(92位)・12年補欠
全日本12年(1組23位)・11年(1組25位)・10年(OP4位)
関カレ13年10000M14位・12年ハーフ36位
社会人から戻ってきた選手。上級生になって安定してきた。関カレでは29分46秒で走っている。

4組
佐藤達也(4年)
箱根13年7区10位・12年6区2位(261位)・11年補欠(補欠)
全日本11年(1組17位)・10年(1組10位)
関カレ12年10000MDNF・11年10000M9位・10年5000M18位
実力はあるが、故障やアクシデントの多い選手。4月半ばに29分26秒の自己ベスト。

三輪晋太郎(4年)
箱根13年6区13位(112位)・12年補欠(69位)
全日本12年(1組12位)
関カレ13年1500M4位
今年度になってブレイクした選手。5月半ばに29分11秒の自己ベスト。間近の記録会も合わせずに日本人トップ。

補欠
大橋真弥(2年)
箱根13年補欠
今年度になってからたぶん姿を見せていないが?

土井久理夫(3年)
4月半ばに30分12秒の自己ベスト。5月半ばの記録会もほぼ自己ベスト近くでまとめた。

主なエントリー漏れ
津野皓大(4年)・・前々回の箱根で有名になった選手。4月末に29分40秒で走り、関カレハーフも粘った。
岩渕慎矢(3年)・・昨年の箱根予選会チーム5番手。今年度は姿を見せていない。

変更 なし

どれくらい走れるかは別にしてだいたい主力はエントリーされた印象。ただ、もともと層が薄いチームなだけに津野が外れたのは痛かった。変更はたぶんないでhそう。あったら、それはアクシデントがあったということだと思います。カギとなるのはやはり前半に入った3年生でしょう。力だけ見れば大きく稼げますが、明らかに状態が上がっていないとみるべきでしょう。まだ竹内は関カレだけ撃沈したと考えても良いですが、浅岡は全くの未知数。全日本予選会通過するかどうかだけでなく、秋の箱根予選会に向けても徐々に調子を戻してきてほしいのですが・・。後半の組は大きく劣るとはいわないまでも、基本的に粘っていく感じでしょうので、何とか前半の間にリードがほしいところです。あと、ここ数年ずっとそうなのですが、調整力の問題。ここ数年大事な大会はほぼすべて外してしまっている。調整だけは全員で細心の注意を払っていきたいところです。通過に関しては3年生2人が力を戻してきていれば通過の可能性は低くないですが、ちょっとつらいかなという気がします。


全日本大学駅伝寛容予選(10)中央学院大学

1組
芝山智紀(3年)
箱根12年1区20位(50位)
全日本12年(OP22位)・11年(4組40位)
関カレ12年ハーフ9位・11年3000SC5位
昨秋から状態を崩している選手。4月末に1500Mで3分55秒で走ったが、スタミナは戻っていないか間近の記録会で31分14秒だった。

木部誠人(3年)
箱根13年7区12位(122位)・12年補欠(123位)
全日本12年(1組16位)
4月末に29分50秒台を出した。ただ、間近の記録会は30分56秒かかっている。

2組
松下弘大(3年)
箱根13年補欠
今年度は目立った記録を残しておらず、6月に2回でた10000Mも31分台だった。

山田侑紀(3年)
箱根13年10区6位(96位)・12年9区15位(65位)
関カレ13年ハーフ19位
4月末に29分34秒の自己ベスト。ただ、間近の記録会で15分台など徐々に調子を落としている?

3組
塩谷桂大(2年)
箱根13年3区18位(69位)
全日本12年(3組17位)
関カレ13年10000M18位ハーフ2位・12年5000M30位
28分台の自己ベストを持っている。状態を崩していたが、4月にレース復帰すると関カレでは表彰台に立った。

及川佑太(3年)
箱根13年8区8位(54位)・12年補欠(114位)
関カレ13年5000M9位
4月末に29分26秒の自己ベスト。関カレも自己ベストをだして入賞まであと少しだった。

4組
潰滝大記(2年)
箱根13年1区8位(153位)
全日本12年(1組6位)
関カレ13年5000M5位10000M7位・12年3000SC1位
中学の新エース。今年さらに大きく成長した。10000Mで28分38秒で走り、日本選手権3000SCも4位に入った。

岡本雄大(4年)
箱根13年6区6位(24位)・12年6区8位
全日本11年(2組35位)
関カレ13年5000M2位10000M13位・12年5000M14位
今年大きく成長した。4月末に28分42秒の自己ベスト。関カレ5000Mは自己ベストをだし日本人トップに入った。

補欠
村上優輝(1年)
今年の目玉。5月半ばに2回目の10000Mで29分36秒で走った。実は今年度に入って1度も大きく外していない。

田中瑞穂(4年)
箱根13年5区14位(21位)・12年5区10位(141位)11年5区10位(26位)
全日本12年(4組32位)
3年連続箱根山登りを担当している選手。4月末の記録会で29分58秒で走った。

主なエントリー漏れ
沼田大貴(4年)・・主将。4月末にレース復帰。エントリー後の記録会では若い組ながら上位に入った。
雲類鷲佑典(1年)・・今年度5000Mで自己ベストをだし、10000Mも30分04秒で走った。

変更予想 1芝山→田中 2松下→村上

エントリーは沼田が抜けた以外は特に主力で抜けた選手はいませんでしたね。ただ、あまり結果を残せていない松下や復調したかに疑問符がつく芝山よりも雲類鷲などを入れたほうが良かったのではないかと思いましたが。変更はやはりその2人が不安なので変えた方が良いと思います。本来ならば、1組村上2組田中なのでしょうが、村上は安定感もありますし、実力も悪くないの村上を2組にしてみました。不安なところは山田や木部の調子の落ち具合でしょうか。山田や木部は春先は非常に良い結果を残していたのですが、徐々に調子を落としてきているんですよね。もう1度全日本予選会に向けてピークを合わせられるか、あと主力にが同じ状態になっていないかがきになるところ。ただ、後半の組が本来の実力を出し切れば前半の多少のビハインドを十分覆せる力は持っている。通過する可能性はかなり高いと思います。最後に、このチームは非常に故障者が多く、昨年もエントリー後に故障者が続出して通過することができなかった。そこらも慎重にする必要があるでしょう。

全日本大学駅伝関東予選(9)大東文化大学

1組
北村一摩(1年)
今年の目玉。4月半ばに悪くないタイムで走り、間近の記録会では29分58秒の自己ベストで走った。

大西亮(4年)
箱根13年7区8位(72位)
全日本12年(1組21位)・11年(2組30位)・10年(2組28位)
関カレ12年5000M22位11年ハーフ36位
4月は14分11秒の自己ベスト。その後故障があったか、間近の記録会で久しぶりにレースに出て30分54秒だった。

2組
大隅裕介(2年)
箱根13年補欠
日本学生ハーフで65分台で走った選手。間近の記録会で30分57秒だった。自己ベストは30分05秒。

池田紀保(3年)
箱根13年4区11位(55位)・12年(187位)
全日本12年(OP16位)・11年(2組34位)
関カレ13年5000M22位・12年3000SC8位・11年3000SC予選
4月に14分31秒の自己ベスト。関カレはあまり良くなく、間近の記録会でも31分23秒かかった。

3組
片川準二(4年)
箱根13年2区14位(28位)・12年(73位)・11年(74位)
全日本12年(3組7位)・11年(1組14位)・10年(OP21位)
関カレ13年10000M19位ハーフ3位・12年ハーフ13位10年5000M28位
関カレハーフで表彰台に立った選手。10000Mも自己ベストは28分台である。

大崎翔也(4年)
箱根13年5区12位(50位)
全日本12年(2組18位)
関カレ12年ハーフ17位
4月にそれぞれ14分28秒、29分22秒の自己ベストを出したが、関カレハーフ欠場し、間近の記録会で30分41秒。

4組
市田孝(3年)
箱根13年3区11位(23位)・12年(121位)
全日本12年(4組10位)・11年(4組23位)
関カレ13年5000M6位10000M3位・11年5000M13位10000M21位
4月に28分43秒の自己ベスト、関カレでも2種目で自己ベストをだすなど今波に乗っている。

市田宏(3年)
箱根13年1区5位(56位)・12年(111位)
全日本12年(4組3位)・11年(4組28位)
関カレ13年ハーフ1位3000SC3位・12年10000M21位ハーフ41位・11年3000SC10位5000M26位
関カレハーフで優勝。3000SCでも表彰台に立った選手。昨年の全日本予選会は激走した。

補欠
平塚祐三(3年)
箱根13年補欠(146位)
関カレ13年3000SC5位・12年3000SC予選11年3000SC予選
日本学生ハーフで64分台。4月に14分24秒の自己ベスト、間近の記録会で30分12秒の自己ベストと好調な選手。

植木章文(3年)
箱根13年10区12位(66位)
4月に15分28秒だったが、その後久しぶりに出た間近の記録会では30分14秒とわるくなかった。

主なエントリー漏れ
吉川修平(4年)・・主将。4月に14分54秒、31分27秒など状態が上がってきていなかった。

変更予想 2大隅・池田→平塚・植木
個人的に大隅のエントリー入りは驚きましたが、エントリー自体は順当にできたと思います。変更は補欠の2人は両方とも入ると思います。大隅は必ず変わると思いますが、もう1人は池田と大崎の復調具合次第かなと。ただ、3組に入っても厳しいと思うので、池田と交代にしておきました。通過に向けての1番のカギは中堅の上級生がどれくらい復活しているかということでしょう。大西や池田、大崎といた選手は春先自己ベストをだすなど好調でしたが、その後調子を崩したなどで間近の記録会ではそこまで良いタイムを残せませんでした。ですから、そこがカギでしょう。その中で1番不安なのは大崎。春先を見ていると、3組を任すもう1人は大崎かなといった印象だったのですが、前述のように調子を戻し切れていません。他の選手でも苦戦するでしょうので、何とか復調していてほしいなと思います。ただ、最終組は十分強いので、大崎が踏ん張れなくてもそれ以外の選手が力を出し切ればギリギリ通るか。とりあえず、最終組までに通過圏内とどれくらいの差に抑えられているかが重要だと思います。通過の可能性は個人的には比較的高いとふんでいます。

全日本大学駅伝関東予選(8)拓殖大学

1組
尾上慎太郎(3年)
箱根13年(127位)
関カレ13年3000SC予選
昨年の箱根予選会で粘りの走りを見せた選手。間近の記録会で30分12秒の自己ベストをだした。

櫻井一樹(3年)
箱根13年(270位)
全日本11年(3組39位)
関カレ13年10000M23位
4月に29分58秒など5000Mや10000Mで3週連続で自己ベストを更新した選手。間近の記録会は30分09秒で走った。

2組
奥谷裕一(4年)
箱根12年7区6位
全日本11年(1組32位)
関カレ13年ハーフ13位
昨年は故障で苦しんだ選手。今春5000Mで2回自己ベストを更新し、関カレハーフも悪くない成績を残した。

札元貴大(4年)
4月に5000Mで自己ベスト、間近の記録会でも自己ベストの30分00秒でチーム2番手だった。

3組
金森寛人(2年)
箱根13年(118位)
全日本12年(2組23位)
関カレ13年ハーフ39位12年5000M25位
4月に29分34秒の自己ベストをだしたが、関カレハーフで撃沈、間近の記録会も30分08秒とあまり良くなかった。

佐護啓輔(3年)
箱根13年(65位)・12年4区18位(補欠)
全日本12年(4組27位)
関カレ13年5000M15位10000M26位・12年1500M8位・11年1500M予選
日本人エース。4月に29分17秒の自己ベストを出すなど春は好調。関カレは10000Mは撃沈したが、5000Mは悪くなかった。

4組
栩山健(2年)
箱根13年(102位)
関カレ13年ハーフ16位
4月に5000Mで14分30秒、10000Mで29分39秒の自己ベスト。関カレハーフも粘った。

ダンカン=モゼ(4年)
箱根13年(2位)・12年3区5位(1区1位)・11年補欠
全日本11年(4組3位)・10年(4組1位)
関カレ13年5000M1位10000M4位・12年1500M6位5000M28位10000M3位・11年10000M1位5000M7位・10年10000M1位5000M1位
1年時からトラックは得意な選手。最近、ロードにも適応してきており、関カレは2年ぶりに優勝した。

補欠
早川和樹(3年)
箱根12年補欠
全日本11年(OP27位)
4月に30分23秒の自己ベストをだしたものの、春から調子が良くなく間近の記録会も30分33秒かかった。

木寺良太(4年)
箱根12年補欠
全日本12年(1組40位)
あまり目立っていなかったが、間近の記録会では29分59秒とチームで1番良かった。

主なエントリー漏れ
東島彰吾(2年)・・都道府県駅伝1区3位の実績がある選手。間近の記録会は30分23秒とそこまで悪くなかったが。

変更予想 1尾上→木寺
昨年はボロボロとエントリーから漏れましたが、今年はしっかりとエントリーできた印象。変更予想はこのままでもいい気もしますが、木寺が前半の誰かと変わると思います。個人的に少し日本人選手を動かしてきたなというのが正直な印象。個人的には2組にスピードのある金森を持ってきて、3組は栩山と奥谷、最終組に昨年悪くなかった佐護がベストだと思うのですが、はたしてどうなるでしょうか。戦力的には國學院とほぼ同じくらいで実力を出し切れば通過する可能性もあるという気もするのですが、毎年この全日本予選会は苦手としています。今年も前半の組から撃沈する可能性も十分あるので、通過とは言わないまでも秋に向けてある程度収穫のあるレースをしたいところです。

全日本大学駅伝関東予選(7)城西大学

1組
松村陣之助(1年)
関カレ13年5000M29位
松村元輝の弟。今年の都道府県駅伝で4区2位だった。大学に入ってからまだ目立った成績は残せていない。

室井勇吾(2年)
全日本12年(OP11位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC7位
昨年は距離に対応するのに時間がかかった。調子は悪くなかったが関カレは予選落ち。間近の記録会で30分26秒。

2組
高柳翔(2年)
都大路4区8位の実績がある選手。4月末に29分56秒の自己ベスト。5月半ばの5000Mも悪くなかった。

平田啓介(4年)
箱根(出雲) 13年6区13位(6区9位)・12年6区4位(47位)11年8区13位(補欠)
全日本12年(2組8位)・11年4区10位(2組17位)・10年5区8位(1組13位)
関カレ(日カレ)13年1500M予選・ 12年1500M5位・11年1500M予選・10年1500M予選(1500M5位)
昨秋から不調に苦しんでいる選手。今年も調子が上がらず、関カレも予選落ちしてしまった。

3組
村山紘太(3年)
箱根13年2区15位(1区9位)・12年1区5位
全日本12年(4組2位)・11年3区11位(4組2位)
関カレ13年5000M12位・12年5000M12位11年5000M21位
城西大のエース。昨秋に大きく記録を伸ばしたが、ユニバーシアードを逃し、関カレも入賞できなかった。

横田良輔(3年)
箱根13年補欠(補欠)・12年補欠(99位)
全日本11年補欠
関カレ13年ハーフ15位
今勢いのある選手。日本学生ハーフで63分台を出すと、4月末の記録会でも29分29秒の自己ベスト。

4組
松村元輝(3年)
箱根13年3区9位・12年補欠
全日本11年補欠
関カレ13年ハーフ30位・12年ハーフDSQ
10000Mを28分台で走るなど調子が良かったが、関カレは撃沈してしまった。

山口浩勢(4年)
箱根(出雲) 13年補欠(3区7位)・12年4区4位(66位)11年4区4位(1区10位)
全日本(予選) 12年(3組6位)・11年2区12位10年1区16位(2組12位)
関カレ(日カレ)13年3000SC1位5000M6位・ 12年3000SC1位5000M13位・11年3000SC1位・10年3000SC1位(3000SC2位)
城西大の大黒柱にして主将。日本選手権はアクシデントで完走がやっとだった。

補欠
高橋一生(1年)
関カレ13年10000M34位
10000M29分17秒で走ったことがある選手。5月半ばに5000Mで自己ベストを出したが、関東インカレは体調不良で良くなかった。

菊地聡之(1年)
春先は調子が良く、10000Mも30分05秒で走ったが、徐々に調子を落とし間近の記録会では31分21秒だった。

主なエントリー漏れ
山本雄大(2年)・・5月に5000Mで自己ベストだったが、昨年日本人トップだった関カレ1500Mで予選落ちした。

変更予想 1松村→高橋

ほぼ主力はエントリーされました。変更予想は松村は今春好調というわけではないですし、10000Mの結果があるわけでもないですから、高橋の調子が戻っていれば高橋がエントリーされるでしょう。さて、主力はほぼエントリーされましたが、どれくらい状態が戻ってきているかがカギでしょう。平田はまだ2組ですから最低限には走ってくれるでしょうが問題は最終組。2人とも万全ならば稼いでくれるのですが、松村は関カレハーフ撃沈からどれくらい戻してこれるか、山口は日本選手権でアクシデントがありましたがどれくらいの状態なのかは気になるところです。作戦面のカギは3組村山でしょう。4組でも上位に入れる選手なのに3組ということは大きく稼ぎにきているといったところか。他では高柳や伸び盛りの横田の3組挑戦にも注目です。力はあり、ミスがなく状態が万全であれば十分通るでしょうが、どちらにも不安を抱えているチーム。変更も含めてどれくらい力を出し切れるかに注目です。

全日本大学駅伝関東予選(6)國學院大學

1組
中瀬薫(2年)
箱根13年補欠
全日本12年(2組20位)
5月半ばの記録会は30分04秒で走り、6月初めに5000Mで14分28秒の自己ベストを出した。

川副智洋(3年)
箱根13年(補欠)
焼津ハーフもあまり良くなく、4月末の記録会も30分40秒だったが、間近の記録会では30分28秒で走った。

2組
我妻佑起(2年)
箱根13年8区6位
関カレ13年10000M28位
4月末に10000Mを29分39秒の自己ベストで走ったが、関カレは撃沈した。

小原大輔(4年)
箱根13年補欠・12年補欠・11年補欠
全日本12年(OP21位)
関カレ13年ハーフ29位
4月末に29分53秒の自己ベストを出し、関カレは良くなかったものの間近の記録会は30分12秒で一番良かった。

3組
大下稔樹(3年)
箱根13年5区11位(2区7位)・12年7区16位(5区8位)
全日本12年(3組18位)・11年(3組30位)
関カレ13年5000M26位
昨年の全日本予選会3組で粘った選手。今年は4月末に29分台で走ったが、関カレは良くなかった。

沖守怜(3年)
箱根13年1区19位(3区9位)・12年4区13位(補欠)
全日本12年(4組20位)
関カレ13年ハーフ14位・12年10000M16位11年3000SC9位
準エース。箱根は体調不良で上手く走れず、その後4月にようやくレース復帰したが、関カレは悪くなかった。

4組
寺田夏生(4年)
箱根13年2区15位(1区6位)・12年5区5位(6区8位)11年10区11位(73位)
全日本12年(4組12位)・11年(3組8位)・10年(3組21位)
関カレ13年5000M13位10000M12位・12年5000M9位10000M15位11年10000M14位
國學院大のエース。爆発力はないが、非常に安定感がある。関カレも入賞まであと少しだった。

柿沼昴太(4年)
箱根13年3区14位・12年補欠
全日本12年(2組14位)・11年(OP16位)
関カレ13年ハーフ4位
昨年の上尾ハーフで記録を出してから主要区間でも使われるようになった選手。関カレハーフで入賞。

補欠
廣川倖暉(2年)
箱根13年4区14位
昨春に急成長した選手。今年度は5月半ばに5000Mで14分33秒の自己ベスト。

稲毛悠太(1年)
5月半ばの初10000Mで29分56秒で走った。6月初めの5000Mは14分44秒だった。

主なエントリー漏れ
蜂須賀源(1年)・・今年の國學院大の中での目玉。間近の記録会で30分57秒などまだ状態が上がってきていない

変更予想 1川副→稲毛
故障者もおらず極めて順当なエントリーを組めた印象。変更予想は川副は個人的に走る気はしないので、廣川か稲毛に変更になると思います。不安な点はあまりないのですが、しいて言うならば大下か。春先は本来の実力からすると少しだけ物足りないレースが続いていたように個人的には思うので、しっかり合わせてほしい。あと、昨年の全日本予選会は1組で撃沈してしまったので、そのようなミスがないことは通過の最低条件でしょう。通過するかどうかですが、心配な人はいない代わりに大きく稼げそうな選手もいない。全員が本来の実力を出し切れれば、ボーダー付近に個人的には行くと思います。

全日本大学駅伝関東予選(5)法政大学

1組
坂田昌駿
昨年のIH5000Mで決勝に残った選手。今年は14分40秒台しかまだ出していない。

佐藤和仁
箱根13年補欠
関カレ13年ハーフ34位
焼津ハーフは悪くなく、5月半ばには10000Mを29分56秒の自己ベストを出したが、関カレハーフは撃沈。

2組
森永貴幸
箱根13年補欠(94位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC予選・11年3000SC予選
箱根予選会94位、日本学生ハーフで64分台を出したが、短い距離では結果を残せていない。

高梨寛隆
箱根13年10区16位
全日本11年(OP20位)
春先に5000Mで自己ベスト、10000Mは5月半ばに29分57秒の自己ベストを出した。

3組
足羽純実
関カレ13年5000M23位
今年は好調で、関カレも悪くなかった。10kmの都大路1区は区間18位。

田井慎一郎
箱根13年3区13位(42位)・12年(107位)
全日本12年(3組12位)11年(OP4位)・10年(2組38位)
関カレ13年10000M22位・12年5000M30位10000M19位・11年ハーフDSQ・10年3000SC予選
日本学生ハーフで62分台を出し、5000Mと10000Mで自己ベストを出したが、関カレはイマイチでした。

4組
西池和人
箱根13年1区3位(18位)・12年(173位)
全日本11年(1組26位)
関カレ13年5000M9位10000M7位
法政大のエース。冬に軽い故障をしたが、関カレで入賞するなど状態を戻してきている。

関口頌吾
箱根13年5区2位(41位)・12年(104位)
全日本12年(4組24位)11年(1組20位)
関カレ13年10000M11位ハーフ2位・12年ハーフ18位
今年の山を湧かせた選手。日本学生ハーフで63分01秒、5000Mと10000Mで自己ベストを出し、関カレハーフでも2位に入った。

補欠
黒山和嵩
箱根13年4区3位(134位)・12年(250位)
全日本12年(2組6位)
関カレ13年ハーフ14位・11年5000M31位
前回の箱根4区で好走した選手。5月半ばの10000Mで30分02秒、関カレハーフも悪くなかった。

田子祐輝
箱根12年6区10位(16位)・11年(156位)
全日本12年(3組32位)11年(2組31位)
関カレ13年3000SC3位11年3000SC12位
一昨年度の箱根予選会でチームトップだった選手。昨年は故障に苦しんだが、今年は復調している。

主なエントリー漏れ
佐野拓馬(3年)・・昨年の箱根予選で好走した選手。春先に自己ベストを出したが、その後レースにでていない。
藤井孝之(2年)・・今年の箱根を走った。5月半ばに30分09秒の自己ベストを出した。

変更予想 1坂田→黒山 3足羽→田子
佐野はエントリー漏れするだろうと思っていましたが、藤井孝もエントリー漏れしましたか。変更予想はこうでしょう。足羽は前半の組に入るだろうと思っていましたが、後半の組なら少し不安な気がします。田井が万全でないなら走る可能性もなくはないですが。前半の組は高梨は好調、黒山は不安定な時もありますが関カレで結果を残していますし、佐藤も関カレは撃沈したとはいえ、それ以外は好調。森永が10000Mというのは少し不安ですが、個人的には20位台にはとまると思います。後半の組の不安は田井でしょう。関カレ欠場しましたが、どれくらい復調しているかは課題。ただ、それを抜いても田子は調子良いですし、4組の2人は万全ですね。個人的にはトップ通過ほどの爆発力はないものの、安定して上位で通過してくると思います。

全日本大学駅伝関東予選(4)上武大学

1組
岡添大樹(1年)
今年の都大路4区13位だった。トラックの自己ベストは14分41秒で、今年も14分40~50秒台。

松元航(3年)
箱根13年8区17位(90位)・12年補欠
全日本12年6区6位・11年補欠(1組27位)
チーム5・6番目の選手。4月末に10000Mを29分台で走った。

2組
大西淳貴(3年)
箱根13年10区15位(101位)・12年補欠(154位)
全日本12年7区9位・11年補欠(OP24位)
関カレ13年ハーフ31位・12年ハーフ28位
チーム5・6番目の選手。4月末に30分11秒の自己ベストを出したが、関カレハーフでは撃沈した。

中根広幸(3年)
箱根13年補欠
関カレ13年5000M25位
4月末に30分27秒の自己ベストを出したが、関カレは撃沈した。

3組
志塚亮介(1年)
14分36秒の自己ベストを持って入学した選手。今年は14分40秒~50秒台でしか走っていない。

佐々木天太(3年)
箱根13年1区20位(47位)・12年補欠(90位)
全日本12年5区5位・11年7区10位
関カレ13年ハーフ49位
主将。4月半ばに14分29秒の自己ベストを出したが、関カレハーフでは撃沈した。

4組
佐藤舜(3年)
箱根13年2区18位(22位)12年1区7位(10位)
全日本12年2区12位・11年1区10位(4組6位)
関カレ13年10000M9位12年3000SC2位5000M27位・11年3000SC1位
昨年は調子が上がらなかったが、今年は28分台を出し関カレでも入賞まであと一歩だった。

倉田翔平(3年)
箱根13年補欠(34位)・12年4区17位(51位)
全日本12年1区3位・11年2区10位(4組31位)
関カレ13年5000M32位・12年5000M18位・11年1500M予選
故障から4月に復帰した。記録会では14分22秒を出したが、関カレは15分台の撃沈。

補欠
三好慎平(2年)
関カレ13年10000M38位
4月末に30分21秒の自己ベストを出したが、関カレでは撃沈した。

山岸宏貴(4年)
箱根(予選会) 13年3区15位(44位)・12年3区18位(76位)11年補欠(93位)
全日本12年3区7位・11年5区5位(3組10位)・10年(1組29位)
関カレ13年5000M18位10000M5位・12年5000M32位・11年5000M23位
学生ハーフ3位を皮切りに、13分台28分台、関カレ入賞など今非常に勢いに乗っている選手。

主なエントリー漏れ
三橋純之介(4年)・・5月に14分33秒で走り、間近の記録会で30分11秒の自己ベストをだした。

変更予想 3志塚→山岸

故障者などのエントリー漏れはありませんでしたね。個人的には記録会で記録を出していた三橋や高津戸が外れて、志塚や岡添が入ったのは意外でしたが来年も見据えてということなのでしょうか。変更は3組は山岸になると思います。倉田の状態が上がっていないときに最終組に変えることも考えましたが、その場合、3組が不安すぎます。もう片方の三好は岡添か中根と変わるかもしれません。全体的にいえるのはやはり層が薄いなということ。大西・松元以外の1組2組の2人は誰が来ても厳しいとおもいます。あと、佐々木と倉田も不安でしょう。佐々木は単純に実力が少し足りない印象。何とか20位台で踏ん張ってほしい。倉田は万全ならば佐藤とともに稼げそうですが、どれくらい復調しているのかに課題。とりあえず、片方(松元・大西・山岸)ががんあってもう片方をフォローしながら悪くないところにつけ、最後に少し浮上して何とか通過するというのが理想ですが、個人的には結構厳しそうだと思います。

全日本大学駅伝関東予選予想(3)東海大学

1組
上原将平(4年)
箱根13年(176位)・12年補欠・11年補欠
全日本12年(2組34位)・11年補欠
関カレ13年ハーフ24位
日本学生ハーフで64分台、焼津ハーフで8位に入った。関カレハーフは少し上手くいかなかった。

荒井七海(1年)
関カレ13年1500M予選
5月に14分15秒の自己ベスト。間近の記録会で初10000Mを30分34秒で走った。

2組
廣田雄希(1年)
即戦力ルーキー。5月に14分07秒の自己ベスト。関カレは欠場したが、間近の記録会で10000Mを30分07秒で走った。

吉川修司(3年)
箱根12年8区20位(補欠)
全日本11年2区8位
ポテンシャルは高いが、故障が非常に多い選手。間近の記録会で30分27秒でレース復帰。

3組
石橋安孝(1年)
関カレ13年3000SC5位
即戦力ルーキー。5月に14分07秒の自己ベスト、関カレも入賞し、間近の記録会でも29分53秒で走った

宮上翔太(2年)
箱根13年(154位)
全日本12年5区12位
関カレ13年ハーフ29位
日本学生ハーフで63分台で走った選手。4月に初めて10000Mを走り、29分39秒だった。

4組
中川瞭(3年)
箱根13年(84位)・12年補欠(4区5位)
全日本12年1区8位(4組4位)・11年3区4位
関カレ13年10000M13位
昨年の全日本予選会最終組で爆走した選手。間近の記録会でもダントツで29分36秒で走った。

元村大地(4年)
箱根13年(59位)・12年1区11位(補欠)・11年3区3位(51位)
全日本12年2区11位(4組15位)・11年4区7位・10年4区11位(3組1位)
関カレ13年5000M24位10000M20位・12年ハーフ8位・11年10000M10位ハーフ3位・10年3000SC4位
下級生の頃勢いがあった選手。リレカで29分04秒の自己ベスト、関東インカレも最低限まとめた。

補欠
土屋貴幸(1年)
関カレ13年ハーフ19位
ハーフの高校記録保持者。関カレハーフでも健闘。間近の記録会では30分30秒。

桐原翔太(1年)
間近の記録会で初10000Mを30分24秒で走った。


主なエントリー漏れ
白吉凌(2年)・・昨年の全日本予選会で1組でトップを取った選手。4月に29分23秒を出したが、5月に故障。
桑江貞信(4年)・・今春に29分50秒の自己ベストを出した選手。間近の記録会も30分18秒だったが。

変更予想 1上原→土屋
桑江が外れたのは意外でしたが、基本的には故障者を抜いては順当なオーダーを組めたかなというのが正直な印象。変更予想は吉川が復調していれば、1組に変更があるかどうかだけだと思います。不安な点は1組でしょう。1組は1年生や昨年の全日本予選会で失敗した上原で冷静な走りができるかどうかが不安です。1組を耐えて2組3組で稼いでおきたいところ。廣田や石橋といった高校時代の実績のある選手に、力のある宮上と吉川ですからそこそこ稼げると思います。最終組は昨年はできすぎで、圏内にいたままになるよう粘るくらいというイメージです。さっと考えたときは厳しいと思っていたのですが、じっくり考えるとミスさえなければ通過する可能性も十分あると個人的には思います。

全日本大学駅伝関東予選(2)青山学院大学

1組
山村隼(2年)
箱根13年補欠(補欠)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC3位
関カレ3000SCでは予選で敗退してしまった。間近の記録会では14分13秒の自己ベストでチーム3番手だった。

三野貴史(3年)
箱根12年補欠(補欠)
全日本(予選会) 12年(1組4位)・11年補欠(1組19位)
関カレ13年ハーフ11位
2年連続1組でチームに貢献している。5月半ばに14分19秒の自己ベスト、関カレハーフでも粘りの走りを見せた。

2組
一色恭志(1年)
関カレ13年5000M15位
期待の即戦力ルーキー。関カレ5000Mでは新入生では1番良かった。10KMをレースで走ったことがないかも。

高橋宗司(3年)
箱根13年8区1位(補欠)・12年補欠(5区6位)
全日本11年4区8位
関カレ13年ハーフ23位・12年ハーフ11位
今年の箱根で区間賞を取った。関カレハーフでは撃沈し、間近の記録会にも出ていないが。

3組
久保田和真(2年)
箱根13年3区4位(3区1位)
関カレ13年1500M7位5000M7位
青学の現在の柱。関カレでは2種目で入賞を果たした。安定感も高い。

神野大地(2年)
関カレ13年10000M14位
4月に29分01秒の自己ベスト、関カレでも粘ったが、間近の記録会は14分43秒と良くなかった。

4組
遠藤正人(4年)
箱根13年1区18位・12年4区9位
全日本11年(1組13位)
関カレ13年10000M29位・12年10000M10位
4月半ばに29分2秒の自己ベスト、関カレで撃沈したが、間近の記録会で14分06秒の自己ベスト。

石田駿介(4年)
箱根11年補欠
全日本11年補欠
関カレ13年ハーフ21位・12年ハーフ28位
5月半ばに14分10秒の自己ベストを出したが、関カレハーフはあまり良い結果は残せなかった。

補欠
小椋裕介(2年)
箱根13年7区14位(1区7位)
全日本(予選会) 12年(1組10位)
昨年の出雲駅伝の優勝に大きく貢献した。今春は目立っていなかったが、間近の記録会で14分15秒と戻してきた。

橋本峻(2年)
箱根13年補欠(補欠)
全日本(予選会) 12年(2組22位)
今年は4月は14分48秒、5月のハーフでも良くなかったが、間近の記録会で14分18秒と上げてきた。

主なエントリー漏れ
竹内一輝(4年)・・能力は高いが故障が多い。4月半ばに28分台の自己ベストを出したが、その後姿を見せていない
藤川拓也(3年)・・スピード型の選手。関カレ10000Mは途中棄権したが、間近の記録会では1番良かった。

変更予想 2高橋→橋本 4石田→小椋

エントリーを見て不安が一気に膨らんだ印象。竹内や川崎はエントリー漏れはするだろうと思っていましたが、藤川拓がエントリー漏れするとは思いませんでした。後半の組は厳しいと思っていましたが、前半の組なら上位に来てくれると思っただけに残念。エントリー変更はさっぱりわかりません。2組の高橋は個人的には変わりそう。4組は一応個人的な趣旨として変えておきましたが、そのまま来る可能性の方が高いと思います。1組と2組は比較的順当な感じできたと思います。個人的には三野や一色はもっと後の組でも活躍してくれると思いますが。あと、先ほども述べたように高橋は結果を残していないので個人的には変わると思います。後半の組ですが、「3組と4組逆でしょ」というのが、個人的な印象。特に、エースの久保田は最終組以外ないと思ったのですが・・・。最終組、遠藤は主要区間での実績はまだなく、石田は初めての大舞台ということで個人的には相当不安です。とりあえず、3組まではボーダー圏内に入れるでしょうが、4組が厳しい。3組までにたくさんのリードを作っておいて、4組の選手が気楽に走れるようにしておきたいところです。

 

全日本大学駅伝関東予選(1)山梨学院大学

エントリーが出たので早速。

1組
上村純也(1年)
関カレ13年1500M予選5000M18位
春は自己ベストこそ出してないものの、状態が良い。10kmは都大路1区で経験、区間20位だった。

田代一馬(2年)
箱根13年(補欠)
全日本12年5区14位
関カレ13年5000M27位
4月半ばに初10000Mで29分22秒で走った。1500Mでも良い記録を出したが、関カレはイマイチだった。

2組
前田拓哉(2年)
箱根13年8区13位
全日本12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
4月末に29分43秒の自己ベスト。関カレハーフでも17位と悪くない成績。

兼子侑大(3年)
全日本12年補欠(2組19位)
関カレ13年3000SC予選
昨年の全日本予選会で悪くない走りをした。今年の学生ハーフで63分台。春先は3000SCに取り組んだが、あまり結果を残せなかった。

3組
佐藤孝哉(1年)
関カレ13年10000M18位
高校時代から非常に安定感のある選手。4月半ばに29分09秒で走り、関カレでも粘った。

森井勇磨(4年)
箱根12年補欠(131位)
全日本12年8区8位
関カレ13年ハーフ10位
昨秋に急成長した選手。箱根に出るため留年した。今年は4月末に29分38秒でレース復帰し、関カレハーフ10位。

4組
エノック オムワンバ(2年)
箱根13年2区2位(6区1位)
全日本12年2区1位(4組1位)
関カレ13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
今もっとも強い留学生。関カレでは3冠を達成した。今のところ大きな失敗レースもない。

井上大仁(3年)
箱根13年3区7位(1区5位)・12年1区10位(45位)
全日本12年1区2位(4組5位)・11年(OP11位)
関カレ13年10000M9位ハーフ5位・12年10000M11位ハーフ2位
いつも高いレベルで安定している日本人エース。今春ついに28分台を出した。

補欠
阿部竜巳(3年)
箱根13年7区13位(5区7位)
全日本12年4区8位(1組14位)
昨年の出雲や全日本で結果を残した選手。今年は4月初めに14分55秒で走ってから姿を見せていないが。

松山雄太郎(4年)
箱根13年補欠(4区6位)12年(153位)
全日本12年3区10位(OP4位)11年(3組29位)
関カレ10年1500M予選
2010年入学の中では一番チームに貢献している選手。今年は徐々に上げてきて5月半ばに14分29秒で走った。


主なエントリー漏れ
福沢潤一(3年)・・4月半ばに29分43秒の自己ベストを出したが、その後レースに出ていない。
小櫃裕太(3年)・・昨年の全日本予選会で好走。能力は高いが、故障が多い印象。

変更予想 なし

大きなエントリー漏れや状態が悪そうな選手もおらず、極めて順当にエントリーができた印象です。エントリー変更は基本的にこのままでしょう。強いて言うならば、兼子がどちらかと変わるかもしれませんが。さて、3組は非常に安定感のある選手がおり、4組は大きく稼げる選手はいるので後半は大きく稼げると思います。強いて課題をいうなら前半の組でしょうか。前田拓は安定して結果を残しており上村も今春好調でしたが、田代は関カレで撃沈、兼子は春に3000SCで結果を残せませんでした。7~8人目は少し迷ったと思います。ただ、2人とも期待できる要素はありますし、この程度の不安はどこの大学も抱えているでしょう。しかも、前半で多少出遅れても後半の組で十分取り返すことができます。ですから、エントリーを見た段階では通過は有力ではないでしょうか。

卒業生&2013年度の展望(21)日本体育大学

やっと終わった~

4年
福士優太朗
箱根13年補欠(14位)・12年6区20位(2区4位)・11年6区4位(2区1位)・10年補欠(238位)
全日本12年3区5位(OP1位)・11年3区8位(3組31位)・10年3区4位(OP3位)
関カレ12年1500M6位5000M15位・11年5000M12位10000M23位・10年10000M15位

谷永雄一
箱根13年10区2位(53位)・12年4区14位(補欠)11年10区8位
全日本11年(1組4位)・10年補欠(1組17位)
関カレ12年ハーフ19位

高田翔二
箱根13年7区2位・12年補欠(4区3位)11年5区18位
全日本11年8区12位
関カレ11年ハーフ30位・10年3000SC9位

高柳祐也
箱根13年8区2位(30位)・12年補欠(5区4位)
全日本12年7区3位(OP17位)・11年5区16位(2組16位)
関カレ12年ハーフ30位・11年ハーフ27位

早川智浩
箱根13年補欠・11年補欠(5区3位)・10年7区17位(119位)
全日本11年(3組6位)・10年6区4位(1組5位)
関カレ11年10000M13位

大田侑典
箱根13年(202位)・12年7区19位
全日本12年補欠
関カレ12年ハーフ10位

沼井俊輔
関カレ12年3000SC予選・10年3000SC3位

牧野圭祐
箱根12年補欠
全日本11年補欠
関カレ12年1500M予選・11年1500M予選・10年1500M予選

岩間一輝
箱根13年補欠・11年補欠・10年補欠(201位)
全日本11年補欠
関カレ10年ハーフ35位

押尾和也
関カレ11年1500M予選

町田勇樹
関カレ12年1500M予選
この学年で1番活躍している福士は箱根こそ出られなかったものの、昨年まで見せていた波がある面が今年は出ず、安定して結果を残していたと思います。同じく波がある高柳も秋になってから安定してチームに貢献してくれました。谷永が今年も安定した結果を残しましたし、高田や早川といった故障で戦列を離れていたメンバーも最後戻してきて、高田は箱根で走ることができました。あと、大田は秋になってから上手くいかなかったものの、前半戦驚くべき成長を見せました。


3年
服部翔大
箱根13年5区1位(35位)・12年1区2位(6区9位)11年3区2位(1区4位)
全日本12年4区1位(4組7位)・11年2区11位(4組20位)・10年8区7位(4組11位)
関カレ12年5000M3位10000M17位・11年5000M22位

本田匠
箱根13年2区4位(5位)・12年2区8位(3区3位)11年4区6位(補欠)
全日本12年2区9位(4組9位)・11年4区15位(4組8位)・10年補欠(3組29位)
関カレ12年5000M16位10000M9位・11年5000M17位10000M12位・10年5000M9位

矢野圭吾
箱根13年9区2位(6位)・12年3区13位(1区11位)11年7区14位
全日本12年8区3位(3組3位)・11年1区16位(2組19位)・10年5区10位
関カレ12年10000M8位・11年ハーフ16位

鈴木悠介
箱根13年6区7位(60位)・12年補欠
全日本12年補欠(2組13位)・11年(1組33位)・10年(OP15位)

吉村喜一
箱根12年9区19位
全日本12年(2組2位)・11年7区8位・10年補欠

甲斐翔太
箱根13年補欠(32位)・12年補欠(補欠)
全日本12年6区7位(1組5位)

石若大武
箱根11年(補欠)
関カレ10年1500M予選
服部は2012年度も良く、箱根の山登りでは大きく他チームとの差をつける走りを見せました。本田も昨年と同じく
安定していましたね。ただ、今年1年で1番伸びたのは矢野でしょう。2年の時に大きく記録を伸ばしたものの、大舞台では結果を残していませんでしたが、今年は全ての大会で素晴らしい結果を残して記録だけでなく実績でも3本柱になりました。鈴木や甲斐も今年急に成長しましたね。特に、鈴木は箱根の好走をきっかけとしてさらに冬の間に記録を伸ばしました。ただ、吉村は前半戦は良かったのですが、秋になって以降は姿を見せませんでした。

2年
木村勇貴
箱根13年4区5位
全日本12年補欠

児玉瑞樹
全日本11年(OP5位)

富田祥平
全日本11年補欠
関カレ12年1500M予選

加藤光
全日本11年補欠

オセイ・ダニエル
関カレ11年1500M予選
この学年は今年も出番がないかなとも思っていたのですが、木村が大きく記録を伸ばし福士の代わりに箱根を走ってチームに貢献することができました。そのほかの選手では加藤が日本学生ハーフで64分台を出しましたね。

1年
勝亦祐太
箱根13年1区7位(19位)
全日本12年1区7位(3組21位)

山中秀仁
箱根13年3区6位(33位)
全日本12年5区2位(1組7位)

小泉雄輝
箱根13年補欠(87位)
全日本12年補欠

奥野翔弥
箱根13年補欠
全日本12年補欠

新入生情報
坂本新 九州学院(熊本)14,31,59
12年都大路3区16位
中岡昇平 伊賀白鳳(三重)14,31,86
11年都大路6区7位
小松巧弥 倉敷南(岡山)14,32,59
12年IH3000SC10位
山本航平 八幡浜(愛媛)14,35,02
12年都大路1区36位・13年都道府県1区36位
大手敬史 熊本千原台 14,35,33
12年IH3000SC14位
小南祐介 西脇工(兵庫)14,37,68
秋山清仁 順天(東京)14,41,16
松元悠太郎 諫早(長崎)14,52,92
10都大路7区46位・11年都大路2区44位
芳之内良太 松山工(愛媛)15,05,04
11年都大路2区44位
日体大はスカウトに波があるのですが、昨年の箱根が良くなかったからか今年は低調な方に行きましたね。新3年みたいに出てくるまでに時間がかかると思います。その中で、期待できそうなのは全国駅伝で走ったことのある坂本・中岡・山本あたりでしょうか。あと、3000SCが得意な選手がいないので小松や大手あたりが伸びてくれると関カレでより点数が稼げると思います。

まとめ
新入生に即戦力はおらず、卒業生はエース級はいなかったものの中堅どころが多かったので、層がだいぶ薄くなったかなというのが正直な印象。2012年度までは9人目~17人目くらいがほぼ並んでいましたが、このまま行けば箱根などでエントリーに入ること自体はだいぶ楽になったかなと思います。ただ、昨年のようにしっかりと調整力を発揮していけば優勝争いに絡んでいけると思います。

予想オーダー
勝亦2ー本田4ー山中2ー木村3ー服部4
鈴木4ー奥野2ー小泉2ー矢野4ー甲斐4
今年の箱根で上手くいきましたし、アクシデントが起こらなければあまり変える必要はないと思います。強いていうなら木村は復路においてよりスピード型の選手を4区に置いてもいいかもぐらいでしょうか。残りの3人ですが、今の状態でいけばこの3人だと思います。吉村が復調していれば、吉村8区、小泉か奥野のどちらかを外すという感じでしょうが。

全日本駅伝関東予選(今のところの)展望
通過有力・・帝京・法政・中学・山学・大東
ボーダー・・順大・青学・國學院
厳しい?・・神大・東農・上武・城西・中大・東海
エントリーが発表される前に手軽に展望を(もちろんエントリー解析はします)。基本的に状態がよさそうなところを通過候補に挙げておきました。ボーダーは青学は様々な意味で若いチームなのでトップ通過するか撃沈するかどちらかかなと。順大は中堅どころが関カレの雪辱を果たせるかどうかといったところだと思います。國學院は個人的には大下や吾妻が復調していれば通りやすいと思うのですが。

卒業生&2013年度の展望(20)順天堂大学

4年
田中秀幸
箱根13年4区1位(2区1位)・12年3区4位(13位)・11年(135位)・10年(180位)
全日本12年(4組14位)・11年(4組19位)・10年(4組17位)・09年(2組39位)
関カレ12年5000M9位10000M7位・11年1500M12位5000M20位・10年5000M7位10000M20位・09年5000M29位

大池達也
箱根13年1区10位(1区3位)・12年4区11位(120位)
全日本12年(3組1位)・11年(1組3位)・10年(1組31位)・09年(OP24位)
関カレ11年10000M18位・11年10000M22位・10年ハーフDSQ

堀正樹
箱根13年10区9位・12年1区14位(41位)・11年(103位)・10年(162位)
全日本12年(3組25位)・11年(3組11位)・10年(2組20位)・09年(4組35位)
関カレ12年ハーフ13位・11年ハーフ11位

山崎翔太
箱根13年7区7位(補欠)・12年8区12位(124位)
全日本12年(1組17位)・09年(OP13位)

信時一輝
箱根13年6区11位・12年6区11位
関カレ11年ハーフDSQ

石井格人
箱根13年8区15位(4区8位)・12年補欠
全日本12年(2組10位)・10年(OP11位)
関カレ12年5000M26位・10年5000M25位

佐藤優太
箱根12年補欠(192位)11年(213位)・10年(284位)
全日本09年(1組8位)
関カレ12年1500M予選・11年1500M予選・09年1500M9位

有馬啓司
箱根11年(130位)
全日本10年(OP8位)・09年(3組29位)
関カレ12年1500M9位・09年5000M31位

山崎諭弘
箱根12年補欠
関カレ12年3000SC予選

大住和
箱根11年(308位)
エースの田中は秋になってから状態は良くなかったですが、つなぎ区間でしっかりと他大と差をつけましたね。あと、最終学年で大池が大きく伸びました。全日本予選会で3組1位、出雲駅伝の1区で好走、記録も大幅に自己ベストを更新しました。昨年まではスピード面で期待という感じでしたが今年は完全に主力となりましたね。あと、堀は状態が上がらないときもあったものの長い距離の安定感は健在。山崎は今年1年故障に悩まされず走ることができました。信時は春先自己ベストを連発し、箱根6区でも59分台で走りましたね。石井は自己ベストを更新したくさんチャンスを与えられましたが、あまり良い結果は残せませんでしたね。他では、久しぶりに大舞台に出た有馬が関カレで決勝に進出。最終学年全く存在感のなかった佐藤と対照的でした。

3年
小澤一真
箱根13年2区13位・12年10区3位(82位)11年(163位)
全日本12年(2組9位)・11年(3組33位)・10年(3組24位)
関カレ12年3000SC11位・10年10000M28位

岩崎祐樹
箱根13年補欠・11年(164位)
全日本12年(OP14位)・11年(2組39位)・10年(2組27位)
関カレ12年10000M29位・11年10000M28位

狩野良太
箱根13年補欠(補欠)・12年補欠・11年(180位)
全日本11年(OP7位)・10年(1組35位)

小野栄大
箱根13年補欠
主力の小沢は秋に故障明けてから好調でしたが、箱根2区起用には驚きました。ただ、しっかりと粘れたと思います。岩崎は昨年まではたまに成功レースでしたが、成長してたまに失敗レースになりましたね。ただ、正直使うのはまだ怖いところはありますね。狩野は悪くはないのですが、特筆すべき結果は残さないことが多いかな。ただ、今年の学生ハーフで63分台出しましたし、卒業生が多く抜けるので最終学年は出番が増えるのではないでしょうか。

2年
松村優樹
箱根13年9区7位(3区6位)・12年9区5位(46位)
全日本12年(4組23位)・11年(2組8位)
関カレ12年ハーフ12位

西郷貴之
箱根13年5区5位(6区4位)・12年5区15位
全日本11年(OP8位)
関カレ11年5000M24位

的野遼大
箱根13年補欠・12年7区7位(212位)
全日本11年(1組2位)

松村和樹
箱根13年補欠(補欠)・12年補欠(129位)
関カレ12年ハーフ23位
今年大きく成長したのが西郷でしょう。レースに全然出ていませんでしたが、出雲で6区4位に入って驚かせると箱根5区でも28分台の選手などと互角の走りをしました。松村優は悪くはなかったですが、1年の頃の勢いが少し落ちてしまったかなという気がします。的野は春先非常に良かったのですが、その後故障で苦しんでいますね。(※つい先日レース復帰しました)。松村は5000Mや10000Mで自己ベストを出すなど少しずつ成長しています。

1年
松枝博輝
箱根13年3区16位(5区10位)

稲田翔威
箱根13年補欠
全日本12年(1組29位)

小盛玄佑
箱根13年(補欠)
松枝がこの1年すごかったですね。入学時は自己ベストが14分50秒台と大したことない選手だったのですが、春先に大きく自己ベストを更新すると急遽任された箱根3区で粘りの走りを見せました。将来的に田中のようにチームのエース格になってくれると思いますが、チーム状況を考えるとできれば2013年度中になってほしいという気がします。ただ、稲田や吉田など他の選手はあまり元気がなかったですね。

新入生情報
森湧暉 小林(宮崎)14,22,17
11年都大路3区11位・12年都道府県4区15位・12年IH5000M14位・12年都大路1区14位
安斎宰 光明相模原(神奈川)14,14,16
12年都道府県4区10位・12年IH1500M4位・13年都道府県1区24位
聞谷賢人 愛知学院愛知 14,30,44
山下智貴 松山北(愛媛)14,50,73
12年IH3000SC11位
西沢卓弥 浜松湖東(静岡)14,41,62
新迫基 世羅(広島)14,45,87
甲斐智樹 宮崎工 14,47,91
大石龍太郎 諫早(長崎)14,59,69
11年都大路4区40位
甲斐大貴 柏日体(千葉)14,54,57
12年都大路4区38位
宮川慎太郎 白河(福島)14,52,91
今年も他の強豪校と比べると少し見劣りのする補強となりました。ただ、その中で森は1年目から計算が立つと思います。特に、大きな実績はIH5000Mで決勝に残ったぐらいですが、各大会で非常に安定しています。他では、安斎はスタミナ面には課題があるものの素晴らしいスピードを持っています。ただ、個人的には、大学に入ってスピード型の選手が距離を伸ばそうとして故障に苦しむパターンも多いですから、まず得意な距離で結果を残してほしいところ。あと、順大は3000SCが得意な選手はいないので山下はこのチャンスを生かして将来的には関カレでポイントを取ってほしいですね。もちろん、14分30秒台の自己ベストを持つ聞谷にも注目です。

まとめ
新入生は例年並みには取れたものの、ここ2年間の再生を支えていた田中たちが抜けたことで一気に質・量ともにきびしくなった印象。全く戦えないというわけではありませんが、シード権獲得には全体的にあともう少しレベルアップが必要になるのではないでしょうか。


予想オーダー
森1ー小澤4ー松枝2ー的野3ー西郷3
安斎1ー狩野4ー松村和3ー松村優3ー稲田2
卒業生の穴は大きいのですが、実は1区以外の主要区間は残っているのですね。今回は当然それをベースにして考えました。1区は森が安定してきてくれるのではないかと。状態を戻していた場合、的野の起用区間がカギになるかな。4区において3区まで耐えて4・5区で抜け出し9区まで耐えるか、7区に置いて山下りのフォローをさせるかのどちらかになるでしょう。どちらにせよ山登りのあたりでジャンプアップしてシード圏内に入るイメージではないでしょうか。

卒業生&2013年度の展望(19)東京農業大学

4年

木村翔太
箱根13年1区15位(11位)・12年9区17位(11位)・11年10区10位(6区9位)・10年補欠(161位)
全日本12年(3組9位)・11年(3組2位)・10年(3組20位)
関カレ12年ハーフ3位・11年ハーフ17位・10年ハーフ6位

内藤寛人
箱根13年5区15位(17位)・12年4区19位(33位)11年補欠(5区7位)
全日本12年(2組38位)・11年(2組13位)
関カレ12年ハーフ2位・09年3000SC予選

青木優
箱根13年9区5位(58位)・12年1区16位・11年補欠
全日本12年(4組16位)・11年(4組10位)
関カレ12年10000M17位・11年ハーフ5位

花田昌之
箱根13年10区8位(139位)・12年10区18位(17位)・11年補欠(補欠)
全日本10年(OP26位)
関カレ10年ハーフ9位

片山優俊
箱根13年補欠(200位)

古屋広樹
関カレ11年1500M9位

高瀬昌俊
関カレ11年1500M予選・10年1500予選

秋谷吉彦
関カレ10年1500予選
チームの柱だった木村は今年も安定感がありましたね。ただ、箱根は今年も気合が入りすぎて失敗しました。青木も昨年と同じく主要区間で一定以上の結果を残しましたね。箱根予選会は期待通りではなかったものの、箱根駅伝では好走してくれました。あと、昨年の日本学生ハーフで62分台を出した内藤は不安定でしたが、関カレハーフなど結果を出すときはだしましたね。他では、前回の箱根予選会で好走した花田が今回の箱根でそれ以来の好走をしました。

3年
佐藤達也
箱根13年7区10位・12年6区2位(261位)・11年補欠(補欠)
全日本11年(1組17位)・10年(1組10位)
関カレ12年10000MDNF・11年10000M9位・10年5000M18位

三輪晋太郎
箱根13年6区13位(112位)・12年補欠(69位)
全日本12年(1組12位)

津野浩大
箱根13年補欠・12年5区20位(144位)・11年5区17位(補欠)
全日本11年(OP10位)
関カレ11年ハーフ31位

山本和樹
箱根13年補欠(92位)・12年補欠
全日本12年(1組23位)・11年(1組25位)・10年(OP4位)
関カレ12年ハーフ36位

大河原謙人
全日本12年(OP28位)

矢澤舜
箱根13年(251位)

村山佳悟(3年)
関カレ12年3000SC予選
この学年で1番結果を残している佐藤ですが、故障が多いですね。今年も関カレで途中棄権した後、箱根には何とか間に合わせましたが、故障が長引きました。三輪は安定して結果を残していたのですが、今冬は上手くいきませんでしたね。あと、山本がまだ抜けきっていませんが少しずつ安定してきたかなと思います。津野は夏までは姿を見せませんでしたが、秋から少しずつ少しずつ戻してきていますね。あと、春先に大河原が記録を伸ばしました。

2年
浅岡満憲
箱根13年3区19位・12年3区7位(29位)
全日本12年(4組35位)・11年(3組3位)
関カレ12年1500M5位5000M5位・11年1500M4位5000M3位

竹内竜真
箱根13年2区19位(9位)・12年8区11位(71位)
全日本12年(3組22位)・11年(2組7位)
関カレ12年10000M11位・11年10000M15位

岩渕慎矢
箱根13年8区16位(61位)・12年補欠(83位)

島田直輝
関カレ11年5000M21位

田中優
箱根13年補欠
エースの浅岡は前半戦は上手くいっていました(全日本予選会は賭けの走りをしたので仕方ない)が、箱根予選会の頃に故障しましたね。そういえば、昨年も箱根予選会は故障明けで出ました。2013年度はしっかりと合わせてもらいたいところ。あと、竹内がもともと安定感はありましたが、箱根予選会で9位と大きく飛躍しましたね。岩渕も姿をなかなか見せませんでしたが、箱根予選会で好走してくれました。ただ、肝心の箱根駅伝で全員撃沈。箱根でリベンジをぜひ果たしてもらいたいと思います。

1年
戸田雅稀
箱根13年4区20位(136位)
全日本12年(2組26位)
関カレ12年1500M1位5000M19位

遠藤凌平
箱根13年(123位)

佐野雅治
箱根13年補欠
全日本12年(OP20位)
関カレ12年3000SC2位

大橋真弥
箱根13年補欠
IH1500M優勝者の戸田ですが、スピードは大学でも通用しましたね。油布が欠場したとはいえ、いきなり関カレで優勝してしまいました。長い距離ですが、秋に10000M28分台出すなど時間はかかりながらも少しずつ適応してきた印象。このまま適応して箱根予選会では浅岡とともに大きく稼いでほしいです。他では、遠藤が箱根予選会で初年度としてはまあまあの結果。佐野も自分の得意種目では表彰台に上るというしっかりと結果を残してくれました。

新入生情報
矢口寛大 白鵬大足利(栃木)14,44,34
12年都大路6区1位
木山雄生 観音寺一(香川)14,42,00
12年都道府県5区34位・13年都道府県5区45位
畠山泰成 一関学院(岩手)14,49,72
11年都大路6区32位・12年都大路1区46位・13年都道府県5区44位
荒木瞭一 東海大山形 14,48,43
12年都大路3区40位
前野裕行 須磨学園(兵庫)14,49,18
田村和基 十日町(新潟)14,51,39
安食徹郎 山形中央 14,56,34
西村昌悟 松山(埼玉)14,57,24
帯津佳祐 農大三(埼玉)14,59,14
ここ数年の低調を受けてか一気に新入生がさびしいものになりましたね。その中で唯一1年目から活躍する目があるとしたら矢口でしょう。都大路6区で区間賞。日体大の奥野のように今年成長してくれたら理想的だと思います。他に、エース区間の出走経験のある木山や畠山、おそらく明大の前野の弟である前野裕行などがいますが、上級生になってから期待するといったところでしょう。

まとめ
卒業生の穴が少なくなく、何より計算できそうな新入生がいないことで相当厳しくなったと思います。とはいっても、上から10人はある程度の力を持っている選手がいる。例年調整に失敗して撃沈していますが、層が薄くなった今年は例年よりもさらに調整力が必要になるでしょう。あと、新入生から伸びてくるのは厳しいでしょうから、2年生以上からどれくらい伸びてくるかに期待。

予想オーダー
戸田2ー竹内3ー浅岡3ー矢口1ー三輪4
佐藤4ー佐野2ー遠藤2ー岩渕3ー山本4
オーダーを組んでみましたが、正直言って質・量ともに物足りない印象です。特に主要区間を任せられそうな人材が戸田・竹内・浅岡(・佐藤)しかいない。とりあえず、1区~3区に並べるしかないかなと。1区は戸田でどんなペースでも上位につけて2区で耐えて3区で浮上する。その後、山で安全圏に逃げ込んで後は粘るというように考えました。5区は今年6区の登りで1番速かった三輪が現実的な選択肢だと思います。

卒業生&2013年度の展望(18)山梨学院大学

もちろん、全日本大学駅伝予選会のエントリー発表までには記事をあげきっておきます。

4年
牧野俊紀
箱根13年9区4位(3区13位)12年8区6位(61位)11年8区11位(補欠)
全日本12年補欠(3組14位)10年3区13位
関カレ11年ハーフ35位

松本大樹
箱根13年5区13位・12年5区9位
全日本12年6区9位

伏島祐介
箱根12年6区18位(169位)・11年4区18位(補欠)
全日本11年(2組14位)・10年6区8位
関カレ12年3000SC6位・11年3000SC4位・10年3000SC6位

土田俊徳
箱根13年1区16位・12年補欠
全日本12年(2組1位)
関カレ12年10000M28位

鳥羽和晃
箱根13年4区14位(2区8位)・11年補欠(2区11位)
全日本12年7区4位・10年補欠
関カレ10年5000M27位

篠塚春希
箱根13年補欠・12年補欠(77位)11年補欠(補欠)
全日本10年補欠
関カレ12年ハーフ21位

藤岡将大
箱根13年補欠・12年補欠・11年補欠

松岡勇気
全日本11年(3組36位)

小久保雄太
全日本11年(1組34位)

福元雄大
全日本10年補欠

藤井翼
関カレ09年5000M27位

土屋毅
関カレ12年3000SC予選09年3000SC予選

北園大祐
関カレ11年1500M予選

森井勇磨
箱根12年補欠(131位)
全日本12年8区8位
昨年までも1番活躍していた牧野が良かったですね。全日本予選会で良かった後、出雲から大きく調子を落とした時は良くなかったですが、最後の箱根では力以上の物が出せたと思います。対照的に、3年まで10000Mまでの距離でチームに大きく貢献していた伏島は最終学年は関カレの後一気に調子を落としてしまいました。あと、松本は最終学年で自己ベストを出して臨んだ5区はあまりうまくいきませんでしたが、上級生になって山登りの役割を悪くなくこなしたと思います。他では、2011秋に大きく記録を伸ばした土田が最終学年の全日本予選会や箱根でチームに大きく貢献、故障が多かった鳥羽も最後の3大駅伝を走ることができました。4年秋に急成長した森井は故障で最後の箱根に出られなかったことが悔しく留年するらしいです。相当覚悟があってのことだと思いますので、ぜひ箱根でチームに大きく貢献してほしいです。

3年
松山雄太郎
箱根13年補欠(4区6位)12年(153位)
全日本12年3区10位(OP4位)11年(3組29位)
関カレ10年1500M予選

宮本悠矢
箱根12年7区15位(93位)

松下巧臣
箱根13年(補欠)
関カレ12年5000M25位

的場一樹
箱根13年補欠

小笠和也
箱根13年(補欠)
全日本11年(1組36位)

永井良祐
関カレ11年3000SC予選・10年3000SC予選
この学年は今年も信頼できる選手は出なかったかなという印象。松山は昨年よりもチームに貢献はできました。ただ、全日本駅伝ではイマイチな走りで、まだレギュラー候補といったところでしょう。唯一の箱根経験者である宮本は1年を通して実績が上がらず。あと、高校時代実績のある松下が5000Mで何回も良いタイムは出していたと思います。


2年
井上大仁
箱根13年3区7位(1区5位)・12年1区10位(45位)
全日本12年1区2位(4組5位)・11年(OP11位)
関カレ12年10000M11位ハーフ2位

小櫃裕太
全日本12年(3組5位)

福沢潤一
箱根13年10区5位(補欠)12年補欠
全日本12年補欠

阿部竜巳
箱根13年7区13位(5区7位)
全日本12年4区8位(1組14位)

兼子侑大
全日本12年補欠(2組19位)

桃沢大祐
箱根13年6区18位

手塚祐太朗
箱根13年補欠
井上は1年の頃からチームに貢献していましたが、この1年で一気に飛躍しましたね。爆発力はありませんが、全ての大会で高レベルでまとめてくれる日本人エースに成長しました。あと、1年秋から記録を出していた小櫃が全日本予選会で好走。その後は状態を崩しましたが、学生ハーフで復帰してきました。その他では、箱根こそ上手くいかなかったものの出雲全日本と良い走りをした阿部、箱根アンカーで必死に前を追った福沢はさらにこれから実績を積み重ねてほしいです。全日本予選会では兼子も悪くない走りを見せてくれました。


1年
エノック オムワンバ
箱根13年2区2位(6区1位)
全日本12年2区1位(4組1位)
関カレ12年5000M2位10000M1位

前田拓哉
箱根13年8区13位
全日本12年補欠

田代一馬
箱根13年(補欠)
全日本12年5区14位

上倉利也
全日本12年(1組19位)
関カレ12年5000M24位

前田直人
全日本12年(OP15位)

谷原先嘉
箱根13年補欠
全日本12年補欠
関カレ12年ハーフ27位
オムワンバは1年目からすごい活躍でしたね。もともと中距離ランナーということで短い距離で関カレでいきなり結果を残すと、冬までにしっかりと長い距離にも合わせてきて、箱根も2区2位。1年目から昨年のコスマスと同等以上の力を見せてくれたと思います。ただ、日本人選手は成長しているものの戦力として確定的に戦力として数えられる選手はまだいないかなと。前田拓は箱根で悪くない結果を残しましたが、良い結果を残した田代は抜擢された全日本駅伝で撃沈、上倉は前半戦は良かったものの秋以降は目立たず、谷原は良いタイムと悪いタイムを交互にだし、調子が安定しませんでした。ただ、きっかけで化ける気はするので、誰かは主力になると思います。

新入生情報
佐藤孝哉 出雲工(島根)14,17,08
10年都大路3区23位・11年都道府県5区43位・11年都大路1区27位・12年都道府県5区13位・12年IH5000M12位・12年都大路1区13位・13年都道府県1区13位
上村純也 白鵬大足利(栃木)14,07,69
12年IH1500M16位・12年都大路1区20位・13年都道府県5区31位
福元貴大 鹿児島実 14,42,58
11年都大路7区37位・12年都大路7区6位
有馬昌明 美方(福井)14,56,01
10年都大路2区42位・12年都大路3区28位・13年都道府県4区30位
秦将吾 今治北(愛媛)14,32,11
12年IH1500M9位・13年都道府県4区35位
熊代拓也 和歌山北 14,33,54
12年都大路7区10位
伊藤淑記 中部大一 14,36,65
渡辺和博 秋田工 14,37,84
田中祥幸 関根学園(新潟)14,43,13
小山祐平 日高(和歌山)14,45,41
村下翔平 札幌山の手 14,55,11
11年都大路2区30位
阿部怜央 東京実 14,51,38
今年も例年通りの補強となりました。1番の目玉は佐藤でしょう。大舞台での経験が豊富ですし、何より非常に安定感が高い。主力になってくれるでしょう。持ちタイムの良い上村も期待。ただ、レースによって波がある気がするので、安定感は高めてほしいところ。他では、例年通り中堅どころが多く加入しました。14分30秒台の持ちタイムを持つ秦・熊代・伊藤・渡辺や都大路で一定の結果を残した福元・有馬など。今年もここから数人伸びてくるのではないでしょうか。

まとめ
卒業生も新入生も例年並みという気がします。ただ、新4年に主力がおらず、付属校から来年多くの有力な新入生が入ってくるでしょうから、今年も勝負するとともに来年にもつながる1年にしてほしいと個人的には思います。


予想オーダー
佐藤1ーオムワンバ2ー井上3ー阿部3ー前田拓2
兼子3ー上村1ー小櫃3ー森井4ー福沢3
個人的に2区3区9区は確定だと思います。1区は佐藤か小櫃あたりでしょう。山登りは谷原が高瀬のように出てくれればベストなのですが、今年登り基調の区間を走った前田拓にしておきました。下りはスピードのある上村もありでしょうが、3000SCもしていて、ハーフ63分台のベストを持つ兼子かなと。

卒業生&2013年度の展望(17)城西大学

新入生がHPにのっていなかった大学は大学駅伝2013夏号が出るまで待たせてもらいました。なお、結果は2012年度までのものです。

4年
中原大
箱根(予選or出雲)13年1区6位(2区3位)・12年3区10位・11年(補欠)・10年3区18位(60位)
全日本12年(4組13位)・10年補欠(4組4位)・09年(1組5位)
関カレ(日カレ)12年5000M22位・10年10000M15位5000M8位(10000M7位5000M6位)・09年10000M23位(5000M17位)

吉元真司
箱根(予選or出雲)13年補欠・12年9区18位(86位)11年7区8位(5区8位)・10年補欠(266位)
全日本12年(1組25位)・11年6区8位(3組7位)・10年6区5位・09年(OP12位)
関カレ11年10000M19位

石橋佑一
箱根()13年9区11位(4区7位)・12年7区12位(87位)11年補欠
全日本12年(1組13位)・11年7区6位(1組15位)・10年補欠(OP16位)
関カレ12年10000M26位・11年ハーフ32位

松岡竜也
箱根13年8区10位(補欠)・12年補欠
全日本12年(2組15位)・10年7区7位
関カレ12年ハーフ31位

濱本栄太
箱根13年5区DNF(補欠)・12年8区12位
この学年で今年1年で一番活躍したのは中原ですね。昨年の箱根で故障から復帰して久しぶりに好走した後、レベルの高いレースで村山が勢いを見せていた裏で、安定して結果を残していました。対照的に、3年まで頑張っていた吉元は昨年箱根で失速して以降調子を崩してしまいましたね。順調に伸びてきた石橋や故障から復帰してきた松岡もこの1年良かったです。最後箱根で途中棄権してしまった濱本もそこまでは悪くないシーズンを過ごしていたと思います。

3年
山口浩勢
箱根(出雲) 13年補欠(3区7位)・12年4区4位(66位)11年4区4位(1区10位)
全日本(予選) 12年(3組6位)・11年2区12位10年1区16位(2組12位)
関カレ(日カレ) 12年3000SC1位5000M13位・11年3000SC1位・10年3000SC1位(3000SC2位)

平田啓介
箱根(出雲) 13年6区13位(6区9位)・12年6区4位(47位)11年8区13位(補欠)
全日本12年(2組8位)・11年4区10位(2組17位)・10年5区8位(1組13位)
関カレ(日カレ) 12年1500M5位・11年1500M予選・10年1500M予選(1500M5位)
山口は箱根こそ出られなかったものの、良くも悪くも例年通りの活躍ができたと思います。平田は前半戦は調子良かったのですが、秋になってから実力からすると物足りない結果になっていますね。

2年
村山紘太
箱根13年2区15位(1区9位)・12年1区5位
全日本12年(4組2位)・11年3区11位(4組2位)
関カレ12年5000M12位11年5000M21位

松村元輝
箱根13年3区9位・12年補欠
全日本11年補欠
関カレ12年ハーフDSQ

横田良輔
箱根13年補欠(補欠)・12年補欠(99位)
全日本11年補欠

寺田博英
箱根13年7区11位(補欠)
全日本12年(OP24位)・11年(OP2位)

二平智裕
箱根13年10区10位
関カレ12年ハーフ24位

加瀬茂樹
全日本11年補欠
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC予選

杵島凌太
箱根13年補欠
全日本11年補欠
関カレ11年3000SC予選

熊谷駿介
箱根12年(161位)

黒川遼
箱根13年補欠
村山はこの1年で自己ベストを大きく更新しましたね。ただ、両駅伝には上手く合わせられなかったので、2013年度は慎重に調整していってほしいです。他、故障で苦しんできた松村が箱根3区でまあまあの走りと結果を残してきました。箱根復路で二平や寺田が好走、横田もいるということで、スカウトの成功したこの学年が実力を発揮してきたと思います。


1年
山本雄大
箱根13年4区9位(5区12位)
全日本12年(3組37位)
関カレ 12年1500M3位

室井勇吾
全日本12年(OP11位)
関カレ12年3000SC7位

那須順平
箱根13年補欠
短い距離が得意な山本は出雲は失敗したものの、箱根で悪くない走りを見せ、思ったよりも長い距離に適応してきましたね。対照的に、個人的には即戦力になると思っていた室井が長い距離の適応に苦しみました。ただ、3000SCなどで調子は悪くなかったと思います。他では、3番目に期待されていた奈須が箱根エントリーに入りました。

新入生情報
高橋一生 大曲工(秋田)14,16,07
12年都道府県1区28位・13年都道府県5区2位
松村陣之助 西京(山口)14,07,19
10年都大路2区11位・11年都大路1区33位・12年都道府県1区31位・12年IH5000M11位・12年都大路1区27位・13年都道府県4区2位
富越洸二朗 埼玉栄 14,19,66
10年都大路6区41位・11年都大路2区20位・12年IH1500M2位・12年都大路1区22位
菊地聡之 岩倉(東京)14,34,27
榎本大樹 西武台千葉 14,45,44
新島英虎 國學院大久我山(東京)14,47,62
広瀬秀宣 西脇工(兵庫)14,54,26
佐藤穏空 利府(宮城)14,54,39
昨年と比べると、中堅層の補強が少し劣るものの、例年通りだと思います。一番の目玉は高橋。大舞台の出場はそこまで多くないものの、今年の都道府県でエース区間で区間2位でした。その次は、富越と松村でしょう。富越は1500MIH2位のスピードが持ち味。都大路1区でも一定の走りはしており、長い距離に適応できる可能性も十分。松村はトラックの実績はピカ1ですね。ただ、全国駅伝は短い距離でしか好走経験がないです。他では、14分30秒台の持ち味で菊地がいます。それ以外の選手は4年間かけてじっくり育てる必要があるでしょう。

まとめ
卒業生の穴も新入生も例年並みでしょう。ただ、石橋・松岡・濱本といった選手が抜け、新入生に14分30秒台の選手が少ないので、層は薄くなった印象。一方で、最終学年で吉元が苦しみ、主要選手で抜けるのは中原だけということでそこの穴は小さいかなという感じです。

予想オーダー
高橋1ー村山3ー松村3ー山本2ー横田3
平田4ー寺田3ー奈須2ー山口4ー二平3
5区は将来性を考えて適性があれば高橋を登らせたいのですが、1年1年が勝負でしょうから1年で長い距離である程度の結果を残している横田あたりが登るでしょうか。1区は村山や山口を使ってスローペースだと勿体ないので、高橋や松村が良いと思います。基本的に復路の繋ぎ区間は寺田・二平の今年の箱根に出たメンバーと学生ハーフで結果を出した奈須あたりでしょう。富越・室井など1500や3000SCが得意な下級生が持ち腐れになるのは勿体ないので、6区に置いてみたオーダーも組んでみました。もっとも、平田が復調して初めて組めるオーダーですが。

松村3ー村山3ー山口4ー山本2ー高橋1
室井2ー奈須2ー横田3ー平田4ー二平3

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。