スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生&2013年度の展望(16)日本大学

4年生
ベンジャミン
箱根13年2区1位(1位)・12年(4位)・11年2区2位(2位)・10年補欠(1区3位)
全日本12年8区1位・11年8区2位・10年8区1位・09年4区1位
関カレ12年10000M5位ハーフ1位・11年5000M7位10000M2位・10年10000M1位5000M11位・09年5000M7位10000M8位

佐藤佑輔
箱根13年3区20位(25位)・12年2区14位(2位)・11年補欠・10年4区7位(3区4位)
全日本12年2区9位・11年4区4位・10年補欠・09年2区11位
関カレ12年5000M33位・11年5000M9位10年5000M14位

吉田貴大
箱根13年5区17位・12年(132位)11年8区17位(184位)・10年補欠
全日本11年6区5位10年補欠
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC8位・10年3000SC予選

寺田裕成
箱根13年4区18位(88位)・11年10区20位(59位)
全日本12年6区10位・10年6区10位・09年補欠
関カレ10年ハーフ21位

花島昴己
箱根10年(補欠)
全日本09年補欠
関カレ10年1500M予選・09年1500M5位

横松徹
箱根11年補欠(1区17位)・10年補欠
全日本10年補欠

久保翔吾
箱根11年補欠(176位、補欠)

田倍憲人
箱根11年(補欠)
全日本10年7区10位

横松優
全日本09年7区7位
ベンジャミンは3年まで不安定なところがありましたが、最終学年は強かったですね。箱根予選会はダントツのトップ、箱根でも区間賞を取ってチームを一時トップにまで浮上させました。ただ、それに続く日本人が不調でしたね。日本人エースの1人である佐藤と中堅である吉田が不調や故障であまり満足なシーズンが送れませんでした。ただ、寺田が2年時のような活躍を見せてくれましたね。全日本や箱根でも2年前と同じようにあまり活躍できませんでしたが、箱根予選会で活躍してチームの出場に大きく貢献しました。


3年生
田村優宝
箱根13年9区11位(89位)・12年1区9位(7位)・11年5区19位(13位)
全日本12年1区9位・11年1区1位・10年1区4位
関カレ12年10000M10位ハーフ5位・11年10000M4位ハーフ1位・10年1500M6位

森谷修平
箱根13年補欠・11年3区20位(204位、補欠)
全日本10年5区5位

日向野清隆
箱根13年6区15位(138位)・11年補欠
全日本12年補欠

津田光介
箱根13年(279位)・12年(185位)・11年補欠(4区18位)
全日本12年補欠・11年補欠

加賀田剛輝
箱根11年補欠(2区16位)
全日本11年補欠
関カレ11年ハーフ21位

内田拓
箱根11年(6区16位)
全日本11年補欠
関カレ10年3000SC予選

垂澤直也
箱根11年(3区19位)

安田翔吾
箱根11年(5区18位)
田村も今年は故障の影響で不調でしたね。1年かかっても直せなかったのですから、箱根予選会までにじっくりと直してほしいと思います。良かった点は森谷が久しぶりに箱根にエントリーされた点。箱根直前に故障しましたが、また姿を見せてきました。故障が多いですから、慎重に主要な大会に合わせてほしいところです。日向野は少し成長して箱根では足をひっぱりすぎないぐらいの成績は残しましたね。津田は相変わらずチャンスは与えられているのに結果を残せていません。


2年
林慎吾
箱根13年8区5位(77位)
全日本12年4区10位

竹ノ内佳樹
箱根13年10区10位(115位)・12年(165位)
全日本12年7区7位・11年7区6位

小島秀斗
箱根13年補欠(208位)・12年(200位)
全日本12年補欠・11年5区9位
関カレ12年1500M8位・11年1500M予選5000M25位

高松峻平
箱根13年7区18位(107位)・12年(140位)
全日本12年5区9位・11年3区13位
関カレ12年ハーフ17位

村越直希
箱根13年補欠(132位)・12年(201位)
全日本12年補欠・11年補欠

渡部良太
箱根12年(220位)
関カレ11年1500予選

柴田真樹
箱根13年補欠

原祐太郎
箱根13年補欠

大門友也
関カレ12年3000SC予選

入澤啓介
関カレ11年3000SC予選
昨年は大事な時期で故障してしまった林が今年1年間主力として活躍したのが1番の収穫でしょう。他では、竹ノ内が成長して安定して悪くはない成績を残せるようになりましたね。他では、小島は長い距離には適応してないものの、短い距離では成長を見せ関カレで入賞できました。高松は力はあるのですが、波があるので使いにくいですね。村越直も順調に成長してチームの11番手・12番手としては申し訳ないレベルにはなってきました。

1年
ダニエル
箱根13年補欠
全日本12年補欠
関カレ12年1500M2位5000M5位

荻野眞之介
箱根13年1区13位(91位)
全日本12年3区9位
この学年はダニエルと荻野が即戦力という感じでしたが、その通りになりましたね。ダニエルは短い距離に出ることが多かったですが、夏の駅伝では長い距離も走れるところを見せました。荻野は主力として粘りの走りを見せましたね。ただ、他の選手は記録会でもあまり目立った成績は残せませんでした。

新入生情報(自己ベストではない可能性があります)
石川颯真 佐野日大(栃木)13,53,95
10年都大路4区23位・11年都大路1区6位・12年都道府県4区7位・12年IH5000M8位・13年都道府県1区2位
下久保勇希 倉敷(岡山)14,30,72
11年都大路2区18位・12年都大路2区3位・13年都道府県4区12位
安本暁 世羅(広島)14,28,90
12年都大路6区9位・13年都道府県4区21位
畔柳揮 藤沢翔陵(神奈川)14,32,76
11年都大路4区29位・12年都大路4区23位
山崎和痲 八千代松陰(千葉)
11年都大路2区10位
清水目大貴 田村(福島)14,30,17
藤原章裕 中越(新潟) 14,29,93
11年都大路1区34位・12年都道府県5区40位・12年都大路1区40位
久枝大寛 松浦(長崎)
12年都大路7区20位
上野勇 大牟田(福岡)14,55,71
昨年と比べると相当良いスカウトができたと思います。特に、石川は田村と同じく日本人エースになってくれそう。それ以外の選手も下久保や安本、山崎など短い区間で結果を残している選手が入ってきました。彼らが長い距離に適応するかどうかが箱根などでのカギになりそうです。都大路の主要区間を任された人は畔柳や藤原がいますが、大学で活躍するためには1段階以上の成長が必須でしょう。

まとめ
佐藤は抜けますが、石川が入ってくる日本人的には±0という気がします。ただ、ベンジャミンが抜けて走る留学生が2年生になりますから、その意味で少し戦力ダウンはあると思います。シード権獲得には①田村の復調②山の攻略の2点が必須だと思います。その2つが上手くいって他も順調ならば、シード獲得できるのではないでしょうか。

予想オーダー
荻野2ーダニエル2ー石川1ー森谷4ー林3
下久保1ー村越直3ー高松3ー田村4ー竹ノ内3
山登りは一番走りそうなのは高松ですが、近年の箱根は重視されるので、今年8区を走った林か4年間走れる可能性のある石川が良いと思います(石川5区の場合、1区田村3区荻野9区林)。山下りは今年走った日向野も有りですが、成長することを期待して下久保や安本あたりに任せても良いかなと。本来なら7区に山のフォローする選手を入れたいのですが、そこまで層は厚くないでしょう。
スポンサーサイト

卒業生&2013年度の展望(15)帝京大学

4年
山川雄大
箱根13年9区8位(7位)・12年8区5位・11年補欠
全日本12年1区16位(2組11位)
関カレ12年ハーフ7位

大迫聖晃
箱根12年3区19位
関カレ12年3000SC7位・11年3000SC4位・10年3000SC8位・09年3000SC予選

三輪龍之介
箱根13年(184位)・12年7区13位(109位)
全日本12年補欠(1組8位)・11年補欠10年補欠
関カレ12年ハーフ24位

後藤郁晃
全日本12年(OP3位)・11年(3組13位)
関カレ11年ハーフ36位・10年10000M18位

橋爪秀卓
関カレ11年1500M予選・10年1500M7位・09年1500M予選

中西健太
箱根11年補欠・10年補欠

名切拓也
箱根12年補欠

山中康二
箱根11年補欠
山川はこの1年で一気に成長しましたね。日本学生ハーフで2位に入ると、箱根予選会でも7位で走ってくれました。ただ、それ以外の後藤・大迫・三輪は前半戦は悪くなかったのですが、秋になってから調子をおとしてしまいました。

3年

蛯名聡勝
箱根13年2区8位(4位)・12年補欠(8位)・11年8区9位
全日本12年2区6位(4組6位)・11年2区9位(4組7位)・10年(OP5位)
関カレ12年10000M5位・11年5000M25位・10年5000M22位

小山司
箱根13年5区5位(36位)・12年5区12位(79位)
全日本12年8区10位(4組17位)・11年5区8位(2組4位)
関カレ12年10000M12位・11年ハーフ21位

難波幸貴
箱根13年7区6位(131位)・12年4区15位(19位)11年3区18位(60位)
全日本12年補欠(3組10位)・11年1区20位(3組18位)・10年3区9位(OP31位)
関カレ12年1500M予選5000M18位・11年5000M17位

田中健人
箱根13年1区14位・12年2区19位(101位)11年(281位)
全日本11年補欠(4組15位)・10年補欠
関カレ11年10000M13位

千葉一慶
箱根13年6区3位(37位)
全日本12年6区13位
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC予選・10年3000SC予選

猪狩大樹
箱根13年8区3位・12年補欠
関カレ10年3000SC予選

田村拓眞
箱根12年6区16位・11年6区10位
全日本11年(OP1位)

高橋雄大
箱根11年(140位)

原卓哉
関カレ10年1500M予選
蛯名の安定感は流石でしたが、この学年で1年で1番成長したのは小山だと思います。この1年で28分台を出し、他校のエースが出てくる戦いでも安定して粘れるようになりました。難波や田中は不調や故障があったものの少し成長したかな。あと、猪狩と千葉が箱根あたりで一気に出てきましたね。田村は1年間なかなか調子が戻りませんでした。故障している間に層があつくなりましたから、メンバーに入るためには戻すのではなく、新たに力をつけなければなりませんね。

2年
早川昇平
箱根13年4区2位(16位)・12年補欠(125位)
全日本12年4区11位(1組3位)・11年3区10位(1組5位)
関カレ12年5000M8位

熊崎健人
箱根13年10区3位(15位)
全日本12年3区6位(2組24位)
関カレ12年1500M9位5000M20位

三田和矢
箱根13年補欠(81位)
全日本12年7区8位(OP9位)・11年6区9位

柳原貴大
箱根13年補欠(117位)
全日本12年(3組23位)
関カレ12年ハーフ44位

高橋勝哉
箱根12年補欠(115位)
全日本12年補欠・11年補欠

嶺井由宇
箱根13年(114位)・12年(158位)
全日本11年補欠

高松伸伍
箱根13年補欠
全日本12年補欠

杉山連哉
箱根13年補欠
この学年は進歩著しいと思います。1番成長したのは熊崎。関カレで入賞まであと少しのところで驚かせると、それぞれの舞台で好走しました。早川もこの1年で大きく成長しましたが、つなぎの区間では違いを生み出せる反面、主要区間を任せられる安定感はまだないかなと。三田は不調の時期もありましたが、着々と結果を残していますね。昨年の学生ハーフで好走した柳原は実力はありますが、安定感に課題です。1年時に大舞台を桂冠した高橋勝・嶺井などは、高松や杉山も記録を残してきていますから、更なる成長は必須でしょう。


1年
高橋裕太
箱根13年3区8位(49位)
全日本12年5区10位

阿南賢也
箱根13年補欠
関カレ12年10000M27位

竹本紘希
箱根13年補欠
全日本12年補欠

君島亮太
関カレ12年1500M予選
この1年は成長できたと思います。特に、高橋は夏までほぼボンp-マークでしたが、箱根予選会で好走すると、箱根では主要区間で1ケタではしってくれました。ドラ1ドラ2も確実に成長。阿南は10000N29分30秒台を、竹本はハーフで63分台を出し、これから主力になっていってくれそうです。

新入生情報(自己ベストとは限りません)
家永聖矢 市立柏(千葉)
宇佐美聖也 白石(佐賀)14,42,0
内田直斗 市立柏(千葉)14,48,19 
角本弘樹 世羅(広島)14,54,76
加藤勇也 函館大学付属有斗(北海道)14,58,62
金子優作 光明相模原(神奈川)
神谷涼 浜北西(静岡)
島口翔太郎 滝川西(北海道)14,54,02
瀬戸口文弥 鹿児島商業 14,52,29
高屋敷光生 光星学院(青森)
中原拓胤 大分東明 14,47,10
12年都大路1区15位・13年都道府県1区33位
林田真幸 鎮西(熊本)
馬場勇 広島国際学院 14,41,94
保倉聡 佐久長聖(長野)14,38,61
12年都大路2区12位
細渕大雅 前橋育英(群馬)
12年都大路5区33位
ただ、今年のスカウトは少し厳しめですね。トラックのタイムは保倉が1番速いですが、個人的に注目しているのは中原の方。都大路1区15位ということでかなり力はあると思います。ただ、都道府県は33位に沈み、波があるのかな?育成が上手な帝京ですから、個人的には保倉か中原から1人、そのほかから1人くらいメンバーに絡んでくると思います。因みに、今年4位になって主力が多い新4年生が抜ける来年はかなりスカウト期待できるのではないでしょうか。

まとめ
卒業生の穴は山川は大きいですが他にはいなく、新入生は即戦力はいないものの例年のことなのであまり問題ではない気がします。今年の箱根は上手くいきすぎた感はありますが、もし優勝したなら「4番バッターを10人揃えれば勝てる」駅伝に置いて爽快なことこの上ないですね。

予想オーダー
田中4ー蛯名4ー高橋2ー早川3ー小山4
千葉4ー三田3ー猪狩4ー難波4ー熊崎3
基本的に今年の通りで良いと思います。特に、近年の箱根は往路を非常に重視される傾向にあるので、山川の穴は復路から出した方が良いと思います。復路メンバーで9区を任せられそうなのは難波と熊崎でしょうから、今のままなら難波9区にするなら、7区は竹本か三田。熊崎を9区にするなら、10区は柳原という感じでしょう。

卒業生&2013年度の展望(14)東海大学

4年
村沢明伸
箱根12年2区3位(6区2位)・11年2区1位・10年2区2位(1位)
全日本12年補欠・11年8区4位・10年8区2位(4組5位)・09年2区2位(3組1位)
関カレ12年5000M8位・11年5000M2位・10年5000M3位・09年5000M6位

早川翼
箱根13年2区10位(10位)・12年5区14位(1区5位)・11年5区5位(3位)・10年3区6位(27位)
全日本12年8区5位・11年1区2位・10年1区2位(4組7位)・09年1区4位(4組4位)
関カレ12年5000M6位10000M4位・11年5000M8位10000M1位・10年5000M9位10000M6位・09年5000M5位10000M7位

野中久徳
箱根12年6区13位・11年補欠(105位)
全日本12年補欠(3組11位)・10年補欠
関カレ12年10000M24位・11年5000M29位・10年1500M予選

松谷公靖
箱根13年(147位)・12年7区20位(補欠)
全日本12年7区11位(2組16位)・11年補欠・10年(1組16位)
関カレ12年ハーフ16位
村沢と早川は4年間チームの柱でしたが、下級生の頃の方が順当だったと思います。最終学年も村沢は故障などに苦しむ1年になりましたね。野中が昨年の箱根以降急成長して主力になりましたが、1番大事な時に状態が良くなかったのは残念でした。松谷は最終学年悪くはない成績は残したと思います。

3年
元村大地
箱根13年(59位)・12年1区11位(補欠)・11年3区3位(51位)
全日本12年2区11位(4組15位)・11年4区7位・10年4区11位(3組1位)
関カレ12年ハーフ8位・11年10000M10位ハーフ3位・10年3000SC4位

岡豊
箱根13年(126位)
全日本12年6区18位

上原将平
箱根13年(176位)・12年補欠・11年補欠
全日本12年(2組34位)・11年補欠

末永昴輝
全日本12年(OP5位)

山本大輔
箱根13年(221位)
全日本12年補欠
関カレ12年3000SC予選11年3000SC予選

平石直樹
関カレ12年1500M予選

小泉稜
箱根11年補欠(159位)
全日本11年補欠10年補欠
柱になることが期待されている元村ですが、今年は2年夏までのような輝きはあまり見せられなかったような気がします。他には、岡が地道に成長し長い距離ではある程度安定した成績を残してくれそう。短い距離は厳しそうですが。上原・山本あたりは今年もあまり成長は見せられなかったと思います。あと、末石は春に状態を上げてきたのですが、また姿を見せられなくなりましたね。


2年
中川瞭
箱根13年(84位)・12年補欠(4区5位)
全日本12年1区8位(4組4位)・11年3区4位

石川裕之
箱根13年(78位)・12年補欠(2区8位)
全日本12年4区12位(3組13位)・11年補欠
関カレ12年10000M21位

吉川修司
箱根12年8区20位(補欠)
全日本11年2区8位

片原照
箱根13年(410位)
全日本12年補欠

松本佳久
箱根12年補欠(補欠)

山下英俊
関カレ12年ハーフ35位

山内琢矢
関カレ11年1500M予選
中川と石川は秋は実力を出し切れなかったものの、夏に急成長しましたね。特に、中川はもともと食らいつく展開が得意でしたが、それで全日本予選会で素晴らしい成績を残しました。あとは、秘密兵器で出て撃沈した片原ですが、立て直してリベンジしてほしいですね。吉川はこの1年間故障で苦しんでいましたが、最近レース復帰。松本はこの1年間全く目立ちませんでした。

1年
白吉凌
箱根13年(120位)
全日本12年3区12位(1組1位)

宮上翔太
箱根13年(154位)
全日本12年5区12位

田中拓哉
関カレ12年5000M23位

見廣雄一
全日本12年(1組32位)

小林巧
関カレ12年3000SC予選

富田三貴
箱根13年(283位)
全日本12年補欠
関カレ12年1500M予選


油井智也
関カレ12年3000SC予選
白吉が1年間活躍しましたが、宮上も夏合宿の後どんどん成長してきましたね。次年度はとりあえずこの2人に期待できそう。あと、両角は秋に故障した後、レース復帰した気がしたのですが、気のせいだったのかな・・。

新入生情報(記録は自己ベストとは限りません)
石橋安孝 美方(福井) 14,15,54
10年都大路7区16位・11年IH3000SC7位・12年都道府県4区9位・12年IH3000SC3位・12年都大路1区4位・13年都道府県1区4位
廣田雄希 西脇工業(兵庫) 14,07,85
11年IH5000M12位・11年都大路1区20位・12年都道府県4区2位・12年都大路4区2位・13年都道府県5区2位
土屋貴幸 豊川(愛知) 14,20,29
10年都大路5区2位・11年都大路3区19位・12年都大路6区2位
荒井七海 八千代松陰(千葉) 14,23,70
11年都大路3区25位・13年都道府県4区2位
畔柳隼弥 伊賀白鳳(三重) 14,14,86
12年IH1500M8位・12年都大路2区4位・13年都道府県4区13位
福村拳太 遊学館(石川) 14,17,66
10年都大路5区18位・11年都大路1区31位・12年都道府県1区27位
宮城壱成 世羅(広島) 14,38,84
10年都大路2区12位・11年IH3000SC9位・12年IH3000SC4位・12年都大路4区24位
成田元一 佐久長聖(長野) 14,20,68
12年都大路3区17位
瑞慶覧伸哉 宮古(沖縄)
12年都道府県4区22位・13年都道府県1区29位
安藤健太 那須拓陽(栃木) 14,24,49
桐原翔太 佐野日大(栃木)14,34,78
10年都大路6区32位・11年都大路6区12位
下野桂輔 鹿児島実業 14,48,88
10年都大路5区4位・11年都大路2区16位・12年都大路2区9位
宮本甲斐 須磨学園(兵庫) 14,31,44
林竜之介 宇和(愛媛)14,46,89
上野翔太 千原台(熊本) 14,58,31
小笠原柊 東海大相模(神奈川)
新入生両角監督のバリューもあってか予選落ち校レベルではないどころか、全体的にみてもトップ3ぐらいのリクルートはできたと思います。その中で特に期待できそうなのは石橋と廣田。2人とも実績が豊富ですし、安定感も悪くないです。他では、ハーフの高校記録を更新した土屋が箱根予選会では即戦力になってくれそうですし、都道府県区間2位の新居もダークホースかな。他では、トラックのタイムを持っている畔柳や福村、3000SCで活躍してくれそうな宮城、駅伝の主要区間でそこそこ結果を残している成田や瑞慶覧がいます。1年時に都大路の優勝に貢献した下野は高校時代はあまり伸びませんでしたね。

まとめ
最終学年、村沢が故障でチームにほぼ貢献できませんでしたし素晴らしい1年が入りましたから、4年の穴はそんなに大きくないと思います。ただ、今年は素晴らしい1年が入り注目されるでしょうから、大舞台での結果と同じようにどれくり1人1人を成長させられるかも重要だと思います。2年先3年先の新入生の質を決めるという意味でこの1年は重要なものになるのではないでしょうか。

予想オーダー
中川3ー元村4ー廣田1ー両角2ー土屋1
石橋1ー宮上2ー吉川3ー石川3ー白吉2
ベストはこのオーダーではないでしょうか。廣田が主要区間を任せられるレベルで伸びてこなければ6区宮上7区廣田でしょうが、伸びてこれば6区7区で5区のフォローをしたいところ。その5区は本来なら吉川が良いのですが、故障明けでやらせるのは負担が大きいということで1年ながらハーフを走れる土屋にしました。ポテンシャルがある両角を4区に起用できたら嬉しいかなと。長期離脱の選手を外したのが下のオーダー。岡は個人的には長い距離ならば最低限走ってくれると思います。6区は荒井や1500・3000SCの選手である畔柳や小林が良いかなと。

石橋1ー元村4ー中川3ー廣田1ー土屋1
荒井1ー宮上2ー白吉2ー石川3ー岡4

箱根駅伝結果2013(19)帝京大学

何とか関カレ前に終わった~

1区田中健人区間14位(10位と42秒差)
2区蛯名聡勝(14→15)区間8位(32秒差)
3区高橋裕太(15→12)区間8位(12秒差)
4区早川昇平(12→6)区間2位(11位と44秒差)
5区小山司(6→7)区間5位(1分42秒差)
6区千葉一慶(7→6)区間3位(4分3秒差)
7区難波幸貴(6→6)区間6位(4分45秒差)
8区猪狩大樹(6→5)区間3位(5分30秒差)
9区山川雄大(5→5)区間8位(5分37秒差)
10区熊崎健人(5→4)区間3位(6分45秒差)
総合順位4位(往路7位・復路3位)
【MIP】高橋裕太・・厳しいと思われた3区で好走し、蛯名の流れを途切れさせず
【殊勲賞】熊崎健人・・区間3位の好走かつラスト勝負を制し4位になる
【敢闘賞】千葉&猪狩・・実績があまりない中大舞台で区間3位の好走
【技能賞】早川昇平・・田中を上手く使い区間2位の好走
予想10位(往路11位・復路11位)
補欠・・杉山・三田・柳原・高松・阿南・竹本
順位は個人的には10区でシード獲得を決める展開だと思っていたのでここまで上位でゴールするとは思いませんでした。往路は4区5区も少し予想を上回りましたが、3区高橋が完全に予想外でしたね。復路は6区や8区の区間3位が完全に予想外でした。
田中は妥当な結果だったと思います。10000M28分台の実力はありましたが、帝京大は1区を非常に苦手としているので、間をとってこれぐらいかなと。蛯名は前半から平賀らと集団を形成し、最後少し疲れたことで順位は1つ落としましたが、上位との差をつめましたね。相変わらず安定感のある走りでした。高橋は個人的には厳しいのではと思っていたのですが、区間8位で順位をあげてくれました。中盤にガクンとペースが落ちたのですが、終盤に切り替えることができました。早川は繋ぎ区間ならいけると思いましたが、ここまでとは思いませんでした。前半力をあまり使わずに田中についていって、中盤抜け出して後半もまとめましたね。小山は昨年は慎重に走りましたが、今年は力をつけたから積極的に走りましたね。平地は普通でしたが、登りに入ってからハイペースで、最後も粘りましたね。往路は全日本と違って3区から蛯名が作った流れを切らなかったのが大きいと思います。
千葉は登りも含めて良いペースでしたね。難波は前半もまあまあのペースでしたが、後半ペースを上げましたね。猪狩は個人的に当て馬だと思っていたので区間3位は驚きました。序盤少しゆったりと入ってそのあと良いペースを刻み続けました。山川は区間上位でこれるかなと思ったのですが、区間8位でしたね。前半上野についていって結果的にペースを崩してしまいました。熊崎は当初のタスクであるラスト勝負に勝っただけでなく、区間3位という好走でした。中盤まで区間賞ペースで牽制のために最後区間賞は逃してしまいましたが、チームのことを優先したのは良かったと思います。復路は6区で勢いがつきましたね。全体的に、1区がそこまで沈まずに3区4区で蛯名の流れをとだえさせなかったこと、特殊区間も攻略したことで上位に結びつきましたね。

卒業生&2013年度の展望(13)神奈川大学

4年
吉川了
箱根13年8区4位(86位)・12年3区20位(60位)・11年4区14位(53位)・10年(189位)
全日本12年5区7位(2組3位)・10年(3組15位)
関カレ11年ハーフ38位

福田健太
箱根13年1区12位(63位)・12年4区12位(64位)・11年10区9位(58位)
全日本12年補欠(1組15位)・11年(1組10位)・10年(2組1位)
関カレ12年5000M29位

鈴木駿
箱根13年 9区13位(46位)・12年9区16位(56位)
全日本12年8区11位(3組24位)・11年(3組17位)
関カレ12年ハーフ12位

高久芳裕
箱根13年6区9位・12年補欠(130位)・11年6区12位(116位)
全日本12年(2組12位)・11年(2組22位)

今枝浩二
関カレ11年5000M27位・10年5000M16位

久保田健太
箱根11年(238位)

阿部卓
箱根11年(232位)
この学年で下級生から活躍していた福田と吉川ですが2012年度は安定していましたね。吉川は2年ほどではなかったものの、3年の時よりだいぶ良く安心して見られました。福田は今年も基本的に例年通りでしたが、箱根1区の粘走は後輩にとって非常に良い形でつなげたと思います。他では、鈴木は昨年と同じような力は出せたと思います。昨年貧血などで苦しんだ高久は今年も故障などがありましたが、全日本予選会や箱根で活躍できましたね。あとは、関カレには間に合いませんでしたが、今枝が最終学年で復活してくれましたね。

3年
上倉拓也
箱根13年(171位)・12年補欠(103位)
全日本12年補欠
この学年は下級生からの押し上げで今年はあまりでしたね。唯一ちょくちょく出てくる上倉も夏前に復帰しましたが、箱根予選会で昨年より順位を落としてエントリーからも外れてしまいました。


2年
柿原聖哉
箱根13年補欠(39位)・12年補欠(54位)
全日本12年3区11位(4組19位)
関カレ12年10000M9位

赤松宏樹
箱根13年4区10位(48位)・12年補欠(53位)
全日本12年(1組2位)
関カレ11年5000M14位

小泉和也
箱根13年3区10位(52位)
全日本12年4区9位

柏部孝太郎
箱根13年5区18位(85位)・12年補欠
全日本12年6区8位(OP12位)

井上雄介
箱根13年10区12位
全日本12年7区14位

菅原涼介
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC予選

鈴木真夢
箱根13年補欠
関カレ12年ハーフ47位
この1年で質的にも量的にも大きく大きく成長したと思います。この学年でまず1人上げるならば、柿原。箱根予選会の後はあまり表舞台に出てきませんでしたが、関カレ10000Mで入賞まであと少しに迫ると、全日本予選会も最終組で粘ってチームの出場に大きく貢献しました。エースの1人になったと思います。無名から一気に伸びてきたのは小泉。箱根予選会でいきなり結果を残すと、全日本駅伝・箱根駅伝ともに主要区間で良い走り。一気に主力に成長しましたね。他では、赤松は春先に故障がありながらも、十分間隔を取りながら1年間安定してチームに貢献しました。他では、2011年度末に伸びてきた柏部がそのまま中堅の1人に。高校時代に実績のある井上も箱根で結果を残して非常に楽しみな学年になりました。

1年
我那覇和真
箱根13年7区1位(62位)
全日本12年2区8位(4組18位)
関カレ12年5000M13位

西山凌平
箱根13年2区11位(45位)
全日本12年1区14位(3組15位)
関カレ12年5000M16位

渡邊慎也
箱根13年補欠(110位)
全日本12年補欠

南俊輔
箱根13年(168位)
全日本12年補欠(OP10位)

永信明人
箱根13年補欠

三輪北斗
全日本12年補欠

井野拓哉
関カレ12年1500M予選
この学年は神大躍進の大きなエンジンになり、充実した1年になりましたね。この1年で大きく飛躍したのは我那覇。入学したときはそこまで注目するような選手ではなかったのですが、春先に自己ベストを大きく更新すると、全日本予選会最終組で粘り、箱根では区間賞を取るなどこの1年で一気にこの学年の先頭集団の1人にまで成長しました。高校時代の実績がある西山も安定した力を発揮しましたね。他では、渡辺が箱根予選会で悪くない走りをしたのが大きな収穫でした。南は春のうまくいった感からすると後半ペースが落ちましたが、全体的に悪くない1年だったと思います。なかなか姿を現せなかった永信も秋に10000Mで悪くなく箱根にエントリーされるまでには復調しました。

新入生情報
服部賢志 智弁学園(奈良)14′29″14
10年都大路3区42位・11年都道府県4区46位・11年都大路1区30位・12年都道府県1区24位・12年都大路1区28位・13年都道府県5区27位
芝遼平 高知農 14′45″06
10年都大路7区32位・11年都大路4区42位・12年都道府県1区38位・12年都大路3区26位・13年都道府県5区12位
中神恒也 九州学院(熊本)14′34″99
12年都大路6区15位
中平英志 高知農 14′43″39
11年都大路1区37位・12年都大路5区29位
東瑞基 愛知 14′34″53
橋本裕之 鳥栖工(佐賀)14′36″49
朝倉健太 千原台(熊本)14′37″70
松浦大志 愛知 14′38″14
石橋健 光星学院(青森)14′49″30
13年都道府県4区45位
昨年に比べると良いとはいえないものの、数年前までスカウトが厳しかった神大だと良い新入生が入ってきたと思います。この学年でメインになりそうなのは服部と芝。特に、服部は駅伝経験が豊富だし、14分20秒台の選手をここ2年上手く神大が成長させられているので個人的には間違いなく戦力になるかなと。芝はトラックのタイムは大したことがないものの、都道府県5区で区間12位。他にも、中神・東・橋本など14分30秒台の選手から小泉や渡辺のように飛躍する選手が1人2人出てくるかなと個人的には思っています。

まとめ
卒業生も例年通りで新入生もまあまあなので他チームや例年と比べて普通ぐらいだと思います。ただ、違うのは新4年に人材が少なく、新3年や新2年に人材が豊富なところです。2014年度に大きな成果に結びつけるためにも、今年は最低でも現状維持、できれば昨年以上の結果を残したいところです。


予想オーダー
柿原3ー我那覇2ー小泉3ー井上3ー西山2
南2ー服部1ー柏部3ー赤松3ー渡辺2
今年本来組むはずだったオーダーをベースにしました。ただ、卒業した9区は力のある赤松にして、その4区には井上が良いと思いました。箱根から考えると井上は短い距離の方が得意かなと。6区は南や永信といったスピードのあるランナーを。10人目はとりあえず服部を7区に置きました。

箱根駅伝結果2013(18)神奈川大学

1区福田健太区間12位(10位と6秒差)
2区西山凌平(12→10)区間11位(11位と11秒差)
3区小泉和也(10→9)区間10位(11位と23秒差)
4区赤松宏樹(9→15)区間10位(10位と21秒差)
5区柏部孝太郎(15→18)区間18位(12分11秒差)
6区高久芳裕(18→16)区間9位(12分秒差)
7区我那覇和真(16→16)区間賞(9分49秒差)
8区吉川了(16→16)区間4位(8分11秒差)
9区鈴木駿(16→16)区間13位(9分3秒差)
10区井上雄介(16→16)区間12位(10分2秒差)
総合順位16位(往路18位・復路6位)
【MIP】我那覇和真・・直前に風邪をひいた影響をかんじさせず、神大にとって久しぶりの区間賞
【敢闘賞】福田&西山・・急遽ながら厳しいと思われた2区間を終えてシード圏内につける
【技能賞】小泉和也・・エース級が集う区間において区間10位の好走
【残念で賞】赤松宏樹・・悪い走りではなかったが、ポテンシャルを考えるともっといけるはず
予想14位(往路18位・復路12位)区間は6区と8区のみ的中。
補欠・・柿原・鈴木真・永信・渡辺
順位は個人的に健闘すると思っていたので、その期待感を総合順位にこめて14位にしておきました。結果的には下回りましたが、全体的に予想以上だったと思います。復路に駒を残していたので復路を高くしておきましたが、更に上回ってきましたね。区間はいろいろと考えすぎて全く当たりませんでしたね。せめて9区ぐらいは当てたかったです。
柿原から福田に変わった時点では厳しい戦いになると思いましたが、福田が良く粘りましたね。最後少し疲れましたが後半まで食らいついてサバイバルレースで出遅れるチームが多い中、粘りの走りを見せました。西山も代役で耐える区間だと思いましたが、シード圏内に入ってきましたね。そこそこのペースを刻むと、平賀らの集団に追いつかれてからも粘って終盤は大きくペースを上げました。小泉も厳しいと思いましたが、頑張りましたね。序盤ゆったり入ると中盤ペースを上げて良いペースで走り、順位を1つ上げました。赤松は順位こそ下げましたが、シードラインからはほとんど離されませんでした。ただ、中盤集団について終盤ペースが落ちましたが、本来の実力なら沼田ぐらい走れたのではないでしょうか。柏部は急遽の中、良くなんとか完走できたと思います。小涌園あたりでだいぶ苦しそうでしたが、そのあとぐんとペースが落ちてラストは1km5分以上かかりました。最初からゆったり入っていましたし失速はどうしようもなかったです。往路は1区福田が耐えてくれた後、2区3区が来年に向けてものすごい収穫になりましたね。結局、往路は乾燥した中で最下位になってしまいましたが、復路の記録が残るので非常に良かったと思います。
高久は2年前から地力の成長が現れたかなと思います。一斉スタート組で突っ込む人が多い中、しっかりとだんだん上げていく走りができましたね。我那覇は風邪の影響を全く感じさせず区間賞を取ることができました。序盤からハイペースで入ってラスト切り替えることもできましたね。吉川は序盤ゆったりでしたが、永井に追いつかれてから一気にペースが上がりました。特にラスト5kmは永井とともに1番速かったですね。鈴木も中盤まで遅く実力不足かなと思いましたが、終盤にペースが上がりましたね。昨年は引っ張って体力を使ってしまったので、今年はその反省を生かせたと思います。井上は全日本が上手くいかなかったので期待していなかったのですが、良い走りができたと思います。前半速めに入って後半疲れましたが粘りましたね。復路はシードが絶望的になって自分の走りに終始したことで良い結果になったと思います。全体的にみると、我那覇が直前に風邪になったり、柿原が出られなかったりしながらも様々な収穫があったと思います。結局総合順位は例年より1つ低い総合16位でしたが、自信になりましたね。

卒業生&2013年度の展望(12)法政大学

4年
篠原義裕
箱根13年2区17位(73位)・12年10区20位(25位)・11年(62位)
全日本12年(4組11位)
関カレ12年10000M23位

品田潤之
箱根13年6区7位(93位)・12年(255位)・11年(187位)・10年補欠
全日本12年(1組24位)・11年(2組31位)・10年(3組37位)
関カレ12年ハーフ25位・11年ハーフDNF・09年3000SC予選

大森一輝
箱根13年7区15位・12年(117位)・10年補欠
全日本12年(OP13位)10年(OP30位)09年(OP4位)

大久保圭
箱根13年補欠(250位)

賀上弘基
箱根10年補欠
全日本10年(1組40位)
この学年は篠原が主力として頑張りましたね。2年の箱根予選会でいきなり良い成績を残すと、3年の箱根では学連選抜に入り、この最終学年もチームの主力としてエース区間でしのぐ走りをしてくれました。あと、品田は1年から期待されていたものの結果が出せず、このままかなと思いましたが、最終学年でしっかりとチームに貢献してくれましたね。他では、大久保が伸びてくれて箱根出場まであともう少しでした。

3年
田井慎一郎
箱根13年3区13位(42位)・12年(107位)
全日本12年(3組12位)・11年(OP4位)・10年(2組38位)
関カレ12年5000M30位10000M19位・11年ハーフDSQ・10年3000SC予選

田子祐輝
箱根12年6区10位(16位)・11年(156位)
全日本12年(3組32位)・11年(2組31位)
関カレ11年3000SC12位

松田憲彦
箱根13年9区14位(104位)
全日本12年(2組4位)
関カレ12年ハーフ33位

高梨寛隆
箱根13年10区16位
全日本11年(OP20位)

渡邉昴
関カレ12年1500M12位・11年1500M予選・10年1500M予選
田井がこの1年でぐんと伸びましたね。2年の間はそこまでではなかったのですが、この1年で主要区間を任されるようになりました。今年の箱根後に10000Mやハーフの記録も大きく伸ばしたので最終学年も非常に楽しみです。田子はこの1年篠原や西池とともにエース的な役割を期待されましたが、故障でくるしみましたね。他では、この1年で松田や高梨などが大きく伸びましたね。特に、松田は戦力として計算されるような存在になりました。

2年
西池和人
箱根13年1区3位(18位)・12年(173位)
全日本11年(1組26位)

関口頌吾
箱根13年5区2位(41位)・12年(104位)
全日本12年(4組24位)・11年(1組20位)
関カレ12年ハーフ18位

佐野拓馬
箱根13年補欠(57位)・12年(155位)

黒山和嵩
箱根13年4区3位(134位)・12年(250位)
全日本12年(2組6位)
関カレ11年5000M31位

森永貴幸
箱根13年補欠(94位)
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC予選

岩崎瑛
全日本11年(2組37位)
この学年がチームの主軸でしょう。チームのエース格は西池と関口。西池は今年も故障に悩まされましたが、長い距離にも適応し、箱根予選会はチームトップ箱根でも区間3位の好走でした。スタミナ型の関口はこの1年で大きく成長。全日本予選会を最終組で耐えきると、箱根ではチームのシード獲得に大きく大きく貢献しましたね。その次は、佐野と黒山ですね。佐野は今年ほとんど表舞台に姿を現しませんでしたが、箱根予選会で素晴らしい走りを見せました。その後、箱根は走れませんでしたが、学生ハーフではきちんと元気なところを見せてくれましたね。黒山は全日本予選会で好走した後、箱根予選会で上手くいかなかったので、「あれ」と思ったのですが、箱根で素晴らしい走りを見せてくれました。そのほかでは、森永が箱根予選会や日本学生ハーフで結果を残しており、計算できると思います。

1年
藤井孝之
箱根13年8区12位(116位)

樋上滝太朗
関カレ12年5000M35位

中村涼
箱根13年補欠(191位)
全日本12年(1組35位)

佐藤和仁
箱根13年補欠

有井渉
箱根13年補欠
高校時代駅伝で特筆すべき結果を残していた藤井が最終的に箱根で結果を残してくれた気がします。その後も安定していますし、次年度も計算できそう。他では、佐藤が日本学生ハーフで64分台ということで注目です。トラックのタイムが良かった樋上は今年1年調子が上がりませんでしたね。とりあえず、まず得意な短い距離で結果を残してほしいです。


新入生情報
坂田昌駿 伊賀白鳳(三重)14分25秒31
11年都大路4区11位・12年都道府県4区31位・12年IH5000M18位・12年都大路3区10位・13年都道府県5区19位
田辺良磨 島田(静岡)14分25秒30
12年都大路1区10位・13年都道府県1区27位
足羽純実 米子松蔭(鳥取)14分23秒85
12年都大路1区18位・13年都道府県1区31位
木村優志 滋賀学園 14分31秒49
10年都大路7区34位・11年都大路4区32位・12年都道府県1区34位・12年都大路4区21位・13年都道府県4区23位
岡田悠 中京(岐阜)14分38秒05 
10年都大路5区41位・12年都大路4区21位
生澤佑樹 白鴎大足利(栃木)14分42秒11
12年都大路5区3位
齋藤晟也 藤枝明誠(静岡)14分24秒83
13年都道府県4区33位
杉本耀太 須磨学園(兵庫)14分29秒87
城越洸星 立命館(京都)14分40秒34
柳川和史 東農三(埼玉)14分42秒99 
この大学は予選落ちしている年もそん色ない補強ができていると思いますが、今年も例年通り良い補強ができていますね。ただ、この大学の1年生が適応具するのに少し時間がかかっていることを考えると、2年になってから期待した方が良いと思います。高校時代の実績が特に良いのはIH5000M決勝に残った坂田、都大路1区で良い走りを見せた田辺や足羽でしょうか。その次に注目すべきは、駅伝経験が豊富な木村や都大路で短い区間ながら区間3位の生澤でしょう。

まとめ
卒業生の穴が小さく、新入生は適応に時間がかかるでしょうが新2年が長い距離にも少しずつ対応できてきているので、戦力ダウンは他大より少なそうです。箱根の結果以降チームは勢いづいていますから、箱根は浮ついて撃沈しなければ今年度もシード権を獲得できるのではないでしょうか。

予想オーダー
西池3ー田井4ー田子4ー黒山3ー関口3
森永3ー佐藤2ー藤井2ー佐野3ー松田4
2区の穴ですが、西池はスピード型ですし急成長している田井に今年のように耐えてもらうのが良いと思います。その分の3区は田子が復調していればベストですが、そうでない場合は藤井あたりを置くのが良いと思います。黒山は箱根以外でそこそこな結果しか残していないので、良いイメージのある4区に置いてフォローさせた方が良いかなと。復路は6区は箱根予選会で結果を残しており、3000SCをやっている森永。他はタイプ的にはこうかなという気がしますが、6区7区に箱根未経験者を並べるのが怖いなら7区には藤井か佐野あたりを入れるのが良いのかなと。

箱根駅伝結果2013(17)法政大学

1区西池和人区間3位(11位と57秒差)
2区篠原義裕(3→16)区間17位(10位と54秒差)
3区田井慎一郎(16→16)区間13位(58秒差)
4区黒山和嵩(16→13)区間3位(20秒差)
5区関口頌悟(13→5)区間2位(11位と2分30秒差)
6区品田潤之(5→5)区間8位(4分23秒差)
7区大森一輝(5→7)区間15位(3分57秒差)
8区藤井孝之(7→7)区間12位(4分8秒差)
9区松田憲彦(7→9)区間14位(3分6秒差)
10区高梨寛隆(9→9)区間16位(1分44秒差)
総合順位9位(往路5位・復路15位)
【MIP】関口頌悟・・独特な走りでチームを一気に浮上させる
【敢闘賞】黒山和嵩・・自分でペースを作り山を前に上位との差を縮める
【殊勲賞】西池和人・・予想通りの走りで好スタートを切る
【技能賞】品田潤之・・復路の出だしで後ろを大きく引き離す好走
予想20位(往路16位・復路20位)区間は1区2区3区5区が的中。
補欠・・大久保・佐野・森永・中村・佐藤和・有井
往路は4区5区が完全に予想外でした。個人的には4区で2つくらい順位を落として5区で元に戻すくらいでイメージしてました。復路は6区の品田が予想外の好走だったのと、全体的に高い位置で走れたということがあると思います。区間は往路が◎で、復路が全然でしたね。まぁ、1区2区は情報がありましたし、3区も鉄板中の鉄板なので。
西池は想定通りの走りができたと思います。油布が零れ落ちた中区間賞を取ることはできませんでしたが、サバイバルレースになってチームは大きく得をしましたね。篠原は厳しい条件の中、くずれませんでした。窪田の集団についていかなかったあたりは冷静でしたね。田井は最後少し疲れましたが、全体的に悪くない走りはしてくれたと思います。黒山は個人的にはかなり厳しいと思っていたのですが、素晴らしかったですね。他の区間上位者が田中について体力を温存した選手だったのに対し、山口を引き連れながら自分でハイペースで走りました。関口は個人的に区間8位くらいでは来てもおかしくないかもしれないぐらいには思っていましたが、まさか区間2位の好走をするとは思いませんでした。登りに適性があったみたいで、平地はふつうのペースだったのですが、登りになってぐんとペースが上がりましたね。
品田はスタミナ型の印象があり不安でしたが、後半一気にペースを上げて最後の平地もその勢いで良いペースで走れましたね。復路のメンバーが他のチームに比べて相当見劣りする中で、シードラインから2分差をつけたのは非常に大きかったです。大森はやはりといった感じで終始良くないペースでしたね。藤井は1年生らしく元気よく入って終盤疲れながらもきちんとまとめましたね。松田は実力的に厳しいながら、粘ったと思います。中盤松村についていって後半苦しくなりましたが、ラスト3kmで切り替えることができました。高梨は少し慎重に入りすぎたかなと。シード権を安全に取るために守りに入ったのは分かりますが、区間16位は低すぎるかなと。復路は佐野が外れたのを見て厳しいかなと思いましたが、6区で稼いで8・9区も頑張ったのでシードを獲得することができました。全体的にみると、6区までが予想以上になったのが大きかったと思います。後の区間はその前の貯金を使いながら何とかシード権を獲得することができました。

卒業生&2013年度の展望(11)中央大学

記念すべき300件目!!

4年
塩谷潤一
箱根(出雲)13年10区19位(5区4位)・12年10区2位(6区10位)・11年10区6位・10年補欠(補欠)
全日本(予選会) 12年8区15位・11年補欠(3組22位)10年7区5位
関カレ(日カレ)12年ハーフDNF・11年ハーフ22位・10年ハーフ5位

大須田優二
箱根(出雲) 13年1区9位(補欠)・12年9区14位(補欠)・11年補欠
全日本(予選会) 12年3区2位・11年6区3位(2組5位)

新庄浩太
箱根(出雲) 13年補欠(補欠)・12年8区8位(補欠)・11年8区4位(2区7位)・10年補欠
全日本(予選会) 12年7区5位・11年補欠(OP21位)10年補欠
関カレ(日カレ)11年ハーフ29位・10年1500M予選

野脇勇志
箱根(出雲)13年5区DNF(補欠)・12年補欠・11年4区7位(補欠)・10年補欠(2区8位)
全日本(予選会)12年補欠・10年2区10位・09年6区7位(OP2位)
関カレ(日カレ)10年5000M19位(5000M18位)・09年5000M19位

渥美昂大
箱根(出雲)12年3区7位・11年3区10位(4区7位)・10年補欠
全日本(予選会)11年7区3位・10年補欠

佐々木健太
箱根(出雲)10年4区4位(補欠)
全日本09年7区3位

服部峰祥
箱根(出雲)11年補欠
全日本(予選会)11年補欠(2組27位)
関カレ(日カレ)11年1500M予選・10年1500M9位

鈴木大和
箱根13年補欠・12年補欠
この1年で一番大きく成長したのは大須田ですね。夏に大きくタイムを伸ばして全日本や箱根では素晴らしい走りを見せました。一方、この学年で活躍していた塩谷や渥美はいまいちでしたね。渥美は今年もずっと故障で箱根エントリー間際に復帰してきたので意外な感じはないですが、塩谷はこの1年間ずっと不調に苦しみました。新庄浩は例年は上尾ハーフぐらいから調子を上げてくるのですが、今年は出雲や全日本の時に調子がよかったぶん、その後故障があったようです。野脇は今年1年調子がよくなく不安でしたが、箱根で棄権してしまいましたね。服部は目立たず、佐々木は今年も故障で苦しんだようです。

3年
西嶋悠
箱根(出雲) 13年補欠(6区7位)・12年1区8位(4区10位)・11年1区10位(1区6位)
全日本(予選会) 12年補欠・11年1区8位(3組20位)10年5区3位
関カレ(日カレ)12年ハーフ29位・11年10000M26位10年10000M19位

須河宏紀
箱根(出雲)13年3区12位・12年7区9位(3区8位)・11年(補欠)
全日本(予選会) 12年補欠・11年4区6位(4組21位)・10年補欠
関カレ(日カレ)12年5000M17位10000M16位・11年10000M14位・10年5000M29位

代田修平
箱根13年6区3位(1区1位)・12年6区3位(2区5位)
全日本(予選会) 12年4区5位・11年3区6位(1組8位)10年補欠
関カレ(日カレ)12年3000SC4位・11年3000SC3位10年3000SC予選

相場祐人
箱根(出雲) 13年9区19位(補欠)・12年補欠(5区5位)・11年補欠
全日本(予選会)12年6区5位・11年補欠(OP6位)
関カレ(日カレ)12年ハーフ20位・11年ハーフ17位
今年は須河と代田が成長しましたね。代田は出雲1区の区間賞にびっくりしました。3000SCの速さに加えて、短いロードでも特筆すべきものになってきましたね。須河は秋になってからはうまくいきませんでしたが、前半戦は大きく記録を伸ばしました。相場は箱根は上手くいきませんでしたが、少しずつ成長していますね。1年から主力だった西嶋は今年はあまり状態があがってきませんでした。


2年
新庄翔太
箱根13年2区20位・12年4区7位(1区10位)
全日本(予選会)12年2区6位・11年2区6位(4組5位)
関カレ(日カレ)12年10000M21位・11年5000M14位1500M8位

多田要
箱根13年4区14位(3区4位)・12年補欠
全日本12年1区13位・11年5区6位
関カレ12年5000M29位10000M30位

永井秀篤
箱根13年8区1位・12年補欠(補欠)

上野裕史
関カレ12年1500M10位

出口遼
箱根13年補欠
関カレ11年3000SC予選

大家良介
箱根13年補欠
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC予選
この学年は少し微妙だった気がします。多田は前半戦で大きく記録を伸ばしたのですが、大舞台ではそこまで成長した姿は見せられませんでした。新庄翔も上尾ハーフは良かったのですが、箱根はいまいちでしたね。ただ、永井が箱根で幻の区間賞を取り、最近になってトラックの記録も大きく伸ばすということで中大復活のきっかけにはなっていると思います。あと、上野や出口、大家が調子を戻した(成長した)点は良かったです。


1年
徳永照
箱根13年7区14位(4区4位)
全日本12年5区8位

藤井寛之
箱根13年補欠(2区4位)
全日本12年補欠

三宅一輝
関カレ12年1500M予選

吉田匡佑
関カレ12年1500M11位

松原啓介
全日本12年補欠
徳永は箱根は微妙でしたが、それ以外はわりと順調な1年を送ったと思います。対照的に、吉田は春先は良かったのですが、その後調子を落としてしまいましたね。他では、藤井と三宅が良かったと思います。藤井は秋に好調で出雲3位に貢献しましたし、三宅は短い距離がさらに速くなり、クロカンでは1度鎧坂に勝つほどでした。

新入生情報
町澤 大雅 市立柏(千葉)14,17,29
11年IH5000M17位・12年都道府県5区8位・13年都道府県5区6位
相馬 一生 村上桜ケ丘(新潟)14,39,30
10年都大路6区36位・13年都道府県5区17位
市田 拓海 九州国際大附属(福岡〉14,24,92
12年IH1500M5位・13年都道府県4区11位
谷本 拓巳 西京(山口)14,38,25
11年都大路4区21位・12年都大路2区6位
小池 俊也 白石(佐賀)14,20,99
新垣 魁都 那覇(沖縄)14,30,80
11年都道府県4区45位・12年都道府県1区30位・13年都道府県4区27位
渥美 良明 島田(静岡)14,22,38
12年都大路3区28位
新城 佑加 東京農業大学第三(埼玉)14,22,48
昨年と同じく1年から間違いなく大活躍する選手はいないかわりに、4年間活躍が厳しそうな選手もいない印象です。その中でも、1年からある程度活躍していけそうなのは町澤でしょう。中学時代から速かったですが、高校もまあまあ悪くない成績を残しています。あとはわかりませんが、やはり都道府県で結果を残した相馬やIH1500M5位の市田に少し重点的に注目するのでしょうか。

まとめ
中堅の選手が多く抜けて新入生もそこまで即戦力はいないということで、チーム力は少しダウンしますが、もともと中堅の選手が多いので問題はないと思います。2012年度は1年を通してピークが合わなかったということですから、そういった調整力が今年のカギになると思います。

予想オーダー
西嶋4ー新庄3ー須河4ー三宅2ー永井3
代田4ー多田3ー町澤1ー徳永2ー相場4
西嶋が回復していれば、1区2区3区6区は経験者が良いと思います。今回失敗した新庄ですが、新庄ならリベンジできると思いますし、リベンジしないと始まらないかなと。5区はもちろん箱根以降ぐんぐん成長を遂げている永井。復路は基本的に長い距離が安定している相場を10区に。中央大学は基本的に7区でせめて9区で耐えられる選手を置くので、7区と9区を実力とは逆にしました。10人目は三宅。ハーフもそこそこの結果を残していますが、短い距離がより得意なので1番距離の短い4区にしました。6区に回して代田を平地に回すのも面白そうですが、たぶんないかなと。

箱根駅伝結果(16)中央大学

1区大須田優二区間9位(11位と29秒差)
2区新庄翔太(9→19)区間20位(10位と3分14秒差)
3区須河宏紀(19→18)区間12位(3分10秒差)
4区多田要(18→18)区間14位(4分38秒差)
5区野脇勇志DNF
6区代田修平区間3位相当
7区徳永照区間14位相当
8区永井秀篤区間1位相当
9区相場祐人区間19位相当
10区塩谷潤一区間19位相当
復路17位相当
【MIP】永井秀篤・・全体的に沈んだチームの中で大きな収穫となる幻の区間賞
【敢闘賞】代田修平・・気持ちを切り替えて復路良いスタートをきる
【残念で賞】相場&塩谷・・区間19位相当に沈み、チームの復路順位を大きく落とす
予想9位(往路13位・復路7位)区間は2区5区6区10区が的中。
補欠・・新庄浩・鈴木・西嶋・出口・大家・藤井
往路はもちろん野脇の棄権は予想外でしたが、新庄翔の失速は完全に予想外でした。復路は7区と9区が思ったより5番くらい区間順位が悪く、10区が10番以上悪かったのでずれました。区間は2区5区を当てられたので悪い気分ではないです。ただ、西嶋が調子が上がっていないのが分かったら9区も当てられたのでしょうが。逆に4区や8区は絶対当てられなかったと思います。
大須田はこの1年間の成長通り、サバイバルレースの中安定した位置でタスキをつないでくれましたね。新庄翔は藤井の2秒後ろで襷をもらって単独走になり、体力が削られましたかね。後ろから来た10位集団にも引き離されて、最後は苦しくなりましたが、何とか襷をつなぎました。須河は前の区間でアクシデントがあった割には悪くない走りだったと思います。何とか箱根に合わせたのだと思いますが、きちんとビルドアップして走りましたね。多田も須河と同じようにビルドアップはできていました。ただ、主要区間を任せられるべき選手であることも考えると区間14位は物足りなかったです。野脇は個人的には良いペースを刻んでると思ったのですが。後半で一気に脚にきて棄権しましたが、個人的には柏部の方が危ないと思っていたので驚きました。往路は昨年は山登りだけでしたが、今年は2区と5区の両方で誤算が出てしまいましたね。棄権にはなりましたが、4区の時点でシード権はほぼ絶望的だったと思います。
代田は1晩で上手く気持ちを切り替えられましたね。昨年は終盤疲れましたが、今年は中盤ペースが落ちてきたところでもう1度ペースをあげられました。徳永は前半は悪くなかったのですが、後半疲れてしまいましたね。上尾ハーフではスタミナがあるところを見せていたのですが。永井は素晴らしかったですね。序盤悪くないペースで入ると、中盤から更に良くなり、途中から吉川と並走しながら8区の中でとびぬけた走りをしました。相場は個人的には昨年の大須田のように粘ってくれると思ったのですが。中盤まで鈴木とあまり良くないペースで並走して(引っ張ていたのかな)、後半鈴木がペースを上げた場面でついていけずに、逆にがくんとペースをおとしてしまいました。塩谷は終始ペースが良くなかったです。復路は8区までは悪くなかったのですが、9区と10区でがくんときてしまいましたね。全体的にみると、思ったように実力を出せない選手が多く悔しい大会になったと思います。

卒業生&2013年度の展望(10)上武大学

4年
氏原健介
箱根(予選会) 13年5区16位(26位)・12年2区16位(9位)11年1区13位(17位)・10年7区7位(76位)
全日本12年8区9位・11年4区5位(1組12位)・10年(3組18位)・09年(OP8位)
関カレ12年ハーフ7位・11年ハーフ3位10年ハーフ13位

渡辺力将
箱根(予選会) 13年7区9位(13位)・12年9区7位(27位)11年補欠(64位)・10年4区17位(65位)
全日本12年4区6位・11年6区2位(3組14位)・10年(2組30位)・09年(1組22位)
関カレ12年ハーフ6位・11年ハーフ7位09年5000M25位

石川拓馬
箱根(予選会) 13年4区17位(106位)・12年7区18位(92位)11年3区17位(33位)
全日本12年補欠・11年補欠(2組11位)・10年(OP7位)
関カレ11年ハーフ15位10年3000SC予選・09年3000SC予選

平迫幸紀
箱根13年9区17位(119位)・12年補欠・10年補欠(92位)
全日本12年補欠・10年(4組37位)・09年(OP5位)
関カレ09年1500M予選

松島大翔
関カレ11年1500予選10年15008位

菅家俊貴
箱根13年補欠
2012年の箱根9区で結果を残してから渡辺が1年間倉田とともにチームをひっぱっていたと思います。氏原も少し下がりましたが、3年までチームに大きく貢献していたものとして悪くない成績を残しました。石川は徐々に成績が下がっていって、平迫も故障後の大会では元のようにまで戻すことは少しできなかったでしょうか。


3年

山岸宏貴
箱根(予選会) 13年3区15位(44位)・12年3区18位(76位)・11年補欠(93位)
全日本12年3区7位・11年5区5位(3組10位)・10年(1組29位)
関カレ12年5000M32位・11年5000M23位

高津戸翔太
箱根13年補欠(186位)

原田祐輝
関カレ12年1500M予選・11年15007位

吉見進平
箱根13年補欠・12年補欠
この学年は今年もチームに貢献したのはほぼ山岸だけだったかなという印象です。山岸は2012年度は少し成長したぐらいでしたが、その後驚きましたね。わりと贔屓目で見ている方だったのですが、それでも学生ハーフで62分台を出して、5000M13分台、10000M28分台を一気に出すとは予想していませんでした。あと、高津戸は箱根予選会に出ましたが、結果を残せませんでしたね。その後トラックで大きく自己ベストを更新したのでがんばってほしいです。

2年

倉田翔平
箱根13年補欠(34位)・12年4区17位(51位)
全日本12年1区3位・11年2区10位(4組31位)
関カレ12年5000M18位・11年1500M予選

佐藤舜
箱根13年2区18位(22位)12年1区7位(10位)
全日本12年2区12位・11年1区10位(4組6位)
関カレ12年3000SC2位5000M27位・11年3000SC1位

佐々木天太
箱根13年1区20位(47位)・12年補欠(90位)
全日本12年5区5位・11年7区10位

松元航
箱根13年8区17位(90位)・12年補欠
全日本12年6区6位・11年補欠(1組27位)

大西淳貴
箱根13年10区15位(101位)・12年補欠(154位)
全日本12年7区9位・11年補欠(OP24位)
関カレ12年ハーフ28位

横内佑太朗
箱根13年6区17位・12年補欠
全日本11年補欠

中根広幸
箱根13年補欠

末永充
関カレ11年3000SC予選
箱根こそ上手くいかなかったものの佐藤以外は順調に成長できた1年だったと思います。2011年度は佐藤がすごかったですが、今年は倉田が成長しましたね。特に、全日本1区の走りは素晴らしかったです。対照的に、佐藤は全日本・箱根とイマイチでしたね。佐々木や大西、松元は成長して全日本や箱根予選会では成長したところを見せてくれましたが、箱根は予想外の展開だったこともあって上手く力を発揮できませんでした。横内は箱根の結果は実力ですから、チャンスを与えられてこれからどれだけ伸びていけるかがカギでしょう。

1年
東森拓
全日本12年補欠

田林希望
関カレ12年3000SC予選

石黒大介
箱根13年補欠(170位)
この学年はわりと目立ちませんでしたね。池崎や田林といった1番期待された選手が適応に時間がかかっているのが1番の理由かなと。この1年で1番印象に残ったのは東森。春から夏にかけて記録を大きく更新するなど元気なところをみせました。あと、石黒は秋以降調子が良く長い距離に少しずつ適応してきている印象がします。

新入生情報
上田隼平 滋賀学園 14分31秒07
10年都大路4区42位・11年都大路6区20位・12年都道府県4区42位・12年都大路3区24位・13年都道府県5区36位
増田幸将 東京農大二高(群馬)14分42秒57
10年都大路2区12位・11年都大路2区3位・12年都道府県4区18位
岡添大樹 宿毛工高(高知)14分41秒42
12年都道府県5区38位・13年都道府県4区13位
河崎裕史 西京高(山口)14分39秒92
11年都大路5区22位・12年都大路5区16位
田尻亮太 小林高(宮崎)14分42秒38
12年都大路6区19位
志塚亮介 前橋育英高(群馬)14分36秒58
12年都大路6区32位
佐藤史弥 札幌山の手高(北海道〉14分59秒62
11年都大路6区26位
森田清貴 大塚高(大阪)14分43秒94
白石凌太郎 福大付属大濠高(福岡)14分48秒15
宮本和基 弥富高(愛知)14分54秒35
馬本匠 城西高(東京) 1500m:3分57秒47
2011年度の大躍進を受けて例年に比べて相当良いスカウトができたと思います。増田は2年までは非常に良かったのですが、最終学年は故障とかがあったのでしょうね。他では、トラアクのタイムが1番良く駅伝経験豊富な上田や今年の都道府県で好走した岡添が面白そうです。河崎も例年だとドラ1レベルです。田尻・志塚あたりも選手層が薄いこの学年では十分主力になるチャンスがあると思います。

まとめ
卒業生の穴は例年に比べて少し大きめかなと思います。ただ、例年に比べて非常に良いリクルートができましたから、新3年と同じ、またそれ以上に育つ学年になってほしいし十分なる可能性があると思います。とりあえず、2年間か4年間のスパンで考えた1年になるのではないでしょうか。

予想オーダー
倉田3ー佐藤3ー山岸4ー岡添1ー佐々木3
横内3ー松元3ー石黒2ー大西3ー東森2
倉田・佐藤・山岸の3人が主軸なのですが、箱根では1区2区3区5区に主力を置きたいので、1人足りないかなと思いました。迷いましたが、今年の箱根のように1区で流れを失うと取り返されないので、1区~3区に今年と同じように主力を投入しました。そうなると、5区はその次に実力がある佐々木で、復路では主力が投入されることが多い7区と9区に箱根経験者である松元と大西かなと。東森が復調すれば10区において、新入生の中では初めての10000Mで悪くなかった岡添を4区に置きました。6区はとりあえず経験者の横内にしておきましたが、田林や増田が復調すればそっちの方が面白いと思います。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。