スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果2013(6)順天堂大学

1区大池達也区間10位(11位と2秒差)
2区小沢一真(10→14)区間13位(10位と28秒差)
3区松枝博輝(14→15)区間16位(54秒差)
4区田中秀幸(15→7)区間賞(11位と42秒差)
5区西郷貴之(7→8)区間5位(1分40秒差)
6区信時一輝(8→8)区間11位(3分10秒差)
7区山崎翔太(8→8)区間7位(3分40秒差)
8区石井格人(8→8)区間15位(3分38秒差)
9区松村優樹(8→7)区間7位(3分48秒差)
10区堀正樹(7→6)区間9位(3分41秒差)
総合順位6位(往路8位・復路7位)
【MIP】田中秀幸・・実力の違いを見せつけ区間賞の走りで8人抜き
【敢闘賞】松枝博輝・・急遽の3区で過酷な条件の中、粘り切る
【技能賞】西郷貴之・・昨年のリベンジを果たし区間5位
予想7位(往路8位・復路10位)区間は1区5区6区10区が的中。
補欠・・岩崎・狩野・小野・的野・松村和・稲田
総合順位は出岐のぺースが上がらなかったときに当てたと思ったのですが・・・。復路順位はもともと8位だと予想していたのですが、他大との関係で下げたので仕方ないとおもっています。区間は3区4区が直前に変わったのと、7区8区は当てるのは無理だったと思います。ただ、2区小沢は盲点でしたね。
大池は出雲や今期の伸びからするとあと30秒くらい早く来てほしかったです。終盤想定よりもがくんときた気がします。小沢はうまく風よけを使って粘りましたね。西山に抜かれたのは残念ですが、悪くない走りだったと思います。松枝は個人的には崩れると思っていたので、良く粘ったと思います。急きょだったのですが、終始最低限のペースで走ってくれました。田中は足の故障で下りが難しいということで4区に走りましたが、格が違う走りをみせてくれましたね。風の影響も受けずだんとつの走りで一気に順位を上げました。西郷は昨年は後半ばててしまいましたが、今年は安定していましたね。ほぼ同時に走った松田と小山とほぼ同タイムだったために順位は1つ落としましたが、後続を引き離してくれました。往路は個人的には当日に3区松枝4区田中になった時に苦しいかなと思ったのですが、2区3区が良く粘ったおかげで計画通りに進められたと思います。復路にも駒を残していたので、この時点でシード権がほぼ確実になった気がします。
信時は昨年より成長した中で昨年と同じ順位でしたが、周囲も良くなっただけで自分も成長した走りで昨年より30秒以上タイムを縮めましたね。特に、平地での成長が登りの部分と最後の平地で昨年より早いという点で成長を見せられました。山崎は積極的な走りをしてくれましたね。終盤少しペースが落ちましたが、前に近づき後ろを引き離す走りをしてくれました。石井は個人的に区間エントリーがあった点で疑問に思ったのですが、スピード型ですので8区は少し不向きだった気がします。ただ、区間15位で少し抑えすぎたような走りでしたが、安定していましたし、区間9位と20秒しか離れていないのでチームに貢献していたと思います。松村は昨年の箱根ほどではありませんでしたが、長い距離の方が得意というだけあって出雲よりも良い走りをしてくれました。安定した悪くない走りでしたね。堀は今年度の調子を考えるとこんな感じという走りでした。序盤早めに入った反動が少し中盤に来ましたが、その後は安定していましたね。復路は全員が想定した通りの走りをしてくれたと思います。全体的にみると、全員が良くも悪くも想定したような走りをしたおかげで、普通に良い順位が取れたと思います。
スポンサーサイト

箱根駅伝結果2013(5)上武大学

1区佐々木天太区間20位(10位と2分4秒差)
2区佐藤舜(20→20)区間18位(4分0秒差)
3区山岸宏貴(20→19)区間15位(4分22秒差)
4区石川拓馬(19→19)区間17位(6分37秒差)
5区氏原健介(19→16)区間16位(10分10秒差)
6区横内佑太朗(16→18)区間17位(12分37秒差)
7区渡辺力将(18→18)区間9位(11分51秒差)
8区松元航(18→18)区間17位(12分11秒差)
9区平迫幸紀(18→18)区間17位(14分6秒差)
10区大西淳貴(18→18)区間15位(15分10秒差)
総合順位18位(往路16位・復路18位)
【MIP】渡辺力将・・最後尾で襷を受け取りながら何とか区間1ケタで走破。
予想19位(往路15位・復路18位)区間は全外し。
補欠・・菅家・吉見・高津戸・倉田・中根・石黒
順位は往路は倉田が出られなかったぶん下がりました。総合順位は途中棄権が2校も出たので。区間は記録会に全然出ていなかったこともあり、1区間も当てることができませんでしたね(苦笑)。もう少し昨年を参照にした方が良かったという後悔はありますが、1区と5区~7区は絶対に当てられなかったと思います。
倉田の代役で入った佐々木ですが、やはり苦しかったですね。ただ、できれば昨年の兼実のように、最低限沖守の前では襷を渡してほしかったです。佐藤はもともと耐える区間でもあったので、この位置でくると苦しかったです。終始、いまいちのペースでした。山岸は前半悪くはないペースで走ると、後半もペースは落ちながらも崩れませんでした。流れは変えられませんでしたが、成長した姿は見せられたと思います。石川はこれまでの感じからすると、妥当な成績を残したと思います。前半ゆったりで後半ペースを上げるという守りの走りをしていましたね。氏原は主力を投入したにしてはいまいちな走りでしたね。あまり力のない選手だと途中棄権の可能性もあったので一概に作戦失敗とは言えませんが、ペースがあまり上がりませんでした。往路は倉田で稼いでそのあとしのぐ作戦だったのに倉田が使えずもうどうにもならない感じでした。
横内は前半までは踏ん張っていたのですが、後半失速してしまいましたね。渡辺はやはり力がありますね。前が遠い苦しいなか、安定したペースで区間1ケタで走ってくれました。松元は渡辺の勢いをつなごうと中盤まで悪くないペースでしたが、終盤失速してしまいましたね。個人的にはトラックから来た選手という印象があるので8区にはあまり向いていない気もしたのですが。平迫は実力を考えて走ったので、繰り上げスタートを免れましたね。中盤ゆっくりしたぶん、終盤にばてませんでした。大西は良くない位置でタスキを受け取ったわりには頑張ったと思います。前半を並みのペースで入ると、後半も粘りました。復路は出だし遅れたので、昨年の日体大のようになってしまいましたね。ただ、その中で突っ込んで入ったり、区間順位を何とかまとめたりと頑張りが感じられたと思います。全体としては実力と調整力の両方の不足を痛感させられる結果になったのではないでしょうか。

箱根駅伝結果2013(4)山梨学院大学

1区土田俊徳区間16位(10位と50秒差)
2区オムワンバ(16→4)区間2位(11位と1分27秒差)
3区井上大仁(4→5)区間7位(2分36秒差)
4区鳥羽和晃(5→5)区間14位(58秒差)
5区松本大樹(5→11)区間13位(10位と17秒差)
6区桃澤大祐(11→13)区間18位(3分1秒差)
7区阿部竜巳(13→13)区間13位(2分41秒差)
8区前田拓哉(13→13)区間13位(1分34秒差)
9区牧野俊紀(13→12)区間4位(54秒差)
10区福沢潤一(12→11)区間5位(50秒差)
総合順位11位(往路11位・復路11位)
【MIP】牧野俊紀・・シードをあきらめない激走で10位の後ろに迫る
【技能賞】オムワンバ・・初めての2区ながらペースアップで結局12人も抜く
【残念で賞】桃澤大祐・・全く良いところなしでチームの順位を落としてしまった
予想11位(往路9位・復路16位)区間は2区5区6区が的中。
補欠・・篠塚・藤岡・松山・的場・手塚・谷原
往路順位は松本の失速が予想外でした。復路予想順位はもともとは14位ぐらいだったのですが、予想していたよりも良かったです。9区10区の好走が予想外でした。区間は難易度が高かったと思います。井上を外したのはもったいなかったですが、桃澤を当てられた点は非常に満足しています。
土田は他の大学が主力を使ってくるなかで良く粘ったと思います。中盤で離されたときはやはり厳しいかなと思いましたが、終盤に順位を少し巻き返すほど粘りましたね。オムワンバは序盤後ろから追いつかれてモタモタしている印象がしていましたが、中盤からペースアップ。結局、区間2位、12人抜きとなる見事な走りを見せました。井上は日本人エースとしてはもう少し走って欲しかったです。個人的に中村などと実力はほぼ同じだと思っているので、後ろから追いつかれたのに終盤引き離されたのは少し残念でした。鳥羽の走りは本当に予想通りでした。スピード型ですので、中盤まではなんとかなるものの終盤失速して区間15位前後ということで実力は出せたと思います。松本は中盤までは昨年通りの走りでしたが、最高点からが昨年はそこそこ粘れたのですが、今年は粘り切れませんでしたね。欲を出さずにいったのは非常に良かったのですが、厳しい条件だったのが苦しかったと思います。
往路は2区までは想定通りでしたが、3区と5区に少し誤算があったことで稼げませんでした。
桃澤ははっきり言って全然でしたね。登りで他の選手と全然スピードが違っていて、下りになってからはマシにはなりましたが、ずっと最下位前後のペースでした。やはり、自力が足りなすぎたのでしょうか。終盤にペースが落ちた阿部は状態が悪くなかったならば、イマイチの走りでした。前の区間で順位を落としたのでなかなか難しかった面はあるのでしょうが、エースが集う区間ではなかったのですから、区間一桁でまとめてほしかったです。前田は初めての3大駅伝で後ろの方で受け取るという難しい状況でしたが、悪くない走りだったと思います。中盤ペースが落ちましたが、終盤の登りで盛り返してきましたね。そして、牧野が素晴らしい走りを見せましたね。下りを並みのペースで入ると、中盤から一気にペースアップ。激走で消えかけていたシード権へのチャンスを再び起こす走りでした。福沢は必死に中盤ペースを上げて頑張って前を追いかけたと思います。抜けなかったのは山田が頑張ったからで仕方ありませんでした。復路は9区10区が予想以上に頑張っただけに結果的に出だしが悔やまれる感じでした。全体的に見ると、故障者や調子が上がってこない選手が続出したのでシードを逃したのはある意味必然だったと思います。むしろ、そういった状況の中で、シードまであともう少しの11位ということで底力を見せてくれたのではないでしょうか。

卒業生&来期への展望(3)中央学院大学

4年

藤井啓介
箱根13年2区9位(3位)・12年2区11位(6位)11年4区9位(24位)
全日本12年(4組8位)11年(4組14位)・10年(OP1位)
関カレ12年5000M4位10000M2位・11年5000M4位

室田祐司
箱根13年9区6位(8位)・12年3区17位(26位)11年補欠(173位)・10年補欠(6区15位)
全日本12年(3組2位)11年(3組15位)・09年補欠
関カレ12年ハーフ19位・11年ハーフ10位

板屋祐樹
箱根12年補欠・11年6区9位・10年(5区10位)
全日本10年(2組29位)
関カレ11年3000SC3位09年3000SC予選

岩田将央
箱根13年補欠(161位)・12年補欠

この学年は藤井と室田ですね。特に藤井は木原以来となるエースとして主将として様々な面でチームの支柱となった気がします。室田も藤井の影に隠れはしましたが、先輩でいうならば小林と同等レベルの走りができていたと思います。板屋は上級生になって故障で苦しみ、最終的にはマネージャーになってしまいましたが、下級生の間にチームに貢献しましたね。岩田は最終学年で伸びましたが、レギュラーにはあと一歩でした。

3年

田中瑞穂
箱根13年5区14位(21位)・12年5区10位(141位)11年5区10位(26位)
全日本12年(4組32位)

岡本雄大
箱根13年6区6位(24位)・12年6区8位
全日本11年(2組35位)
関カレ12年5000M14位

沼田大貴
箱根13年4区4位(70位)・12年7区10位
全日本12年(2組21位)
関カレ12年ハーフ22位

谷口真一
箱根12年補欠(113位)

鈴木宏弥
箱根13年補欠(218位)

大蔵孝典
箱根13年補欠・11年補欠

霜田幸宏
箱根13年補欠

沖田涼太
箱根12年10区15位(163位)11年補欠
全日本10年(1組26位)

沖田の退部には驚きましたが、1年からチームに貢献してきた田中に加えて、岡本と沼田もこの1年ですっかり主力になりましたね。岡本はスピード面で沼田はスタミナ面でしっかりと成長しました。故障なく最終学年も過ごしてほしいです。あと、箱根前に故障したであろう谷口も復調して更に成長してほしい。木部と10人目あたりを争うぐらいになってほしいです。あとは、鈴木は最終学年で存在感を出せるでしょうか。

2年

及川佑太
箱根13年8区8位(54位)・12年補欠(114位)

芝山智紀
箱根12年1区20位(50位)
全日本12年(OP22位)・11年(4組40位)
関カレ12年ハーフ9位・11年3000SC5位

山田侑紀
箱根13年10区6位(96位)・12年9区15位(65位)

清家恒哉
箱根12年補欠(151位)
全日本12年(2組28位)・11年(2組25位)
関カレ11年1500M予選

木部誠人
箱根13年7区12位(122位)・12年補欠(123位)
全日本12年(1組16位)

松下弘大
箱根13年補欠

箱根では及川や山田が結果を残しましたが、復調すればトラックで一定の結果を残している清家や波はあるものの能力が高い芝山も十分計算に立つ存在です。あと、木部は最低限走ってくれるので、故障者が多いこのチームには特に必要なバイプレイヤーだと思います。

1年
塩谷桂大
箱根13年3区18位(69位)
全日本12年(3組17位)
関カレ12年5000M30位

潰滝大記
箱根13年1区8位(153位)
全日本12年(1組6位)
関カレ12年3000SC1位

李勛
箱根13年補欠

塩谷と潰滝がこの1年で成長してチームにとって楽しみな存在になりましたね。特に、潰滝は3000SCだけでなく、10000M28分台や箱根1区での粘走など、多方面に出てきました。因みに、記録会に出ている出ていないの差があるとはいえ、ここまで5000Mと10000Mの自己ベストの差があるのも珍しいです。他の1年生も大きな結果は残していませんが、悪くない1年を過ごした印象です。

新入生情報
村上 優輝 西脇工業(兵庫県)14'10"06・3000mSC 9'00"46
11年都大路5区4位・12年IH3000SC5位・12年都大路6区7位
清水 翔太 白鷗大足利(栃木県)14'42"97
12年都大路4区9位
海老澤 剛 水城(茨城県)14'28"47
10年都大路6区33位・11年都大路4区18位・12年都大路6区4位・13年都道府県4区6位
雲類鷲佑典 水城(茨城県)14'55"68・1500m 3'55"36
10年都大路2区23位・11年都大路2区4位・12年都大路4区12位・13年都道府県5区42位
海老澤 太 水城(茨城県)14'39"55
11年都大路6区23位・12年都大路3区13位
木下 翼 美馬商業(徳島県)14'32"94
11年都大路3区17位・12年都大路1区31位・13年都道府県5区34位
吉岡 大輝 愛工大名電(愛知県)14'27"43
蘆田 恵伍 桂(京都府)14'31"78
12年都大路3区38位
渡邊 晃平 拓大紅陵(千葉県)14'39"94
藤花 尚之 飾磨工業(兵庫県)14'44"10
星川 聖 東海大山形 15'06"35
10年都大路5区33位・12年都大路6区30位
久保田 翼 関大北陽(大阪府)14'51"21
11年都大路2区41位・12年都大路3区41位
川添 公揮 高知農業 15'09"00
10年都大路5区35位・11年都大路2区30位
渡邉 聖矢 那須拓陽(栃木県)14'50"09
大谷 未来 浦和実業(埼玉県)14'56"94
伊藤 翼 米沢工業(山形県)14'57"42
平良 雅喜 宮古(沖縄県)15'03"24

だんだんリクルートが良くなってきましたね。昨年の塩谷ほどのとても注目するような選手はいませんが、良い目の選手がかなり多く入学しました。村上はとりあえず3000SCで関カレ決勝残れる可能性はあると思います。駅伝経験・5000Mの記録があるのも良いですね。あと、水城から駅伝経験豊富な選手が3人も入ってきました。海老沢兄弟は3年の全国駅伝で悪くない走りをしていますし、雲類鷲も2年の都大路で2区4位ということでスピードがありそうということで楽しみですね。あと、ロードが強そうな選手では清水が面白そうです。トラックのタイムはあまり持っていませんが、都大路4区9位ということでさらに力をつけてくると一気に主力になりそうな匂いもします。あとは都大路1区で粘った木下、5000M14分20秒台を持つ吉岡にも将来に期待ですね。

まとめ
主な卒業生は2人で楽しみな新人も入ってくるので層はさらに厚くなると思います。ただ、抜けるのがエースと準エースなので、潰滝や塩谷などがチームを引っ張る存在に育つことが来年度結果を残すカギになりそうです。

予想オーダー
潰滝2ー塩谷2ー岡本4ー芝山3ー田中4
村上1ー木部3ー及川3ー沼田4ー山田3
芝山の状態が戻れば、室田の穴は4区芝山にして安定感のある沼田が9区で良いと思います。藤井の穴ですが、岡本を平地に戻せば1~3区で3人になるのですが、潰滝も岡本もスピードタイプ。それを考えると、塩谷に復調してもらって2区を担ってもらいたいですね。6区は村上以外でも雲類鷲や2年生の李でも良さそうです。

箱根駅伝結果2013(3)中央学院大学

1区潰滝大記区間8位(11位と31秒差)
2区藤井啓介(8→7)区間9位(49秒差)
3区塩谷桂大(7→13)区間18位(10位と13秒差)
4区沼田大貴(13→9)区間4位(11位と32秒差)
5区田中瑞穂(9→13)区間14位(10位と2分13秒差)
6区岡本雄大(13→11)区間6位(1分55秒差)
7区木部誠人(11→11)区間12位(1分23秒差)
8区及川佑太(11→10)区間8位(11位と26秒差)
9区室田祐司(10→10)区間6位(37秒差)
10区山田侑紀(10→10)区間6位(50秒差)
総合順位10位(往路13位・復路5位)
【MIP】沼田大貴・・スタミナを上手く温存し区間4位の好走
【敢闘賞】潰滝大記・・ハイペースの中粘って悪くないスタートをきる
【敢闘賞】山田侑紀・・何とか粘り切ってシード権を死守
【残念で賞】塩谷桂大・・後半に失速して区間18位に終わる
予想8位(往路14位・復路6位)区間は2区・5区・9区・10区が的中。
補欠・・岩田・鈴木・大蔵・霜田・松下・李
順位は微妙に外しましたが、往路順位と復路順位は予想よりも高いのに、総合順位は予想よりも低いんですね(苦笑)。区間は岡本を平地にしたこともあってずれましたが、個人的に10区を当てられたのは満足です。ただ、3区4区にその2人を置く発想はあまりなかったです。
潰滝はハイペースには不安でしたが、良く粘ったと思います。昨年と違ってエースに負担をかけない位置で襷を渡せました。藤井は飛ばしていくスタイルはこの条件の中では厳しかったですね。気迫はチームを元気づけるものでしたが、記録的には今までと違って平凡な結果に終わってしまいました。ただ、塩谷が区間18位と力をあまり出せずに13位(といっても10位と少ししか離れていませんが)まで順位を落としてしまいました。前半はまあまあの走りだったのですが、後半に急失速してしまいましたね。沼田は区間賞になった田中を使って上手く順位を上げましたね。スタミナ型だったので、厳しいコンディションでも粘れました。田中は昨年と違って状態がよさそうだったので期待したのですが、順位を落としてしまいましたね。一昨年はゆったりと昨年は並みのペースで入ったのですが、今年は状態が良かったからかハイペースで入ったのが裏目にでて10KMを過ぎてからペースが落ちてしまいました。往路は風の影響を強く受けた気がします。風よけを使えた潰滝や沼田が予想以上に良かった反面、単独走や引っ張る展開になった藤井や塩谷は思ったような結果は残せませんでした。
岡本は登りはまあまあで下り初めはあまり伸びてこずに心配だったのですが、終盤にググッときましたね。データを見ると、実は中盤までは昨年と相対的にほぼ同じペースだったので終盤の伸びで成長を見せられたと思います。木部は相変わらず最低限の走りはしてくれ10位との差を詰めたので10人目の成績としては評価して良いと思います。前半飛ばしすぎて後半ペースが落ちましたが、終盤は切り替えてなんとか粘ることができました。及川は安定していましたね。序盤良い目のペースで入ると、中盤から終盤の登りも並みのペースで走り切って落ちてきた10位のランナーを抜くところまでしました。室田は個人的にはもう少し走ってくれると思いましたが、悪くはない走りはしてくれたと思います。ただ、中盤までは力をためていたとしたら十分の走りだったので、後半もう少し伸びてくれたら安全圏に入れたかなという感じでした。山田は調子を落としていた時期もあったので少し心配したのですが、しっかりと走ってくれましたね。中盤少し後ろのランナーに差を詰められたのですが、気合いでか終盤にペースを上げて逃げ切りました。復路は大きなミスはなく、期待していたのと近いレースができたと思います。
例年は調子が上がらない選手がいて、更に直前に故障者が出るのですが、今年は調子が上がってこない選手はいたものの直前に故障者が出ませんでしたね。それによってある程度想定したようなオーダーを組めたことがシード権獲得につながったと思います。

卒業生&来期への展望(2)明治大学

4年

菊地賢人
箱根13年3区5位(補欠)・12年2区5位(6区7位)・11年3区4位(1区16位)・10年7区10位(2区10位)
全日本11年8区9位・10年4区6位・09年補欠
関カレ12年5000M7位10000M12位・10年10000M26位・09年1500M予選

大江啓貴
箱根13年5区7位・12年5区2位(補欠)・11年5区2位(4区6位)・10年6区11位(補欠)
全日本12年8区7位・11年5区3位・10年5区4位・09年補欠(OP11位)
関カレ12年ハーフ32位・11年ハーフ12位・10年10000M22位

渡辺真矢
箱根11年7区11位・10年10区17位
全日本09年6区4位(1組24位)

田中勝大
箱根13年補欠(補欠)・12年補欠(補欠)・10年補欠
全日本11年4区11位10年補欠
関カレ11年ハーフ15位

杉浦直
箱根11年補欠
全日本11年補欠

菅田壮志
関カレ09年3000SC予選
菊地は3年までは準エースとして4年は主将としては十分の成績を残したと思います。特に、3年の箱根や4年の関カレは気持ちのこもった走りができていました。大江は記録面では大したことはなかったですが、駅伝での安定感と箱根の山のスペシャリストとしてチームに欠かせない存在になりました。渡辺は下級生のころは良かったのですが、上級生になると下の学年の活躍や故障などで上手くいきませんでした。他には上級生になって田中が伸びてきましたね。

3年
北魁道
箱根13年10区17位(補欠)・12年7区4位11年4区11位(5区6位)
全日本12年3区8位・10年3区6位
関カレ10年5000M28位

廣瀬大貴
箱根13年6区2位・12年6区8位(4区8位)11年6区17位
全日本12年補欠・11年6区7位
関カレ12年5000M20位・11年ハーフ33位10年1500M予選

石間涼
箱根13年補欠・12年3区13位(補欠)・11年補欠
全日本12年補欠・11年補欠10年6区10位

高城孔
箱根12年補欠・11年補欠(補欠)
全日本10年補欠

北野大裕
全日本10年補欠

妹尾大
関カレ10年3000SC11位

笹崎高志
関カレ12年3000SC12位・11年3000SC予選・10年3000SC予選
3年は廣瀬・北・石間の3人が走りでチームに貢献しています。特に廣瀬は今年度山下りで好記録を出し、トラックの記録も伸ばしているということで来年度はさらに期待したいです。次期主将の北は全日本もそんなに良くなく、箱根は失速ということで今年は足踏みな感じがします。石間は今年度は3大駅伝には出られませんでしたが、上尾ハーフで好走しましたし、特に調子が悪いわけではなさそうです。

2年

八木沢元樹
箱根13年4区7位・12年4区2位
関カレ12年1500M4位・11年5000M18位

大六野秀畝
箱根13年2区12位(6区11位)・12年1区6位(3区4位)
全日本12年2区5位・11年1区4位

文元慧
箱根13年1区2位(3区5位)・12年補欠(1区8位)
全日本12年1区5位・11年補欠

有村優樹
箱根13年7区3位(1区21位)・12年8区3位(5区11位)
全日本12年5区1位・11年3区7位
関カレ12年10000M22位ハーフ26位・11年10000M25位

松井智靖
箱根13年9区18位(補欠)
全日本12年6区4位
関カレ12年ハーフ11位

前野貴行
箱根13年(2区11位)・12年補欠
全日本12年補欠
関カレ11年1500M予選

山田速人
箱根13年(4区9位)
全日本12年7区5位

後藤雅晴
箱根12年補欠

平山雄大
全日本11年補欠
この学年の主力は八木沢・文元・大六野・有村ですね。大六野は全日本インカレで活躍はしたものの、3大駅伝に関しては目立った成績は残せませんでした。文元は1年の出雲で安定感があるところは見せていましたが、今年度は3大駅伝のすべてで安定した成績を残していましたね。有村は出雲までは主要大会で良い成績を残せなかったものの、それ以降良い感じです。スピードのある八木沢は関カレ後の故障から何とか箱根に合わせてきましたね。それ以外にも、松井が安定感のある走りをしたり、前野が全日本インカレで表彰台に立ったり、山田が全日本で悪くはない走りをしたりと収穫の多い1年になった学年である気がします。


1年
横手健
箱根13年8区9位
関カレ12年5000M4位10000M15位

木村慎
箱根13年補欠(5区5位)
全日本12年4区7位

牟田祐樹
箱根13年補欠
全日本12年補欠

山田凌
箱根13年補欠
全日本12年補欠

江頭祐輔
箱根13年補欠
横手は故障があったものの、関カレや箱根でキラリと光る面は見せてくれたと思います。あと、木村が出雲・全日本と良い成績を残しましたね。他の選手も成長しているところは見せていたので、来年度に期待です。

新入生情報
櫃本 隼和 倉敷(岡山)14′23″81
10年都大路7区21位・11年都大路6区9位・12年都大路1区5位・13年都道府県1区8位
大工谷 成平 世羅(広島)14′26″31
10年都大路7区3位・11年都大路4区2位・12年都道府県1区22位・12年都大路1区17位・13年都道府県5区8位
近藤 修平 大分東明 14′04″05
11年都大路4区4位・12年都道府県1区15位・12年都大路4区16位・13年都道府県4区30位
江頭 賢太郎 浜松日体(静岡)14′17″67
11年都大路7区5位・13年都道府県5区16位
射場 雄太朗 明星(大阪)14′31″47
12年都道府県4区27位・13年都道府県1区20位
吉田 楓 東海大山形 14′32″54
10年都大路7区4位・12年都道府県1区43位・12年都大路1区34位・13年都道府県1区23位
白地 慶信 西京(山口)14′32″70
10年都大路5区16位・11年都大路6区16位・12年都大路4区10位
荒谷 房之介 大谷室蘭(北海道) 14′20″69
10年都大路3区47位・12年都大路3区27位・13年都道府県1区45位
藪下 響大 須磨学園(兵庫)14′36″57
もちろん十分な補強ができているのですが、ここ2年間の派手なリクルートと比べたら少し地味な印象がします。その中で、1年から戦力として計算できそうなのが櫃本。3年では両駅伝で安定した走りを見せました。あと、大工谷もスターターは不向きですがそれ以外では安定して走ってくれそうです。あと、近藤が2年までの調子を取り戻してくれれば面白そうですね。他には、江頭・射場・吉田・白地とどちらかの駅伝で悪くない成績を残している新入生もいます。余談ですが、西脇工から入ってくる選手がいないのに驚きました、浅川か廣田あたりが入ってくると思ったので。昨年は西脇工に3年生が少なかったので入ってくる選手はいなかったのですが、それまでは細川勇・渡辺・北野・山田と各学年に入っているんですよね。やはり、北野・山田あたりが思ったよりも活躍できていないのが理由なのでしょうかね。

まとめ
菊地と大江の2人が抜けたのに対し即戦力は櫃本の1人ですが、もともと層が厚いので故障者さえ出なければそんなに量的には問題ないと思います。ただ、2人とも主要区間を担っていたのでそこを埋められるかがカギになりそうです。

予想オーダー
文元3ー大六野3ー八木沢3ー櫃本1ー横手2
廣瀬4ー北4ー有村3ー松井3ー石間4
大江の穴は横手か有村を5区にして昨年の予定のように7区北10区石間で良いと思いますが、菊地の穴は少し難しいと思います。前哨戦などで櫃本1区のめどが立てば3区文元・4区八木沢で良いと思いますが、立たなければスピードのある八木沢を下り基調の3区にして櫃本(木村)を4区にするか、櫃本を3区にして八木沢にフォローさせるかは難しそうです。

箱根駅伝2013(2)明治大学

1区文元慧区間2位(1位と14秒差)
2区大六野秀畝(2→6)区間12位(1分29秒差)
3区菊地賢人(6→6)区間5位(3分19秒差)
4区八木沢元樹(6→4)区間7位(2分26秒差)
5区大江啓貴(4→4)区間7位(4分22秒差)
6区廣瀬大貴(4→3)区間2位(3分8秒差)
7区有村優樹(3→3)区間3位(3分16秒差)
8区横手健(3→3)区間9位(3分51秒差)
9区松井智靖(3→6)区間18位(8分56秒差)
10区北魁道(6→7)区間17位(11分48秒差)
総合順位7位(往路4位・復路13位)
【MIP】廣瀬大貴・・区間記録まであと少しの激走
【技能賞】文元慧・・安定した走りで若いチームを安心させる。
【残念で賞】北魁道・・熱くなりすぎたか終盤失速
予想4位(往路2位・復路5位)区間は1区5区6区が的中。
補欠・・田中・石間・木村・江頭・牟田・山田凌
順位は往路は思ったよりも大江が伸びなかくて、復路は9区10区の失速が予想外でした。区間は鉄板以外は1区しか当てることができませんでした。7区有村は完全に予想外でしたね。ただ、9区は松井は細川勇と同じような匂いがしますので、迷うぐらいはしておきたかったです。
文元は本当に安定感がありますね。サバイバルレースの中、しっかりと粘って区間2位でまとめました。区間賞は取れませんでしたが、区間上位で安定してくるタイプなので構わないでしょう。大六野は悪くはなかったのですが、決して良いとはいえない走りでしたね。中盤までは良い展開だったのですが、終盤に本田までとはいわないでももう少しペースアップしてほしかったです。菊地は下りを突っ込んで走って後半粘るという前々回とほぼ同じ走りでしたね。前半利用されるような展開になってしまいましたが、主将として意気込みもあったし仕方ないでしょう。八木沢はエントリー変更で入った時に相当期待したのですが、十分悪くない走りでしたが個人的には期待していたほどの走りではなかったかなと。昨年は中盤からぐんと出てきたのですが、今年は向かい風の影響もあったからか伸びてきたのは終盤でしたね。大江は振り返ると82分台の走りはしてほしかったのですが、ここ2年ほどは輝けませんでした。平地は良かったのですが、登りに入ってからがあまり良くなかったですね。昨年あまりタイムが良くなかった登り中盤は良かったのですが、それ以外が昨年より下がっていました。ただ、個人的に職人タイプの印象がするのでプレッシャー・意気込みともに少し大きすぎたかなと思います。往路は全員悪くはなかったのですが、決め手に欠けた印象がしました。特に、4区5区が昨年ほどは上手くいかなかったので総合優勝が厳しくなりましたね。
廣瀬は区間記録まであと少しの走りで前との差を詰めましたね。登りからずっと区間上位のペースであんていしていました。有村は85点ぐらいの走りができていたと思います。前半ハイペースで後半少しつかれましたが、全体としては良い走りでしたね。横手は中盤までは良かったですが、終盤の登りで失速してしまいましたね。ただ、大津と競い合う見応えのある展開で光るところは見せてくれたと思います。松井は襷をつなげたのは良かったですが、終盤アクシデントで沈んでしまいました。ただ、耐える区間だと思っていたので中盤までは流石に早すぎた気がします。北は終盤大きく失速してしまいました。取り返したい気持ちはわかりますが、次期主将ですし、もう少し冷静に走って欲しかったです。もし12月に体調を崩した影響があるなら、石間や木村はいたわけですからそれは西監督の判断ミスかなと。復路は後半の区間で突っ込んで後半失速するという若さが出てしまいましたね。

卒業生&来期への展望(1)東洋大学

4年

市川孝徳
箱根(出雲)13年6区4位(2区6位)・12年6区1位(5区1位)・11年6区3位(6区7位)・10年6区9位
全日本12年6区2位・11年7区2位・10年補欠
関カレ12年10000M14位・11年ハーフ20位

渡邉公志
箱根10年3区10位(3区13位)
全日本10年7区13位・09年補欠
関カレ12年1500M予選・09年5000M18位

斎藤貴志
箱根12年10区1位
関カレ09年3000SC予選

冨岡司
箱根13年10区7位
全日本12年補欠

土屋天地
箱根13年補欠
関カレ12年3000SC8位

西山祐生
箱根(出雲)12年補欠・11年補欠

安田佳祐
箱根13年補欠

蓑和廣太朗
関カレ09年1500予選
この学年の主力は市川でしょう。1年から箱根で山下りを走ると、3年からは箱根で離されたことを晴らすべくか主力としてチームに貢献しました。あとは、1年時に箱根優勝に貢献した渡辺、10区で区間賞を取った主将の斉藤、記録を伸ばして最後の箱根に出た冨岡、関カレ入賞した土屋が少し出てきましたね。途中苦しんだ人もいましたが、4人とも最後の箱根にエントリーもしくはあと一歩まで迫れたのは良かったです。西山は最終学年は上手くいきませんでしたね。


3年
設楽啓太
箱根(出雲) 13年2区3位(1区8位)・12年2区2位(6区5位)・11年2区7位(1区5位)
全日本12年2区2位・11年1区7位・10年1区1位
関カレ12年10000M2位・11年5000M6位10000M6位・10年5000M17位10000M10位

設楽悠太
箱根(出雲) 13年3区1位(4区2位)・12年7区1位(3区1位)・11年3区8位(2区2位)
全日本12年4区3位・11年2区7位・10年5区2位
関カレ12年5000M10位10000M3位・11年10000M7位ハーフ18位・10年1500M予選

大津顕杜
箱根13年8区7位(6区6位)・12年8区1位・11年補欠(補欠)
全日本12年補欠・11年補欠
関カレ12年ハーフ4位

延藤潤
箱根13年補欠
全日本12年3区2位

佐久間建
箱根13年補欠・12年補欠
全日本12年7区1位


小池寛明
箱根13年(補欠)・11年補欠
全日本12年補欠
関カレ12年3000SC3位・10年3000SC3位

定方俊樹
箱根(出雲)13年5区10位(補欠)・11年(4区8位)
全日本12年補欠・11年補欠
関カレ12年ハーフ22位

日下佳祐
箱根13年補欠・12年(補欠)
全日本12年補欠・11年補欠

木田貴大
箱根12年補欠

畑勇希
関カレ10年3000SC予選
この学年は設楽兄弟が主役でしょう。出雲は上手くいきませんでしたが、2人ともチームのエースとして1年間頑張ってくれたと思います。大津は関カレハーフや上尾ハーフでは活躍しましたが、3大駅伝ではそこまで目立った活躍はできませんでしたね。全日本で活躍した延藤や佐久間、今年復調してきた短い距離に強い小池は来年度楽しみな存在です。定方は山登りでないところで活躍するしかないですが、どうでしょうか。


2年
田口雅也
箱根13年1区1位(補欠)・12年4区1位
全日本12年1区1位
関カレ12年ハーフ3位

高久龍
箱根13年7区4位(5区1位)
全日本12年5区3位

淀川弦太
箱根13年4区11位

今井憲久
箱根13年補欠
関カレ11年1500予選

長浜雄一
関カレ12年1500M7位

斎藤真也
箱根12年(補欠)

都藤和彦
関カレ12年3000SC予選
昨年の箱根まではこの学年は目立っていませんでしたが、ぐんと存在感を出してきました。田口は箱根以降本当に強くなり、全日本と箱根で力があることを見せ、チームのスタートダッシュに貢献しましたね。あとは、1区以外の主要区間でどれだけ力が出せるかが気になるところ。あと、高久がこの1年で一気に主力級になりました。他では、
箱根では上手くいかなかったものの上尾ハーフで好走した淀川に、スピードのある長浜は関カレで期待できそうです。もともと力のある今井が復調してきたのも良いですね。

1年
服部勇馬
箱根13年9区3位(3区2位)
全日本12年8区6位
関カレ12年5000M11位

上村和生
箱根13年(補欠)

高倉祐樹
関カレ12年1500M予選
服部はしっかりと調子を戻してきてスーパールーキーとして悪くない1年間を過ごしたと思います。他の選手は目立った成績は残せませんでしたが、今の2年生のように来年力をつけていくのではないでしょうか。

新入生情報
服部弾馬 豊川(愛知) 13.59.20
10年都大路6区9位・11年IH3000SC5位・11年都大路4区24位・12年都大路1区2位
山本采矢 滋賀学園 14.25.10
10年都大路1区38位・11年都大路1区38位・12年都大路1区8位・13年都道府県1区10位
櫻岡 駿 那須拓陽(栃木) 14.04.16
牧浦聖士 西脇工業(兵庫) 14.19.04
11年都大路6区7位・12年都大路7区4位
成瀬雅俊 豊川工業(愛知) 14.20.10
11年都大路7区10位・12年IH3000SC8位
植田耕佑 米子松蔭(鳥取) 14.44.09
12年都大路3区10位・13年都道府県5区20位
口町 亮 市立川口(埼玉) 14.22.45
13年都道府県1区17位
山口弘晃 長良(岐阜) 14.44.99
13年都道府県4区9位
三笠慧吾 酒田南(山形) 14.53.94
11年都大路1区26位・12年都道府県5区39位
橋本 澪 館林(群馬) 14.40.31
13年都道府県1区34位
渡辺大貴 佐渡(新潟) 14.34.72
13年都道府県1区42位
山本信二 安芸南(広島) 14.41.38
木村圭佑 札幌山の手(北海道) 15.16.03
11年都大路7区31位
大島亮輔 遊学館(石川) 15.11.78
12年都大路6区43位
吉村光司 加藤学園(静岡) 15.01.31
間違いなく即戦力ルーキーとなりそうなのが服部弾馬。トラックは13分台の記録を持っていますし、都大路でも安定した良い走りを見せました。それに次ぎそうなのがトラックでは桜岡、ロードでは山本でしょう。桜岡は全国駅伝の出走こそないものの良いタイムを持っていますし、山本は3年時両駅伝で孤軍奮闘しましたね。他にも、豊川と熱戦を繰り広げたチームにいた牧浦や成瀬、3年の都大路や都道府県で悪くない走りを見せた植田や口町、2年の都大路で粘りの走りをした三笠なども将来的には面白そうですが、今の2年みたいに1年後くらいに出てくるのではないでしょうか。

まとめ
抜ける大きな穴は市川だけで、新入生に服部弾が入ってくるので在校生の伸びの分プラスになっていくと思います。田口という素晴らしいスターターがいるのでどういうふうにミスなくトップのままつないでいけるかがカギになりそうです。

予想オーダー
田口3ー服部勇2ー設楽悠4ー今井3ー設楽啓4
小池4ー高久3ー大津4ー服部弾1ー佐久間4
山に重点を置くということで、5区には今年に他の代案がない時に置くといわれていた設楽啓を置きました。そして2区に今年9区を走った服部勇を置いて9区には新入生の服部弾かなと。6区には1年時に6区のバックアップと思われた小池を置きましたが、下級生に走らせたいというならば6区を服部弾にして9区に高久あたりを置く案もあるかと思います。

箱根駅伝結果2013(1)東洋大学

そろそろ、箱根駅伝のまとめをしていこうと思います。順番は新入生情報が公式で出ている大学を先にだします。3月末の春休みが終わるまでにまとめは終える予定ですが、気分で書いてるブログですので期待しないでください。

1区田口雅也区間賞(2位と14秒差)
2区設楽啓太(1→2)区間3位(1位と1秒差)
3区設楽悠太(2→1)区間賞(2位と2分41秒差)
4区淀川弦太(1→1)区間11位(1分49秒差)
5区定方俊樹(1→3)区間10位(1位と2分39秒差)
6区市川孝徳(3→2)区間4位(2分22秒差)
7区高久龍(2→2)区間4位(2分51秒差)
8区大津顕杜(2→2)区間7位(3分12秒差)
9区服部勇馬(2→2)区間3位(3分48秒差)
10区冨岡司(2→2)区間7位(4分54秒差)
総合順位2位(往路3位・復路4位)
【敢闘賞】田口雅也・・スタートダッシュを決め、山までに稼ぐ絶好の機会を与える
【技能賞】設楽悠太・・前々回の走りから修正し、後ろを突き放す
【残念で賞】淀川弦太・・ペースが上がらず差をかなり詰められた
予想1位(往路3位・復路1位)区間は1区2区5区6区10区的中。
補欠・・土屋・安田・延藤・日下・佐久間・今井
順位は日体大の快走が予想外だったので、ずれました。ただ、往路が終わった時点で追うのが苦手な東洋は厳しいと思うべきでしたね。区間は1区5区10区を当てられたのは満足です。ただ、服部9区は全日本駅伝からもう少し考えておかなければいけなかったなと思います。
田口はすごい能力ですね。油布を気にしすぎて無駄な動きが多く失速するかなと思ったら、そのまま突っ走っていきました。設楽啓は前回と同じく好走しました。前回は終盤に一気に抜け出しましたが、今回は序盤から速めに走って、終盤も崩れませんでしたね。設楽悠は大迫がとると思われていた区間賞までも取るほどの好走で、後ろを引き離しました。前回3区を走ったときは、序盤は良かったものの中盤以降失速してしまったのですが、今回は下りから大迫とほぼ同じペースで走ると、平地になってもペースが落ちませんでしたね。ただ、ここまでの良い流れを淀川が少し切ってしまいました。序盤からあまり良いペースではなかったのですが、後半になってペースが上がるどころか下がってしまいましたね。今井の代走でしたが、攪上や福士と違って今井は大学になってからはあまり活躍できていない選手。出走を狙うなら4区か10区だったでしょうからもう少し走って欲しかったなという気が個人的にはします。定方は個人的には悪くはない妥当な走りはしてくれたと思います。結果から見れば、最初の平地で少し突っ込みすぎた感はありましたが、登りに入ってからはずっと安定していました。往路は1区~3区までは完ぺきでしたが、4区で自チームにミスが出たのと、5区で他チームに予想以上の選手がいたことで、往路優勝できませんでしたね。
市川は復路の出だしとして大きく差を詰めることを期待されましたが、昨年よりも良いコンディションの中昨年とほぼ同じタイムでしか走れませんでした。上りは良かったのですが、下り中盤から下り後半の走りが10番目くらいのペースで伸びず、事実上の終戦となってしまいました。高久はもちろん手放しではほめられませんが、難しい状況の中、まあまあ悪くない走りができたと思います。特に、前半突っ込んだので中盤ペースが落ちた後に、終盤切り替えられたのは良かったです。大津は昨年は速いペースで入って後半の登りもトップのペースで粘れましたが、今年は上手くいきませんでしたね。前半のペースは追いかける展開でなければ悪くはなかったのですが、どんどん人よりもペースが落ちてしまいました。矢野が突っ込んだ走りをしなかったとはいえ、服部は個人的には思ったよりも離されませんでした。全日本に続いて終盤ペースが落ちましたが、どちらもレース展開上仕方ないでしょう。冨岡は目標がなかったので走りにくかったでしょうが、最初で最後の箱根にしては気持ちが伝わりにくい走りだったと思います。前との差が離れすぎて優勝を狙うとも区間賞を狙うともどちらの走りにもなれませんでした。復路は6区でつまらず難しい状況になってしまいました。追いかける展開はやはり苦手でしたね(自分は09年の箱根は見ていないので、追いかけて勝つ展開を見たのは11年の出雲くらい)。トータルとして振り返ってみると優勝できるか微妙な感じだったのにミスが出てしまったので優勝できなかったのかなと思います。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。