スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012全日本大学駅伝予選会順位予想

1位 順天堂大学
2組岩崎は撃沈しそうだが、後はかなり良さそう。特に、小澤・田中あたりは稼ぎそうです。

2位 青山学院大学
どこもまとめてきそうだが、トップ通過には3組がパワー不足でしょう。

3位日本体育大学
勝亦と代わらなかった方と福士が撃沈しそう。毎回、全日本大学駅伝予選会はギリギリ通過なので、今回もその流れでしょう。

4位 東京農業大学
どこもまとめてきそう。全体的に若干パワー不足は歪めないが、どうか。

5位山梨学院大学
4組のパワーがある。2組・3組も耐える人材は揃えているので、1組がこけなければ大丈夫。

6位帝京大学
通過を東京農業大学か帝京大学にするか最後まで迷った。こちらも、まとめてきそうだが、全体的に若干パワー不足。

7位城西大学
山本が撃沈しそうです。あと、中原あたりがそれでも通過できるほど走れることはないかなと。

8位國學院大学
1組がかなり不安。でも、東京農業大学と帝京大学の次に迷ったところ。

9位中央学院大学
塩谷が撃沈してしまいそう。あと、木部も結構不安。でも、ここまではかなり僅差な気がします。

10位神奈川大学
3組まではボーダーあたりだが、我那覇が撃沈しそうです。あと、吉川がどれくらい走れるかかなり気になる。

11位東海大学
1組2組3組が片方ずつ撃沈すると予想。でも、もう片方は収穫になりそう。

12位拓殖大学
全体的に20位台後半になりそう。あと、3組で1人撃沈するかなと。
スポンサーサイト

2012全日本大学駅伝予選会変更予想

神大の書き上げた記事が飛んで、一気にやる気がなくなりました。とりあえず、してないところの変更予想です。


順天堂大学
1 的野→石井
個人的には2組の岩崎が不安なので岩崎と代わって欲しいのですが、故障明けらしい1組の2人のどちらかと変わるでしょう。

日本体育大学
2 鈴木→勝亦
勝亦は直前の10000mで走れており、甲斐か鈴木のどちらかと代わるハズです。

城西大学
1 吉元→石橋 室井→松岡
1組の2人が調子が上がっておらず、そのままいけば両方代わるでしょう。ただ、どちらかが上がっていれば寺田か松岡のどちらかが抜けるハズです。

山梨学院大学
1 阿部→松山
1組のどちらかが松山に代わるでしょう。持ちタイムは阿部の方が良いですが、上倉の方が期待されてる印象があるので経験積ませる意味でもこうかなと。

帝京大学
2 後藤→柳原 3 三田→山川
間近の記録会で2人の記録が良くなく、順当に行けばこうかなと。個人的には後藤がそのままで好走して欲しいですが。

中央学院大学
2 沼田→室田
間近の記録会の結果だけで決めており、そうなるとこういう変更かなと。個人的には3組塩谷が不安なので、そこと代えて欲しいです。

神奈川大学
2 南→赤松
個人的には赤松が復調しており、2組と予想。そうでなければ高久が入るでしょう。



2012全日本大学駅伝関東予選(5)東京農業大学

1組
三輪晋太郎(3年)
箱根12年補欠(69位)
5月末に10000Mを30分10秒で走った。
山本和樹(3年)
箱根12年補欠
全日本11年(1組25位)・10年(OP4位)
関カレ12年ハーフ36位
最近、5000Mで自己ベストを出した。波のある印象ですが、全日本予選会では割と安定しています。

2組
内藤寛人(4年)
箱根12年4区19位(33位)11年補欠(5区7位)
全日本11年(2組13位)
関カレ12年ハーフ2位・09年3000SC予選
関カレハーフでは2位だった。波はあるが、最近の大舞台では安定して結果を残している印象。
戸田雅稀(1年)
関カレ12年1500M1位5000M19位
スピードスターで関東インカレ1500Mで優勝した。間近の記録会では10000Mを29分台で走った。

3組
木村翔太(4年)
箱根12年9区17位(11位)・11年10区10位(6区9位)・10年補欠(161位)
全日本11年(3組2位)・10年(3組20位)
関カレ12年ハーフ3位・11年ハーフ17位・10年ハーフ6位
関カレハーフでは表彰台に立った。その直後の記録会も5000Mで14分17秒と悪くなかった。
竹内竜真(2年)
箱根12年8区11位(71位)
全日本11年(2組7位)
関カレ12年10000M11位・11年10000M15位
非常に安定感のある選手。5月末の記録会で5000Mで14分20秒とわるくない走りを見せた。

4組
青木優(4年)
箱根12年1区16位・11年補欠
全日本11年(4組10位)
関カレ12年10000M17位・11年ハーフ5位
昨年の全日本予選会は最終組で健闘した。最近、調子を上げてきている。
浅岡満憲(2年)
箱根12年3区7位(29位)
全日本11年(3組3位)
関カレ12年1500M5位5000M5位・11年1500M4位5000M3位
今年の関カレでもダブル入賞。間近の記録会は良くなかったが、どんな状態でおある程度の結果を出してくれる。

補欠
大河原謙人(3年)
4,5月で5000Mでも10000Mでも自己ベストを出し、間近の記録会でも30分18秒の自己ベストと非常に調子が良い。
佐野雅治(1年)
関カレ12年3000SC2位
3000SCが得意な選手。間近の記録会では30分34秒だった。
エントリー漏れ
佐藤達也(3年)・・箱根6区2位だった選手。日本学生ハーフでは33位だった。関カレは途中棄権した。

変更予想 なし

佐藤や津野や花田がエントリーした影響で層が薄いですが、全体的に悪くないオーダーが組めた印象。
1組が1番耐える必要がありますね。三輪はスピードはないものの、スタミナがあるので中位できてくれそう。個人的には安定している印象があります。ただ、問題は山本の方か。全日本予選会ではわりかし安定しているものの、基本的には波のある選手。場合によっては大河原と変更してよいかもしれません。
2組はある程度大丈夫でしょうか。戸田はスプリント力が非常に高い選手なので、上手く終盤まで先頭集団についていければ組トップは十分ありえます。内藤も非常に力をつけてきた選手。ただ、結果を残しているのがロードばかりなのは気になる点ですね。
3組からは安定して結果を残せそうです。木村は昨年この組2位だった選手。スピードはあまりないものの、調子さえ落としていなければ昨年と同じ成績は十分ありえます。竹内は派手さはないものの、非常に安定している選手です。間違いなく中位で来てくれるでしょう。
4組もあまり心配ないです。浅岡の方が間近の記録会は良くなかったですが、個人的には全く心配していません。昨年の箱根予選会は故障明けのなか健闘し、今年の箱根も最下位で受け取りながら区間7位だった選手。個人的には間違いなく中位以上できてくれると思います。どちらかというと、心配なのは青木ですかね。ただ、その青木もこの数週間で調子を落としていればという可能性の話をしているだけで、基本的には大丈夫だと思います。それに昨年好走した良い経験がありますしね。
補欠は何かあったら代わるという感じでしょう。その中で先に代わりそうなのは大河原。昨年度までは実力がなかったのですが、今年度に入って一気に伸びて今ものすごく調子が良いです。佐野もそこまで悪くないタイムを出しましたが、3000SC以外の種目は少し適応するのに時間がかかると思います。
後半の組はそこそこの結果は残してくれるので鍵は前半の組でしょう。前半が崩れると後半の組も上手くいかないことも多いので、前半の組を上手くしのいでほしいです。

2012全日本大学駅伝関東予選(4)國學院大学

1組
上野智幸(4年)
箱根12年6区12位
関カレ12年ハーフ18位
箱根後好調で、4月には10000Mを29分台で走った。5月に入ってから少しだけ調子を落としているか。
小原大輔(3年)
箱根12年補欠・11年補欠
日本学生ハーフでは215位だった。10000Mでは30分30秒くらいで安定している。
2組
柿沼昴太(3年)
箱根12年補欠
全日本11年(OP16位)
日本学生ハーフでは214位だった。間近の記録会では30分10秒で走った。
池田将典(2年)

3組
中山翔平(4年)
箱根12年9区9位(4区8位)・11年7区10位(39位)・10年(168位)
全日本11年(4組26位)・10年(3組17位)
関カレ12年ハーフ14位・11年ハーフ6位・10年3000SC予選・09年3000SC予選
故障していたが、4月末にレース復帰。関カレハーフではある程度悪くない走りを見せた。
大下稔樹(2年)
箱根12年7区16位(5区8位)
全日本11年(3組30位)
春に3回10000Mで自己ベストを出して、29分台に突入した。大学に入って、成功レースが少ない印象。
4組
寺田夏生(3年)
箱根12年5区5位(6区8位)11年10区11位(73位)
全日本11年(3組8位)・10年(3組21位)
関カレ12年5000M9位10000M15位・11年10000M14位
國學院大のエース。4月に5000M,10000Mで自己ベスト。関カレも健闘し、入賞まであと少しだった。
沖守怜(2年)
箱根12年4区13位(補欠)
関カレ12年10000M16位・11年3000SC9位
4月に5000M,10000Mで自己ベスト。5月末にも自己ベストを出すなど調子が良い。
補欠
川内鮮輝(4年)
箱根12年補欠
5月初めの記録会では31分近くかかったが、5月末の記録会では29分台で走った。
中瀬 薫(1年)
5月末に初10000Mを走ったが、30分29秒とある程度の結果を残した。
エントリー漏れ
端坂望(4年)・・関カレハーフでも健闘するなどロードは強いが、トラックでは良い結果は出せていない。
吾妻佑起(1年)・・今年の新入生で唯一14分30秒を切っていたが、故障で出遅れた。
廣川倖暉(1年)・・4月は10000Mで29分台、5000Mでも自己ベストと調子が良かったが、5月には調子を落とした。

変更予想 2池田→川内

昨年は後半の組で取りこぼした國學院大學。しかし、今年は8人目の選手が心配か。
1組は上野が稼いで小原がしのぐ感じか。上野は4月と比べると調子を落としたが、それでも調子は悪くない。確実に稼いでくれるだろう。問題は小原。安定はしているが、30分30秒過ぎ。昨年に相当すると、30位台となる。川内は他で使いたいので、悪天候を期待しながら耐えてもらおう。
2組は安定か。柿沼は確実に30分過ぎで走ってくれそう。昨年はOPで走っており、雰囲気を知っているのもプラスだ。池田は全く情報がなく、隠し玉なら最高なのだがたぶん当て馬だろう。
3組はなんとかなりそうだ。中山は4組だと苦しいだろうが、3組くらいのレベルだと安定して結果を残してくれる選手。10位台で来てくれそうだ。昨年失速し、不安だった大下もなんとか粘ってくれそうだ。3回連続自己ベストと走る度に結果を残しているし、29分台を出したときはレベルの高い組で走っていた。したがって、とりあえず29分台では来てくれそう。
4組は2人ともある程度の結果は残してくれそうです。正直、2人とも関カレの10000Mである程度の結果を残したことが大きい。寺田は安定していますし、上手くいけば関カレ5000Mみたいに1ケタ順位いけるかも。沖守の方もしっかりと20位過ぎくらいできてくれそうです。
補欠は29分台で最近走った川内が入ってくるでしょう。普通にいけば2組、もし池田が秘密兵器ならば小原と変わると思います。今年度31分近くかかったこともあるので、しっかりと良い時の走りをしたいです。中瀬はこれからのためにもOPで経験を積んである程度の走りはしてほしいですね。
いつも通りの調整力を見せれば、ボーダーまではいけると思います。ただ、今年は例年に比べて厳しい戦いになりそうなので、確実に通過するためには+αが1つか2つあればよいですね。

2012全日本大学駅伝関東予選(3)東海大学

1組
白吉凌(1年)
個人的に一番早くから活躍しそうと思っていた。間近の記録会では30分09秒だった。
見廣雄一(1年)
4月から結構レースに出ている。間近の記録会では30分06秒の走りで東海大で走ったなかで2番目だった。

2組
末永昂暉(3年)
5月末に復帰し、間近の記録会では30分20秒で走った。故障は多いが、素質は高いらしい。
松谷公靖(4年)
箱根12年7区20位(補欠)
全日本11年補欠・10年(1組16位)
関カレ12年ハーフ16位
日本学生ハーフでは328位だったが、関カレでは健闘した。個人的には、昨年に復帰してから失敗が多い印象。

3組
石川裕之(2年)
箱根12年補欠(2区8位)
全日本11年補欠
関カレ12年10000M21位
3,4月は故障の影響で苦しんでいたが、関カレで29分台で走った。
野中久徳(4年)
箱根12年6区13位・11年補欠(105位)
全日本10年補欠
関カレ12年10000M24位・11年5000M29位・10年1500M予選
4月に10000Mで自己ベストを出すなど好調だったが、関カレでは上手くいかなかった。


4組
元村大地(3年)
箱根12年1区11位(補欠)・11年3区3位(51位)
全日本11年4区7位・10年4区11位(3組1位)
関カレ12年ハーフ8位11年10000M10位ハーフ3位・10年3000SC4位
4月は5000Mで自己ベストなど調子が良かったが、5,6月とだんだん調子を落としている印象。
中川瞭(2年)
箱根12年補欠(4区5位)
全日本11年3区4位
昨年のドラ1。5月末にレース復帰し、間近の記録会でも29分台で走った。

補欠
上原将平(3年)
箱根12年補欠・11年補欠
全日本11年補欠
補欠となることが多い。間近の記録会では30分57秒とあまり良くなかった。
田中拓哉(1年)
関カレ12年5000M23位
4月に5000Mで自己ベストを出したが、関カレでは上手くいかなかった。間近の記録会では30分46秒だった。
エントリー漏れ
村沢明伸(4年)・・学生界トップレベルの選手。今回までに30分切が10人出ないと出場させないといわれていた
早川翼(4年)・・村沢と並ぶ2本柱。関カレでダブル入賞を果たした。
吉川修司(2年)・・昨年の全日本でエース区間で健闘した。今年度はまだ試合出場がない。
両角駿(1年)・・この世代でトップレベルの実力を誇る。冬に故障していた。

変更予想 なし

新しい29分台が1人も出なかったために、宣言通りに村沢を抜いただけではなく早川も抜いた東海大学。全員が実力を出し切ればボーダーあたりまではいけると思います。
1組はなんとか調子を維持して間近の記録会と同じような走りをしたいですね。1年生ということで、大舞台でどれくらいできるかという点でも注目です。
2組が個人的には1番不安です。末永は故障明けで30分20秒を出しており、順調に回復していれば30分で走ることも十分可能です。3年生は層が薄いので結果が残せると大きいですね。ただ、個人的に崩れそうだと思うのは松谷です。昨秋に復帰して以来、大舞台では結果を残せていないです。まぁ、間近の記録会に出ていないのはあまり意味がないとは思いますが。
3組から個人的にはかなり興味があります。石川は故障が多いものの、ポテンシャルは高いです。ここで良い結果を残して自信につなげたいですね。野中は2人に次ぐ4年生としてしっかりと結果を残したいところ。関カレの失敗をきちんと切り替えたいです。
4組は調子でみると真逆ですね。元村は世界学生クロカンの時はよかったのですが、だんだん調子を落としています。間近の記録会の30分30秒はたぶん調整だと思うのですが、そうでなければ悲惨になるかと。中川はだんだんと調子を上げてきましたね。出雲や全日本などで格上の選手について行ったので、今回もそのような走りを期待したいです。
補欠のうち、交代があるとしたら田中でしょう。上原は間近の記録会もそんなに良くなく、他に走れた人がいなかったから選ばれた印象です。田中は10000Mのタイムはそんなに良くないですが、5000Mで良いタイムを持っています。もしかしたら、そのスピードに注目されてどこかに起用されるということがあるかもしれません。
全員が力を出してようやくボーダーにかかってくるところです。ただ、ここで選手が活躍すると自信がつくので、箱根予選会のためにもある程度の選手には結果を残してほしいですね。

2012全日本大学駅伝関東予選(2)青山学院大学

1組
三野貴史(2年)
箱根12年補欠(補欠)
全日本(予選会)11年補欠(1組19位)
日本学生ハーフで80位、6月に5000Mで自己ベスト、9日の記録会でも29分台と安定して走れている
小椋裕介(1年)
6月に5000Mで14分18秒、9日の記録会では10000Mで自己ベストと今調子が良いか。

2組
横山拓也(4年)
箱根12年9区4位・11年3区16位・10年4区13位(128位)
全日本(予選会)11年8区8位(2組1位)・10年(2組3位)・09年7区10位(3組24位)
関カレ11年ハーフ37位・10年ハーフ15位・09年5000M18位
日本学生ハーフでは21位だったが、少し記録に波がある印象。ただ、9日の記録会では1番速く走った。
橋本崚(1年)
4月は調子が良くなかったが、6月は調子が良く9日も29分50秒で走った。

3組
川崎友輝(2年)
箱根12年(4区11位)
関カレ12年1500M2位・11年1500M予選
日本学生ハーフで60位など3月からずっと調子が良く、関カレでは1500Mで躍進の表彰台に立った。
藤川拓也(2年)
箱根12年補欠(2区7位)
全日本(予選会)11年補欠(2組24位)
関カレ12年5000M24位
9日の記録会では29分46秒の自己ベスト。短い距離のほうが得意。

4組
大谷遼太郎(4年)
箱根12年10区7位(補欠)・11年(2区14位)
全日本(予選会)11年3区8位(3組1位)・09年(2組30位)
関カレ12年1500M3位5000M7位・11年5000M19位・09年1500M5位5000M31位
日本学生ハーフで35位など3月から調子がずっと良く、関カレでも結果を残し9日の記録会も悪くなかった。
出岐雄大(4年)
箱根12年2区1位(1区4位)・11年2区4位(1区12位)・10年1区9位(136位)
全日本(予選会)11年2区1位(4組1位)・10年(1組2位)
関カレ11年10000M6位5000M11位・09年3000SC予選
日本学生トップクラスの選手。5月は関カレを欠場するなど、大会で姿を見せていない。

補欠
内田昌寛(4年)
箱根11年(6区10位)・10年補欠
上級生ではあまり良くなかったが、9日の記録会で30分04秒の自己ベストを出し、一躍エントリーされた
山田学(2年)
箱根12年補欠
関カレ11年10000M23位
9日の記録会では30分10秒で走った。

エントリー漏れ
福田雄大(3年)青学の準エース。日本学生ハーフで146位など3月から調子が良くなく、9日の記録会でも30分35秒だった。
竹内一輝(3年)冬は活躍していたが、日本学生ハーフで145位。その後、大会に出ていない。
遠藤正人(3年)関カレ10000Mでは10位と健闘。しかし、9日の記録会では31分14秒だった。
久保田和真(1年)新入生の世代№1.春に軽い故障をした影響かあまり大会に出てきていない。
渡邉心(1年)5000Mの調子は良いのだが、10000Mの調子がイマイチ。

変更予想  なし

本当に9日の記録会でタイムが良かった9人+出岐という布陣。主力が何人も調子が上がらず外れたので、1位通過確定的という感じからたぶん予選会通過という感じに変わった印象です。変更予想は特に調子を落とした選手が出てこなければ、ないでしょう。出岐が走れるか不安ですが、補欠の2人は4組を走れる実力はないので、走ってくれるはずです。
1組は堅実に走ってくれそうです。三野は昨年粘走してくれた実績がありますし、昨年よりも力はついています。小椋も10000Mで良いタイムで走ってくれました。終盤まで上位につけていればなお面白いか。
2組は良いタイムを期待しなければならないでしょう。特に、横山は昨年と同じように中盤で抜け出して独走でゴールする走りが求められています。昨年より間違いなくマークされますが、どうでしょうか。橋本は調子が良く、普通に走ってくれそうです。
3組はスピードはありますが、スタミナ面がかなり不安です。川崎は1500Mで2位になるなどスピードはあるので、5位くらいか20位以下かはっきり分かれそう。藤川は軽い組なら良いのですが、なかなかレベルの高い組だと実力を出し切れない面がありますが果たして。
4組は大いに期待できますね。昨年トップだった出岐は調子が良くなくても、崩れずにある程度は走ってくれると思います。大谷は本当に今調子が良いので、ふつうに1ケタくらいで来てくれそうです。
補欠は少し実績がすくなく、変更して入れるのには勇気が入りそうな印象です。ただ、原監督は調子が良い選手をガンガン使っていくので、入る可能性も十分ありえるでしょう。
3組は失速して4組で挽回して通過しそうな印象。2組が青写真通りに行けば、上位通過。行かなくても、そこそこの順位で通過するでしょう。

2012全日本大学駅伝関東予選(1)拓殖大学

1組
木寺良太(3年)
箱根12年補欠
5月初めに5000Mで14分41秒の自己ベストを出した。
櫻井一樹(2年)
全日本11年(3組39位)
日本学生ハーフで216位などハーフは苦手だが、5月初めに5000Mで自己ベスト

2組
金森寛人(1年)
関カレ12年5000M25位
新入生で一番5000Mのタイムが良い。関カレを経験した。
日下粛基(1年)
4月の5000Mで自己ベストを出したが、5月で走った5000Mは良くなかった。

3組
登井崚太(4年)
箱根12年補欠
関カレ12年5000M33位
4月で走った5000Mで14分14秒の自己ベスト。ただ、関カレは撃沈した。
谷野健太(3年)
箱根12年補欠
日本学生ハーフでは83位だった。

4組
野本大喜(4年)
箱根12年2区15位(3区5位)・11年7区3位(20位)・10年(117位)
全日本11年(4組24位)・10年(2組5位)
関カレ12年10000M20位ハーフ1位・11年ハーフ1位・10年10000M26位
4月に5000Mで自己ベスト。関カレは10000Mは良くなかったが、ハーフで二連覇した。
佐護啓輔(2年)
箱根12年4区18位(補欠)
関カレ12年1500M8位・11年1500M予選
スピード型。4月に5000Mで自己ベストを出し、関カレで入賞するなど調子が良いか。

補欠
早川和樹(2年)
箱根12年補欠
全日本11年(OP27位)
日本学生ハーフでは48位と健闘した。
兼実省伍(4年)
箱根12年1区17位(補欠)・11年1区17位(37位)・10年(94位)
全日本11年(2組28位)・09年(3組32位)
関カレ12年ハーフ16位・11年ハーフ16位・10年ハーフ20位
日本学生ハーフでは18位だった。4月は良くなかったが、関カレハーフでは昨年並みの結果を残した。

主なエントリー漏れ
ダンカン=モゼ(3年)・・日本学生ハーフでは4位だった。関カレの5000Mでは足を引きずってゴールした。
北澤健太(4年)・・日本学生ハーフでは5位だったが、新年度では姿を見せていない。

変更予想 2日下→早川 3谷野→兼実

記録会にあまり出ていないので良くわかりませんが、ダンカンに加え北澤や東島も外れたので通過は苦しいと思います。変更は谷野→兼実は個人的に鉄板だと思うのですが、木寺・日下・早川のうちだれがOP走るかわかりませんね。
1組は櫻井はスタミナ面で特に不安ですね。木寺にかんしては判断材料が少なく中位になるのか撃沈するのかようわかりません。
2組は金森はスピードがありますし、わりかし上位~中位にくると思います。日下に関しては調子が未知数ですが、スタミナ面は個人的に危ういと思います。
3組は登井は撃沈しそうな気がします。谷野は当て馬だと思います。
4組は野本・佐護ともに実績はありますが、それぞれ種目が違います。野本はタフな展開は得意ですがスピード面は結構不安なので昨年並みにはまとめてほしい。佐護は磨きがかかったスピードが武器ですが、ハイペースとなる4組ではかなり不安です。
補欠は早川はよほどスピードがない限り、ハーフが得意なスピードを生かして1~2組で中位になれそう。兼実は3組までならある程度の順位ではこれそうか。
どの組も不安ですが、しいて言うなら4組はまだなんとかなりそうか。1~3組で少なくとも片方は撃沈しそうですが。予選会突破は無理でも、少しの選手には自信となるような経験をさせてあげたいですね。

卒業生&来期への展望(14)順天堂大学

4年

的場亮太
箱根12年2区13位(116位)11年(162位)・10年(112位)・09年補欠(119位)
全日本11年(4組4位)・10年(3組5位)・08年(1組23位)
関カレ11年10000M11位ハーフ24位・10年ハーフ11位

小高悠馬
箱根12年補欠(119位)10年(196位)・09年10区20位
全日本08年(OP26位)
関カレ09年ハーフ30位

唐川和宏
箱根11年(133位)・10年(144位)・09年補欠(197位)

越智健一郎
箱根09年補欠(168位)
全日本09年(1組31位)
関カレ09年ハーフ31位

塩田充
箱根09年補欠

田鎖慶大
箱根12年(258位)
関カレ11年1500M予選

志賀旭
関カレ11年3000SC予選・10年3000SC予選・09年3000SC予選
的場はずっとチームに貢献してきました。特に、3年以降は全日本予選会や関カレなどでエースとしてチームを引っ張りました。小高は1年の箱根などあんまりな走りも多かったですが、最後に箱根出場に貢献しました。ただ、あとは下級生で経験を積んだものの、上級生で出てこなかった選手が多かったです。唐川は良い方で、越智は1年では的場に劣らない経験の積み方ですがその後はまったくでした。ただ、その中で田鎖は着実に成長したのは良かったです。


3年

田中秀幸
箱根12年3区4位(13位)・11年(135位)・10年(180位)
全日本11年(4組19位)・10年(4組17位)・09年(2組39位)
関カレ11年1500M12位5000M20位・10年5000M7位10000M20位・09年5000M29位

堀正樹
箱根12年1区14位(41位)・11年(103位)・10年(162位)
全日本11年(3組11位)・10年(2組20位)・09年(4組35位)
関カレ11年ハーフ11位

大池達也
箱根12年4区11位(120位)
全日本11年(1組3位)・10年(1組31位)・09年(OP24位)
関カレ11年10000M22位・10年ハーフDSQ

佐藤優太
箱根12年補欠(192位)11年(213位)・10年(284位)
全日本09年(1組8位)
関カレ11年1500M予選・09年1500M9位

山崎翔太
箱根12年8区12位(124位)
全日本09年(OP13位)

信時一輝
箱根12年6区11位
関カレ11年ハーフDSQ

有馬啓司
箱根11年(130位)
全日本10年(OP8位)・09年(3組29位)
関カレ09年5000M31位

石井格人
箱根12年補欠
全日本10年(OP11位)
関カレ10年5000M25位

山崎諭弘
箱根12年補欠

大住和
箱根11年(308位)
リクルートに成功していたこの学年、エースの田中と主力の堀がチームを引っ張っています。スピードのある田中は2年の関カレで一気に出てくると、その後はエースとして戦い3年の秋には長い距離にも適応してきました。堀はスピードはあまりないものの、長い距離で本当に安定しています。大池は20kmこそまだ慣れていないものの、トラックでは良くなって安定してきており、全日本予選会では特に期待をもてます。佐藤は長い距離にだんだんなれてきつつある半面、入学当初に良かったスピードがだんだん失われてきています。期待されていた山崎翔はようやく故障から復帰して、一般入学から着実に伸びてきた信時とともに箱根ではチームに貢献しました。あとは、下級生の頃元気だった有馬、監督からなぜか相当期待されている石井あたりが出てくれると、なお嬉しいですね。大住って中学生の3000mの記録持ってたんですね・・・。


2年

小澤一真
箱根12年10区3位(82位)11年(163位)
全日本11年(3組33位)・10年(3組24位)
関カレ10年10000M28位

岩崎祐樹
箱根11年(164位)
全日本11年(2組39位)・10年(2組27位)
関カレ11年10000M28位

狩野良太
箱根12年補欠・11年(180位)
全日本11年(OP7位)・10年(1組35位)
谷間の学年としての印象もあるこの学年ですが、小澤が主力としてチームに貢献しています。今まで、荷の重い区間を任されることが多く可哀そうな気もしてきましたが、箱根ではふつうの区間で良い走りをしましたね。岩崎は持ちタイムは良いのですが、安定せず大舞台ではまだ力を出せていないです。ちょくちょく出ている狩野とともに主力になってほしいですね。


1年

松村優樹
箱根12年9区5位(46位)
全日本11年(2組8位)

的野遼大
箱根12年7区7位(212位)
全日本11年(1組2位)

西郷貴之
箱根12年5区15位
全日本11年(OP8位)
関カレ11年5000M24位

松村和樹
箱根12年補欠(129位)
松村優と的野は1年ながら大きな戦力となっています。松村優は箱根シード獲得に大きく貢献し、次年度からチームの準エースとなりますね。的野は長い距離ではまだ不安定ですが、短い距離でチームに大きく貢献しています。西郷や松村和も崩れていないので、これからの成長に大いに期待できますね。

新入生情報
稲田翔威 水城(茨城)14'46'70
10年都大路1区33位・11年都道府県5区31位・11年都大路1区18位・12年都道府県5区7位
西川弘貢 富山商 14'35'85
10年都大路1区26位・11年都道府県5区24位・11年都大路1区15位・12年都道府県1区19位
吉田将平 いわき総合(福島)14'16'89
11年IH1500M4位・12年都道府県1区45位
相浦亮 諫早(長崎)14'42'37
10年都大路4区32位・11年都大路3区38位・12年都道府県4区34位
田中孝貴 浜松日体(静岡)14'28'16
11年都大路6区3位
小盛玄佑 世羅(広島)14'30'16
06年都大路2区23位

即戦力は稲田と吉田と西川です。稲田はトラックのタイムは良くないが、今年の都道府県駅伝は5区7位と素晴らしい走りでした。吉田は長い距離には時間がかかるのは必須も、関カレで頑張ってくれそう。いっそ佐藤優太にならないように短い距離に専念するのもありか。西川は実力はまだ少し足りないものの、安定感がありそのうち大きな戦力になってくれそう。あとは、相浦は稲田や西川並みに経験を積んでいますし、田中は短い区間ですが、都大路で好走。社会人から来た小盛は都大路優勝経験者です。

まとめ
新入生は今度4年や2年になる学年ほどリクルートには成功していないものの、卒業する学年はあまり上手くいかず、的場以外の穴は小さいので期待できると思います。田中の学年の戦力が大きいので、更なる成績を修めたいですね。

予想オーダー
堀4ー松村優2ー田中4ー大池4ー西郷2
信時4ー的野2ー山崎翔4ー小澤3ー稲田1
とりあえず、松村優を2区にして小澤を9区、稲田を10区としました。西郷を外して稲田5区、山崎翔8区、西川10区もありですが。的野1区という人もいますが、今回は選抜と競いあったのでローペースなら良いですがハイペースは不安だと思います。スピードチームだけあってスタミナのある選手が少なくスタミナ区間に1年の起用も考えなければなりませんね。

箱根駅伝結果(13)順天堂大学

【予定以上の走りで予選会最下位からシード権獲得】
1区堀正樹区間14位(10位と23秒差)
2区的場亮太(14→13)区間13位(と1分3秒差)
3区田中秀幸(13→12)区間4位(54秒差)
4区大池達也(12→11)区間11位(50秒差)
5区西郷貴之(11→13)区間15位(2分5秒差)
6区信時一輝(13→12)区間11位(2分10秒差)
7区的野遼大(12→11)区間7位(38秒差)
8区山崎翔太(11→11)区間12位(21秒差)
9区松村優樹(11→8)区間5位(11位と3分10秒差)
10区小澤一真(8→7)区間3位(5分32秒差)
総合順位7位(往路13位・復路5位)
【MIP】松村優樹・・プレッシャーのかかる区間で一気に安全圏へ
【殊勲賞】田中秀幸・・往路で唯一攻める区間の役割を果たす
【新人賞】的野遼大・・監督の予想を1分上回る走り
【敢闘賞】的場&西郷・・苦しい区間をきちんと耐えた
予想19位(往路15位・復路18位)区間は2・4・8区が的中
補欠・・小高・石井・佐藤・山崎諭・狩野・松村和

復路は松村を残すと思っていなかったことと、信時や的野がここまで好走するとは思っていなかったので、順位が外れました。区間も後半にこんなに駒を残すとは思っていませんでした。あと、1区堀は盲点でしたね。
堀はスピードはないもののスタミナはあるので、そこそこの順位では来てくれるだろうと思っていましたが、予定通りの順位で来てくれたと思います。
的場は耐える区間として理想的なビルドアップをしました。入りを他の選手よりほんの少しだけ遅めにすると、中盤はまわりと変わらないぐらいのペースとなり、最後は前から数えたほうが速い走りをすることができました。
田中は期待された通りの走りでチームの順位を押し上げました。入りからちょうど良いペースで、その後もそのペースを持続できました。
大池は終盤少し疲れたものの中盤まで悪くないペースだったので、全体的には悪くないペースでした。10000mまでは走れる大池をこの区間にしたのは良い采配だったなと思います。
西郷は区間最下位近くになるのではないかと不安でしたが、よく粘ってくれたと思います。登り始めを頑張りすぎた感がありましたが、全体的に登りで他の部分をカバーしました。
往路は全体的に耐えるという感じでしたが、よく耐えたと思います。往路の結果と残っている選手を見てシードも十分ありえる感じでした。
信時は代田の走りに惑わされず、選抜や神大の選手と並走しました。相対的に見るとずっと同じペースで安定していました。
的野は個人的に苦戦すると思いましたが、選抜の選手と並走したこともあってか素晴らしい走りで、監督の予定タイムよりも1分速かったらしいです。良いペースの中で、ビルドアップして、ラストスパートも決めました。
山崎は他の選手の様子からもう少し走れるかなと思っていましたが、粘り強く走ってくれました。
松村優は箱根シード圏内に入ってもらうプレッシャーのかかる位置でしたが、一気に安全圏まで入ってくれました。下りを速く走った後、少しペースを落としましたが、後半また上げました。
小澤はゆっくりとした入りでしたが、後ろから来た塩谷について行ってずんずん順位を上げていきました。
復路は小澤・松村優も予想以上でしたが、それ以上に信時・的野が驚きの好走でした。

卒業生&来期への展望(13)山梨学院大学

4年

コスマス
箱根12年3区1位(1位)11年3区1位(1区2位)・10年3区2位(6区2位)・09年補欠(6区2位)
全日本11年(4組13位)・10年2区2位・09年補欠・08年8区1位
関カレ11年10000M9位ハーフ6位・10年5000M16位ハーフ1位・09年10000M4位ハーフ1位・08年5000M4位3000SC7位

松枝翔
箱根12年9区10位(36位)11年1区6位(4区3位)・10年1区7位(補欠)
全日本11年(4組16位)・10年1区12位・09年6区2位
関カレ11年10000M8位ハーフ2位・10年5000M21位10000M13位

中村悠二
箱根12年2区18位(49位)11年5区15位(3区3位)
全日本10年4区9位・09年補欠

田口恭輔
箱根12年4区6位(28位)11年補欠・10年6区3位・09年補欠
全日本09年補欠
関カレ10年10000M23位

尾崎博
箱根12年10区11位(57位)11年補欠
全日本10年5区12位

佐々木直弥
箱根12年補欠・11年7区12位

山領駿
全日本11年(OP23位)
関カレ11年3000SC5位・08年3000SC予選

青木達哉
全日本11年(2組23位)

砥綿勇輔
関カレ10年1500M予選
この学年は留学生のコスマスと主将の松枝がチームを引っ張っていました。コスマスはモグスの後でやりにくかったでしょうが、関カレハーフ2連覇や箱根3区区間新など割と安定して良い結果を残してくれました。松枝は2年の全日本でブレイクすると、3年はスターターとして頑張りました。4年は秋以降少し苦戦しましたが、夏までは主力全員が不調のなか主将としてチームを引っ張りました。この2人を最後わきで固めたのは田口と中村でしょう。田口は2年箱根山下りで好走した後、故障に悩まされましたが最後の秋以降頑張りました。中村は3年の駅伝で主要区間で結果を残しました。その後、苦しみましたが田口と同様に最後の秋以降復調しましたね。その他で1番良かったのは尾崎でしょう。3年の全日本はイマイチでしたが、4年の秋以降チームに貢献しました。そのほかでは、箱根に出走した佐々木、関カレでサプライズ入賞した山領、全日本予選会で数少なく悪くなかった青木あたりも一旦出てきましたね。


3年

牧野俊紀
箱根12年8区6位(61位)11年8区11位(補欠)
全日本10年3区13位
関カレ11年ハーフ35位

伏島祐介
箱根12年6区18位(169位)11年4区18位(補欠)
全日本11年(2組14位)・10年6区8位
関カレ11年3000SC4位・10年3000SC6位

松本大樹
箱根12年5区9位

鳥羽和晃
箱根11年補欠(2区11位)
全日本10年補欠
関カレ10年5000M27位

篠塚春希
箱根12年補欠(77位)11年補欠(補欠)
全日本10年補欠

森井勇磨
箱根12年補欠(131位)

藤岡将大
箱根12年補欠・11年補欠

松岡勇気
全日本11年(3組36位)

小久保雄太
全日本11年(1組34位)

土田俊徳
箱根12年補欠

福元雄大
全日本10年補欠

藤井翼
関カレ09年5000M27位

土屋毅
関カレ09年3000SC予選

北園大祐
関カレ11年1500M予選
この学年でたくさんチームに貢献しているのは牧野と伏島でしょう。牧野は2年の箱根以降、箱根関係で安定してチームに貢献しています。伏島のほうは20KMは苦労していますが、関カレで2年連続入賞・全日本駅伝やその予選会で活躍するなど10kmぐらいまででは安定していますね。ただ、今回の箱根で急に欠かせない存在となったのは松本です。同じく登り適性の高い藤岡とともに切磋琢磨して来年は5区で更なる活躍を期待したいですね。あとは森井や補欠の多い篠塚がもう1伸びしたり、スピードのある藤井や鳥羽が復調したりすれば更に層が厚くなると思います。


2年

宮本悠矢
箱根12年7区15位(93位)

松山雄太郎
箱根12年(153位)
全日本11年(3組29位)
関カレ10年1500M予選

小笠和也
全日本11年(1組36位)

永井良祐
関カレ11年3000SC予選・10年3000SC予選
この学年は春に松山が出てきましたが、箱根関係で一気に宮本が追い抜いた感じです。宮本は結果は微妙ですが、安定しています。もう少し力がつけば信頼感有る選手になると思います。松山は夏まで調子が良かったのですが、その後イマイチですね。早く復調してほしいです。


1年

井上大仁
箱根12年1区10位(45位)
全日本11年(OP11位)

福沢潤一
箱根12年補欠
この学年どころか在校生で良い選手としてあげることができるほど井上が良いです。牧野や新留学生とともに来年はチームを引っ張ってほしいですね。もう少し待つ必要があるでしょうが、ドラ1の福沢が伸びてくれるとうれしいですね。

新入生情報
エノック オムワンバ ナイクル(ケニア)13'48'34
上倉 利也 佐久長聖(長野)14'18'93
10年都大路6区5位・11年都道府県4区17位・11年都大路1区24位・12年都道府県5区24位
谷原 先嘉 市尼崎(兵庫)14'32'60
12年都道府県5区16位
蔵田 秀純 小林(宮崎)14'26'36
10年都大路4区8位・11年都大路4区15位
上田 竜平 山梨学大附14'44'01
11年都大路1区25位
前田 直人 熊本国府14'22'98
永和 悠貴 出雲工(島根)14'36'76
11年都大路4区22位・12年都道府県1区36位
全体的に良い感じの選手が多いと思います。留学生がいなくなるのではないかという噂もありましたが、エノックが入ってきました。日本人のドラ1は上倉でしょう。駅伝経験も豊富ですし、トラックのタイムも良いです。そういえば、佐久長聖から入ってきた新人が毎年苦戦しているのに、入ってくるのは不思議な気がします。他に良いのは谷原と蔵田です。谷原はトラックのタイムはありませんが、スタミナがありますしロードが強いです。蔵田は都大路の準エース区間で区間一桁で走っています。あと、注目しておきたいのは上田と前田です。上田は故障に苦しみましたが、都大路の1区で悪くない成績を修めました。前田は大舞台の経験はないものの、トラックのタイムが良いです。

まとめ
卒業生の穴は大きいものの、新入生も例年より良い印象。だから、チーム力がダウンしてしまうかもしれない反面、ビッグなチームになるかもしれませんね。

予想オーダー
井上2ー牧野4ーエノック1ー上倉1ー松本4
伏島4ー松山3ー谷原1ー宮本3ー篠塚4
復路で1番良かった主将の牧野を2区にしてみましたが、これだと往路が厚く復路が薄くなるのかな。一応、こうしたときは9区に箱根経験者の宮本を入れて、あとはほぼ初の人にしました。谷原は1年生ですが、スタミナがあるので8区でも全然いけるかなと。将来、高瀬2世になってほしいなと思います。

箱根駅伝結果(12)山梨学院大学

【松本など脇を固める選手がしっかり走りシード権獲得】
1区井上大仁区間10位(11位と8秒差)
2区中村悠二(10→16)区間18位(10位と1分37秒差)
3区コスマス(16→9)区間1位【区間新】(11位と40秒差)
4区田口恭輔(9→9)区間6位(1分43秒差)
5区松本大樹(9→6)区間9位(2分37秒差)
6区伏島祐介(6→7)区間18位(1分14秒差)
7区宮本悠矢(7→8)区間15位(1分1秒差)
8区牧野俊紀(8→7)区間6位(1分34秒差)
9区松枝翔(7→7)区間10位(3分50秒差)
10区尾崎博(7→9)区間11位(4分9秒差)
総合順位9位(往路6位・復路14位)
【MIP】コスマス・・区間新の激走を見せる
【技能賞】松本大樹・・凄まじい登り適性でチームを押し上げる
【殊勲賞】田口&牧野・・流れを引き継ぐor変える走り
【残念で賞】伏島祐介・・20㎞で活躍できる日は遠いか
予想16位(往路18位・復路15位)区間は6・10区が的中
補欠・・佐々木・篠塚・土田・藤岡・森井・福沢

往路は田口の状態を間違えたのと、何より松本がここまで素晴らしい走りを見せるとは思いませんでした。区間は主要区間が全て予想外でした。
1区井上は厳しい展開のなか、積極的に付いていきました。2区が予想通り苦しかったので、シード圏内でこれたのは良かったです。
中村は予想通り苦しい走りとなりました。ただ、権田坂までは18番目、その後は15番目のペースと安定はしていたと思います。
コスマスは区間賞は取るだろうと思っていましたが、区間新まで出すとは思っていませんでした。序盤から昨年よりそうとう飛ばして、後半も昨年より速く走れました。
田口はインパクトこそありませんでしたが、しっかりとコスマスの流れを引き継ぎました。
松本は区間10位くらいで来てほしいと思っていましたが、半端ない登り適性で、素晴らしい走りでした。平地は津野に次いでゆっくり、下りもそんなに速くなく、純粋に登りだけで順位を上げていきました。
昨年は高瀬の軽い故障で2区と5区が代走でしたが、今年は2区だけが代走だったこともあり、順位が上がりました。昨年流れを切った4区も今年はしっかりとした選手を置き、昨年の経験を生かせていました。

伏島は山下りならいけると思っていましたが、6区でもいけませんでした。前半相当ペースが上がらなかったにも関わらず、平地をまとめられませんでした。
宮本は実力も考えると、こんなものかなという走りでした。集団にはきちんと付いていきましたし、最低限の走りはできていたと思います。
牧野は実力を出して復路の悪い流れを変えてくれました。序盤を昨年より速く入ると、登りも大津・山川に次ぐ速さで走れました。
松枝は不調のせいで周りと同じくらいにしか走ることができませんでした。下りが速くていけるかなと思ったのですが、平地が普通でした。
尾崎はゆっくりとした入りから走っていきましたね。個人的にはもう少し走って欲しかったですが、シードを安定して守る走りはできていました。
復路は出だしで躓きましたが、牧野が立て直して以降普通に走れたと思います。

卒業生&来期への展望(12)帝京大学

4年

渡辺克則
箱根12年9区3位(18位)11年7区9位(34位)・10年7区16位(84位)・09年10区22位(補欠)
全日本11年8区9位10年7区3位
関カレ10年ハーフ45位

神田純也
箱根12年1区19位(40位)11年補欠(63位)・10年補欠(86位)
全日本11年4区9位(OP3位)・10年補欠(2組17位)・09年(2組25位)
関カレ11年ハーフ20位・09年5000M28位

稲葉智之
箱根12年10区16位(79位)・11年補欠(50位)・10年8区13位
全日本11年7区9位(2組29位)・10年8区13位
関カレ10年ハーフ53位

香川竜一
箱根12年補欠(105位)11年補欠(197位)・10年補欠(157位)
全日本11年補欠(1組1位)・10年6区15位(1組9位)
関カレ11年5000M12位・09年3000SC10位・08年3000SC予選

小林頌幸
箱根10年補欠(213位)・09年(補欠)
全日本10年補欠
関カレ11年1500M予選・09年1500M予選・08年1500M予選

大城享吾
箱根10年補欠(113位)

吉田勇一
全日本09年(1組15位)
脇を固める人が多かったこの学年で渡辺が準エースだったと思います。箱根以外はあまり出走しませんでしたが、箱根関係は全て出走しました(1年は箱根予選会なし)。今年も全日本予選会は実力で出走できませんでしたが、箱根では素晴らしい走りを見せました。そして、脇を固めた人材が神田・稲葉・香川です。神田は駅伝出走こそ少なかったものの、各予選会に多く出て安定して結果を残しました。稲葉は2年の箱根や3・4年の箱根予選会でチームに貢献しました。香川はロードはあまり良くなかったものの、トラックが非常に良く全日本予選会では2年連続チームに勢いを与えましたね。あと、小林は短い距離の良さを長い距離に生かせず、大城や吉田は上級生で上手くいきませんでしたね。


3年

大迫聖晃
箱根12年3区19位
関カレ11年3000SC4位・10年3000SC8位・09年3000SC予選

山川雄大
箱根12年8区5位・11年補欠

三輪龍之介
箱根12年7区13位(109位)
全日本11年補欠10年補欠

後藤郁晃
全日本11年(3組13位)
関カレ11年ハーフ36位・10年10000M18位

橋爪秀卓
関カレ11年1500M予選・10年1500M7位・09年1500M予選

中西健太
箱根11年補欠・10年補欠

名切拓也
箱根12年補欠

山中康二
箱根11年補欠
この学年は微妙な選手が多いのですが、トータルで見て一番良いのは大迫でしょうか。箱根は順位を下げたものの主要区間でしたし、何よりこのチームが取りにくい関カレのポイントを稼いでいます。大迫とほぼ同列なのは山川・三輪・後藤です。山川は箱根で好走しましたがまだ一回だけですし、三輪は2回とも微妙な感じでチームに貢献、後藤はたぶんこの学年で一番力があるものの、なかなか箱根に合わすことができていません。あとは、橋爪が1発屋で終わらず、1500Mで入賞できると良いです。


2年

蛯名聡勝
箱根12年補欠(8位)11年8区9位
全日本11年2区9位(4組7位)・10年(OP5位)
関カレ11年5000M25位・10年5000M22位

難波幸貴
箱根12年4区15位(19位)11年3区18位(60位)
全日本11年1区20位(3組18位)・10年3区9位(OP31位)
関カレ11年5000M17位

田中健人
箱根12年2区19位(101位)11年(281位)
全日本11年補欠(4組15位)・10年補欠
関カレ11年10000M13位

小山司
箱根12年5区12位(79位)
全日本11年5区8位(2組4位)
関カレ11年ハーフ21位

田村拓眞
箱根12年6区16位・11年6区10位
全日本11年(OP1位)

高橋雄大
箱根11年(140位)

猪狩大樹
箱根12年補欠
関カレ10年3000SC予選

千葉一慶
関カレ11年3000SC予選・10年3000SC予選

原卓哉
関カレ10年1500M予選
豊作と感じられるこの学年ですが、1番はエースの蛯名でしょう。関カレは得意ではないですが、全日本予選会や箱根予選会などでエースの走りを見せています。数少ないスピード型である準エースの難波とともにチームに欠かせない存在です。そして、この1年で急に伸びた小山、20㎞はまだ厳しいもののトラックはエース級の田中もチームに大きく貢献しています。あとは、田中が20㎞に力を持ち、山下りが得意な田村が他でも力を発揮できれば完璧ですね。因みに、猪狩と中学の沼田のライバルがかなり面白いので、注目です。

1年

早川昇平
箱根12年補欠(125位)
全日本11年3区10位(1組5位)

三田和矢
全日本11年6区9位

高橋勝哉
箱根12年補欠(115位)
全日本11年補欠

嶺井由宇
箱根12年(158位)
全日本11年補欠
この学年はまだ確実な戦力となっている選手は少ないものの、期待できる選手は多いですね。トラックが良い早川がロードでも同じ力が出せるようになったり、三田・高橋あたりが順調に成長してくれるとかなり楽しみです。

新入生情報
竹本 紘希 一関学院(岩手)14'34'77
11年都大路1区36位・12年都道府県5区27位
阿南 堅也 大分東明 14'21'07
11年都大路6区18位
吉岡 賢蔵 関大北陽(大阪) 14'59'10
10年都大路5区25位・11年都大路4区40位
君島 亮太 那須拓陽(栃木)14'35'22
高橋 裕太 武蔵越生(埼玉)14'39'60
高橋 雅人 東海大山形 14'56'87
10年都大路2区31位
吉富 一騎 室蘭大谷(北海道)15'07'12
10年都大路6区44位
竹本と阿南という良い2人が入ってきました。阿南に特に期待している人が多いですが、個人的には竹本オシです。両方の駅伝でエース区間を経験していますし、都道府県では最下位でタスキを受け取りながら27位で走ったので、大学ではチームの流れを変える走りができるかもしれないと期待しています。もちろん、阿南の方もここ数年で1番良い5000Mのタイムを持って入学し、長い距離も強いらしいということで期待できますね。あと、特筆すべきことは吉岡が経験豊富なことぐらいですか。

まとめ
例年に比べるとたぶん良い新入生が入り、昨年よりも卒業生の穴が少ないということで、例年よりも穴は少ないと思います。ただ、蛯名達は3年になるので良い経験ができるような戦いをしたいですね。

予想オーダー
田中3ー蛯名3ー難波3ー大迫4ー小山3
田村3ー竹本1ー後藤4ー山川4ー阿南1
3区難波にして1区を誰にするか迷いましたが、田中にしました。都道府県対抗駅伝でロードでも12kmぐらいなら強いことがわかったので、もう少し長い距離でもこの1年でなんとかなってくれるかなと。あと、阿南はスタミナがあるので1年でも10区いけるかなと思って起用。ふつうに考えれば、三輪でしょうか。

箱根駅伝結果(11)帝京大学

【不安だった序盤に故障が出たことで崩れたが、5区以降きちんとした駅伝】
1区神田純也区間19位(10位と1分41秒差)
2区田中健人(19→19)区間19位(3分36秒差)
3区大迫聖晃(19→20)区間19位(5分34秒差)
4区難波幸貴(20→18)区間15位(6分24秒差)
5区小山司(18→17)区間12位(6分46秒差)
6区田村拓真(17→18)区間16位(7分23秒差)
7区三輪龍之介(18→17)区間13位(6分53秒差)
8区山川雄大(17→16)区間5位(5分32秒差)
9区渡辺克則(16→13)区間3位(4分42秒差)
10区稲葉智之(13→13)区間16位(5分16秒差)
総合順位13位(往路17位・復路8位)
【MIP】渡辺克則・・主要区間で大学生活の有終の美となる走り
【敢闘賞】山川雄大・・渡辺とともに最大の見せ場を作る
【技能賞】小山司・・自分の走りで来年以降にも繋がる走り
予想14位(往路17位・復路12位)区間は6区・7区が的中
補欠・・香川・名切・蛯名・猪狩・早川・高橋

一斉スタートのチームが多くて走りやすかったぶん、復路順位と総合順位が上がりました。往路は蛯名が出ないとはあまり思っていませんでしたが、順位は当たりましたね。区間は序盤や終盤が当てにくかったぶん外れました。ただ、山川の出走を当てたのは良かったですが、小山5区は当てたかったです。
神田は良くも悪くも最低限の走りだったと思います。芝山みたいに崩れはしませんでしたが、最初飛ばすにしても巻き返すにしても小嶋か兼実くらいで来て欲しかったです。とりあえず、田中には酷な状況で渡すことになったと思います。
トラックでは他のエースと渡り合える田中ですが、箱根2区を走るにはまだ実力不足でした。終盤は失速した選手よりは速かったですが、基本的にはずっとブービーくらいの走りでした。
大迫も実力通り苦しい走りとなりました。3000SCが得意なぶん下りが若干速い以外は田中と同じように慎重な走りだったと思います。
足痛だった難波は最下位で襷を受け取った状況も加えると、割と頑張ったと思います。前の3人よりも全体的なペースは速かったですが、同じように序盤は慎重にして後半上げました。
小山は難しい状況のなかできちんと自分の走りをしてくれました。平地も含めた半分くらいまではゆっくりでしたが、その後は中位くらいのペースを刻みました。個人的には、園田のようにチームが苦しい時は突っ込むのではなく、上級生でも自分のペースで走って欲しいです。
往路は想定したオーダーが組めなかったこともあり、全体的に入り目はゆっくりであるランナーが多かったです。我を忘れなかった反面、シードを取るために必要なリスクもとっていなかったかなと思います。

田村は前回は前半に突っ込んで後半に粘って好走しました。しかし、今回は代田につられて突っ込みすぎてしまい後半に粘りきれないという裏目に出てしまいました。
三輪は初駅伝でしたが、序盤に集団に追いつくという勇気のあるところを見せてくれました。終盤は当然離されましたが、それまで粘りましたし今後も期待がもてます。
山川は当て馬だと思っていたのですが、ビックリするくらい素晴らしい走りでした。中盤までも6番目くらいのペースで普通に良かったのですが、特に終盤の登りは区間記録に迫った大津と遜色ない走りでした。
渡辺は区間一桁では来てくれるだろうと思っていましたが、ここまで良いとは思っていなかったので、ビックリしました。ずっと普通に良いペースできて、ラストを窪田に次ぐペースでぐっと来ましたね。今年の帝京大を代表するような成長力のある走りをしてくれました。
主将の稲葉は区間順位は良くなかったですが、諦めないで代田に着いていったガッツは良かったです。後半は18番目くらいのペースでしたが、仕方ないかなと思いました。
復路はきちんと駅伝ができていたと思います。そういえば、復路で失速した選手はどちらも中大の影響が大きかったですね。

卒業生&来期への展望(11)神奈川大学

4年

坪内武史
箱根12年2区17位(52位)・11年2区20位(40位)
全日本11年(4組11位)・10年(4組23位)
関カレ09年3000SCDSQ

小堀佑真
箱根12年5区5位(38位)・11年7区5位(92位)・10年(215位)
全日本11年(3組21位)
関カレ11年ハーフ23位・10年ハーフ31位

小嶋直耶
箱根12年1区18位(24位)・11年補欠
全日本11年(4組30位)・10年(2組11位)
関カレ11年10000M26位

久門大輔
箱根12年6区7位(94位)・11年補欠(179位)・年(295位)
全日本11年(2組9位)・10年(4組22位)・09年(2組22位)

高橋俊光
箱根12年10区19位・11年8区15位(88位)
全日本11年(OP15位)・10年(1組12位)
関カレ11年ハーフ13位

森津祐一
箱根12年7区17位(157位)・11年補欠・10年(224位)
全日本11年(1組30位)・09年(OP17位)

山中健太
箱根12年8区9位

田中良幸
箱根12年補欠

森悠太
箱根11年補欠(168位)
全日本10年(OP9位)
関カレ10年ハーフ25位

杉本一馬
関カレ11年1500予選
3年からチームを引っ張ったのは坪内でしょう。2年までは実績が皆無でしたが、3年以降は全日本予選最終組や箱根2区などすべて他校のエースと勝負してきました。小堀は3年の箱根予選でチームに貢献して以降、特に箱根で活躍を上げていきました。天野と同じくこれで競技引退ということは非常に残念ですが、次の舞台でも頑張って欲しいです。小嶋は3年まではあまりでしたが、4年で一気に飛躍して、以降常に重要な面を任されていました。久門はトラックでは2年から活躍していました。ロードは苦労しましたが、最終学年で上手く走れて良かったです。最後の箱根で上手く行かなかったのは高橋と森津です。高橋は箱根でこそ上手くいかなかったものの、他ではチームに貢献していました。ただ、森津の方は記録会では良かったものの、大舞台で力を発揮できませんでした。山中と田中は最後まで練習に取り組み、箱根にエントリーできました。特に、山中は最後の箱根で好走し、神大の良さを表しました。ただ、森は3年は逆に大舞台を踏んだものの、最終学年は上手くいきませんでした。


3年

吉川了
箱根12年3区20位(60位)・11年4区14位(53位)・10年(189位)
全日本10年(3組15位)
関カレ11年ハーフ38位

福田健太
箱根12年4区12位(64位)・11年10区9位(58位)
全日本11年(1組10位)・10年(2組1位)

鈴木駿
箱根12年9区16位(56位)
全日本11年(3組17位)

高久芳裕
箱根12年補欠(130位)・11年6区12位(116位)
全日本11年(2組22位)

今枝浩二
関カレ11年5000M27位・10年5000M16位

久保田健太
箱根11年(238位)

阿部卓
箱根11年(232位)
この学年をずっと引っ張っているのは吉川と福田です。吉川は1年から箱根関係はすべて出走しており、個人的には長い距離が得意な印象。一方、福田は20㎞では積極的な走りで、全日本予選会でも外せない戦力となっているので、個人的には少ないスピード型かなと。高久は20㎞の平地は結果がまだ出せていないものの、下りに適性がありますね。今年、悪くなかった全日本予選会とともに最終学年ではフル稼働してくれるでしょう。この1年、小嶋とともに急に出てきたのは鈴木ですね。3年以下では特に大事な役割を任されてきたので、来年はエースとしてお願いしたいです。他には、スピードは神大1の今枝がおり、久保田や阿部には最終学年で絡んできて欲しいです。


2年

上倉拓也
箱根12年補欠(103位)
神大が上級生主体とはいえ、この学年は良くないという感じです。ただ、上倉(山学の新入生と名前類似してますね)は上級生になると、主力になってくれそうです。


1年

赤松宏樹
箱根12年補欠(53位)
関カレ11年5000M14位

柿原聖哉
箱根12年補欠(54位)

柏部孝太郎
箱根12年補欠

菅原涼介
関カレ11年3000SC予選
対象的に、この学年はスピードのある赤松とスタミナのある柿原がいて期待できる学年ですね。2人とも関西出身の選手なので、頑張って欲しいです。あと、柏部が自己ベストを連発して、箱根エントリーに入ったのも良い兆候です。

新入生情報
西山 凌平 伊賀白鳳(三重)14′15″66
11年都大路1区14位・12年都道府県5区9位
我那覇 和真 東京実業14′08″59
10年都大路1区43位・11年都大路1区32位・12年都道府県4区14位
永信 明人 西脇工業(兵庫)14′12″70
南 俊輔 九州学院(熊本)14′30″03
10年都大路6区3位・11年都大路6区2位
渡邉 慎也 鳥栖工業(佐賀)14′36″90
10年都大路6区18位・11年都大路5区7位
三輪 北斗 藤枝明誠(静岡)14′31″77
木藤 伸明 洛南(京都)14′56″12
11年都大路6区17位
5か年計画の3年目ということで、今年は良い選手をゲットできた印象。特に、ドラ1の西山は駅伝も安定して結果を残しており、他大でも即戦力になるレベルです。他には、トラックのタイムでは我那覇と永信ですね。我那覇は神大には珍しくロードよりもトラックの方が得意な印象です。主務をしながら競技をしていた永信は大舞台の経験が少ない点は不安ですが、2年連続西脇工から良い選手を積れたと思います。都大路で短い区間で結果を残した南や渡辺などは長い距離にも適応できたら非常に面白いですね。

まとめ
例年と卒業する選手は同じ感じであるものの、新入生が例年よりも良いので、穴は例年より少なめだと思います。ただ、在校生の中でエースがはっきりとしている時が多かったですが、今年はそんなことがないのでチームの核となる選手の成長が急務だと思います。

予想オーダー
西山1ー鈴木4ー福田4ー吉川4ー柿原2
高久4ー我那覇1ー上倉3ー赤松2ー柏部2
神大には珍しくスピード型が多く、スタミナ区間を悩みました。核となる選手がいないので2区を悩みましたが、今年逆部分を走った鈴木にしました。そしてその9区には高校時代終盤の区間を走っていた赤松に。あとは、攻めの走りをする福田を攻める選手の多い3区にして、西山も1区か3区を考えていたので1区にしました。

箱根駅伝結果(10)神奈川大学

【ノウハウなど精一杯を尽くしたが、実力が足りず】
1区小嶋直耶区間18位(10位と47秒差)
2区坪内武史(18→17)区間17位(2分22秒差)
3区吉川了(17→17)区間20位(4分41秒差)
4区福田健太(17→17)区間12位(4分48秒差)
5区小堀佑真(17→15)区間5位(3分17秒差)
6区久門大輔(15→14)区間7位(3分1秒差)
7区森津祐一(14→14)区間17位(3分42秒差)
8区山中健太(14→14)区間9位(3分11秒差)
9区鈴木駿(14→14)区間16位(4分47秒差)
10区高橋俊光(14→15)区間19位(6分40秒差)
総合順位15位(往路15位・復路17位)
【MIP】小堀佑真・・昨年の天野の再現のような走り
【技能賞】久門大輔・・トラックのスピードを生かし山下りで好走
【敢闘賞】山中健太・・最初で最後の箱根で神大らしい走り
【残念で賞】高橋俊光・・2年連続箱根では上手く走れず
予想15位(往路14位・復路17位)区間は1・2・4区が的中
補欠・・田中・高久・上倉・柏部・赤松・柿原
往路は1区小嶋・3区吉川になるとは思っていませんでした。ただ、復路と総合に関してはなんとなく予想したら当たりました。区間は高橋・福田あたりを昨年に固執しすぎたかなという点が反省です。
小嶋は最低限の走りはしてくれたものの、赤松の経験をなくしてまでして1区を任せた意味を考えると物足りない印象でした。ただ、1区のメンバーを見て、故障明けの赤松から小嶋に替えたこと自体は正解だったと思います。
坪内は悪くはない走りをしてくれました。1㎞3分ペースで後半に拾おうとした昨年に比べると、今年は普通なペースで入った感じです。そのぶん後半タイムを昨年より落としてしまいましたが、気象条件が悪くなったのにタイムは変わらなかったので評価して良い走りでした。
3区は1区小嶋にした代償を払わされた感じです。ただ、吉川の下りは慎重すぎだと思いましたが。あと、後半上げすぎて、ラスト少し失速したのは残念でした。
4区福田は攻める走りをしたと思いましたが、今までを見ると割といつも突っ込んでいますね。走りは悪くなかったので、来年は成長をして3区を走れるくらいになって欲しいです。
小堀は昨年の天野の再現のような好走を見せました。平地をゆっくり走って小涌園まで徐々にビルドアップすると、その後一気に爆発しました。
往路は山などのノウハウは見せたものの、スピードや実力自体が足りない印象でした。
前回悪くなかった高久を押し退けた久門は納得の走りでした。ずっと悪くないペースで走ってラストの平地を上手くまとめました。
森津は前半は良かったのですが、後半崩れてしまいました。6区と8区は昨年より上手くいったので、ここが上手くいけばもっと面白かったなという気がしました。
山中は当て馬だと思っていたのですが、最初で最後の大舞台で見事な走りでした。中盤の平地の走りが良く、終盤の登りも粘りました。
鈴木は長い間集団を引っ張っていたこともあり、ラストで急失速してしまいました。生麦までは良かったので、良い経験になったと思います。
高橋は終始ローペースでした。途中まで一緒に走っていた銀山についていけば、15位の呪縛から解き放たれたのですが。
復路は山下りなどは良かったものの、全体的にはもう少し良いかなと思っていました。

卒業生&来期への展望(10)東京農業大学

4年

木下潤哉
箱根12年2区20位(39位)・11年2区8位(3区4位)・10年10区4位(18位)・09年6区11位(52位)
全日本11年(OP22位)・10年(4組15位)・09年3区5位・08年補欠(2組16位)
関カレ10年10000M13位ハーフ2位・09年ハーフ2位

松原健太
箱根12年7区5位(85位)11年1区14位(1区9位)・10年3区5位(10位)・09年1区14位(216位)
全日本11年(4組37位)・10年(4組20位)・09年1区14位・08年3区8位(1組2位)
関カレ11年5000M28位10000M19位・10年5000M6位10000M11位・09年1500M2位5000M1位・08年1500M4位5000M11位

瀬山直人
箱根11年7区15位(補欠)・10年7区8位・09年4区22位(32位)
全日本10年(2組13位)・09年4区9位・08年補欠

大工谷秀平
箱根12年補欠(176位)11年8区20位
関カレ11年3000SC8位・10年3000SC7位

藤代晃司
箱根12年補欠・11年補欠
全日本09年5区16位
関カレ11年3000SC予選

大貫秀水
箱根12年補欠

この学年は周知の通り、スタミナエースの木下とスピードエースの松原がチームを引っ張っていました。関カレで2年連続ハーフ2位になった木下は3年連続で箱根で好走するなど割とずっとチームに貢献していましたが、特に外丸が抜けた直後の3年が凄かったように思います。松原は安定感がない代わりに爆発力がありました。2年が特に良く、関カレでは2部5000Mで優勝も果たしましたね。あと、瀬山が2人と同じように1年から活躍しました。3年まではチームに貢献していましたが、4年がなかなか復調できなかったのが残念でした。他には、大工谷は20キロは苦手でしたが、関カレでは2年連続で入賞しました。

3年

木村翔太
箱根12年9区17位(11位)・11年10区10位(6区9位)・10年補欠(161位)
全日本11年(3組2位)・10年(3組20位)
関カレ11年ハーフ17位・10年ハーフ6位

花田昌之
箱根12年10区18位(17位)・11年補欠(補欠)
全日本10年(OP26位)
関カレ10年ハーフ9位

内藤寛人
箱根12年4区19位(33位)11年補欠(5区7位)
全日本11年(2組13位)
関カレ09年3000SC予選

青木優
箱根12年1区16位・11年補欠
全日本11年(4組10位)
関カレ11年ハーフ5位

古屋広樹
関カレ11年1500M9位

高瀬昌俊
関カレ11年1500M予選・10年1500予選

秋谷吉彦
関カレ10年1500予選
この学年の主役は木村でしょう。2年からチームに貢献していましたが、今年の全日本以降成長し、浅岡とともにチームを引っ張っています。ただ、単純に今年の成長幅で言ったら1番は青木でしょう。もともとはレギュラー候補でもなかったのですが、故障もあったこの1年で一気に主力となりました。花田と内藤は箱根では失敗しましたが、箱根予選会での好走はチームにとって大きなプラスだと思います。今までは花田は関カレハーフ、内藤は全日本予選会ぐらいだったので、今後にとっても楽しみですね。他には関カレで9位だった古谷に1500Mでは期待しましょう。

2年

佐藤達也
箱根12年6区2位(261位)・11年補欠(補欠)
全日本11年(1組17位)・10年(1組10位)
関カレ11年10000M9位・10年5000M18位

津野浩大
箱根12年5区20位(144位)・11年5区17位(補欠)
全日本11年(OP10位)
関カレ11年ハーフ31位

三輪晋太郎
箱根12年補欠(69位)

山本和樹
箱根12年補欠
全日本11年(1組25位)・10年(OP4位)
この学年を引っ張っている佐藤に対して個人的になぜか不安定な印象があったのですが、実際は結構安定していますね。ただ、今年は全日本予選会・箱根予選会とアクシデントが多い印象です。今回はアクシデントだった津野ですが、全体的にまだ結果が出せていないかなという印象です。箱根予選会で出てきた三輪や全日本予選会以外に出ていない山本とともにもう1伸びしてくれるとうれしいですね。

1年

浅岡満憲
箱根12年3区7位(29位)
全日本11年(3組3位)
関カレ11年1500M4位5000M3位

竹内竜真
箱根12年8区11位(71位)
全日本11年(2組7位)
関カレ11年10000M15位

岩渕慎矢
箱根12年補欠(83位)

島田直輝
関カレ11年5000M21位
浅岡は関カレ表彰台などいつもチームを引っ張りました。故障明けの箱根予選会や苦しい状況だった箱根でも奮闘していて1年生ながらエースの走りでしたね。竹内は浅岡ほどのインパクトはありませんでしたが、いつも結果を残していて信頼感があります。ただ、島田は関カレ以降あまりだったので、箱根予選会で結果を残した岩渕とともにクインテット呼ばれるほどに成長してほしいです。

新入生情報
戸田 雅稀 東農大二(群馬)14’15”
10年都大路3区3位・11年都道府県1区21位・11年IH1500M1位・11年都大路1区19位・12年都道府県1区14位
佐野 雅治 東農大二(群馬)14’24”
10年都大路6区8位・11年IH3000SC4位・11年都大路3区6位・12年都道府県5区31位
遠藤 凌平 一関学院(岩手)14’37”
10年都大路6区11位・11年都道府県4区19位・11年都大路3区12位・12年都道府県1区33位
山浦 大輔 佐久長聖(長野)14’31”
10年都大路7区9位・11年都大路7区4位
伊花 駿 村上桜ヶ丘(新潟)14’37”
10年都大路3区44位
藤原 友章 伊賀白鳳(三重)14’53”
11年都大路7区26位
小澤 洸太 浜松日体(静岡)14’41”
11年都大路5区22位
新入生ではやはり付属からの戸田と佐野に注目です。1500MでIH優勝したドラ1の戸田は2年の都大路3区で結果を残し、3年では両方の1区で悪くはない結果を残しました。3000SCで実力のある佐野は華の区間は厳しいものの、準エース区間では結果を残しています。その2人に次ぐのは遠藤と山浦です。山浦は都大路7区しか走っていませんが、どちらも結果を残したのでどれくらい走れるか注目です。大舞台を多く経験している遠藤はエースがいない区間だったらそこそこ走れているので、2・3年になると主力級になってくれるかなと思っています。

まとめ
木下や松原の両エースの穴が大きくなりそうな感じでしたが、瀬山を含めた3人がほぼずっと機能しませんでした。あと、3年生が成長しましたし、付属から実力者が入ってきたので、順調に行けば少なくとも今ぐらいには来年できていると思います。ただ、問題は調整力ですね。日体大や東農大は最近それを課題にしている印象があるので、大舞台でも実力を出せるようになって欲しいです。

予想オーダー
戸田1ー木村4ー浅岡2ー佐野1ー津野3
佐藤3ー内藤4ー花田4ー青木4ー竹内2
スタミナのある木村を2区にして、1区で悩みました。青木も考えましたが、将来の経験も含め1区戸田で。5区はわからないのでとりあえず津野にして、4・7・8区も感覚的に入れてみました。

箱根駅伝結果(9)東京農業大学

【調整に失敗し半分の選手しか力を出せず】
1区青木優区間16位(10位と32秒差)
2区木下潤哉(16→20)区間20位(4分27秒差)
3区浅岡満憲(20→18)区間7位(4分55秒差)
4区内藤寛人(18→19)区間19位(6分42秒差)
5区津野浩大(19→20)区間20位
6区佐藤達也(20→20)区間2位
7区松原健太(20→20)区間5位
8区竹内竜真(20→20)区間11位
9区木村翔太(20→20)区間17位
10区花田昌之(20→20)区間18位
総合順位20位(往路20位・復路11位)
【MIP】浅岡満憲・・エースの走りで一旦流れを変える
【技能賞】佐藤達也・・山下りを攻略し、チームに勢いを与える
【敢闘賞】松原健太・・佐藤の流れを上手く引き継ぎ好走
【残念で賞】内藤&花田・・予選で活躍するも、今回は終始ペースが上がらず
予想11位(往路16位・復路8位)区間は的中せず。
補欠・・大貫・大工谷・藤代・三輪・山本・岩淵

総合順位はともかく、往路は木下・内藤あたりが誤算でした。木下や津野がカギと書いていましたが、2人とも仕方なく大ブレーキとなりチームに大きな影響を与えましたね。復路に関しては出だしは予想以上でしたが、終盤が予想以下でした。

青木は最低限の走りだけはしてくれたかなという印象です。ただ、合格点的には佐藤か堀くらいの位置で来て欲しかったです。
昨年好走した木下は1KM過ぎからアキレス腱痛が出たらしく、失速してしまいました。横浜駅前までは何とかなっていましたが、権太坂を過ぎた後は完全に置いてきぼりになってしまいました。
浅岡はこの難しい状況の中で良く頑張ったと思います。下りはゆっくり走りましたが、だんだんとビルドアップしてラストは2番目の速さで走りました。
ただ、せっかく良くなりかけた流れを内藤が潰してしまったのかなという印象。ラストは良かったので、中盤まで故障明けの太田と区間最下位ペースだったのが余計に勿体ない感じでした。
周知の通り、津野はエントリー締切後に体調が急変してしまいました。ただ、それでも襷をゴールまで運んだのはガッツがあると思います。因みに、個人的には人をチームが選ばない形だったらエントリー締切後の変更もありかなと。ただ、走っている途中に急変した場合とか色々問題もありますが。
木下や津野がカギと書いていましたが、2人とも仕方なく大ブレーキとなりチームに大きな影響を与えましたね。

佐藤は津野のガッツを受けてか素晴らしい走りを見せました。登りは自分のペースを刻むというポジティブな理由で代田を見過ごし、下りになってからペースをあげました。最後の平地もきちんと纏めましたね。
松原は合格点をあげられる走りでした。中盤まで飛ばしましたが、終盤も崩れない程度に粘りました。
竹内は悪くはない走りだったと思います。ただ、もう少し走ってくれると思っていたし、ラストも良かったので、もう少し走って欲しかったです。
木村は下りを少しゆっくりめで行った後、ペースを上げすぎました。ラストで失速して区間順位が下がってしまいました。
ラスト勝負でも大丈夫なようにと起用されたであろう花田ですか、上手くいきませんでした。終始ペースが上がらず、どの部分でも15番目以下でした。

卒業生&来期への展望(9)國學院大学

4年

荻野皓平
箱根12年2区7位(3区9位)・11年2区13位(5位)・10年(47位)・09年(218位)
全日本11年(4組18位)・10年(4組25位)・09年(3組17位)・08年(2組35位)
関カレ11年10000M18位・10年ハーフ10位・09年5000M15位

宮澤公孝
箱根12年3区16位(1区16位)・11年3区12位(86位)
全日本11年(2組2位)・10年(2組33位)・09年(1組25位)
関カレ11年5000M16位・10年5000M19位09年3000SC5位・08年3000予選

桑原圭治
箱根12年1区13位(2区9位)・11年4区13位
全日本11年(1組9位)

三部将史
箱根12年補欠(補欠)11年6区19位(79位)・10年(116位)
全日本11年(OP14位)・10年(1組18位)・09年(OP14位)

青木信夫
箱根12年10区12位・09年(177位)
全日本11年(1組23位)

安曇大輔
箱根12年(補欠)11年補欠(229位)
全日本11年(2組18位)

菅谷篤人
箱根12年補欠・11年補欠・10年(211位)
関カレ10年3000SC予選・08年3000SC予選

中道拓未
全日本10年(OP・DNF)

山口涼太
関カレ08年1500予選

この学年を最後まで引っ張った荻野には本当にお疲れ様といいたいです。2年から主力の1員となると3年からは2年連続全日本予選最終組、箱根2区など他大のエースと渡りあるきました。また、宮澤も2年で3000SCに入賞した後少し時間がかかりましたが、3年からは貴重なスピードランナーとして貢献しました。上級生になって活躍したのは桑原です。3年の箱根でデビューするとその後はずっとチームに貢献しました。また、4年の春からチームに貢献した青木や初めての箱根出場に貢献した三部なども忘れ難い存在です。

3年

中山翔平
箱根12年9区9位(4区8位)・11年7区10位(39位)・10年(168位)
全日本11年(4組26位)・10年(3組17位)
関カレ11年ハーフ6位・10年3000SC予選・09年3000SC予選

端坂望
箱根12年8区14位・11年補欠(89位)
関カレ11年ハーフ12位

上野智幸
箱根12年6区12位

岡本昴之
箱根12年補欠・10年(260位)

川内鮮輝
箱根12年補欠

内藤由隆
箱根11年補欠
よく川内弟が話題になりますが、中山が2年からチームを引っ張っていますね。今年はチーム事情から箱根2区をお願いしたいのですが、中学の小林みたいに本当の大舞台や競い合いの多い区間だと結果が残せなさそうで怖いです。あと、端坂が箱根は微妙でしたが、関カレや箱根予選では結果を残しているので期待したいところです。主将の上野には平地も早くなって6区は稼ぐ区間となるくらい頑張ってほしいです。


2年

寺田夏生
箱根12年5区5位(6区8位)11年10区11位(73位)
全日本11年(3組8位)・10年(3組21位)
関カレ11年10000M14位

柿沼昴太
箱根12年補欠
全日本11年(OP16位)

小原大輔
箱根12年補欠・11年補欠

田中貴博
箱根12年(補欠)
関カレ10年1500M予選
この学年は1年からチームに貢献し、コース間違いで一躍有名となった寺田が新年度ではエースとしてチームを引っ張っています。ただ、その次の選手がなかなかいなく、全日本予選に1度出た(しかもOP!)柿沼なのが物足りないところ。個人的には今年小原あたりが出てくるのかなと思っています。

1年

大下稔樹
箱根12年7区16位(5区8位)
全日本11年(3組30位)

沖守怜
箱根12年4区13位(補欠)
関カレ11年3000SC9位

春木彩利
関カレ11年3000SC予選
この学年は大下と沖守が新年度ではチームの主力だと思います。ドラ1の大下は出雲2区や箱根4区を体験させて将来往路の主要区間をやらせると思っていたら、意外と後ろ目の区間が多い感じです。逆に、沖守が箱根4区を体験しており、宮澤コースを歩んでいるのかなという気がします。ちなみに、個人的には大下の成績が物足りないと感じることが多く、どちらかというと沖守オシです。

新入生情報
中瀬 薫 一関学院(岩手)14'30"55
11年都大路7区15位・12年都道府県4区44位
吾妻 佑起 仙台育英(宮城)14'22"33
11年都大路2区12位
池沢 健太 那須拓陽(栃木) 14'46"89
香取 範如 成田(千葉) 14'39"87
高橋 遼太 八千代松陰(千葉)14'45"69
11年都大路4区13位
小田切 将真 佐久長聖(長野) 14'44"11
11年都大路5区11位
下口 千翔人 美方(福井)14'46"22
10年都大路6区45位
廣川 倖暉 市立尼崎(兵庫)14'46"86
岡部 令 大牟田(福岡) 14'52"64
10年都大路6区27位
瀬川 大貴 諫早(長崎)14'51"76
10年都大路6区22位・11年都大路6区43位

やはり即戦力となる選手が少ないですが、その中でスピードで吾妻とロードで高橋には期待です。吾妻は即戦力を図られる際に用いられる14'30を唯一切っていますし、都大路では序盤の流れを経験しています。高橋はトラックのタイムこそないものの、都大路で準エース区間で奮闘しました。他では、瀬川と並び1番大舞台を経験している中瀬はトラックのタイムも悪くなく、都道府県に出たことで数少なくエースのレベルの高さをしっています。また、小田切は短い区間であるものの、都大路で1番良い区間順位を残していますね。

まとめ
卒業生の穴が大きく即戦力が少ないですが、割と毎年のことなので心配はいらないと思います。ただ、荻野の穴を埋められるかどうか。そこさえできれば、3年連続シードが取れるという気がしますね。

予想オーダー
高橋1ー中山4ー沖守2ー吾妻1ー寺田3
上野4ー大下2ー小原3ー端坂4ー岡本4
1区か3区が片方が沖守がするとして、もう片方が足りないなという印象です。あと、5区と2区を入れ換えることも考えましたが、やはり荻野の穴は中山が埋めるべきかなと。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。