スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(8)國學院大学

【崩れないで他大のミスにも乗じ2年連続で最後のシードを奪取】
1区桑原圭治区間13位(10位と22秒差)
2区荻野皓平(13→10)区間7位(11位と34秒差)
3区宮澤公孝(10→13)区間16位(10位と1分12秒差)
4区沖守怜(13→13)区間13位(1分25秒差)
5区寺田夏生(13→9)区間5位(11位と1分46秒差)
6区上野智幸(9→10)区間12位(1分2秒差)
7区大下稔樹(10→10)区間16位(38秒差)
8区端坂望(10→9)区間14位(32秒差)
9区中山翔平(9→9)区間9位(2分57秒差)
10区青木信夫(9→10)区間12位(3分5秒差)
総合順位10位(往路9位・復路12位)
【MIP】寺田夏生・・山登りで好走し、チームを一気にシード圏内へ
【殊勲賞】荻野皓平・・長い間チームをエースとして引っ張り最後の箱根も奮闘
【新人賞】沖守怜・・スーパールーキーも出てきた区間で粘走
【残念で賞】宮澤公孝・・昨年とほぼ同じタイムで成長を表せず
予想12位(往路10位・復路14位)
補欠・・三部・菅谷・岡本・川内・小原・柿沼

だいたい予想通りの走りでしたが、東農や上武が崩れたことで順位がずれました。区間は予想できませんでしたが、たぶん1・2・3・5・9区は当たったと思います。

桑原は昨年のように中位で来て欲しいし、来てくれるだろうと思っていましたが、全くその通りでしたね。サバイバルレースの中、良く粘ってくれたと思います。
荻野は前哨戦は微妙でしたが、箱根はきちんと本領を発揮してくれましたね。昨年は中だるみがありましたが、今年はきちんとしたビルドアップを見せ終盤は4番目のタイムで駆け抜けました。
宮澤は昨年より周りのレベルが上がったぶん、区間順位を落としてしまいました。中盤頑張ったぶん、ラストで伸びることができませんでしたね。昨年からの成長を上手く表すことができませんでした。
沖守はずっと同じペースで安定して走れましたね。個人的には大下よりも使いやすいかなと思ったりします。
寺田は登りは普通でしたが、下りですっと順位を上げました。仁科の穴を完全に埋めたと思います。
宮澤はイマイチでしたが、寺田が思ったより良かったので、予定通りになったかなという印象です。

昨年と違い準備ができていた6区は上野が走ってくれました。登りは突っ込んでいく代田につられずにきちんと自重し、下りになってからきちんと走ってくれました。
大下はあまり良くありませんでしたが、集団には離されませんでしたし僅かながらビルドアップできていました。ただ、たくさんの大舞台に出ているものの、ドラ1としては少し物足りない走りが多い気がします。
端坂は中盤まで良いペースでしたが、登りになって失速してしまいました。今回は結果的にシード争いが競らなかったので良かったですが、個人的には来年9区を走ってもらいたいと思っているので頑張って欲しいです。
中山は集団を利用しながら上手く走れたと思います。下りの後自重して、ラストにぐっと伸びましたね。
青木は確実にシード権を守る走りをしてチームに貢献しました。最初で最後の箱根で思ったように走りたかったでしょうが、抑えてくれました。
復路は往路で主力を投入したこともあり、あまり良くありませんでした。ただ、東海や選抜のように崩れなかったのが國學らしさとして出ていたと思います。
スポンサーサイト

卒業生&来期への展望(8)東海大学

4年
刀祢健太郎
箱根12年3区9位(3区8位)・11年1区20位(68位)・10年1区14位(45位)・09年9区18位(44位)
全日本11年5区7位10年3区5位(3組7位)・09年4区7位(4組10位)・08年4区8位
関カレ11年10000M15位ハーフ5位10年5000M15位10000M8位・09年10000M12位・08年5000M25位

田中飛鳥
箱根12年4区8位・11年(94位)・10年9区5位(64位)・09年補欠(76位)
全日本10年5区13位・09年5区2位(2組4位)・08年5区12位
関カレ10年10000M14位ハーフ18位09年ハーフ28位

小松紀裕
箱根12年9区12位(5区6位)・11年補欠(67位)・10年補欠(160位)
全日本11年6区12位・10年6区6位(1組7位)・09年補欠
関カレ11年ハーフ25位

栗原俊
箱根12年補欠・09年1区18位(59位)
全日本11年7区12位・08年3区6位
関カレ08年5000M14位

海老原匠
箱根12年10区17位・11年補欠(195位)・10年10区20位
全日本11年補欠・10年補欠(2組26位)・09年(1組30位)
関カレ10年ハーフ14位

岡島秀平
箱根12年補欠
全日本09年(OP21位)
関カレ11年3000SC7位10年3000SC予選09年3000SC予選

木村隼人
関カレ11年1500M予選

この学年で一番活躍したのは刀祢でしょう。1年からクリトネアスカの一員として活躍すると、その後も全ての大舞台に出ました。ムラッ気な印象がありましたが、成績は3年の箱根以外は安定していたと思います。関カレでも2度入賞し、主力の一員として頑張っていました。残りの田中と栗原はずっと活躍することはできませんでしたね。田中は順調に成長し、2年の箱根でブレイクしたのですが、3年の夏以降うまくいきませんでした。ただ、最後に復活して箱根では上手く走ってくれましたね。1番苦しんだのは栗原で2年以降断続的に故障をして、ずっと大舞台には出られませんでした。主将となった4年に徐々に復帰して全日本に走ることができたのは良かったです。ただ、そのまま箱根も走ってほしかったですが・・・。たたき上げで一番伸びたのは小松です。3年春以降、故障で出られなかった箱根を除いてずっと大舞台に出ました。4年の全日本では敗因となりましたが、その後きちんと修正してきました。たたき上げの選手がなかなか出てこないとも言われていた新居監督の時代に良く頑張ったと思います。他にも、岡島は3000SCで関カレ入賞しましたし、海老原も2度走った箱根では微妙でしたが、関カレハーフでは健闘しましたね。

3年
村沢明伸
箱根12年2区3位(6区2位)・11年2区1位・10年2区2位(1位)
全日本11年8区4位・10年8区2位(4組5位)・09年2区2位(3組1位)
関カレ11年5000M2位・10年5000M3位・09年5000M6位

早川翼
箱根12年5区14位(1区5位)・11年5区5位(3位)・10年3区6位(27位)
全日本11年1区2位・10年1区2位(4組7位)・09年1区4位(4組4位)
関カレ11年5000M8位10000M1位・10年5000M9位10000M6位・09年5000M5位10000M7位

野中久徳
箱根12年6区13位・11年補欠(105位)
全日本10年補欠
関カレ11年5000M29位・10年1500M予選

松谷公靖
箱根12年7区20位(補欠)
全日本11年補欠・10年(1組16位)

この学年は村沢と早川のダブルエースが1年からチームを引っ張っています。高校の頃から怪物だった村沢は大学でもずっとエースとして他校に勝ち、今年は真剣にオリンピックを狙っています。早川も数年ぶりに関カレ10000Mで日本人優勝したり、村沢の状態が良くないときには箱根予選会で日本人トップをとるなど奮闘しています。今までこの学年はその2人以外がほとんど出てこなかったのですが、やっと出てきましたね。今までずっと松谷が有力視されていましたが、今年の箱根で野中が活躍しました。20キロがだいぶできるようなので、最終学年でもそこは崩さないようにやってほしいです。

2年
元村大地
箱根12年1区11位(補欠)・11年3区3位(51位)
全日本11年4区7位・10年4区11位(3組1位)
関カレ11年10000M10位ハーフ3位・10年3000SC4位

小泉稜
箱根11年補欠(159位)
全日本11年補欠10年補欠

上原将平
箱根12年補欠・11年補欠
全日本11年補欠

山本大輔
関カレ11年3000SC予選

この学年は元村がダブルエースに並ぶほど信頼を得ています。1年から全日本予選会で組トップになり、箱根でも主要区間で好走してチームに貢献しました。ただ、2年は関カレで表彰台に立ったものの、夏に故障して以降本調子が出ていないかなという印象です。他の2年は上原と小泉がメンバー入りはそこそこするものの、出走はできていない感じです。

1年
吉川修司
箱根12年8区20位(補欠)
全日本11年2区8位

中川瞭
箱根12年補欠(4区5位)
全日本11年3区4位

石川裕之
箱根12年補欠(2区8位)
全日本11年補欠

松本佳久
箱根12年補欠(補欠)

山内琢矢
関カレ11年1500M予選

この学年はもちろん三本川トリオが主役ですが、その中でも吉川と中川が学年を引っ張っています。吉川は全日本のエース区間で粘りました。対称的に、中川は短い区間で強豪校の選手についていきチームに勢いを与える走りをしますね。あと、石川も出雲で無難に走りました。他には、松本あたりが出てきてくれると近場でも未来的にも嬉しいですね。

新入生情報
小林  巧 下諏訪向陽(長野)14.35.44
11年IH3000SC1位・
白吉  凌 埼玉栄 14.22.94
10年都大路5区16位・11年都大路1区16位・12年都道府県1区23位
田中 拓哉 市船橋(千葉)14.14.13
10年都大路1区20位
冨田 三貴 大牟田(福岡)14.19.23
10年都大路3区22位・11年都道府県5区17位・11年都大路1区39位・12年都道府県4区32位
見廣 雄一 拓大一(東京)14.24.15
11年都道府県5区16位
宮上 翔太 九州学院(熊本)14.10.28
10年都大路2区3位・11年都大路7区2位・12年都道府県4区4位
両角  駿 佐久長聖(長野)14.04.91
10年都大路3区5位・11年IH5000M13位
油井 智也 八千代松陰(千葉)14.44.46
11年都大路5区10位
稲垣 秀平 相洋(神奈川) 14.34.08
12年都道府県1区35位
新地  司 小林(宮崎)14.43.80
10年都大路7区24位・11年都大路2区24位
今井 拓実 洛南(京都) 14.41.51
11年都大路7区15位

新入生に期待しなければならないですが、じっくりとみたい選手が多く文句なしに即戦力となる選手はいない気がします。2年で好走したものの、咋冬は良くなかった選手が多いです。特に、両角は夏のIHは決勝に残りながら、冬の駅伝シーズンは故障で出られませんでした。あと、冨田は3年で調子を落としましたし、田中や見廣は3年で大舞台の出場がありませんでした。(ところで、見廣は拓大付属高から東海大に入学とは・・・)その中で、3年の冬も安定して成績を残し、一番戦力になってくれそうなのは白吉だと思います。他にも、スピードのある宮上や3000SCが得意な小林が最短区間や下りに適応してくれたらありがたいですね。

まとめ
エース級の大きな穴はないのですが、駒がすくないところに小松や刀祢など貴重な固める選手が抜けたのでますます層が薄くなったと思います。あと、昨年は故障で苦しんでいる選手が多かったのですが、今年はもともと実績のある選手が少ないという印象です。新入生でもいきなり実力を発揮できるスーパールーキーはいないので、ますます両角監督の育成力が重要になってくると思います。

予想オーダー
中川2ー村沢4ー吉川2ー宮上1ー早川4
野中4ー両角1ー石川2ー元村3ー白吉1

野中平地版
元村3ー村沢4ー吉川2ー中川2ー早川4
小林1ー宮上1ー白吉1ー野中4ー石川2

野中を6区にして組んでみると、9人しか足りずあとの1人は3年か2年の誰かが出てくるか1年の不調者が回復するかのどちらかになりました。ということで、まだありそうな3000SCが得意な小林が6区を務め、野中は小松みたいに成長するとして下のように予想してみました。個人的には宮上は問題なく距離適応できそうな気がします。


箱根駅伝結果(7)東海大学

【全日本とは逆に4年生が頑張るも下級生が整わず】
1区元村大地区間11位(10位と8秒差)
2区村沢明伸(11→7)区間3位(11位と1分31秒差)
3区刀祢健太郎(7→4)区間9位(1分3秒差)
4区田中飛鳥(4→8)区間8位(1分49秒差)
5区早川翼(8→8)区間14位(1分54秒差)
6区野中久徳(8→8)区間13位(1分7秒差)
7区松谷公靖(8→12)区間20位(10位と1分6秒差)
8区吉川修司(12→12)区間20位(2分29秒差)
9区小松紀裕(12→12)区間12位(2分48秒差)
10区海老原匠(12→12)区間17位(3分32秒差)
総合順位12位(往路8位・復路18位)
【MIP】村沢明伸・・不調のなか意地の走りで区間3位
【技能賞】刀祢健太郎・・見事なラストスパートを決め順位を3つ上げる
【敢闘賞】小松紀裕・・とても悪い流れのなか、主要区間で踏ん張る
【残念で賞】早川翼・・不調と厳しいコースで、村沢のように粘りきれず
予想8位(往路4位・復路11位)区間は10区が的中。
補欠・・岡島・栗原・上原・石川・中川・松本

往路は3本柱の調子をもう少ししっかりと考えたら、誤差を少しにできたと思います。復路は懸念が当たり、3本川トリオの調子が良くなかったぶん往路に4年生を使ってしまい、復路の駒が足りませんでした。区間に関してはアンテナを張りすぎましたかね。自分の勘に集中したら1・2・5区は当たったと思います。

急遽元村に変えたのは正解でしたが、元村の走りは物足りなかったです。途中活きの良い時もありましたし、できれば5位くらい、最低でも一桁で来て欲しかったです。ただ、大学初の1区で少し慣れが足りなかったのでしょうね。
村沢は昨年より気象条件が良くなかったこともあり、全体的に少しずつ昨年を下回って行きましたね。不調でしたが、意地を見せたと思います。ラストが特に昨年との差が大きかったのですが、それでも集団に食らいついていました。
刀祢は元々の予定だった元村に劣らない素晴らしい走りでした。苦手な1区から解放されて上手く走れましたね。中弛みしかけましたが、ラストスパートを決めて一気に4位まで浮上しました。
田中は久しぶりの大舞台でしたが、良い走りでした。順位は落としましたが、難しい展開で安定したビルドアップ走を見せました。
早川は調子が良くなかったとはいえ、準エースとしては少し物足りない走りでした。あと1分くらい速く来て欲しかったですが、最初に飛ばしたのが響きましたね。登りに入ってから遅れ始め、大平台以降の登りで昨年より2分も遅かったです。もともと苦手だった部分では18番目のタイムでした。
往路は作戦が成功し4年生が頑張ったものの、準エースクラスの2人があまり良くなかったことで、いまいち伸びきりませんでした。正直、この時点でシード厳しいかなという印象でした。

野中はたぶん準備期間が短かっただろう中で、良い走りをしてくれました。代田に付いていったことで突っ込みましたが、粘りましたね。平地もきちんとまとめて順位を落としませんでした。
松谷は良くありませんでしたが、実力の面も大きかったと思います。序盤に山学や國學院に離されてからはズルズルと行ってしまいましたね。
吉川は故障持ちということで苦しい走りでした。平地は何とか踏ん張りましたが、終盤の登りで崩れましたね。ただ、個人的には故障持ちにスタミナ区間を走らせるのは少ししんどいかなという印象です。
小松は渡辺と同じスタートで走りやすかったとはいえ、悪い流れを少し変えてくれたと思います。中盤少したるみましたが、後半持ち直しました。
海老原は序盤飛ばしすぎて持ちませんでした。ただ、一緒に走り出した篠原ほどの落ち込みがなかったのは最低限の評価はできますかね。
復路は調整もできずに駒も足りませんでした。個人的には厳しいと思っていた野中や小松が頑張り、期待していた吉川などがいまいちでしたね。
全日本では4年生が良くなく、箱根では下級生がイマイチということで結局最後まで整いませんでした。来年は故障者がなく整っている状態の走りがみたいですね。

卒業生&来期への展望(7)青山学院大学

4年

川村駿吾
箱根12年7区11位(3区12位)11年7区7位(補欠)・10年9区15位(97位)・09年補欠
全日本(予選会)11年補欠(3組12位)・10年(1組6位)・09年6区12位(OP20位)・08年(2組33位)
関カレ09年1500M予選

唐沢充樹
箱根12年(補欠)
全日本08年(1組21位)
関カレ08年1500M予選

小林剛寛
箱根11年9区4位・10年補欠(44位)・09年8区11位(123位)
全日本(予選会)10年(OP27位)

数十年間箱根に出場していない状態から箱根で5位になるまでの激動の4年間を過ごした4年生。その4人の中で最もの代表格はやはり主将の川村でしょう。着実に成長し、2年から関カレを除くほぼ全ての大舞台に出場し、3年からはほぼ安定した結果を残し続けました。期待されて入った唐沢は途中伸び悩みましたが、競技を続けて最後の出雲にエントリーできたのは本当に良かったと思います。小林は故障に悩まされ続けたものの、箱根では常に立役者となる走りをしましたね。最終学年見れなくて残念だったなと思っていたら、なんともう1年残る模様。ますますメンバー争いが激しくなったと思います。

3年

出岐雄大
箱根12年2区1位(1区4位)・11年2区4位(1区12位)・10年1区9位(136位)
全日本(予選会)11年2区1位(4組1位)・10年(1組2位)
関カレ11年10000M6位5000M11位・09年3000SC予選

横山拓也
箱根12年9区4位・11年3区16位・10年4区13位(128位)
全日本(予選会)11年8区8位(2組1位)・10年(2組3位)・09年7区10位(3組24位)
関カレ11年ハーフ37位・10年ハーフ15位・09年5000M18位

小嶺篤志
箱根12年5区11位・11年8区10位(補欠)・10年5区10位(98位)
全日本(予選会)11年5区12位・10年(3組26位)・09年4区15位(OP9位)
関カレ10年ハーフ38位

大谷遼太郎
箱根12年10区7位(補欠)・11年(2区14位)
全日本(予選会)11年3区8位(3組1位)・09年(2組30位)
関カレ11年5000M19位・09年1500M5位5000M31位

相原征帆
箱根12年補欠・10年8区8位
全日本(予選会)10年(4組12位)・09年(2組13位)
関カレ10年10000M17位

松田直久
箱根11年5区12位(4区10位)
全日本(予選会)10年(OP10位)
関カレ11年ハーフ29位・10年5000M27位

小山裕樹
箱根11年補欠
関カレ10年ハーフ43位

中井一臣
箱根11年(補欠)・10年補欠
全日本11年補欠

内田昌寛
箱根11年(6区10位)・10年補欠

この学年の主役はロンドン五輪に手が届きかけた出岐ですね。1年から大舞台には出続けていましたが、2年の高島平でブレイクすると、今や日本学生界のエースとなりました。その出岐に近いレベルでずっと大舞台に出ているのは実は横山です。出岐と比べないと成績もなかなか安定していて、失敗したレースは去年の関カレぐらいかなと思います。あと、小嶺も1年からチームに貢献しています。荷の重い区間を任されることが多いのですが、よくしのいでいるなと思います。大谷と相原は2人とも1年から活躍していました。もともと短いトラックが得意だった大谷は、3年になってようやくロードにも適応してきましたね。相原は2年春にはエースとしてチームを引っ張っていたのですが、その後故障してなかなか本調子になれない感じです。個人的には5区をやらせても面白そうと思っているので、早く復調してほしいですね。あと、山登りの経験もある松田も徐々に故障から復帰してきました。

2年

福田雄大
箱根12年3区13位・11年1区16位(3区9位)
全日本11年1区13位(4組17位)・10年(3組10位)
関カレ11年5000M13位

竹内一輝
箱根12年6区6位・11年補欠
全日本(予選会)10年(4組26位)
関カレ10年1500M10位5000M5位

井上尚樹
箱根12年8区7位・11年補欠
全日本(予選会)11年6区11位(OP9位)
関カレ11年ハーフ11位・10年3000SC予選

遠藤正人
箱根12年4区9位
全日本11年(1組13位)

鈴木優人
関カレ11年1500M11位・10年1500M3位

石田駿介
箱根11年補欠
全日本11年補欠

横田翼
箱根12年(補欠)・11年(5区10位)

豊田芳宏
箱根11年(補欠)

この学年の現在の主役は準エースの福田です。1年から大舞台に出続けていますね。ただ、チーム事情から得意でないスピード区間を任されることが多く、少しかわいそうな気がします。ただ、この学年のもともとの主役は竹内でした。鳴り物入りで入学し1年春に活躍したのですが、その後故障に悩まされました。しかし、昨秋に復帰して箱根では好走を見せたのでこれからどんどん挽回していくでしょう。1つの種目に力を発揮しているのは鈴木と井上です。鈴木は箱根にはあまり関係ないでしょうが、1500Mが良いですね。井上はトラックのタイムはそこまで良くないのに、ハーフでは常に安定して結果を残してきています。個人的にマラソンさせたら面白そうって思ったりもしてます。あと、遠藤が昨年度で急成長し主力に近いぐらいの力をつけてきていますね。

1年

佐藤研人
箱根12年1区12位(6区11位)
全日本11年7区12位

高橋宗司
箱根12年補欠(5区6位)
全日本11年4区8位

藤川拓也
箱根12年補欠(2区7位)
全日本(予選会)11年補欠(2組24位)

川崎友輝
箱根12年(4区11位)
関カレ11年1500M予選

三野貴史
箱根12年補欠(補欠)
全日本(予選会)11年補欠(1組19位)

山田学
箱根12年補欠
関カレ11年10000M23位

三木啓貴
箱根12年補欠
関カレ11年1500予選

この学年の主役は藤川・高橋・佐藤と変化が目まぐるしいです。ドラ1の藤川は短い距離が非常に得意で、全日本予選会や出雲では活躍してくれています。ただ、長い距離の適応には苦しんでいるのかなという印象です。高橋は出雲・全日本と前哨戦で活躍してくれました。ただ、その後調子を落としています。藤川とは逆に佐藤は長い距離が安定している印象です。高島平で好走し、箱根1区も踏ん張ったことで今1番目立っていますね。他にも川崎・三野・山田とたくさんの人が大舞台を経験しています。

新入生情報
久保田 和真 九州学院(熊本)13:59.16
10年都大路1区4位・11年都道府県1区18位・11年IH5000M6位・11年都大路1区1位・12年都道府県5区1位
小椋 裕介 札幌山の手(北海道)14:03.96
11年都道府県5区40位・11年都大路1区12位・12年都道府県1区21位
神野 大地 中京大中京(愛知)14:13.88
12年都道府県5区4位
松島 良太 柏日体(千葉)14:15.13
渡邉 心 世羅(広島)14:18.61
10年都大路4区10位・11年都道府県4区11位・11年IH5000M16位・11年都大路1区5位・12年都道府県5区6位
橋本 崚 大分西 14:20.75
11年都道府県4区23位
渡邉 利典 東北(宮城)14:21.57
12年都道府県5区10位
伊藤 弘毅 仙台育英(宮城)14:23.49
10年都大路7区5位・11年都大路5区5位
安部 晃也 浜松日体(静岡)14:27.95
10年都大路5区6位・11年都大路2区14位
吉田 圭祐 遊学館(石川)14:35.84
10年都大路2区18位
内村 亮  市立尼崎(兵庫)14:36.90
11年IH3000SC2位
村井 駿 西武台千葉 14:39.66
山村 隼 九州学院(熊本) 14:48.18
11年IH3000SC14位
今回、最もリクルートに成功したといわれている青山学院ですが、その中で特に期待できそうなのは久保田と渡辺でしょう。世代トップの久保田は都大路や都道府県などで圧倒的な力を見せつけました。クロカンも勝つなど、特にロードが得意な選手なので駅伝で期待です。また、渡辺心はIHで決勝まで残ったり、両方の駅伝でエース区間で区間一桁など力がありますね。安定して結果も残しているので、故障などがなければ箱根でもチームに貢献してくれると思います。その2人に次いで多数の実績を残しているのは小椋です。ただ、小椋は安定感はありますが、青学でレギュラーになるにはもう一段階成長が必要でしょう。チームが強くなく都大路には行けませんでしたが、今年の都道府県に不意に結果を出したのは神野と渡辺利。特に、神野は一時チームをトップに押し上げる注目の走りでした。あと、3000SCで結果を残している内村や山村も入学しました。彼達が頑張れば、関カレでも成績が上がりそうです。他には都大路の短い区間で結果を残している伊藤や安部も少なくとも片隅で見ておく価値はある人材ですね。

まとめ
小林が残り、穴は川村のみということで、新入生を入れなくても同じ順位は取れるでしょう。しかもリクルートを大成功させたということで3位までは普通にイケると思います。あと、優勝を狙うために必要なのは故障系の人をきちんと整えることでしょう。相原・小林・松田あたりを整えれば、どんどん優勝が近づいてくると思います。

予想オーダー(優勝狙い)
佐藤2ー出岐4ー渡辺心1ー高橋2ー久保田1
竹内3ー福田3ー小林4ー横山4ー大谷4

(3位で良い)
佐藤2ー出岐4ー久保田1ー渡辺心1ー小嶺4
竹内3ー横山4ー井上3ー福田3ー大谷4

無理のないようにくむなら下でしょう。なかなか適任がいない3区には久保田をおいて、横山か福田をジョーカーにするかな。ただ、優勝をガチで狙うには上のオーダーでしょうか。山が爆発力が足りないので、久保田に山の神になってもらいたいかなと。久保田が山の神になるのと優勝は≒な気がします。3区は渡辺にしのいでもらうとして、8区に復調した相原か小林に来て欲しいところ。2人とも復調しなければ井上か小嶺になるでしょうが、その2人になるなら他大のミスは多少期待しなければならない気がします。アンカーは大谷にして、ラスト勝負にも期待ということで。

箱根駅伝結果(6)青山学院大学

【伸びた成長力と定番の調整力を見せ過去最高順位】
1区佐藤研人区間12位(10位と17秒差)
2区出岐雄大(12→3)区間1位(11位と2分10秒差)
3区福田雄大(3→3)区間13位(1分25秒差)
4区遠藤正人(3→7)区間9位(1分57秒差)
5区小嶺篤志(7→7)区間11位(2分50秒差)
6区竹内一輝(7→6)区間6位(2分13秒差)
7区川村駿吾(6→6)区間11位(3分22秒差)
8区井上尚樹(6→6)区間7位(3分52秒差)
9区横山拓也(6→5)区間4位(6分53秒差)
10区大谷遼太郎(5→5)区間7位(8分1秒差)
総合順位5位(往路7位・復路7位)
【MIP】出岐雄大・・エースが集う2区で1人ランク上の走り
【殊勲賞】横山拓也・・復路で1番の活躍を見せ5位に貢献
【技能賞】竹内一輝・・持ち前のスピードを武器に山下りで好走。
【新人賞】佐藤研人・・難しい1区で奮闘し、悪くない位置で出岐に襷を渡す。
予想6位(往路7位・復路6位)区間は2区・3区・5区・7区・8区・9区が的中。
補欠・・相原・高橋・藤川拓・山田・三野・三木

往路・復路ともにだいたい予想通りで、両方ともほぼ期待通りの走りができていたと思います。前哨戦の結果は良くなかったですが、やはり箱根はきちんと合わせていますね。区間に関しては、これが自分の現時点でのMAXかなというところ。1区佐藤がもう少し早くわかればその区間は当たりますが他が崩れたと思うので、わからなくて幸運だったかなと。
高島平で結果を残すなど長い距離に適性のある佐藤が難しい1区で頑張りました。上手く青木ぐらいの位置で来てくれるかなと思っていましたが、第3集団でスパートを決めてくれましたね。福田を使わずに悪くない位置で渡せたのは良かったと思います。
2区出岐はやはり「本物」で、気象条件の良かった昨年のペースを終始上回る素晴らしい走りでした。他の場面でも1、2を争うペースで走っていましたが、特に権太坂の辺りでは1人抜け出た走りをしていました。
福田はスピード型ではないので適性どうかな?と思いましたが、やはり上手く下れませんでしたね。しかし、出岐が作った流れをきちんと壊さないで繋げたと思います。ただ、最初の5キロはともかく遊行坂を下り終えた後に後半の走りができたら準エースとしてベストでした。
遠藤は実力を出し切れたと思います。スーパールーキーの新庄翔に放されず、一応ビルドアップもできていました。
小嶺は全日本の失敗をやはり微塵も感じさせませんでした。どの距離でも6位~12位という感じで終始安定していましたね。
往路は出岐や佐藤や遠藤といった成長力が大きかったですね。佐藤のぶん3区に福田を置けましたし、4区も割とタイプが変でない選手を置けました。

竹内は準備期間が短かったわりに、良い走りを見せてくれました。ただ登りは1番速かっただけに、下りでもたついたのは少し勿体なかったですかね。実は、登りが速かっただけに来年の山登りは?と個人的に少し幻想しています。
今年のレベルが高かったこともありますが、川村は昨年とほぼ同じタイムで成長をあまり見せることができませんでした。昨年遅かった中盤が今年もよくありませんでした。ただ、後輩に主力が多いなかで頑張ってチームをまとめたと思います。
井上は自分の特徴はきっちりと出すことができたと思います。平地はあまり速くなかったですが、登りは上手く切り換えることができました。来年はスピードアップをして、中盤までの平地も速くなって欲しいです。
横山は良かった全日本を更に上回る走りをみせました。昨年は下りが速くその後急激にペースダウンしてしまいましたが、今年はその反省を生かして下りを自重してその後好走することができました。
大谷はトラック型でロードはどうかなと思っていましたが、良い走りでしたね。基本平地ということもあり、見事なビルドアップをみせていました。
復路は往路の貯金が特に大きかったかなと思います。ある程度落ち着いて入れたことでほとんどがきちんとビルドアップできていましたね。東洋大とは逆のベクトルで成長しました。

卒業生&来期への展望(6)拓殖大学

4年

真家尚
箱根12年9区13位(2区10位)・11年9区6位(38位)・10年(111位)
全日本10年(3組31位)・08年(3組17位)
関カレ08年5000M24位

那須大地
箱根12年8区10位(4区12位)・11年8区5位(157位)・10年(140位)・09年補欠(159位)
全日本10年(3組14位)・09年(4組32位)
関カレ11年10000M20位・09年ハーフ34位10000M23位

横山築
箱根12年5区19位(補欠)・11年6区18位
全日本10年(1組24位)・09年(2組28位)
関カレ11年3000SC予選・10年1500M5位3000SC2位・09年1500M予選3000SC予選・08年1500M予選

舘石盛行
箱根12年補欠・11年5区11位(66位)・10年(134位)・09年7区21位
全日本10年(OP19位)・09年(3組26位)
関カレ10年ハーフ22位・09年ハーフ21位

甲斐優人
箱根12年(5区9位)・11年補欠・10年(158位)
全日本11年(3組35位)・10年(1組27位)
関カレ11年1500M予選・10年1500M予選

梅木悠平
箱根11年補欠(87位)・10年(155位)・09年6区18位(190位)
全日本09年(1組16位)
関カレ10年ハーフ39位

石井健太
全日本10年(OP25位)・09年(OP28位)・08年(2組29位)
関カレ11年3000SC予選・10年3000SC12位・08年3000SC予選

蓮池龍顕
箱根10年(182位)・09年補欠
全日本10年(2組18位)・08年(1組19位)

箱根で活躍したのは真家・那須・舘石の3人だったと思います。特に真家は1年の夏以降燻っていたものの、3年の箱根予選会で好走し、箱根では谷川に代わって急遽入った9区で一桁で走りました。那須は予選会の時期にピーキングを合わせられませんでしたが、箱根では2年連続頑張りましたね。舘石は4年では故障で出られなかったものの、躍進した3年では山登りで奮闘しました。一方で、主将の横山は箱根ではいきなり特殊区間を走らされるという貧乏クジを2年連続引かされましたが、主に関カレで頑張りましたね。特に3年では1500Mで入賞すると、3000SCでは表彰台に立ちました。4年の夏で急に伸びてきたのは甲斐か。その後故障があったのか箱根には出られませんでしたが、10月では野本に次ぐ走りを見せていました。逆に、上級生で力を見せられなかったのは梅木・蓮池・石井あたりか。特に、梅木は上級生時もずっとレースに出ていただけに、結果が残せていればもっと層も厚くなったのですが。


3年
野本大喜
箱根12年2区15位(3区5位)・11年7区3位(20位)・10年(117位)
全日本11年(4組24位)・10年(2組5位)
関カレ11年ハーフ1位・10年10000M26位

北澤健太
箱根12年10区6位(補欠)・11年4区16位
全日本11年(1組31位)
関カレ11年3000SC11位・09年3000SC予選

兼実省伍
箱根12年1区17位(補欠)・11年1区17位(37位)・10年(94位)
全日本11年(2組28位)・09年(3組32位)
関カレ11年ハーフ16位・10年ハーフ20位

堅谷真
箱根12年6区17位・11年補欠(46位)
全日本11年(2組33位)
関カレ11年ハーフ19位

登井崚太
箱根12年補欠

この学年のエースは野本でしょう。今年の箱根こそ上手くいきませんでしたが、昨年の箱根から出雲まで不調に喘ぐチームのなかで奮闘しました。この1年で伸びたのは北澤。春までは微妙な結果が多かったですが、秋以降好調をキープして箱根では個人としてはリベンジを果たしました。兼実も実力があります。得意としない1区でなんとか悪くない結果にまとめていますね。堅谷と登井が成長すれば、山は安泰になるでしょう。堅谷は20キロの適正はあるので、下りを上手く走るか、平地に回せば駒が1枚増えます。登井は今年の経験を生かしたいですね。

2年
ダンカン=モゼ
箱根12年3区5位(1区1位)・11年補欠
全日本11年(4組3位)・10年(4組1位)
関カレ11年10000M1位5000M7位・10年10000M1位5000M1位

ジョン=マイナ
箱根12年補欠(6区3位)・11年2区6位(1位)
全日本10年(4組2位)
関カレ11年1500M2位5000M2位10000M3位・10年1500M2位5000M2位

奥谷裕一
箱根12年7区6位
全日本11年(1組32位)

木寺良太
箱根12年補欠

谷野健太
箱根12年補欠

スピード型のモゼは10KMでは非常に頼りになりますが、20KMはそこまでな印象。ということで、ロード型で昨年の夏以降苦しんでいるマイナに箱根予選会までには復調してほしいですね。日本人ではやはり奥谷が良いですね。昨年の野本と似たような状況な気がするので、このままの勢いで野本級になってほしいです。

1年
佐護啓輔
箱根12年4区18位(補欠)
関カレ11年1500M予選

早川和樹
箱根12年補欠
全日本11年(OP27位)

櫻井一樹
全日本11年(3組39位)

1年で1番活躍しているのは佐護でしょう。箱根では厳しい結果になってしまいましたが調子は良かったですし、拓大には少ないスピード型ですので大事に育てたいところ。早川も1年から良い経験ができていますね。ただ、櫻井が夏以降上手くいってないのは残念ですかね。まぁ、拓大は特に上級生になってからですので、これからでしょう。

新入生情報(5000Mのタイムは誤植あるかも)
東島 彰吾 鳥栖工業(佐賀)14分26秒22
11年都大路1区10位・12年都道府県1区3位
金森 寛人 関根学園(新潟) 14分16秒92
11年都道府県5区34位
栩山 健 東京実業14分54秒17
10年都大路3区46位・11年都大路3区28位
濱寄 直人 滋賀学園 14分48秒92
11年都道府県4区35位・11年都大路3区35位
千田 航世 東京実業 15分00秒10
10年都大路4区46位・11年都大路7区18位
日下 粛基 倉敷(岡山) 14分40秒97
11年都大路7区24位
横瀬 健吾 酒田南(山形)
11年都大路6区38位
小林 俊貴 中越(新潟)
11年都大路2区38位
この学年で1番期待されているのはやはり東島でしょう。きちんと距離対応させることができたら、今まで無理に使っていた1区が得意でない選手を他区間に回すことができ2段階強くなれます。その次は、良いタイムを持っている金森。往路型の選手が少ないので、最終的には3区を務められるようになって欲しいところです。他にはやはり拓殖っぽくロードが強い選手が多いものの、よりそれが顕著なのは栩山と千田の東京実コンビですね。トラックのタイムは注目に値しないと言いたくなるくらいのレベルですが、2人とも都大路ではきちんと結果を残しています。あと、都道府県と都大路の両方を経験している濱寄や都大路2位に貢献した日下なども期待したいです。

まとめ
勿論4年生の穴は少なくないのですが、最終学年で微妙だったこともあり思ったほどではないかなという感じです。1年生の成長具合によっては、来年同じくらいのチーム力に仕上げるのも不可能ではないと思います。金森や東島といったいつもと少し違う選手をどこまで成長させられるか、岡田監督の手腕にも注目です。

オススメオーダー
東島1ー野本4ーモゼ3ー佐護2ー登井4
金森1ー奥谷3ー堅谷4ー北澤4ー兼実4

予想オーダー
東島1ーマイナ3ー野本4ー佐護2(金森1)ー登井4
堅谷4ー櫻井2ー兼実4ー奥谷3ー北澤4

個人的にはマイナが復調したのが多少ならば野本2区でモゼ3区で良いと思います。野本が区間12位くらいで我慢して、モゼが区間3位くらいで浮上すると言う感じです。あと、平地の方が走れそうな堅谷を平地に回して、スピードランナーを置いたら良いかなと。ただ、実際に組んできそうなオーダーは下かな。マイナが復調して東島をきちんと育てられれば、ラストでも勝負できるオーダーです。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。