スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝関東予選結果(1)帝京大学

2位帝京大学3時間58分29秒85(予想は7位)
エントリー変更・2神田→稲葉(※予想は・1早川→田村、3後藤→稲葉)
1組・・1位香川竜一(4年)29分48秒29・5位早川昇平(1年)29分51秒17 組順位2位
2組・・4位小山司(2年)29分48秒28・29位稲葉智之(4年)30分28秒59 組順位10位 通算順位1位
3組・・13位後藤郁晃(3年)30分01秒49・18位難波幸貴(2年)30分04秒49 組順位6位 通算順位2位
4組・・7位蛭名聡勝(2年)29分10秒11・15位田中健人(2年)29分17秒43 組順位3位 通算順位2位
OP・・1位田村拓眞(2年)30分04秒46・3位神田純也(4年)30分17秒51

軸となった4年生が6人も抜けた帝京大学。調子は良かったものの関カレもあまりポイントを取れなかったので、ボーダー前後で奮闘しつつも最後はタッチの差で通過を逃すと思いましたが、トップと僅かの差で2位通過は凄いです。
全体的に1組で勢いを作り、2〜4組の選手はしっかりとその勢いに乗った感じ。香川は一桁では来ると思いましたが、棟方などを押しのけてトップは凄い。トップというのはチームに良い印象と余裕を与えるので。また、大学に入って初めての大舞台の早川も素晴らしい走りをしてくれました。個人的には10位台で踏み留まって欲しいと思っていたのですが、5位とは。2組は稲葉の失速を小山がカバーしてくれたのが大きかった。勢いが潰えるのを防ぎました。稲葉の方は非常に残念。一桁の順位では来てくれると思ったのですが・・・。また、立て直して欲しいです。3組も勢いに乗って走れた感じ。後藤は大舞台では結果を残していないので、だいぶ不安でしたが、しっかりと走ってくれました。難波もしっかりと走りましたが、他の選手が実力以上の力を発揮したのに対して、実力通りの走りだったかな。4組は、関カレでは撃沈した蛯名がしっかりと立て直してきましたね。田中も関カレ以外は箱根予選会200台後半というわけで少し不安だったのですが、しっかりと走ってくれました。OPの2人も好調だったということで順調な様子。若いチームで経験が少ないだけに全日本大学駅伝を経験できるのは大きい。全日本大学駅伝では貴重な経験を積んで欲しいですね。

今年の4月~6月に5000か10000Mの自己ベストを更新した選手(全日本大学駅伝予選エントリー外の選手で)
4月
小嶌裕貴(4年)14分33秒09・渡邉克則(4年)29分54秒19・柳原貴大(1年)30分11秒50・名切拓也(3年)30分48秒11
5月
三田和矢(1年)14分34秒14・名切拓也(3年)14分38秒38
6月
大迫聖晃(3年)14分37秒37・熊崎健人(1年)14分40秒54・三輪龍之介(3年)14分43秒90・粟田嶺(1年)14分40秒23・千葉一慶(2年)14分44秒44・伊東拓(1年)14分45秒56・渡邉将太(3年)14分48秒51
スポンサーサイト

2011J1第17節感想

ベガルタ仙台 4−0 ヴァンフォーレ甲府

仙台は柳沢が初先発。選手を少しずつ休ませながらということなのでしょうね。あと、渡辺広大が久しぶりのスタメンながら得点を決めるなどよくやってくれました。甲府は前節は負けたけれどもハーフナーがいなかったのですから、今回はこんなにスタメンを変えなくてもよかった気がしました。やはり2トップは阿部とハーフナーが1番。せめてパウリーニョという気がします。得点に関しては後半の2点は甲府DF何をやっとるんだぁという感じ。

浦和レッズ 3−0 アビスパ福岡

浦和はすごくスタメン変えてきましたね。田中達也とマゾーラの2トップにも驚きましたが、何よりも小島がスタメンとは・・。山田直輝も出てきましたね。福岡は城後があそこで決めていれば、同点になってまた別の展開もあったんでしょうが。

柏レイソル 2−4 ガンバ大阪

ガンバは4−3−3みたいな感じですか。明神がケガしたこともあるんでしょうね。同点弾に関しては遠藤役者だねっていう感じ。あそこまでフェイント入れるかぁ。ガンバの3点目はイグノ強引だなぁと。柏の2点目に関しては藤ヶ谷そりゃぁないでしょう。昨年に比べて藤ヶ谷は安定感がいまいちかな。下平のJ初ゴールに関しては文句なし。全然予想外でしたからね。

清水エスパルス 2−3 川崎フロンターレ

川崎は相澤がスタメン復帰。憲剛は相変わらず途中出場でしたね。川崎の2点目に関してはもう、あと数ミリ違ったら外してたような感じ。清水の得点に関してはどちらも川崎DFなにしてるんだみたいな感じ。1点目もあんな場所でフリーにしたらダメだし、2点目も勿体ないPKを与えてしまった。

ジュビロ磐田 1−2 大宮アルディージャ

前田が得点を挙げたのに大宮が勝ちましたね(汗。大宮は東の代役は青木をSH起用することにしましたね。青木ってSH起用もできるんかぁ。磐田の先制点に関しては大宮DFやってしまいましたね、前田をフリーにしてしまいました。同同点弾に関しては川口が止められなかったのかなぁという気がします。決勝弾に関してはコースが厳しかったですが、川口はふれたなら止めてほしかった。

セレッソ大阪 2−3 名古屋グランパスエイト

磯村は凄いですね、2試合連続ゴールを挙げましたし、PKも獲得しました。玉田の得点に関しては少しDFがケネディにつられすぎたかな。

横浜Fマリノス 1ー0 新潟アルビレックス

マリノスは狩野に代えて長谷川を俊輔の穴に器用してきましたね。個人的には狩野を使い続けて欲しかった。個人的に狩野は木村監督から冷遇されている気が甚だしくします。新潟は東口の代役は小澤が担当しました。新潟は東口も黒河もケガでだいぶ苦しい。二年前の広島を見ているみたい。ミシェウは疲れさせないようにベンチスタートなのでしょうか。

サンフレッチェ広島 3ー2 モンテディオ山形

広島は山岸をスタメン起用してきました。個人的には番組でPKが与えられるシーンと西河の退場シーンをやってくれなくて見ることができなくて残念でした。決勝点のPKが与えられたシーンは、自分は森崎和もザキさんも好きなので忘れられそうにないですね。

ヴィッセル神戸 0ー1 鹿島アントラーズ

神戸は田中をSHに配置。普通はボッティと位置が逆だと思うんですが・・。神戸は三原がケガしてからボランチの組み合わせに苦労しているらしいです。鹿島は小笠原がスタメン復帰しました。柴崎は15分くらい出て再び交代になりましたが、いまいち精細を欠いていたのでしょうか。

2011全日本大学駅伝関東予選(17)順位速報

とりあえず、総合順位だけ書いときます。詳細はまたあとで書きます。

1位 青山学院大学
2位 帝京大学
3位 城西大学
4位 中央大学
5位 日本体育大学
6位 上武大学

以上が予選通過校

7位 國學院大學
8位 順天堂大学
9位 神奈川大学
10位 東京農業大学
11位 大東文化大学
12位 専修大学
13位 山梨学院大学
14位 亜細亜大学
15位 国士舘大学
16位 拓殖大学
17位 創価大学
18位 法政大学
19位 中央学院大学
20位 麗澤大学

2011年J1第16節感想

浦和レッズ 1ー3 清水エスパルス

予想的中。得点に関してはボスナー凄かった。個人的には3点目の方が特に凄いと思いました。梅崎は久しぶりのゴール。このままどんどん復調して欲しいです。神戸戦の山岸といい、今回の加藤といい、浦和のGKは足下を通すFKを決められる傾向があるのでしょうか。高原ゴール決めて盛り上がりましたね。

ガンバ大阪 2ー1 横浜Fマリノス

予想外れましたね。ガンバは最終ラインがきちんと主力が揃ったのが良かった。今までは荒れた試合が多かったのですが、今日は割と安定した守備で戦え、攻撃陣にかかる不安が減りました。マリノスは俊輔の為のチームなのに、俊輔がスタメンじゃなければ厳しいかな。金井はこのままずっとスタメンなのでしょうか。得点シーンに関しては先制点は遠藤のアイデアがなかなかでした。

ヴァンフォーレ甲府 0-2 セレッソ大阪

ハーフナー累積警告知らんかった。途中出場で結果を残していた片桐をスタメンにするなど工夫したんですが・・。セレッソは清武の不在と乾の懲罰ということで仕方なしの2トップだったんでしょうね。試合はハーフナーがいないなりに甲府は頑張ってたんですけどねぇ。

川崎フロンターレ 2-0 サンフレッチェ広島

川崎は憲剛が途中出場。あまり大きな支障はなさそうですね。広島は石川とトミッチをスタメンにして森崎浩司を1列上げてきました。先制点のシーンに関しては矢島ヤバイっす。難易度E級ですよ、しかも超オシャレ。もう芸術でしたね。ザキさんはこの展開だったら出ないのはしゃぁないかな。

鹿島アントラーズ 2-0 ジュビロ磐田

柴崎が初スタメン。最近調子の良い増田と組んできましたね。2点目のシーンに関しては大きくクリアしないんだったらもう少し精度にこだわらないと。芝に足を取られたようにも見えましたが。川口は良く頑張ってたんですけどねぇ。

モンテディオ山形 2-0 ヴィッセル神戸

山形は最近の傾向をより強く若い選手をたくさんつかってきましたね。神戸は羽田が途中出場してました。Gacktが決めていれば試合展開はまた違ったものになったんでしょうがねぇ・・。どうでもいい話ですが、主審前田拓哉って前田和哉と名前似てますね。

新潟アルビレックス 1-1 ベガルタ仙台

後半ロスタイムに得点が動く特性が仙台にあるの忘れてた・・。というわけで引き分けでしたね。新潟は亜斗夢スタメンはびっくり。先制点の場面ではブルーノが良く粘りました。Jリーグタイムでは黒崎監督の退席シーン放送してくれませんでした。見たかったなぁ。

アビスパ福岡 0-2 柏レイソル

柏は近藤復帰(ですよね?)。大津にかえて開幕のころはスタメンを張っていた茨田をスタメンにしました。先制点に関しては結果論からいえば、GKは足で止めに行ったほうが良かったかもしれませんね。

名古屋グランパスエイト 2-2 大宮アルディージャ

名古屋は今度は中村直志がケガ。代わりに磯村がスタメンでしたが、得点を挙げました。大宮はキムヨンクンは累積で欠場でしょうか。坪内をCBにしてLSBには少し前迄スタメンだった村上を入れましたね。同点弾に関してはあんなところでパスミスしたらそりゃぁ点取られるでしょう。

2011年J1第18節予想

とりあえず、土曜日の予想します。

ヴァンフォーレ甲府 ー 柏レイソル
どちらも最近調子を落とし気味。どちらも調子が悪くなかった時は柏が勝ったので、同じくらいの調子なら柏が勝つと予想。

鹿島アントラーズ ー 川崎フロンターレ
鹿島も調子が上がってきましたが、川崎の方が絶好調なので、川崎が勝利と予想。

名古屋グランパスエイト ー 浦和レッズ
前回は浦和が大勝しましたが、名古屋のスタメンが戻ってきており、原口とエジミウソンがいないので、名古屋勝利と予想。

アビスパ福岡 ー ジュビロ磐田
普通に磐田勝利と予想

新潟アルビレックス ー セレッソ大阪
新潟は東口が負傷ですが、ホームということと相性の良さで引き分けと予想します。

ガンバ大阪 - サンフレッチェ広島

ガンバは最終ラインが戻ってきたのでガンバが勝利すると予想。ザキさんが古巣相手に決めてくれたら感動のあまり踊るでしょうが、ないでしょうねぇ。なんせ12試合に1ゴールとかいうペースですからw。

清水エスパルス - ベガルタ仙台

この対戦ははっきり言ってようわからん。仙台は前々節は後半ロスタイムに追いついたので、今回は後半ロスタイムに追いつかれると予想。

モンテディオ山形 - 横浜Fマリノス

山形の調子を測る試金石となる一戦。山形が万全の調子ならばマリノスは非常にやりにくいハズ、もともとはあまりボールを持つスタイルではないので。そこそこ調子が戻っていて引き分けになると予想します。

大宮アルディージャ - ヴィッセル神戸

前回の対戦は神戸が内容を握りながらも大宮の勝利。今回は引き分けだと予想します。ちなみに、この試合はテレビで見ます。

2011全日本大学駅伝関東予選(16)順位予想

最後に、全日本大学駅伝予選会の順位予想をしたいと思います。6位以内が通過です。

1位日本体育大学
(1組の鈴木友がエントリー変更と予想。)
全体的に特に不安な点がない。4組服部も関カレの時みたいに無難にまとめてくれるかと。

2位城西大学
(1組寺田→平田)
4組村山が若干不安だが、3組までが万全なのでセーフティーリードを築けると予想。

3位青山学院大学
(1組三野→山田)
2組藤川が10000Mという距離でどこまでいけるかは疑問だが、その他に問題は特にないかと。通過する可能性では城西大学よりも高いと思います。

4位中央大学
(1組棟方→相場、2組服部→新庄浩)
4組の、特に、須河がかなり不安だが、関カレでは1部で14位という好成績を残したのでなんとかなると予想します。

5位拓殖大学
(1組奥谷→早川)
3組の櫻井は非常に不安だが、一人が失速したぐらいではなんとかなると予想。4組の野本はなんだかんだいってそこそこの走りをしてくれると思います。通過する可能性だけ見れば、中央大よりも上かと。

6位上武大学
(1組松元→渡辺、3組大西→佐藤)
最後の一つが非常に迷った。組順がものすごく不安ですが、調子が良く関カレでもかなりのポイントを取った上武大学が通過すると予想。全く自信がないです。
7位帝京大学
(1組早川→田村、3組後藤→稲葉)
調子は良いですが、関カレであまり得点が取れなかったこともあり予選通過できないと予想。やはり前4年生の穴は大きいかと。

8位東京農業大学
(2組内藤→山本)
主力の不調が最後に響くと思います。青木の経験の少なさも響き、最終組で通過圏内から脱落するかと。

9位中央学院大学
(なし)
全体的に少しずつ足りないと思います。予選通過して本戦で渡辺が好走とかなら凄く感動するんですが。

10位山梨学院大学
(3組松山→青木)
3組で予選通過レースから脱落すると予想。でも、最終組は強いので、ほぼ確実にこれくらいの順位ではまとめるかと。

11位國學院大学
(1三部→桑原)
本当はもう少し上位、場合によっては予選通過もあり得ると思ったんですが、気が付いたらこんな順位になってました。気になるのは4組荻野の調子と3組大下が上手くいくかどうか。

12位国士舘大学
(2菊地→中山、4細見→伊藤)
伊藤は出走するが、万全ではなく下位に沈むと予想。1〜3組も万全ではないので、この順位と予想しました。

13位専修大学
(2齋藤→松尾修、3小指→安島)
いかんせんトラックが得意でないのと、小粒なのが響くかな。

14位神奈川大学
(3鈴木→久門)
こちらも同じくトラックが得意でないのと、小粒なのが響くと予想。専修大学が上なのは専修大の方が調子良く感じたので。

1〜3位は普通に、4〜6位は伝統大学と実力のある大学と調子の良い大学から一つずつ選びました。上武大学は中央学院大学、國學院大学、帝京大学と迷ったので全然自信はないです。

2011全日本大学駅伝関東予選(15)上武大学

ラスト・上武大学。上武大学も関東インカレ2部です。

1組
氏原健介(3年)昨年3組18位。関カレはハーフ3位。今年の箱根駅伝も出走している。
松元航(1年)今春、5000Mで自己ベストを更新した。
2組
園田準(4年)昨年3組6位。関カレは10000M10位。今春、5000Mで自己ベストを更新。今年の箱根も出走している。
石川拓馬(3年)昨年OP7位。関カレはハーフ15位。今年の箱根も出走している。
3組
山岸宏貴(2年)昨年1組29位。関カレは5000M23位。今春5000Mや10000Mで自己ベストを更新している。
大西淳貴(1年)今春5000Mで2回も自己ベストを更新している。
4組
坂口竜成(4年)昨年4組13位。関カレは10000M8位入賞、5000Mも10位と健闘。今年の上武大のエース。今年の箱根も出走。
倉田翔平(1年)期待の新人の一人。関カレは1500M出走。10000Mでいきなり29分台を叩き出した。
補欠
佐藤舜(1年)期待の新人の一人。関カレは3障で優勝。今春は5000Mで自己ベストを更新。10000Mでいきなり29分台を叩き出した。
渡辺力将(3年)昨年2組30位。関カレはハーフ7位。

関カレでは好成績を残した上武大学。エントリー変更は佐藤が3組の大西と代わり、渡辺は1組の松元と代わると予想。順当にいけば予選突破の可能性も十分あるかと思っていたんですが、いかんせんエントリー順が微妙。昨年は1組でほぼ終戦になってしまったことから今年は1組からしっかりと行ける選手で組んだと思うんですが、4組の倉田はいくらなんでも厳しすぎるでしょう。倉田は安定感があるタイプなのでそんなに爆発力がアルタイプじゃないし・・。佐藤を持ってくるならまだわかるのだが。3組の山岸も不安。今季絶好調みたいだが、昨年の予選会でも今年の関カレでも結果を残すことができなかった。逆に2組の園田や1組の氏原はものすごくもったいないような気がします。

2011全日本大学駅伝関東予選(14)帝京大学

帝京大学も関東インカレは二部です。
1組
香川竜一(4年)昨年1組9位。本戦では6区出走。関カレでは5000M12位。今春は5000Mでも10000Mでも自己ベストを更新している。長い距離はあまり得意でない。
早川昇平(1年)期待の新人の一人。今春は5000Mで自己ベストを更新した。
2組
神田純也(4年)昨年2組17位。関カレではハーフ20位。箱根予選会には出走している。
小山司(2年)関カレではハーフ21位。今春は5000Mで自己ベストを二回更新している。
3組
後藤郁晃(3年)関カレではハーフ36位と撃沈。今春は5000Mでも10000Mでも自己ベストを更新している。
難波幸貴(2年)昨年OP31位。本戦では3区出走。関カレでは5000M17位。今春は5000Mでも10000Mでも自己ベストを更新している。今年の箱根も出走。
4組
蝦名聡勝(2年)昨年OP5位。関カレでは5000M25位。今春は5000Mでも10000Mでもベストを更新している。今年の箱根も出走。
田中健人(2年)関カレでは10000M13位。今春は5000Mや10000Mで自己ベストを更新している。前回の箱根予選会は出走している。
補欠
稲葉智之(4年)昨年は本戦で8区出走。今春は5000Mや10000Mで自己ベストを更新している。前々回の箱根や前回の予選会は出走している。
田村拓眞(2年)今春は5000Mで自己ベストを更新している。今年の箱根駅伝は出走している。

現在、一番調子の良いチーム。エントリー見てもほとんどの選手が自己ベストを出しています。3組の後藤が稲葉とエントリー変更になると予想。田村の方は早川か神田と代わるかもしれない。4組が他の大学と比べて厳しいので、1組から上位につけるかどうかがカギ。

2011全日本大学駅伝関東予選(13)國學院大学

國學院大学も関東インカレは二部です。あと、5/28の日体大記録会が一部の選手の選考を兼ねていたみたいなので、その順位も載せます。
1組
青木信夫(4年)今春自己ベストを二回更新するなど好調。5/28にはチームで二番手。
三部将史(4年)昨年1組18位。5/28にはチームで六番手に沈んだ。今年の箱根駅伝も出走している。
2組
安曇大輔(4年)今春5000Mで自己ベストを更新。5/28ではチームトップ。前回の箱根予選会には出走している。
宮澤公孝(4年)昨年2組33位。関カレでは5000Mで16位。今年の箱根も出走している。
3組
寺田夏生(2年)昨年3組21位。関カレでは10000Mで14位。今年の箱根ではかなり目立った。
大下稔樹(1年)期待の新人の一人。5000Mではそこそこの走りは披露している。
4組
荻野皓平(4年)昨年4組25位。関カレでは10000Mで18位、ハーフは欠場している。今年の箱根では2区を走るなど國學院大の柱。
中山翔平(3年)昨年3組17位。関カレはハーフ6位。今春は5000Mで自己ベストを更新した。今年の箱根も出走している。
補欠
桑原圭治(4年)5/28ではチーム三番手。今年の箱根も出走している。
柿沼昴太(2年)5/28では自己ベストを更新し、チーム四番手。

1組の三部があまり調子が良くないみたいなので、桑原とエントリー変更すると予想します。少し不安な点は4組荻野の調子。自己ベストも関カレで結果を残したわけでもなく調子が良いとは言えない感じか。あと、10000Mを走っていない様子で3組に入った大下がどうなるかがカギ。関カレにも出ていなく、自己ベストも更新していないので、もしかしたら桑原と代わるかもしれない。その場合は、三部は柿沼と代わる可能性が高いだろう。

2011年J1第15節感想

ベガルタ仙台 2-1 ガンバ大阪

仙台のスタメンは連戦になるということで松下を試してみた感じですかね。ガンバは出せる主力はだhしてきた感じだが、やはりケガ人が多いのが厳しいか。決勝点の場面ではやはりああいった位置でボールを取られると厳しい。

鹿島アントラーズ 0-1 ヴァンフォーレ甲府

甲府勝利の予想はあたりましたね。お互い決定機を外しすぎ。甲府は吉田の穴は内山でとりあえずカバーしましたか。ダニエルを1列上げたのは前の試合からだったっけ?得点シーンはあそこでボールをもたれると厳しい。

大宮アルディージャ 0-5 川崎フロンターレ

川崎が大勝しましたね。川崎と清水はなぜかどことなく印象が被る部分が僕にはあるので、大勝はあるかもしれないとは思いましたが、当然憲剛がいるのが当然。憲剛がいないのに大勝とは・・。東の代わりに渡辺大剛をスタメンにしましたね。得点シーンに関しては全体的に大宮のDFの集中力が足りていなかったかな。

柏レイソル 0-3 ジュビロ磐田

まさか磐田がこんなに大勝するとは・・。酒井の代わりに入った村上が1点目のシーンでやらかしてしまいましたね。個人的には2点目と3点目の方が気になる感じ。オフサイドを狙っていたのでしょうか?ライン統率が上手くいってないようなkんじでしたが。

清水エスパルス 2-1 モンテディオ山形

清水がやはり勝利しましたね。山形は太田をトップ下においた4-5-1にしましたか。とりあえず、思ったのがPK多すぎ。流石にあんなに多いと少ししらけるかな。伊東が倒されたPKは個人的にはどうかなという気がします。でも、それ以上にトータル回数多すぎ。

名古屋グランパスエイト 4-0 新潟アルビレックス

結構点差が開きましたね。名古屋はついにスタメン揃ったってかんじです。新潟は鈴木の代役は大野がしましたね。得点シーンに関しては玉田をとめられなかったのが原因というか・・玉田に人がいっぱいいったので中は全然数的不利でしたね。2点目はDFとGKの連携の問題。3点目は東口のミスかなぁという気もします。

セレッソ大阪 0-1 横浜Fマリノス

結果はあいましたが、過程はガタガタ。マリノスがあんなにゲームを支配するとは・・。C大阪はバンドと永井のスタメンってまた新鮮な組み合わせ。マリノスは波戸や栗原を休ませた感じでしょうか。それとも波戸は前節出来が悪かったから外したのか。上本のレッドに関しては出ても仕方がないかなという感じ。得点シーンに関してはその前の場面に同じようにキムクナンがヘディングシュートを打つシーンがあったのでその時に直したかったところ。

ヴィッセル神戸 0-0 アビスパ福岡

引き分け予想はあたりましたね。神戸は前節の後半のイメージでスタメンを組みました。福岡は小原や和田、六反などスタメンを大幅に刷新。六反がきちんとゴールマウスを守れたのは良かった。個人的にあの髪形には違和感を隠しきれませんが。

サンフレッチェ広島 0-0 浦和レッズ

ザキさん出なかったー。まぁ、リードした場面がなかったのでしゃぁないんですが。李は疲れからか最近調子が良くない感じか。一回スタメン外してもいいと思います。高萩など他にも優秀なトップ下はいいるのですから。浦和は鈴木をアンカーとした4-3-3ですかぁ。個人的にスコアレスは意外だった。

2011年J1第17節予想してました

浦和と仙台以外の7戦は予想していたのですが、書き込む時間がなかったので試合終わってからこういう風に予想してましたよーーということを書き込むしんじられないことをします(苦笑)

ベガルタ仙台 - ヴァンフォーレ甲府

両チームとも引き分けが非常に多いので引き分けと予想(1-1とか)。仙台勝利の可能性もなくはないかな。

浦和レッズ - アビスパ福岡

王道に考えて浦和が2勝目を挙げると予想します。浦和の1勝目がカウンターから点を重ねての勝利ということで、引き分けも十分ありえますが、福岡が勝利する可能性は少し低いような気もします。

清水エスパルス - 川崎フロンターレ

川崎は個の力からポゼッションサッカーへと今季変更したチーム。対照的に、清水は今季により個の力を重視するサッカーに変えました。個の力を重視する清水が川崎に勝利するには少しタレント力が足りないような気がするので川崎が勝つと思います。

柏レイソル - ガンバ大阪

柏は広島やガンバや川崎というポゼッションサッカーをするチームとまだ今季戦っていないので結果の予想がつかないんですよねー。名古屋というチーム力があるチームに引き分けたので今回のガンバとの試合も引き分けと予想します。

ヴィッセル神戸 - 鹿島アントラーズ

神戸ファンの子曰く、昨年は勝ち点を稼ぐところで稼げず意外なところで勝ち点をとったのだとか。というわけで今回は引き分けと予想します。鹿島にもここ2年間安定感がないしね。

横浜Fマリノス ー 新潟アルビレックス

東口のケガの影響が大きく新潟が負けると予想。ただし、マリノスがカウンターチームに相性が良いわけではない点は気になるところ。

サンフレッチェ広島 - モンテディオ山形

広島が勝利すると予想。ただし、山形は今年柏に勝っており、昨年もガンバに勝つなどボールを失わないチームと相性は良い。

セレッソ大阪 - 名古屋グランパスエイト

セレッソは上り調子。しかし、セレッソが勝利したのは福岡とハーフナーマイクのいない甲府。今回は調子を挙げている名古屋だけに勝利は厳しいでしょう。チーム力のある名古屋が勝利すると予想します。

ジュビロ磐田 - 大宮アルディージャ

ラファエルと前田が抑えられるかがカギとなりそう。大宮DFが前田を抑えられずに磐田が勝利すると予想します。

2011全日本大学駅伝関東予選(12)青山学院大学

青山学院大も関東インカレは2部です。6/4での5000Mの上位者がエントリーされていますのでその順位も載せておきます。
1組
井上尚樹(2年)関カレではハーフ11位。6/4に5000Mで自己ベスト。組で11位。
三野貴史(1年)6/4は組で14位。
2組
横山拓也(3年)昨年2組3位。関カレではハーフ37位と撃沈。今年の箱根駅伝も出走している。6/4に5000Mで自己ベスト。組で4位。
藤川拓也(1年)期待の新人の一人。5000Mでは相当早い。6/4では組で7位。
3組
大谷遼太郎(3年)関カレでは5000M19位。昨年の出雲駅伝は出走している。6/4に5000Mで自己ベストを更新し、組で3位。4/16に10000Mでも自己ベストを更新している。
川村駿吾(4年)昨年1組6位。今年の箱根駅伝も出走している。6/4は組で6位。4/16に10000Mで自己ベストを更新している。
4組
出岐雄大(3年)昨年1組2位。今年の関カレ10000M6位、5000Mでは11位。今年の箱根では2区で大健闘。ユニバーのハーフ選考会で矢澤に勝って1位など実力抜群の青学のエース。6/4に5000Mで自己ベストを更新し、もちろん組トップ。
福田雄大(2年)昨年3組10位。関カレでは5000M13位。今年の箱根も出走している。6/4は組で5位。
補欠
遠藤正人(2年)6/4に5000Mで自己ベストを更新し、組で8位。
山田学(1年)期待の新人の一人。関カレでは10000M23位。 6/4は組で13位。

だいたい順当に組んできたかな。1組の三野はたぶん当て馬。当日に山田に(山田が別のところと代わる場合は遠藤に)代わるでしょう。1組目でしっかりと走れるかどうかがカギ。4組福田は少し回りの選手と比べるとランクが落ちるので3組終了時点では通過圏内に入っておいて、出岐の貯金を福田にあてたいところ。

2011全日本大学駅伝関東予選(11)中央大学

1組
棟方雄己(4年)昨年の本戦4区出走。関カレでは5000M16位。今年の箱根で2区を走るなど中央大の柱となるべき存在。
代田修平(2年)今年は3障の調子が良く、関カレでは3障3位入賞。
2組
大須田優二(3年)5/28に自己ベストを更新。5000Mの自己ベストも今春更新するなど絶好調か。
服部峰祥(3年)関カレでは1500Mで出走。5/28には自己ベストに近いタイムを出している。
3組
塩谷潤一(3年)昨年本戦で7区出走。関カレではハーフ22位。今年の箱根でも出走している。
西嶋悠(2年)昨年本戦で5区出走。関カレでは10000M26位。今年の箱根でも出走している。
4組
新庄翔太(1年)期待の新人の一人。関カレでは1500M8位入賞、5000M14位。もちろん浩太の弟。
須河宏紀(2年)関カレでは10000M14位。4/30に自己ベストを更新している。
補欠
新庄浩太(3年)関カレではハーフ29位。今年の箱根駅伝では健闘した。トラックのタイムはあまり良くないが・・。
相場祐人(2年)関カレではハーフ17位。5000Mのタイムでエントリーしている。

1組棟方というのは明らかに変。個人的には当て馬だと予想します。2組には調子が良く、あまり実績のない選手を、3組には実績はあるもののあまり関カレでは結果を残すことができなかった(調子が良いわけではない?)選手を入れてきましたね。4組は若干不安なところ。新庄翔は大学に入ったばかりであり10000Mという距離に慣れているか疑問。須河は関カレ以外ではあまり大舞台での経験がないのが不安な点。補欠は2人とも十分代わる可能性ももている選手。個人的な予想は相場が棟方と、新庄浩は服部と代わると思います。層の厚さという利点を生かして、上手く序盤から上位につけられるかどうかがポイント。

2011全日本大学駅伝関東予選(10)山梨学院大学

1組
小久保雄太(3年)5/28に自己ベストを更新。5000Mでも自己ベストを更新しており、好調か。
小笠和也(2年)10000Mは2回しか走っていないが・・・。
2組
伏島祐介(3年)本戦6区出走。関カレでは3障4位。3障では好調。
山領駿(4年)関カレでは3障5位。3障では好調。
3組
松山雄太郎(2年)5/28に自己ベストを更新している。
井上大仁(1年)5/28に自己ベストを更新している。
4組
オンディバ=コスマス(4年)本戦では2区出走。関カレでは10000M9位、ハーフ6位。
松枝翔(4年)本戦では1区出走。関カレでは10000M8位、ハーフ2位。山学の日本人エース。絶好調。
補欠
松岡勇気(1年)
青木達哉(4年)5/28では自己ベストを更新し、29分台突入。

中堅が抜けてだいぶ苦しい感じ。2組と3組が逆なような気がしますが、あるブログの方曰く、1,2組を全員主力で固めるのは怖いから2組に3障で実績を残している2人を持ってきたのでは・・と。いずれにせよ、3組がかなり厳しい。29分台を叩き出している青木を松山か井上とエントリー変更させるのもありかと思いますが、焼け石に水の効果のような気もします。

2011全日本大学駅伝関東予選(9)国士舘大学

5/28の日体大記録会が一部の選手の選考を兼ねていたみたいです。
1組
中山祐介(2年)昨年2組19位。本戦は7区出走。関カレではハーフ14位。今春5000Mで自己ベストを更新している。
狩野優輝(4年)5/28に自己ベストを更新し、チーム2番手。
2組
菊地貴文(2年)今春、5000Mで自己ベストを更新。
小野浩典(3年)昨年2組6位。本戦3区出走。関カレでは5000M28位。
3組
福田譲(3年)昨年3組8位。本戦では5区出走。関カレハーフで31位。
西尾尚貴(4年)昨年1組15位。関カレでは10000M24位。
4組
藤本拓(4年)昨年4組8位本戦1区出走。関カレでは1500M3位、5000Mでは優勝。国士舘大のエースの一人。長い距離は得意ではない。
細見駿介(3年)5/28ではチーム4番手。
補欠
伊藤正樹(4年)昨年4組6位本戦では2区出走。国士舘大のエースのもう一人。昨年の関カレは入賞したが、今年の関カレは欠場した。
中山裕貴(4年)5/28に自己ベストを更新hし、チームトップ。 箱根予選会は出走している。

中山祐が1組は意外かな。場合によっては最終組まかしても良かったと思うくらいなんですが。4組の細見はたぶん当日に伊藤にエントリー変更になるでしょう。出場は厳しいかなと思ったんですが、中山裕か細見では最終組は厳しい。そして、中山裕は2組の菊地とエントリー変更になると思います。万が一、伊藤が出られないようならば、中山裕と細見でエントリー変更でしょうか。伊藤がきちんと走ることができれば、予選通過の可能性は十分あるかと思います。

2011全日本大学駅伝関東予選(8)拓殖大学

因みに、拓殖大学も関東インカレ2部です。
1組
北澤健太(3年)関カレでは3障で11位。今春5000Mで自己ベストを更新している。今年の箱根駅伝も出走。
奥谷裕一(2年)5/28に自己ベストを更新。
2組
堅谷真(3年)関カレではハーフ19位。今春5000Mで自己ベストを更新した。箱根駅伝の予選会は出走してそこそこの結果。
兼実省吾(3年)関カレではハーフ16位。今年の箱根駅伝も出走。
3組
那須大地(4年)昨年は3組14位。関カレでは10000M20位。今年の箱根駅伝も出走している。
櫻井一樹(1年)5/28に自己ベスト更新。5000Mも自己ベストを更新しており、絶好調か。
4組
ダンカン=モゼ(2年)昨年は4組1位。関カレでは10000Mで優勝。5000Mでも7位。
野本大喜(3年)昨年は2組5位。関カレではハーフ優勝。今春5000Mで自己ベストを更新した。今年の箱根も出走。
補欠
甲斐優人(4年)昨年は1組27位。関カレでは1500M出場。
早川和樹(1年)期待の新人の一人。5/28に自己ベストを更新している。

早川や甲斐は1、2組でエントリーがありえる選手。奥谷がエントリー変更で甲斐や早川に代わるかもしれない。不安な点は2つ。1つは4組の野本。10000Mの自己ベストは30分台。箱根駅伝や関カレハーフでは大活躍だったが、スピード的に大丈夫かどうか。2つ目は3組の櫻井。絶好調みたいだが、3組にエントリーされるほどの実力とは少し思えないが・・。大舞台の経験が少ないことも不安。

2011全日本大学駅伝関東予選(7)東京農業大学

ちなみに、東京農業大学は関東インカレ2部です。
1組
佐藤達也(2年)昨年1組10位。関カレでも1万9位。
津野浩大(2年)今年の箱根5区で出走する。しかし関カレハーフは31位と撃沈。
2組
内藤寛人(3年)昨年の出雲駅伝5区出走。最近久しぶりのレース復帰。
竹内竜真(1年)期待の新人の一人。関カレでは10000M15位と健闘。
3組
木村翔太(3年)昨年3組20位。関カレハーフでは17位。昨年の出雲駅伝や今年の箱根駅伝も出走している。
浅岡満憲(1年)期待の新人の一人。関カレ1500M4位、5000M3位と絶好調。初10000Mで29分台とポテンシャルも高い。
4組
松原健太(4年)昨年4組20位。東農大の準エース。しかし、関カレでは10000M19位、5000M28位と撃沈。
青木優(4年)関カレハーフで5位入賞。
補欠
木下潤哉(4年)昨年4組15位。東農大のエースで箱根では2区区間8位の力走。今春は試合に出場していないが・・。
山本和樹(2年)昨年OP4位。最近、久しぶりのレース復帰。

佐藤が1組というのはやや意外。もう少し後ろの組でやらせてもいいと思いますが。あとは特に違和感のないエントリー。木下はたぶん出てこないと思います。山本の方は場合によっては内藤か津野と変更があるかも。関カレハーフ5位以外に特に実績のない青木&不調っぽい松原の最終組がどこまで粘れるかがカギとなりそうか。

2011年J1第16節予想

浦和レッズ - 清水エスパルス

オランダサッカー同士の対決。上手くいっている差が出て清水が勝利と予想。高原が古巣相手に点を決めたら面白いですね。

ガンバ大阪 - 横浜Fマリノス

マリノスの堅守とカウンターやセットプレーからの得点というスタイルが上手く発揮できそう。ガンバみたいに勢いにのっていないボールキープチームは一番厳しく、餌食になりそう。

ヴァンフォーレ甲府 - セレッソ大阪

ここはずばり引き分けと予想。両チームともに引き分けが多いチームですし、甲府は下位相手にも引き分ける特徴があるので。

モンテディオ山形 - ヴィッセル神戸

この試合が一番迷った。0-0で引き分けかなぁ。

鹿島アントラーズ - ジュビロ磐田

昨年の優勝が決定した試合の印象が強く、ジュビロが勝利と予想。鹿島はチャンスを作るものの得点を決められないと予想します。

川崎フロンターレ - サンフレッチェ広島

普通に考えれば、引き分けなのですが、願望を込めて広島が勝利と予想。ザキさん出てきてー。

新潟アルビレックス - ベガルタ仙台

大穴をとって新潟の勝利と予想。HOMEの新潟は尋常になく強いイメージがあるので。引き分けもありえるかもしれませんが、仙台の勝ちはないと思います。

名古屋グランパスエイト - 大宮アルディージャ

名古屋の勝利と予想。大宮は強い相手に勝てるチームでは基本ないと感じます。場合によっては2試合連続大敗もあるかも。

アビスパ福岡 - 柏レイソル

王道で考えて柏の勝利と予想。レアンドロDあたりがなんとかしてくれると予想します。両チームとも今年昇格したのにこの順位の差。

2011全日本大学駅伝関東予選(6)中央学院大学

ちなみに、中央学院大学は関東インカレは2部です。
1組
山田侑紀(1年)5/28に自己ベスト更新。
太田成紀(4年)5/28に自己ベスト更新し、29分台突入。太田行紀と兄弟かと勘違いしたのは内緒。
2組
清家恒哉(1年)期待の新人の一人。関カレ1500出場。着々と自己ベストを更新している。
岡本雄大(2年)着々と自己ベストを更新し、5/28に29分台突入。
3組
室田祐司(3年)今春絶好調。着々と自己ベストを更新し、5/28に29分台突入。関カレハーフでも10位。
渡辺嵩仁(4年)2年前の本戦で3区区間賞も、今春それ以来のレース復帰。10000Mで自己ベスト更新。
4組
藤井啓介(3年)昨年OP1位。今年は5000Mで何回も自己ベストを大幅更新し、関カレ5000Mでも4位入賞。箱根でも4区出走。
芝山智紀(1年)期待の新人の一人。関カレ3障5位入賞。着々と自己ベストを更新し、5/28には29分台突入。
補欠
冨山莉己(4年)昨年2組24位。関カレハーフでは32位と撃沈。箱根では7区出走。
田中瑞穂(2年)4/30に自己ベストを更新するも関カレハーフ欠場。箱根では5区出走。

前半の組にはあまり経験がないものの調子の良い選手を、後半の組には調子も良く、ある程度大舞台になれている選手を入れましたね。補欠には実力があるものの不調な選手を入れましたか。補欠の2人が復調しない限り、たぶんエントリー変更はほぼなくこのまま出走しそうな感じです。

2011全日本大学駅伝関東予選(5)神奈川大学

因みに神奈川大学は関東インカレ2部です。
1組
森津祐一(4年)今春10000M自己ベスト。
福田健太(3年)昨年2組1位。今年の箱根駅伝10区で区間1ケタ。今春は試合未出場。
2組
高橋俊光(4年)昨年1組12位。関カレハーフ13位。今年の箱根駅伝でも出走。
吉川了(3年)昨年3組15位。関カレハーフ出場。今年の箱根駅伝も出走。
3組
小堀佑真(4年)関カレハーフ出場。今年の箱根駅伝では7区で見せ場を作る走り。
鈴木駿(3年)今春10000M自己ベスト。
4組
坪内武史(4年)昨年4組23位。今春も5000Mで自己ベスト。神奈川大の大黒柱。
小島直耶(4年)昨年2組11位。関カレ10000M出場。今季5000でも10000でも自己ベストを更新しており好調。
補欠
九門大輔(4年)昨年4組22位。今年も不調ではない。
高久芳裕(3年)前回の箱根予選会や箱根駅伝で出走。

1年生の赤松を外したのが意外。屋台骨を支えている上級生で戦うということか。昨年最終組で走った九門は今年は3組で走りそう。小堀の調子があがらない場合小堀と、あがったら鈴木と交代か。あと、福田は調子がどうか。もしかしたら変更があるかも。今年も予選通過は厳しいだろうが、少しでも上の順位にしたいところだ。

2011全日本大学駅伝関東予選(4)専修大学

ちなみに専修大学は関東インカレ2部です。
1組
澤野健史(2年)昨年1組28位。今年も不調ではない。
宮坂俊輔(2年)昨年2組39位。6/11の日体大記録会では星野などをおさえチームトップ。関カレも10000M17位。
2組
斎藤翔太(1年)6/11にも自己ベスト。
上野大空(2年)6/11にも自己ベスト。関カレ1500M出場。前回の箱根予選会や箱根駅伝でも出走した。
3組
小指徹也(3年)5/3に自己ベスト。しかし6/11にはベストよりも1分20秒くらい遅く撃沈。
住中翔(3年)昨年OP17位。今年も不調ではない。前回の箱根予選会や箱根駅伝(5区)でも出走した。
4組
星野光汰(3年)1年生ながら箱根を出走したが、故障で11か月間レースから離れる。しかし、今春5000Mで自己ベストを出すなど復活。
長島恒(2年)昨年3組16位。関カレハーフ5000M20位。
補欠
安島慎吾(4年)昨年4組35位。関カレハーフ28位。今年の専修大のエース。
松尾修治(2年)関カレハーフ27位。

大橋など一部は外れたが、だいたいの主力はエントリー。3組の小指は6/11に撃沈したので当日に安島に変更か。松尾修は変更して出場という可能性もある。だいたい主力がエントリーしてきたが、チーム力は高くないしトラック得意じゃないしね。まぁ少しでも上位を目指したいところ。

2011全日本大学駅伝関東予選(3)~日本体育大学~

続いて、日本体育大学を予想したいと思います。ちなみに、日本体育大学は5/28の日体大記録会6組がエントリー選考を兼ねていたっぽい様子なのでそれも上げます。

1組
鈴木友也(4年)春先からあまり好調には見えず、日体大記録会でも35位に沈んだが・・・。
鈴木悠介(2年)昨年OP15位。日体大記録会では20位で日体大出走者の中で3番目。
2組
矢野圭吾(2年)昨年本戦5区10位。箱根駅伝も7区で出走。
児玉瑞樹(1年)春先から5000Mも10000Mも自己ベストを何回も叩き出し絶好調。日体大記録会でも自己ベストで14位。
3組
早川智浩(3年)昨年1組5位本戦6区4位。関カレ10000M13位。昨年の箱根や出雲も出走した選手。日体大記録会でも格の違いを見せつけ8位。
福士優太郎(3年)昨年OP3位本戦3区4位。関カレは5000Mと10000Mで出走。昨年の出雲や今年の箱根も出走。記録会でもそこそこの結果を残している。
4組
服部翔大(2年)昨年4組11位。本戦8区7位。今年の日体大のエース。春先は絶不調だったが、関カレ5000では22位でまとめる。
本田匠(2年)昨年3組29位。4/28にユニバー選考会で10000M自己ベスト。関カレ10000Mでもチーム最上位。今年は絶好調か。因みに今年の箱根も出走。昨年のリベンジを果たせるか。
補欠
高柳祐也(3年)春先に5000M10000M自己ベストも関カレハーフでは27位に沈む。
谷永雄一(3年)昨年1組17位。今年の箱根シード獲得の立役者。日体大記録会では23位でチーム4番目。

高田が抜けたぐらいでほぼ主力がエントリーしてきた。春先に不調だった服部が最終組でエントリー。調子が戻ってきていなくても、昨年の予選ぐらいの結果ではまとめてくれるか。1組の鈴木友は少し不自然。たぶん、当日で谷永か高柳にエントリー変更があるでしょう。順当にいけば、上位の方で通過できそうだ。

2011年J1第15節予想

15節の予想をしたいと思います。

ベガルタ仙台 ー ガンバ大阪

ガンバ大阪がカギ。主力をどこまで出してくるかどうか。内田も良く頑張っているが怪我人が帰ってこなければ最近の失点の多さを克服することは難しいか。予想はドロー(2-2)。とりあえず、得点や失点の多い試合となるだろう。

鹿島アントラーズ - ヴァンフォーレ甲府

今の鹿島は実力がありながら低迷している。なので名古屋対甲府の試合をイメージを予想して甲府の勝利と予想。この試合も阿部とハーフナーが1点ずつ取るというのはどうでしょう?

大宮アルディージャ - 川崎フロンターレ

川崎フロンターレの勝利と予想。大宮にはまだ川崎に勝てるほどの実力はないでしょう。もちろん前節負傷交代した中村憲がスタメンで出ないようなら話は別ですが。

柏レイソル - ジュビロ磐田

ともにU-22に2人ずつ選ばれて主力が抜けた状態で戦う。最小失点の柏相手に山崎と山本が抜けた状態ではジュビロは得点するのは厳しいか。ただ、柏の方は大津と酒井の穴をどうするか。RSBに増嶋というのは推進力は明らかになくなるし。一応、1-0と予想ですが、スコアレスドローも十分あるかと。

清水エスパルス - モンテディオ山形

清水はU-22で抜ける守備的ボランチの村松の穴をどうするか。平岡の1ボランチという話ですが、平岡はボランチ2試合目上手くいくかどうか。山形にしてみたら、清水はそこまで攻撃パターンを揃えているチームではないので、守備的にカウンターを狙いにいってもいいかも。予想は1-0。ただし、山形はそろそろこれぐらいの実力のチームには引き分けぐらいはないと残留は厳しくなってくる。

名古屋グランパスエイト - 新潟アルビレックス

昨年の新潟の大勝は印象に残っているものの今回は名古屋のホーム。名古屋がボールを握るのは確かでしょう、新潟はもともとカウンターが得意なチームですし。名古屋も永井が抜けますが、それよりも新潟の鈴木と酒井の穴の方が大きい。予想は1-0か2-0.RSBに戻った藤田の不安な守備面を名古屋がついてきそうでしょうか。

セレッソ大阪 - 横浜Fマリノス

横浜Fマリノスが2-0で勝つと予想。マリノスは福岡よりもしたたかさを持ったチーム。序盤、セレッソがボールを握るものの、カウンターもしくはセレッソのミスから失点。(いつもの悪癖が出ると予想。)同点に追いつこうとするものの綺麗にカウンターをくらって0-2で敗北と予想します。

ヴィッセル神戸 - アビスパ福岡

神戸ファンの友達曰く、神戸は昨年ならば湘南や京都といったチームなど勝てるだろうというチームに負けるらしい。というわけで、1-1のドローで福岡が初の勝ち点奪取と予想。流石に、福岡が勝てるというまでの大胆予想はできないです。

サンフレッチェ広島 - 浦和レッズ

ペドロヴィッチ監督対決の広島対浦和。チームの勢いを判断して、2-1で広島勝利と予想。ただし、広島は甲府に引き分けるなど少々波がある。あと、浦和は名古屋戦のようにカウンターが上手くいけば、引き分けは十分ある。もしかしたら勝利も・・・。



2011年J1第14節感想

アルビレックス新潟 0-1 サンフェレッチェ広島

広島は森崎浩司はどうしたんでしょうか。盛田やトミッチのスタメン起用になかなか守備陣の厳しい台所事情が見えてきます。攻撃陣は余ってるんですけどね。広島今季初めての連勝って・・。てっきり3連勝ぐらいしているもんだと思っていましたが。そして!!ザキさん(山崎雅人)アシスト!!!興奮しました。もう1日たっても機嫌良好ですからね。2試合連続アシストとか!!佐藤寿人は今まで李のチャンスメーカー的な形で動いていましたが、これから得点どんどん取れるでしょうか。

横浜Fマリノス 0-2 柏レイソル

柏は近藤はどうしたんでしょうか。先制点が入った柏が勝ちましたね。まぁ、先制点を取った方が勝つというのは確率的に意外でもなんでもないのでこんなものかなと。柏のシュートに対するゴールの割合の良さはなんなんだw懸念材料は抜けるRSB酒井の穴を埋めていけるでしょうか。

ジュビロ磐田 0-1 名古屋グランパスエイト

名古屋勝利の可能性は薄いとかいっておいて・・・。名古屋は主力がだいぶ戻ってきましたね。ただ、金崎や永井を押しのけて小川がスタメンを張っているのはやや意外。得点シーンはジュビロついてないなぁ。

アビスパ福岡 0-3 セレッソ大阪

福岡はC大阪に先制点を取られると厳しい。個人的にはC大阪に1点目が入った時点でこの試合ほとんど終わったなと思いました。福岡は中町の代役に鈴木を起用しましたね。C大阪は3シャドーに戻しましたか。1点目はクリアしきれなかった福岡DFのミスから、2点目はクロスを止めきれなかった別の福岡DFのミスから失点したと思うので、ちょっと個々に集中力が足りないかな。

モンテディオ山形 0-2 鹿島アントラーズ

普通に鹿島が勝ちましたね。山形はセットプレーから2失点というのはもったいないというかなんというか。スタメン刷新は古橋をインサイドハーフにしましたね。宮沢や北村を外してまでベンチに若く勢いのある選手を置いたところになんとか勝利を勝ち取りたい姿勢が見えてきますね。

川崎フロンターレ 2-2 ヴァンフォーレ甲府

甲府というチームは本当によくわからんな。引き分けが多いというのは一つ言えますが・・。甲府のスタメンは荒谷がスタメンに代わりましたか。あと、ダニエルが1列上がってボランチになりましたね。先制点に関しては小林のオフサイドっぽい気もしたんですが・・。騒がれてないということはたぶん違うのでしょう。2点目に関しては山瀬の隠れ方が上手かったなと。甲府は2トップが素晴らしい。あの2人を日本代表でよんでみてはどうでしょう?ザックさん(笑)

ヴィッセル神戸 1-1 ベガルタ仙台

予想ペタピンでしたね。仙台は太田の代わりに松下を入れて4-5-1にしましたね。少し太田に休養をさせるということでしょうか。仙台の得点に関してはクロスをフリーであげさせられたというか石櫃が1対2になって対応できなかったですよね。有田のゴールは確かに入ってましたが、あまりにも微妙だったので誤審はしゃあないかな。茂木の得点シーンはGK林が飛んでなかったっていうのが・・なんか見栄えが悪かったですよね。

ガンバ大阪 2-2 清水エスパルス

G大阪は武井をボランチで起用したので、LSBはキムスンヨンになりましたね。相変わらず内田を起用しなければならないところに故障者の多さが見えますね。清水は今日もGKは碓井でした。平岡と岩下とボスナーと村松と本職CBが4人も起用されているのですが、岩下と村松の2ボランチにしたのでしょうか??試合はGKガタガタでしたね。先制点は碓井のミスでしたし、藤ヶ谷も1点目に一度シュート止めたのはえらいですが、2点目のゴールはないでしょう・・。

大宮アルディージャ 2-2 浦和レッズ

HOMEでの勝利がお互いに少ないという不思議な埼玉ダービー。引き分けの可能性は少ないとかいっておきながら思いっきり引き分けでしたね。途中までは予想通りの展開だたのですが。大宮は今日も坪内がLSB起用でしたか。浦和は4-4-2で山岸に代わって加藤。山田暢を一列下げてCB起用ととにかく雰囲気を変えたいという感じでしたね。GKは山岸のままで十分やろと思っていたらボロが出たのは山田暢のCB起用。2失点目のシーンとかは山田暢の悪癖であるところどころ集中力が切れる点が思いっきりでてましたね。深谷は昨年ぐらいゴールを決められるでしょうか。原口のシュートはなかなか執念こもってましたね。あのゴールはなかなか珍しいと思います。

2011全日本大学駅伝関東予選(1)

城西大学を書いた後で、予選の形式を書くのを忘れていたなぁと思いまして。予選の形式を書きたいと思います。

http://www.kgrr.org/event/2011/kgrr/43-zs/entrylist.pdf

ちなみに、これがエントリー表です。

○10000Mを8人が走り、その合計タイムを競います。(なので当然1人が棄権したらその時点で無理)
○今回は上位6校が本戦で走れます
○昨年の本戦6位以内のチームは予選免除。(ちなみに、関東地区では箱根駅伝で3位以内に入ったチームも免除)
○当日は補欠の選手とエントリーしている選手の交換のみ認められます。(エントリーしている選手同士の交換は不可)
○補欠の選手、当日に外れた選手はOP(オープン)という形で走ることはできます。

こんな感じですかね。

2011全日本大学駅伝関東予選(2)~城西大学~

全日本大学駅伝関東予選のエントリーがされました

http://www.kgrr.org/event/2011/kgrr/43-zs/entrylist.pdf

ここからどうぞpdfですが。これから当日変更などを含めた予想をしたいと思います。

1組
石橋佑一(3年):昨年OP16位。4月末前後に5000M、10000Mの自己ベスト大幅更新。関カレハーフ出場も32位。
寺田博英(1年);5月1日に5000M自己ベスト
2組
山本隆司(4年);5月28日に10000M自己ベスト。今年の箱根駅伝6区区間15位。
山口浩勢(2年);昨年2組12位、本戦は1区16位。関カレ3000MSC2連覇。昨年の出雲1区、今年の箱根4区出場。
3組
田村優典(4年);昨年3組11位、本戦は2区11位。今年は不調をささやかれていたが、関カレハーフで8位入賞。箱根では2年連続5区で好走。
吉元真司(3年);昨年の本戦6区5位。関カレ10000M19位。今年の箱根は7区区間8位。
4組
橋本隆光(4年);昨年3組9位、本戦は3区7位。関カレは5000M,10000M出場。10000Mの城西大記録保持者。今年の城西大の柱。
村山紘太(1年);関カレは5000M出場。大学入学後に5000M13分台記録。期待の新人。
補欠
玉澤悠輝(4年);昨年1組6位。今年はいまいち記録を残せていないが・・。
平田啓介(2年)昨年1組13位。本戦5区8位。関カレは1500M出場。箱根は8区13位。

4組に村山は意外でした。早めの組に入れてタイムを稼いでもらい、4組には田村をまわすと思いましたが。1組の寺田はたぶん当日に平田に変更になると思います。玉澤は急な体調不良やケガの選手がいれば出てくるでしょう。展開としては3組までにも実力を備えた選手が揃っているので、しっかりと予選通過確実圏内に入っておいて(最低でも通過圏内)、村山に少しでも精神的な負担を減らしたい。

2011年J1第14節予想

つけたすといっていましたが、思ったより感想記事が長くなったので別にたてました。

新潟アルビレックス - サンフレッチェ広島

これは非常にわかりやすい対決。広島がボールを保持しながら相手のスキをうかがい、新潟はカウンターを軸に戦うでしょう。実力的にはあまり差はなく、新潟は元来引き分けが多いチームなので引き分け(1-1とか)でどうでしょう。

横浜Fマリノス - 柏レイソル

先制点が非常に重要になるでしょうが。個人的には柏の勝利かな(2-1とか)。横浜は似たようなタイプの広島に負けていますし、柏の勢いはすごいですし。

ジュビロ磐田 - 名古屋グランパスエイト

勢いは磐田>名古屋。実力はその逆。勢いを買って、磐田の勝利と予想します。名古屋の勝ちは個人的には可能性は少し低いかと。引き分けは十分ありえますが。

アビスパ福岡 - セレッソ大阪

個人的には一番楽しみなカード。勝ち点を一つもあげていない福岡と勝利の未だないセレッソ。この試合でどちらかが止まります。個人的には、セレッソがいつもの悪癖で前半に失点するも、後半福岡のスタミナ切れのあいまに2点を取って逆転。2-1と予想します。

モンテディオ山形 - 鹿島アントラーズ

鹿島勝利の予想が高いですが、個人的には引き分け予想かな。鹿島は相手の守備ブロックをこじ開けるのがなかなか上手くいってないですし、山形は守備に定評のあるチームですからね。0-0か1-1でドローかな。注目は山形がどれだけスタメンを刷新してくるかどうか。

川崎フロンターレ - ヴァンフォーレ甲府

甲府というチームがよくわからないんですよね。名古屋に勝ったかと思えば、横浜に大敗とかするし。引き分けが多いチームなので引き分けというのが妥当な気もしますが、川崎の勝利と予想します。理由はなんとなくフィーリングで(笑)

ヴィッセル神戸 - ベガルタ仙台

仙台は後半ロスタイムで得点が動くことが多いので、今回も得点が動くと予想。で、肝心の試合結果は2-2でドローと予想します。ヴィッセルが後半ロスタイムに同点ゴールという予想でどうでしょうか。

大宮アルディージャ - 浦和レッズ

さいたまダービーですね。個人的に開幕前の試合では大宮が浦和に勝利したことや、大宮はあんまり浦和を苦手としていない印象があるので大宮が勝利と予想。ただし、浦和と似たようなコンセプトの清水に大敗しているので十分大敗もあるか。とりあえず、ドローや大宮の惜敗はあまりないような気がします。

ガンバ大阪 - 清水エスパルス

ガンバが着実に勝ち点3を積み上げると予想、かなり僅差の試合になるとは思いますが。昨年の最終節の印象もあるのでいまいち清水の勝利は思い浮かびにくいかな。

2011年J1第13節感想

お久しぶりです。前節はサボってしまいました。
今節から感想を少し減らす代わりに、次節の予想をします。

ベガルタ仙台 1-1 横浜Fマリノス

ベガルタは高橋から富田にスタメン変更。渡辺広大がついにベンチ入り。マリノスは前節と同じく中盤ダイヤモンド型でしたね。ベガルタの得点シーンは両SBの攻撃性が生きたかな。

浦和レッズ 1-1 アルビレックス新潟

浦和は4-4-2に変更。選手の意見を買ったみたい。新潟は藤田を一列あげて、石川がスタメン復帰。元新潟の選手がアシストと得点ってどうよ。得点シーンはなんというか両チームともGKがもう少し頑張れたのではと思わなくもないですが。ちなみに、浦和サポは選手があいさつにきたとき、恐ろしいくらい静かだったとか。

柏レイソル 3-0 ヴィッセル神戸
神戸は前節に途中出場から得点を挙げたヒデがスタメン。あと2点目の責任を問われた(?)ガクトと入れ替わりで、ついに石櫃が試合に出場しましたね。得点シーンに関しては1点目の田中の抜けだし方(?)には感動。2点目はガクトの責任もあったかな。

清水エスパルス 0-0 ジュビロ磐田

清水はGKに碓井が出場していましたが、思いっきりミスキックしてましたね。あと村松のアンカー起用にメドが立ったのは良かった。CBがやたら多いのに守備的ボランチがほとんどいないですからね。あと、大悟が出場できたのもよかったです。

ヴァンフォーレ甲府 1-1モンテディオ山形
甲府は保坂から犬塚にスタメン変更。山本は前節で復帰してたような気もする。石井の相方は園田ですね。古橋の
スタメン復帰は嬉しいところ。両WGと古橋の変更になんとかしたいチームの考えが出てきていますね。得点シーンに関しては甲府の点はよく植草が一回反応したんですが。伊東の得点はきれいでした。

セレッソ大阪 0-1 大宮アルディージャ
セレッソはついに3シャドーをやめて小松との2トップにしましたね。雑誌を見ているとそっちのほうが機能していた感じか。大宮はイジョンスにかえて石原がスタメンでした。ラファエルの得点は狭いところ抜いてましたね。セレッソ大阪の方が優勢だったという声を聞くのですが、ダイジェストみただけでは五分五分の印象が。まぁ、昨年の開幕戦は大宮が3-0で勝ってますし相性というのもあるのか。

川崎フロンターレ 2-1 ガンバ大阪

川崎は相澤がケガでしょうか、GKは安藤が守っていましたね。(なんか一昨年の広島みたいになりそうな気もします。)ガンバは内田のスタメンは驚き。キムジンヒョンの守備も不安定だったし、武井のコンバートは妥当なところ。中村憲剛すごかったですねぇ。やはり川崎にとって絶対無二のかえの利かない選手か。

名古屋グランパスエイト 5-2 アビスパ福岡

福岡は3点目を取られて一気に崩れた感じ。GKが不安定なんですよね。もともとの評判は神山も六反も悪くなかったのでJ1のスピードになれていないのか。とりあえず、GKの安定感は不可欠。名古屋は大勝に見えますが、3点目がどちらに転ぶかで結果はわからなかった故にまだまだ安心できないでしょう。

サンフレッチェ広島 2-1 鹿島アントラーズ

森崎浩司の得点がビューティフルでしたね。2点目の評価の方が高いようですが、個人的には1点目の方がすばらしいと思います。鹿島の得点は広島のDFのマークミスかな。森脇また退場ってどうよ。少しレッドは厳しすぎるような気もしますが。

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。