スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東インカレ結果(5)5000M

http://www.kgrr.org/event/2011/kgrr/90_kanto-ic/kyogi/KYOUGI.HTM
結果はこちらからどうぞ

勢いで5000Mもいっちゃいます。予想は一つもあたりませんでした・・・。藤本はやはりペース配分を考えなくていいレースは強いのかな。ラスト勝負になるとやはりスパート力はありますしね。村沢は前半から自分で引っ張っていったことが響いたでしょうか。大迫は強いですね。自分の中の印象をより強いものにおきかえた方がいいのかな。4位鎧坂はまさしくエースというか大黒柱というかそういう走り。というか体調が万全でない中で狙ってこのぐらいの順位とれるってすごいなぁと。矢澤は昨年の関東インカレよりも全日本インカレよりも良くない成績だったので少し不満が残るかな。エースは大迫ってことになりかねないですね。6位の設楽啓太はダブル入賞は凄いですね。ベンジャミンってあんまり短い距離得意じゃないのかな?昨年は入賞もできなかったことを考えればだいぶ進歩したと言えますが。8位早川はもう少し上の順位にいくと予想したんですが・・。まぁ、それでも入賞してくるあたりは流石といったところか。惜しくも入賞を逃しましたが、佐藤佑輔の復調は嬉しいところ。日大はこの選手が戻ってくるとだいぶ強くなります。個人的には9~12位の選手が好きなのでぜひとも入賞してほしかったなぁ。山学大は松枝とコスマスが出ないのは予想できましたが、鳥羽まで出ないとは・・。三人とも出ないってどうなんでしょう?明大は菊地以外の二人は出てきましたね。残留争いがからんでいたし、一応一週間食中毒からたったので出れる選手はやはり出てくるか。
スポンサーサイト

関東インカレ結果(4)3000MSC

http://www.kgrr.org/event/2011/kgrr/90_kanto-ic/kyogi/KYOUGI.HTM

結果はここからどうぞ

1位しか予想はあたりませんでした。知らない選手が何人も入って、予想した選手が9~11位になりました。1位山口は2連覇達成、強いですね。個人的には結局試合に出てこなかった小池(東洋大)とか今回3000M障害にはエントリーされなかった棟方(中大)との戦いを見てみたかったです。結局、ほとんど対抗馬もいませんでしたね。2位と3位の二人は完全に予想外。でも、これはどうやらほとんどの人にとって予想外だったみたいです。4位の伏島は昨年から着々と力をつけてきた感じ。昨年は大失敗に終わった箱根駅伝でこの力を生かせるでしょうか。5位の山領も予想外。こういう選手が入ってきたので入賞予想していた選手がはじきだされてしまいました。6位の末山はもう少し上の順位を狙えると思っていました。4位ぐらいには入ると思っていたんですが。7位、8位には自分が予想で迷った選手が入りました。岡島はリベンジ達成できて良かったですね。ひねらなくて良かったな、予想。8位の吉田は箱根の勢いがそのまま上手く続いているかんじでしょうか?個人的に前述のように小池が出場しなかったのが残念でした。あと、惜しくも9位だった池上(国士舘)にはかなり期待していたのですが、まぁまだ2年ですし来年以降力を発揮してほしいところ。

関東インカレ結果(3)ハーフマラソン

こちらの都合で3000MSCではなく、先にハーフマラソンの講評をやらせていただきたいと思います。

結果はこちら
http://www.kgrr.org/event/2011/kgrr/90_kanto-ic/kyogi/KYOUGI.HTM

予想は一つも当たりませんでした。まさか、平賀とコスマスがこんなに崩れるとはね・・。だいぶ暑かったみたいなのでそれが響いたのでしょうか。優勝は田村優宝。最初控え目で入ったみたいなのでそれがよかったのでしょうか。2位の松枝は上位が崩れたのでこれぐらいは十分ありだったかと。3位の元村は地力はありそうでしたし、調子も良さそうでしたが、ハーフのタイムがあまり良くないので経験的に厳しいかなと思ったんですが。4位の市川(早大)はとにかく意外。誰も予想した人いなかったんじゃないですかね。平賀と前田を抑えてチームトップってどうよ。5位の刀祢は上級生らしい落ち着いた走りをしたみたいです。やはり予想にって思わなくもないですが、地元ひいきで行きたかったですしね。大江も12位という悪くない成績なので悔いはないです。6~7位は優勝大本命の二人。少し序盤から張り合いすぎたでしょうか。8位は田村優典。兄弟入賞でしたね。持ちタイムはよかったものの最近調子が良くないみたいな感じだったので、厳しいかなと思ってたんですが、やってくれましたね。
全体的にこのハーフマラソンでは下級生の入賞や初めての入賞が多く、フレッシュな顔ぶれになりましたね(敬称略)

関東インカレ予想(5)5000M

最後に、5000Mを予想したいと思います(1部)

1位村沢明伸(東海大)、2位矢澤曜(早大)、3位藤本拓(国士大)、4位早川翼(東海大)
5位八木勇樹(早大)、6位ベンジャミン(日大)、7位本田匠(日体大)、8位設楽啓太(東洋大)

1位はやはり5000M一本にしぼっている村沢かな。2位は昨年の関東インカレでも結果を残し、全日本インカレに関しては2位となった矢澤を押しました。3位は藤本拓。彼も凄く早いですが、ディフェンディングチャンピオンなのでいろいろとマークされそう。あと、スローペースで始まった場合若干不安。調子の良い4位早川、5位八木はどちらを上にするか悩んだ末、先入観で早川を上にしました。あんまり、八木って強いイメージないんですよね。6位はベンジャミン。昨年も5000Mあんまりでしたし。7位と8位は普通と入れ替えてみました。個人的には佐藤(日大)を入れたかったんですが。明大と山学大のメイン2人は出ないと思い入れませんでした。

関東インカレ予想(4)ハーフマラソン

今日行われるハーフマラソンの予想を1部だけしたいと思います。

1位コスマス(山学大)、2位平賀翔太(早大)、3位前田悠貴(早大)、4位塩谷潤一(中央大)
5位松枝翔(山学大)、6位田村優典(日大)、7位的場亮太(順大)、8位大江啓貴(明大)

昨年も4年生の入賞者が多かったということで、長い距離はやはり上級生が得意かと思い、上級生を多くいれてみました。1~2位は当たり前。3位も自己ベストが良く最近調子もいいので王道な予想でしょう。4位は昨年のハーフで5位に入った塩谷。でも、あんまり華のあるイメージじゃないので表彰台に立つイメージはわかりませんでした。5位は松枝。箱根駅伝では実績を残しているし、10000Mでも入賞するという調子の良さを見せている。6位田村は10000Mでは松枝よりも順位が良かったのですが、かなり長い距離なのでね。7位的場は昨年入賞に近かった選手。10000Mでも入賞近くまで行っており、好調か。8位は普通に考えれば、刀祢を入れたかったのですが、地元を思いっきり贔屓目で見てみました。

2011年J1第11節

ベガルタ仙台 3-3 ジュビロ磐田

仙台は前々節までと同じスタメン。赤嶺は復帰できて良かった。磐田は前節と同じの定番のスタメンでしたね。

モンテディオ山形 0-1 大宮アルディージャ

山形は前節さんざんの出来だった前田に代わり西河がCBでスタメン。廣瀬がRWGになっている点になんとか雰囲気を変えたいという気持ちが感じられました。大宮は前々節と同じスタメンでしたね。

新潟アルビレックス 0-3 柏レイソル

新潟は前節負傷交代したチョ・ヨンチョルに代わり木暮がスタメン。あと、ブルーノロペスに代わって酒井宜福がスタメンってどういうことよ。大島はやっとベンチに入りましたが、レギュラー争いにだいぶ出遅れている感じか。(一瞬、今シーズンで引退が頭をよぎってしまった)柏は前節と同じスタメン。増嶋はここ最近CBでスタメンだったんですね。

清水エスパルス 1-5 ヴィッセル神戸

清水は基本的に前節に近い先発でしたが、CBに岡根の起用はビックリ。CBには岩下、ボスナー、村松、平岡などあまるほど人材があるのに、これ以上競争が活発になるのか・・。神戸に関しては前節得点を決めた朴がアシストのホジェリーニョに代わりスタメン。森岡が吉田に代わったこともあって、だいぶ年齢層たかくなりましたね。

サンフレッチェ広島 3-2 横浜Fマリノス

広島は前節、負傷交代した3人のうち中島は間に合って、後の2人はまにあいませんでした。その結果、青山の位置に中島が入り、中島の位置に横竹が入る。水本の位置に森脇が入り、森脇の位置に前回PK獲得したミキッチが入るということになりました。それでも、服部がベンチにも入らないってどういうことよ。マリノスは定番のスタメンでしたね。

ヴァンフォーレ甲府 3-1 名古屋グランパスエイト

甲府は市川がついに故障から復帰!!RSBでスタメンでした。その結果、今までRSBをつとめていた吉田がLSBにかわりましたね。あと、保坂のスタメンに関しては個人的にかなりビックリ。昨年はだいぶ活躍していましたが。名古屋は今度は久場がスタメン。けが人の多さに苦労しているのがうかがえます。

浦和レッズ 1-1 セレッソ大阪

浦和は山田暢から鈴木にスタメンを戻しました。あと、原一樹から今度はエスクデオセルヒオにスタメン変更。セレッソはキムポギュンをスタメンということで、どちらもなんとかしたいという気持ちが伝わってきます。

アビスパ福岡 2-3 ガンバ大阪
アビスパは前節と同じスタメン。ただし、ベンチに田中誠が戻りました。ガンバはすごいスタメンだなと。藤春(!?)、武井、平井、宇佐美と若手を相当スタメンに起用。いつもスタメンで張っている選手はベンチに入りました。

川崎フロンターレ 3-2 鹿島アントラーズ

川崎は前節と同じスタメン。でも、久しぶりに途中出場で伊藤宏樹が出ましたね。鹿島はどうなんでしょう。中田浩二やアレックスに休養を取らせた感じか?ACLに出ているとどうしてもいまいちよくわからなくなるんですよね。

2011年J1第10節感想

遅ればせながら、第10節の感想を言いたいと思います。

サンフレッチェ広島 1-1 ヴァンフォーレ甲府

広島は前節に点を決めたムジリが高萩に変わりスタメンに。一方で、同じ外国人のミキッチの代わりに山岸がスタメンになりました。甲府は大幅に変わりました。故障から復帰した山本が富田の代わりにスタメン。LSBも内山から小林に変わりました。あと、前節途中出場から流れを変えた阿部がFWでスタメン。負傷した養父だけでなく、今までFWで良い雰囲気を残しながらも得点が取れていなかった松橋も抜け、代わりに内田が起用されました。
得点シーンに関しては1点目は西川が飛び出すタイミングが悪かったと思います。だから、西川あまり好きになれないんだよなぁ。同点に追いついたシーンは内山がついつい倒してしまいましたね。スタメンから外されたということで気持ちが空回りしたのでしょうか。
広島からしたら故障者3人が出た中で引き分けというのは最悪ではない結果。甲府もアウェイの強豪チーム相手なので悪くはないはず。

横浜Fマリノス 3-2 アビスパ福岡

マリノスは前節得点を挙げた大黒が小野に変わりスタメン。福岡は中町(故障でしょうか?)に変わって鈴木がスタメン。成岡も復帰してベンチに入っていたんですね。
福岡の1点目に関してはワンツーパスが絶妙でしたね。福岡の2点目とマリノスの1点目に関しては普通に良かったと思います。マリノスの2点目は小野があそこから中に入ってきますかー。まだまだ若いなぁと。シュートも抜群でしたね。決勝点に関してはよくキーパー一回とめたんですけどね。
マリノスは前半に2点取られたのがやはり課題。堅守を軸とするチームだけにね。アビスパは2点とったのは良い点ですがなかなか勝ち点が取れないですね。

ヴィッセル神戸 1-0 川崎フロンターレ

神戸は前節イ・ジェミンが退場になったこともあってか、岳登がスタメン。FWがポポに変わって都倉が入りました。ボランチは前節と同じく守備的な二人でしたね。川崎は田坂に代わり登里がスタメン。まぁ、前節も前半で途中交代していましたしね。ヴィッセルの得点に関しては明らかにゴールキックにしようとした川崎DFの責任でしたね。

大宮アルディージャ 0-0 新潟アルビレックス

大宮のスタメンが藤本から渡邉大剛に代わっていましたね。期待された選手だけにようやくスタメンと思う反面、昨年石原にもレギュラーを譲らなかった藤本がなぁと思わずにはいられないです。新潟は前節のままでしたね。
新潟はこういう相手に引き分けで終わるようなら今年も引き分けが増えるのでは。

ジュビロ磐田 4-0 モンテディオ山形
ジュビロはパクチュホがケガから復帰しましたが、その他は両チームともメンバーがかわりませんでしたね。山形のCBも前田と石井のままでした。前節からの勢いを続けたかったのでしょうね。
1点目に関しては前田のドリブルが凄かった。小林が一度はかき出したんですが・・。PKに関しては前田は広島戦も失敗してたしあまり得意ではないのかなと。3点目も前田が凄かった。前田が活躍したらこのチームは勢いにのるハズ。4点目は植草が良く一回とめたんですが。

名古屋グランパスエイト 1-1 清水エスパルス

ケネディと吉村がケガしたということで玉田と永井の2トップにして若い吉田がスタメンに入りましたね。清水は2ボランチにした影響で平岡がスタメンを外れました。もしくは、平岡に何かあったから2ボランチに変わったのか。高木のスタメンにはそこまで驚きませんでしたが、アレックスまでスタメン復帰するとは・・。
名古屋の点に関してはクリアボールを取られた岩下にも少し問題はあったでしょうが。それよりも、永井が凄かった。クロスを入れるタイミング、精度などは完ぺきだったかと。清水の得点にかんしては楢崎のミス。記念すべき試合だったんですけどね。
名古屋からしてみれば、昨年までの清水だったら故障者が多かったこともあり、上出来だったのでしょうが、改革期の清水と引き分けは少し物足りないかな。清水から見れば上出来だったかと。

柏レイソル 3-1 浦和レッズ

柏はジョルジ・ワグネルが復帰。あと、ここまで結果を残していなかった茨田にかえてゴールを量産している北嶋をスタメンにしました。浦和は田中達也にかえて原いろいろと試行錯誤しているみたいです。
1点目に関しては北嶋のシュートも凄かったですが、右サイドの酒井とレアンドロDで崩す場面によりチームの強さが隠れていたかと。2点目に関しては今節で一番衝撃を受けたシュート。ワグネルのあのシュートには脱帽です。3点目に関しては永田のヘディングミスも響いているのかな?浦和の点に関してはあの位置でこぼれ球をフリーで原口に拾わせた時点でゴールは見えていたかな。

セレッソ大阪 1-1 ベガルタ仙台

セレッソは上本が復帰。仙台は朴が前節退場になったので代わりにポリバレントな田村が入りました。そして、細川がベンチに。本当に渡辺広大はどうしたんさろう。あと、赤嶺はケガの影響かベンチからも外れ、中島がスタメンになりました。もともと今季の最初は仙台のFWはエグかったのに、今は中島だけかぁ。ベガルタの得点に関しては結果論から言えば、キーパーに処理を任せた上本のミスかな。セレッソの得点シーンにかんしては永井に渡るボールは止めておきたかったところ。
心底初勝利がほしかったセレッソにも被災地としての勢いと使命にもえている仙台のどちらにとってもこの引き分けは痛み分けでしたね。

関東インカレ結果(2)10000M

http://www.kgrr.org/event/2011/kgrr/90_kanto-ic/kyogi/KYOUGI.HTM
これもここからどうぞ。

予想は2位しかあたりませんでした。早川はまさか優勝するとは思いませんでした。伊藤も鎧坂も出場しなかったので、表彰台に上がる可能性は十分あるとは思っていましたが。さっそく、両角監督効果か?ベンジャミンと柏原にとっては悔しいはず。設楽啓太はケガ明けからいっきに自己ベスト(5000Mでだったかな?)でそのまま入賞。設楽悠太は好調さをそのまま生かせましたね。山梨学院大はてっきりハーフに集中するかと思ったんですが、10000Mも出てきましたね。松枝の入賞は大きい。このまま上手くいけば、箱根駅伝のころには他校のエースと対等に戦っているかも?

東洋大としては1500Mの遅れをここで取り返した感じか。

関東インカレ結果(1)1500M

すみません、時間がないので1部しかまとめられません。

http://www.kgrr.org/event/2011/kgrr/90_kanto-ic/kyogi/KYOUGI.HTM
結果はここからどうぞ。

決勝進出者に関しては12人中9人が予想的中でした。(in→橋形、新庄、皆山。out→小島、平田、八木沢)1組の3人目に関しては1年生が器を見せる走りをするかと思ったんですが、4年生が意地を見せつけましたね。新庄と平田(特に平田)に関しては一般論から少し予想を外してみたのですが、まさかここまで大きく外れるとは。皆山は完全にノーマークでした。明治大学、集団食中毒とか聞いてないっす。

決勝に関しては2位、5位が当たりました。藤本は結構惜しいところまでいったんですが、八木があそこまでラストスパートに強いとは思いませんでした。宇野は完全に利用された形、レース勘が少し戻りきっていなかったのかな。川上は少しスパートかけるのが早すぎたか。山崎は食中毒さえなければ入賞ぐらいしたと思うんですが。

東洋大としてはここで稼いでおきたかったと思うんですが、まさかの早大トリプル入賞に対して東洋大は6位に川上のみというのは厳しいです。

関東インカレ予想(3)10000M

10000Mはとりあえず、1~8位まで予想しました。

1部
1位柏原竜二(東洋大4)・2位ベンジャミン(日大3)・3位鎧坂哲哉(明大4)・4位早川翼(東海大3)
5位伊藤正樹(国士舘4)・6位山本修平(早大1)・7位矢澤耀(早大4)・8位早川智浩(日体大3)

1位は昨年故障明けながら3位に入った柏原としました。今年はこの種目しか出場しないのも追い風。2位のベンジャミンは昨年は今年ほどマークされていなかったかなと。3位は明大の鎧坂。本当は4位と5位の順位が逆かなぁとも思ったんですが、それだと昨年の順位を一つづつ上げただけになるのでこうしました。山本は新入生なので入れました。有村や市田孝も考えたんですが、2人とも特に差はないかなぁと思ったので、試合勘は気になりますが、タイムはべらぼういい山本にしました。矢澤は今年は入賞するものの今年も1年生に負けると予想。8位は大穴狙いで日体大で実績を残しているもう一人の早川にしました。普通なら設楽啓太にするんでしょうが。

関東インカレ予想(2)3000MSC

続いては3000MSCの予想をしたいと思います。予選は今日、決勝は来週ですが、あまり障害には詳しくないので入賞圏である1~8位だけ予想したいと思います。

1部
1位山口浩勢(城西大2)・2位小池寛明(東洋大2)・3位末山貴文(法大4)・4位工藤皓平(早大2)
5位池上聖史(国士舘2)・6位市田宏(大東大1)・7位伏島祐介(山学大3)・8位出口遼(中央大1)

1位は昨年の関東インカレを制し、全日本インカレでも2位に入った山口。2位は個人的には池上と入れ替えたかったんですが、最後に王道に戻してしまいました。3位末山は昨年の両方のインカレで高いレベルで安定しているのでこれぐらいかなと。4位は昨年から躍進して工藤が入ると予想。6位、8位の新入生二人はそこまで実力があるのかなという気がしますが、新入生を順位にいれていかないと幅が出ないので。7位伏島は昨年より周りからの目のつけられ方が厳しく昨年より順位が落ちると予想。吉田貴大(日大)も入れたかったんですが。昨年決勝に行ける予定でありながら失格となった岡島は気合いが空回りして予選敗退と予想。

関東インカレ予想(1)1500M

今日から関東インカレです。とりあえず、今日行われる1500Mだけ予想したいと思います。
(なお、2部はむっちゃ手抜きです。)

1500Mは上位3人+タイムで3人拾われます。

1組目
本命・岡崎達郎(早大4)・山崎亮平(明大4)
対抗・小島秀斗(日大1)・今井憲久(東洋大1)
無印・長谷川剛士(城西大3)・橋形卓磨(中央大4)
岡崎は中距離専門。昨年の関東インカレ2位。今年の出場者では自己記録トップです。山崎は1500がメインで走り昨年は関東インカレで入賞、全日本インカレでも決勝に進出しています。
小島は持ちタイムが良く、最近好調。今井にも言えることですが、大学初めてのレースで実力が出し切れるかどうか。今井もタイムがいいです。
長谷川は最近の大会で宇野(後述)を破ったみたい。橋形は入賞は厳しいけど、この組が超ハイペースになったら可能性はあるかも。

2組目
本命・川上遼平(東洋大4)・八木勇樹(早大4)
対抗・中元健二(国士舘4)・八木沢元樹(明大1)
無印・服部峰祥(中央大3)・佐藤優太(順大3)
このグループが一番厳しいかな。
川上は昨年の関東インカレ3位。昨年の関東インカレでは全体的に上手くいきすぎた感もあったが、予選はまず通ってくるハズ。八木は昨年の全日本インカレ2位。関東インカレでもしっかり決勝には残ってきました。
中元は昨年関東インカレでも全日本インカレでも決勝に残った選手。全日本インカレでは8位入賞したし個人的には突破が濃厚だと思う。八木沢は新入生の一番目玉。駆け引きではどうかわからないが、スピードには抜群のものがある。
服部は昨年の関東インカレで決勝に進む。佐藤優太はエントリー選手の中で自己ベスト2番目だが、だいぶ前の記録。最近、そこそこのタイムでは走れているので個人的には躍進してほしい。

3組目
本命・宇野博之(東洋大4)・藤本拓(国士舘4)
対抗・平田啓介(城西大2)・大迫傑(早大2)
無印・田中秀幸(順大3)・新庄翔太(中央大1)
宇野は昨年は故障で出られなかったものの、1年生と2年生の時関東インカレで入賞した選手。藤本は昨年の関東インカレ5000Mで並みいる強豪を抑えて優勝した選手。個人的には長い距離のペース配分(突っ込み気味)が微妙なもののスピードには絶対的なものがあると思うので、1500Mは適任だと考えている。
平田は昨年の全日本インカレで入賞した選手。ただし、昨年の関東インカレでは決勝に残れず、全日本インカレの予選でもタイムで拾われているのでスローペースになった時にどうかな。大迫は言わずとしれた素晴らしい選手だが、1500という短い距離でどこまで実力が発揮できるのか。(まぁ、予選は突破できると思うが)
田中は昨年の関東インカレ5000Mで入賞した選手。藤本と同じようなタイプだと個人的に思っているので、1500は向いてるかと。新庄はもちろん早さもありますが、それ以上に地元出身というひいき目です。

決勝(勝手に残った選手と順位予想しました)
1位藤本拓(国士舘4)・2位岡崎達郎(早大4)・3位宇野博之(東洋大4)・4位川上遼平(東洋大4)
5位大迫傑(早大2)・6位山崎亮平(明大4)・7位八木勇樹(早大4)・8位八木沢元樹(明大1)
9位中元健二(国士舘4)・10位平田啓介(城西大2)・11位田中秀幸(順大3)・12位小島秀斗(日大1)
タイムで拾われたのは2組で1人、3組で2人と仮定。
1位は普通の人だと岡崎でしょうが、あえて藤本で。短い距離だと早いとおもうんですよね。3位、4位には東洋大
の2人を入れました。5位の大迫は7位と最後に入れ替えました。山崎はなんだかんだいって入賞するかと。
全体的に4年生多いな。まぁ、実績から考えたらどうしてもそうなるか。

2部
1位油布郁人(駒澤大2)・2位松島大翔(上武大3)・3位ジョンマイナ(拓殖大2)・4位宮川尚人(亜大4)
5位浅岡満憲(東農大1)・6位鈴木優人(青学大2)・7位大谷卓也(駒澤大1)・8位橋爪秀卓(帝京大3)
特に2位松島が大穴狙いです。鈴木優人は今年はマークされて順位が下がると予想。浅岡と大谷の順位の差はチームからの期待度の差かなと。

2011年J1第9節

ということで第9節の感想を書きたいと思います。今回はすべての試合のスタメンの感想を先にするので、途中で見た人はスタメン感想だけ載っているかも。

ベガルタ仙台 1-0 アビスパ福岡

ベガルタは前節とメンバーが変わっていない印象。もしかしたら、微妙には違うかもしれませんが。相変わらず、DF登録がベンチにはいません。渡辺広大ぐらいいてもいいとは思うのですが。アビスパも前節と変わらない布陣。ただし、開幕戦に退場した成岡はベンチには入りました。
得点シーンに関しては角田のファールをとってもいいような気はしましたが、まぁホームの笛と仙台の現状もあったのでしょうね。


川崎フロンターレ 1-0 ジュビロ磐田

川崎は杉山と稲本が故障ということで、GKには相澤が入りました。相澤は昨年も川島が移籍したあとに杉山のケガの間を利用してスタメンを掴んだ選手。今回もそうできるでしょうか。稲本がケガしたボランチには1列前を務めていた憲剛が入り、憲剛の位置には前節で稲本の代わりに出場した田坂が入りました。あと、ジウシーニョが復帰。それによって山瀬がSMFに下がった結果、今までずっとスタメンだった登里がベンチになりましたね。あと、やはり仙台戦のミスが響いたままなのかCBは横山ではなく菊地でした。ジュビロはケガのパクチュホの代わりに山本シュウ(漢字が見当たりませんでした)が大誤算でしたね。相手が自チームより強い川崎ということで安定感のある金沢よりも勢いのある山本を選んだんでしょうが。あと、山崎が病気から治り、先発復帰。ジウシーニョの方が個人的にはいいと思うんですが、若手の育成という面もあるのでしょうね。
得点シーンに関しては小林がもってるというかFW独特の嗅覚といったものが上手く発揮された感じか、きれいにボールが転がってきましたね。
ジュビロとしては格上相手に一人少ない状態で良く守ったんですが。

浦和レッズ 0-2 横浜Fマリノス

浦和もマリノスも前節までと同じスタメンでしたね。浦和は平川がケガから復帰できていないままで、ボランチのレギュラーは変わらず山田暢でしたね。マリノスに関しては故障者が出ずこのメンバーで戦い続けている間は強いだろうなというのが個人的な感想。
1点目に関してはまぁDFに当たったし、不運という1面もあったのですが、確実にマリノスはチャンスをいかしましたね。2点目に関しては結果論からいうと山岸がもう少し早く飛び出してほしかったかな。

新潟アルビレックス 1-0 ヴィッセル神戸

新潟は菊地がスタメンにもベンチにも入っていませんでしたね。中断期間中にケガをしたみたいですから、それの影響か何かでしょうか。その代わりに入ったのが、中断明けの試合で代役を務めたベテラン小林ではなくこのところ調子の良い(?)木暮にしたのは新潟の特色を表しているような気もします。あと、石川がベンチ入りしていましたね。まだ、本調子とまではいかないのか、それとも、鈴木にスタメンを奪われたのかきになるところ(たぶん前者だとおもいますが)。そういえば、大島はどうしたんだろう?神戸は守備的な戦いということでボランチには二人とも汗かき役な三原と松岡を置きましたね。あと、小川と森岡の位置を入れ替えたような感じでした。石櫃は本当にどうしたんだろう?RSBは前節近藤、今節イジェミンと苦労しているような感じなのですよね。
得点シーンに関してはチョ・ヨンチョルのヒールキック、ブルーノロペスのボレーシュートが秀逸。まさに、芸術的なゴールでした。
新潟はPK2回外しても勝てたところが良かった。例年だったらこういうところで引き分けて勝ち点を逃がしていましたから。

ヴァンフォーレ甲府 1-1 大宮アルディージャ

甲府は前々節と同じ布陣。でも、負傷交代した養父の代わりに阿部が出てから試合が変わりましたね。でも、個人的には片桐も試合に出てほしかったなぁ。大宮は前節と同じ布陣。個人的には最近渡辺大剛がベンチ入りしてきたのがうれしいところです。
大宮の得点に関しては東ももちろん素晴らしかったですが、GK荻が少し焦ってしまったのかな。甲府に関してはやっとハーフナーのポストプレーから得点につながったという感じ。今まではこういうチャンスで松橋が外していましたからね。
甲府からしたら負傷交代が上手くいった感じ。というか、やはり阿部は役者が違うのかなという気がします。これからどんどんスタメンで使ってほしいなぁ。大宮に関しては、厳しいことを言うと、こういうところで勝てないと上位進出は苦しいと思います。

清水エスパルス 0-1 サンフレッチェ広島

清水は小野がケガで欠場したみたいですね。その代わりに高原がLWGに入ったそうですが、個人的には伊藤をLWGにして高原がCFの方がいいようなきがします。高原は明らかにCF向きですし。あと、個人的には途中出場した高木俊幸が存在感のあるプレーをしてくれたのは嬉しいところ。広島に関しては今までと同じ布陣でしたね。個人的にはやはりなんで森脇をLWBに回すんだろうという気がするんですが。
得点シーンに関して言えば、ムジリはああいう狭いところにいればいるほど力を発揮できますよね。なんせ「四畳半の男」といわれているぐらいですから。
そして、ついに!!!山崎雅人が出場しましたよ~!!!!!

Jリーグ第8節

そういえば、今は8節でしたね。前はついつい2節と書いてしまいました。それでは、手短にすまそうと思います。

アビスパ福岡 1-2 鹿島アントラーズ

アビスパは成岡はケガ中なんかな?ベンチにも入ってないなんて。前節と全く同じスタメンでしたね。CBは伏兵である山口がスタメンを取ったということか。鹿島は伊野波がスタメン復帰。西もけがから復帰でスタメンでした。新井場と中田浩二はローテーション的に休養ということでしょうか?あと、前半始まってすぐにアレックスが増田に変わりましたけど負傷交代ですかね?あと、そのあと誰がLSBつとめたんだろう?
得点シーンに関しては福岡の点はソガハタ(すみません、漢字出にくいんです)のミス。彼は普段あまりミスしない(と少なくとも自分は思っていた)ので意外でしたね。鹿島の1点目に関しては大迫がダフったような気もするんですがとりあえず入ったのでよし。2点目は上手く鹿島の選手がGKを止めたというかGKのミスというかっていう感じです。
これで、福岡は3連敗ですか・・。苦しいですね。

柏レイソル 2-1 ヴァンフォーレ甲府

柏のスタメンはRSBは変わらず攻撃力を重視して酒井。大津が故障みたいで代わりに澤がスタメンに入りました。でも、個人的には澤が右で茨田が左の方がポジション的には自然な気もするんですが、前節の流れを活用したかったということでしょうか。甲府のスタメンは神戸戦の後半の布陣でしたね。結局、どちらも前節の流れを狙っていたみたいです。松橋は阿部やパウリーニョなどの錚々たるメンバーを押しのけてスタメンに定着したみたいです。前半のビッグチャンスは決めるべきでしたが。
得点シーンに関しては甲府の点は澤が焦って倒してしまったかな。結局、澤はスタメン出場というチャンスをいまいち生かすことができませんでした。同点弾は田中のヘディングが凄いですね。あんなにニアの位置からあのファー側のネットまで揺らすとは・・・。逆転弾に関してはキタジのシュートも素晴らしかったですが、甲府からすれば軸足を芝に取られてミスッたあのクリアミスが痛かったか。
個人的にはやはり柏はベース4-4-2でやるチームなのかなという気がしました。

ベガルタ仙台 1-0 浦和レッズ

仙台はここ数節と変わらないメンバーでしたね。ただし、フォーメーションは4-5-1から4-3-3に移行したみたいです。渡辺広大はどうしたんだろ?浦和に関しては平川はまだ復帰しきれていないみたいですか。鈴木啓太はとりあえず山田暢にスタメンを奪われましたか。やはり、開幕試合でのあの退場は痛かったか。
得点シーンに関してはもちろん、浦和のDF何やってる!と思わなくもないですが、それよりも梁のクロスが鋭すぎるなと。DF2人の間になる位置にきれいにボールを持っていくのにはまさしく脱帽。もちろん、決めた太田もえらいですが。
全体的に仙台の方が押してましたね。浦和は名古屋みたいなチームよりも仙台みたいなカウンターチームの方が苦手なんだろうかというのは深読みですよね。

ヴィッセル神戸 0-1 大宮アルディージャ

神戸のスタメンは故障明けのポポが吉田と代わった以外は前節と同じか。石櫃は本当にどうしたんでしょうね。大宮は個人的にはベストだと思います。突破を見せていた渡部をSBにおいて藤本をSHに置くというのには。若干守備が不安な気もしますが、そこはベテランの藤本がなんとかしてくれるでしょう←ぁ
得点シーンに関してはロングボールとミドルシュートの精度が良かったですよね。
余談ですが、仕方ないとはいえ、村上はあれでイエローをもらっちゃたまらんよな。

横浜Fマリノス 1-1 清水エスパルス

横浜のスタメンは前節と変わりませんでしたね。清水に関してはガラっとかえてきましたね。片方のWGに小野をもってきて、アンカーは岩下ですかね?
得点シーンに関しては清水の点は若干大前がオーバーリアクションな気がしなくもないですが、まぁ出ても仕方がないかなっていうPKでしたね。横浜の点に関してはまあきちんと押し込んだなという感じで。兵藤はこれで2得点なんですよね。この調子が続けば本人が言っていた「最低でも7点は取りたい」というのも楽にこえられそうですが。

セレッソ大阪 1-1 新潟アルビレックス

セレッソのスタメンではキムポギュンって代表に召集中なんでしたっけ?個人的には戻ってきても倉田にはスタメンでいてほしいですね。開幕戦は点を挙げましたし、2試合目も投入されてから雰囲気が変わりましたしね。バンドは相変わらずベンチ外ですか・・。新潟は軽いケガの石川の代わりに鈴木がスタメンに、チームのキーマンともいえる菊地もスタメン復帰しましたね。
新潟の点に関してはワンツーパスのツーの部分はカットすべき。あのミスが得点を生みました。セレッソの点に関しては新潟のDFの枚数は足りていたのに・・という感じでしたね。
あるサッカー誌に書いてあったのですが、神戸など格下相手との連戦を控えていたので守備的に勝ち点1を狙いにいっても良かったとも思うのですが。引き分けに終わるのか勝ち点3を取れるのか(もちろん勝ち点0に終わる可能性もあるんですが)この連戦が新潟が上位にいけるのかどうかを見る重要な試合になると思います。

ガンバ大阪 3-2 モンテディオ山形

ガンバは加地がスタメン復帰。あと、平井が風邪をひいた選手の代わりからでしょうか、ベンチ入りに復帰しました。モンテディオは長谷川が復帰してきましたが、大久保がスタメンのままでしたね。
ガンバの1点目はイグノがすばらしかったですな。アドリアーノそこでどうよ?とも当然思いましたが。2点目はクロスも上手かったしほぼ完ぺきだったかと。山形の1点目、2点目に関してはもちろん決めた選手も素晴らしかったのですが、やはりキムスンヨンのSB起用は厳しいのかなと。両方ともキムのいるサイドから失点していますし。守備陣の・・と言っている解説者もいましたが、個人的にはキムスンヨンは攻撃はともかく守備は厳しいのかなという気がします。でも、下平の負傷がもし長引くようだと高木もケガしてたような気がしますし、LSBつとめる人が他にいないんですよね。最後のガンバの点に関しては遠藤がいい位置でもらったなと。

ジュビロ磐田 1-1 サンフレッチェ広島

ジュビロは山崎が急性胃腸炎ということでジウシーニョが先発。広島は前節と同じく森脇をLSBで、森崎浩司を青山と同じくボランチにしました。前節の勢いを続けたかったのはわかるんですけど、なんでそもそも前節からそうしたんですかね。LSHには実力十分の山岸という選手も服部という選手もいるんですが・・。
広島の点に関しては李が倒れたのって磐田DFのせいなの?という気がしてならないんですけど。あの画面からだとどう見ても違うとしか見えないんですよね。磐田の点に関しては金園はたぶん初めからあそこでヘディングすることを狙ってましたね。
で、また山崎雅人は試合に出ないと。

名古屋グランパスエイト 2-0 川崎フロンターレ

名古屋のスタメンに関しては故障した金崎の代わりに玉田がスタメン。あと、吉村から中村にスタメンが戻りましたが、それ以上にこの試合最大の変更点というと個人的にはLSBが阿部からサントスにかわったところだと思います。そういえば、闘莉王が負傷しましたが、交代で入ってきたのが(永田とそん色ない実力を持つ)千代反田だもんなぁ。やはり層が厚いですよね。川崎は再び山瀬が先発。あと、前節相手の決勝点につながる余計なFKを与えた横山に変わって昨年ずっとスタメンを張っていた菊地が入りました。
得点シーンに関しては、2点ともケネディ強すぎ!!もちろん、しっかり決める玉田もとても凄いんですが。2対1でキープできるケネディってどうなのよという感じがしました。
川崎はスロースターターでなくなった点は非常に良かったかと。終盤に失点したシーンも攻勢に出たから仕方がないですし。川崎は名古屋にずっと勝っていたチームだったのですが、今年の川崎は昨年までと180度方向が違うチーム。そう考えればこういう結果になったのもある意味当然かも。

ということで考察終了です。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。