スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(15)駒澤大学

4年
中谷圭佑
箱根16年3区2位(1区1位)・15年3区1位・14年4区1位(2区2位)
全日本16年補欠・15年1区4位・14年2区2位・13年5区1位
関カレ15年1500M8位5000M19位・14年10000M2位・13年5000M16位
故障で出雲と全日本欠場したが、12月に29分7秒で復帰。

西山雄介
箱根17年(1区9位)・16年7区4位(5区1位)・15年7区2位・14年7区3位(5区2位)
全日本16年2区7位・15年3区10位・14年6区2位・13年2区9位
関カレ16年5000M8位・15年10000M7位・14年1500M予選5000M9位
世田谷ハーフ63分8秒、

大塚祥平
箱根17年(6区4位)・16年5区4位(6区4位)・15年8区2位・14年8区6位(補欠)
全日本16年8区3位・15年8区3位・14年補欠・13年補欠
関カレ16年ハーフ4位・15年ハーフ5位
山登りで起用されるらしい。

広瀬匠
高校時は自己ベストに比べて長い距離が得意な印象だった。世田谷ハーフ64分47秒。

3年
工藤有生
箱根17年(3区4位)・16年2区4位(3区4位)・15年4区2位
全日本16年1区3位・15年2区2位・14年5区2位
関カレ15年10000M2位
出雲ではかなり無理していた印象だったが、全日本は本調子。11月末は29分18秒だった。

高本真樹
箱根17年(2区6位)・16年4区9位(補欠)・15年補欠
全日本16年補欠・15年7区9位・14年補欠
関カレ16年ハーフ15位・14年5000M25位
全日本は出雲の結果から外されたが、上尾ハーフ63分25秒とチームトップ。

中西亮貴
箱根17年(補欠)
全日本16年5区8位
出雲記録会14分8秒の自己ベスト。全日本以降レースに出ていない。

紺野凌矢
箱根16年補欠
全日本16年3区12位・15年補欠
全日本以降レースに出ていない。2年連続アンケートには5区と回答。

2年
下史典
箱根17年(4区2位)・16年補欠(補欠)
全日本16年4区4位・15年5区8位
関カレ16年10000M21位・15年5000M27位
世田谷ハーフ64分1秒だったものの、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

伊勢翔吾
箱根16年補欠
全日本16年7区6位
全日本では好走したが、上尾ハーフは65分12秒と良くなかった。

堀合大輔
関カレ16年ハーフ21位
故障明け初のレースで、上尾ハーフ63分54秒と好走した。

片西景
全日本16年6区6位・15年補欠
秋以降しっかりと結果を残せており、記録挑戦会も初10000Mで29分30秒だった。

山口優希
関カレ16年3000SC6位
10月に14分13秒の自己ベスト、世田谷ハーフ65分56秒。

物江雄利
1500Mが得意なスピードランナー。11月に14分3秒の自己ベスト。

1年
中村大聖
全日本16年補欠
都大路4区10位の実績がある。秋以降好調で上尾ハーフも64分7秒。

山下一貴
都大路3区28位の実績がある。目立っていなかったが、上尾ハーフ64分44秒と好走。

主なエントリー漏れ
中村佳樹(4年)…今年の箱根10区出走。上尾ハーフ63分38秒と好走した。

予想オーダー
中谷4―工藤3―下2―西山4―大塚4
中西3―片西2―伊勢2―高本3―堀合2
山口・物江などのエントリー入りも意外でしたが、それ以上に大きいのは中村佳のエントリー漏れ。16人どころか10人にも入ってくると思ったのですが…。ただ、中谷がついに復帰したのはチームにとってかなり安心できる材料だと思います。1区は中谷が1番良いと思っています。万全なら先手を取れますし、工藤以外誰が走ってもハイペースになったら厳しいと思います。万全でないにしても中谷を1区に置いてビビらせたいと思いました。工藤は一色より前で受け取れれば後半までついていけると思います。3区高本4区下7区西山9区片西にして復路に1枚残すことも考えましたが、世田谷ハーフ西山のほうが良かったので準エース区間の4区に西山を持ってきました。下は63分台で走ってほしいです。西山は何とか区間5位くらいで粘ってくれれば嬉しいのですが。5区は大塚・紺野が準備していて、6区は中西は準備していると思います。片西が流れを作ってそのまま復路続いてほしいと思い、7区。高望みな気がしますが、63分台を狙うくらいの気持ちで走ってほしい。8,10区は区間5位、9区は区間一桁が一つ目安になると思います。10人目は中村か伊勢で迷いましたが、伊勢が昨年度の上尾ハーフ・学生ハーフ良かったことに加えて、中村の高3の駅伝が良くなく不安に感じたので、伊勢にしました。大塚が区間2位にある程度の差をつけて区間賞を取れれば往路優勝は可能でしょうが、復路はやはり厳しいかなという印象。前回の山梨学院を更に良くした感じになってほしいと思います。1,4区で中谷が入らない方が厳しいと思うので、そこでどれだけ粘れるかがポイントでしょう。
スポンサーサイト

箱根駅伝結果(4)駒澤大学

1区其田健也区間13位(3位と+1分12秒差)
2区工藤有生(13→6)区間4位(+1分21秒差)
3区中谷圭佑(6→4)区間2位(+1秒差)
4区高本真樹(4→4)区間9位(+25秒差)
5区大塚祥平(4→3)区間4位(-2分9秒差)
6区宮下紘一(3→3)区間10位(-2分41秒差)
7区西山雄介(3→3)区間4位(-4分33秒差)
8区馬場翔太(3→3)区間2位(-4分40秒差)
9区二岡康平(3→3)区間2位(-4分38秒差)
10区中村佳樹(3→3)区間12位(-3分54秒差)
総合順位3位(往路3位・復路3位)
【MIP】二岡康平…素晴らしいビルドアップで区間賞まで僅か2秒と驚きの好走。
【残念で賞】其田健也…トップと2分近く離され、チームが優勝争いに絡めない最大の原因に。
予想3位(往路3位)区間は1区2区3区5区7区が的中
順位は1区でここまで離されるとは思っていませんでしたが、往路通過順位と総合順位を当てることができました。区間は1区~3区の順番を当てられたので満足。6区小山と宮下で外しましたが、夏から小山と予想していたので仕方ないと思っています。其田は予想外のハイペースだったとはいえ、もう少し食らいついて欲しかったです。いずれにせよ優勝は厳しかったでしょうが、突っ込んでも62分半くらいでは走って欲しかった。工藤は序盤突っ込みましたが、後半も悪くありませんでしたし力は出せたと思います。ただ、67分台も見える反面、一色や服部勇との力の差も改めて感じました。中谷は前半突っ込んだものの、後半粘れませんでした。おそらく昨年と違ってエースとしてのプレッシャーがあったのでしょうが、チームが優勝争いするには乗り越える必要があると思います。高本は直前で急遽区間が変更になったなかで、力は出せたと思います。負けたのは大学で主力となっている選手や優勝候補の大学の選手なので、少なくともそのレベルまでは伸びていってほしいです。大塚は安定して走ってくれましたが、期待しすぎたでしょうか。
宮下は安定した走りで無難にスタートを切ってくれました。スタミナが少し不安でしたが、終盤もあまり落ち込みませんでした。西山は区間4位は悪くないですが、63分台でできれば走って欲しかったですし、前半ゆったりなどもう少し積極的に走って欲しかったです。馬場は安定した走りで好走。64分台出して欲しかったですが、条件や展開がよくなかったですし、仕方ないと思います。二岡は序盤悪くなかったのでこのままペースを刻んで欲しいと思っていましたが、そこから順調にペースを上げていくとは思っていませんでした。出遅れていたので正直いって不安だったのですが、区間賞まで2秒差と素晴らしい走りだったと思います。中村はビルドアップはできていましたが、18番目のペースで入って最後8番目のペースともう少し全体的に上げて欲しかったです。全日本と違って全体的に力を出せた印象。ただ、高本・宮下・中村が区間10位前後だったりエース格が1枚足りずに1区其田起用せざるをえなかったりと層の薄さがその分鮮明になっていた気がします。

箱根駅伝予想(16)駒澤大学

4年
馬場翔大
箱根16年(4区5位)・15年5区17位・14年5区3位
全日本15年6区1位・14年8区5位・13年6区1位
関カレ15年ハーフ3位・14年ハーフ3位・13年ハーフ6位
高校時代からロードが強い選手。夏に足首の故障もあったものの、全日本6区で歴代3位のタイムを出すなど既に状態は万全。

其田健也
箱根16年(2区2位)・15年9区3位・14年10区2位(補欠)・13年補欠
全日本15年4区4位・14年補欠・13年補欠
関カレ15年5000M21位10000M13位・14年10000M5位
主将。上尾ハーフ62分48秒で優勝。前半戦はあまり結果を残せなかったものの、秋以降安定して結果を残している。

二岡康平
箱根15年補欠・14年補欠
全日本14年補欠
関カレ14年ハーフ25位
昨秋28分台を出している選手。夏の故障で出遅れていたが、12月6日に14分13秒の自己ベストで復帰した。

井上拳太郎
全日本15年補欠・14年補欠
関カレ15年3000SC7位・14年3000SC4位
2年時に29分38秒、64分4秒で走っている選手。上尾ハーフ64分45秒など秋以降悪くはないが、そこまで目立ってもいない。

小山裕太
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年補欠・13年補欠
関カレ15年1500M予選・12年1500M11位
1500Mも走るスピードランナー。出雲前に29分29秒、14分3秒の自己ベスト。出雲記録会以降レースに出ていない。

高月智生
全日本15年補欠
高校時代都道府県5区13位の実績を持つも大学では全く目立っていなかった選手。上尾ハーフ64分00秒と一気に出てきた。

宮下紘一
関カレ15年3000SC1位・13年3000SC9位・12年3000SC10位
昨年の学生ハーフ64分台で走った選手。高島平61分25秒も優勝してそれ以降レースに出ていない。

3年
中谷圭佑
箱根16年(1区1位)・15年3区1位・14年4区1位(2区2位)
全日本15年1区4位・14年2区2位・13年5区1位
関カレ15年1500M8位5000M19位・14年10000M2位・13年5000M16位
Wエースの1人で駅伝は得意。全日本は上手くいかなかったものの、11月半ばに28分17秒の自己ベスト。

西山雄介
箱根16年(5区1位)・15年7区2位・14年7区3位(5区2位)
全日本15年3区10位・14年6区2位・13年2区9位
関カレ15年10000M7位・14年1500M予選5000M9位
1年生の頃から期待されている選手。安定していたものの、全日本でまさかの撃沈。上尾ハーフ62分52秒で2位。

大塚祥平
箱根16年(6区4位)・15年8区2位・14年8区6位(補欠)
全日本15年8区3位・14年補欠・13年補欠
関カレ15年ハーフ5位
前半戦一気に力をつけてきた選手。十和田駅伝の登り区間で好走。出雲は良くなかったが、全日本日本人トップ。

中村佳樹
高校時代14分42秒もジワリと伸びてきた選手。7月に14分24秒、10月に29分26秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分26秒。

2年
工藤有生
箱根16年(3区4位)・15年4区2位
全日本15年2区2位・14年5区2位
関カレ15年10000M2位
昨年信じられないくらい伸びたWエースの1人。全日本後に自ら頭を丸刈りにした。11月半ばに28分23秒の自己ベスト。

高本真樹
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年7区9位・14年補欠
関カレ14年5000M25位
1年時に上尾ハーフ63分半で走っている。今年度も全日本前まで良かったが、全日本撃沈すると上尾ハーフ64分35秒と微妙。

紺野凌矢
全日本15年補欠
1年秋に10000M29分39秒、学生ハーフ64分5秒で走っている選手。上尾ハーフは66分59秒と撃沈。

1年
下史典
箱根16年(補欠)
全日本15年5区8位
関カレ15年5000M27位
都大路1区1位など今年のドラ1。出雲はあまり良くなかったが、上尾ハーフは15kmまで先頭集団にいて63分50秒。

伊勢翔吾
都大路1区8位の実績がある。前半戦安定していたものの、秋は目立っていなかったが上尾ハーフ64分15秒と好走。

主なエントリー漏れ
堀合大輔(1年)…都道府県1区28位。5000Mでは14分40秒前後と微妙な結果が多かったが、上尾ハーフ64分34秒と好走。

予想オーダー
其田4ー工藤2ー中谷3ー下1ー大塚3
小山4ー西山3ー高本2ー馬場4ー高月4
上尾ハーフ重視する傾向にあるので、堀合が外れて、上尾ハーフ撃沈した紺野がエントリーされたのはやや意外でしたが、10人を争う選手はきちんと全員エントリーされています。1区は其田か中谷で迷いましたが、どちらにせよリスクがあるなら其田と予想。3位以内ならどんな展開になっても大きく問題ありませんし、ハイペースでも62分前半では走ってくれると思うので、久保田や服部弾が1区に回っても、90回の大迫のように誰かが潰れる覚悟で引っ張らなければ1分差は開かないと思います。2,3区は工藤・中谷をどちらに配置するかまよいましたが、2区工藤3区中谷と予想。工藤は出雲逆転を許した一方で、全日本難しい展開から追い上げたということで決して逃げる方が得意な訳ではないかなということと、1区とんでもなくメンバーが集まれば1区3区変更できるという点からこう予想しました。下は全日本あまりよくありませんでしたが、上尾ハーフ15kmまで先頭集団にいましたし、55分を目標に走って、中谷・工藤といったエースになれるように好走してほしいです。大八木監督が育成の年としていることや馬場が5区にそこまでこだわりをもっていないことから、大塚が5区と予想。79分前後というのは良い目標だと思っていますし、実際にその付近で走ってほしいです。6区は10月後半以降レースに出ていない小山・宮下が候補になってきますが、前回も準備していた可能性が高い小山と予想。西沢が過去2年59分20秒くらいではしっていますし、59分半を1つの目標として走ってほしい。全日本失敗したので2回経験している7区に西山。最近、9区よりも重要度がましている気がしますし、歴代5位のタイムを目標に走ってほしいです。8区上尾ハーフを重視するなら伊勢ですが、高本もそこまで悪かった訳ではないですし、堀合ではなく紺野が選ばれたということで○年ほど上尾ハーフ重視する傾向にはないのかなと思い高本。65分台では走ってほしいです。馬場は突っ込むタイプなので、気温も上がり序盤下りの9区は怖いですが、復路向きのタイプと思ったので9区。69分(前後)を目標としてリベンジしてほしいです。アンカーは万全なら二岡と予想したのですが、箱根1ヶ月前に5000Mで復帰したので上尾ハーフ良かった高月としました。全体的には往路優勝してそのまま復路もトップを守ると想像したいところですが、箱根駅伝ここ数年得意としていませんし、3位以内が現実的な目標だと思います。ただ、例年復路で順位を上げるものの、今年は選手層が他大と比べて薄いので往路での大きなミスが出ると3位も厳しいと思います。

全日本大学駅伝結果(3)駒澤大学

1区中谷圭佑区間4位(1位+8秒差)
2区工藤有生(4→2)区間2位(+26秒差)
3区西山雄介(2→3)区間10位(+1分20秒差)
4区其田健也(3→4)区間4位(+1分19秒差)
5区下史典(4→4)区間8位(+2分24秒差)
6区馬場翔大(4→4)区間賞(+1分55秒差)
7区高本真樹(4→4)区間9位(+2分58秒差)
8区大塚祥平(4→3)区間3位(+2分29秒差)
総合順位3位(予想2位)区間は1~8区が的中
順位は馬場以外の繋ぎ区間がここまで苦戦するとは思っていませんでした。区間は全日本で初めて全部当てて、満足しています。中谷はできれば後ろを引き離してスローペースになった展開でも同タイム差では渡したかったですが、結局トップと8秒差と本当に最低限の走りとなってしまいました。服部勇・一色は後ろにエースがいましたが、いなかった分余裕がありませんでしたね。工藤は37分台で区間2位と出雲と違ってしっかりと自分の実力を出しました。序盤から無理しない範囲で積極的に入り、小椋・平に追いついた後しっかりと引き離しました。西山に関してはただただ残念でした。口町・田村和とハイレベルなのはまだしも、あと30秒は「少なくとも」速く走るべきでした。其田は早稲田に抜かれましたが、久保田と竸った櫻岡とほぼ同タイムですし悪くない走りだったと思います。ただ、離された7秒で単独走となって後半の繋ぎ区間の選手は走りにくかったかもしれませんね。下は良くない展開だったとはいえ、34分59秒で区間8位と褒められた結果ではありませんでした。本当に経験しただけの大会となってしまった印象。馬場は区間歴代3位のタイムで区間賞と文句なしの走りだったと思います。序盤から突っ込んでロードに対する怖さも払拭できた印象。高本は区間8位に30秒近く差をつけられるなど全く物足りない走り。永山に追いつくまではいかなくても大きく差を広げられて欲しくなかったですし、当初は箱根当確かなと思っていましたが、上尾などの結果によっては外すことも考えるような結果でした。大塚は58分38秒で日本人トップ、終盤に3位になりましたし、しっかりと力を出し切ってできることはしたレースだったと思います。全体的には工藤・大塚など出雲そんなに良くなかった選手が頑張りましたね。ただ、高本・下と新たに試した選手が結果を残せず箱根に向けて不安が残る結果となりました。

現時点の箱根予想オーダー
其田4ー中谷3ー工藤2ー下1ー大塚3
浅石3ー西山3ー高本2ー馬場4ー井上4

全日本大学駅伝予想(9)駒澤大学

1区中谷圭佑区間賞(2位と-15秒)
2区其田健也(1→1)区間2位(-24秒)
3区工藤有生(1→2)区間4位(+5秒)
4区馬場翔大(2→2)区間5位(+1秒)
5区西山雄介(2→1)区間1位(-1秒)
6区大塚祥平(1→3)区間4位(+45秒)
総合3位(予想2位)区間は6区が的中
補欠・・小山・下(浅石・高本)
順位は山学が良すぎたのもありましたが、4区5区でトップに立ったとはいえもう少し離せると思ったので見通しが甘かったですね。区間は繋ぎ区間は無理でしたが、1区中谷3区工藤は当てたかったです。中谷は区間賞取って欲しいと思いましたが、2位を15秒も離すここまで素晴らしい走りをするとは思っていませんでした。三大駅伝では中村くらいの走りも期待できそうです。其田は良い展開・条件だったとはいえ15分台というのは非常に評価して良いと思います。他に15分台出したのは鎧坂と潰滝くらいで故障明けとはいえ大学トップクラスの選手に負けませんでした。ただ、工藤はあと10秒頑張ってくれれば青学の前で渡せて展開も変わったのかなと。24分40秒と他大の主力と同じくらいの走りで優勝候補のエースクラスとしては物足りないレースでした。馬場はもっと積極的に離して欲しかったですが、箱根以来の三大駅伝でまだ怖さがあったでしょうか。西山は積極的に引き離そうとしてなんとか1秒差ながらタスキを渡して区間賞とできることはやったのでは。ただ、本人も反省の弁もありましたし、中谷・工藤と同じポテンシャルはあると思うので初の区間賞に満足せず伸びて欲しいですね。アンカー大塚は一色に食らいついたので終盤失速したのは仕方ない。むしろ29分台で粘れたのがやや意外でした。全体的には序盤区間は狙った以上の展開に持ち込めましたが、3区工藤で先頭をキープしていたらまた少し展開が変わったでしょう。ただ、それでも優勝は厳しく力負けかなというのが正直な印象。全日本・箱根も出走する選手が増えますが、とりあえずなんとか3位以内をキープしたいところですね。

4年
馬場翔大
箱根16年(4区5位)・15年5区17位・14年5区3位
全日本14年8区5位・13年6区1位
関カレ15年ハーフ3位・14年ハーフ3位・13年ハーフ6位
ホクレンで28分37秒の自己ベスト。2次合宿で足首の故障があった。出雲では慎重な走りをしていた。

其田健也
箱根16年(2区2位)・15年9区3位・14年10区2位(補欠)・13年補欠
全日本14年補欠・13年補欠
関カレ15年5000M21位10000M13位・14年10000M5位
主将。前半戦は状態は悪くなかったものの、関カレなど結果を残せなかったが、出雲は2区で15分台の好走。

井上拳太郎
全日本14年補欠
関カレ15年3000SC7位・14年3000SC4位
2年時に29分38秒、64分4秒で走っている選手。東海大記録会は29分51秒。高島平は61分48秒で学生3位。

小山裕太
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本13年補欠
関カレ15年1500M予選・12年1500M11位
1500Mも走るスピードランナー。東海大記録会29分29秒、世田谷記録会14分3秒の自己ベスト。出雲記録会は14分26秒。

高月智生
高校時代都道府県5区13位の実績を持つも大学では全く目立っていなかった選手。一関ハーフは66分18秒だった。

3年
中谷圭佑
箱根16年(1区1位)・15年3区1位・14年4区1位(2区2位)
全日本14年2区2位・13年5区1位
関カレ15年1500M8位5000M19位・14年10000M2位・13年5000M16位
Wエースの1人で駅伝は得意。ユニバーシアード10000Mでは3位入賞、日本インカレは13分56秒で6位、出雲は1区区間賞。

西山雄介
箱根16年(5区1位)・15年7区2位・14年7区3位(5区2位)
全日本14年6区2位・13年2区9位
関カレ15年10000M7位・14年1500M予選5000M9位
1年生の頃から期待されている選手。東海大記録会は29分13秒。出雲では区間賞で首位と力は発揮できていた。

大塚祥平
箱根16年(6区4位)・15年8区2位・14年8区6位(補欠)
全日本14年補欠・13年補欠
関カレ15年ハーフ5位
前半戦13分57秒、28分34秒と一気に力をつけてきた選手。出雲は無理して一色に食らいついたが、後半失速。

2年
工藤有生
箱根16年(3区4位)・15年4区2位
全日本14年5区2位
関カレ15年10000M2位
昨年信じられないくらい伸びたWエースの1人。ユニバーシアードハーフ5位など今年はエースクラスとしては物足りない。

高本真樹
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本14年補欠
関カレ14年5000M25位
1年時に上尾ハーフ63分半で走っている。4月に29分11秒の自己ベストを出すと、札幌マラソンも64分49秒で優勝。

紺野凌矢
1年秋に10000M29分39秒、学生ハーフ64分5秒で走っている選手。札幌記念マラソンは65分35秒で4位だった。

1年
下史典
箱根16年(補欠)
関カレ15年5000M27位
都大路1区1位など今年のドラ1。前半戦は14分30秒前後だったが、平国大記録会は14分7秒も学生トップ。

片西景
都道府県5区11位。前半戦はよくもわるくもまずまずだったが、世田谷記録会で14分21秒の自己ベスト、高島平は62分23秒。

主なエントリー漏れ
二岡康平(4年)…昨秋28分台、上尾ハーフ63分台で走っている選手。夏は故障の影響で出遅れていた模様。

予想オーダー
中谷3ー工藤2ー西山3ー其田4ー下1ー馬場4ー高本2ー大塚3
二岡は外れましたが、浅石は10000M以上の距離未知数ですし主力は順当にエントリーされた印象です。優勝を狙うなら1区中谷しかないと思います。中盤に抜け出すには明らかに序盤走れるコマが足りませんし、昨年の全日本・今年の出雲のように先頭効果を狙うのが良いかなと。2区は将来のエースとして序盤区間を担当させたいという思いと距離4番目に長い区間使っても良いくらい現段階ではそこまで力抜け出している訳ではないかなという思いで工藤。箱根の前にやはり強かったんだなと思わせるような走りをしてほしいです。3区は出雲最短区間走った其田に差を広げて欲しいとも思ったのですが、馬場がまだ思いっきり走るには抵抗があると思い4区走れる選手がいないので3区西山4区其田。西山は主要区間に次いで大事な区間なのでしっかりと差を広げてほしい。其田は詰められるでしょうが、今年の箱根も木村に追いかけられる中冷静に走っていましたし問題ないかなと。5区は中谷・工藤とここ2年間1年が走っているので下。優勝するためにはこの時点でもリードを守っている必要があるのですが、厳しいですかね。6区は2年前ここで区間賞をとっている馬場。まずは繋ぎ区間で思いっきり走って再び区間賞をとってほしいです。7区は10000M,ハーフともに三大駅伝未経験者としては実力がチームで抜けている高本かなと。千葉を押しのけた黒川、其田を押しのけた工藤のようにニューフェイスが入ればチームにとって心強いのですが。大塚は距離は長いほうが得意でしょうし、終盤登りとコース向いているのでとりあえず58分台を目標に走ってほしいですね。全体的には優勝を狙うには主力が少なくともあと1人、繋ぎ区間ももう一人信頼できる選手が欲しいという印象。シード権獲得は中谷がブレーキさえしなければ問題ないでしょうが、東洋などにはきちんと勝ってなんとか2位を確保したいところです。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。