スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年J1順位予想

久しぶりのサッカー記事ですね(汗)。今年のJ1の順位予想をしました。
因みに、昨年は2位・3位・7位・13位が当たりました。降格チームも2チームは当たりましたよ。

1位名古屋グランパスエイト
2位柏レイソル

この2つが力と継続性から見ると、抜け出ていると思います。優勝は名古屋と予想。柏は層がいくら厚くても、ACL初体験ということで少し不利かなと。

3位鹿島アントラーズ
4位FC東京
5位ガンバ大阪
6位ヴィッセル神戸

次に、この4チームで迷いました。鹿島とガンバはクラブ力はありますが、監督が交代。鹿島は選手も抜けましたが、西野慣れしているガンバの方が苦戦すると予想。FC東京は3年連続昇格チームがACL出場権を取っていますが、監督が代わったことや既に掛け持ちという面は不安ですね。神戸は贔屓目も入れてここかな。今年、凄く大型補強をしたので注目です。

7位ジュビロ磐田
8位横浜Fマリノス
9位ベガルタ仙台
10位清水エスパルス
11位川崎フロンターレ
12位サンフレッチェ広島

続いてはこれらのチームで迷いました。磐田は中位チームの中では一番不安要素がない。清水も意外と評価は低いが、ユングベリや太田が抜けてもそこそこできるのでは?横浜や仙台は昨年が上手くいきすぎたので今年はこれくらいかなと。川崎は相馬監督の現実さに不安があり昨年と同じく連勝と連敗を繰り返しそう。広島は佐藤や石原が李の穴は埋めそうだが、監督の面でやはり多少は順位が下がるか。

13位浦和レッズ
14位大宮アルディージャ
15位アルビレックス新潟
16位セレッソ大阪

浦和は意外と評価は高いが、ペドロヴィッチ監督は適応させるのに時間がかかる監督。2年目からは期待だが、1年目はこんなものかなと。新潟は酒井の穴は不安だが、例年と比べてそこまで抜ける穴が多いというわけでもないので残留はすると思う。個人的に悩んだのは大宮とセレッソ。大宮は例年に比べると補強が少ないので非常に不安だが、監督が代わりもともとエレベーターチームであるセレッソを降格と予想した。

17位サガン鳥栖
18位コンサドーレ札幌

この2チームは個の力が足りなく降格かなと予想。サガンを17にしたのは正直好みの問題。
スポンサーサイト

2011年J1順位予想(3)7位~9位

7位サンフレッチェ広島(7位)
IN・・水本裕貴・トミッチ・ムジリ(完全移籍)
OUT・・下田崇(引退)、ストヤノフ・槙野智章・桑田慎一朗(完全移籍)
故障者・・高柳一誠(~7月)
○リーグ戦に集中できる△ストヤノフの穴×槙野というムードメーカーの不在
今年の補強は能力的には±0ぐらいに感じている。今年の良い点はリーグ戦に集中できることだろう。昨年はただでさえケガの多いチームなのにACLもという厳しいスケジュールで例年よりますます故障者が出て結局一度もベストメンバーで戦えなかった。その点ではACLが無いのは大きな+だろう。気になる点は1つ目はストヤノフの不在。ストヤノフは昨年17試合しか出ていなかったのでレギュラーは中島で問題ないだろうが、SUBでトミッチなどが機能するか少し疑問。そして何より槙野の不在だ。はっきり言って能力的には水本で十分埋まるだろう。ただし、槙野はずっとチームのムードメイカーだったし、チームの広告塔でもあった。そこがはたして克服できるかどうか。キーとなるのはやはり佐藤寿人と李忠成が共存できるかどうか。個人的には山崎雅人を応援しているので李にそこまで活躍されても困るのだが。

8位セレッソ大阪(3位)
IN・・キムポギュン(レンタル復帰)、倉田秋・中後雅喜・ホドリゴピンポォン(レンタル移籍)
OUT・・家長昭博・アドリアーノ(レンタル復帰)、アマラウ・羽田憲司・石神直哉(完全移籍)
故障者・・小松塁
○2列目の層が厚くなった△外国人の穴×ACLによる負担倍増
今年の補強は±0。ただし、角田や藤田という守備の万能選手の獲得を目前で逃したので-に感じやすい気がする。今年の良い点は2列目の層が厚くなったこと。ただし、昨年のこの時期と比べると乾が結局抜けて余裕がなくなるという可能性も高いか。できれば、柿谷は戻したかったところ。気になる点の1つ目は外国人2人の穴。アドリアーノの代役であるピンポォンは活躍できるかどうか。また、活躍できたとしてもレンタル移籍では今年のアドリアーノのようにビッグクラブに来年取られる可能性も。また、ボランチのアマラウの代わりを誰にするかも気になるところ。個人的にはGKを松井に任せてキムジンヒョンを抜いても良かったと思うのだが。1番気になる点はACLによる負担増。特に、藤本康太がボランチに入ると計算の立つCBのSUBが一人もいないことになる。やはり、角田がとれなかったのが痛かった。よって、順位は昨年を下回るとした。キーはやはりピンポォン。彼が活躍しないと永井や小松に頼る羽目になりこの順位以下は確定的になると自分は感じる。

9位清水エスパルス(6位)
IN・・高木俊幸・村松大輔・小林大悟・高原直泰・アレックス(完全移籍)
OUT・・ヨンセン・市川大祐・伊東輝悦・藤本淳吾・岡崎慎司・西部洋平・原一樹・本田拓也・兵働昭弘(完全移籍)
故障者・・小林大悟
○CBの層の厚さ・△守備的ボランチの不在・×新監督
今年大改革をした清水エスパルス。補強的には普通にマイナスなんですが・・・。良かった点はなんといっても村松の補強によるCBの層がさらに厚くなったこと。正直、ちょっとCBだけ厚すぎて微妙な感じもするんですが・・・。まぁ、伊東輝悦とさらに予想外に本田拓也が抜けたことで少し気になる守備的ボランチがいない点とそのCBが厚すぎる点は岩下のボランチ起用が上手くいけば問題ないと思います。より気になる点はやはり新監督という点でしょう。正直、長谷川監督の就任前は低迷期だった清水。代わったことで元に戻らなければいいんですが。ゴトビ監督もいい監督ですが、1年目はそこまでいい結果は残せないでしょうし、(長谷川監督も1年目はひどかったし。)フロントの忍耐力が必要となる年のような気がします。キーとなるのは辻尾真二。今まで市川と二人でつとめてきたRSBを一人でつとめられれば、チームの不安点は減る。

2011年J1順位予想(2)4位~6位

すみません、たぶん開幕までには間に合わないかも・・・

4位川崎フロンターレ(5位)
IN・・賽藤友紀・田中雄大・棗佑喜(新卒)、山瀬功治・柴崎晃誠・田中裕介(完全移籍)
OUT・・寺田周平・佐原秀樹(引退)、森勇介・谷口博之・ヴィトールジュニオール(完全移籍)
故障者・・ジュニーニョ
○リーグ戦のみに集中できる・△引退選手の穴・×新監督の相馬監督
続いては川崎フロンターレです。後出しじゃんけんが上手いとはよくいったもので今季も山瀬や田中裕など本当に話題の選手を移籍先の噂もない状態から取ってきていますよね。補強は±0でしょうか。寺田と佐原の分だけマイナスにも見えますが、川崎は大卒選手でいい選手が入ってきましたし、森→田中裕、谷口→柴崎はすべて希望通りの感があります。Jリーグを戦う意味で良い点はなんといってもACLがなくリーグ戦に集中できることでしょう。
昨年はACLで中村憲剛が故障してしまい序盤苦しい戦いが続いてしまいました。今年は厳しいスケジュールに悩まされなさそうです。問題点は2つ。まず1つ目に引退した寺田と佐原の穴です。どちらか一人だったら問題ではなかったのですが、2人とも抜けると少しSUBに困るかも。伊藤や賽藤がいますが、最終ラインならどこでも守れる彼らをCBのSUBに主に使わせるのは惜しい。2つ目は新監督の相馬監督です。監督2年目で経験が薄い(?)という以上に川崎はJ2から関根イズムでずっと戦ってきて昨年の高畠監督も内部からの監督なので新しい風にクラブ自体が慣れられるかどうかが問題です。キーとなるのは序盤。昨年は中村憲剛とジュニーニョのケガで厳しい戦いを強いられました。今年もFWの柱となるジュニーニョがケガで新監督。序盤を上手く乗り切れればACL圏内は堅いです。

5位柏レイソル(J2、1位)
IN・・兵働昭弘・増嶋竜也・安英学・中島崇典・ジョルジワグネル(完全移籍)
OUT・・小林祐三(完全移籍)
故障者・・兵働昭弘(~4月)
○2年連続続いているジンクス・○MFの万全の補強・△2年ぶりのJ1
続いては今年J2から戻ってきた柏レイソルです。2年連続して続いているJ1に昇格してきたチームがACL出場権を取るというジンクスに続くのはさすがに厳しいかもしれないが、目標の6位以内は十分可能かと。その根拠としては主に3つ。1つめは降格の仕方。柏レイソルが降格したのは結果を残していた石崎監督から新しいサッカーをするために改革してグダグダあって降格したというもの。チーム力がなくて降格したというわけではない。2つ目に監督。昨年の監督を継続しているため初めから飛ばしやすく、監督自体もV川崎や名古屋などでJ1を経験しているため。3つ目は補強の成功。以前から層の厚かったFWはそのままにMF、DFともに数多く即戦力を補強しました。GMが今季は絶対に降格しないように即戦力を多く補強したという意気込みを感じられます。キーは、サカマガをだいぶぱくってますが、ワグネルです。外国人選手でやはり+αをもたらしたい。レアンドロDははっきりいってもう大黒柱ですし、ホジェルは正直林や工藤や北嶋を押しのけるほどとはおもえないんですよね。よってワグネルがカギとなるかと(今はほかの新外国人と例外なく運動量が少ないですが)

6位横浜.F.マリノス(8位)
IN・・大黒将志・小林祐三・青山直晃・谷口博之(完全移籍)・森谷賢太郎(新卒)
OUT・・山瀬功治・河合竜二・田中裕介・清水範久・坂田大輔・松田直樹(完全移籍)、藤田優人(レンタル移籍)
故障者・・中村俊輔・端戸仁(~3月)
○スタメン11人の能力UP・△中村俊輔頼みの布陣・×選手層が薄くなった
話題になった今年のFマリノスの補強ですが、きわめてもろ刃の剣かと。良くなった点はなんといっても11人の能力が上がった点でしょう。大黒は山瀬と同等の能力でケガが少ないし、谷口も抜けて行った選手と比べて能力は高い。だから上位に予想しました。しかし、控え選手の層が非常に薄くなった。特にボランチ。谷口が入ったことでスタメンの能力は上がりましたが、昨年までSUBをつとめていた河合や松田などが抜けSUBには本職でない狩野や新人の森谷が控えるありさま。その他にも左SBは両サイドをつとめられる波戸をレギュラーにし、SUBは新卒。SHも山瀬や坂田や清水まどが抜け計算の立つ選手がほとんど残っていません。だからでしょう、ダイヤモンド型のMFにして小椋をLSBに回そうとしました。その結果、少しはましにはなりましたが、一方でひとつ不安になったのはよけい中村俊輔頼みになったということ。昨年のFマリノスは中村の調子のいい試合は勝ち調子の悪い試合はほぼ負けていました。今年は中村により本職でプレーさせることで一層中村の調子が試合結果を左右することになるでしょう。キーは故障者の数。ほかのチーム以上に故障者が増えれば増えるほどチームは弱くなります。だから、どれだけ少なく抑えられるかでしょう。まぁ、今、中村がケガしていますケド。

2011年順位予想(1)1位~3位

2011年度のJ1の順位を予想してみました。一度1位~18位まで発表します。
1位鹿島、2位名古屋、3位G大阪、4位川崎、5位柏、6位横浜FM、7位広島、8位C大阪、9位清水、10位新潟、11位仙台、12位浦和、13位大宮、14位山形、15位神戸、16位磐田、17位甲府、18位福岡。
ここでまずこのページでは1位~3位までの詳細を発表したいと思います。(カッコ内は昨年の順位)

1位鹿島アントラーズ(4位)
IN・・田代有三・増田誓志(レンタル復帰)、カルロン・本田拓也・西大伍・アレックス(完全移籍)
OUT・・佐々木竜太(レンタル移籍)、ジウトン(レンタル期間終了)、マルキーニョス(完全移籍)、大岩剛(引退)
故障者・・特に無し
○DF・MFの大型補強・△大岩の引退・×マルキーニョスの退団
さて、まずは今年僕が1位に予想した鹿島アントラーズです。鹿島は今期は上記のメンバーを補強し、各ポジションに主力級を一人はサブにおき、出場機会が少なくなりそうな伸びている若手をレンタルで出し経験をつませに行かせました。そういうようにチーム力が大幅にアップしているので優勝に予想しました。ただし、不安な点が2点あります。1つ目は大岩の引退です。中田が一人目のCBのSUBになる点は問題ないでしょう。しかし、万が一、二人揃って抜けたときに誰がCBをつとめるのかというのは非常に疑問が残ります。2つ目ですが、もちろんマルキーニョスの退団です。一応、11Gのマルキーニョスが抜け10Gの田代が入るということで数字的には問題がなさそうに見えます。しかし、マルキーニョスはこの4年間柱として相手に脅威を与え、味方に勇気をもたらしてきた人物。やはりカルロンがどれくらい活躍するかがカギをにぎるでしょう。しかし、カルロンがあまり活躍しなくても佐々木に代わり実力のある田代が入るのでそこそこ踏ん張るのではないでしょうか。

2位名古屋グランパスエイト(1位)
IN・・永井謙祐(新卒)、藤本淳吾(完全移籍)
OUT・・マギヌン(未定)、杉本恵太(完全移籍)、竹内彬(レンタル移籍)
故障者・・ダニルソン(~5月)
○入れ替えの成功・ダニルソンのケガ・×竹内の穴
続いては昨年優勝した名古屋グランパスです。名古屋は今年は比較的静かな補強でしたが、入れ替えには成功しました。まず、マギヌン→藤本です。マギヌンから藤本に変わったことで隠れた(?)利点があります。それは、外国人枠の空きができたことです。今年はACLが有りますので緊急事態が起こるかもしれません。その時に1人優秀な外国人を連れてこれることはプラスでしょう。もう一つの杉本→永井です。こちらは見てわかる通り若くなったことです。ただし、永井はレベルの高いチームに入ったので結果を出せないと徐々にフェードアウトしていって2年後に熊本あたりにレンタルというふうになってしまいます。ダニルソンはケガをしましたが、昨年も夏まではフィットしていなかったので問題ないでしょう。一番の心配点は右SBのSUBです。今年はACLで試合数が増えるのに昨年つとめていた竹内が今年千葉にレンタルということでレギュラーの田中隼磨一人ではのりきれないのではないかと。いずれにせよキーとなるのはACLとの兼ね合いでしょう。アンカーは昨年と同じ状況といい無印にしましたが、実際には試合数増加で序盤での吉村や中村への負担は増加します。また、繰り返し言いますが昨年以上の負荷に田中隼が耐えられるかどうかなどがカギになるでしょう。

3位ガンバ大阪(2位)
IN・・アドリアーノ・金勝龍(完全移籍)
OUT・・ルーカス・チョジェジン・安田理大(完全移籍)
故障者・・高木和道(~3月)、橋本英郎(~8月)、明神智和
○外国人ストライカーの獲得・×最終ラインのSUBの不在・×ルーカスの不在とけが人の多さ
続いて昨年2位のガンバ大阪。ガンバは今オフは例年と比べて静かなオフでした。名古屋型(勝利最優先)から鹿島型(育てて勝つ)チームへの転換を考えているみたいです。問題点は非常に多いのですが、毎年帳尻を合わせてくるので今年も3位にしました。問題点のまず第一にルーカスの不在です。昨年不足していた外国人ストライカーにはアドリアーノを補強しましたが、ここ数年ずっといてストライカーとコンビを組んでいたルーカスが抜けたのは非常に大きい。第二に、最終ラインのバックアップの不在です。安田理が抜けてレギュラーは下平で埋まるものの最終ラインのSUBが山口以外全く未知数。第三に、けが人が多い。スタメンの年齢層が高いことと例年天皇杯で最後まで戦うため非常にけが人が多い。すでに3名もかかえていてここに近年ケガの多い加地がケガをするとほぼスタメンが組めません。キーは開幕でどこまでとどまれるか。ここ2年ほど開幕から出遅れてラストスパートでACL圏内確保が非常に多い。今年も故障者の多さを見ているとそんな感じになりそうですが・・・それじゃぁ優勝は苦しい。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。