スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会展望(2)城西大学

4年
松村陣之助
箱根16年8区16位(1区11位)・15年1区16位・14年4区15位
全日本16年(4組32位)・15年(4組12位)・14年5区7位(3組16位)
関カレ16年5000M21位・15年5000M20位10000M29位・14年10000M28位・13年5000M29位
13分台28分台62分台を持つ2本柱の1人。上級生になってからやや故障が多い印象。

菊地聡之
箱根16年2区7位・15年5区9位(64位)・14年6区6位
全日本16年(4組6位)・14年3区4位(3組13位)・13年(1組30位)
関カレ16年10000M8位
アップダウンも得意とする2本柱の1人。例年は前半戦出遅れていたが、今年度は極めて順調。

佐藤穏空
箱根16年6区16位(補欠)・15年補欠
全日本16年(2組34位)・15年(2組12位)
関カレ16年1500M予選・15年ハーフ38位
ハーフ64分23秒を持つ選手。少しムラもあるが、大学に入って多くの舞台に出ている。

3年
菅真大
箱根16年9区11位(6区11位)・15年9区15位(82位)
全日本15年(3組30位)・14年8区21位(2組7位)
関カレ16年ハーフ19位・15年ハーフ21位
ジワリジワリと成長している選手。全日本予選会欠場したが、9月に29分台。

山本竜也
箱根16年7区17位
全日本16年(3組29位)
関カレ16年10000M29位
関カレで30分半でまとめた選手。9月に29分台を出している。

2年
中島公平
全日本16年(3組33位)・15年(1組29位)
関カレ16年5000M7位
関カレ14分8秒の自己ベスト。9月は30分12秒とまずまずだが、スタミナは大丈夫か。

金子元気
全日本16年(1組12位)
関カレ16年ハーフ14位
前半戦絶好調で一気に伸びた選手。9月も29分50秒と好調を維持。

大石巧
箱根16年補欠
全日本16年(1組4位)
関カレ16年ハーフ21位
9月に29分30秒台の自己ベスト。昨秋から急成長して今年度は安定して走れている印象。

峐下拓斗
関カレ15年3000SC予選
今までほとんど目立っていなかったが、9月に30分30秒台の自己ベストを出した。

服部潤哉
関カレ16年1500M予選
1500M3分53秒を持つスピードランナー。9月に30分半を切る自己ベストを出した。

鈴木勝彦
今までほとんど実績がない。

1年
西嶋雄伸
全日本16年(2組23位)
4月に14分28秒の自己ベスト。全日本予選会もまとめた。

荻久保寛也
14分51秒で入学したが、前半戦14分27秒、9月に30分45秒で走るなど急成長中。

吉川幸紀
都道府県4区38位。9月の記録会は32分かかっている。

主なエントリー漏れ
酒井雅喜(3年)…昨年から主力。29分19秒、ハーフ63分台を持つ。
中舎優也(3年)…昨秋急成長したものの、大舞台ではあまり結果を残せていない。

59分半以内…菊地
60分以内…松村
60分半以内…菅
61分以内…大石・金子・山本
61分半以内…佐藤・中島
62分以内…西嶋・服部
62分半以内…峐下・荻久保
63分以内…鈴木・吉川

10時間10分以内にできましたが、比較的甘めに考えています。7番手以降はもう少しタイム落ちてもおかしくないでしょう。酒井・中舎のエントリー漏れに加えて中堅どころとして期待された広瀬・中谷も抜けたため調子の良いスピード型にだいぶ頼ったというのが正直な印象。スピード型の中島・服部・峐下や1年の西嶋・荻久保がどれだけ粘れるかがカギを握りそう。落ちる可能性は比較的低いですが、もともと苦手なこともあり安心できないと思います。
スポンサーサイト

全日本大学駅伝関東予選展望(13)城西大学

1組
金子元気(2年)
関カレ16年ハーフ14位
1年時30分半、ハーフ65分半で走っている。4月に29分49秒の自己ベストを出すと関カレも健闘した。

大石巧(2年)
箱根16年補欠
関カレ16年ハーフ21位
昨秋以降一気に伸びて箱根エントリーに入った選手。4月に14分23秒の自己ベスト、関カレハーフも粘るなど好調。

2組
服部潤哉(2年)
関カレ16年1500M予選
昨秋30分半で走った選手。4月に1500Mで3分53秒の自己ベストを出したが、関カレ予選落ちした。

西嶋雄伸(1年)
14分36秒の自己ベストで入学したが、4月に14分28秒の自己ベストを出した。

3組
中島公平(2年)
全日本15年(1組29位)
関カレ16年5000M7位
都道府県1区11位の実績がある。4月に14分10秒の自己ベストを出すと、関カレ14分8秒の自己ベストと絶好調。

山本竜也(3年)
箱根16年7区17位
関カレ16年10000M29位
少しずつ伸びてきている選手。今までに大きな実績はないが、4月に14分20秒の自己ベストを出すと関カレも30分半でまとめた。

4組
菊地聡之(4年)
箱根16年2区7位・15年5区9位(64位)・14年6区6位
全日本14年3区4位(3組13位)・13年(1組30位)
関カレ16年10000M8位
Wエースの1人。例年前半戦はレースにあまり出ていなかったが、4月に14分4秒の自己ベスト、関カレ29分20秒で入賞と好調。

菅真大(3年)
箱根16年9区11位(6区11位)・15年9区15位(82位)
全日本15年(3組30位)・14年8区21位(2組7位)
関カレ16年ハーフ19位・15年ハーフ21位
1年から期待され、着実に少しずつ成長している選手。4月に14分5秒の自己ベスト、関カレハーフは19位とまずまず。

補欠
松村陣之助(4年)
箱根16年8区16位(1区11位)・15年1区16位・14年4区15位
全日本15年(4組12位)・14年5区7位(3組16位)
関カレ16年5000M21位・15年5000M20位10000M29位・14年10000M28位・13年5000M29位
Wエースの1人。4月に13分46秒の自己ベストを出したが、関カレ10000MDNS、5000M14分28秒とやや気になる結果。

佐藤穏空(4年)
箱根16年6区16位(補欠)・15年補欠
全日本15年(2組12位)
関カレ16年1500M予選・15年ハーフ38位
昨年の全日本予選会2組でまとめてくれた選手。関カレ1500Mは予選落ちしたが、4月に14分20秒台を2度出している。

主なエントリー漏れ
高橋一生(4年)…力はあるが、故障が多くなかなか状態が整わない選手。2月の千葉クロカン以降レースに出ていない。
酒井雅喜(3年)…昨年一気に伸び、29分19秒の自己ベストを持つ選手。今年の箱根以降レースに出ていない。
中舎優也(3年)…29分16秒の自己ベストと昨秋一気に伸びた選手。今年の箱根以降レースに出ていない。

変更予想 2服部→佐藤、西嶋→松村
前半戦レースに出ていなかった高橋・酒井・中舎がはずれ、30分2秒で走ったドラ1の中谷も外れたということで、エントリーを見てやや評価は下がった印象。変更は最初松村が3組に入るかなと思っていましたが、山本・中島ともに関カレ崩れませんでしたし、2組が大幅に変更になると思います。1組は安心するという類ではありませんが、伸びてきている2年生コンビがエントリー。城西大自体がややムラがあるのは気になりますが、関カレハーフまとめていますし楽しみです。2組は自己ベスト30分半で絶好調という感じもしない服部と5000M14分28秒の自己ベストを出したものの、今まで大きな実績がない西嶋ということで2枚変更もあると思います。最大のカギは松村。2組なら大丈夫だろうと思いますが、今年の箱根故障明けで区間16位でしたからね。変更になるかも含めて松村の状態次第で展開が全く変わってきそう。佐藤も昨年の全日本予選会良かったですが、関カレや箱根など安心感には欠ける選手ですし、この組が最大のカギとなるでしょう。中島は関カレ好走していますし、かなり楽しみとしている選手。29分台はノルマ、5位前後まで期待してしまいます。山本は目立った実績はないものの、関カレまとめています。29分台は厳しいでしょうが、30分半近くではまとめてくれると思います。最終組は菊地が10位、29分20秒前後、菅が29分50秒前後でまとめてくれると思います。全体的にはボーダーよりは上ですが、エントリー漏れが多く余裕はないかなというのが正直な印象。通過の最大のカギは2組ですが、1,3組がしっかり走ってくれれば箱根シード権を獲得するための課題が解消されるので、個人的には1,3組に注目しています。

新入生情報(城西大学)

新入生情報
中谷貴弘 倉敷(岡山)14.15.31
14年都大路7区3位・16年都道府県4区5位
麻生優介 大分東明 14.27.84
13年都大路7区41位・14年都大路4区43位・15年都大路4区28位
小林雄斗 山梨学院大付属 14.28.73
13年都大路2区2位・14年都大路7区47位
宮沢真太 十日町(新潟)14.38.65
16年都道府県5区31位
伊藤大喜 春日部東(埼玉)14.34.05
西嶋雄伸 名古屋経大高蔵(愛知)14.36.18
原田建史朗 高川学園(山口)14.37.34
桜田克 学法石川(福島)14.37.26
吉川幸紀 利府(宮城)14.38.28
16年都道府県4区38位
佐藤友哉 市立船橋(千葉)14.55.5
14年都大路5区18位・15年IH3000SC9位
丹羽亮太 札幌山の手(北海道)14.49.62
14年都大路5区22位・15年都大路2区44位
佐藤忠俊 福島西 14.44.98
福浦晶太 柏日体(千葉)14.44.99
中原佑仁 市立船橋(千葉)14.46.81
粟屋直斗 諫早(長崎)14.55.84
一昨年と同じく多くの年に2人くらい入ってくる即戦力ルーキーが入ってきませんでしたね。2015年度は出雲までチーム状況よくありませんでしたし、来年は勝負の年と村山紘太効果でリクルートは良くなると思いますが。一番期待したいのは3年秋以降大きく伸びた中谷。都大路はアンカーで順位を1つ落としたものの区間3位と好走すると、都道府県でも予想以上に頑張ってくれました。大学でも4月末に30分2秒で走っています。他に14分30秒を切るのは麻生と小林。麻生は1年から都大路7区を走ると着実に成長しています。小林はご存知の通り1年ながら都大路2区2位で走って山梨県勢初優勝に貢献しました。14分30秒台は都道府県5区出走した宮沢、4月に14分28秒の自己ベストを出した西嶋を中心に6人。それ以外にも都大路5区出走して入賞に貢献し、IH惜しくも入賞を逃した佐藤も気になるところ。

卒業生のまとめ(6)城西大学

4年
山本雄大
箱根16年補欠(5区11位)・15年4区18位・13年4区9位(5区12位)
全日本14年7区21位・12年(3組37位)
関カレ15年1500M12位・14年5000M30位・13年1500M予選・ 12年1500M3位

室井勇吾
箱根15年7区6位
全日本14年6区12位・13年(1組25位)・12年(OP11位)
関カレ13年3000SC予選・12年3000SC7位

西岡喬介
箱根16年1区14位・15年6区10位(103位)・14年(236位)
全日本15年(4組25位)・14年補欠
関カレ15年1500M予選・14年1500M予選

河名真貴志
箱根16年(補欠)・15年補欠・14年8区18位(106位)
全日本14年(1組22位)
関カレ15年3000SC7位・14年3000SC11位・13年3000SC予選

舟生翔人
箱根16年補欠・15年補欠(129位)・14年補欠(133位)
全日本15年(2組31位)・14年補欠
関カレ15年ハーフ24位

辻井三嗣
箱根16年10区15位

高柳翔
全日本13年(2組33位)

平塚祐介
箱根16年(補欠)
関カレ15年1500M予選・14年1500M10位

那須順平
箱根13年補欠
もともとIH1500M3位の山本、都道府県4区1位の室井がエースになることを期待されて入学してきたのですが、この学年はなかなか伸び悩んだ気がします。山本は1年の関カレ1500Mでいきなり日本人トップ、箱根も健闘したものの、2年で故障も含めて状態を落とすと、3年以降は三大駅伝で結果が残せませんでした。室井は30分半くらいで安定しており、なかなか主力になれませんでしたが、3年の箱根で大激走でシード権獲得に貢献しました。ただ、それ以降も故障があったのかレース出走が少なくまた状態が上がりませんでした。那須の退部、高柳の伸び悩みなど全体的に苦しんだ中で、最終的に最も伸びたのは西岡。2年の箱根予選会に撃沈したものの、冬以降成長して、3年の箱根予選会・箱根ではチームに貢献しました。4年になってからもぐんぐん成長しては全日本予選会最終組で29分台。夏に故障があったものの、最後の箱根できちんとまとめてくれました。西岡と同じく2年の箱根予選会で出てきたのが主将の舟生。前半戦は全体的に冴えなかったものの、秋以降安定して結果を残しました。ただ、選ばれるとも思われた3年、4年ともに10区当日変更となってしまいました。他、強豪校で都大路駆け抜けた河名、辻井もそれぞれ2年秋~3年、4年秋以降で存在感を見せ、箱根出走しました。中距離ながら800Mで関カレ一部残留に貢献し続けた平塚も忘れがたき存在です。

3年
松村陣之助
箱根16年8区16位(1区11位)・15年1区16位・14年4区15位
全日本15年(4組12位)・14年5区7位(3組16位)
関カレ15年5000M20位10000M29位・14年10000M28位・13年5000M29位

菊地聡之
箱根16年2区7位・15年5区9位(64位)・14年6区6位
全日本14年3区4位(3組13位)・13年(1組30位)

高橋一生
箱根16年3区9位(2区11位)・15年補欠・14年補欠
全日本13年(2組37位)
関カレ13年10000M34位

佐藤穏空
箱根16年6区16位(補欠)・15年補欠
全日本15年(2組12位)
関カレ15年ハーフ38位

廣瀬秀宣
箱根16年補欠・15年補欠

新島英虎
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選
年間通して順調だったとは言えませんが、次年度に繋がる良い1年だったと思います。Wエースで前半戦良かったのは松村の方でしたね。13分50秒の自己ベスト、全日本予選会でも選抜に選ばれる走りでした。秋以降は28分56秒の自己ベストを出した一方で、出雲や箱根では状態がよくなかったですが、青梅30kmにも出ていますし新年度も活躍を期待したい。菊地は10月末までレースに出ていなかったものの、記録挑戦会29分8秒の自己ベストで箱根も好走しました。ただ、チームにとって最大のプラスは高橋でしょう。7月に復帰して以降記録会でもなかなか結果を残せませんでしたが、箱根で好走。一発屋で終わらないためにも故障に気をつけながら良い状態を保ちたいところです。佐藤・廣瀬はあまり上積みできませんでしたね。佐藤は全日本予選会で好走したものの、関カレや箱根で結果を残せず。廣瀬も前半戦30分18秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分半などもありましたが、もっと記録を伸ばすか安定感が欲しいです。


2年
菅真大
箱根16年9区11位(6区11位)・15年9区15位(82位)
全日本15年(3組30位)・14年8区21位(2組7位)
関カレ15年ハーフ21位

酒井雅喜
箱根16年4区10位(3区13位)
全日本15年(3組29位)
関カレ15年5000M25位

中舎優也
箱根16年5区16位(4区11位)
全日本15年(1組40位)

山本竜也
箱根16年7区17位

大久保泰貴
箱根16年補欠
今年度はこの学年が一番成長したと思います。菅は10000m、ハーフともに2度以上自己ベストを更新して、29分41秒、63分50秒まで自己ベストを伸ばすというように飛躍ではないですが、一歩ずつ確実に成長しています。前半戦から飛躍したのは酒井。14分8秒、29分47秒の自己ベストをだし全日本予選会もまとめると、上尾ハーフ63分台、記録挑戦会29分19秒、箱根もまとめるというように秋以降も好調でした。中舎は29分台出した後の全日本予選会、出雲駅伝あまりよくありませんでしたね。その後ハーフ63分半、記録挑戦会29分16秒まで自己ベストを伸ばしただけにあとは重要な舞台での結果がほしいです。山本は記録挑戦会29分台をだし、箱根出走。ただ、学生ハーフ66分台などその経験を飛躍にはまだできていないでしょうか。他では、大久保がエントリー入り、館脇も一応14分39秒の自己ベストを秋に出しています。

1年
中島公平
全日本15年(1組29位)

長沼大智
箱根16年補欠(補欠)
関カレ15年5000M27位

大石巧
箱根16年補欠

峐下拓斗
関カレ15年3000SC予選
即戦力と思われたルーキーは思ったような活躍はできませんでしたね。その中で最も良かったのは中島。全日本予選会はよくなかったものの、10月末に29分台で走ると、記録挑戦会で29分36秒まで伸ばしました。上尾ハーフ・学生ハーフでは結果を残せておらず長い距離はまだまだですが、ひとまず関カレ・全日本予選会に期待したい。長沼は春先まずまずだったものの、その後調子を落とし、出雲・箱根にはエントリーされたものの、出雲記録会14分50秒台、学生ハーフ68分半など記録はあまりよくありませんでした。ただ、無名どころは大石が10月半ばに14分35秒の自己ベスト、上尾ハーフ65分42秒、記録挑戦会30分12秒の自己ベストで箱根エントリー入り。他にも、金子が30分27秒の自己ベスト、上尾ハーフ65分半。服部・湯本も10000M30分30秒台の自己ベストを出しました。

箱根駅伝予選会
60分以内…菊地・松村
60分半以内…菅・酒井
61分以内…高橋・中舎
61分半以内…佐藤・廣瀬
62分以内…山本・大石・中島・中谷
62分半以内…大久保・長沼・金子

まとめ
少し厳しめに予想しましたが、だいたい10時間8~11分以内くらいでしょうか。予選会どちらかというと苦手なチームでしょうし、Wエースの片方がぬければ落ちる可能性もあると思います。7番手以降が不安なので菅の代のように中島の代を成長させたり、中谷を1年目から戦力にさせたりしたいところ。リクルートはあまりよくなかったですが、4年生の穴もあまり大きくないので、復路の繋ぎ区間を10位前後で乗り切れるようにして勝負の年にシード権を取りたいところです。

箱根
松村4ー菊地4ー高橋4ー酒井3ー中舎3
佐藤4ー中谷1ー山本3ー菅3ー中島2

箱根駅伝結果(9)城西大学

1区西岡喬介区間14位(10位と38秒差)
2区菊地聡之(14→10)区間7位(11位と3秒差)
3区高橋一生(10→8)区間9位(33秒差)
4区酒井雅喜(8→9)区間10位(14秒差)
5区中舎優也(9→11)区間16位(10位と0秒差)
6区佐藤穏空(11→13)区間16位(3分8秒差)
7区山本竜也(13→13)区間17位(4分22秒差)
8区松村陣之助(13→13)区間16位(4分39秒差)
9区菅真大(13→13)区間11位(3分31秒差)
10区辻井三嗣(13→12)区間15位(4分45秒差)
総合順位12位(往路11位・復路16位)
【MIP】高橋一生…ついにポテンシャルを発揮し、終了時点で8位まで順位をあげた
【敢闘賞】西岡&菊地…激しい序盤の中冷静にまとめチームに流れを持ってくる
予想18位(往路19位)区間は9区が的中
順位は1,2,3区がここまでうまくいくとは思っていませんでした。区間は西岡の復調具合を当てられれば6区と含めて当てられたですが…。松村が状態を落とすなど全体的に難しかったと思います。西岡は力はあるものの復帰が11月末だったので状態を不安視していたのですが、杞憂でしたね。早めに離れたものの終盤離されずにきちんとまとめてくれました。菊地は69分半~70分くらいでまとめてくれないかなと思っていただけに、ここまで走ってくれるとは思いませんでした。工藤にはついていかず冷静に順位を上げました。高橋が好走できればこの箱根の最大の収穫と思いながら全く期待していなかったのですが、お見それしました。出入りが激しい中惑わされずに、まさか3区終了時点で8位とは思いませんでした。逆に4区で順位を落とすとは思っていませんでした。前半は悪くなかったものの、栃木についていけませんでした。中舎は後半ガクッとペースが落ちましたが、前半は馬場とともに良いペースで走っており適性もあったのでしょうし、次回に活かしてほしいです。往路は松村陣もいない中、序盤3区間で流れに乗れたことがほぼシード圏内で終わったことにつながったと思います。
佐藤は終始低調な走りで樋口や秋山が力走したこともあり、一気に3分以上シード権から広げられてしまいました。走力不足な面もあったでしょうが、おそらく2年連続準備してきたのでしょうからもう少し走って欲しかったです。山本は経験不足で良くない展開の中、坂田にはくらいついてある程度納得のいく走りでした。松村陣は状態が戻っておらず終盤失速してしまいました。しかし、序盤早めに入るなど気持ちは見せられたと思います。菅は昨年と同じく序盤良いペースで入りました。しかし、今年は条件が良くない中他の選手ほどは失速せず、経験を生かすことができました。辻井は最初小針らについていったものの、そのまま走るには走力が不足していましたね。復路は出遅れた上に各選手が経験不足や状態がよくなかったことがあり、苦戦しました。全体的には復路が厳しくシード権は獲得できなかったものの、戦前の低評価と比べて健闘しましたし、3年生以下が2~9区を経験することができたということで次年度に繋がる箱根だったと思います。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。