スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(6)順天堂大学

4年
西沢卓弥
箱根17年(1区8位)・16年1区12位(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本16年(1組24位)・15年7区8位・14年3区14位・13年補欠
関カレ16年10000M12位
高島平59分48秒、11月に29分8秒の自己ベストと好調。甲佐10マイルは47分49秒だった。

聞谷賢人
箱根16年9区12位(49位)・15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年4区13位(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ16年ハーフ34位・15年ハーフ7位・14年10000M19位
主将。出雲前に復帰すると11月に28分51秒の自己ベストを出した。

作田直也
箱根17年(6区7位)・16年10区2位・15年補欠(98位)
全日本14年補欠
関カレ16年ハーフ28位
15分47秒で入学し、伸びた選手。高島平60分20秒、11月に29分26秒の自己ベスト。

森湧暉
箱根17年(補欠)・16年6区14位(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本16年(3組38位)・15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ16年10000M20位・15年10000M21位
今年は結果を残せておらず、10月14分42秒、11月も30分30秒だった。

甲斐智樹
箱根16年8区13位(110位)
昨年の箱根予選会ででてきた選手。高島平61分42秒で走って以降レースに出ていないか。

3年
栃木渡
箱根17年(2区7位)・16年4区3位(55位)・15年8区15位(53位)
全日本16年(4組16位)・15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ16年ハーフ39位・15年ハーフ9位
11月に28分44秒の自己ベストを出すと、甲佐10マイルも47分19秒と順調。

花沢賢人
箱根17年(補欠)・15年補欠(105位)
全日本15年(4組10位)・14年2区14位(2組3位)
関カレ16年5000M30位・15年5000M22位10000M9位・14年5000M22位
強直性脊椎炎と折り合いをつけながら走っている。高島平60分50秒と好走。

中村陵介
箱根16年補欠(220位)
全日本15年補欠
高島平62分21秒、翌週30分22秒、11月は30分51秒と秋になってあまり良くない。

2年
塩尻和也
箱根17年(3区2位)・16年2区5位(8位)
全日本16年(4組14位)・15年2区4位(1組3位)
関カレ16年3000SC1位10000M3位
3000SCでオリンピック出場。11月に28分42秒、甲佐10マイル46分55秒と好調。

金原弘直
箱根17年(4区10位)・16年補欠(190位)
全日本16年(2組20位)・15年補欠(1組25位)
大学に入って伸びた選手。高島平61分7秒、11月に29分42秒の自己ベスト。

吉岡幸輝
全日本15年補欠
高島平63分25秒も翌週29分41秒の自己ベスト。ただ、11月は31分0秒だった。

馬場スタン恵
箱根17年(補欠)・16年補欠
全日本15年補欠
出雲記録会で14分16秒の自己ベストを出すと11月に29分48秒と調子を取り戻してきた。

山田攻
4月の日本平桜マラソンで山本修(東洋)と20秒差の好走。高島平は62分42秒も、翌週30分23秒の自己ベスト。

1年
橋本龍一
全日本16年(2組21位)
関カレ16年5000M26位
6月に29分台を出している選手。秋は10月に14分35秒で走っただけで、記録挑戦会も欠場。

野田一輝
箱根17年(5区6位)
全日本16年(1組17位)
関カレ16年3000SC8位
高島平は腹痛で63分34秒も11月の記録会で29分0秒の自己ベスト。

難波皓平
全日本16年(3組28位)
高2でIH5000M決勝に残った選手。11月に29分22秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
江口智耶(2年)…高校時実績があり、大学でもそこそこ走れている。11月の記録会では3000M×3本走った。

予想オーダー
西澤4―塩尻2―野田1―栃木3―甲斐4
橋本1―花澤3―金原2―聞谷4―作田4
山下りでレースに出ていないのかなと思っていた江口がエントリー漏れは残念ですが、主力にエントリー漏れはありません。6区候補で記録挑戦会29分台出した甲斐大が外れたのはやや意外でしたが、まずまず順当なエントリーができたと思います。甲佐10マイル栃木の方が良かったですが重要度増した4区にして、箱根・出雲とスターターを経験している西澤を1区と予想。区間上位はやや厳しいかなと思いますが、クレバーな走りで区間中位ではまとめてくれるでしょう。塩尻は67分台十分狙えると思いますし、2区終了時点で6強と競るぐらいの展開にもっていきたいところ。野田は20kmがやや未知数ですが、高校のころから駅伝できちんと走れており、10000M29分0秒まで伸ばしたので3区。やや苦手としている区間ですが、何とか64分台でカバーしたい。3区で苦戦した分4区で巻き返す意味を込めて栃木。区間5位くらいで来られると良い流れで山に持っていけると思います。5区は山田と甲斐智が準備をしていると思うので、甲斐智にしておきました。ただ、区間5位にはやや走力が足りない気もしますし、平地は1枚余っているので聞谷を持ってきても良いと個人的には思っています。甲斐大が外れたということで森の他に候補が入っているだろうと思い、試合出走が少なくアンケートに6区と回答している橋本を6区と予想。力はある程度あると思いますが、1年ですし60分台で走ってくれれば嬉しいくらいで背負いすぎず走ってほしいです。花澤は状態がよければ攻められる区間、最悪欠場して11,12番目の選手が走っても粘れる区間として7区と予想。ひとまず出走して区間一桁で走ってほしいです。10人目は金原か難波で迷いましたが、20kmでも成績を残している金原にしました。9,10区は復帰してからほぼ区間一桁と選手を残す傾向にあると思うので、聞谷と作田。2人とも区間5位以内に入っても驚かないです。全体的には5,6区さえしっかりと走れればシード権は十分取れると思います。ただ、6強にくい込むには3,7,8区あたりの力不足が気になるかなという印象です。
スポンサーサイト

全日本大学駅伝関東予選展望(3)順天堂大学

1組
西沢卓弥(4年)
箱根16年1区12位(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本15年7区8位・14年3区14位・13年補欠
関カレ16年10000M12位
箱根1区63分1秒で走った選手。関カレ29分45秒と粘ったが、6月5日の記録会は14分42秒と調子を落としている。

野田一輝(1年)
関カレ16年3000SC8位
GWに良い条件でない中30分10秒で走り、関カレは8分57秒で入賞。5日の記録会は14分26秒で走った。

2組
江口智耶(2年)
箱根16年補欠(140位)
全日本15年補欠
関カレ16年5000M17位
都道府県5区5位などの実績を持つ。関カレ14分27秒でまとめ、4日の記録会30分7秒の自己ベストと大崩れしない印象。

金原弘直(2年)
箱根16年補欠(190位)
全日本15年補欠(1組25位)
1年時に伸びた選手。3月に14分18秒、5月に29分50秒の自己ベストを出したものの、5日は14分40秒だった。

3組
森湧暉(4年)
箱根16年6区14位(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ16年10000M20位・15年10000M21位
29分10秒の自己ベストを持つ。やや物足りないが安定している印象で、関カレ30分1秒、5日の記録会14分28秒でまとめている。

難波皓平(1年)
高2でIH5000M決勝に残ったこともある選手。リレカでハイペースの中29分58秒と粘っている。5日の記録会は14分36秒。

4組
塩尻和也(2年)
箱根16年2区5位(8位)
全日本15年2区4位(1組3位)
関カレ16年3000SC1位10000M3位
関カレ10000M日本人トップも取ったエース。リオオリンピックを目標としており、全日本予選会の翌週に日本選手権が控えている。

栃木渡(3年)
箱根16年4区3位(55位)・15年8区15位(53位)
全日本15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ16年ハーフ39位・15年ハーフ9位
10000M29分2秒の自己ベストを持つ。関カレハーフは撃沈したが、6月5日の記録会で14分2秒の自己ベスト。

補欠
橋本龍一(1年)
関カレ16年5000M26位
都道府県1区15位。春先14分8秒まで自己ベストを伸ばした。関カレは積極的すぎて撃沈したが、4日の記録会29分55秒と好走。

作田直也(4年)
箱根16年10区2位・15年補欠(98位)
全日本14年補欠
関カレ16年ハーフ28位
関カレハーフは撃沈したが、4月に29分45秒の自己ベスト。5000Mは5日に14分6秒など春で20秒以上自己ベストを更新している。

主なエントリー漏れ
聞谷賢人(4年)…主将。昨年は3組29分台で走った。関カレハーフ撃沈すると、5日の記録会は欠場した。
花澤賢人(3年)…13分台28分台を持っているが、2年時に強直性脊椎炎を発症。4日に30分21秒と少しずつ状態を戻している。

変更予想 2.金原→橋本、3.難波→作田
聞谷がエントリー漏れしたのは意外でしたが、それでも復調途上の花澤を入れずにエントリーできたということで、少しずつ層が厚くなってきたなという気がします。変更予想は序盤の組(おそらく2組)に橋本が入るでしょう。作田を4組の補欠として置いておきながら、当日には2,3組あたりと変更になると思います。通過は有力だと思いますが、一番気をつけたいことは序盤の組が無理しすぎないことだと個人的には思っています。西沢は昨年の蜂須賀(國學院)のようにならないように、橋本は関カレみたいに無茶しすぎないようにしてもらいたいところ。序盤で狂ってしまうと塩尻以外は耐えられるかもしれませんが、流れを変えることはできないと思います。3組は28分台も出たハイペースなリレーカーニバルで29分台を出した難波を将来のために起用しても良いですが、作田に変えても江口・金原ともに2組ではあまり不安がない選手。塩尻が無理してニャイロやキトニーにつかなくても良いように、3組までにある程度整えておきたいところ。塩尻がどれだけ無理するかは変わるでしょうが、「関カレハーフのように調整をミスらなければ」十分通過できると思います。

卒業生のまとめ&2016年度の展望(12)順天堂大学

4年
松枝博輝
箱根16年3区14位(18位)・15年5区16位(153位)・14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本15年1区12位(4組3位)・14年補欠(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ15年5000M3位10000M5位・14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位

田中孝貴
箱根16年5区8位(67位)・15年2区12位(24位)・14年9区5位
全日本15年3区9位・14年1区14位(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位

稲田翔威
箱根16年7区5位(34位)・15年4区6位(35位)・14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本15年5区5位(3組23位)・14年4区11位(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ15年ハーフ11位・13年ハーフ27位

小盛玄佑
箱根13年(補欠)

相浦亮
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選
チームの主力として下級生から活躍したのが松枝・田中・稲田でしたね。松枝はもともと中距離の選手でしたが、1年目の春先から大きく5000Mの自己ベストを伸ばし、10000M29分24秒を出し箱根も粘走。2・3年時は故障もあったものの、トラックでは関カレ1500M2位、5000M13分40秒台まで伸ばすと、4年生になってから故障がなくなって関カレ5000M日本人トップと個人の成績も上げるとともに、主将としてチームの成績も引き上げました。全日本予選会で3年連続最終組を走るなどトラックでエースとして活躍したのが松枝ならロードでエースクラスとして活躍したのが田中。1年春先に30分20秒で走ったものの目立っていませんでしたが、2年全日本予選会に出走し秋以降飛躍して箱根9区5位と好走。3年は箱根2区、4年も前半戦は故障だったものの、箱根5区と最難関区間で粘り強く走ってくれました。都道府県5区7位の稲田は1年から29分台を出すと、2年以降チームに貢献。壽屋に就職したり小盛に給水をお願いしたりと細かいところではかなり存在感があった一方で、松枝や田中ほど走りではインパクトは与えられませんでしたものの、故障がなく安定して結果を残し続けました。2015年以降は繋ぎ区間でポイントゲッターとなってくれました。他、社会人から箱根を目指し1年出雲エントリーに入った小盛、2年全日本予選会選ばれると思われた斎藤など下級生調子良かった選手がいたものの、上級生になってそこから伸びることができませんでした。

3年
西沢卓弥
箱根16年1区12位(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本15年7区8位・14年3区14位・13年補欠

聞谷賢人
箱根16年9区12位(49位)・15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年4区13位(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ15年ハーフ7位・14年10000M19位

作田直也
箱根16年10区2位・15年補欠(98位)
全日本14年補欠

森湧暉
箱根16年6区14位(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ15年10000M21位

甲斐智樹
箱根16年8区13位(110位)

甲斐大貴
箱根16年補欠

安斎宰
関カレ15年1500M予選・14年1500M5位5000MDNF・ 13年1500M10位5000MDSQ

山下智貴
関カレ15年3000SC予選
この学年で一番期待しているのは西沢です。前半戦は7月に14分14秒の自己ベストを出したものの故障で出遅れました。秋以降繋ぎ区間ではまずまずかなというくらいにはなりましたが、記録挑戦会29分17秒箱根1区好走と11月以降ここまで飛躍するとは思いませんでしたね。2014年度の箱根のあとも成長していますし、栃木と並び準エース区間を期待しています。また、聞谷も自己ベストは記録挑戦会の29分22秒だけでしたが、関カレ・全日本予選会・箱根予選会と全て成績を上げました。主要区間ではまだまだ勝負とは言えませんが、しっかりと粘れていますし貴重な戦力だと思います。西沢と同じく最後ググッと伸びたのが作田。前半戦は15分前後、箱根予選会エントリーに入ったものの出走せず10月までは全然でしたが、上尾ハーフ64分10秒、記録挑戦会29分49秒の自己ベストを出すと箱根10区驚きの好走。今春も14分12秒、29分45秒の自己ベストを出すなど一気に主力にまで成長してしまいました。森は4月に29分10秒の自己ベストを出したものの、関カレ・全日本予選会とうまくいかず。箱根予選会・全日本はまずまず走りましたが、状態が良くなかったとはいえ箱根粘れずとこの1年うまくいきませんでした。他、甲斐智は全く目立っていませんでしたが、箱根予選会好走すると箱根でもしっかりと走りました。ただ、箱根6区区間エントリー入った甲斐大にも言えることですが、2016年度下級生の力があるだけに更に力をつけないと4年生で箱根走れない可能性が高いです。安斎は関カレ結果残せませんでしたが、日本選手権決勝に進出しています。

2年
栃木渡
箱根16年4区3位(55位)・15年8区15位(53位)
全日本15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ15年ハーフ9位

花沢賢人
箱根15年補欠(105位)
全日本15年(4組10位)・14年2区14位(2組3位)
関カレ15年5000M22位10000M9位・14年5000M22位

中村陵介
箱根16年補欠(220位)
全日本15年補欠

村島匠
全日本14年補欠
関カレ15年3000SC予選・14年1500M予選3000SC1位

城西廉
箱根16年補欠・15年補欠
関カレ15年1500M予選

新涼太
箱根15年補欠
栃木は2年の間に14分11秒、29分2秒、63分0秒まで伸ばし、全日本アンカー、箱根4区3位と良いスピードで成長していると思います。西沢とともに塩尻に次ぐ選手として活躍してほしいところ。本来塩尻に次ぐ準エースとなる花澤は前半戦13分57秒、28分49秒の自己ベストを出し、関カレ・全日本予選会と活躍したものの、強直性脊椎炎を発症。3月末に復帰してgwに14分台、関カレ5000Mにもエントリーされていますが、秋以降万全の状態で復帰できるようにじっくりと戻してほしいです。村島は関カレ800Mにもエントリーされるなど完全に中距離にシフトしました。良いと思いますが、2年時はそれまでの記録は悪くなかったものの、関カレ予選落ちしただけにしっかりとポイントをとって欲しいです。城西・中村は記録挑戦会30分半で走って箱根エントリーに加わりましたが、今年は29分台か64分台を出さないと10人の争いに入ってくるのは厳しいです。

1年
塩尻和也
箱根16年2区5位(8位)
全日本15年2区4位(1組3位)

江口智耶
箱根16年補欠(140位)
全日本15年補欠

金原弘直
箱根16年補欠(190位)
全日本15年補欠(1組25位)

續木悠也
関カレ15年3000SC6位

吉岡幸輝
全日本15年補欠

馬場スタン恵
箱根16年補欠
全日本15年補欠

山田航
関カレ15年1500M予選
なんといっても塩尻でしょう。春先は自転車に乗ったときに怪我をして出遅れましたが、全日本予選会で復帰し、ホクレン29分12秒。秋以降箱根予選会59分台、10000M28分台を出すなど1年目からエースとして活躍してくれました。それに続いたのが江口と金原。江口は思ったほど目立てなかったものの5000Mを中心に安定した走りをし、箱根予選会チーム10番手。金原は5月に29分台を出すと、全日本予選会・箱根予選会を経験。2年になってからも14分18秒、29分52秒の自己ベストを出しています。全日本予選会・全日本・箱根とエントリーには入りましたが、成績にムラがあり、良いときでも10000M30分半くらいとあまりよくありませんでしたね。むしろエントリーにははいりませんでしたが、小林が14分28秒、30分半、上尾ハーフ65分20秒とまずまず。吉岡は10月に14分37秒、2年になってから14分32秒の自己ベストを出しています。他、山田攻が記録挑戦会30分48秒の自己ベストを出し、2年の日本平桜マラソンで山本修(東洋)に20秒差と健闘しました。

新入生情報(3月30日の順大記録会以降の自己ベストは入れていません)
難波皓平 専修大松戸(千葉)13.59.33
14年IH5000M12位・15年都道府県1区10位・16年都道府県4区13位
野田一輝 西京(山口)14.19.49
14年都大路6区5位・15年都道府県4区27位・15年IH3000SC6位・15年都大路3区5位・16年都道府県5区14位
橋本龍一 法政二(神奈川)14.21.06
15年都道府県1区38位・15年都大路1区33位・16年都道府県1区15位
藤曲寛人 加藤学園(静岡)14.25.05
13年都大路2区22位・14年都大路3区25位・15年都道府県5区25位・15年都大路1区27位
香月翔太 瓊浦(長崎)14.31.20
15年都大路1区44位・16年都道府県4区17位
森優太 東海大山形 14.27.56
14年都大路1区48位・15年都道府県4区35位・15年都大路1区48位・16年都道府県4区27位
小畠隆太郎 鎮西学院(長崎)14.29.66
平川貴稀 小林(宮崎)14.34.74
大場遼 前橋育英(群馬)14.35.09
14年都大路5区16位
高林遼哉 浜松日体(静岡)14.43.62
鈴木雄人 浜松日体(静岡)14.46.31
黒柳宏暢 高崎(群馬)14.49.32
小林哲平 田村(福島)14.53.40
小坂竜也 鳥取中央 14.57.66
昨年ほどではないものの、良いリクルートができたと思います。現時点で1年目から即戦力になりそうなのが難波・野田・橋本の3人。2年時一番活躍したのが難波でIH5000M決勝進出、都道府県1区好走。3年時は大舞台では2年ほど結果を残せていないものの、12月に13分台を出すと大学に入って初10000Mで29分台出しています。野田は都大路3区で遠藤に次ぐ日本人2位の好走。3年の都大路・都道府県ともに下位で受け取りながらしっかり走っていますし、GWの記録会悪条件ながら30分10秒の自己ベストとどんな展開でもしっかりと走ってくれそう。大学に入って勢いに乗っているのが橋本。もともと都大路初出場の立役者、都道府県1区で好走していましたが、3月末に14分14秒、14分8秒と立て続けに自己ベスト、関カレ5000Mどれくらい走るか楽しみです。藤曲も高校の実績十分な選手。3月末に14分22秒の自己ベストを出していますし、1年目から全日本か箱根のエントリーには入ってくることを期待しています。都道府県4区17位の香月、都大路2年連続1区走った森、14分30秒前後の自己ベストを持つ小畠、平川、大場からも伸びてきて一つ上の学年とともに層の厚いチームにしてもらいたいところ。他、鈴木が3月末に14分36秒の自己ベストを出しています。

まとめ
1年生は思ったより伸びなかったものの西沢・甲斐・作田といった3年生が伸びて層の問題が改善され、全日本シード権争い、箱根6位と結果を残した1年となりました。主力が3人抜けるのは痛いですが良いリクルートができましたし、短期的には少し戦力ダウンするものの、より強いチームを作れると思います。松枝主将が変えた雰囲気をしっかりと引き継いで数年前の青学・明治、今の早稲田・東海あたりのように安定して上位に入れるチームを作りたいところです。

現時点の箱根予想オーダー
西沢4ー塩尻2ー橋本1ー栃木3ー野田1
森4ー花澤3ー難波1ー作田4ー聞谷4

箱根駅伝結果(15)順天堂大学

1区西沢卓弥区間12位(10位から+26秒差)
2区塩尻和也(12→8)区間5位(11位に-24秒差)
3区松枝博輝(8→10)区間14位(-8秒差)
4区栃木渡(10→6)区間3位(-44秒差)
5区田中孝貴(6→7)区間8位(-2分3秒差)
6区森湧暉(7→9)区間14位(-53秒差)
7区稲田翔威(9→5)区間5位(-1分43秒差)
8区甲斐智樹(5→8)区間13位(-1分50秒差)
9区聞谷賢人(8→9)区間12位(-3分12秒差)
10区作田直也(9→6)区間2位(-5分26秒差)
総合順位6位(往路7位・復路8位)
【MIP】作田直也…中盤以降素晴らしい走りを披露し、終盤チームの順位を一気に上げる
【敢闘賞】西沢卓弥…予想外のハイペースな展開も早めに離れてそこから上げていく走りで出遅れさせず
【残念で賞】松枝博輝…まさかの失速でチームをシード権争いの渦中に入れてしまった
予想11位(往路12位)区間は2・5区が的中
順位は栃木欠場として順位予想したのと、1区西沢10区作田がここまで快走するとは思いませんでした。区間は1区西沢は予想していませんでしたが、7区稲田は当てたかったです。西沢は1区64分前後かなと思っていたので、ここまで走ってくれるとは思いませんでした。早めに離れたものの、その後しっかりと走って溢れてきた選手を交わしました。塩尻は工藤とともに良いペースで集団に追いつきました。個人的にはあと10~15秒ほど更に期待していたのですが、それでも区間5位の好走でシード圏内に入ってきました。松枝が63分前後で5位くらいまで浮上してくるかなと思っていましたが、まさか順位を落としてしまいました。レース用シューズを忘れてしまったようで、序盤は速く入ったものの、中盤以降全く持ちませんでした。栃木はこの区間の中では力のある方と思っていましたが、区間3位は期待以上の走りだったと思います。序盤からしっかりと良いペースで前を終えました。田中は序盤ゆったり入ると、中盤ペースを刻み、下りも混ざってから良いペースとクレバーな走り。最後に宮上もしっかりと抜き返し、最難関区間をまとめきりました。往路は松枝がうまくいきませんでしたが、西沢・田中はしっかりと力を残し、塩尻・栃木は序盤から速めのペースで入るというようにそれ以外の選手はしっかりと自分の役割を果たせたと思います。
森は箱根前にアキレス腱を痛めていたようで、昨年のように走れませんでした。ただ、登りハイペースで入って終盤失速したので、足に不安があるならもう少し慎重に走っても良かったのではないでしょうか。稲田は序盤からしっかり攻めて区間5位。ここで総合5位に浮上するところに復路の混戦具合が伺えますね。甲斐は序盤苗村・岡野に抜かれた時はヤバイと思ったものの、そこからペースを上げてまとめました。結局、中盤以降は安定してペースを刻み、監督が期待した通りの走りができたと思います。聞谷は序盤追いつかれた河村とともにきっちりビルドアップできていました。終盤失速しましたが、全日本も終盤引き離されましたし、そこは課題でしょう。作田は蒲田まではゆっくりでしたが、蒲田以降急速にペースを上げ、最後もkm3分で走りきりました。区間一桁なら100点と思っていただけに、蒲田以降最も速く走ったのは驚きでした。復路は9番手・10番手と思っていた甲斐智・作田がきっちり走ってくれたのが良かったです。往路・復路ともに2番目の区間で流れを立て直したことでその後の選手も走りやすい展開になったと思います。松枝や森など少し残念だったところもありましたが、最後作田が僅差ながら6位まで順位を上げ、望んでいた順位は取れたのではないでしょうか。

箱根駅伝予想(13)順天堂大学

4年
松枝博輝
箱根16年(18位)・15年5区16位(153位)・14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本15年1区12位(4組3位)・14年補欠(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ15年5000M3位10000M5位・14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位
主将にしてエース。前半戦は絶好調で、秋に一旦調子を落としていたが八王子ロングディスタンスは28分33秒の自己ベスト。

田中孝貴
箱根16年(67位)・15年2区12位(24位)・14年9区5位
全日本15年3区9位・14年1区14位(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位
長い距離で軸となっている選手。前半戦は故障でレース出走がなかったが、秋になって復帰。全日本以降レースに出ていない。

稲田翔威
箱根16年(34位)・15年4区6位(35位)・14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本15年5区5位(3組23位)・14年4区11位(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ15年ハーフ11位・13年ハーフ27位
長い距離やロードが得意な選手。甲佐10マイルは48分1秒。区間賞が取れなければあんこう踊りを披露するらしい。

3年
森湧暉
箱根16年(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ15年10000M21位
4月に29分10秒の自己ベストを出している選手。秋になってからは安定していたが、記録挑戦会は29分57秒だった。

聞谷賢人
箱根16年(49位)・15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年4区13位(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ15年ハーフ7位・14年10000M19位
今年度は箱根予選会まで好走していたが、全日本の主要区間は結果残せず。記録挑戦会29分22秒の自己ベスト。

西沢卓弥
箱根16年(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本15年7区8位・14年3区14位・13年補欠
ロードにムラがある印象だったが、安定してきた。記録挑戦会29分17秒の自己ベスト、甲佐10マイルは47分25秒。

作田直也
箱根15年補欠(98位)
全日本14年補欠
1,2年で確実に力をつけ、昨年の箱根予選会好走した選手。上尾ハーフ64分10秒、記録挑戦会29分49秒の自己ベスト、

甲斐智樹
箱根16年(110位)
昨年10月に30分40秒の自己ベスト。箱根予選会は9番手と好走。記録挑戦会は30分57秒だった。

甲斐大貴
10月に30分20秒の自己ベスト、神奈川ハーフ65分14秒と昨冬好調、今年の箱根予選会エントリー入り。上尾ハーフ65分10秒。

2年
栃木渡
箱根16年(55位)・15年8区15位(53位)
全日本15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ15年ハーフ9位
スタミナ型。今年度は調子が良く、29分2秒まで自己ベストを伸ばしてきた。甲佐10マイルは47分39秒。

中村陵介
箱根16年(220位)
全日本15年補欠
昨年12月に30分25秒で走った。箱根予選会は前半頑張ったが、失速。記録挑戦会は30分28秒。

城西廉
箱根15年補欠
関カレ15年1500M予選
記録挑戦会30分34秒の自己ベスト、前回は29日に6区にエントリーされていた。

1年
塩尻和也
箱根16年(8位)
全日本15年2区4位(1組3位)
日本インカレ3000SC優勝、箱根予選会59分台、記録挑戦会28分32秒の自己ベストと強い。甲佐10マイルは47分15秒。

江口智耶
箱根16年(140位)
全日本15年補欠
都道府県5区5位など高3の実績もある選手。箱根予選会は後半粘れていた。記録挑戦会30分23秒。

金原弘直
箱根16年(190位)
全日本15年補欠(1組25位)
5月末にいきなり29分台を出した選手。箱根予選会は序盤頑張ったが、終盤失速した。記録挑戦会は30分5秒。

馬場スタン恵
全日本15年補欠
都大路3区9位。大学に入ってからは安定した結果を残せておらず、記録挑戦会も30分36秒だった。

主なエントリー漏れ
花沢賢人(2年)…28分台の自己ベストをもつ。仙腸関節の故障で秋以降レースに出ていない。

予想オーダー
松枝4ー塩尻1ー森3ー稲田4ー田中4
江口1ー西沢3ー作田3ー栃木2ー聞谷3
花沢は甲佐10マイル欠場していたので箱根走るのは厳しいと思っていましたが、西郷は過去2回エントリーには入っていただけにそこまで状態が悪いのかなと不安になりますね。1区は花沢が欠場ということで松枝しかないと思います。スローペースになったとしても無駄に力は動かず我慢してほしいところ。そうすれば、優勝候補の大学と大差ない位置で襷を渡せると思います。塩尻は自分で引っ張りたがるタイプですが、高田や木村などに食らいついてほしいです。68分台前半は十分出せると思います。3,4区は迷いましたが、6区経験者の森を持ってきました。当初は3区稲田4区森と思っていましたが、稲田が区間賞を取れなければあんこう踊りをするらしいので、稲田は主要区間ではないかなと思い、下り基調の森を3区、稲田を4区としました。森は少なくとも区間15位くらい、65分台では走ってほしいところ。稲田は区間5位以内が目安、区間3位以内も十分視野に入るでしょうが、区間賞となると少し厳しいのではないでしょうか。田中が全日本以降レースに出ていないのと、栃木・聞谷に安定感があるという一方で山にあまり良いコメントしていないので田中5区と予想。82分が一つの目安、稼ぐことは厳しいでしょうが、基本的に安定感ある選手なので82分台ではまとめてくれると思います。6区は準備期間の長さなら城西ですが、将来性と実力は江口ということで、江口にしました。わりと得意としている大学なので期待する一方で、61分半くらいは覚悟しておく必要もあると思います。森を6区に置いて西沢を往路に回すことも考えたのですが、その場合7区8区で9,10番目の選手を連続して置く必要が出てくるので、西沢を7区において6区をカバーしようかなと。ロードでも安定感ましていますし、最高のできだった昨年のタイムが1つの目安。復路で今絶好調の作田は起用したいかなと思いました。区間一桁は厳しいかもしれませんが、67分前後では走ってほしいです。9,10区は力を置く傾向にあるので、栃木・聞谷と予想。栃木は区間一桁、聞谷は区間5位くらいが一つの目安になると思います。聞谷の単独走に少しありますが、2人とも堅実に走ってくれるのではないでしょうか。全体的にはシード権争いは十分できる戦力があると思いますし、結構期待しています。他のチームと同じく往路と山がカギになるでしょうが、田中が5区だとそこまで大きくブレないでしょうし、特に3区と6区に注目です。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。